Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:バーネット ( 21 ) タグの人気記事

祝♪バーネット投手、ダルビッシュ投手と同じレンジャーズに!2年契約で合意

トニー・バーネット投手のメジャー契約がついに実現するようです。

サンスポ バーネット、2年契約でレンジャーズと合意 ダルとのリレー実現へ
        
スポニチ バーネット レンジャーズと2年契約合意 米メディア報じる

これによると、ヤクルトから自由契約となったトニー・バーネット投手は、
テキサス・レンジャーズと2年契約で合意したと、ダラス・モーニングニューズ紙電子版が報じたとのこと。

ついに、バーネット投手の悲願だったメジャー移籍が実現する運びとなりました。
よかったですね。おめでとうございます。

おそらく、メジャー側は、譲渡金6000万円が発生するポスティング期間が過ぎるのを待っていたんでしょうね。

バーネット投手のメジャーでの活躍を日本から応援したいと思います。


海の向こうでも、躍動感溢れるバーネット投手のピッチングを期待しています。
ひじの手術を受けたダルビッシュ投手が復帰すれば、バーネット投手へつなぐ豪華リレーが見られそうですね。
これは楽しみです。NHK/BSの視聴率が上がりそうで、NHKさんも大歓迎でしょうね。
e0222575_9425140.jpg


私が日本で最後に生で見た2011年7月20日東京ドーム ダルビッシュ・有投手 
一日も早い復帰を願います。
e0222575_22375681.jpg

by misty2011 | 2015-12-11 10:11 | 東京ヤクルトスワローズ

バーネット投手、ポスティング移籍ならず、ヤクルト残留か!?(追記アリ)

トニー・バーネット投手のメジャー移籍について、その後の情報がありませんでしたが、
7日、バーネット投手のポスティングシステムでの米大リーグ移籍が実現しなかったことがわかりました。

バーネット投手は、ヤクルトに譲渡金約6000万円が入る設定でポスティング制度を利用した
メジャーリーグ移籍を希望していましたが、期限までの契約には至りませんでした。

サンスポ バーネット、ポスティングでの米移籍ならず…燕は残留要請の方針


ヤクルト球団は継続して残留を要請する方針ですが、今後米球団から獲得オファーが届いた場合などについては、
バーネット投手側と協議することになりました。

一応、バーネット投手はヤクルト球団の保留者名簿に名前を載せてあります。これが生きてきますね。
ヤクルト球団としては、残ってくれると大変ありがたいことです。


急転直下、来シーズンも、バーネット-中村悠平バッテリーの勝利のハイタッチが見られるかもしれません?
e0222575_10121744.jpg


ヤクルトとしては、もし残留なら、これほど嬉しいことはありませんが、
バーネット投手自身にとっては、長年のメジャーへの夢が叶えられなくて可哀想ですね。
何だか喜んでいいのか、悲しむべきなのか複雑な心境になります・・・。

譲渡金がお安いので、私はてっきりメジャー移籍が実現するものと思っていましたが、
バーネット投手クラスでも厳しいんですね。
まだこれからメジャーではウィンターミーティングがあって流動的なので、
バーネット投手の残留は確定ではありません。
ヤクルトはバーネット投手の希望を最優先する方針で、米移籍の可能性は残されています。

【追加記事】
デイリー  ヤク・バーネット、ポスティング不発  ヤク・バーネット 交渉期限切れも継続

【追記】
サンスポ 燕・バーネット、ポスティング不成立…球団は米移籍容認の意向 

当記事は、一報が入った直後に書きましたが、その後の情報では、
球団はバーネット投手を保留選手名簿から外し、米メジャー移籍を容認する意向であることが判明。
「(慰留の)姿勢自体は変わらないが、功労者でもあるし、
本人の意向に沿うようにしてあげたい、というところに変わってきている」と
奥村編成部国際担当次長は説明したそうです。 

続報 8日、ヤクルト球団はトニー・バーネット投手を自由契約とする手続きを取り、
NPBから自由契約選手として公示されました。 


これからの動向に注目です。
by misty2011 | 2015-12-07 12:25 | 東京ヤクルトスワローズ

畠山選手残留よかった♪ バーネット投手今までありがとう! ミレッジ選手残留は??

日本シリーズが終わって、すっかりオフモードになりました。
東京ヤクルトスワローズは、11月5日から松山坊ちゃんスタジアムで秋季キャンプが行われます。
参加メンバーは スワローズ公式サイト 2015年秋季キャンプ要項および参加メンバーについて
なお、「プレミア12」に出場する4選手、川端、山田、小川、中村選手は秋季キャンプは不参加となります。

さてと、FA動向が気になりますが、畠山和洋選手はヤクルト残留が決まりました。
e0222575_1423043.jpg

出ていかれると一番困る選手だっただけに、ほっとしました。
残ってくれてありがとうございます。

飯原、田中浩康、武内選手も残留、館山投手も海外FA権を行使せず残留が決まりました。

また、トニー・バーネット投手は、ポスティングでメジャーに挑戦することを表明。
ヤクルトへの感謝の気持ちから、移籍金が球団に入るポスティングという形をとってくれました。
譲渡金額は6000万円と予想外に低く、これなら入札は確実にあるでしょうね。

写真は、2015年沖縄名護キャンプブルペン 笑顔のバーネット投手
e0222575_10411948.jpg


こちらは、2013年の沖縄名護キャンプで、色紙にサインをしていただきました。ありがとうございます。
e0222575_15553594.jpg



絶対的守護神・バーネット投手がいなくなるのは、チームにとっては大きな痛手ですが、
自分の夢の実現に向け、メジャーでの活躍を心より願って応援しています。
特に、今シーズンはバーネット投手がいなければ、大混戦のセ・リーグ優勝は難しかったかもしれません。
今まで本当にありがとうございました。
もし、メジャーとの交渉がまとまらなかった場合は、もちろんヤクルト残留となります。

