Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:ブキャナン ( 9 ) タグの人気記事

2回5連打2得点で閉店★2-3でヤクルト逆転負け!チャンスでの打撃に広島とは大きな差

連勝が4で止まった東京ヤクルトスワローズは、今日からマツダスタジアムで広島カープとの2連戦

先発は、広島が野村祐輔投手、ヤクルトはブキャナン投手
スタメンは、6番にショート大引選手、7番ファーストに武内選手が入りました。

e0222575_10334261.jpg


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト バレンティン選手のタイムリーで先制も、リード守り切れず逆転負け…

1回表裏は両チーム三者凡退

2回、先頭の雄平選手がセンターへの2塁打で出ると、バレンティンがレフト線へタイムリーヒットを放ち、
ヤクルトが1点先制!

さらに、大引、武内選手がヒットで続き、中村捕手のショートタイムリー内野安打で2-0とします。
なおも無死満塁のチャンスでしたが、後続が倒れ3アウト。
しかし、この回、5連打で苦手の野村祐輔投手から2点を奪いました。
出来れば、一気にビッグイニングにしたかったですね。

その裏、ブキャナン投手は先頭の鈴木誠也選手にセンターオーバーの2塁打を打たれます。
安部選手のショートゴロで1死3塁
エルドレッド選手は四球で歩いて1死1、3塁
つづく松山選手にセンター前にタイムリーヒットを打たれ2-1
この後は、石原捕手、野村投手を抑え1点どまり。

3回、先頭の山田選手がレフト前ヒットで出塁。さあ走れ~!
雄平選手はショートフライ、
バレンティン選手の打席で2盗成功して1死2塁。これで山田選手は8盗塁!
バレンティン選手は四球で歩き1死1、2塁も、大引、武内選手が倒れ追加点ならず。

その裏、ブキャナン投手は1死後、菊池選手に四球を与え、
2死後、暴投で2死2塁となり、
鈴木誠也選手にライト前にポトリと落ちるタイムリーヒットを打たれ2-2の同点に

このあと、2塁へ走った鈴木選手はタッチアウトで3アウト。
菊池選手への四球と暴投が悔やまれます。

4回、広島は、えっ!?薮田投手に交代。野村投手に何かアクシデントでもあったんでしょうか??
ヤクルトはあっさり三者凡退。

その裏1死後、ブキャナン投手は、エルドレッド、松山選手に連打され1死1、2塁
石原捕手のセカンドへの打球を山田選手が弾くエラーで1死満塁の大ピンチ。
ここで、薮田投手は見逃し三振、田中広輔選手をレフトフライに打ちとり、無失点で切り抜けます。

5回1死後、山田選手は空振り三振。外のボール球に腰を引いてハーフスイングでした。
最近、また三振が増えました。前試合から既に4三振。粘れず中途半端なスイングが目立ちます。
こういうのを見ると、交流戦からすごいの来るとは、私は思えないんですよ・・・。
雄平選手はヒットもバレンティン選手はセンターフライで3アウト。

その裏、ブキャナン投手は先頭の菊池選手にレフトフェンス直撃の2塁打を打たれます。
丸選手のセンターフライで菊池選手がタッチアップして1死3塁。
この辺は、広島はただのアウトでは終わりません。
つづく鈴木選手は四球で歩き1死1、3塁
ここで、安部友裕選手にライト前にタイムリーヒットを打たれ2-3と勝ち越されます。
エルドレッド選手はショートゴロ併殺打で3アウト。
しかし、カープは、どこからでも打ってほしいところで打ちますね。ヤクルトとの差を感じます。

6回、先頭の大引選手がレフトへのヒットと松山選手の後逸エラーで無死2塁となり、
武内選手のセカンドゴロで1死3塁。進塁打にはなりました。
中村捕手はフルカウントからファーストファールフライで2死3塁
代打の今浪選手はショートフライで得点ならず。

その裏、1点ビハインドでヤクルトは近藤一樹投手が登板
えっ、今日はここで投げさすの!?
近藤投手に関しては、一貫性がなさすぎて、よくわかりません。
2死後、代打のペーニャ選手にライトへヒットを打たれます。
田中広輔選手はサード前にセーフティバントを決め2死1、2塁
菊池選手は空振り三振に仕留め無失点に抑えます。今日もナイスピッチンング!

7回、広島は1軍復帰の中崎投手が登板
坂口選手は三振、藤井選手はサードゴロ、山田選手は四球を選びます。また走れ~!
山田くんはいいスタートを切りましたが、雄平選手は初球を打ち上げショートフライ。
走るまでちょっと待ってよ。自主性もいいですが、ベンチは何の指示も出さないの??
タラレバですが、2盗後、雄平選手が得意のツーベースを打てば、同点になるっていうのに。

その裏、ヤクルトはルーキ投手が登板
1死後、鈴木選手はセンターへの大飛球も坂口選手がキャッチ。一瞬、スタンドインかと思いました。
安部選手は三振で三者凡退に抑えます。
ルーキ投手は、やっぱり回の頭からですね。

8回、広島はジャクソン投手が登板
先頭のバレンティン選手は3球三振。大引選手は見逃し三振
武内選手は四球で歩き、代走は荒木選手
中村捕手はレフト前ヒットで2死1、2塁。さっき打て。
ここで、代打の大松選手を送りますが、ファーストゴロに倒れます。

その裏、ヤクルトはブキャナン投手が登板
エルドレッド、西川、石原選手を3者連続三振に斬って取るナイスピッチング!

9回、広島は今村猛投手が登板
先頭の坂口選手がセンター前ヒット
藤井は送りバントを打ち上げ失敗。ランナー送れず1死1塁
山田選手はフルカウントからセカンドポップフライ。あ・・・ぁ。
悲しいかな、もはや終盤でランナーを置いては期待できない山田くん。
ここで、坂口選手に代走の上田選手を送り、2盗成功!
しかし、雄平選手がライトフライに倒れゲームセット。

ヤクルは2-3で逆転負けを喫し、阪神戦から2連敗となりました。

わずか1点差ですが、試合内容には大きな差を感じた試合でした。

ヤクルトは、野村祐輔投手から2回に5連打して2点取って、それで終わりでした。
2点後、なおも無死満塁から1点も奪えず、勝ちへの流れを相手に渡しました。
ここで、一気に畳みかける攻撃が出来れば、主導権がとれたのではないかと悔やまれます。

また、早い回に降板した野村投手のあとを継いだ薮田投手に、きっちり抑えられました。

広島打線は、チャンスを確実にモノにしていきます。
ヒット数は広島9安打に対し、ヤクルトは10安打も、得点は3点と2点。
ヒット数はおろか、点差以上に力の差を感じました。

ヤクルトは雑な攻撃でチャンスを潰し、カープはきっちり得点に結びつけます。

ブキャナン投手は、5回3失点で、これで3敗目となりました。
今日は、あまりよくありませんでしたね。
特に、不用意な四球、甘い初球などが命取りとなる残念な結果でした。

