Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:ヤクルトスワローズ ( 1911 ) タグの人気記事

不調の山田哲人選手、写真で見る昨年からの微妙な打撃フォームのズレ?

月曜日は試合がありません。
最近は、月曜日が待ち遠しく、試合がない日は穏やかに過ごせています。
また火曜日から試合が始まると思うとウツになりそうです。

ヤクルトが負けることより、私にとっては山田哲人選手の打撃不振の方が、正直堪えます。
毎試合、打席を見るのが怖くて仕方ありません。
打てないので、ある面では、今は無理だわと達観している部分はありますが、
やっぱり打てないと気持ちが重く沈みます。
今は多くを望めないので、1日1本のシングルヒットに、よかったと安堵し、
四球を選んだだけでも、よしよしと胸をなでおろしています。

ちょっと前の記事で、杉村繁打撃コーチが山田選手の現状について話していますが・・・。
これを読んで、ホントにそう思っているとしたら、より不安だけがつのりました。
私が、山田くんに対しては人一倍に心配性なので、そう思うのかもしれませんけど。
ただ、今シーズンに限っては、不調の原因はそこじゃないように思うからです。

ヤクルト・山田、不調の原因は極度の寒がり 先でもストーブ…杉村コーチ「暖かくなれば状態は上がってくる」

まあ、これから気温が上がって、山田くんの打撃がどうなるかを見ないと結論は出ません。
毎年、心配しすぎてしすぎて、でも最終的には結果を出している山田選手なので、
今年も、私の取りこし苦労に終わることを願うだけです。そうあってほしい!

素人なので、テレビや現地で山田選手の打撃を見ていても、わかることはごく一部です。
それも見当違いのことばかりかもしれません。

ネット上では、やれ腰が引けているとかへっぴり腰になっているとか言われていますが、
すべての打席でそうとは思いませんが、それは違うと、きっぱり反論することは私は出来ません。

それというのも、やはりバッティングフォームが昨年の死球禍以前に比べて、
わずかながら違っているように私には見えます。
どこがどうって言えませんが、バッターボックスで、
以前のような「凛とした佇まい」ではないからです。

専門家じゃないので、フォームを具体的には検証するのは難しいです。
ただ、写真を撮っているので、ファインダー越しに、何かヘン、フォームのズレを感じるんですよ。
現地観戦はまだ2試合ですが、打撃フォームの写真をあまり撮る気がしません。

山田くんは元々やや猫背ですが、以前は打席でもっと背中をピンと伸ばして立ち、
球に対して自分の間合いがとれていたように思います。
それが、今シーズンは感じられません。

打席の写真は連写で撮ることはないので、比べる材料が少なくて不適切かもしれませんが、
昨年と今年のバッティングフォームを比べてみました。
ただし、写真を撮っている位置や角度、また山田選手との距離もバラバラなので、
出来るだけ同じ形のものを選んでみました。

左端は2015年、そして2016年の好調だったオールスター前の写真です。
e0222575_1617304.jpg


下の写真は、今年の沖縄キャンプと侍ジャパン宮崎強化合宿のフリーバッティング時
動画から写真を切りだしています。
そして、4月2日神宮での観戦時です。2日は今季初ホームランを打つなど、
いよいよ山田くんが開幕したかと喜びましたが・・・。
e0222575_16173863.jpg


キャンプや宮崎合宿で、今年ほど山田くんのフリーバッティングの動画をボツにした年はありません。
それほど状態が悪かったのでアップするのは忍びなく、マシなものだけYouTube動画にあげました。
とにかくフォームがバラバラ、ミスショットの連続。たまにいい当たりがある程度。
調子を上げないといけない宮崎合宿の方が、より悪かったですね。

WBC球への対応からか??フリー打撃では右方向へ打つことを試みていましたが、
力ない打球か、打ち上げてポップフライがほとんどでした。

以前、「流し打ち」を取りあげたNHKの球辞苑では、
右への強い打球は、引っ張り流す感じで打つとことが大事だとされていて、
非力な山田くんだからこそ、そうしてほしかったですが、
実際のフリーバッティングでは、当てるだけのスイングが多く見られました。
私は、これはダメだわと感じました。今も踏み込めないので、そういう打球が多いですね。

ただ、本番のWBCの打撃は、消化不良に終わったものの、
2本のホームランが出るなど、山田選手の状態としては、あれでも頑張った方だと私は思っています。


今年のフォームを見て感じるのは、足の上げ方は前より小さ目ですね。
これはWBC球への対応とも関係がありそうです。

あとは、背中が昨年よりやや捕手方向に傾き、
膝の折れ方「逆くの字」がより深くなっているような気がします。
写真は後ろ姿なので、はっきりわかりませんが、
それもあって腰が引けているように見えるのかもしれません。

もし本人に問えば、死球後遺症は否定するでしょう。
気持ちではそうであっても、体が覚えていて微妙に反応しているのかもしれません。
全体的にはフォームが丸まっこくなって、体は大きくなったのに、打席では小さく見えます。
スイングの振り幅も小さくなったように感じます。

反対側からの写真がないのが残念ですが、
テレビで見ると、右脚へのタメがなく、体が早く開いて前に突っ込んでいるので、
打球に力がうまく伝わってないように感じます。捉えたと思っても伸びませんよね・・・。

この辺のことを、ひとつずつでも修正していかないと、暖かくなれば打てるようになるとは
私は思えないんです。

本人はWBCや昨年の死球の影響があるとは一切言っていません。
そこは山田くんのエライところです。
ただ、全くないとは私は言い切れないように思います。
開幕初戦のカードはまずまずでしたが、
2カード目初戦に藤浪投手から顔付近に危ない球を投げられてから、
よりフォームがグチャグチャになってきたように見えますから。

昨シーズン終了後、私はWBCは辞退してほしいと書きました。
終盤のあの大失速を見ると、とてもWBCどころじゃないと思ったからです。
本人は、中畑さんとの対談の中で、打てなかったのはモチベーションの問題云々と話していますが、
あれは本音ではないと私は思います。
まずは、崩れてしまった自分のバッティングを取り戻してほしかったと。時間がかかると思いました。
あのままWBCに出ても、私は打つ山田くんは想像できませんでした。
終わったことですが、今でも同じ気持ちです。

山田選手は、チームから大事にされていますが、肝心なところでは配慮が足りないように感じます。
一昨年の重度の右足首ねんざの際には、あんなに腫れているのにフルイニング出場を続けました。
たとえ、本人が出たいといっても、止めるのが普通でしょう、それくらい重い捻挫でしたから。

昨年、田原投手からの死球後は、そのままプレー続行で、その後もフル試合出場を続けています。
10日以上経ってから、ようやくMRI検査が行われ、骨挫傷と診断され抹消されました。
あまり痛いと言わない本人が、痛いと言っていたにも関わらずです。遅すぎます。

2度目の阪神バッテリーの故意死球の際も、打撲の程度はどうだったかわかりませんが、
こちらは、精神的なダメージが相当だったと想像します。
試合を休ませるなどして、メンタル面のケアをはかってほしかったと今さらながら悔しい思いです。
本人が我慢強くて、本音は漏らしていなかったとしてでもです・・・。
大勢のファンは非常に心配していましたが、
球団やベンチは、山田くんのことを楽観視しすぎてていたように思えてなりません。

論点がズレているかもしれませんが、戸田寮1年目に、幽霊が出るからって怖がって、
西田くんの部屋にたびたび転がり込んでいたような少年ですよ。
死球が、しかもあんな狙ったような球をぶつけられて、平気でいられるはずなどありません。

山田くんは芯の部分は強いのかもしれませんが、基本的にはビビりです。
WBCでも、打席で足が震えていたと言っています。
それ以外の大事な試合でも、よくそういう発言をしていますから。


様々な要因が重なっての今シーズンここまでの打撃不振だと考えられますが、
結局は、本人が自分で、この長いスランプを乗り越えるしかありません。
ただ、それを支える周りの力は必要です。
今シーズンは、山田くんが超一流のバッターになるための大きな試練ですね。
聖書の中に「神様は乗り越えられる試練しか与えない」という言葉があります。
正確には『あなたがたを襲った試練で、人間として耐えられないようなものはなかったはずです。
神は真実な方です。あなたがたを耐えられないような試練に遭わせることはなさらず、
試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えていてくださいます。』
―コリントの信徒への手紙Ⅰ10章13節/新共同訳

山田くんなら必ず乗り越えられると信じています。

最後に、もう一度書いておきます。
今年は、山田くんファンにとっては覚悟の1年となりそうです。
これを書くと、最終的には山田選手は私の杞憂を吹き飛ばしてくれています。
どうか今年もそうなりますように!

ある日、何事もなかったように、突然打ち出す山田くんを見たいですね。
必ずその時が来ることを祈っています。

by misty2011 | 2017-04-24 17:28 | 東京ヤクルトスワローズ

勝ち継投の杉浦&石山打たれ星くんの初勝利消える★4-7、雄平今季1号ソロ3安打猛打賞

東京ヤクルトスワローズは、昨夜は雨の中、小川泰弘投手がカープ打線を力でねじ伏せ、
7回降雨コールド1-0で完封勝利を挙げました。

広島カープに3連勝となるでしょうか!?
今日の先発は、ヤクルトがオーレンドルフ投手、広島は九里亜蓮投手
スタメンオーダーは、中村捕手が6番に上がり、西田選手が7番に。
やっとそうしましたが、動くのが遅いんだわ。

選手公示では、村中投手と山崎選手が下がり、近藤投手と山本哲哉投手が昇格しました。
村中投手はなぜ??もしかして先発調整?