そして、ミレッジ選手の残留が決まったようですね。
私は正直、う・・・・・・ん、という感じです。
肩の回復が見込まれるんでしょうかね?
闘志あふれるプレーは素晴らしいですが、ミレッジ選手が活躍したのは1年目だけ。
高額年俸に加え、守備に不安があり、打撃も期待しているほどは打てません。
コスパが悪すぎて、残ってもらう意味を私はあまり感じませんけどね。
残留なら、大幅な年俸ダウンで、本人の奮起に懸けるしかありません。
外国人選手の補強なら、まずは先発枠優先でやってもらいたいです。

ヤクルトはリーグ優勝したとは言っても、バーネット投手が抜ければ大幅な戦力ダウン。
その上、日本シリーズでも露見したように、ただでさえ先発投手陣が計算できないので、
その補強に力を注いでほしいものです。

お詫び 下書きの記事が間違って公開されましたが、こちらが正式な投稿記事です。
by misty2011 | 2015-11-03 16:11 | 東京ヤクルトスワローズ

10/17神宮観戦フォト ヤクルトCS優勝の瞬間 抱き合うバーネット&中村、真中監督の胴上げなど

東京ヤクルトスワローズが、今日10月17日CS優勝を決めてくれると信じて、神宮に行ってきました。
一気に決めてほしいとの願いが通じて、ヤクルトが3-2で巨人を下し、
クライマックスファイナルステージを4勝1敗で見事に突破!
14年ぶりの日本シリーズ進出を決めました。おめでとうございます。

心配された雨も上がり、寒さも球場の熱気に包まれ思ったほどでもなく、最高に盛り上がった神宮の夜でした。

10月2日のリーグ優勝に続き、今回も現地観戦できて、こんな嬉しいことはありません。
前回よりは落ち着いて見ることができましたが、8回くらいから気持ちが高ぶってドキドキしていました。

取り急ぎ、ファイナル優勝を決めたゲームセットの瞬間から真中満監督の胴上げまでの写真を並べます。

この後、準備が出来次第、CS優勝の表彰式、CSのMVPに選ばれた川端慎吾選手の表彰、
集合記念撮影の様子、そして最後はビールかけなどの写真をアップします。
試合編フォトは最後になると思います。

3-2でヤクルトリードの9回表2死ランナーなし 
バーネット投手が、フルカウントから高橋由伸選手を空振り三振に斬ってとりゲームセット!
後ろ向きで吠えたあと、ガッツポーズで優勝の歓びを爆発させるバーネット投手
外野では、山田くんの知人男性・上田剛史選手が、こちらも手をあげガッツポーズで走ってきています。
e0222575_119070.jpg


もっと足を高く上げて吠えているショットがあったんですが、ぶれていたのでNGとなり、こちらを掲載
e0222575_11975.jpg


中村悠平捕手がマウンドに駆けてきてバーネット投手に抱きつきます。
e0222575_119155.jpg


バッテリーの歓喜の瞬間 若き正捕手が見事に投手陣を引っ張ってリーグ優勝、
そしてクライマックスも制覇しました。おめでとうございます。
中村捕手のこの1年の成長は素晴らしかったですね。MVP級の頑張りでした。
本当によかったです。悩んだり苦しかったことも多かったと思いますが、最高の形で実を結びました。
e0222575_1192433.jpg


選手がマウンドに集まります。画像をクリックすると大きくなります。選手の表情がよくわかります。
好リリーフの久古投手、ロマン投手の嬉しそうな顔が見えます。
人差し指で1番ポーズをしている山田哲人選手の顔も見えます。
e0222575_1213230.jpg


画像をクリックすると大きくなります。
e0222575_1214325.jpg


真中監督がベンチからゆっくり出てきました。今日は涙はありません。
e0222575_1215829.jpg


e0222575_122758.jpg


胴上げに備え、眼鏡をはずします。三輪ちゃんがお手伝い
e0222575_122387.jpg


真中監督の胴上げが始まりました。ここからの画像はすべてクリックで大きくなります。
e0222575_1225782.jpg


前回と同じ7回宙を舞いました。前回よりは幾分胴上げが上手くなっていたような?
e0222575_123851.jpg


バーネット投手の胴上げ
e0222575_1232238.jpg


オンドルセク投手の胴上げ
e0222575_1233590.jpg


姿が見えませんが、たぶんロマン投手? 勝利を担ったリリーフROBが揃って胴上げされました。
e0222575_12350100.jpg


最後は石山泰稚投手の胴上げ 
リーグ優勝の際には、翌日が先発だったためビールかけに参加できませんでした。
e0222575_124679.jpg


体重が軽いと、こんなに高く上がります。
e0222575_1242135.jpg


ライトスタンドのファンと一緒に万歳!
e0222575_1243267.jpg


e0222575_1244219.jpg


館山、石川投手、ユウイチ選手が、上田選手に写真を撮ってもらっています。
あとで知ったんですが、ユウイチ選手が引退することを決めたそうです。
日本シリーズが引退の花道となりましたね。代打の一振りを期待しましょう!
お別れの言葉はその時までとっておきます。
e0222575_1245477.jpg


選手が引きあげてきます。中村悠平捕手が、嬉しさをかみしめているような表情です。
山田くんは、仲良しの西田選手と肩をくんでいます。
CSのMVP川端慎吾選手も嬉しそう。
遠い画像を大きくトリミングしているので画質が悪いですがご容赦ください。
e0222575_12553.jpg


