Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:三輪正義 ( 32 ) タグの人気記事

ヤクルトファン感謝デー「すクイズ大会」「S-1グランプリ」

11月23日東京ヤクルトスワローズファン感謝デー2016より、
今回は、「す・クイズ大会」と「S-1グランプリ」の発表です。

ファン感謝デーは、「ヤクルトスワローズ」のタグではなく
「ヤクルトファン感」のタグでご覧ください。

まずは「す・クイズ大会」
e0222575_10481278.jpg


事前応募で当選したファンがステージに上がり、選手とチームを組んでクイズに答えます。
キャプテンは石川雅規投手、館山昌平投手、大引啓次選手の3チーム
念のため、ファンの方々は、顔にぼかしを入れました。ご了承ください。
e0222575_10483627.jpg


第1問は、山田哲人選手の携帯の待ち受けはどれでしょう?
正解は実家の愛犬でした。ポメラニアンで名前はティーだそうです。
e0222575_10491516.jpg


以下、クイズが続きます。
e0222575_10512334.jpg


原樹理投手の絶対に譲れないことは、小川投手のとなりだそうです。
e0222575_10494426.jpg


西浦直亨選手がステージに上がり、問題を出します。
e0222575_11462072.jpg


「僕がぐっとくる異性のしぐさは次のうちどれでしょう」
館山投手からは「どうでもいい」と突っ込まれました。
正解は、髪を束ねるしぐさ
e0222575_10514579.jpg



e0222575_1052725.jpg


三輪ちゃんは、生まれ変われるとしたら「総理大臣」になりたいそうです。
e0222575_10523286.jpg


山田別人さんとバレンティン選手のものまねさんの姿が見えました。
e0222575_10525346.jpg


e0222575_10531584.jpg


三輪ちゃんがサヨナラヒットを打った時、最初にハイタッチしたのは雄平選手
e0222575_1055852.jpg



続いて、S-1グランプリの発表
参加した飲食ブースの中から、来場したファン投票で、
人気ナンバーワングルメ(店舗)を決める「S-1グランプリ」

四国・高松の名店うどん店「うどん本陣 山田家」が、
ファン感謝DAY初出店で見事グランプリに選ばれました。おめでとうございます。
e0222575_1055356.jpg


うどん県の香川・高松市でも有名なお店で、私は実際に山田家本店でうどんを食べたことがありますが、
とても美味しいです。
うどん県香川は、気軽に入れるセルフのうどん店が多い中、山田家は格式が高く風情があります。
約800坪の広大な敷地に建てられた屋敷は、有形文化財に登録されていて、
お座敷から、綺麗に手入れされたお庭を見ながら食べるうどんは、「おもてなし」の心そのものです。
e0222575_10555149.jpg


バックスクリーン奥に山田家のブースがありました。ピンボケ(out of focus)ですみません。
山田哲人選手イチオシとあります。
「山田選手×うどん本陣山田家」とのコラボどんぶりや
オリジナルステッカー付のうどんも販売されました。
e0222575_1056165.jpg


ファン感デーの写真も、あとは閉会式となりました。次回にアップします。

by misty2011 | 2016-11-30 11:56 | 東京ヤクルトスワローズ

3点リードの9回、守備ミスから追いつかれ、延長11回三輪ちゃんがサヨナラ打!

リーグ戦再開後、中日ドラゴンズに連勝した東京ヤクルトスワローズ
今日も勝って3連勝で波に乗りたいところです。

先発は、ヤクルトが杉浦稔大投手、中日は吉見一起投手
今浪選手が7番ファーストでスタメン復帰

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 雄平選手が先制3ラン!一時追いつかれるも、三輪選手のサヨナラ打で3連勝!!!

初回、杉浦投手は2死後、平田選手に3塁打を浴びますが、後続を抑え0点で切り抜けます。
立ち上がりから飛ばしていて、ストレートに伸びがありました。

その裏、ヤクルトは2死後、川端選手がライト前ヒット、山田選手は四球で歩いて2死1、2塁から、
雄平選手が吉見投手の初球を打つと、これが何とレフトポール際に飛び込む先制3ランとなります。
打った瞬間は、レフトファールフライくらいかと思いましたが、切れずにスタンドイン!
打たれた吉見投手も唖然としていました。

このあと、両投手の好投で得点が動きません。

6回、杉浦投手は2死後エルナンデス、大島選手に連打され、2死1、2塁から、
平田良介選手のショートへの内野安打で、
2塁ランナーのエルナンデス選手が、一気に3塁を回りホームに走ります。
大引選手がサードへ送球→川端選手がバックホームも、悠々のホームインとなり3-1
大引選手のちょっとした判断ミスなんでしょうね!?
やらずもがなの勿体ない失点でした。

