Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:オーレンドルフ ( 4 ) タグの人気記事

【4/16ハマスタ観戦】ロペスに打たれ過ぎ!バレ弾2発空砲 ★3-6

好天に恵まれた今日は、今季初のハマスタ観戦となりました。
初夏を思わせるような陽気で、汗ばむほどでした。

取り急ぎ、主に得点シーンの写真を並べます。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト バレンティン選手が来日20度目となる2打席連続ホームランも、カード勝ち越しならず

横浜DeNAベイスターズの先発は、長身のクライン投手
開幕カード3戦目で対戦しました。(延長でサヨナラ勝ち、訂正)
e0222575_19362525.jpg


初回、山田選手はレフトフライ
1死後、雄平選手が内野安打で出塁も、盗塁失敗(けん制死)となり、
バレンティン選手もライトフライで三者凡退
e0222575_19373496.jpg


ヤクルトの先発はオーレンドルフ投手
e0222575_1941183.jpg


初回、荒波選手の抜けようかという打球を山田選手の好守備で2死となりますが、
このあと、ロペス選手に3号ソロホームランを浴び1点先制されます。
e0222575_19413792.jpg


e0222575_19414814.jpg


2回2死後、中村悠平捕手がセンター前ヒット、大引選手は四球も、谷内選手が倒れ3アウト
e0222575_19551662.jpg


2回裏、オーレンドルフ投手は3人で片付けます。

3回表、1死後、山田選手が粘って四球で歩きます。
何度もけん制された後、
e0222575_19432096.jpg


e0222575_19432979.jpg

2盗に成功し、

e0222575_19433940.jpg


戸柱捕手の2塁悪送球で3塁まで進みます
e0222575_19434952.jpg


雄平選手がレフトへ犠牲フライを運び
e0222575_19482823.jpg


3塁から山田選手がタッチアップしてホームイン!1-1の同点に
ノーヒットで1点奪います。
e0222575_19435895.jpg


つづいて、3番バレンティン選手がレフトスタンドへ特大の2号ソロホームランを放り込み、
2-1と勝ち越します。
e0222575_19495986.jpg


e0222575_1950816.jpg


3回裏、オーレンドルフ投手は四死球でピンチを招きますが、ロペス選手を空振り三振に仕留め3アウト
e0222575_19573369.jpg


4回、ヤクルトは三者凡退

その裏、1死後、山田選手が今度は宮崎選手のセンターへ抜けようかという打球に追いつき1塁へ送球して2アウト。
今日は守備で貢献した山田くん
e0222575_19584120.jpg


しかし、そのあと、オーレンドルフ投手は四球、ヒット、四球で2死満塁から
クライン投手にライトへタイムリーヒットを打たれ2者生還して2-3と逆転されます。
e0222575_2012838.jpg


投げてヨシ打ってヨシのクライン投手
e0222575_2014663.jpg


5回裏、オーレンドルフ投手は先頭の荒波翔選手にレフトへ2塁打を打たれます。
e0222575_2044569.jpg


続いて、ロペス選手に右中間へタイムリー2塁打を浴び2-4となります。
ロペスシフトをとっていて、全体に左寄り
ライトの鵜久森選手が懸命に追いかけますが捕れませんでした。
普通の守備位置なら、センターの雄平選手がキャッチできたように思いますが?
e0222575_2045772.jpg


e0222575_205955.jpg


ここで、ヤクルトは原樹理投手に交代
e0222575_2085711.jpg


筒香選手のセカンドゴロで1死3塁となり、宮崎選手は三振で2死3塁から
倉本選手にレフトへタイムリー2塁打を打たれ2-5
バレンティン選手の隙をついて2塁へ滑り込む倉本寿彦選手
e0222575_2091113.jpg