ベンチ前で球団スタッフと選手たちが握手
e0222575_1282146.jpg


オンドルセク投手の後ろに小川淳司SDの姿が
e0222575_1251846.jpg


このあと、真中監督の優勝インタビュー そして表彰式、集合記念撮影と続きます。
そして最後は祝勝会でビールかけ 準備出来次第アップします。
by misty2011 | 2015-10-18 02:39 | 東京ヤクルトスワローズ

山田35・36号2発3打点、小川11勝目、バーネット球団新38セーブ

シルバーウィークは終わりましたが、投居ヤクルトスワローズは今日が7連戦の最後となります。
あいにく雨模様となりましたが、試合は行われました。

先発はヤクルトが小川泰弘投手、横浜DeNAベイスターズは石田健大投手


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 山田選手が2打席連続弾!バーネット投手は球団新記録の38セーブ!

初回1死後、川端選手がライト前ヒットで出塁すると、
3番・山田哲人選手がレフトポール際にぎりぎり入る35号2ランホームランを放り込み2点先制!
打った瞬間はレフトフライかと思いましたが、
さすが神宮の申し子、山田くんのスイングならあれでも入るんです。
打った本人も、まさかあれが入るとは思わなかったようですが。

昨日の記事で、そろそろホームランが見たいと書いたら、早速打ってくれて嬉しいです。

直後の2回、小川投手は先頭の筒香選手にライト前ヒットを打たれ、
倉本選手のファーストゴロで2塁へ進まれると、柳田選手にレフト前タイムリーヒットを浴び2-1
今日もど真ん中の甘い球が目立ちます。

3回はきっちり三者凡退に抑えた小川投手

その裏、先頭の山田くんが、レフトスタンドへ今日2本目となる36号ソロホームランを運び3-1
今度はライナー性の鋭い打球でした。

しかし直後の4回、小川投手は梶谷隆幸選手に12号ソロホームランを浴び3-2
点を取ってもすぐ取られ、小川投手がピリッとしません。

その裏、ヤクルトは大引、荒木選手が四球で出塁後、川端選手がレフトへタイムリー2塁打を放ち4-2
ここでDeNAは石田投手から小林寛投手に交代し、山田くんに3打席連続弾を期待しましたが、
セカンドフライに倒れ3アウト。

6回裏、ヤクルトは大引選手が四球、上田選手がヒット、
川端選手は当たり損ないのピッチャーへの内野安打で2死満塁。さすが内野安打を打つのも天才。
慎吾くん、今季20度目の猛打賞!

しかし、山田くんが空振り三振に倒れ追加点ならず。あらら、2打席チャンスで凡退しました。
これで逆点されたら、2発3打点でも叩かれそうな山田くん・・・。

7回からは継投に入り、秋吉投手が1死後四球でランナーを出し、
代打・後藤選手にライト前ヒットを打たれ1死1、2塁のピンチを招きます。
荒波選手のライトフライで、2塁ランナーがタッチアップして1死1、3塁ところで久古投手に交代。
代打の乙坂選手を3球三振に仕留め0点に抑えます。ナイスリリーフ、久古投手!

7回、ヤクルトは畠山、バレンティン、雄平選手があっさり三者凡退に倒れます。

8回も続投の久古投手は、梶谷選手を三振、筒香選手はサードファールフライに打ち取り、ここでお役御免。
回またぎで左打者3人を完璧に抑える好救援でした。いい仕事をしました。
2死となり、オンドルセク投手に交代してロペス選手をレフトフライに抑え3アウトチェンジ。

その裏、ヤクルトは2死後、谷内亮太選手がライト前ヒットで出塁も追加点ならず。

9回はバーネット投手が登板し、きっちり三人で片付けゲームセット。

バーネット投手は球団新となる38セーブ目を挙げました。おめでとうございます。
写真は4月神宮
e0222575_21243817.jpg


4-2でDeNAを下しヤクルトは4連勝。3年ぶりとなるCS進出を決めました。
この7連戦は5勝2敗とVロードへ着々と前進し続けています。

ただし、今日は東京ドームで読売ジャイアンツが2-0で広島を下し、またもマジック点灯はお預け。
巨人も意地でも負けませんね・・・。

お立ち台は、山田くん、11勝目の小川泰弘投手、そして球団新記録となる38セーブをあげたバーネット投手でした。

小川投手は勝ったものの、依然不安は残ったままの投球でした。
いい球もありますが、勝負所で甘い球を投げて打たれます。
この辺をきっちり修正して次の登板に生かしてほしいです。

今日は35、36号2発3打点の山田哲人選手 
ヤクルト球団日本人右バッターでは池山選手を抜く最多ホームランとなりました。
今季は東京ドームで打ててないので、次こそ爆発してほしいですね。

明日はお休みで、いよいよ土日は東京ドームで天王山となる巨人との2連戦
今からドキドキします。
by misty2011 | 2015-09-24 21:41 | 東京ヤクルトスワローズ

石川好投5連勝で12勝目、バーネット球団タイ37セーブ、川端4安打1打点

甲子園で阪神タイガースに1勝1敗の5分で首位をキープした東京ヤクルトスワローズは
今日から神宮で広島カープとの2連戦。

今日はデーゲームで巨人が阪神を下し、優勝への最大の敵は巨人となりそうです。
ヤクルトはとにかく目の前の1戦を勝つことに集中してほしいですね。

先発はヤクルトが石川雅規投手、カープは戸田隆矢投手

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 石川投手が6回1失点で12勝目!バーネット投手は球団タイ記録の今季37セーブ!!