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 雄平選手の1号ソロで一時勝ち越しも、逆転許し3連勝ならず…

初回、立ちあがりが課題のオーレンドルフ投手は、田中広輔選手に粘られセンター前ヒットを打たれます。
菊池選手はセカンドフライ、丸選手は四球で1死1、2塁
新井選手は空振り三振、鈴木選手はレフトフライに打ち取り無失点で切り抜けます。

その裏、ヤクルトは2死後、山田選手がライト前ヒット出塁。
本来のバッティングではないですが、第1打席でヒットが出ると、ほっとします。
山田くん、走って~の思いは届かず、バレンティン選手はサードゴロで3アウト。

2回2死後、オーレンドルフ投手は會澤捕手を四球で出します。
九里投手には、とんでもないボール球が続き、連続四球で2死1、2塁
何をやってんだか・・・。ノーコン過ぎて
トップに戻り、田中広輔選手に左中間へのタイムリー2塁打を浴び、二者生還して0-2となる間に、
田中選手は3塁へ進みます。
菊池選手はサード前のセーフティスバントを決め0-3
このあと、菊池選手に2盗を許し2死2塁。
カープは各選手が常に次の塁を狙っています。こういうところはホントに抜け目ないですね。
丸ちゃんは抑え3アウト。しかし3点先制され、苦しい展開となりました。

その裏、雄平選手がサード前の内野安打で出ます。
中村悠平捕手は、ライトへのヒットで無死1、3塁
つづく西田選手が初球を捉え、3塁線を破るタイムリー2塁打で1点かえして1-3
なおも1死2、3塁で、大引選手はショートゴロで、3塁から中村捕手が生還して2-3

1死3塁で、ヤクルトは早くもオーレンドルフ投手を引っ込め代打・大松選手
しかし、ピッチャーフライに倒れ2死3塁
坂口選手はレフト前タイムリーヒットで、あっという間に3-3の同点に!ナイスバッティング♪
荒木選手は空振り三振で3アウト。

ヤクルトは3回から星知弥投手が登板
あら、こういう展開で投げさすとは、知りませんでした。
新井、鈴木選手は打ち取り2死後、松山選手にセンター前ヒットを打たれますが、
安部選手をセカンドフライに打ち取り3アウト。

その裏、先頭の山田選手はレフトフライ。
本調子ならスタンドインになる当たりも、体が前に突っ込むのが早くて打球が伸びません。
まだまだです。
バレンティン選手三振後、雄平選手が今季1号ホームランをライトスタンドに放り込み、
4-3と勝ち越します。
やった~~雄平選手に待望の一発が!

e0222575_21123898.jpg



1点リードの4回、星投手は先頭の會澤捕手にセンター前ヒットを打たれますが、
九里投手の送りバントを素早いフィールディングで2塁フォースアウトで1死1塁。
しかし、田中選手にもセンターへヒットを打たれ、九里投手の激走で1死1、3塁。
菊池選手はいい当たりもセカンドライナーで、
山田選手が3塁へ送球して飛び出した九里投手がアウトとなり、ダブルプレーで3アウト!
星投手、このピンチを無失点で切り抜けます。
山田くん、落ち着いたナイスプレーでした。今日も「守備の人」でチームを救います。

その裏、ヤクルトは2死後、星投手がセンター前にプロ初ヒット!
打つ方もイケるじゃないですか!?
しかし、坂口選手がサードゴロで3アウト。

5回、星投手はカープのクリーンナップを三者凡退に抑えます。

e0222575_21161165.jpg


その裏、先頭の荒木選手がセンター前ヒット
山田選手はサードゴロで2塁フォースアウトとなり1死1塁。ダブルプレーにならなくてほっ…
しかし、1塁への走塁は山田くんにしては遅いですね。最後は流した感じで間一髪のセーフでした。
足でも痛めてる??今度こそ走れ~!!と思ったら、バレンティン選手は四球で1死1、2塁

ここで、広島は飯田哲矢投手に交代
雄平選手はショートゴロも、バレンティン選手の好走塁で2塁セーフ!内野安打となり1死満塁
雄平選手3安打猛打賞でにこにこ。
広島は中田廉投手に交代し、1死満塁から中村悠平捕手はキャッチャーファールフライで2死満塁。
西田選手は見逃し三振で、追加点ならず。
ヤクルトにとって、満塁のチャンスはピンチになるのがデフォなんですかね・・・。

6回も星投手は続投
1死後、安部選手にヒットを打たれ、中村捕手のパスボールで1死2塁のピンチ。
會澤捕手はセカンドゴロで2死3塁。
ここで、カープは代打・エルドレッド選手
センターへの大飛球も、坂口選手がフェンス前で捕って3アウトチェンジ。危なかったですね…。

その裏、広島は一岡投手が登板
先頭の大引選手がライト前ヒット
代打の西浦選手は送りバント失敗で1死1塁
坂口選手は捕邪飛で2死となり、荒木選手はレフトフライで3アウト。

1点リードの7回、ヤクルトは杉浦稔大投手が登板
サードに西浦選手が入ります。
まずは、ここまで3安打の田中選手を空振り三振に仕留めます。
菊池選手も空振り三振。
ほれぼれするストレート、伸びが凄い!
と思った直後ガ――ン、丸ちゃんにフルカウントからレフトスタンドへソロ弾を運ばれ4-4の同点に。
星投手の初勝利が消えました。あちゃ・・・

このあと、新井選手を空振り三振に仕留めで3アウト。なんとも勿体ない被弾でしたね。

その裏、広島は一岡投手が続投
先頭の山田選手は四球で歩きます。打てないので、これしかありません。
四球前の1球はストライクくさかったので、儲けもん!
バレンティン選手はセカンドゴロ併殺打、雄平選手はファーストゴロであっさり3アウト。
普通に走れる状態なら、やっぱり山田くんが走らなきゃ。
今日は走る素振りを見せなかったのが、ちょっと気になります。

8回、ヤクルトは石山泰稚投手
先頭の鈴木選手はサードゴロを一瞬弾き、1塁送球はアウトのタイミングも、
ファースト西田選手がこぼしす捕球ミスで無死1塁。
荒木選手を引っ込めず1塁に回しておけばと…
松山選手はセンターへのヒットで無死1、2塁。これはマズい。
つづく安部選手の送りバントを、石山投手がサードへ送球も、
セーフとなるフィルダースチョイスで無死満塁の大ピンチ。

會澤捕手は空振り三振も、代打の西川選手に右中間へのタイムリー2塁打を浴び4-6
田中選手にはライトへタイムリーヒットを打たれ4-7
カープは相手エラーからの満塁から一気に畳みかけて来ますね・・・。
1死1、3塁となり、田中選手が2盗して1死2、3塁。菊池選手は1塁邪飛で2死となり、
丸選手は空振り三振で、ようやく3アウト。しかし、石山投手が打たれました。

8回裏、広島のジャクソン投手の前に、ヤクルトは三者凡退

9回、ヤクルトはルーキ投手
新井選手からの打順を3人で片付けます。

3点を追うヤクルト9回裏、広島は今村猛投手が登板
先頭の西浦選手は空振り三振後、
坂口選手は振り逃げで出塁
代打・鵜久森選手は3球三振
坂口選手が2盗後、山田選手は四球を選び1死1、2塁。よく選びました。
打てないながら、いいつなぎをしました。
しかし、バレンティン選手はセカンドゴロでゲームセット。

ヤクルトはカープ3タテならず、4-7で敗れました。

先発のオーレンドルフ投手が、とにかく先発としては全く責任が果たせませんでした。
制球が悪く四球が多すぎます。
こんな試合ばかりが続くので、もう見切ってもいいでしょうね。

星投手は、ピンチがありながらもよく抑えました。
初ヒットも打って、勝っていればプロ初勝利で万々歳でしたが、そう上手く事が運びませんでした。

誤算は、勝ちパターンの杉浦、石山投手が打たれて負けたことですね。
これは痛いすぎます。
杉浦投手は、球が走っていただけに、フルカウントから首を振ってストレートを投げましたが、
丸ちゃんに読まれていたんでしょう。
石山投手は、先頭をエラーで出し、自らのフィルダースチョイスも合って、そのあと打たれました。
特に、伏兵の西川選手に打たれたのが悔やまれます。

今シーズンは打てない以上に、ミスが多くて、ことごとく失点につながっています。
こういう野球をやっていたら、なかなか浮上できないでしょうね。
一体、キャンプで何をやっていたのと聞かれたら、
練習はやっていますが、選手個々のレベルアップのための肝心の練習をやってないので、
特に何も…としかキャンプを見てきた私は答えられません。

打線は、雄平選手が3安打猛打賞、今季1号ホームランを打ってノリノリでした。
その他の選手は1日1善で計10安打
タイムリーを打ったかと思うと、その後は、あっけなく凡打や三振などで続きません。
山田選手は初回にヒットを打っただけで、3打数1安打2四球で3回出塁も盗塁はなし。
打率が低いので、これでも1日1安打すると打率が上がるのが、何とも・・・。
バッティングの状態は一向に上がってきません。
その分、守備で貢献しています。
「守備の人」もいいですが、早く「打の人」になってほしいです!

それから、3、4番の今の並びはどうなんでしょう?
私は昨年から、大いに反対していて、今季もそうです。
今は、特に山田選手が不調なので、つながりませんが、
この3、4番は、あうんの呼吸ってもんがありません。
もういっそのこと、雄平選手を4番にしてほしいくらい。
また、現状の山田選手なら、下位か1番くらいしかなさそうですね。
ランナーがいて山田くんに回ってきても、ファンの私から見ても打てそうな雰囲気が全くしません。

杉村コーチは暖かくなれば調子が上がると、えらく楽観的なのが、私はどうも信じがたいですが。
ホントにこのままで調子が上がるんでしょうか???