6回1死後、バレンティン選手がレフトスタンドへ特大の3号ソロホームランを叩き込み3-5
e0222575_201264.jpg


e0222575_20121758.jpg


横浜はここで須田投手に継投 後続が倒れ3アウト
e0222575_20122672.jpg


ラッキー7の東京音頭
e0222575_20145822.jpg


DeNAは7回、不調のクローザー山崎康晃投手をここで投入
ヤクルトは三者凡退
e0222575_2015966.jpg


7回裏1死後、原樹理投手は筒香選手にレフト前ヒットを打たれます。
e0222575_2019373.jpg


宮崎、倉本選手にも連打され
2死満塁から戸柱捕手にタイムリーヒットを打たれ3-6と3点差
e0222575_20253124.jpg


ここで、ルーキ投手に交代 乙坂選手を三振に仕留め3アウト
e0222575_20202828.jpg


8回、DeNAは三上投手 ヤクルトは三者凡退
e0222575_2027583.jpg


その裏、村中恭兵投手が登板し3人で片付けます。
e0222575_2028856.jpg


9回はパットン投手
e0222575_20281628.jpg


バレンティン選手が今日3安打目となるセンター前ヒットで出塁も、後続が倒れゲームセット

e0222575_2030316.jpg


ヤクルトは3-6で横浜DeNAに敗れ、このカード1勝2敗と負け越しました。
DeNAのお立ち台は、先発のクライン投手と先制弾とタイムリー2塁打で2打点と活躍のロペス選手でした。

ヤクルトは先発のオーレンドルフ投手が5回途中まで投げ、5安打4四死球で5失点と乱調でした。
コントロールが乱れ、球に力もありませんでした。
相手投手に打たれたのが大誤算でした。
また、前回の登板で3安打されたロペス選手に今日も打たれました。
先発として試合を作れないとなると、この先、ちょっと厳しいですね。
次回は好投をお願いします。

2番手の原樹理投手は、2回2/3を投げ6安打され1失点。
今年の原樹理投手は違うとは何だったのかと思うほど、昨年からの成長が感じられませんでした。
フォーム的には少し改善されたように見えますが、相変わらず簡単に打たれますね・・・。
何か問題があるんでしょうね。早めに修正してもらえたらと思います。

打つ方は5安打で3得点
バレンティン選手がソロ2発とヒットの3安打猛打賞
あとは雄平選手の内野安打と中村悠平捕手のセンター前ヒットの計5安打

バレンティン選手がホームランを打っても勝てない試合が多いですね。
しかも2発打ってもヤクルトは勝てませんでした。まあ、2本ともソロですからね。

横浜のクライン投手は長身で荒れ球。危ない球が数球ありました。
この手のピッチャーは、ヤクルト打線は苦手ですね。

山田選手は、今日は3打数ノーヒット1四球1盗塁。打率はまた少し下がりました。
ヤクルト1点目は、山田選手の四球出塁からの2盗が相手エラーを誘い、犠牲フライでホームイン。
ノーヒットでの得点。
山田くんの足で1点奪いましたが、すぐに逆転されました。
山田くんがトップバッターの場合(今回は1死からですが)、
こういう形で得点できることがメリットのひとつに挙げられます。

今日はヒットは打てませんでしたが、2度のファインプレ-があって守備で貢献しました。
相手にとってはヒットを2本損しました。
山田くんは、さらっとファインプレーをしますが、あれが菊池選手だったら、大げさにやっていそうですね。
こんなところにも、見た目の印象で損をしてるかもしれません。
今日は3塁側後方中上段の席で、私の周りはほとんど横浜ファンでしたが、
山田くんの守備を褒めてくれていました。

ヤクルトは今日負けて再び5位に転落。借金は4となりました。
早めに返済して、しばらくは5割を目標に戦ってほしいと思います。
打線が、やはりもう少し打たないと勝てませんね。
結局、この3連戦は石田投手を打てただけになりました。奮起をお願いします。

あと、鵜久森選手は、守備のこともあるので、相手が左投手先発ならまだしも、
そうでない場合は、やはり代打のほうがいいように思います。
今日の外野の布陣、バレンティン、センターの雄平、そしてライトの鵜久森選手は怖すぎます。
雄平選手のライトは、やはり他に代わるものがいませんから。

打順は雄平選手が2番でしばらく行きそうですね・・・。
そうなると、今日のように3番から5番が全員右バッターで、おまけに足が遅いので、
長打が出ない限り、なかなかホームに戻って来れないように思うんですが・・・。
打順は再検討する必要があると私は思います。