1回裏、ヤクルトは今日1番に入った荒木貴裕選手がヒットで出塁。
川端選手の送りバントが相手エラーを誘い無死1、2塁。
山田選手は四球を選び無死満塁から、畠山選手のショートゴロの間に1点先制。
これで畠山選手は100打点の大台に!

つづくバレンティン選手も四球で出ると、戸田投手のワイルドピッチで2点目が入ります。

直後の2回、石川投手はエルドレッド選手に一発を浴び2-1

その裏、ヤクルトは1死満塁のチャンスに、山田、畠山選手が倒れ追加点ならず。

3回、ヤクルトは大引選手がファンブルするイージーエラーが出ますが、石川投手が0点に抑えます。
大引選手がエラーした試合は負けないジンクスは、今日はどうなるでしょう?

その裏、雄平選手がフェンス直撃の3塁打を放ち、大引選手のピッチャーゴロで生還して3-1
ここまでタイムリーヒットなしで3得点。

ヤクルトは4回、先頭の石川投手が四球を選び、荒木選手が送って1死2塁から、
川端選手がタイムリーヒットを放ち4-1。ようやくタイムリーヒットが出ました。

石川投手は6回まで投げ3安打1失点でお役御免。よく投げました。

7回からは秋吉投手が登板し、四球とヒットでピンチを招き、
1死2、3塁から松山選手のセンターフライで、3塁ランナーのエルドレッド選手がホームに突入しますが、
センター上田選手の好返球でタッチアウト。ダブルプレーで0点で切り抜けます。
3点差があって浅いフライで、そう足が速くもなくエル様がタッチアップするとは、助かりました。

8回はオンドルセク投手が登板し、川端選手のエラーでランナーを出しますが、後続を打ち取ります。
今日は2失策とも失点につながらなくてよかったですが、このところ、内野陣の失策が増えてきましたね。
優勝へのプレッシャーや疲れもあると思いますが、きっちり守ってほしいと思います。

その裏、代打の今浪選手がヒット、川端選手が4安打目のヒットで出塁も、
昨日のヒーロー山田くんはセンターフライに倒れ、今日は3打数ノーヒット2四球でした。
甘い球もありましたが、今日はタイミングがちょっとずつズレていて、打ち損じが目立ちました。
このあと、畠山選手が四球で満塁となりますが、比屋根、雄平選手が倒れ追加点ならず。

9回はバーネット投手が登板し、2死から鈴木誠選手に3塁打を打たれ、安部選手にタイムリーヒットを浴び4-2
小窪選手には四球を与えますが、後続を打ち取りゲームセット。
ヤクルトが4-2で広島カープを下しました。

先発の石川雅規投手は、気合のピッチングで自身5連勝で12勝目をあげました。
おめでとうございます。頼りになります、小さな大エース!
また、バーネット投手が、球団タイ記録となる37セーブ目をあげ、高津臣吾コーチらに並びました。
1失点はしましたが、そのあと冷静に抑えました。おめでとうございます。
球団セーブ記録を更新するのは悪実でしょうね。
本当に頼りになる守護神です。

今日はデーゲームで巨人が阪神に勝ったので、マジック点灯はまたお預けとなりました。

勝ったものの、ヤクルトは14残塁と、あと1本が出ませんでした。
山田くんがチャンスに打てず、バレンティン選手もノーヒット。
それでも、相手ミスや、内野ゴロで渋く3点取りました。
慎吾君だけが鬼のように打って4安打固め打ちで1打点。唯一のタイムリーヒットを打ちました。
川端選手、着々と首位打者固めに入ってきましたね。もう確定と言っていいでしょう。

明日は館山投手と黒田投手の先発。
打線が早めに黒田投手を攻略して館山投手を援護してほしいですね。
明日こそマジック点灯といきましょう!

球団タイ記録となる37セーブのバーネット投手 現・高津臣吾コーチらと並びました。
球団新は時間の問題でしょうね。 写真はキャンプブルペンより
e0222575_1054628.jpg

by misty2011 | 2015-09-22 22:05 | 東京ヤクルトスワローズ

黒田を打てず、バーネットついに黒星、山田29盗塁でトリプルスリーに王手

神宮での広島カープとの3連戦
東京ヤクルトスワローズは、前夜はジョンソン投手を初回に攻略して初戦をとりました。

2戦目の先発はヤクルトが石山泰稚投手、広島は黒田博樹投手

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 息詰まる投手戦も9回にまさかの4失点…バーネット投手今季初黒星で5連勝ならず

石山投手は、1、2回は三人で片付けますが、3回はヒットと2四球で2死満塁のピンチを招きます。
しかし、新井選手を外スラでイダー空振り三振に斬ってとり無失点に抑えます。

6回もヒットと2四球で満塁のピンチでしたが、後続を抑え、この回も0点に抑えてお役御免。
ピンチでのピッチングが落ち着いていて、低めのいい所に決まりました。
中村捕手も、冷静で粘り強く好リードで石山投手を守り立てました。

ヤクルト打線は黒田投手の前に、6回まで畠山、雄平選手のわずか2安打に抑えられます。

見ごたえがあったのは7回
先頭の山田選手がライト前ヒットで出塁。
畠山選手、雄平選手の打席では走れず、2死後、ミレッジ選手の打席で(訂正)
執拗なけん制をかいくぐって、見事2盗に成功!
29個目の盗塁を決め、トリプルスリーにあと1個。
黒田投手に、いやになるくらいけん制され、リードしてスタートを切っては、
また1塁ベースに戻る繰り返しで、山田くんは汗びっしょり。
相当消耗していましたが、根負けすることなくよく走りました。