ヤクルトは、日曜日の逆転負けを、今日も引きずっているかのような負け方でした。
あの1敗は、もしかしてただの1敗ではなくなるかもしれません?そんなことを思いました。

明日は石川投手ですが、カープ打線を抑えられるイメージがありません。
打線が早めに援護してください。
と言っても、みんな勝負弱くて、少しはカープ打線を見習ってほしいです。

by misty2011 | 2017-05-23 21:55 | 東京ヤクルトスワローズ

菅野の前に早打ち打線がサクサク凡退、バレソロ弾のみ★1-5完敗

東京ヤクルトスワローズは、今日から東京ドームで読売ジャイアンツとの3連戦
ヤクルトは、なかなか東京ドームでは勝てませんが、
セ界史上初のシーズン2本のサヨナラ満塁弾の勢いに乗って、今度こそ勝ち越したいですね。

先発は巨人が菅野智之投手、ヤクルトはブキャナン投手
スタメンは、6番ファーストに一昨日のサヨナラ満塁弾の荒木選手、8番にショート西浦選手


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト バレンティン選手の5号ソロで一矢報いるも…失点重く連勝ならず

初回、ヤクルトは1死後、藤井選手がエラーで出塁も、山田選手がサードゴロ併殺打。

その裏、1死後、ブキャナン投手は石川慎吾選手をショート内野安打で出します。
捕れた打球でしたが、西浦選手がもたつきました。
坂本選手は打ちとりますが、2死1塁から、
阿部慎之助選手にレフトスタンドへ8号2ランホームランを運ばれ2点先制されます。
菅野投手相手に、初回の2失点は厳しい立ち上がりとなりました。

ヤクルトは3回はブキャナン投手がチーム初ヒット、
4回は雄平選手がレフト前ヒットを打ちますが、後続が倒れます。

早いカウントから積極的に打っていますが、仕留められず、サクサク試合が進みます。
追い込まれたら打てないから、早打ち指示が出ていると思われますが、
あっさり凡退では、相手の思うつぼ。これは完全に菅野投手のペースになっています。

4回裏2死後、ブキャナン投手はマギー選手に四球を与え、2盗を許しますが、後続を抑え3アウト。

5回、先頭の荒木選手がレフトへの2塁打で出塁。チーム初の長打、それも先頭バッターが出ました。
荒木選手は、レフトからの返球がおなかに当たって痛そうでしたがプレー続行。
中井選手、ベースに入っているんだから捕れよ~!笑っちゃイカンでしょ。
つづく中村捕手は浅いライトフライ。西浦選手はショートゴロで2死3塁となり、
ブキャナン投手はセカンドフライで得点ならず。

早いペースで試合が進み、19時で5回裏に入ります。
ブキャナン投手は先頭の中井選手を四球で出します。
小林捕手はスリーバントを決め1死2塁
打撃のいい菅野投手は、初球をセンター前にはじき返し1死1、3塁。不用意な甘い球でした。

トップに戻り、立岡選手は前進守備のセカンド横を抜けるタイムリーヒットで0-3
続く石川慎吾選手の抜けようかという打球を山田選手が捕って西浦選手にトスも、
西浦選手がボールをこぼしオールセーフ。
あれは、西浦選手が捕らなくては。記録は西浦選手のエラー。

1死満塁で、坂本選手は浅いライトフライで2死満塁。
阿部選手はライトへのタイムリーヒットで二者生還して0-5
2点でもキツいのに、5点とは・・・もう決まったでしょうね。

6回、ヤクルトは先頭からの攻撃も三者凡退。
ここまで、山田選手はサードゴロ×2と空振り三振。
宮本さんの解説通り、先日4安打したものの、あの試合だけで、しかもシングルヒットのみ。
山田選手は、底は脱したものの、復調と言えるほど良くはなっていないように私も思います。
打席では、インスラにはいまだにびくっと腰が引けていて、外スラは遠く見えている感じですね。
菅野投手に軽くあしらわれています。

その裏、ブキャナン投手は三人で片付けます。

7回1死後、バレンティン選手がレフトスタンドへ5号ソロホームランを放ち1-5
これで完封は阻止しました。
しかし、バレンティン選手の一発って、ほとんど負け試合と言うのがねぇ・・・。

写真は4月16日ハマスタ この日もソロ2発が空砲となりました。
e0222575_201264.jpg


その裏、ヤクルトはギルメット投手が登板。三者凡退に抑えます。

8回、先頭の代打・武内選手がレフト前ヒットで出ます。
続く代打の大松選手は粘って四球を選び無死1、2塁。代走は谷内選手
坂口選手は空振り三振、藤井選手はセンター前ヒットで1死満塁。

ここで山田選手。併殺だけは打たないでと祈りました。
山田選手は初球を打ってボテボテのピッチャーゴロとなり、
3塁ランナー武内選手がスライディングもホームアウトとなり2死満塁。
武内選手に代走を出していればと・・・。
しかし、山田選手、初球から打つにしては情けない打球で、私は泣きたくなりました。
また調子が逆戻りしそうで心配です。
雄平選手はサードゴロで、この回得点ならず。

その裏、ヤクルトは成瀬投手が登板
先頭の坂本選手がライト前ヒットで出塁。
今季は右へのヒットが増えましたね。打率を残せるわけです。
1死後、マギー選手をセカンドゴロ併殺打に打ちとり3アウト。

9回裏、巨人はカミネロ投手が登板
1死後、荒木選手が四球で出ます。
中村捕手はショートゴロで2死1塁。
武内選手はライト前ヒットで2死1、2塁。
谷内選手はサードゴロでゲームセット。

東京ドーム初戦は1-5で完敗しました。

とにかく菅野投手を打てませんでした。
ヤクルト打線の早打ちもあって、8回91球でスイスイ投げられ、バレンティン選手のソロ弾の1点のみ。

ブキャナン投手は、菅野投手相手に初回に阿部選手に2ランを浴びたのが痛かったですね。
5回は、先頭への四球が悔やまれます。そのあとは、内野守備にミスが出て、
阿部慎之助選手の2点タイムリーヒットでトドメを刺されました。

今日はエース菅野投手に抑えられ、4番・阿部新之助選手に先制2ランとダメ押しタイムリーで4打点献上。
相手巨人にとっては最高の勝ち方となり、ヤクルトは完封を免れるのがやっとでした。

今日はNHK/BSで見ましたが、
宮本慎也さんは、中継の中で、山田くんのバッティングに関して、
昨年の死球後遺症ではないかと話されていました。
まあ、昨年からずっ~~と、こんな調子ですからね。
私も何回かブログで書きましたが、やはりそう思う方が普通でしょうね。
影響がないはずなどありません。
そこからバッティングの形を大きく崩して、底は脱したものの、いまだ本調子には程遠い感じです。

打つ日もありますが、ちょっとしたことですぐまた逆もどり。
そういえば、松山でもぶつけられてはいませんが、足の後ろを通るような危ない球がありましたね。
ユニをかする死球もありました。
ホントにどうしたらよくなるんでしょう?