明日は試合がないので、つかの間の安息日です。

by misty2011 | 2017-04-23 22:30 | 東京ヤクルトスワローズ

雨の神宮、力投の小川泰弘2勝目☆1-0(7回裏降雨コールド) バレンティン適時2塁打

神宮で広島カープに先勝した東京ヤクルトスワローズ
2戦目は雨が降り続く中、予定通りプレーボール

先発はヤクルトが小川泰弘投手、広島は岡田明丈投手
スタメンオーダーは昨日と同じ

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・小川投手が7回2安打無失点、5奪三振の好投で完封勝利!試合は降雨コールド

立ち上がり、小川投手は先頭の田中広輔選手に四球を与え、菊池選手の送りバントで1死2塁
丸選手のライトフライで田中選手がタッチアップして3塁へ進み、
鈴木選手は四球後に2盗して2死2、3塁
続く松山選手はピッチャーゴロで3アウト。無失点で切り抜けます。

その裏、2死後、山田選手がレフト前ヒットも、バレンティン選手はライトフライで3アウト。
山田くんは体が泳ぎながらのヒットですが、とりあえず1本ヒットが出ました。

2回表裏は両チーム三者凡退。
3回も両チーム三者凡退。

4回、小川投手は先頭の丸選手に右中間へ2塁打を打たれます。
鈴木誠也選手は高めのストレートで空振り三振に仕留め、松山選手はショートフライ。
エルドレッド選手は四球で2死1、2塁
つづく安部選手はセンターフライで3アウト。

その裏、先頭の山田選手は初球を打ってぼてぼてのショートゴロ。
自分のスイングではありません。
バレンティン選手は空振り三振
2死後、雄平選手がライトへの2塁打で出塁も、西田選手は見逃し3球三振で3アウト。

5回2死後、小川投手は田中選手に粘られ四球を与えますが、
菊池選手を空振り三振に仕留め3アウト。
うるさい菊池選手を、前日からここまでノーヒットに抑えているのは大きいですね。

その裏、先頭の中村悠平捕手がセンターオーバーの3塁打で出塁!いいね~ムーチョ
大引選手は3球三振で1死3塁
小川投手は1ストライク後スクイズ敢行もファールとなり、このあと空振り三振で2死3塁
坂口選手もフルカウントから空振り三振で先制の好機を潰します。
あぁ・・・何もできませんでした。

6回、小川投手はカープ3番からの打順を三人で片付けます。
この回、山田くんに二つ好守がありました。今日も「守備の人」で頑張っています。

その裏、荒木選手がレフト前ヒットで出塁。
山田選手は四球を選び無死1、2塁
ここで、バレンティン選手が粘ってレフト線へタイムリー2塁打を放ち、ヤクルトが1点先制!
雄平選手はファーストゴロで、3塁ランナー山田選手は三本間で挟まれタッチアウトも、
その間に雄平選手が2塁へ進み1死2、3塁
しかし、西田、中村選手が倒れ1点どまり。追加点が取れないのが痛いですね。1点では…

7回1死後、小川投手は安部選手にライト前にヒットを打たれます。これが2安打目
石原捕手は送りバントで2死2塁
ここで、広島は代打・新井選手を送りますが、
小川投手が冷静にショートゴロに打ち取り、得点を許しません。
小川投手にガッツポーズが出ました。

その裏、広島は薮田投手が登板
2死後、坂口選手が死球で出塁
荒木選手は四球を選んで2死1、2塁
ここで、雨でぬかるんだマウンドに砂を入れて整備
再開後、山田くん、ここで打て!と思ったら初球いきなりおなか近くに危ないボール
3ボール1ストライクとなった後、雨が強くなり中断となります。

このあと、午後9時過ぎ、降雨コールドとなり、ヤクルトが1-0で広島を下し2連勝となりました!

7回を投げ2安打5奪三振無失点と力投した小川泰弘投手が2勝目を挙げました。
おめでとうございます。
雨でコンディションが悪い中、なかなか味方の援護がなく苦しい展開でしたが、よく踏ん張りました。
首位カープを力でねじ伏せましたね。あの頼もしいライアンが今シーズンは戻ってきました。

e0222575_17221212.jpg




打つ方は、6回無死1、2塁のチャンスに、バレンティン選手が粘ってのタイムリー2塁打。
執念を感じる打席でした。

その6回は、荒木選手がヒットで出てチャンスメイク、そして山田選手が四球を選んでつなぎました。
そこから唯一の得点となったわけです。
なおもチャンスでしたが、あと一押しできず、1点どまりだったのが今のヤクルト打線なんでしょうね。

この2戦は、荒木貴裕選手を2番スタメンに起用したのが当たりました。
もう少し早く使ってあげてもよかったでしょうね。

山田選手は今日は2打数1安打1四球。打てなくても四球を選んだのが大きかったですね。
守備ではファインプレーを度々魅せました。抜けたかと思う打球によく追いつきました。
さりげなくやるので派手さはありませんが、堅実なプレーで小川投手を助けました。

打撃はまだまだですが、こうして守りで貢献できるのが山田選手の強みです。
守りからリズムを作って、打つ方は1日1本でもヒットが打てるよう、
徐々に自分のタイミングを思いだしてくれたらと願います。

今日の試合を見ていて、打順は中村悠平捕手を上げて6番か、
または負担が大きくなりますが、5番あたりの方が得点できるような気がしました。
真中監督、どうか考えてほしいです。

雨の中、選手そしてスタンドで応援した皆さんお疲れさまでした。
風邪などひかれませんように!
明日も勝って、カープに3タテ喰らわせたいです!

by misty2011 | 2017-04-22 21:49 | 東京ヤクルトスワローズ

石川7回1失点の力投で2勝目☆3-1、西田&大引適時打、荒木1号ソロ

最下位に転落した東京ヤクルトスワローズは、今日から神宮で首位・広島東洋カープとの3連戦

先発はヤクルトが石川雅規投手、広島は加藤拓也投手
前回、ルーキーの加藤投手に9回1死までノーノーをされ、全く打てなかったので、
2度続けてやられる訳には行きません。

スタメンはまたまた入れ替えてきました。
インフルエンザから復帰した坂口選手が1番、2番はサード荒木選手で、8番ショートに大引選手
西浦、谷内選手は外されました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・石川投手が7回1失点の好投で今季2勝目!荒木選手は起用に応える1号ソロ!

初回、石川投手は先頭の田中広輔選手にショート内野安打を打たれます。
今日はショート大引選手ですが、
ヤクルトの場合、相手が三遊間へ転がせば、ほとんど内野安打になりますね・・・。
一緒や、誰が守っても。
しかし、中村捕手が2盗を刺し、このあと後続を打ち取り3アウト。

その裏1死後、荒木選手は四球で歩き、山田選手は見逃し三振も、荒木選手が2盗成功。
しかし、バレンティン選手がサードゴロで3アウト。
バレンティン選手、今日はフェースガード付きのヘルメットを被っていました。

2回、先頭の鈴木誠也選手にショート後方へのポテンヒットを打たれます。
こういう打球も捕れなくて、ことごとくヒットになります。球際に弱すぎ。
しかし、後続を抑え3アウト。

その裏、先頭の雄平選手がレフトへの2塁打で出塁。今日は早めにノーノー阻止しました。
つづく西田選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち、ヤクルトが1点先制!
ナイスバッティング!懐かしい感触、3試合ぶりに得点できました。
つづく中村捕手の打席で、加藤投手がワイルドピッチをやらかし無死2塁。
中村捕手は三振に倒れ、大引選手はライト線への大飛球でしたが、鈴木選手に好捕されます。
石川投手はピッチャーゴロで1点どまり。

3回、石川投手は3人で片付けます。

その裏、先頭の坂口選手が1塁内野安打で出塁。
荒木選手は送りバントも、1-6-3のダブルプレーで2死ランナーなし。最悪の結果となりました。
山田選手は空振り三振。
前回の初対戦もタイミングが合いませんでしたが、
2度目の対戦の今日も、全くタイミングが合わず対応できません。
2打席連続三振に、またかという感じ。
もう悲しいとか辛いとか思うことなく、今日もダメかとあきらめの境地。
山田くんの打席では、打てないのが普通と思うよう努めて、私は鈍感にならざるをえません。
そうでなきゃ、やってられません!!

4回、石川投手は丸選手を四球で出しますが、新井選手をショートゴロ併殺打に仕留め3アウト。

その裏2死後、西田、中村選手が連続四球で2死1、2塁。
大引選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち、西田選手がホームインして2-0となります。
すご~い、今日はここぞでタイムリーヒットが出ますね。
珍しいものを見るような驚きです。

5回、石川投手は先頭の鈴木誠也選手にレフトフェンスギリギリに飛び込む2号ソロホームランを打たれ、
2-1と1点差に。まあ、ソロならいいとしないと・・・。
同じWBC戦士の明暗を見せつけられるのは辛いです。

1死後、小窪選手にショート横を抜けるヒットを打たれますが、
石原捕手をセカンドゴロ併殺打に仕留め3アウト。

5回1死後、荒木貴裕選手がセンターへ今季1号ソロホームランを放り込み3-1となります。
フォークを上手く打ちましたね、ナイスバッティング!!
真中監督の先発起用に見事に応えました。
送りバント失敗を取り返す一発となり、よかったです。
つづく山田選手はバットに当たりましたがセカンドゴロ。
バレンティン選手は、当たりは強かったもののセカンドゴロで3アウト。

6回1死後、石川投手は田中選手にライト前にヒット、菊池選手は空振り三振後、田中選手が2盗。
2死2塁となりますが、丸ちゃんを空振り三振に斬ってとり、カツオくんにガッツポーズが出ました。

その裏2死後、中村捕手、大引選手が連続四球で2死1、2塁
石川投手がそのまま打席に立ちますが、ショートゴロで3アウト。

7回、続投の石川投手は先頭の新井選手を空振り三振
つづく鈴木選手にはホームラン性の大ファールを打たれた後、
最後は入ったかと思ったレフトへの大飛球をフェンス前でバレンティン選手が捕って2アウト。
ヒヤッとしました。
エルドレッド選手にはレフト前ヒットを打たれ、なおも続投で、
小窪選手をピッチャーゴロに仕留め3アウト。
最も怖い打順をよく抑えました。

7回裏、広島は一岡投手が登板
先頭の坂口選手がレフト前ヒット、荒木選手は送って1死2塁。
ここで問題の山田選手は、またも空振り三振。外のストレートにバットがかすりもせず。
バレンティン選手は敬遠され、雄平選手はレフトフライで追加点ならず。

8回、ヤクルトは石山泰稚投手
サードは西浦選手、坂口選手がレフトでセンターは上田選手に交代
石山投手は三者連続空振り三振に斬って取る圧巻のピッチング!