私は、今日一日ですっかり日焼けしました。

by misty2011 | 2017-04-16 21:25 | 東京ヤクルトスワローズ

オーレンドルフ粘投も★2-6で5連敗! 大松逆転打後の7回、連続エラーから5失点

東京ヤクルトスワローズは、開幕カード3戦目の広島東洋カープに、
なすすべなく連敗し、これで阪神戦から4連敗。
今日こそ勝って意地を見せてほしいものです。

先発は広島カープが九里亜蓮投手、ヤクルトはオーレンドルフ投手
スタメンは昨日と同じで1番坂口、2番大引選手

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 好機作るも決定打が出ず、連敗ストップならず

初回、先頭の坂口選手がセンターへのヒットで出塁。
久しぶりにグッチにクリーンヒットが出ました。
大引選手は送りバントで1死2塁
山田選手は初球を打ちあげ、センターフライで2死2塁
バレンティン選手は空振り三振。せっかくバントで送っても、3、4番がこれでは・・・。

その裏、立ち上がりが課題のオーレンドルフ投手は、
先頭の田中選手にショート後方へ落ちるアンラッキーなヒットを打たれます。
菊池選手はレフトフライ後、丸選手はセンターへの大飛球で2死1塁。
このあと、田中選手は2盗を決め2死2塁。中村捕手の送球が高くてセンターへ抜けていきました。
新井選手は四球で2死1、2塁
つづく鈴木誠也選手はボール球をファールした後、見逃し三振で3アウト。最後はいい球でした。
やれやれ0点に抑えましたが、制球がアバウトすぎて、この先どうなることやら。

2回、先頭の雄平選手がセンター前ポテンヒットで出塁
畠山選手は四球で歩き無死1、2塁
中村捕手は送りバントで1死2、3塁。
う~ん、今のヤクルト打線で、打てるのはムーチョくらいなのに、勿体ないような気がします。
谷内選手はサード正面のゴロ。3塁走者の雄平選手がホームアウトで2死1、3塁
オーレンドルフ投手は空振り三振で3アウトチェンジ。

その裏、オーレンドルフ投手は三者凡退に抑えます。

3回、1番からの打順も三者凡退。山田くんへは顔近くに危ないボールが来ました。
九里投手は藤浪投手とは違って、ぶつけないだけのコントロールはありそうで、
明らかに、山田くんに腰をひかせることを意図した1球でしょうね。山田くん、たまには怒れよ!
もう今日は、と言うか今日も、これで山田くんは打てないと思いました。

その裏1死後、バレンティン選手の怠慢守備で、田中広輔選手のシングルヒットが3塁打になります。
菊池選手はライトフライも、雄平選手の強肩が抑止力となり、タッチアップできず1死3塁
オーレンドルフ投手はこのあと、丸選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ1点先制されます。
新井選手にはレフト前ヒットを打たれ2死1、2塁
鈴木選手は空振り三振で3アウト。よく1点で済みました。

4回、ヤクルトは三者凡退。バレンティン選手のヒット性の打球は丸ちゃんに好捕されました。

その裏1死後、オーレンドルフ投手は安部選手に四球を与え、2盗を許します。早くも5盗塁目。
2塁はアウトっぽく見えましたけどね。山田くんも不服そうにしていましたが、ベンチは一切抗議ナシ。
2死後、九里投手には粘られますが、ファーストゴロで3アウト。
投手でもこれだけ粘るのに、ヤクルト打線は、それもできず。

5回、ヤクルトはこの回も三者凡退。

その裏、オーレンドルフ投手は先頭の田中広輔選手にライト線へ2塁打を打たれます。
菊池選手は送りバントで1死3塁
丸選手はショートフライ、新井選手はショートゴロで無失点で切り抜けます。
よく抑えました。オーレンドルフ投手はガタガタって崩れないのがいいですね。

6回、ヤクルトはトップからの打順
1死後、大引選手が四球も山田選手はショートゴロ併殺打。ぁぁぁぁぁ……
先日もランエンドヒットで三振ゲッツーでしたが、今日もやらかしました。
これでは、山田くんへの風当たりがますます強くなりますね。
打てそうもないのはわかりますが、それにしてもドンドン悪くなってきました。

その裏、オーレンドルフ投手は三者凡退に抑えます。

7回2死後、畠山選手がセンター前ヒットで出塁
中村捕手は四球で2死1、2塁
ここで、代打・大松選手がライトへのタイムリー2塁打を放ち、2-1と逆転に成功!代走は西浦選手
今年は代打陣が頼もしい!