杉浦投手は6回95球を投げ、4安打6奪三振1失点と好投。
前回登板とは見違えるほど腕が振れていました。
ストレート中心の強気のピッチングで、早めに追い込み打者を打ちとりました。
やはり、投手は、まずはストレートなんですよね。中村捕手もいいリードでした。

7回はルーキ投手、8回は秋吉投手とつないで、無失点に抑えます。

追加点が欲しいヤクルトは8回裏、2死後、坂口選手が右中間への2塁打で出塁。
前の打席でチャンスで併殺打に倒れた川端選手が、今度はライト前にタイムリーヒットを放ち、
貴重な追加点を奪い4-1とします。

9回はオンドルセク投手が締めるだけとなりましたが、とんでもない事に相成りました。
1死後、ナニータ選手にライトフェンス直撃の2塁打を打たれると、
福田選手にもヒットを打たれ1死1、3塁のピンチ。
堂上選手には四球を与え1死満塁。

このあと、代打・谷選手のレフトへの飛球に、突っ込んできた比屋根選手が捕れずポテンヒット。
さらに、高く弾んだ打球を後ろに後逸する大失態。
走者一掃となるタイムリーエラーで4-4の同点に追いつかれます。
バレンティン選手に代わって途中からレフトの守備についた比屋根選手でしたが、
信じられないようなミスをやらかしました。

守護神の乱調と守備ミスが重なり、この瞬間、好投した杉浦投手の今季初白星が消えました。
これは、かわいそう・・・。

ヤクルトは9回、10回の2イニングを山井投手にパーフェクトに抑えられます。

ヤクルトは10回は平井諒投手が内野安打で平田選手を出しますが、
ナニータ選手を4-6-3のダブルプレー に仕留め0点に抑えます。
山田くんがよく守りました。

11回は村中恭兵投手が三者凡退に抑えます。

その裏、中日は小川投手に交代し、坂口、川端選手の連打で無死1、3塁。
山田くんは敬遠され無死満塁とサヨナラのお膳立て。
雄平選手はファーストゴロでホームがアウトとなり、なおも1死満塁。

ここで、ヤクルトは比屋根選手の代打で三輪正義選手を送ります。
中日は守護神の田島投手の交代。
その田島投手から、執念をみせた三輪ちゃんが、低めの球に喰らいつき、
前進守備の内野を抜けるセンター前ヒットを放ち、ヤクルトが5×ー4でサヨナラ勝ち~~!!

いつもはサヨナラの選手に駆け寄るナインが、
今日は三輪ちゃんを無視して、違う場所で輪になって盛り上がっていました。
三輪ちゃん自らその輪に出向いて、バケツの水をかけられ、最後はいつもの手荒い祝福となりました。
おめでとう!三輪ちゃん♪ サヨナラヒット、ありがとうございました。
いやなムードを三輪ちゃんがサヨナラ打で救ってくれました。

写真は6月5日神宮 三輪正義選手
e0222575_19293735.jpg


これにより、11回表に投げた村中投手が4勝目をゲットしました。

まあ、勝ったからよかったものの、9回3点差で逃げ切れない守護神もたいがいですね。
ロッテ戦でもそうでした。
いまいち、安定感に欠けますね。
昨年のバーネット投手なら、抑えていたでしょうね。
やはり、バーネット投手の抜けた穴は大きいようです・・・。

先発がきっちり試合を作ったら、今度はリリーフ陣が打たれるって・・・、
なかなか上手く行きませんね。
追いつかれた時には、これだから最下位のチームなんだわと思いました。

それにしても、勝ち星を消された杉浦投手が不憫です。
今日のピッチングをすれば、次回は必ず勝ち星がつくでしょう。
杉浦投手は、今日はストレートに手ごたえを感じたことと思います。
今日の好投を自信にして、いつも腕を振って、
攻めるピッチングを、これからも期待したいと思います。
杉浦投手がこれだけ投げてくれれば、先発投手のローテにもある程度メドがつきます。
その意味でも、今日のナイスピッチングは大きな希望となりました。

バタバタしましたが、最終的には試合に勝てて3連勝!よかったです。

最後に今日の山田くんは、3打数ノーヒット2三振2四球
吉見投手のスライダーに軽くひねられました。
やっぱり、山田くんの場合はスライダーをどれだけ打てるかでしょうね。
他チームも同じような攻め方をしてくると思います。
そこで、失投があれば捉えられますが、今日の吉見投手は、山田くんの打席では、
それこそギアチェンジして打たせてくれませんでした。