元コーチの伊勢孝夫さんが、不調の山田選手について、いろいろ指摘してくれています。
名コーチが分析。山田哲、筒香の不振は本当に「WBC後遺症」なのか

なるほどとうなづくことばかりで、いっそのこと、また伊勢さんに臨時コーチでもしてほしくらいです。
不調脱出のためには、ずっとやっているティーバッティングでの限界を私は感じます。

伊勢さんは「不振の原因は様々です。それを見極めて対処法を考えないと、
復調できるものもできなくなってしまう」と話しています。
山田くんの場合、ステップ幅が広くなっていて、軸足の粘りがないと指摘しています。


山田選手は、これで2試合8打数ノーヒット。直近3試合だと、松山の初戦に1安打したのみです。
一進一退で一向に前に進みません。
打率は、またまた下がって.233。2割5分越えが遠のきました。
山田くんがこんな調子なので、もうつらくて、試合を見るのが私にとっては苦痛になりつつあります。
明日は何とか1本でもヒットが出るよう願っています。
山田選手が打たないとチームも乗れないし、勝てません。

あと、西浦選手、守備も打つ方も、こちらも一向に調子が上がりませんね。
今年は期待していた選手なので、こちらも見るのが悲しくなる試合が続きます。
一方、荒木選手は、今日も2塁打と、あと好捕に阻まれましたが、
いい感じの打撃が続いていてよかったです。

明日は、各打者が打席でもっと粘って、相手が嫌がることをしてほしいです。

by misty2011 | 2017-05-16 21:08 | 東京ヤクルトスワローズ

ブキャナン投手7回1失点の好投で2勝目☆4-1、谷内選手2適時打3打点

東京ヤクルトスワローズは、今日から神宮で阪神タイガースとの3連戦

初戦の先発は、ヤクルトがブキャナンン投手、阪神は秋山拓巳投手
スタメンは、山田選手は3番のまま、6番ファーストに武内選手が入りました。
選手公示では藤井亮太選手が昇格。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト ブキャナン投手が7回1失点の好投!谷内選手は2安打3打点!投打噛み合い3連勝!!!

立ち上がり、ブキャナン投手は、髙山選手に先頭打者ホームランを浴び1点先制されます。

その裏1死後、ヤクルトは大引選手がヒットも、山田、バレンティン選手が倒れます。

2回、阪神は三者凡退

その裏、ヤクルトは2死後、中村悠平捕手がレフトへの2塁打で出塁
髙山選手の拙い守備に助けられました。
続く谷内選手が、フルカウントからレフト前にタイムリーヒットを放ち、1-1の同点に。
低めの難しい球を上手く打ちました。

3回、ブキャナン投手は先頭の秋山選手に四球を与えます。
1死1塁から、上本選手のショートゴロを、大引選手が2塁へ送球もセーフとなる内野安打で1死1、2塁。
糸井選手は四球で1死満塁から、
福留選手をファーストゴロ併殺打に仕留め、無失点で切り抜けます。よく抑えました。

その裏、ヤクルトは先頭からの打順も三者凡退。
山田選手はショートゴロで26打席ノーヒット。

4回、ブキャナン投手は先頭のキャンベル選手にライトへのヒットを打たれますが、
鳥谷選手をショートゴロ併殺打に打ちとり2死となります。
北條選手はショート大引選手の悪送球エラーで2死1塁。
大引選手、衰えましたね・・・。
つづく梅野捕手をサードゴロに打ち取り3アウト。

その裏、先頭のバレンティン選手がセンター前ヒット
雄平選手はセカンドファールフライ。武内選手はショートフライで高速2アウト。
中村捕手はサードゴロで3アウト。

5回1死後、ブキャナン投手は髙山選手にセンター前ヒットを打たれます。
2死後、糸井選手にセンター前ヒットを打たれで2死1、3塁のピンチを招きますが、
福留選手をショートゴロに打ち取り3アウト。大引選手が今度は好守備を見せました。

その裏、ヤクルトは三者凡退

6回、ブキャナン投手は三者凡退に抑えます。

その裏、1死後、山田選手は内野ポップフライを打ち上げますが、阪神内野陣がお見合いして、
何とラッキーなヒットとなります。記録はファースト内野安打。
27打席ぶりにヒットが出ました!
この際、何でもいいわ、ヒットはヒット。これをきっかけに上向けば・・・。

つづくバレンティン選手はライト前ヒットで1死1、2塁
雄平選手はファーストゴロで、2死1、3塁。キャンベル選手の拙守で併殺を免れました。
つづく武内選手の打席で、ダブルスチールを仕掛け、
雄平選手が2盗、山田選手は3塁へ危うく帰塁して2死2、3塁も、武内選手はセカンドゴロで得点ならず。

7回、ブキャナン投手はこの回も三者凡退に抑えます。

その裏、先頭の中村捕手が右中間への3塁打で出塁。よく走りました。
谷内選手はピッチャーゴロで1死3塁
ここで、代打・大松尚逸選手はセカンドゴロ。
中村捕手がゴロゴーでギャンブルスタートを切り、
上本選手からのバックホームも間一髪セーフとなりホームイン!2-1と勝ち越します。
 
1塁代走は三輪ちゃん
坂口選手はレフト前ヒットで1死1、2塁。

ここで、阪神は松田遼馬投手に交代。
大引選手は空振り三振で2死となり、山田選手は四球を選んで2死満塁。
しかし、バレンティン選手はサードゴロで1点どまり。

8回は石山泰稚投手が登板
センターは上田選手、坂口選手はレフトへ回ります。
石山投手は、先頭の上本選手を死球で出します。
糸井選手は空振り三振、福留選手はレフトフライで2死後、上本選手が2盗して2死2塁。
続くキャンベル選手を見逃し三振に斬ってとり得点を許しません。

その裏、阪神は岩崎投手が登板
先頭の雄平選手がセンター前ヒット。
このあと、パスボールで無死2塁となり、武内選手は打撃妨害で無死1、2塁となります。
中村捕手は送りバントで1死2、3塁

ここで、阪神は柳瀬投手に交代。
谷内選手は初球をセンター前に運び2者生還して4-1と突き放します。
つづく代打・鵜久森選手はレフト前ヒット、坂口選手はセンターへのヒットで1死満塁。
大引選手はライトライナーで2死満塁となり、気楽な場面で、さあ、山田くん。
しかし、ショートゴロで3アウト。う~~ん、待望のクリーンヒットはまだ出ません。