写真は4月2日神宮 大松尚逸選手
e0222575_11283818.jpg


続く代打・鵜久森選手は空振り三振で3アウト。しかし、代打成功で逆転しました!

その裏、ヤクルトは1点リードで星知弥投手に交代
先頭の會澤捕手を四球で出します。代走は上本選手
代打・天谷選手は送りバントで1死2塁
今日3安打の田中選手はショートゴロも、大引選手がファンブルするエラーで1死1、3塁
これは痛すぎるエラー!
菊池選手はレフトライナー(訂正)もバレンティン選手が落球するエラーで、
3塁ランナーが生還して2-2の同点に。
ルーキーが投げているのに連続エラーとは、なにをやってるの(怒)!

つづく丸選手にセンターへタイムリーヒットを打たれ2-3と勝ち越されます。

なおも1死1、3塁で、ヤクルトはルーキ投手に交代
しかし、新井選手にライトへタイムリーヒットを打たれ2-4
鈴木選手にもレフトへタイムリーヒットを打たれ2-5
オーレンドルフ投手には全く合わず3三振の鈴木選手に、ここで打たれました。
エルドレッド選手にはレフト(訂正)へ犠牲フライを運ばれ2-6
ヤクルトとのミスに乗じて、もうカープ打線が止まりません。
本来ならショートゴロ、レフトライナーでとっくに3アウトでしたからね。
(ライトとレフトの書き間違えが多発してすみません。訂正してお詫びします)


8回、広島はジャクソン投手が登板
1死後、大引選手がライトへのヒットで出塁
山田選手はセンター前ヒットで1死1、2塁。
さっき打て、今さらと言う声が聞こえてきそうですが、ズムスタ3連戦でようやく初ヒット。
これが復調のきっかけになればと。

つづくバレンティン選手はホームランを打ってエラーを取り返してもらいましょうか。
しかし、四球で歩き1死満塁。
雄平選手は初球を打ちあげファーストファールフライで2死満塁。それはないわ!
畠山選手はセンター前ヒットかと思ったら、セカンドフライで得点ならず。
えッ、何で菊池選手がそこにいるのと言うポジショニングにやられました。

8回裏、ヤクルトは秋吉投手が登板
三者凡退に抑えます。

9回、広島は中崎投手が登板
先頭の中村捕手、つづく途中出場の西浦選手が連続レフト前ヒットで無死1、2塁
代打・荒木選手はピッチャーゴロ併殺打で2死3塁
坂口選手は空振り三振でゲームセット。

ヤクルトは2-6で敗れ、ついに5連敗となりました。

先発のオーレンドルフ投手は、やや荒れ球で球数は増えましたが、
実質バレンティン選手のエラーからの1失点のみと、粘り強く投げました。
6回1失点なら十分試合は作りました。

写真は4月2日神宮 オーレンドルフ投手
e0222575_17551869.jpg


打線は、毎度のチャンスメイクするだけで、ランナーを還すバッターがいません。
今日もチャンスでクリーンナップがブレーキ。
7回、下位で作ったチャンスに、
代打の大松尚逸選手が、ようやく一時は逆転となるタイムリー2塁打を打って2-1としました。

1点リードで、さあ、これからという7回裏、ヤクルトは星投手を投入も、
大引、バレンティン選手の痛すぎる連続エラーから5失点。試合が決まりました。

この場面、ルーキーの星投手には、まだ荷が重すぎたようにも感じましたが、どうだったでしょう?
力んで先頭バッターに四球を与えましたからね。
まあ、でも、普通に守っていれば0点に抑えていました。
チームメイトの守乱で、身内から手痛いプロの洗礼を浴びさせられ、可哀想なことをしました。
自責は0ですが黒星がつきました。