その裏、広島は薮田投手
ヤクルトは三者凡退に終わります。

さあ~9回、ヤクルトは2点リードで秋吉亮投手が登板
先頭の菊池選手を空振り三振に仕留め、丸ちゃんはショートフライ、
新井選手はレフトへのヒットで出ますが、
最後は怖い鈴木誠也選手に粘られながらもピッチャーゴロに仕留めゲームセット。

ヤクルトが3-1で首位カープを下し、連敗を3で止めました。

7回6安打8奪三振1失点と好投した石川雅規投手が2勝目を挙げました。
おめでとうございます。
8回からは、石山ー秋吉投手が2点リードを守って逃げ切りゲームセット。

打つ方は、2回に西田明央選手が待望の先制タイムリーヒットを放ちます。

e0222575_1110588.jpg


4回にはスタメン復帰の大引選手がタイムリーヒットで2点目。
1点奪われた直後の5回裏、スタメン起用に応えた荒木貴裕選手が、
貴重な1号ソロホームランを放ち3-1

とにかく連敗ストップ、そして首位カープをわずか1点に抑えて勝ったのは価値があります。
久しぶりにスタンドでは得点の傘が振れましたね。よかったです。
明日も勝って勢いをつけたいですね。小川投手の好投を期待しましょう!



勝ったものの、山田選手の状態が悪すぎて心配です。
今日は3三振など4打数ノーヒット。フォークもストレートも打てず。

山田選手のことを、先週のはじめ、底を脱したと書きましたが、またまたどん底に落ちましたね。
タイミングが合わないとしても、あまりに打撃がもろ過ぎて見ていられません。
カット出来ないのでファールで粘ることもできず、空振りか、バットに当たれば前に飛んでアウト。
もう2割を切るのは時間の問題。マジ重症です。

これだと打順は3番なんてとんでもない、下位か、せいぜい1番、もうスタメンから外してもいいくらい。
杉村コーチは、この状態をどう見て、どうアドバイスしているんでしょう?
真中監督はバレンティン選手に直々にアドバイスしたようですが、
今度は山田選手にもお願いします。すがりたいような気持ちです。

まだまだ長引きそうですね。不振脱出の兆しが見えません。
このまま続くとは思いたくないですが、あまりに不調の時期が長いですからね。

これが昨年からの死球後遺症なのか、長期の大スランプなのかどちらなんでしょう?
昨年は、正確に言うと、オールスター前から不調モードに陥っていました。
それからだと、もう10ヶ月近く経ちます。
7月30日、背中への死球で骨挫傷となり、復帰後、阪神戦で3発打って復調なったかと思った翌日、
またも脇腹への故意死球で、それ以後はずっとこんな感じが続いていますからね・・・。
そりゃたまには打ちますが、2試合さえ続きません。
WBCは山田選手の状態としたら、よく頑張った方でしょうね。

しかし、開幕後は、2カード目の阪神戦から下降線に入り、今に至りました。
死球後遺症で、イップス気味になっているのなら、メンタルケアが必要ですし、
そうでなければ、生きた球をとにかく振ってタイミングを取り戻すことでしょうね。
ティーでは、すっとした綺麗な立ち姿で、本来のいいフォームでバットが振れても、
いざ打席に入ると、背中がやや曲がっている感じで、
フォームがいまだに固まってなくてバラバラ、タイミングが取れません。
インコースの球には、やや腰が引けて(引けてない時もありますが)、
外の球はには踏み込めなくて手打ち状態。当てることさえ難しくなってきています。

もはや、そのうち打ちだすなんてのんきなことは言えない状態となりました。
杉村コーチでダメなら、真中監督、何とかしてください。お願いします!
このまま放っておいても手遅れになりそうで怖いです。

必ず立ち直ってくれることを心から祈っています。
ファンは無力ですが、それしかできませんから・・・。

by misty2011 | 2017-04-21 21:24 | 東京ヤクルトスワローズ

ヤクルト三遊間の守備、キャンプの練習にも問題があるような!?

東京ヤクルトスワローズは、九州で読売ジャイアンツに連敗し、これで横浜DeNA戦から3連敗。
借金は早くも6となりました。

打線が打てないのに加え、守備の綻びからの失点が目立ちます。
打てないのなら、せめて守りをしっかりやってほしいですが、
現状は打てず守れずで、典型的な弱いチームとなっています。

内外野とも守備は不安定で、内野だとセカンドの山田哲人選手一人が安定した守備を見せて、
投手を守り立てています。
打撃不振ですが、守りでチームに貢献している形です。
外野はライトの雄平選手だけが頼れる存在で、レフト、センターは心もとない布陣です。

今日はヤクルトの守備、三遊間を組む西浦直亨選手と谷内亮太選手に関して、
毎年キャンプを見学している者として、ここまで私が感じたことを書いてみたいと思います。
あくまで私感で、これが絶対正しいと言うつもりは全くありません。
また、一部は独断と偏見に満ち満ちているかもしれませんこと、前もってお断りしておきます。

サードの川端慎吾選手が椎間板ヘルニアで離脱し、
開幕からサードには谷内選手、または西浦選手が入りることが多くなりました。
また、ショートは、このところ大引選手がベンチスタートになる試合が増え、
こちらは主に西浦選手が守備についています。

鹿児島での巨人戦では、ショートのエラーから、好投のブキャナン投手がわずか1失点、
自責点0で負け投手になりました。気の毒でなりませんでした。

4月19日時点で、西浦選手は失策2、谷内選手は失策0
数字上は、特にひどいというわけではありませんが、エラーがつかない拙守が多々あります。

併殺がとれるところで取れず、残ったランナーの生還を許してしまうことがありました。
また、送球がもたついて内野安打にしてしまうケースがあります。
サードでは、ほぼ正面の強い打球が捕れず、またライン際にも弱く、簡単に外野へ抜けて行く場面も見ます。

サード本職の川端選手も、そういう場面がよくあって、私はゴールデングラブ賞にも関わらず、
守備は決して上手いとは言えず、GGの価値を下げるとまで書きました。
ただ、送球は正確なので、
そのぶん、現状の二人よりは川端選手のほうがまだマシなのかなあという気がしてきて、
逆に、川端選手の守備の評価が少し上がったくらいです。

西浦、谷内選手にとって、いつ復帰できるかわからない川端選手不在は、
ポジションを奪う大きなチャンスです。
しかし、2選手ともお互い譲り合っているのかと思うほど守備でのミスが出ています。
その上、バッティングも西浦選手に至っては1割台、
谷内選手は最初は打っていましたが、どんどん打率が下がってきました。
また、谷内選手は出場試合数のわりには併殺打が多く、現在チームワーストの3併殺。
ちなみに山田選手も3でチームワースト。

昨夜も、追いつく絶好のチャンスに、谷内選手はサードゴロ併殺打に倒れました。
これは、自由に打たせた采配のこともあるので、本人だけの責任ではありませんが。

とにかく、2選手とも守備でも打撃でも決め手に欠け、まだまだレギュラーへの道のりは遠く感じます。
せめて攻守のどちらかでも結果を出せればいいのですが、どちらもダメで、非常に残念に思います。

ショートは、まだまだ大引選手に頼らなければならない状況で、
サードは復帰後の川端選手の動き次第でしょうね。

こうなると、ヤクルトファンの間では、廣岡大志選手の1軍昇格の待望論が出ています。
一発があるのは魅力ですが、守備面での不安はついて回ります。
西浦、谷内選手がこのまま低迷すれば、ベンチもその決断をする時が来るかもしれませんね。

ヤクルト内野陣は、結局、セカンドの山田哲人選手の守備が飛躍的に伸びた以外は育っていません。

今年の沖縄キャンプでは、守備でもバッティングでも、最も練習したのは廣岡選手です。
守備は三木ヘッドコーチがつきっきりで、打つ方は居残りで杉村コーチと連日ティーをやっていました。

ただ、それ以外のレギュラークラス、それに次ぐ控え組のメンバーでは、
WBC球に慣れることもあって、山田選手が最も守備練習には時間をさいていました。
結局、WBCではDHだったので、練習した時間は何だったのって感じになりましたね。
私の本音は、もっと打撃練習をしてよでした。
昨年後半からの不調から、ホントに復調できるかどうか気が気じゃなかったですから・・・。
フリーバッティングは2日目以外さっぱりで、WBCどころじゃないのにと思っていました。

もちろん、西浦、谷内選手ら他の内野手も、午後からの守備練習や特守はやっていましたが、
毎年感じることは、とおり一編のノックで、個別に欠点を強化するようなノックではありません。

西浦選手の場合は、肩は強いほうだと思います。
今は、打てず守れずで、委縮していて送球も乱れています。
自信の無さが表情にも出ていて、イップス気味なのか、動きがぎこちなくて、あれではミスがでるでしょう。

西浦選手の最大の欠点は、私は捕球後に握り直しを度々やるので、送球が遅れることだと思っています。
宮本慎也選手は、何が凄いって、とにかく捕球してすぐ投げていました。しかも送球が正確!

まずは、西浦選手は、捕球から送球までの一連の動作から無駄を省く練習をしてほしいですね。
握り直しもそう、ステップの多さもそう。
キャンプでしかできない練習ってあるでしょ。
しかし、ノックするコーチは、そういうアドバイスなしに、ただひたすら普通のノックを打つだけ。

今年から森岡コーチ補佐がよく内野ノックを担当していましたが、
正直、森岡コーチはまだノックが上手いとは言えず、自分のことで精いっぱいのように見受けました。
昨年まで一緒にプレーしていた仲間だし、森岡選手自体がそう守備が上手かったわけではないので、
アドバイスまで至らないのは、何となく仕方ないのはわかります。

ならば、三木ヘッドコーチが指導すればいいようなものですが、
廣岡選手とのマンツーマンの指導に当たっていて、
また、全体練習後は、WBC球での山田選手へのノックにも時間を割いていたので、
今年は、その他の内野手に対し、ノックも、実際の指導も少なかったように見受けました。

それと、これは書いていいのかどうかわかりませんが、あくまで素人の私が見た印象では、
三木コーチは、基本的なノックだけで、あまり難易度の高いノックはできません。
やらないだけかもしれませんが。話しは長めです。
ノックだけなら、まだ前任者の城石コーチの方が上手いでしょうね。どちらもゆるめですが。

むしろ、コーチ陣の中では、真中監督が最もノックが上手いように私は思います。
サブグラウンドでの特守、振り回しのハードなノックは、
昨年も今年も、三木コーチではなく真中監督直々にノックをしています。