ただ、四球で出て後ろの雄平選手が3ランを打ち、
最後も、敬遠気味で塁に出て、サヨナラにつながったのはよかったです。

守備では、外野に抜けるような打球を捕ってアウトにしていて、今日は守備で頑張りました。

火曜日からは首位を独走する広島カープとの3連戦。
お天気が心配ですが、ここでガツンと広島を叩いておいてほしいですね。

by misty2011 | 2016-06-26 19:31 | 東京ヤクルトスワローズ

2015ヤクルトファン感「あの試合!あの場面!」動画2本、森岡・浩康・今浪・三輪選手

11月23日東京ヤクルトスワローズ2015ファン感謝デーの更新を続けます。

今回は、お昼前に行われた、選手と振り返る「~あの試合!あの場面!~」
トークショーに参加したのは、森岡良介、田中浩康、今浪隆博、三輪正義選手の4名で、
今シーズンの(自身にとって)印象に残ったシーンを振り返ります。

ヤクルトスワローズファン感謝デーの記事は、ヤクルトスワローズのタグではなく、
「ヤクルトファン感」のタグでご覧ください。


ステージに選手が登場 3塁内野上段の席からの撮影
e0222575_11265335.jpg



最初の田中浩康選手の部分が抜けましたが、その続きからYouTube動画にアップしました。
浩康選手は4月8日のサヨナラヒットの場面を取り上げていました。
頭部デッドボールを受けた直後だったのもあって、サヨナラの祝福で頭を叩かれないよう
ナインが気配りしたことを語っていました。

      

トークの中で、今浪隆博選手は「プロ9年目で4回しか優勝していないんです」と、
自慢げに?話していました。
相変わらず、すべるトークが面白かったです。

浩康、森岡、今浪選手とそれぞれ印象に残ったシーンを語ったあと、三輪ちゃんの番ですが、
つば九郎から「お時間です」と無視される三輪ちゃん
(あらかじめ、三輪ちゃんだけには、このことが内緒にされていました)

挙句に、当日の天気の雨なら、三輪ちゃんのヘッドスライディングということになり、
ステージ上で無理やりヘッドスライディングをやらされました。動画で!

      


以上、写真は最初の1枚だけで、えらいあっさりですみません。
by misty2011 | 2015-11-28 12:13 | 東京ヤクルトスワローズ

二日酔い・移動日・ズムスタの虫にも負けずヤクルト延長制す!三輪ちゃん決勝打

優勝を決めた東京ヤクルトスワローズは、今日は当日移動でマツダスタジアムで広島カープとの最終戦。
昨夜は4時間超の延長戦サヨナラ勝ちでセ・リーグ制覇を決め、優勝の美酒に酔いました。
まだアルコールが抜けきらない選手も多かったのでは?
燕ナインは、あまりお酒に強そうな選手もいませんしね。
しかも、主力選手は遅くまでテレビ出演などで、睡眠もそれほどとれてないでしょうね。

こんな悪条件でどんな試合になるのかと心配しましたが、さすが優勝チーム。
きっちり勝ち継投で延長戦を制しました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 延長制し貯金12、バーネット投手がリーグ最多タイの41セーブ目

ヤクルトは初回、川端、山田選手の連打で2死1、3塁のチャンスに、
バレンティン選手が久しぶりにヒット、それもタイムリーヒットを放ち1点先制!

しかしその裏、石山投手は松山選手に死球後、エルドレッド選手に19号2ランホームランを浴び
1-2と逆転されます。甘い変化球でした。

その後、石山投手は5回までカープ打線に追加点を許しません。

一方、打線は初回に先制後、ジョンソン投手からヒットは打ちますが、得点が奪えず悪い流れ。

6回、石山投手は1死後、丸選手に2塁打を打たれると、菊池選手はファーストフライに打ち取りますが、
畠山選手が2塁へ悪送球してランナーが3塁へ進みます。
この後、松山選手のサードゴロを川端選手が弾き、1塁セーフとなる内野安打で3塁から丸選手がホームインして1-3
記録は内野安打ですが、まあ、慎吾くんにエラーがついてもおかしくないミスでした。
野手に足を引っ張られて、石山投手が気の毒でした。

7回は松岡投手が投げますが、新井選手にヒットを打たれ、田中広輔選手にタイムリー2塁打を浴び1-4

今日は負けくさいかなあと思った8回、ヤクルトが反撃。
2番手の大瀬良投手から先頭の山田くんが四球を選び、2死となりますが、
雄平選手のピッチャーゴロを大瀬良投手がファンブルするエラーで2死1、3塁

代打の今浪選手がライトへのタイムリーヒットで2-4
中村悠平捕手もライトへのタイムリーヒットを放ち、これを野間選手がホームへ悪送球して
ランナーが二者生還して4-4の同点に!