3点リードで9回は秋吉投手
3人できっちり片付けゲームセット。

ヤクルトが4-1で阪神を下し、これで巨人戦から3連勝となりました。

先発のブキャナン投手が7回6安打1失点で2勝目を挙げました。おめでとうございます。
しり上がりに調子を上げ、結局、先頭打者被弾の1失点のみでした。

打線は、谷内亮太選手が2適時打で3打点と、勝負強いバッティングで勝利に導きました。
e0222575_19142412.jpg


また、中村悠平捕手が2塁打、そして勝ち越しにつながる3塁打から好走塁でホームイン!
ナイスランでした。
坂口、バレンティン選手がマルチヒットなど、ヤクルトは12安打で4得点。

26打席ノーヒットが続いていた山田選手も、今日はラッキーなヒットで、27打席ぶりのヒット。
ただ、阪神内野陣のお見合いでのヒットなので、実質はまだノーヒット状態です。
最後の打席は打ってほしかったですね。
まあ、でも6試合ぶりにヒットが出たので、これをきっかけになればと思います。
まだまだですが、ほんのちょっとだけは良くなってきているかなあ?と思っておきます。

明日は、因縁の岩貞投手。ここで打てば、復調への大きな一歩となりそうです。
どうか打ってください。

今日の試合は、勝負所で、真中監督が珍しくよく動きましたね。選手もそれに応えました。
でも、山田選手の3番は、何が何でも動かさないんですね・・・。

by misty2011 | 2017-05-02 21:33 | 東京ヤクルトスワローズ

ヤクルト2試合連続完封負け!ブキャナン7回1失点自責0も黒星★0-1

九州シリーズ、読売ジャイアンツとの初戦は、
菅野投手の前にわずか3安打で今季初完封負けを喫した東京ヤクルトスワローズ

今日は鹿児島に移動し、鴨池野球場で2戦目が行われました。
先発は巨人が高木勇人投手、ヤクルトはブキャナン投手
畠山選手が離脱で、今日もスタメンオーダーは変更
1、2番は山崎、谷内で、3番に山田、6番にファースト西田、7番中村選手となりました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・ブキャナン投手が7回1失点の好投も、打線繋がらず零封負け

初回2死後、山田選手のライナーが高木投手の右肩付近を直撃し倒れましたが、
すぐ1塁へ送球して3アウト。ヒヤッとしましたが、大事には至らず何よりです。
山田くんはヒットを1本損しましたね。
大きな声では言えませんが、こういうピッチャー返しを、藤浪投手の時に狙ってやってほしい。
ヤクルトでそのバットコントロールができるのは慎吾くんくらいですが。


その裏、ブキャナン投手は先頭の中井選手にライトへヒットを打たれますが、
2塁へ走った中井選手を雄平選手がライトからストライク送球でタッチアウト。
素晴らしい強肩と正確なコントロールでした。なぜに、これが投手時代に・・・。

しかし、つづく立岡選手をショート西浦選手のファンブルエラーで出すと、
坂本選手にはレフト前ヒットを打たれ、さらにボークをとられて1死2、3塁
ヤクルトは審判に嫌われてるのかと思うほど、またまたボークをとられました。

このあと、阿部選手にセンターへ犠牲フライを運ばれ1点先制を許します。

2回1死後、ヤクルトは雄平選手がライトへヒットを打ちますが、後続倒れ3アウト。

その裏、ブキャナン投手は先頭の石川選手にヒットを打たれ、このあと1死1塁となり、
高木投手がバントをしますが、右手(訂正)の指に当たるアクシデントで倒れ、ダブルプレーで3アウト。

3回から、巨人は篠原慎平投手が緊急登板
1死後、ブキャナン投手がレフトへの2塁打、山崎選手は四球後、暴投で1死1、3塁のチャンスも、
谷内選手がサードゴロ併殺打で3アウトチェンジ。

その裏、ブキャナン投手は先頭の中井選手にセンター前ヒットを打たれますが、後続を打ち取ります。

4回、先頭の山田選手がレフトへヒットを放ちますが、2塁へ走りタッチアウト。
これはチト暴走気味? 1塁ストップで盗塁してほしかったです。気持ちが空回り。
山田くん、盗塁は4個決めていますが、今シーズンは走塁自体のスピードが遅くなったような気がします。
前日の高く弾んだショートゴロで1塁アウトになりましたが、
坂本選手の捕ってからの送球が早かったとしても、山田くんの足なら普通はセーフにならないと。

その裏、ブキャナン投手は3人で片付けます。

5回、ヤクルトは2死後、西浦選手がセンターへのヒット、
ブキャナン投手もセンター前にぽとりと落ちるヒットで2塁へ向かいますが、
タッチアウトとなり3アウト。これは暴走ですね。
ヤクルトの攻撃が何だかヘン!?点がとれない焦りなんですかね?

その裏、ブキャナン投手は三者凡退に抑えます。走った影響がなくてよかったです。

6回、巨人は池田駿投手が登板
ヤクルトは1番からの攻撃も三者凡退。山田くんには足元への危ないボールがありました。

その裏、1死後、立岡選手のショートゴロを西浦選手が握り直し、1塁セーフの内野安打となります。
ずっと以前に書きましたが、西浦選手の最大の欠点は、ボールを握り直してもたつくことが多いこと。
今季のキャンプを見る限り、コーチはそれを注意することもなく、ただノックするだけでした。
しかも、ノックがゆるいこと!何ための練習なんだと思いました。
ヤクルトでノックが最も上手いのは真中監督。
暇そうにしているんだから、もっとやってよと思います。

2死後、阿部選手にヒットを打たれ、2死1、3塁のピンチでしたが、
マギー選手をファーストゴロに打ち取り無失点で切り抜けます。

7回、巨人はマシソン投手が登板
1死後、雄平選手が四球、西田選手がレフト前ヒットで1死1、2塁
ここで、最も期待の中村悠平捕手でしたが、ショートゴロ併殺打で3アウト。
もう勝てる気がしなくなりました。

その裏、ブキャナン投手は2死後、小林捕手にセンター前ポテンヒットを打たれますが、
代打の亀井選手を打ち取り3アウト。

8回、巨人は森福投手が登板 ここは最大のチャンスです!
1死後、ブキャナン投手の代打・荒木貴裕選手がライトへ2塁打を放ちます。
つづく代打の鵜久森選手はセンター前にポトリと落ちるヒットで1死1、3塁。代走は上田選手

ここで、巨人は抑えのカミネロ投手に継投
ヤクルトは、代打の大松選手を送りますが、ピッチャーゴロ併殺打で一瞬にして3アウトチェンジ。
1、3塁なんだから、せめて上田選手を走らせてから打たせてほしかった。
ベンチにはその策もなかったの!?

その裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板 
ショートに大引選手、サードは西浦選手で、センターは上田選手
2死後、坂本選手に左中間への2塁打を打たれます。
阿部選手は敬遠で、マギー選手も敬遠して、2死満塁でカミネロ投手との勝負となり、
セカンドゴロに打ち取り無失点で切り抜けます。

1点を追う9回、カミネロ投手から先頭の山田選手は空振り三振
バレンティン選手はショートゴロ、雄平選手は死球で2死1塁。
しかし、最後は西田選手が空振り三振でゲームセット

ヤクルトは0-1で敗れ、2試合連続の完封負けを喫しました。

7回1失点(自責は0)で、打っては2安打と投打に奮闘したブキャナン投手は、
無援護で見殺しとなり、初黒星がつきました。
初回のエラーと、ボークをとられての失点と言うのが、何とも気の毒です。
好投手・ブキャナン投手で勝てないと、いつ勝てるんだと思います。

e0222575_10335665.jpg



巨人は2番手で投げた篠原慎平投手が、プロ初登板初勝利となりました。

しかし、2試合続けて完封負けとは、あまりに打線が情けない。
今日もチャンスンはありながらも、3併殺で好機を潰しました。
また、走塁死も2つありました。
もう勝ちたくないのかと思うほどです。

特にラストチャンスとなった8回1死1、3塁は、代走を送り最も走りやすいケースなのに、
2盗する前に打って出て併殺打とはねぇ・・・。
打者にもランナーにも策を授けることなく、自主性に任せた結果ということなんでしょうか?
よくわかりません。

とにかくベンチの動きが少なすぎて、ただヒットを打つのを待っているだけ。
それでは勝てません。
その打線が、冷え冷えですからね。

最近は、試合がある日は朝から憂鬱で、本音はテレビを見たくない気分です。
終わった後も、見なきゃよかったと思うことがしばしば。

同じ負けでも、今シーズンは、打てず守れずで、ホントにストレスだけが溜まる試合が多すぎます。
投手が好投しているだけに不憫でなりませんね・・・。
1点をとることにもっと必死になってほしいです。
何とかしてください。それがベンチの仕事でしょうに。

明日は試合がないので、穏やかでいられます。
早くシーズンが終わってほしいと思う今日この頃・・・

by misty2011 | 2017-04-19 21:25 | 東京ヤクルトスワローズ

ブキャナン8回1失点来日初勝利☆3-1、危険球の藤浪退場ならずバレンティン(1号ソロ弾)が退場とは…

開幕カードの横浜DeNAに勝ち越した東京ヤクルトスワローズは、
今日から京セラドーム大阪で、開幕2カード目となる阪神タイガースとの3連戦

先発は阪神が藤浪晋太郎投手、ヤクルトはブキャナン投手
今日はスタメンから西浦選手が外れ、8番サードに谷内亮太選手が入りました。

勝敗以前に、藤浪投手にぶつけられて誰も壊されませんように!!
と、試合前に祈っていました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・ブキャナン投手が8回1失点の好投で来日初登板初勝利!

初回、大引選手が四球で出塁も、坂口選手はサードゴロ併殺打。
山田選手は顔の近くに危ないボールがあって倒れた後、四球で歩きます。
バレンティン選手にも高めに抜けた危ない球があり、
そのあと、山田選手が2盗成功!。4試合目で今季初盗塁を決めました。
バレンティン選手も四球で歩くと、
2死1、2塁から、雄平選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち1点先制!

その裏、ブキャナン投手は2死後、糸井選手に四球を与えますが、中村捕手が2盗を刺し3アウト。

2回、ヤクルトは先頭の中村捕手が四球で出塁。
続く今日スタメンの谷内選手は、昨年藤浪投手から死球をぶつけられ、
左尺骨骨折の大けがをした因縁の対決。まさか今日はぶつけないでしょうね!

谷内選手は、その藤浪投手から意地のレフト前ヒットを放ち無死1、2塁。ナイスバッティング!
しかし、ブキャナン投手が送りバント失敗で3塁がアウトとなり1死1、2塁。
大引選手はセカンドフライで2死となり、坂口選手は四球を選び2死満塁。
つづく山田選手は、高めの変化球を打ち上げ、サードファールフライに倒れ得点ならず。
打ち損じでしょうね。がっくり・・・。
DeNA3戦目に続き、今日も満塁のチャンスで打てませんでした。
願いはひとつ勝負強さ。こういう時に打てるバッターになってほしい!

その裏、ブキャナン投手は1死後、原口選手に死球、北條選手にヒットを打たれピンチでしたが、
梅野捕手をレフトフライに打ち取り無失点で切り抜けます。

3回、先頭のバレンティン選手が、スタンド上段へ特大の今季1号ソロホームランを叩き込み2-0
1死後、畠山選手はライト前ヒット、中村捕手は四球も、谷内選手がショートゴロ併殺打で3アウト。

その裏、ブキャナン投手は三者凡退に抑えます。

4回、先頭のブキャナン投手が四球で歩きます。
このあと、暴投で無死2塁。相変わらずノーコンの藤浪投手。
もうバットを振らないで立ってるだけの方が良さそうですね。
大引選手はピッチャーゴロで1死3塁。
坂口選手はセカンドゴロで、ランナー動けず2死3塁。
今度こそ打ってくれと願いましたが、山田選手は四球で歩いて2死1、3塁。この際、また走れ~
しかし、バレンティン選手は初球を打ち上げ、ライトフライで3アウト。

藤浪投手から4回までに4安打、8四球もらいながらも2得点のみ。相変わらずの残塁野球です。

その裏2死後、原口選手がセカンド内野安打、鳥谷選手がレフト前ヒットで2死1、2塁のピンチ。
しかし、北條選手をショートゴロに打ち取り0点に抑えます。

5回、先頭の雄平選手がライトへのヒット。
畠山選手は、藤浪投手から頭付近にぶつけられ、畠山選手が倒れ込み、起き上がると怒りをあらわにします。

私はてっきり頭部に当たったかと思いましたが、リプレイを見たら左肩でしたね。
それから跳ね返って左頬に当たったようです。(訂正)しかし危なすぎます。

これで、ついに乱闘騒ぎになりました。
両軍飛び出して入り乱れる中、バレンティン選手が阪神の矢野コーチを突き飛ばし、
その後、矢野コーチも飛び蹴りして暴れる事態に発展し、
バレンティン選手と矢野コーチが退場処分となり、警告試合が宣告されました。

退場させるのはホントは藤浪投手でしょ!何度も危ない球を投げて。ったくもぉ~怒!
頭じゃなければいいって、あんまりだわ。球が速いだけに危険極まりない!
ココちゃん、どうせ退場処分になるのなら、藤浪投手を突き飛ばしてほしかったですよ。
ホントにタチが悪すぎるノーコンっぷりにはあきれます。いい加減にせい!投げる資格なし!
NPBは危険球退場の定義を改定してほしいですね。

しかも、藤浪投手はぶつけ慣れてるので、そのあと動揺もせず平気で投げるんですよね。

試合再開後、中村捕手は送りバント失敗、谷内選手はサードゴロ併殺打で得点ならず。
右打者は怖くてバントなんてまともにできないでしょ。
藤浪投手には立ってるだけの方がプレッシャーなのに。采配も悪すぎます。