なもので、出来れば、ずっと真中監督にノックをお願いしたいくらいです。
あと、監督としては、いろいろ不満がありますが、打撃コーチとしては優秀なので、
バッティングの指導も、真中さんがやるのが、いちばん適任者のように思います。


続いて、谷内亮太選手の場合は、正面の捕球ミスが目立つんですよね。
難しいゴロは、結構うまくさばきます。
何が問題なのか私はわかりませんが、正面の方が簡単なだけに、
足の運びや捕球動作が雑になるのではないかと想像します。

今はサードで正面の強いゴロに戸惑っている様子が伺えます。
ほとんど捕れず外野に抜けて行きます。
慣れの問題もあるので、もうちょっと様子を見てみないと何とも言えませんが。
谷内選手の場合、いちばん無難に守れるのは、おそらくセカンドでしょうね。
ただ、そこは山田選手がいるので、サードまたはショートで頑張るしかありません。

身体能力的には、私は西浦選手のほうが上だと思いますが、動きの滑らかさは谷内選手でしょうね。

今さら遅いのですが、キャンプで個別に、
その選手の欠点を重点的に練習して、レベルアップできるようやってほしかったと残念で仕方ありません。
毎年、見学していてそう思います。
山田選手なら、後方のフライ捕球の練習とか。

やはり練習はウソをつかないと思います。やってないことは出来ません。
もちろん基本練習は大事ですが、ダラダラとあまり意味のない練習に時間をかけても、
それは疲れるだけで、本人のためには、ましてや実戦へ向けての練習にはなっていないような気がします。

何のためにキャンプをやるのか、もう少し選手に見合った個別の練習メニューを考えてほしいものです。
その上で、中盤からは連係やサインプレーなど、より総合的な練習をやってもらいたいと希望します。

長々と書きましたが、二人の神宮とハマスタでの写真をアップしておきます。
まずは、谷内亮太選手 
4月2日神宮 球場入り
e0222575_1911546.jpg


e0222575_1912349.jpg


e0222575_19121995.jpg


e0222575_19122971.jpg


4月2日 シートノック この時はセカンドの守備についていました。
e0222575_19124085.jpg



4月16日ハマスタ ティーバッティング
e0222575_19135628.jpg


e0222575_1914317.jpg


e0222575_1914920.jpg


e0222575_1914161.jpg


e0222575_19142412.jpg





4月2日 西浦直亨選手 球場入り
e0222575_19164044.jpg


e0222575_19165682.jpg


e0222575_1917949.jpg


e0222575_19172512.jpg



4月16日ハマスタ ティーバッティング
e0222575_19152778.jpg


e0222575_19153514.jpg


e0222575_19154392.jpg


e0222575_19155163.jpg


e0222575_19155873.jpg


e0222575_1916319.jpg


谷内、西浦選手とも大卒の5年目と4年目
本来ならばレギュラーになってしかるべき年齢です。
今まで以上に、危機感を持って今シーズンに臨んでほしいと願います。


by misty2011 | 2017-04-20 20:06 | 東京ヤクルトスワローズ

ヤクルト2試合連続完封負け!ブキャナン7回1失点自責0も黒星★0-1

九州シリーズ、読売ジャイアンツとの初戦は、
菅野投手の前にわずか3安打で今季初完封負けを喫した東京ヤクルトスワローズ

今日は鹿児島に移動し、鴨池野球場で2戦目が行われました。
先発は巨人が高木勇人投手、ヤクルトはブキャナン投手
畠山選手が離脱で、今日もスタメンオーダーは変更
1、2番は山崎、谷内で、3番に山田、6番にファースト西田、7番中村選手となりました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・ブキャナン投手が7回1失点の好投も、打線繋がらず零封負け

初回2死後、山田選手のライナーが高木投手の右肩付近を直撃し倒れましたが、
すぐ1塁へ送球して3アウト。ヒヤッとしましたが、大事には至らず何よりです。
山田くんはヒットを1本損しましたね。
大きな声では言えませんが、こういうピッチャー返しを、藤浪投手の時に狙ってやってほしい。
ヤクルトでそのバットコントロールができるのは慎吾くんくらいですが。


その裏、ブキャナン投手は先頭の中井選手にライトへヒットを打たれますが、
2塁へ走った中井選手を雄平選手がライトからストライク送球でタッチアウト。
素晴らしい強肩と正確なコントロールでした。なぜに、これが投手時代に・・・。

しかし、つづく立岡選手をショート西浦選手のファンブルエラーで出すと、
坂本選手にはレフト前ヒットを打たれ、さらにボークをとられて1死2、3塁
ヤクルトは審判に嫌われてるのかと思うほど、またまたボークをとられました。

このあと、阿部選手にセンターへ犠牲フライを運ばれ1点先制を許します。

2回1死後、ヤクルトは雄平選手がライトへヒットを打ちますが、後続倒れ3アウト。

その裏、ブキャナン投手は先頭の石川選手にヒットを打たれ、このあと1死1塁となり、
高木投手がバントをしますが、右手(訂正)の指に当たるアクシデントで倒れ、ダブルプレーで3アウト。

3回から、巨人は篠原慎平投手が緊急登板
1死後、ブキャナン投手がレフトへの2塁打、山崎選手は四球後、暴投で1死1、3塁のチャンスも、
谷内選手がサードゴロ併殺打で3アウトチェンジ。

その裏、ブキャナン投手は先頭の中井選手にセンター前ヒットを打たれますが、後続を打ち取ります。

4回、先頭の山田選手がレフトへヒットを放ちますが、2塁へ走りタッチアウト。
これはチト暴走気味? 1塁ストップで盗塁してほしかったです。気持ちが空回り。
山田くん、盗塁は4個決めていますが、今シーズンは走塁自体のスピードが遅くなったような気がします。
前日の高く弾んだショートゴロで1塁アウトになりましたが、
坂本選手の捕ってからの送球が早かったとしても、山田くんの足なら普通はセーフにならないと。

その裏、ブキャナン投手は3人で片付けます。

5回、ヤクルトは2死後、西浦選手がセンターへのヒット、
ブキャナン投手もセンター前にぽとりと落ちるヒットで2塁へ向かいますが、
タッチアウトとなり3アウト。これは暴走ですね。
ヤクルトの攻撃が何だかヘン!?点がとれない焦りなんですかね?

その裏、ブキャナン投手は三者凡退に抑えます。走った影響がなくてよかったです。

6回、巨人は池田駿投手が登板
ヤクルトは1番からの攻撃も三者凡退。山田くんには足元への危ないボールがありました。

その裏、1死後、立岡選手のショートゴロを西浦選手が握り直し、1塁セーフの内野安打となります。
ずっと以前に書きましたが、西浦選手の最大の欠点は、ボールを握り直してもたつくことが多いこと。
今季のキャンプを見る限り、コーチはそれを注意することもなく、ただノックするだけでした。
しかも、ノックがゆるいこと!何ための練習なんだと思いました。
ヤクルトでノックが最も上手いのは真中監督。
暇そうにしているんだから、もっとやってよと思います。

2死後、阿部選手にヒットを打たれ、2死1、3塁のピンチでしたが、
マギー選手をファーストゴロに打ち取り無失点で切り抜けます。

7回、巨人はマシソン投手が登板
1死後、雄平選手が四球、西田選手がレフト前ヒットで1死1、2塁
ここで、最も期待の中村悠平捕手でしたが、ショートゴロ併殺打で3アウト。
もう勝てる気がしなくなりました。

その裏、ブキャナン投手は2死後、小林捕手にセンター前ポテンヒットを打たれますが、
代打の亀井選手を打ち取り3アウト。

8回、巨人は森福投手が登板 ここは最大のチャンスです!
1死後、ブキャナン投手の代打・荒木貴裕選手がライトへ2塁打を放ちます。
つづく代打の鵜久森選手はセンター前にポトリと落ちるヒットで1死1、3塁。代走は上田選手

ここで、巨人は抑えのカミネロ投手に継投
ヤクルトは、代打の大松選手を送りますが、ピッチャーゴロ併殺打で一瞬にして3アウトチェンジ。
1、3塁なんだから、せめて上田選手を走らせてから打たせてほしかった。
ベンチにはその策もなかったの!?

その裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板 
ショートに大引選手、サードは西浦選手で、センターは上田選手
2死後、坂本選手に左中間への2塁打を打たれます。
阿部選手は敬遠で、マギー選手も敬遠して、2死満塁でカミネロ投手との勝負となり、
セカンドゴロに打ち取り無失点で切り抜けます。

1点を追う9回、カミネロ投手から先頭の山田選手は空振り三振
バレンティン選手はショートゴロ、雄平選手は死球で2死1塁。
しかし、最後は西田選手が空振り三振でゲームセット

ヤクルトは0-1で敗れ、2試合連続の完封負けを喫しました。

7回1失点(自責は0)で、打っては2安打と投打に奮闘したブキャナン投手は、
無援護で見殺しとなり、初黒星がつきました。
初回のエラーと、ボークをとられての失点と言うのが、何とも気の毒です。
好投手・ブキャナン投手で勝てないと、いつ勝てるんだと思います。

e0222575_10335665.jpg



巨人は2番手で投げた篠原慎平投手が、プロ初登板初勝利となりました。

しかし、2試合続けて完封負けとは、あまりに打線が情けない。
今日もチャンスンはありながらも、3併殺で好機を潰しました。
また、走塁死も2つありました。
もう勝ちたくないのかと思うほどです。

特にラストチャンスとなった8回1死1、3塁は、代走を送り最も走りやすいケースなのに、
2盗する前に打って出て併殺打とはねぇ・・・。
打者にもランナーにも策を授けることなく、自主性に任せた結果ということなんでしょうか?
よくわかりません。

とにかくベンチの動きが少なすぎて、ただヒットを打つのを待っているだけ。
それでは勝てません。
その打線が、冷え冷えですからね。

最近は、試合がある日は朝から憂鬱で、本音はテレビを見たくない気分です。
終わった後も、見なきゃよかったと思うことがしばしば。

同じ負けでも、今シーズンは、打てず守れずで、ホントにストレスだけが溜まる試合が多すぎます。
投手が好投しているだけに不憫でなりませんね・・・。
1点をとることにもっと必死になってほしいです。
何とかしてください。それがベンチの仕事でしょうに。