8回はジャクソン投手を攻め満塁のチャンスを作りましたが得点ならず。
9回も連打は出ましたが、そのあと併殺打などで結局得点できずゲームセット。

今日は連続エラーが致命傷となりましたが、広島との3連戦は、内外野とも守備のレベルの差を感じました。
バレンティン選手のエラーや、昨日の小川投手のサインミスは論外として、
カープの三遊間への打球は簡単に外野に抜けていくのに対し、
ヤクルトの打球はことごとく捕球され抜けません。
また、後方への打球をポテンヒットにしてしまうヤクルトの守備、それを捕球できるカープ。
この守備の差は如何ともしがたいものでした。

投手陣は試合を作っていましたが、野手が打てず守れず走れずでは、勝ち目がありませんでした。
ベンチも、渋い顔をして腕組みして見ているだけ。
ただ選手が打ってくれるのを待つだけ。
絞り球や進塁打への指示なども一切なさそうで、選手の自主性任せ。
これでは、ベンチは職務怠慢と言われても仕方ありません。

ファミリーな雰囲気にどっぷりつかって生ぬるいチームに、
誰か喝を入れてくれる人はいないものでしょうか。
選手はもちろんですが、「目を覚ませ!」の一番は監督さんのように思います。

神宮での中日戦も、何だか勝てる気がしなくなりましたね。
山田くんもこんな調子だし、私は出かける気力をなくしました。

ひとつ救いは、投手陣が昨年と違って頑張っていることです。
そのためにも、打つべき人が打って、内外野ともきっちり守ってほしいです!

スタメンオーダーは、このまま行くのは納得できませんが、
真中監督のことだから、まだしばらく様子見で変更しないかもしれませんね。
不調の山田選手も、3番はどうなのかな??と思っていますが。
4番バレンティン選手につづくオーダーは、今のところ最悪の結果ですからね。
いっそのこと1番とかでも・・・。3番のままなら、後ろは畠山選手のほうがいいです。
中村捕手の打順も上げた方がよさそうに思います。

by misty2011 | 2017-04-09 18:01 | 東京ヤクルトスワローズ

3/26オープン戦最終戦vs日本ハム 1-1引き分け、ヤクルトOP戦勝率5割で開幕へ

オープン戦は、今日で最終戦となりました。
東京ヤクルトスワローズは、昨日に続き、札幌ドームで北海道日本ハムファイターズとの一戦。

先発は、日本ハムがエスコバー投手、ヤクルトはオーレンドルフ投手
スタメン1番は大引選手、3番には鵜久森選手、6番DHに飯原選手、
西浦選手は8番に下がり、9番はセカンド谷内選手で、スタメンマスクは西田明央捕手
日本ハムは、中田翔選手が最終オープン戦に出場です。


試合経過は ニッカンスコア

初回、ヤクルトは1番大引選手、2番坂口選手の連打でチャンスメイクし、
鵜久森選手のライトフライで1死1、3塁。
雄平選手のセカンドゴロの間に3塁ランナーが生還して1点先制。

その裏、オーレンドルフ投手は、先頭の西川選手の右足に死球をぶつけ、2盗を許します。
近藤選手には四球を与え2死1、2塁のピンチ。
大谷翔平選手はショートフライで1死となりますが、
中田翔選手にセンターへタイムリーヒットを打たれ1-1の同点に。
1死1、3塁で、田中賢介選手にも四球を与え、1死満塁。
初回だけで3四死球とは・・・。

このあと、レアード選手は浅いライトフライで2死満塁
森山選手は空振り三振に仕留め3アウト。よく1点で済みました。

オーレンドルフ投手は、前回の登板でも、初回に2四球から3ラン被弾を浴びましたが、
今日も不安定な立ちあがりで、初回が鬼門のようですね。

ヤクルトは2回1死後、西田捕手が四球で出塁し、
侍帰りの大野捕手のパスボールで3塁まで進みます。
相変わらずポロポロやりますね。
大谷投手が侍辞退で、大野捕手が本戦では出番がなく、小林捕手が正捕手になったのは大正解でした。
このあと、西浦選手は三振、谷内選手はライトフライで得点ならず。