6回、阪神は松田遼馬投手が登板 三者凡退に終わります。

その裏、ブキャナン投手は糸井嘉男選手に2号ソロホームランを浴び2-1

7回、ヤクルトは松田投手の前に、山田選手からの攻撃も、3人であっさり終了。
なお、バレンティン選手の代わりに4番センター上田剛史選手が入り、坂口選手はレフト

その裏、鳥谷選手がライト前ヒット、北條選手の送りバントで1死2塁。
ブキャナン投手は冷静に後続を抑え3アウト。

8回、阪神は藤川球児投手が登板 ヤクルトはこの回も三者凡退。流れが悪くなりました。

8回裏もブキャナン投手が続投
2死後、糸井選手をエラーで出しますが、福留選手をファーストゴロに打ち取り3アウト。
荒れた試合の中、8回1失点のナイスピッチングでした。お疲れさま。
今日は、ブキャナン投手の好投に報いるためにも、負けるわけにはいきません。

9回、阪神は桑原謙太朗投手が登板
先頭の代打。荒木貴裕選手がライトへの2塁打で出塁。
大引選手のファーストゴロで1死3塁
坂口選手はファーストゴロも原口選手がファンブルする間に3塁ランナーが生還して3-1
貴重な追加点が入りました。
2死ランナーなしで、山田選手はショートへの内野安打で出塁。1本ヒットが出てよかった。
上田選手はライトフライで3アウト。山田くん、盗塁してほしかったな。

2点リードで9回裏は秋吉亮投手
1死後、好調の鳥谷選手に今日3安打目となるレフト前ヒットを打たれ、
北條選手にもレフトへヒットを打たれ1死1、2塁。
続く代打・荒木郁也選手はショートゴロで2死1、3塁
阪神は代打・狩野恵輔選手を送りますが、ショートゴロに打ち取りゲームセット。

ヤクルトが3-1で阪神を下しました。

ブキャナン投手が8回5安打1失点(糸井選手に打たれたソロ一発)の好投で、
来日初登板初勝利をあげました。おめでとうございます。
緩急自在、テンポよく冷静で落ちついた素晴らしいピッチング。安心して見ていられましたね。
今日の試合は退場者まで出し、絶対に落とすわけにはいかない試合でしたが、本当によく投げてくれました。

写真は沖縄キャンプブルペンよりブキャナン投手
e0222575_194828100.jpg



打線は、藤浪投手があれだけ荒れていて9死四球をもらいながらも2点のみ。
相変わらずの残塁野球で、おまけに畠山選手への死球から、乱闘騒ぎとなり、
バレンティン選手が退場となる中でも、イマイチやってやるという闘志が見えませんでした。
まあ、向かっていって藤浪投手にぶつけられるのが怖いというのもありますからね。

作戦的にはコントロールが定まらない藤浪投手に対し、バントの指示はいかがなものかと思いました。
立っていれば四球がもらえた可能性が大でしたからね。下手に動かない方がよかったかもしれません。

しかし、ヤクルトの毎度の拙攻はイライラしますね。バント失敗や併殺打などなど…。
それ以上に、藤浪投手のノーコンぶりにはイライラを通り越して怒りを覚えます。
昨年の谷内選手のこともあるのでなおさらです。

ピッチングになっていません。
人をケガさせない程度のコントロールを身につけてから、マウンドに上がってほしいと思います。
いつぶつけられるか危なくて試合になりませんから。
これでは、阪神のエースなんて程遠いでしょう!
出来れば、もう藤浪投手とは当たりたくないです。
畠山選手が無事だったのが何より良かったです。

by misty2011 | 2017-04-04 21:49 | 東京ヤクルトスワローズ

3/20オープン戦vs巨人☆4-2、ブキャナン5回2失点、7回荒木適時2塁打と相手ミスで逆転

東京ヤクルトスワローズは、今日は神宮で読売ジャイアンツとのオープン戦

先発はヤクルトがブキャナン投手、巨人は宮國椋丞投手
スタメン2番レフトには、何と三輪正義選手が入りました。
今年は2軍西都キャンプスタートで、以降ずっと2軍でしたが、いよいよ三輪ちゃんが1軍に上がってきました。
巨人のスタメンは、補強をしたというわりには迫力不足に感じます。

試合経過は ニッカンスコア

初回、ブキャナン投手は3人できっちり片付けます。
テンポよくコーナー投げ分け上々の立ちあがり。

その裏、宮國投手の前にヤクルトも三者凡退。

2回2死後、ブキャナン投手はファールフライを追って走ったあと、クルーズ選手に四球を与えます。
中井選手にセンター前ヒットを打たれ2死1、2塁。
しかし、岡本選手をセカンドフライに打ち取り3アウト。

その裏、1死後、畠山選手が四球で出塁も、荒木選手がショートゴロ併殺打で3アウト。

3回、ブキャナン投手は先頭の河野捕手にライト前ヒットを打たれ、
立岡選手はセカンドゴロで2塁フォースアウト、1死1塁。
重信選手もセカンドゴロで2死2塁となり、長野選手は空振り三振で3アウト。

その裏、ヤクルトは三者凡退。まだノーヒット。

4回の表裏とも三者凡退。

5回、センターに三輪選手が回り、レフトに飯原選手が入りました。

ブキャナン投手は先頭の中井選手にセンター前ヒットを打たれ、
岡本選手は四球で出し無死1、2塁のピンチ
河野捕手は送りバントで1死2、3塁から
立岡選手をピッチャーゴロに打ち取り、3塁ランナーを三本間で挟殺して2死1、3塁。

しかし、重信選手に三遊間を抜けるタイムリーヒットを打たれ、巨人に1点先制されます。
さらに長野選手にもレフトへタイムリーヒットを打たれ0-2
マギー選手は空振り三振で3アウト。
ブキャナン投手は、この回3安打され2点失いました。四球が余計でしたね。

その裏、ヤクルトはまたも三者凡退。依然ノーヒット。
失礼ながら、宮國投手レベルを打てないとは情けない・・・。

6回からヤクルトは2番手で土肥寛昌投手が登板
2死後、中井大介選手に今日3安打目となるヒットを打たれますが、後続を抑えます。

その裏、巨人は篠原慎平投手が登板
1死後、中村悠平捕手がセンター前ヒット。ようやくチーム初ヒットが出ました。
代打のグリーン選手は空振り三振。
畠山選手が本調子ではありませんが、グリーン選手もこれでは使えませんね。
トップに戻り、西浦選手はサードゴロで3アウト。

7回は村中恭兵投手に交代。既に先発は不合格となり、中継ぎで生き残りをかけます。
早速、先頭の河野捕手を四球で出します。
立岡選手はセカンドゴロ併殺打で2死走者なし。重信選手もセカンドゴロで3アウト。
結局3人で終わりました。