明日は試合がないので、穏やかでいられます。
早くシーズンが終わってほしいと思う今日この頃・・・

by misty2011 | 2017-04-19 21:25 | 東京ヤクルトスワローズ

菅野に3安打完封負け★0-3 故郷熊本で、山中7回2失点粘投も無援護で黒星

東京ヤクルトスワローズは、今日から読売ジャイアンツとの2連戦

その初戦は熊本藤崎台県営野球場で開催されました。
先発は、巨人が菅野智之投手、ヤクルトは地元熊本出身の山中浩史投手
勝利で凱旋登板を飾ってほしいものです。

スタメンは、またまたいじってきました。
2番に山崎、5番に雄平選手、8番ショートは西浦選手となりました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発の山中投手が故郷・熊本で7回2失点の力投!しかし打線の援護なく完封負け…

初回、ヤクルトは三者凡退

その裏、山中投手は1死後、熊本出身の立岡選手にサード横を抜けるレフトへ前にヒットを打たれると、
2死後、阿部慎之助選手にセンターへのタイムリーヒットで、
1塁から立岡選手が一気にホームインして、1点先制を許します。
山崎→西浦選手と中継してバックホームも悠々セーフとなりました。
立岡選手の打球は谷内選手には捕ってほしかったし、
本塁生還を許した外野からの中継プレーもお粗末でした。

2回、先頭の畠山選手がセカンドゴロで、走りだした途端に足を痛めて負傷交代。
心配ですね。軽症ならいいのですが。
追記
サンスポ 燕・畠山、左脚痛め抹消へ…肉離れの疑い強く 真中監督「歩けないような状況なので…」
いや~これは踏んだり蹴ったりですね。どうかお大事に!

このあと、中村捕手が四球で歩きますが、谷内選手はセンターフライで3アウト。

その裏、その裏、ヤクルト1塁の守備に鵜久森選手が入ります。
山中投手は2死後、小林捕手、菅野投手に連打されますが、後続を打ち取ります。
開幕後、打撃不振の小林捕手ですが、相変わらずヤクルト戦ではよく打ちます。

3回、ヤクルトは三者凡退。山田選手は見逃し三振でした。

その裏、山中投手は先頭の立岡選手にピッチャー強襲内野安打を打たれますが、
坂本、阿部選手を打ち取り、立岡選手の2盗を中村捕手が刺し3アウト。

4回、ヤクルトはあっさり三者凡退。まだここまでノーヒット。

その裏、1死後、山中投手は2段モーションを取られた後、石川慎吾選手にセンターへヒットを打たれます。
2死後、小林捕手のセンターへ抜けようかという打球に山田選手が飛びつき、セカンドゴロで3アウト!
ナイスキャッチ! 打てないので、哀しいかな今日も山田くんは守備の人。

5回、先頭の雄平選手がセカンド内野安打で出塁。ヤクルト初ヒットでノーノーを阻止!
中村捕手はエンドランでファーストゴロとなり1死2塁。
谷内選手はキャッチャーファールフライで2死となり、西浦選手は四球で2死1、2塁。
山中投手はファーストゴロで3アウト。

その裏、山中投手は菅野投手にセンター前ヒットを打たれます。
投手なのにセンターが深く守っていて、山崎選手が突っ込んできましたが捕れませんでした。
1死後、立岡選手に今日3安打目となるライト前ヒットを打たれ1死1、3塁
坂本選手は初球を打ちあげキャッチャーファールフライで2アウト。これは優しい坂本くん。
このあと、阿部選手にライト前タイムリーヒットを打たれ0-2
しかし、この場面、阿部選手と勝負するかな??致命的な2点目とならなければいいんですが。
マギー選手はサードゴロで3アウト。

6回、先頭の山田選手はショートゴロ。間一髪アウトとなりました。
山崎選手は見逃し三振、バレンティン選手はショートゴロ。打てません。

その裏、山中投手は初めて三者凡退に抑えます。

7回、ヤクルトはこの回も三者凡退。中村捕手はいい当たりのレフトフライでしたが、ひと伸び足りず。
その裏、山中投手は3人で片付けます。

8回2死後、山中投手の代打で上田選手が打席に立ちますが、空振り三振。

その裏、ヤクルトは村中恭兵投手が登板
先頭の坂本選手はショートゴロでで1死と思いきや、
1塁の足が離れてる??の審判の判断でセーフとなります。これはないわ、アウトでしょ。
記録は西浦選手の悪送球エラー

1死後、マギー選手にセンターへヒットを打たれ1死1、3塁
つづく代打・村田選手には四球を与え1死満塁
ここで、代打・長野選手が登場。ライトへ犠牲フライを運ばれ0-3
小林捕手は敬遠して2死満塁。ここで敬遠してもね・・・。
菅野投手はいい当たりのセカンドゴロも、山田選手がきっちり捕って3アウト。やれやれ…

3点を追う9回、先頭の山田選手はサードゴロで今日4タコ
山崎選手はショートゴロ
バレンティン選手は高めのボールをセンター前にはじき返します。
鵜久森選手はセンター前ヒットで2死1、3塁
雄平選手はセンターフライでゲームセット

ヤクルトは0-3で菅野投手の前に完封負けを喫しました。

先発の山中浩史投手は7回9安打6奪三振で2失点と粘りましたが、
故郷熊本で凱旋勝利とはならず、今季初黒星となりました。
相変わらず援護がなくて気の毒です。

初回の失点は、守備がきっちりしていれば、無失点で切り抜けられたように思います。
打てず守れずの野手は大いに反省してほしいです。
山田選手ところに飛んだ打球だけは安心して見ていられました。

e0222575_15402892.jpg




まあ、今日は相手が菅野投手だから打てなくても仕方ないわと言いたいところですが、
ここまで打線が冷えてくると、相手投手がどうこうの問題ではないような・・・。
一体、だれなら打てるのやら!?今のところDeNAの石田投手だけですね。

9回最後は2死から連打が出ましたが、反撃が遅すぎて虚しいだけ。

山田選手は4打数ノーヒットで2試合連続ノーヒット。打率は.222まで落ちました。
山田くんにしても、打てないのは苦手の菅野投手という以前の問題のような気がします。

とにかく打線が死んでいます。
チームで狙い球を絞っているようにも見えず、ファールで粘ることもできず、
今日は追い込まれると打てないので、早めに打って出ても、
なんの工夫もなく振るだけでは相手の思うツボ。
今さらながら、川端選手の離脱や、今浪選手がまだ復帰できないのが痛すぎますね。

ベンチはおそらく、もう何回も対戦している菅野投手なので、
各自の自主性に任せて打たせているんでしょうけど、
これだけ打てないのなら、チームとして何らかの策を講じてほしかったですね。

毎度のことながら、選手に丸投げで、ベンチからはそういう姿勢が全く見えてきませんでした。
今日は、たしかに菅野投手は好投しましたが、それほど絶好調とまでは行かず、
(中日は別として)他のチームなら、もう少し苦しめられたのではないかと思います。


最後に、山田選手はティーを続けていれば、そのうち上がってくるというのは、
ある種の自分へのおまじないみたいなもの、よりどころにはなっていますが、
根本的な不振脱出とはなっていないように私は感じます。

この際、基本に帰って自分の弱点を見つめ直し、そこから打撃練習に取り組まないと、
この先も、長いトンネルから抜け出せないような気がしてなりません。
もう少しバッティング技術を身につけないと。
苦手な球はカットするとか、バットコントロールを磨くとか等々。
この辺は、杉村コーチとよく話し合って、何らかの手を打ってほしいと願います。
ティー効果が、昨年の後半以降、特に死球以降、私はほとんど感じられないのです。
今日は、始球式ですら腰が引けていたので、死球の影響がやはりまだあるんでしょうか?

とにかく、打順はどこであれ、山田くんが打たないとこのチームは勝てません。
チーム全体としても、中村捕手以外みんな打てないので、
この際、打順がどうこう語るのが虚しくなりました。
明日は、もうちょっと抵抗してください!お願いします。

by misty2011 | 2017-04-18 21:42 | 東京ヤクルトスワローズ

大松尚逸選手と榎本葵選手フォト@4月神宮&ハマスタ+2008オールスター2HRの大松選手

4月に出かけた神宮球場と横浜スタジアム観戦より、
今日は、ヤクルトスワローズに新加入した大松尚逸選手と榎本葵選手のフォトです。

まずは大松尚逸選手
2016年にロッテを戦力外となり、2017年にヤクルトにテスト入団しました。

昨年5月の2軍戦で、右アキレス腱を断裂し手術。昨季の一軍での試合出場はありませんでした。
10月にロッテ球団から戦力外を通告受け、
2軍打撃コーチへの就任を打診されましたが、現役続行を希望。
今シーズン、ヤクルトの入団テストに合格し、ヤクルト入団が決まりました。

ロッテの試合はあまり見ていないので、それほど大松選手のことは知りませんが、
印象に残った試合は、2008年オールスター第2戦のハマスタで、
石川雅規、館山昌平投手から2打席連続のホームランを打ったシーンです。
当時は、ハマスタで現地観戦していました。
凄いホームランバッターだと感心したものです。

その大松選手が、戦力外からヤクルトへ入団とは、不思議な縁を感じます。
まだ2017シーズンは始まったばかりですが、早くも左の代打の切り札として存在感を示しています。

昨年は、鵜久森淳志選手が日本ハムファイターズから戦力外となり、ヤクルトに入団。
今季は、代打で逆転サヨナラ満塁弾やサヨナラヒットを打ち大活躍!
「ヤクルト再生工場」は今もなお健在です。
パ・リーグ出身選手たちの健闘が光ります。

webスポルティーバ 鵜久森、坂口、大松、榎本…「ヤクルト再生工場」は今もフル稼働中

では4月2日と16日、私が現地観戦した2試合での写真です。

まずは大松尚逸選手 4月2日神宮 球場入り
e0222575_1403485.jpg


e0222575_1404498.jpg


e0222575_1405433.jpg


4月2日 試合編より
4-4の同点となった9回裏1死後、代打の大松尚逸選手が登場
e0222575_1435913.jpg


e0222575_1442093.jpg


e0222575_1422160.jpg


三上投手からレフト前ヒットを放ちます。
e0222575_1425599.jpg


1塁で宮出コーチとグータッチ 代走の三輪選手と交代
このあと満塁となりますがサヨナラならず、10回裏に鵜久森選手の代打サヨナラ満塁弾で決着
e0222575_143531.jpg