しかし、この回得点ならず。

7、8回は秋吉投手が0点に抑えます。
カープは8回は大瀬良投手が投げ、中村捕手が内野安打で出塁も、得点ならず。

0-0のまま9回に入り、ヤクルトはバーネット投手が登板
1死後、田中選手にセンター前ヒット、梵選手にライトへのヒットを打たれ1死1、3塁のピンチを招きます。
つづく松山選手はぼてぼてのファーストゴロでしたが、畠山選手がホームへ悪送球。
3塁ランナーが生還し、なおも1死2、3塁。
小窪選手には四球を与え、丸選手にレフトへのタイムリーヒットを浴び、ランナーが二者生還して0-3

ここで、松岡投手に交代し、菊池選手への死球で満塁となり、新井選手に押し出しの四球で0-4

9回最後の反撃も、中崎投手に抑えられゲームセット。
ヤクルトは0-4でカープに屈しました。

バーネット投手がついに打たれて今季初黒星となりました。
ショックですが、まあ、どこのクローザーもすべて抑えられるわけではないので、
ここまで、完璧に抑えてきたバーネット投手だって、こんな日もあるかと思うことにしておきます。
大切なことは、バーネット投手がこれを引きずらないことですね。

それよりも、敗因は黒田投手を打てなかったことに尽きるでしょうね。
7回投げた黒田投手から、散発3安打ではどうしようもありませんでした。
今日は、男気ゾーンもしばしば炸裂で、なかなか攻略の糸口が見つからなかったですね。

今日の負けは負けとして、気持ちを切り替えて3戦目に向かってほしいと願います。
明日は必ず勝ちましょう!

試合は負けましたが、山田くんが29盗塁目を決め、30盗塁まであと1個。
トリプルスリーに王手ですね。
明日にも30盗塁を決めるかもしれませんね。楽しみにしています。

打って走って守って、本当にお疲れ様。
最後まで怪我のないよう、優勝に向けチームを引っ張っていって下さい。
e0222575_22255060.jpg

by misty2011 | 2015-09-05 22:39 | 東京ヤクルトスワローズ

祝♪ 7月の月間MVP受賞!山田哲人選手&バーネット投手

7月の月間MVPが決まり、セ・リーグ投手部門ではトニー・バーネット投手、
打者部門では山田哲人選手が選ばれ、東京ヤクルトスワローズから投打同時受賞となりました。

パは西武の中村剛也選手とソフトバンク・バンデンハーク投手が受賞
おかわり君は意外なことに初受賞なんですね。
受賞された皆さん、おめでとうございます。

昨夕、スワローズ公式サイトから発表され、昨日の試合の記事の中で
2選手の写真とコメント入りの記事のリンクを貼りましたが、今朝見ると、その記事は削除されていました。
やはり、NPBから正式発表前にフライングしたようですね。

本日午後、正式発表されたので、改めてMVP受賞の記事を書くことにしました。

スワローズ公式サイト バーネット投手と山田選手が7月度月間MVPを受賞!

スポニチ 山田7月6冠で月間MVP おかわりは意外?初受賞

NPB 2015年7月度「日本生命月間MVP賞」受賞選手 (セントラル・リーグ)

サンスポ ヤクルト・山田&バーネットが月間MVPダブル受賞

山田哲人選手は21試合で打率.434 10本塁打、25打点で月間三冠をはじめ、
安打、出塁率、盗塁の各部門でもリーグトップを記録。昨年8月月以来2度目の受賞。
バーネット投手はは登板全8試合でセーブを挙げ、来日6年目で初受賞

おめでとうございます♪

まずは、投手部門で月間MVPを初受賞したトニー・バーネット投手


写真は2月のキャンプ、ブルペンより2枚
e0222575_1041615.jpg


ハリウッドスターも顔負けの超イケメンです。
e0222575_11304171.jpg


試合編より2枚
e0222575_852195.jpg


e0222575_8525495.jpg


今シーズン、ヤクルトは勝利の方程式を、ロマン投手、オンドルセク投手、
そしてクローザーはバーネット投手と、外国人トリオROBが担っています。
先発投手陣に勝ちが計算できる投手がいないので(山中投手が唯一5勝無敗ですが)、
とにかくリードをしていれば、7回からROBをつぎ込んで逃げ切ります。
しかし、オンドルセク投手とロマン投手は、これ以外にも僅差の試合で投げることも多く、
酷使されつづけ、さすがにお疲れ気味。
そんな中でも、バーネット投手の安定感は抜群です。
ボール自体の威力もありますが、今季はメンタル面での冷静さが好投につながっているように思えます。
これからも、守護神としてチームを勝利に、そして優勝に導いてください。



続いて、打者部門の月間MVP 山田哲人選手 昨年8月以来2度目の受賞
打者部門は6月の畠山選手に続き、2か月連続ヤクルトから選出されました。

写真は、アップするタイミングを逸していた6月14日西武プリンスドームで取材を受けている山田哲人選手
今回掲載します。一部既出のものもあり
このころに比べても、今は目がくぼんで、明らかに痩せていますね。
e0222575_8552145.jpg


e0222575_8553912.jpg


e0222575_8555283.jpg


e0222575_856664.jpg


e0222575_8561849.jpg


e0222575_8564221.jpg


e0222575_857760.jpg


e0222575_8572426.jpg


e0222575_8573566.jpg


e0222575_8581769.jpg


e0222575_8585367.jpg


e0222575_8595100.jpg


e0222575_8592539.jpg


e0222575_8593525.jpg


インタビュアーの女性、フリフリ、透け透けのファッションで、山田くんにアピール!?(笑)
e0222575_8594631.jpg


e0222575_8595835.jpg


月間MVPは嬉しいことですが、なんというかタイミングが悪くて、現在、山田くんは不調まっただ中
昨年は8月に月間MVPを受賞しましたが、9月になって、最多安打争いが熾烈になるや、
かなり成績を落として、ヤキモキしたものです。
月間MVPの翌月は、ほとんどの選手が成績を落とすという傾向が見られますが、
山田選手の場合はまさにそうですね。
まあ、好成績だから受賞するわけで、その上の成績を望むのは酷ってもんですが、
8月に入ってからの打撃成績は、昨日6日までは悲惨なものとなっています。
ちなみに7月31日から昨夜までの2カード6試合で、23打数3安打、打点2、本塁打なし