7回裏、巨人は山口鉄也投手が登板
代打の鵜久森選手が四球で出ます。
飯原選手はショートゴロで1死1塁
雄平選手はサードゴロで2死1塁。ランナーが進めません。
ここで、畠山選手がレフト前ヒットを放ち2死1、2塁。ようやくランナーが2塁へ進みました。
続く荒木貴裕選手が、初球を狙い打ちレフトオーバーのタイムリー2塁打とマギー選手のミスがあり、
打った荒木選手も生還して3-2と逆転に成功!
ウトウトしていた私は、これでやっと目が覚めました。

写真は浦添キャンプより荒木貴裕選手
e0222575_14194186.jpg


1点リードで、8回は平井諒投手が登板
三者凡退にきっちり抑えます。

その裏、巨人はマシソン投手が登板
廣岡選手が見逃し三振後、西浦選手がレフトオーバーの2塁打で出塁。
鵜久森選手も左中間へのタイムリー2塁打で4-2と2点差に。
連続2塁打で、あっさり1点追加しました。

2点リードで9回はルーキ投手が登板
1死後、際どい所をストライクにとってもらえず中井選手を四球で出します。
代打の阿部慎之助選手は空振り三振、柿澤選手はピッチャーゴロでゲームセット。

ヤクルトが4-2で巨人に逆転勝ちしました。
勝ち投手は、7回に投げた村中恭兵投手がちゃっかりゲット!

途中まではノーヒットで、今日も打線はやる気なしかと思いましたが、
7回に逆転、そして8回はマシソン投手から追加点を奪い、2点差で逃げ切りました。

劣勢からの今日の逆転勝利。神宮でズルズル負けなくてよかったです。

先発のブキャナン投手は、5回97球5安打で2失点。
ランナーを出すと、やや制球に狂いが生じ、四球をだしたり、タイムリーヒットを打たれました。
スタミナ面が不安そうなので、リード次第で、もう少し球数は減らせそうです。
5回2失点しましたが、まずまずと言ったところでしょう。

打つ方は、宮國投手は打てませんでしたが、衰えの見える山口投手、
そして剛腕マシソン投手からは得点できました。
荒木選手の殊勲のタイムリー2塁打、8回には追加点が取れたのも良かったです。

連休最後に、神宮で勝てて何よりです。

by misty2011 | 2017-03-20 15:54 | 東京ヤクルトスワローズ

3/14オープン戦vsロッテ★0-5、2安打完封負けもブキャナン投手が4回0封の好投!

東京ヤクルトスワローズは、今日はZOZOマリンスタジアムで、
オープン戦好調の千葉ロッテマリーンズとの一戦。

先発はロッテがスタンリッジ投手、ヤクルトは新加入のブキャナン投手
スタメンから廣岡選手が外れ、セカンドは谷内選手、サードに西浦選手が入りました。
ロッテは背中の張りがある角中選手、肩を痛めている清田選手が欠場のオーダー

試合経過は ニッカンスコア

初回、ヤクルトは1死後、坂口選手がライトへのヒットで出塁も後続が倒れます。

その裏、ブキャナン投手は2死後、鈴木大地選手を四球で出しますが、後続を打ち取ります。
試合開始前は、小雨が降っていましたが、試合が始まってからは止んだようです。

写真はキャンプ2月8日 ブキャナン投手ブルペン
e0222575_10334261.jpg


2回、先頭の畠山選手が四球で歩きますが、グリーン選手が強い打球ながらファーストゴロ併殺打。
西浦選手はセカンドゴロで3アウト。

その裏、ブキャナン投手は簡単に3人で片付けます。

3回、ヤクルトも三者凡退
その裏、ブキャナン投手は2死後、荻野選手に3塁線を破る2塁打を浴びますが、後続を打ち取ります。
この回、ブキャナン投手はピッチャー前のセーフティバント処理しましたが、
フィールディングがなかなか良かったです。

4回、先頭の坂口選手が四球で出塁。早くも代走で上田剛史選手と交代。
2盗成功後、鵜久森選手も歩いて無死1、2塁となり、
雄平選手のセカンド後方への打球を、鈴木大地選手が落球後、2塁へ送球してフォースアウト。
2塁走者の上田選手は2、3塁間に挟まれダブルプレー。
雄平選手の打球は記録上セカンドゴロとなり、2死1塁から畠山選手はサードゴロで3アウトチェンジ。

その裏、ブキャナン投手は1死後、パラデス選手にライトへの2塁打を打たれ、ボークで1死3塁のピンチ。
新外国人投手にありがちのボークを犯しました。開幕までに修正できるでしょう。
この後、後続を打ちとり無失点に抑えます。落ち着いています。

5回、ロッテは大嶺祐太投手が登板
先頭のグリーン選手が四球で出ますが、
西浦選手のセカンドライナーでグリーン選手は1塁へ戻れず、ダブルプレーで2死ランナーなし。
中村選手も倒れ、この回も得点なし。

その裏、ヤクルトは村中恭兵投手が登板
早速、先頭打者に四球を与えます。これだもんね・・・さかなクンは。
田村捕手はセンターフライに打ち取りますが、岡田選手に3塁前にセーフティバントを決められ、
1死1、2塁。
続く荻野選手にも、同じような3塁前のセーフティバントを決められ、1死満塁の大ピンチ。
伊志嶺選手には、押し出しの四球で1点献上。
村中投手に代わった途端、試合がもたついてきました。
鈴木大地選手には、センターへの犠牲フライを運ばれ0-2
なおも2死1、2塁でしたが、後続を打ちとり、この回2点で済みました。

6回、ヤクルトはあっさり三者凡退。

その裏、ヤクルトは大引選手に代わり廣岡選手がショートに入ります。
1死後、村中投手は井上選手にレフトフェンス直撃の2塁打を打たれ、
中村奨吾選手のセカンドゴロは、2塁塁審に前をふさがれ内野安打となる不運もあって1死2、3塁。
つづく江村捕手にセンター前ヒットを打たれ0-3
ランナーを出すと、きっちり点を取られる村中投手。前回も打たれ今日もこれでは・・・。

7回、先頭の鵜久森選手がライト前ヒット。
雄平選手のショートゴロでランナー入れ替わって1死1塁。
畠山選手はサードゴロで2死2塁も、グリーン選手はサードゴロで3アウト。

その裏、ヤクルトはドラ2ルーキ―の星知弥投手が登板
相変わらず150キロ超のストレートに加え、今日は変化球も交え、サクサク3人で片付けます。
よくこの投手がドラ2で獲得できたものですね。

8回、ロッテはルーキーの土肥星也投手。こちらも星の字がありです。
1死後、中村捕手はサード悪送球エラーで出塁
しかし、谷内選手はサードゴロ併殺打で3アウト。
谷内選手、このままでは1軍も危ういですね。
仲良しの侍の山田くんと、サードゴロ併殺打といい打率といい、シンクロするようで悲しくなります。