2回裏、1死後、オーレンドルフ投手は中島選手に四球を与えますが、後続を抑えます。

3回、先頭の大引選手が相手投手のエラーで出塁。
坂口選手のセカンドゴロは、田中賢介選手のミスでダブルプレーを免れ1死1塁。
鵜久森選手はライトへのヒットで1死1、2塁。
しかし、雄平選手がショートゴロ、畠山選手はセカンドフライで得点ならず。

その裏、オーレンドルフ投手は、大谷選手からのクリーンナップを三者凡退に抑えます。

4回、ヤクルトも三者凡退

その裏2死後、大野捕手がセンター前ヒット
オーレンドルフ投手は、このあと、中島選手にもレフト前にヒットを打たれ2死1、2塁
今日も中島シフトをとっていましたが、外野はもっと前でよさそうなものですが。
西川選手はセカンドゴロで3アウト。

5回、先頭の谷内選手がセンター前ヒットで出塁
1死後、坂口選手はファーストゴロ併殺打で3アウト。

5回裏、ヤクルトは大幅な守備位置変更
2塁に荒木選手、ショートは西浦選手、サードは谷内選手で、センターに榎本選手

オーレンドルフ投手は、2死後、横尾選手にセンター前ヒットを打たれますが、
田中賢介選手を空振り三振に斬ってとり3アウト。

6回、ファイターズは井口投手が登板
2死後、畠山選手がセンター前ヒットも、飯原選手はショートゴロで3アウト

その裏、ヤクルトは原樹理投手が登板
テンポよく3人で片付けます。

7回、日本ハムは公文投手が登板。ヤクルトは三者凡退
西浦選手が開幕サードがほぼ内定以来、よくありませんね・・・。

その裏、ヤクルトは村中恭兵投手が登板
2死後、近藤選手にサード内野安打、代打の矢野選手にライト前ヒットを打たれますが、
後続を打ち取り3アウト。

8回、日本ハムは谷元圭介投手が登板
2死後、鵜久森選手がマルチとなるセンター前ヒット。代走は三輪ちゃん
雄平選手はセカンドゴロに倒れ3アウト。
抜けると思いましたが、田中選手に好捕されました。

その裏、ヤクルトは平井諒投手が登板。
Max154キロも、先頭の田中賢介選手に四球を与えます。
やっぱりスピードガン出過ぎでしょ?
1死後、暴投で1死2塁となりますが、後続を打ち取り得点を許しません。

9回、日本ハムはマーティン投手が登板
先頭の畠山選手がレフト前ポテンヒット。代走は上田選手
代打のグリーン選手は空振り三振、走った上田選手も2塁タッチアウト。
ダブルプレーで2死走者なし。
このあと、西田捕手がレフト前ヒットのチグハグ攻撃。
西浦選手はセカンドゴロで3アウト。

1-1の同点で9回裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
セカンドに奥村選手が入りました。
2死後、近藤選手にレフト前ポテンヒットを打たれますが、
矢野選手をキャッチャーファールフライに仕留めゲームセット。
オープン戦の最終戦、ヤクルトは1-1の引き分けに終わりました。

最終戦ドローで、ヤクルトスワローズのオープン戦の成績は7勝7敗4分けとなり、
勝率5割で開幕を迎えます。

WBCで、バレンティン、山田選手、そして秋吉投手が抜け、また川端選手もいない中では、
まずまずといった結果でしょうか。
少なくとも、昨年よりは投手陣に少しだけ希望が見えます。

今日先発したオーレンドルフ投手は、終わってみれば初回の1失点のみ。
5回を投げ、4安打4四死球で1失点にまとめました。
立ち上がりの制球の不安定さが改善されれば、先発として試合を作れそうです。
ただ、凄くいいとも言い難くて、開幕してみないとわかりませんね・・・。

このオープン戦を通して、リリーフに回った石山泰稚投手の安定感が光ります。
球速は、平井投手や星投手に劣りますが、きっちり空振りがとれ、
何より失点しないところが素晴らしい!防御率0.00の快投で締めくくりました。