7月は、特にオールスター明けから絶好調となり、やれ三冠王とかトリプルスリーとか騒がれ出した途端に
不調モードに突入。
本人は意識してないと話していますが、意識しまくっていそうです。

タイトル争いのライバルがチーム内にいて、
それも2番川端選手、4番畠山選手で、二人に挟まれる形で3番が山田くん
意識するなって方が無理でしょう。
それも前で慎吾くんが快調にヒットを量産している直後に打席に入りますからね。

前にも書きましたが、今シーズンの山田くんは好調と不調の波がすぐに入れ替わる傾向があります。
好調があっという間に終わって長続きしませんね・・・。

よくエース級の投手が、悪い時は悪いなりのピッチングができないといけないと言われますが、
山田くんの場合、悪い時は悪いなりに何とか出来ればいいんですが、
悪くなると、とことん悪いままになります。

今は、甘い初球を見逃して、すぐに追い込まれて、余裕なく打ちにいって凡打を繰り返しています。
このへんは、メンタルも含めてまだ青いというか、打撃技術が未熟なんでしょうね。
川端選手だって不調の時はありますが、2~3試合ですぐ抜け出すことができます。
カットカットで粘れて、天才的なバットコントロールがありますからね。
畠山選手は、配球を読んで狙った球を仕留める集中力があります。

逆にいうと、実質1軍2年目の山田くんは、そういうことができなくても、
ここまでの成績をあげているのは、ある意味、驚異です。
どちらかと言うと、タイミングや感覚的なもので打っている感じで、
それが一度狂うと、取り戻すのが難しいのかもしれませんね?

まあ、そのうち打ちだしてくれと見守るしかありません。
次の好調の波がすぐ訪れてくるよう願うばかりです。

ヤクルトは山田くんのチームと言われるほど、若いですがチームの顔となりました。
山田くんが打つと、チームが盛り上がって、勝てる確率がぐーーんと上がります。

今日からは久しぶりにドーム球場での試合。
酷暑の8月に、ヤクルトは屋内の試合はこの3試合だけという過酷な日程で、
これが終わると、次回ナゴヤドームの9月12日まで、ずっーーーと外の試合が続きます。
選手はたまったもんじゃありませんね。
バテるなって方が無理ですが、それでも元気を出してほしいです。

私自身も幼少期からずっと食が細いので、わかるんですが、
これだけ暑いと、ますます食べられなくなって体力が落ちます。
体がしんどいので、神宮に出かけることもできなくなりました。
太れない体質で、特に夏場は軽い体重がますます落ちて、山田くんと同じで体重計に乗るのが怖くなります。
無理やり食べてはいるんですが、とにかく食べることが私にとっては大変な作業です。
逆に、食べないでいるのは全然平気なんですけどね・・・。

山田くんも、栄養のあるものを食べて体力を維持してほしいと願います。
かなり痩せてきた感じですが、これ以上痩せないようにして下さいね。
by misty2011 | 2015-08-07 14:19 | 東京ヤクルトスワローズ

山田3戦連発、川端・中村にも一発、大引2適時打☆8-7 ROBで逃げ切りヤクルト7連勝

6連勝で単独首位に立った東京ヤクルトスワローズ
中日との3連戦最後は、前回打てなかった若松駿太投手。今日は攻略できるでしょうか?
ヤクルトは、3勝負けなしの山中浩史投手の先発。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト ドラゴンズの追い上げ振り切り7連勝!山田選手は3試合連続弾!!

試合は序盤から点の取り合いとなりました。
まず1回裏、比屋根選手がヒット、川端選手は相手エラーで無死1、2塁のチャンスに
山田哲人選手が23号3ランホームランをバックスクリーンに放り込み3点先制!
打った瞬間はセンターフライかと思いましたが、打球が伸びてスタンドイン。
いやいや、驚きました。
山田くんはこれで3戦連発!凄いというか、怖いくらいです。

しかし2回、山中投手は平田選手のヒット後、藤井選手に2ランホームランを浴び3-2
3回には大島洋平選手に一発を浴び3-3の同点に。
打たれた球は、高かったですね。

しかしその裏、川端選手が2試合連発となる4号ソロホームランを放ち4-3と再びリード
このあと山田選手がヒットで出塁し、畠山選手の右中間への当たりで一気にホームへ滑り込んで5-3
畠山選手は3塁まで進み、1死後、大引選手のタイムリーヒットで6-3
さすがチャンスに強い大引選手、ナイスバッティングでした。

4回には中村悠平捕手が今季1号ソロホームランを放ち7-3
これで楽勝?かと思いきや、試合はもつれていきます。

山中投手は5回、エルナンデス、大島選手のヒットを打たれ2死1、3塁から、
亀澤選手のショートへのタイムリー内野安打で7-4

6回も続投しますが、ルナ選手の2塁打後、平田良介選手にタイムリー2塁打を打たれ7-5
ここで、山本哲哉投手に交代。

しかし、藤井選手にヒット、エルナンデス選手は四球で無死満塁のピンチを招き
桂選手のショートゴロダブルプレーの間に3塁ランナーが生還して7-6と1点差。
試合はわからなくなりました。