その裏、ヤクルトはバッテリーごと交代で、中澤雅人投手と2軍から上がってきた山川晃司捕手
先頭の大嶺選手にライト前ヒットを打たれ、井上選手にも連打され、1死1、2塁。
代打の井口選手には四球で無死満塁のピンチ。
1死後、加藤翔平選手にレフトオーバーのタイムリー2塁打を浴び、2者生還して0-5
荻野選手には四球を与え1死満塁で、下で好投が続いていた土肥寛昌投手に交代。

土肥投手は、落ち着いて柴田選手をセカンドゴロ4-2-1の併殺に仕留め2死満塁。
つづく鈴木大地選手の打球は、セカンド谷内選手がダイビングキャッチするファインプレーで3アウト。
追加点を許しません。
谷内選手は正面のイージーな打球のミスはありますが、難しい打球は上手いという不思議ちゃん。

9回、ロッテは東條投手が登場ってダジャレ言ってる場合ではありません。
途中出場の廣岡選手はライトフライ。上田、鵜久森選手も倒れゲームセット。

ヤクルトは0-5でロッテに完封負けを喫しました。
今日のお天気同様、ヤクルト打線は、わずか2安打完封負けのサブい結果でした。

一方、投手陣は、出来不出来がはっきり分かれました。
収穫は、先発のブキャナン投手が4回2安打無失点と安定したナイスピッチング!
球速が思った以上で、リズムよく打たせてとる投球が良かったですね。フィールディングもヨシ。
間違いなく先発ローテに入るでしょう。

しかし、村中、中澤両左腕は今日もグダグダで、前回に続き結果を出せませんでした。
星投手は、変化球を交え、制球重視で好投し問題なし。
土肥投手は、このまま調子をキープすれば、1軍の中継ぎで残れるかもしれません。

ヤクルトは全く打てず、試合が2時間半足らずで終了したことだけは良かったです。
明日は、打線がもっと活発に打ってほしいものです。

by misty2011 | 2017-03-14 15:54 | 東京ヤクルトスワローズ

新外国人ブキャナン投手キャンプフォト、交流会~2/8(動画3)

2017東京ヤクルトスワローズ春季沖縄浦添キャンプより、
今回は東京ヤクルトスワローズに新加入したデービッド・ブキャナン投手です。

キャンプレポは、「ヤクルトスワローズ」のタグではなく、「浦添キャンプ」のタグとなります。

まずはキャンプ前日の、浦添協力会主催の交流会より
新加入の選手たちがステージに登場して紹介されました。
左がブキャナン投手、右はギルメット投手
e0222575_19214384.jpg



YouTube動画にアップ
片言の日本語で挨拶 ブキャナン投手は日本式にお辞儀をしています。
既出の動画なので、リンクのURLを貼っておきます。
 https://www.youtube.com/watch?v=Ca8dOsNnIrI&t=15s

カメラ目線でにっこりブキャナン投手
e0222575_19255485.jpg


画像は一部既出のものがありますが、まとめて再掲載しておきます。


キャンプ初日 ウォームアップ
e0222575_19292165.jpg


e0222575_19292985.jpg


初日からブルペン入り
e0222575_1930551.jpg


e0222575_22472542.jpg


e0222575_19331532.jpg


e0222575_19332543.jpg


初日ブルペン YouTube動画にアップ 隣で投げたギルメット投手と交互に撮影

 https://youtu.be/ocUHiOQUOIc


キャンプ2日目 ウォームアップ
少し慣れてきたようです。


e0222575_19364074.jpg


2月3日 投内連係の練習に参加
e0222575_19365627.jpg


e0222575_19403763.jpg


YouTube動画にアップ 投内連係
 https://youtu.be/wjmh58d4wAA


2月4日ブルペン
e0222575_19404849.jpg


e0222575_194225.jpg


e0222575_19423318.jpg


e0222575_194828100.jpg



2月6日 第2クール初日 ウォームアップ
e0222575_19485860.jpg


2月8日ブルペン
e0222575_10334261.jpg


e0222575_10335665.jpg


e0222575_194910100.jpg




by misty2011 | 2017-02-11 21:12 | 東京ヤクルトスワローズ

ヤクルトキャンプ初日ブルペン、ブキャナン&ギルメット、ルーキー中尾&菊沢、小川投手(動画4本)

2017東京ヤクルトスワローズ春季沖縄浦添キャンプ初日レポの続きです。
今回はブルペン編です。

キャンプレポは、「ヤクルトスワローズ」のタグではなく、「浦添キャンプ」のタグとなります。


当日の練習メニューでは、投手全員がブルペン入りと表記されていましたが、
ルーキーの寺島成輝、星知弥投手はブルペンに入りませんでした。
事情が分からなくて、ずっと待っていたんですが、いつまで経ってもブルペンに来ないので、
私はあきらめてグラウンドの方へ行きました。

メイングラウンドでは午後の打撃練習が既に始まっていました。
ブルペンを長く見ていたので、山田選手のティーバッティングは見逃して、ちょっと後悔しました。

では、ブルペンです。
ますは新戦力の外国人2投手ブキャナン投手とギルメット投手のブルペン。
こちらがデービッド・ブキャナン投手
e0222575_22472542.jpg


こちらがプレストン・ギルメット投手
e0222575_22473983.jpg


並んで投げていたので、ふたり交互に一緒のYouTube動画にアップしました。



オールドルーキーの菊沢竜佑投手
e0222575_22592337.jpg



ルーキーの左腕、中尾輝投手のブルペン
e0222575_22582878.jpg





そして、エース復活なるか小川泰弘投手 キャンプ初日ブルペン
e0222575_2317499.jpg




小川投手は、昨年のキャンプに比べると、フォームに力強さが戻ってきたように感じました。
今年はやってくれそうです。

ここからは静止画のみ
昨年から今年にかけて結婚した新婚さん2投手
まずは風張蓮投手
e0222575_2313564.jpg


岩橋慶侍投手 躍動感ある投球フォーム
e0222575_2354861.jpg


ベテランの近藤一樹投手
e0222575_2364054.jpg


体が一回り大きくなった平井諒投手
e0222575_2372656.jpg


WBC球で練習した秋吉亮投手 まだ納得いくピッチングができなかったようです。
e0222575_2375560.jpg


サブマリン山中浩史投手
e0222575_2395056.jpg


原樹理投手 顔が昨年より厳しい表情になりました。今年に懸けるものがあるのでしょう。
e0222575_23124396.jpg


まだ他の投手もありますが、今回はここまで
バッティング練習は今日中にアップできませんでした。
山田選手のイ練習後のインタビューの様子なども後回しにします。


by misty2011 | 2017-02-01 23:25 | 東京ヤクルトスワローズ