8回はオンドルセク投手、9回は秋吉投手が0点に抑えます。


4-4で延長に入った10回、ヤクルトは中崎投手から2四球を選び、中村選手のヒットで
2塁走者の雄平選手がホームに走りますが、タッチアウトになり勝ち越しならず。

10回は徳山投手が0点に抑えます。

ヤクルトは11回、ヒース投手から3四球で2死満塁のチャンスとなり、
代わった一岡投手から三輪正義選手がライトへタイムリーヒットを放ち5-4と勝ち越します。
ナイスバッティング、三輪ちゃん!
続く徳山投手は押し出しの四球をもらい6-4

その裏、バーネット投手が登板し、ランナーは出しますが0点に抑え、6-4でゲームセット
ヤクルトが2試合連続延長戦を制しました。
バーネット投手はこれで41セーブとなり、オスンファン投手に並んでリーグトップタイとなりました。


6回にヤクルトのミスが重なり失点したときには、やはり昨夜のビールかけの影響があったのかと思いましたが、
そのあとの継投が実を結びましたね。

優勝しても決して気を緩めることなく、勝ちパターンの投手陣をつぎ込み、
最後はバーネット投手で締めて延長を制しました。

打線はジョンソン投手から7回までに8安打も放ちながら初回の1点のみ。
あと1本が出ませんでした。
しかし、ジョンソン投手をある程度打てたのは、今後のCSがどうなるかわかりませんが、
手ごたえがあったと思います。

川端選手は今日1安打で195安打。残り1試合で200安打はちょっと厳しくなりました。
山田くんは、あと2打点で大台の100打点なので、
明日は得意の内海投手(誤変換訂正)を打って打点をあげてほしいですね。

バレンティン選手に久しぶりのヒットが出たのもよかったです。
ただ、状態はまだまだで、速球に振り遅れが目立ちます。

しかし、マツダスタジアムで飛び交っていた虫。あれは何でしょうね?大量発生していましたね。
ちょっと気持ち悪かったです。

明日も当日移動で、ヤクルトはいよいよ今季最終戦。
東京ドームで、巨人に勝って有終の美を飾って下さい。

延長11回、決勝打を放った三輪正義選手 写真は神宮9月 
e0222575_15232734.jpg

昨夜の疲れも何のその、与えられたところで、きっちり決勝打を打ちました。おめでとうございます。
by misty2011 | 2015-10-03 23:31 | 東京ヤクルトスワローズ

9/29つば九郎と三輪ちゃん・ボール犬わさび他ツーショット写真

マジック1で足踏みした東京ヤクルトスワローズは、今日は試合がありません。
明日10月1日神宮最終戦で、14年ぶりの優勝を決められるでしょうか?
試合よりも、まずお天気が心配ですね・・・。
私はチケットを持っているだけに、多少の雨ならやってほしいですが、
風も強くなるそうなので、試合を強行するかしないかは判断が難しいでしょうね。

9月に入ってからは、試合をやるかどうかの開催決定権は、
球団ではなくセ・リーグ連盟が行うことになっています。

開催しても、試合途中で中断があるかもしれません。
最悪5回終わらず雨天コールド中止になるのが一番困りますね。

優勝した場合、風雨の中でもグラゥンドで祝勝会のビールかけをやるんでしょうか?
選手が風邪を引きそうで、これも心配です。

明日もし中止になった場合、予備日は2日でしょうか?
翌日だと、チケットは当日販売なんですかね?
また争奪戦が凄いことのなりそうで、ゲットできるかどうか心配です。
何とか、明日無事に試合が成立することを私は願います。

ということで、今日は試合がないので、つば九郎メインの写真の更新です。

9月29日神宮
つば九郎と三輪正義選手のお馴染みツーショット
e0222575_19494018.jpg


e0222575_19494813.jpg


3塁側にやってきて、菊池涼介選手に2ショット写真をおねだりするつば九郎
e0222575_19501559.jpg


ツーショットの瞬間、大きな顔の丸佳浩選手が前に被さってしまいました。
e0222575_19502487.jpg


そのころ、ライトスタンドから大きな拍手と歓声があがったので、何かと思って1塁側を見ると
当日先発の館山投手がキャリーバッグを引っ張りながら球場入りしたところでした。
引退試合の選手以外で、グランド入りでこんな大きな歓声が沸くのは私は初めてで、びっくりしました。
e0222575_2085885.jpg