7回はオンドルセク投手が三者凡退に抑えます。

8回はロマン投手が登板も、四死球と平田選手の2塁打で1死満塁のピンチを招きます。
中日は代打攻勢をかけますが、ナニータ、和田選手を打ち取り無失点で切り抜けます。
よく抑えました。

その裏、ヤクルトは畠山選手がヒットで出ると、雄平選手は送りバントを決め代走の川崎選手が2塁へ。
ここで、得点圏に強い大引選手がセンターオーバーのタイムリー2塁打を放ち8-6と2点差に。
結果的にはこの1点が大きかったですね。

9回はバーネット投手が登板し、1死後、亀澤、遠藤選手に連打された後、
代打・赤坂選手のセカンドゴロ併殺崩れの間に1点失い8-7
しかし、最後は平田選手をショートゴロに打ち取りゲームセット。
ヤクルトが今日も乱打戦の末8-7で競り勝って、これで7連勝!首位をがっちりキープしました。

6回途中まで投げ6失点ながら、山中浩史投手が無傷の4勝目を挙げました。おめでとうございます。

ヤクルトは山田、川端、中村選手にホームランが飛び出し、中日は藤井、大島選手にホームランと
神宮鵜の夜空に5発の花火が舞い上がりました。

昨夜のお立ち台で、明日も花火を見に来てくださいと話した山田くんが、
まずは初回に23号3ランの花火を打ち上げたのを手始めに、川端選手との連夜のアベック弾
そして、中村捕手にも今季初アーチとヤクルトは3発の花火、中日は2発飛び出しました。

前回全くお手あげだった若松投手を初回から攻略できたのはよかったですが、
こちらも打たれて、点の取り合いとなった末、ヤクルトが乱打戦を制しました。
中日は12安打2発で6点、ヤクルトは10安打3発で8点と、ヤクルトの方が効率よく得点できました。

7回からは、お約束のように今日も勝ちパターンの外国人トリオをつぎ込みました。
オンドルセクーロマン-そしてバーネット投手とつないで、辛くも1点差で逃げ切りました。

ロマン投手が満塁のピンチを0点でよく抑えました。
最後のバーネット投手も、1点取られましたが、何とか逃げ切ってやれやれです。

先発が今日も6回持たず、結局、毎試合のようにROB頼みになってしまいます。
それそろ連投の疲れが出るころで、現に3連投のバーネット投手がセーブがつく場面で珍しく失点しました。

出来れば、ROBを温存する形で、出しても一人くらいで逃げ切れるのが理想ですが、
ブルペン事情ではどうしてもこの外国人トリオに頼らざるをえませんからね。
前に記事でも書きましたが、やはり先発投手陣が7回までは投げてほしいですね。
でもそういう先発陣が見当たりません・・・。

26セーブ目をあげた守護神・バーネット投手 (写真は5月28日神宮)
e0222575_21581173.jpg


これからますます暑い夏に向かって熱い戦いになってきますが、
どうかROBに疲れが溜まりませんように! それだけが心配です。

今は、絶好調の山田くんを筆頭に、1番からの上位打線がよくつながり、
また、畠山選手は満身創痍の中でも、ヒットを打ってチャンスメーカーになったり、
きっちり打点を挙げて4番の仕事をしています。
チャンスに強い大引選手も頼もしい存在です。

いくら好調な打線でも、やはり打線は水物なので、好調なうちに貯金をどんどん増やしていきたいですね。
次のカープ戦も期待しましょう!
by misty2011 | 2015-07-26 22:14 | 東京ヤクルトスワローズ

今年のオールスター、選手間投票&監督推薦に納得できますか?

今日は、サッカー女子ワールドカップ決勝戦で、なでしこジャパンが2-5でアメリカに完敗しました。
立ち上がり、いきなり3分で失点すると、前半16分で4失点は重すぎましたね。
こんな展開は選手もファンも予想できないことでした。
悔しい結果となりましが、ファイナルまで進んだことは立派です。
健闘を称えたいと思います。お疲れ様でした。
まあ、しかしアメリカが強すぎましたよ。

今日は試合がないので、2015マツダオールスターゲームに
ヤクルトから出場が決まった選手の写真をアップします。
既に、ファン投票、選手間投票でも1位で選ばれた川端慎吾選手は、こちら にアップ済みです。
初出場おめでとうございます。その中から1枚だけ
e0222575_17313950.jpg


選手間投票で選ばれた雄平選手 2回目の出場
正直、選手間投票で選ばれた時は、ヤクルトファンであっても「はぁ~??」という感じでした。
写真は5月28日神宮
e0222575_14365379.jpg

開幕から4番を任され、4月終盤までは確か3割を打っていましたが、その後、打撃不振となりました。
現在は、自慢のフルスイングも中途半端でホームランがなかなか出ません。
ヤクルトファンからは、「スタメンを外せ」との声が出ているほどですが、
なぜか選手間投票では支持されました。

監督推薦で選ばれたトニー・バーネット投手 2回目の出場
7月5日現在、19セーブはリーグ3位、防御率0.519は12球団守護神トップの成績
今シーズンは、ピッチングはもちろんですが、キレることなくメンタル面での充実が素晴らしいですね。
付け加えて、相性が最悪だった相川さんと組まなくて済むというのも
バーネット投手にとってはプラスとなりました。(毎度の余計なひと言)