写真は浦添キャンプより石山泰稚投手
きゃしゃで色白の石山投手が、今シーズンは見違えるほど頼もしくなりました。
開幕後も、この調子をキープして、チームを勝利に導いて下さい!
e0222575_13462550.jpg


(キャンプ途中から参加のオーレンドルフ投手の写真は、自前がありません。)


打線は、ここまであまり当たっていなかった鵜久森、畠山選手がマルチなど、8安打で1得点。
得点のチャンスはありましたが、チグハグ攻撃や、相変わらずのあと1本がでませんでした。
まあ、この辺はバレンティン、山田選手が入れば、また展開がガラッと変わってくるでしょう。

主に1番で起用されていた西浦選手は、今日は打順が下位に下がりましたがノーヒット。
調子がガクンと落ちています。
開幕のトップバッターは、これでまず無いでしょう。

一部報道では、真中監督が1番・山田選手の構想を話したようですが、
主軸をしっかり任せられるバッターがいるかどうかで、また話は違ってきます。
WBC三冠王のバレンティン選手の4番だけは決まりでしょうけど。

どういうオーダーになるかは、当日のお楽しみとしておきましょう。
どちらにしても、開幕投手のカツオくんがDeNA打線を抑えてくれることを切に願っています。

by misty2011 | 2017-03-26 16:35 | 東京ヤクルトスワローズ

3/5ヤクルトオープン戦★1-6、オーレンドルフ投手4回無失点と好投

東京ヤクルトスワローズは、今日は北九州市民球場で、福岡ソフトバンクホークスとのオープン戦

先発は、ソフトバンクが、先日侍ジャパン相手に好投した東浜巨投手、
ヤクルトは新加入のオーレンドルフ投手。
私の沖縄滞在中はまだ来日していなかったので、私は初めて見ます。

試合経過は ニッカンスコア

初回、大引選手が今日もまたフェンス直撃の2塁打で出塁。
当たってますね~!シーズンにとっておいてもらいたいくらい。

1死後、鵜久森選手は四球で1死1、2塁
雄平選手のショートゴロで2塁フォースアウトとなり2死1、3塁
畠山選手は歩いて2死満塁となりますが、グリーン選手が空振り三振で先制の好機を潰します。

その裏、2死後、オーレンドルフ投手は中村晃選手にヒットを打たれ、暴投で2塁へ進まれますが、
ジェンセン選手を見逃し三振に仕留めます。

2回、先頭の中村悠平捕手がショート内野安打で出塁。こちらも打撃好調!
廣岡選手は空振り三振。
そろそろ結果が欲しい谷内選手も三振に倒れ、
大引選手は止めたバットにボールが当たりファースライナーで3アウト

その裏、オーレンドルフ投手は3人で片付けます。

3回、ヤクルトは2死後、雄平選手がセンター前ヒットで出塁。よく打ちますね~!
開幕が待ち遠しいくらい。
しかし、畠山選手はライトフライで、この回も得点ならず。

その裏1死後、オーレンドルフ投手は福田選手にセンター前ヒット
2死後、今宮選手にもレフト前ヒットを打たれ2死1、2塁のピンチも、
中村晃選手を見逃し三振に斬ってとり3アウト。
オーレンドルフ投手は、ランナーが出ると執拗にけん制していましたが、
クイックが早くて、けん制も上手いですね。なかなか器用なところがあります。

4回1死後、ヤクルトは中村捕手が四球で出ますが、廣岡選手がショートゴロ併殺打で3アウト。

その裏、オーレンドルフ投手は1死後、長谷川選手に四球を与え、
川島慶三選手にライト前ヒットを打たれ1死1、2塁のピンチ。
しかし、上林選手をセカンドゴロ併殺打に仕留め、この回も無失点。

5回、ソフトバンクは小澤怜史投手が登板
1死後、大引選手は四球で、代走は西浦選手
ここで、坂口選手が1、2塁間を破るヒットを放ち1死1、3塁
つづく鵜久森選手がセンター前タイムリーヒットで、ヤクルトが1点先制!
2死1、2塁(2塁代走は比屋根選手)となりますが、畠山選手が倒れ1点どまり。