試合中の歓声も、ものすごかったです。
それだけ、この日に優勝を決めてほしいとの願いだったのですが・・・。

既出ですが、試合前の肩を組んでの円陣
e0222575_20153463.jpg


上田選手、気合が入っています。
e0222575_20154322.jpg


スタメン発表 ライトスタンドの応援「いざ栄光の頂へ 高く舞えツバメ戦士たち」の横断幕
e0222575_20172711.jpg


バックネット裏には、ベースボール犬のわさびが登場
e0222575_20464723.jpg


つば九郎との記念写真では、得体のしれないつば九郎をちょっと怖がったわさびちゃん 
逃げ出そうとしたので、トレーナーのお姉さんが抱きかかえて記念撮影
e0222575_2020693.jpg


ご機嫌をとろうとするつば九郎にも、近寄ろうとしないわさび
始球式では、ちょっと失敗もありましたが、無事ボールを届けました。
e0222575_2020259.jpg


試合の途中で、数分間、カメラが全く作動しなくなって、私は焦る焦る。
オンオフにしても全く反応なし、あちこちスイッチを押してもダメ。
うわぁ~~~、こんな大事な試合の日に壊れるなんて・・・。パニック状態でした。
仕方ないので、バッテリーを抜いて入れ直したら無事直りました。

それ以後、何かあったら困るので、あまり写真を撮らないようにしていました。
結局、この日は試合に敗れ胴上げはなし。
前日から眠れなかったほど緊張していたのに、何だか肩すかしでがっくりしました。

おまけ 大相撲の嘉風関と前田健太投手のツーショット
e0222575_2174784.jpg


e0222575_218321.jpg


試合前には、自身と同じ寝具メーカー「マニフレックス」社とアドバイザリー契約を結ぶ
前田健太投手と山田哲人選手を訪れて激励したそうです。

スポニチ ヤクルト・山田、嘉風と意気投合!?「僕もジャイアンツが好き」
by misty2011 | 2015-09-30 21:18 | 東京ヤクルトスワローズ

三輪ちゃんとつば九郎フォト@神宮

今日9月8日、神宮球場で行われる予定だったヤクルト対横浜DeNA戦は、
14時半頃、比較的早めに中止が決まりました。
台風接近で、明日の開催もどうなるかわかりませんね。
なお、今日の振り替えは9月16日(水)となりました。

試合が中止になったので、写真の更新です。
今回は三輪正義選手とつば九郎の仲良しコンビです。

ずいぶん前の写真ですが、5月28日神宮
球場入りした三輪ちゃんを出迎えるつば九郎
e0222575_15202058.jpg


e0222575_15203164.jpg


e0222575_15204133.jpg


e0222575_15205392.jpg



こちらは8月27日神宮
e0222575_1523862.jpg


e0222575_15231942.jpg


e0222575_15232734.jpg


セカンドで山田くんと一緒にシートノックを受ける三輪選手
e0222575_1524288.jpg


e0222575_15243744.jpg


ヘルメットを取ったつば九郎 
e0222575_1526837.jpg


三輪選手は、たまーにスタメン、主に代走や守備固めで試合に出ていますが、
バレンティン選手が再来日し、試合に出るようになれば、さらに代走や守備固めでの起用が増えそうですね。
チーム内のいじられキャラ、盛り上げ役としてもベンチに欠かすことのできない存在。
これからも活躍を期待しています。
by misty2011 | 2015-09-08 16:39 | 東京ヤクルトスワローズ

制球難の藤浪を攻めきれず立ち直らせ力負け★3-7

東京ヤクルトスワローズは、今日から神宮に戻って首位・阪神タイガースとの3連戦
少しでもゲーム差を縮めておきたいところですが、先発投手陣に勝ちが計算できない以上、
打ち勝つしかありません。

初戦の先発は、ヤクルトが古野正人投手、阪神は藤浪晋太郎投手
先発投手の格からすると、勝つのは無理っぽいですが、やってみなければわかりません。
スタメンはショートに今浪選手、レフトはデ二ング選手が戻り、センターは三輪選手

ヤクルトは、今日付で川崎成晃選手が降格となり、代わって荒木貴裕選手が上がってきました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 押し出しで先制点奪うも打線つながらず…中村選手がチーム唯一のタイムリー