キャンプ ブルペンより
e0222575_1041615.jpg


5月28日神宮
e0222575_11261019.jpg



監督推薦で選ばれた中村悠平捕手 2回目の出場
写真は6月14日 西武プリンスドーム
e0222575_11304365.jpg


5月6日 ハマスタ
e0222575_19485218.jpg



山田哲人選手 監督推薦で2回目の出場
e0222575_11341414.jpg

以上5名が選出されました。


ここからは、私の納得いかないコーナー

ファンのひいき目抜きにしても、2塁手の選手間投票で菊池涼介選手に大差で負けた山田哲人選手と
同じく、1塁手の選手間投票でロペス選手に負け、監督推薦からも漏れた畠山和洋選手が不憫でなりません。
何故?と疑問です。
e0222575_1149246.jpg


選手間投票の結果は→ マツダオールスターゲーム2015 選手間投票


ファン投票は、はじめからカープファンの大量投票が予想されていたので、
セカンドで山田くんがファン投票で選ばれるのはあきらめていました。
しかし、選手間投票で、菊池選手にこれだけ大差で2位になるとは予想できませんでした。
成績から行けば、当然、山田選手が選ばれるものと思っていましたから。

ひとつ考えられるのは、選手間投票がいつの時期に行われたかとういうことです。
開幕以降ずっと山田くんは不調でしたからね。
最初の頃に投票が行われていたとするなら、わからなくもないです。
ただ、菊池選手も、最近は打撃好調ですが、開幕後しばらくは山田くんとどっこいどっこいで不調でしたけどね。

ここへ来てようやく調子が上がってきた山田選手は、現在、打率は3割超え、
ホームランは畠山選手に次ぐ18本塁打まで伸ばしてきました。
OPSは、常にリーグトップ3位内で、7月5日時点では.958で1位です。
守備もかなり上達していますが、山田くんの守備に対する過小評価も悔しい点です。

いくら菊池選手が超人的な守備をするからと言っても、総合的に見れば山田選手のほうが上でしょう。
選手間で、それが評価されなかったというのが非常に残念です。
本人もきっと悔しい思いをしていると思います。
まあ、他球団、特にパの選手からすると、違うリーグの試合なんて、あまり見ているとは思えないので、
知名度や印象で選ぶのは仕方ない面があるのかもしれません。

こういっては何ですが、侍ジャパンの小久保監督評が大きく影響しているのではないかと思えてなりません。
セカンドはまず菊池選手ありきですからね。それが選手間にも刷り込まれているように思えます。
守備重視ならそれはしぶしぶわかりますが、あまりに山田選手をないがしろにしていて腹が立ちます。
侍ジャパンでは、慣れないサードや1塁を守らせていますからね。
本人は、日本代表に選ばれて喜んでいますが、こんな扱いなら、私は参加させたくないくらいに思っています。

上の雄平選手が選手間投票で選ばれたというのも不思議です。
パ・リーグの選手は、今の雄平選手の状態を知らないんでしょうね。そうとしか思えません。
雄平選手には悪いですが、球宴期間には特打でもして調整に当ててほしかったですけどね。
出るからには、フルスイングの柳田選手や森君を見習うのではなく、
軽く振ってもホームランが量産できるおかわり君のスイングを参考にしてほしいですね。
オールスターが励みとなって、打撃が上向けばいいと前向きに期待するしかありません。

それ以上に腹立たしいのが、監督推薦でも選ばれなかった現在セ・リーグ2冠の畠山和洋選手。
畠山選手は、交流戦でも本塁打、打点共に12球団トップの成績を残し日本生命賞を受賞しました。
これで選ばれないなんて、原監督、そりゃ~ないでしょ!
e0222575_13302040.jpg


本人も選ばれると思っていたようで、球宴期間は予定を入れてなかったそうです。
ああ見えて、けっこうナイーブなので、畠山選手が落ち込んでいなきゃいいのにと心配です。

2選手とも、ファン投票でヤクルトファンがもっと頑張ればよかったんですが、力及びませんでした。
私のように、どうせカープファンには勝てないと最初からあきらめていたファンも多いと思います。
というか、もう数年前から、私はファン投票自体にシラケていますからね。

だからこそ、選手間投票や監督推薦は、もっとフラットな公平な観点で選んでほしかったと思います。

今回、阿部慎之助選手はファン投票では1塁手で選ばれ、選手間では捕手で選ばれました。
1塁手が飽和状態で、畠山選手を選べなかったというなら、阿部選手は捕手で使えばいいじゃないですか。
たかがお祭りの2試合なんだから。
もしくは、1塁で阿部選手と新井選手とロペス選手を使うのなら、畠山選手はDHで使うこともできたでしょうに。
その逆もありで。
選ぶ気があれば、何とでもなったと思います。
現に、巨人の鈴木尚広選手は、足だけで選ばれましたからね。

今年、ホームランと打点のリーグ2冠王がオールスターに出られないって、前代未聞の珍事でしょう。
これはどう言い訳しても原監督を擁護できません。
昨年は、中村悠平捕手を監督推薦で選んでくれて、さすが原監督と思いましたが、
今年は、阿部選手を捕手で使いたくないので中村捕手を選び、
そのとばっちりで1塁・畠山選手が漏れたんでしょうね・・・。

オールスターでホームラン競争に参加する選手は誰になるんでしょう?
パは出したい選手がたくさんいますが、セは畠山選手がいないと寂しいメンバーになりますからね。
本塁打2位の山田くんは、自分はホームランバッターじゃないと言ってますし。
最近はホームランが出ませんが、筒香選手くらいなものでしょう。

昔のようにスター選手がいなくて、選手の対決も見どころが乏しく、年々盛り下がるオールスター
こんな人選をやっていてはファンからそっぽを向かれます。
もう少し、12球団のファンに支持される球宴になってほしいと願います。
by misty2011 | 2015-07-06 17:25 | 東京ヤクルトスワローズ