4月16日ハマスタ ティーバッティング 追加 掲載するのを度忘れしていました。
e0222575_1681448.jpg


e0222575_1682683.jpg


e0222575_1683710.jpg


ここで、おまけとして大松選手の全盛期2008年オールスター第2戦ハマスタでの懐かしの写真を
保存したハードディスクから探してきました。

2008マツダオールスターゲーム第2戦 選手整列 ダルビッシュ投手の隣に並ぶ大松選手
ダルビッシュ投手はファン投票1位で選ばれ第1戦に先発しました。
右から2番めは成瀬投手ですね。

ちなみに、この年のセ・リーグファン投票1位の先発投手は、広島カープの高橋建投手でした。
(2010年に引退後は、解説者などを経て、現在は阪神タイガース2軍の投手コーチをやっています。)
2008年当時、私は高橋建投手のファンサイトをやっていましたが、
(選手個人の応援サイトで、広島ファンには最後までなれず、現在は最も嫌いなチームになりました。)
ファン投票1位で選ばれるとは意外で、大変驚きました。
e0222575_14145421.jpg


当日の先発は川上憲伸投手。3回、石川雅規投手が登板
e0222575_1415812.jpg


今から9年前、今でも若いカツオくんが、メッチャ若いですね~!
e0222575_1415185.jpg


大松選手が石川投手からソロホームランを打ちます。
右端は稲葉選手、ローズ選手の姿も見えます。左には若い頃のおかわりくん、中島選手
e0222575_14152627.jpg


e0222575_14161555.jpg


5回、館山昌平投手が登板
e0222575_14153737.jpg


e0222575_14154626.jpg


大松選手が2打席連続となるソロホームランを放ちました。
e0222575_14155637.jpg


試合は乱打戦となり、11-6でセ・リーグが勝ちました。
勝ち投手は、なんと大松選手から一発を浴びた石川雅規投手でした。

2008オールスター第2戦表彰式 大松尚逸選手はベストプレー賞に選ばれました。
e0222575_14195017.jpg


e0222575_1420441.jpg


e0222575_14201832.jpg


ここで、一言
最近、ブログやSNS上で、一部追っかけカメラ女子が目のかたきにされ、非難が集まっています。
私もそういう部分が全くないとは言いませんが、一つだけ釈明をしておきます。

年をとるまでカメラは使い捨てカメラ以外、全く扱ったことがありませんでしたが、
野球観戦の写真は2003年以来、かれこれ14年経ちます。
200万画素のコンデジカメラから始まり、一眼レフを経て、現在は軽いマクロ一眼で撮っています。
写真は上手くなるどころか年々下手になってきました。それは十分自覚しています。

私が写真を撮っている一つの理由としては、
日にちさえわかれば、いつでも保存したハードディスクから、
過去の写真を引っ張りだしてきて見ることができます。
いわば、私にとって、これまでの野球観戦史のようなもので、
写真を見れば、いろいろなシーン、選手の思い出、そして感動が蘇ります。

年齢とともにボケは進んでいますが、自分の撮った写真を見れば、
かなり細かいことまで覚えているなあって思います。
今年で67歳になる私にとっては、過去に撮った写真を見ることができるのは、
老後の楽しみでもあるんです。

今は山田くんメインで撮っていますが、
試合では、できるだけ対戦チームの選手の写真も撮るようにしています。
あとから振り返った場合、そのほうが試合展開がよくわかるからというのもあってです。

シャッター音などで周りに迷惑をおかけしているかもしれませんが、この場を借りてお詫びします。
今度のカメラは、そのシャッター音が静音設定できて、ほとんどしなくなりました。
連写は極力しないように心がけています。
連写も静音設定で、バシャバシャうるさい音はしなくなりました。
いましばらくは、年老いたばあさんの楽しみを、大目に見ていただければありがたく思います。



続いて、榎本葵選手
2016年に楽天を戦力外となり、2017年トライアウトを経てヤクルトに入団しました。
オープン戦では、少ない打席で結果を出し、開幕1軍メンバーに名を連ねましたが、
現在は2軍となっています。

4月2日神宮 球場入り
e0222575_14221564.jpg


e0222575_14223094.jpg


4月2日試合編より
7回、代打で登場
e0222575_1424080.jpg


横浜DeNAパットン投手の前に空振り三振 
e0222575_1423996.jpg


e0222575_14231869.jpg


前日1日も代打で登場し、空振り三振でした。
わずか2打席でしたが、結果を出せず、この後、2軍降格となりました。
下で活躍して、また上がってくることを楽しみにしています。

以上、今季ヤクルト新戦力の2選手でした。

by misty2011 | 2017-04-17 16:05 | 東京ヤクルトスワローズ

【4/16ハマスタ観戦】ロペスに打たれ過ぎ!バレ弾2発空砲 ★3-6

好天に恵まれた今日は、今季初のハマスタ観戦となりました。
初夏を思わせるような陽気で、汗ばむほどでした。

取り急ぎ、主に得点シーンの写真を並べます。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト バレンティン選手が来日20度目となる2打席連続ホームランも、カード勝ち越しならず

横浜DeNAベイスターズの先発は、長身のクライン投手
開幕カード3戦目で対戦しました。(延長でサヨナラ勝ち、訂正)
e0222575_19362525.jpg


初回、山田選手はレフトフライ
1死後、雄平選手が内野安打で出塁も、盗塁失敗(けん制死)となり、
バレンティン選手もライトフライで三者凡退
e0222575_19373496.jpg


ヤクルトの先発はオーレンドルフ投手
e0222575_1941183.jpg


初回、荒波選手の抜けようかという打球を山田選手の好守備で2死となりますが、
このあと、ロペス選手に3号ソロホームランを浴び1点先制されます。
e0222575_19413792.jpg


e0222575_19414814.jpg


2回2死後、中村悠平捕手がセンター前ヒット、大引選手は四球も、谷内選手が倒れ3アウト
e0222575_19551662.jpg


2回裏、オーレンドルフ投手は3人で片付けます。

3回表、1死後、山田選手が粘って四球で歩きます。
何度もけん制された後、
e0222575_19432096.jpg


e0222575_19432979.jpg

2盗に成功し、

e0222575_19433940.jpg


戸柱捕手の2塁悪送球で3塁まで進みます
e0222575_19434952.jpg


雄平選手がレフトへ犠牲フライを運び
e0222575_19482823.jpg


3塁から山田選手がタッチアップしてホームイン!1-1の同点に
ノーヒットで1点奪います。
e0222575_19435895.jpg


つづいて、3番バレンティン選手がレフトスタンドへ特大の2号ソロホームランを放り込み、
2-1と勝ち越します。
e0222575_19495986.jpg


e0222575_1950816.jpg


3回裏、オーレンドルフ投手は四死球でピンチを招きますが、ロペス選手を空振り三振に仕留め3アウト
e0222575_19573369.jpg


4回、ヤクルトは三者凡退

その裏、1死後、山田選手が今度は宮崎選手のセンターへ抜けようかという打球に追いつき1塁へ送球して2アウト。
今日は守備で貢献した山田くん
e0222575_19584120.jpg


しかし、そのあと、オーレンドルフ投手は四球、ヒット、四球で2死満塁から
クライン投手にライトへタイムリーヒットを打たれ2者生還して2-3と逆転されます。
e0222575_2012838.jpg


投げてヨシ打ってヨシのクライン投手
e0222575_2014663.jpg


5回裏、オーレンドルフ投手は先頭の荒波翔選手にレフトへ2塁打を打たれます。
e0222575_2044569.jpg


続いて、ロペス選手に右中間へタイムリー2塁打を浴び2-4となります。
ロペスシフトをとっていて、全体に左寄り
ライトの鵜久森選手が懸命に追いかけますが捕れませんでした。
普通の守備位置なら、センターの雄平選手がキャッチできたように思いますが?
e0222575_2045772.jpg


e0222575_205955.jpg


ここで、ヤクルトは原樹理投手に交代
e0222575_2085711.jpg


筒香選手のセカンドゴロで1死3塁となり、宮崎選手は三振で2死3塁から
倉本選手にレフトへタイムリー2塁打を打たれ2-5
バレンティン選手の隙をついて2塁へ滑り込む倉本寿彦選手
e0222575_2091113.jpg


6回1死後、バレンティン選手がレフトスタンドへ特大の3号ソロホームランを叩き込み3-5
e0222575_201264.jpg


e0222575_20121758.jpg


横浜はここで須田投手に継投 後続が倒れ3アウト
e0222575_20122672.jpg


ラッキー7の東京音頭
e0222575_20145822.jpg


DeNAは7回、不調のクローザー山崎康晃投手をここで投入
ヤクルトは三者凡退
e0222575_2015966.jpg


7回裏1死後、原樹理投手は筒香選手にレフト前ヒットを打たれます。
e0222575_2019373.jpg


宮崎、倉本選手にも連打され
2死満塁から戸柱捕手にタイムリーヒットを打たれ3-6と3点差
e0222575_20253124.jpg


ここで、ルーキ投手に交代 乙坂選手を三振に仕留め3アウト
e0222575_20202828.jpg


8回、DeNAは三上投手 ヤクルトは三者凡退
e0222575_2027583.jpg


その裏、村中恭兵投手が登板し3人で片付けます。
e0222575_2028856.jpg


9回はパットン投手
e0222575_20281628.jpg


バレンティン選手が今日3安打目となるセンター前ヒットで出塁も、後続が倒れゲームセット

e0222575_2030316.jpg


ヤクルトは3-6で横浜DeNAに敗れ、このカード1勝2敗と負け越しました。
DeNAのお立ち台は、先発のクライン投手と先制弾とタイムリー2塁打で2打点と活躍のロペス選手でした。