古野投手は立ち上がりから球が甘く、初回はヒット後併殺打で切りぬけ
2回は、ランナーの走塁ミスなどに助けられ、何とか無失点に抑えます。

先制したのはヤクルト
2回、雄平、デニング選手が連打でチャンスを作ると、古野投手が四球を選んで2死満塁
ここで、1番三輪ちゃんが押し出しの四球を選び、ヤクルトが1点先制!
しかし、川端選手が2ボール1ストライクから、ボール球をカットしてファール。
カウントが2-2となり、最後は空振り三振に倒れ、あと一押しできませんでした。
もうちょっと我慢すれば、2者連続押し出しが取れて一気に藤浪投手を崩せた可能性がありました。
勿体ない打席でしたね・・・。
今日の攻撃では、ここが一つのポイントだったでしょうね。

直後の3回、古野投手は江越選手にソロホームランを浴び1-1の同点に。

その裏、先頭の山田選手がレフトへの2塁打で出塁後、畠山選手のショートゴロで3塁へ進むと
藤浪投手のワイルドピッチで3塁から山田くんが生還して2-1

しかし、4回、古野投手は四死球でランナーを出すと、鶴岡捕手にレフトへ同点タイムリーヒットを打たれ
さらに、藤浪投手にレフトへ抜ける2点タイムリーヒットを浴び2-4と逆転されます。
どちらもサードへの打球でしたが、川端選手が捕れませんでした。
上手いサードならと思いましたが、まあ、仕方ないんでしょう。
せめて体で止めてほしかったですね・・・。
この回、松岡投手に交代して、後続を抑えました。

このあと、藤浪投手はすっかり立ち直って、ヤクルトは追加点が奪えません。
藤浪投手からの2得点は、自滅のようなものですからね。

5回には2番手の秋吉投手がゴメス選手にタイムリーヒットを打たれ2-5

7回、3番手の久古投手は三者凡退に抑えます。

しかし、8回はロマン投手が、1点奪われ2-6と引き離されます。

その裏、ヤクルトは安藤投手から中村悠平捕手がライトへタイムリーヒットを放ち3-6

しかし、9回はオンドルセク投手が1点失い3-7と4点差に

4点を追う9回、ヤクルトは岩本投手から、三輪、川端選手の連打でチャンスを作ると、
ここで、阪神はオ・スンファン投手に交代し、山田、畠山、雄平選手が三者連続空振り三振に倒れゲームセット

首位攻防戦の初戦は、結局は藤浪投手を序盤で崩せず立ち直らせ、
最後もオ・スンファン投手に力負けしました。
まあ、今の古野投手に多くを望んでもいけませんが、簡単に打たれ過ぎましたね。
マートン選手は抑えましたが、今日スタメンだった阪神の大和選手には何と4安打猛打賞と打たれました。

ビハインドゲームで、ロマン、オンドルセク投手を投入して、追加点を奪われたのも、
何とも無駄使いのような継投となりました。

大事な初戦を落として、これで阪神とは3.5ゲーム差に広がりました。
明日はもう負けられません!
館山投手にトラ退治を託します。


スタメン1番レフトで、押し出しの四球を含む2四球1安打で3回出塁の三輪正義選手
トップバッターとして、いい働きでした。
e0222575_2263467.jpg

by misty2011 | 2015-08-14 23:03 | 東京ヤクルトスワローズ

両チームミス続出の中、中日に競り勝ちヤクルト連敗止まる、小川泰弘4勝目!

最下位に沈んだ東京ヤクルトスワローズは、今日から中日ドラゴンズとのビジターゲーム3連戦。
初戦は岐阜長良川球場

訂正 
上のタイトルで小川投手の勝ち星を間違えました。正しくは4勝 訂正してお詫びします。

先発は中日ドラゴンズが岩田慎司投手、ヤクルトは小川泰弘投手
地方球場なので、小川投手がマウンドが合うかどうか心配ですが、そうも言ってられません。
5月1日を最後に勝ち星がないライアン小川投手、今日は何としても勝つという強い気持ちで臨んでほしいです。

スタメンには2番センターで三輪正義選手、デ二ング選手が5番に上がり、雄平選手は7番に下がりました。
不振の雄平選手の打順をようやく動かしましたね。
最下位なんだから、いろいろやってみるのはいいと思います。今までが動かなさすぎましたからね。

選手の入れ替えでは、今浪選手(ぎっくり腰)と石山投手が下がり、
谷内亮太選手と中澤雅人選手が上がってきました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 勝ち越し許した直後に鮮やか逆転劇!小川投手が4勝目!