5回裏、ヤクルトは2番手でルーキーの中尾輝投手が登板
1死後、福田選手にセンター前ヒット、
今宮選手にもセンターへのタイムリーヒットを浴び、1-1の同点に。
このあと、今宮選手の2盗を中村捕手が刺し3アウト。

6回ヤクルトの攻撃、1死後、3番手飯田投手から中村悠平捕手がライトフェンス直撃の2塁打で出塁
(代走は荒木選手)
廣岡選手は、インコースのストレートにバットが出ず見逃し三振
谷内選手は四球を選び、西浦選手も四球で2死満塁で比屋根選手
しかし、サードファールフライに倒れ得点できません。

6回裏、ヤクルトは平井諒投手
1死後、ジェンセン選手に左中間への2塁打を打たれ、長谷川選手のセカンドゴロで2死3塁
川島選手は四球で2死1、3塁のピンチ
続く上林誠知選手に、流してレフトスタンドに3ランホームランを放り込まれ1-4
外高めのストレートでした・・・。

7回、ソフトバンクは寺原投手が登板し、ヤクルトはあっさり三者凡退

その裏、ヤクルトはギルメット投手が登板
サード廣岡選手が正面の強い打球を弾き、記録はヒットでランナーを出しますが無失点。

8回、ヤクルトは三者凡退

その裏、ルーキ投手が登板
1死後、廣岡選手がまたも正面の強い打球を弾き(今度はエラー)でランナーを出すと、
川島選手がヒットで続き、上林選手はセカンドゴロで2死1、3塁
つづく吉村裕基選手に左中間へのタイムリー2塁打を浴び1-6と引き離されます。

5点を追うヤクルト9回の攻撃も、ソフトバンクの石川柊太投手の前に三者凡退でゲームセット。

ヤクルトは1-6でソフトバンクホークスに敗れました。

ヤクルトは6安打で1得点
ランナーは出しますが、つながりませんでした。
ランナーが出ても、攻撃に仕掛けがなく、そのまま打って淡々とアウトになりました。

新加入のグリーン選手は、今のところまだ日本の野球に慣れないのかもしれませんが、物足りませんね。
出来れば、畠山選手が調子を上げてくれることを私は期待しています。


投げる方では、先発のオーレンドルフ投手は、4回4安打3奪三振で無失点と好投。
ヒットは打たれましたが、テンポが良くて、リズムがいいので、見ていて心地よかったです。
先発ローテ枠が確実でしょうね。入ってもらわないといけません。

中尾投手は、ソフトバンクの1軍定着クラスの打者には、やはり打たれました。
徐々に、球の精度と力を上げて行ってくれたらと思います。

3ランを浴びた平井投手は、スピードあるストレートも高めに入ったところを打たれました。
コントロールの精度をさらに磨いていく必要がありそうですね。

ギルメット投手は、上々のピッチング。
ルーキ投手は、エラーがらみなので、今日のところは何とも言えません。
外国人枠があるので、新加入の外国人投手たちとの競争に注目です。

打つ方は、中村悠平捕手が恐ろしいくらい好調で、すぐにでも開幕してほしいでしょうね。
西田捕手が、攻守ともイマイチなので、
このまま好調をキープすれば、中村捕手が正妻の座をがっちりつかみそうな勢いです。

写真はキャンプ2月4日 
e0222575_21372424.jpg



大引選手、雄平選手も打撃好調。
開幕まで、出来るだけ今の状態を続けてくれたらと願います。

廣岡大志選手は、今日はノーヒットで守備でもミスが出ました。
まだまだだなあと思うところがあるので、2軍でみっちり鍛えた方がいいのかもしれませんが、
残りのオープン戦で、1軍生き残りをかけ、攻守とも頑張って下さい。

それから、ソフトバンクの川島慶三選手が頑張ってますね~!
是非、セカンドのポジションを奪ってほしいです。



by misty2011 | 2017-03-05 17:10 | 東京ヤクルトスワローズ