ヤクルトは先発のオーレンドルフ投手が5回途中まで投げ、5安打4四死球で5失点と乱調でした。
コントロールが乱れ、球に力もありませんでした。
相手投手に打たれたのが大誤算でした。
また、前回の登板で3安打されたロペス選手に今日も打たれました。
先発として試合を作れないとなると、この先、ちょっと厳しいですね。
次回は好投をお願いします。

2番手の原樹理投手は、2回2/3を投げ6安打され1失点。
今年の原樹理投手は違うとは何だったのかと思うほど、昨年からの成長が感じられませんでした。
フォーム的には少し改善されたように見えますが、相変わらず簡単に打たれますね・・・。
何か問題があるんでしょうね。早めに修正してもらえたらと思います。

打つ方は5安打で3得点
バレンティン選手がソロ2発とヒットの3安打猛打賞
あとは雄平選手の内野安打と中村悠平捕手のセンター前ヒットの計5安打

バレンティン選手がホームランを打っても勝てない試合が多いですね。
しかも2発打ってもヤクルトは勝てませんでした。まあ、2本ともソロですからね。

横浜のクライン投手は長身で荒れ球。危ない球が数球ありました。
この手のピッチャーは、ヤクルト打線は苦手ですね。

山田選手は、今日は3打数ノーヒット1四球1盗塁。打率はまた少し下がりました。
ヤクルト1点目は、山田選手の四球出塁からの2盗が相手エラーを誘い、犠牲フライでホームイン。
ノーヒットでの得点。
山田くんの足で1点奪いましたが、すぐに逆転されました。
山田くんがトップバッターの場合(今回は1死からですが)、
こういう形で得点できることがメリットのひとつに挙げられます。

今日はヒットは打てませんでしたが、2度のファインプレ-があって守備で貢献しました。
相手にとってはヒットを2本損しました。
山田くんは、さらっとファインプレーをしますが、あれが菊池選手だったら、大げさにやっていそうですね。
こんなところにも、見た目の印象で損をしてるかもしれません。
今日は3塁側後方中上段の席で、私の周りはほとんど横浜ファンでしたが、
山田くんの守備を褒めてくれていました。

ヤクルトは今日負けて再び5位に転落。借金は4となりました。
早めに返済して、しばらくは5割を目標に戦ってほしいと思います。
打線が、やはりもう少し打たないと勝てませんね。
結局、この3連戦は石田投手を打てただけになりました。奮起をお願いします。

あと、鵜久森選手は、守備のこともあるので、相手が左投手先発ならまだしも、
そうでない場合は、やはり代打のほうがいいように思います。
今日の外野の布陣、バレンティン、センターの雄平、そしてライトの鵜久森選手は怖すぎます。
雄平選手のライトは、やはり他に代わるものがいませんから。

打順は雄平選手が2番でしばらく行きそうですね・・・。
そうなると、今日のように3番から5番が全員右バッターで、おまけに足が遅いので、
長打が出ない限り、なかなかホームに戻って来れないように思うんですが・・・。
打順は再検討する必要があると私は思います。

私は、今日一日ですっかり日焼けしました。

by misty2011 | 2017-04-16 21:25 | 東京ヤクルトスワローズ

小川8回1失点2点適時打で今季初勝利!山田先頭打者弾、ヤクルト11安打7得点で快勝☆7-2

昨夜は横浜DeNAに延長サヨナラ負けを喫した東京ヤクルトスワローズ

先発投手は頑張ってはいるものの、先制を許し常に後手後手。
打線は追いつくのが精いっぱいで、勝ち越す力がありません。
そして、回またぎの失敗。
スタメンオーダーにしても、継投にしても、真中采配に何かちょっとしたズレを感じます。

今日の先発は、横浜DeNAが石田健大投手、ヤクルトは小川泰弘投手
スタメンオーダーは、ショートに大引選手が入った以外は昨夜と同じ。あらら・・・

もし2番雄平選手にこだわるのなら、山田選手が出塁した場合、どういうバッティングをすべきか、
噛んで含めるように言い聞かせておいてほしいものです。
言って理解できるかどうかは別にしても(笑)!?
それでなくても、雄平選手の自主性に任せては、つながるものもつながりません。
それと、1~3番の3人とも小細工ができないフリースインガーが並ぶのもどうかと思います。


横浜DeNAは、梶谷選手はベンチですが、筒香選手がスタメン出場でした。あら、出るんかい…。
今日のハマスタは強風が舞っています。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・小川投手が投打の活躍で今季初勝利!山田選手は先頭打者ホームラン!

初回、先頭の山田選手が、フルカウントからレフトスタンドへ2号ソロホームランを放り込み1点先制!
前日の桑原選手の先頭打者弾のお返しがきっちりできました。
やっと山田くんらしいスイングができましたね。これでいい形を思いだしてくれたらと願います。
昨夜の小指への死球は何ともなかったようで何よりよかったです。

先頭打者ホームランのあと、後続倒れ3アウト。

その裏、小川投手は2死後、ロペス選手にセンター前ヒットを打たれますが、
筒香選手をファーストフライに打ち取ります。

2回、先頭の鵜久森選手がレフト前ヒット、中村捕手もレフト前ヒットで無死1、2塁
大引選手はバント2つファール後、空振り三振。
1死後、谷内選手が、フルカウントからレフトフェンス直撃のタイムリー2塁打を放ち2-0
なおも1死2、3塁

つづく小川投手はセンターへ自援護の2点タイムリーヒットを放ち4-0と突き放します。
山田選手はセンターフライ、雄平選手はライトフェンス直撃の2塁打で2死2、3塁
バレンティン選手は空振り三振で3アウト。

その裏、小川投手は3人できっちり片付けます。

3回、先頭の畠山選手がレフトへヒットを放ち、ワイルドピッチで2塁へ進みます。
鵜久森選手のサードゴロで、畠山選手がサードへ進む好走塁を見せ1死3塁
中村捕手はセカンドゴロも、柴田選手が後逸するタイムリーエラーとなり5-0
大引、谷内選手は倒れ3アウト。

その裏、小川投手は、センター雄平選手のダイビングキャッチの好守もあって三者凡退に抑えます。

4回、2死後、雄平選手は振り逃げで出塁
バレンティン選手はレフト前ヒットで2死1、2塁も、畠山選手は空振り三振で3アウト

その裏1死後、小川投手はロペス選手にセンター前ヒットを打たれます。
筒香選手には四球を与え1死1、2塁
宮崎選手はライトフェンス際への飛球で2死となりますが、
倉本選手にライトへタイムリーヒットを打たれ5-1

5回、ヤクルトはあっさり三者凡退。石田投手が立ち直ってきました。

その裏、小川投手は先頭の柴田選手にセンター前ヒットを打たれます。
石田投手の送りバントで1死2塁も、後続を抑え3アウト

6回2死後、山田選手は四球で歩きます。さあ~走れ!
雄平選手、走るのを待ってよと思う間もなく初球から打ってファール。
すぐ追い込まれますが、この後、山田選手が2盗を決め2死2塁。これで3個目の盗塁。
雄平選手は粘りましたが、空振り三振で3アウト。

その裏1死後、小川投手は筒香選手に四球、宮崎選手にセンター前ヒットを打たれ、1死1、2塁。
倉本選手はショートフライ、戸柱捕手は四球で2死満塁のピンチを招きますが、
柴田選手を見逃し三振に斬ってとり無失点で切り抜けます。最高のストレートが決まりました。

7回、DeNAは進藤投手
先頭のバレンティン選手が三週間を抜けるヒットで出塁
畠山選手は空振り三振で、走ったバレンティン選手は2塁アウトの三振ゲッツー
ヤクルトの場合、ランエンドヒットがことごとく裏目に出ます。
鵜久森選手も空振り三振で3アウト

その裏、小川投手は、先頭の白崎選手のセンター前ヒットを打たれますが、後続を抑えます。

8回、ヤクルトは進藤投手の前に三者凡退

その裏、小川投手は筒香選手からの打順を3人で片付けます。

9回、DeNAは田中健二朗投手
代打の比屋根選手がセンター前ヒット、ワイルドピッチで2塁へ進みます。
山田選手は四球で歩き無死1、2塁
ホームランを打つと、やはり相手が警戒して四球が増えてきました。
ここは、比屋根、山田選手で、たまにはダブルスチールをしてほしいな。
雄平選手はバントをファール後、ショートゴロで2塁フォースアウトも、
宮崎選手が1塁へ悪送球して、その間に比屋根選手がホームインして6-1

バレンティン選手はファーストゴロで2死2塁から、
畠山選手がセンターオーバーのタイムリー2塁打を放ち7-1

9回裏は、原樹理投手が登板
先頭の戸柱捕手にセンター前ヒットを打たれ。
2死後、桑原選手にセンター前タイムリーヒットを浴び7-2
点差があるのにピリッとしません。
最後は、乙坂選手をサードファールフライに打ちとりゲームセット

ヤクルトが7-2で横浜DeNAに快勝しました。

先発した小川泰弘投手は8回を投げ1失点と好投して、今季初勝利を飾りました。
おめでとうございます。
写真はキャンプブルペンより小川泰弘投手
e0222575_1803527.jpg


2回には自らを援護する2点タイムリーヒットを打つなど、投打で活躍。
前回の投球もまずまずでしたが勝てず、今日はストレートに力があり、攻めのピッチングができました。

打線は、山田哲人選手が先頭打者アーチで先制すると、
2回には5安打を集め3点奪い、3回には相手ミスで1点追加し、3回までに5得点と優位に試合を進めました。
9回にはダメ押しとなる2点を追加して7得点。
大引選手以外の先発全員安打の11安打で7得点と、久しぶりに打線が働きました。

やはり、このチームは山田くんが打つと勢いが出ますね。
その山田くんは、3打数1安打(2号ソロホームラン)2四球で盗塁も決めました。
先頭打者アーチは、山田くんらしいシャープなスイングでした。
この感触を大事に明日へとつなげてほしいです。
まだ、固め打ちはできませんが、底は脱出したようなので、
これから徐々に調子を上げてくれたらと思います。

開幕初戦以来の投打がかみ合った快勝に、久しぶりにスッキリしました。

by misty2011 | 2017-04-15 18:00 | 東京ヤクルトスワローズ