初回、ヤクルトはあっさり三者凡退

その裏、1死後、大島選手がセカンド内野安打で出塁し、平田選手のセカンドゴロで2塁へ進みます。
ここで、小川投手はルナ選手にセンター前にタイムリーヒットを打たれ、中日が1点先制。

直後の2回、先頭の畠山選手がショート内野安打、デ二ング選手が四球を選び無死1、2塁。
森岡選手は倒れますが、雄平選手がライトへタイムリーヒットを放ち1-1の同点に!
この打席は初球打ちがタイムリーになりました。

3回、ヤクルトは三輪選手がセンター前ヒット、川端選手のショートゴロでランナーが入れ替わると、
畠山選手が左中間へのタイムリー2塁打を放ち2-1と勝ち越します。

しかしその裏、小川投手は1死後、荒木選手にヒット後、2盗を決められます。
大島、平田選手には連続四球で1死満塁のピンチを招き、ルナ選手にライトへ犠牲フライを運ばれ
2-2の同点に。
雄平選手がナイスバックホームし、タイミング的にはアウトと思われましたが、
荒木選手が上手く回り込んでホームイン。

このあと、5回終了時に雨が強くなって一時中断。

再開後は、両チームにいろいろミスが出ました。
ぬかるんだグランドに砂を入れて整備しましたが、地方球場特有の荒れたグランドになっていたのかもしれません。

まずは6回裏、小川投手はヒット、盗塁、四球でピンチを招きますが、和田選手が併殺打で
助かったと思った直後、畠山選手が1塁悪送球で3塁ランナーが生還して2-3と勝ち越されます。

この回、セカンド内野安打で出たルナ選手ですが、山田くんの足が滑って1塁セーフとなります。
そのあとルナ選手の2盗は、森岡選手が森野選手の打席で四球と勘違いして
中村捕手からの送球をランナーにタッチしないというミスが出ました。
これはイケませんね、しっかりしてください!

また、畠山選手と小川投手の連係は、前回の試合ではお見合いしましたが、
今回も息が合っていなく、畠山選手が送球ミスをやらかしました。

直後の7回、ヤクルトが反撃。
雄平選手が、セカンド荒木選手のエラーで出塁。今度は中日にミスが出ました。
ここで、代打・ユウイチ選手がレフトへのタイムリー2塁打を放ち、
雄平選手が一気にホームインして3-3の同点に。
レフト藤井選手の打球の追い方が拙かったのもありますが、
ユウイチ選手、久しぶりに代打でいい仕事をしました。

このあと、山田くんはショート後方、センター前にぽとりと落ちるラッキーヒット。
代走の比屋根選手が3塁へ進み、三輪選手のセンターへの犠牲フライで4-3と勝ち越します。
川端選手はライトフェンス直撃のタイムリー2塁打で5-3と2点差に。
相手ミスから、きっちり2点奪いました。

7回からはロマン-オンドルセク投手と無失点でつなぎ、最後はバーネット投手が抑えゲームセット。
5-3でヤクルトが中日を下し、連敗を5止めました。

6回3失点(自責2)の小川泰弘投手は、コントロールに苦しみながらも、何とか3失点で食い止め
味方の反撃で勝ち星をゲット。
5月1日以来となる4勝目を挙げました。おめでとうございます。勝ててよかったです。

勝てない焦りからか、今日も勝負所で逃げのピッチングをして、四球でランナーを溜める場面がありました。
球も高めに抜けたりして不安定で、投球自体は、本来のライアン小川投手からはほど遠いものでしたが、
とにかく勝ち星がついたのが大きいですね。

今日の勝ち星をきっかけに、もっと自信を持って打者に向かっていってほしいですね。
久しぶりの白星は、これからの復調につながるものと期待したいです。

打線は、7番に下がった雄平選手が、他の打席はダメでしたが、とりあえず同点のタイムリーを打ちました。
代打のユウイチ選手は価値ある3点目の同点打。
三輪ちゃんはヒットと勝ち越しの犠牲フライで勝利に貢献。
慎吾くん、畠山選手にもタイムリーヒットが出ました。

山田くんはラッキーヒットが勝ち越しにつながってやれやれです。
相変わらず追い込まれると打てそうもなくて、調子は悪いですね。
もっと積極的にファーストストライクから打っていってほしいです。
最後はピッチャー強襲のいい当たりで、アウトになりましたが、これが明日につながるといいですね。

両チーム、ミス合戦で締まらない試合でしたが、この試合は勝って連敗を止めたことがすべてです。


ようやく4勝目をゲットした小川泰弘投手 写真は6月14日西武プリンスドーム 
e0222575_168222.jpg

by misty2011 | 2015-06-23 22:44 | 東京ヤクルトスワローズ

三輪正義&今浪隆博選手フォト@4月神宮・5月ハマスタ

東京ヤクルトスワローズは、広島カープとの3連戦で2勝1敗と勝ち越し、
2カード連続の勝ち越しを決めて4位に荷浮上。
明日からの交流戦に向け、いい形で挑めます。

昨日は点の取り合いとなり、乱打戦の末、1点ビハインドの9回表、2死1、2塁から、
途中出場の三輪正義選手が、前進守備のレフトの頭上を越える自身初となる3塁打を放ち
ランナーが二人生還して9-8でカープを下しました。

また、この試合、スタメンショートで出場した今浪隆博選手が、プロ9年目で初ホームラン!
4回、1号2ランホームランをライトスタンドに放り込み、一時は逆転しました。

それから、1軍昇格して即2番センタースタメンで出場した藤井亮太選手も、
送りバントをきっちり決め、さらにタイムリー内野安打(プロ初ヒット)で1打点とアピールしました。

普段は目立たない脇役の選手たちが、大きな働きでチームを勝利に導きました。

偶然ですが、三輪ちゃんも今浪選手も昨年は干され気味で、
私は当ブログでもっと使ってほしいと希望していました。
また、藤井亮太選手に関しても、捕手ができるので、
第3捕手を兼ねて、今季はベンチに置いてほしい一人だと願っていました。

3選手の活躍は心から嬉しかったです。

今回は、昨夜のヒーロー2選手の4月5月の神宮とハマスタでの写真です。
藤井選手は、開幕後すぐに下に落とされたので、前回アップしたオープン戦の写真・こちらしかないので
今回はパスです。

4月9日神宮 球場入り 三輪正義選手
e0222575_10365351.jpg


4月19日球場入り つば九郎とハイタッチ
e0222575_10434777.jpg


4月19日 セカンドで山田くんと並んでシートノック
e0222575_10445130.jpg


三輪ちゃんも今浪選手もユーティリティープレーヤーなので、あちこち守備は移動しています。
e0222575_10451783.jpg


4月26日神宮 球場入り
e0222575_1039021.jpg


5月6日ハマスタ バント練習
e0222575_10415835.jpg


e0222575_10422034.jpg



ここからは今浪隆博選手
4月9日神宮 球場入り
e0222575_1037650.jpg


e0222575_1037165.jpg


4月19日神宮 ショートでのシートノック 離脱する前の大引選手と一緒
e0222575_10375424.jpg


セカンドの守備にもついてシートノック
e0222575_1045548.jpg


5月6日ハマスタ 守備練習
e0222575_10401883.jpg


e0222575_10403436.jpg


e0222575_10405756.jpg

今浪選手の守備は、大引選手と比べても決して劣っているとは私は思えません。
動きは軽快です。
セカンド、サード、ショートとどこでも守れる貴重な戦力ですね。
足はもっと速いと思っていましたが、ベースランを見た限り、そうでもなさそうです。

大引選手が復帰した場合、どうなるかわかりませんが、とりあえずそれまでは、
西浦選手と今浪選手をショートで使ってほしいです。
森岡選手は左の代打のほうがよさそうと私は思います。
by misty2011 | 2015-05-25 11:06 | 東京ヤクルトスワローズ

Good job!三輪ちゃん、今浪選手、脇役の活躍で逆転勝ち

昨日の試合の外野の守備で、雄平選手と衝突したミレッジ選手は「右前頭部打撲」の診断され、
抹消されました。
上田選手もふくらはぎに死球を受け、まだ出場できない中、本日付で藤井亮太選手が1軍に昇格し、
早速2番センターでスタメン出場となりました。

先発は広島カープが福井優也投手、ヤクルトスワローズは石山泰稚投手

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 9回に三輪選手が逆転の2点タイムリー三塁打!2カード連続の勝ち越し!

昨日に続き今日も乱打戦となりました。
石山投手は初回に丸選手のタイムリーヒットで1点失うと、
直後の2回、荒木選手が四球で歩き、2盗を決めると、外野フライでタッチアップして3塁へ。
この後、中村悠平捕手のサードゴロでホームインして、ノーヒットで1-1の同点に!
荒木選手の足で奪った得点でした。

しかし、石山投手はその裏、エルドレッド選手に今季1号ソロホームランを浴び1-2

ヤクルトは3回、先頭の山田選手が2塁打後、送りバントで3塁へ進むと、
畠山選手のタイムリーヒットで2-2の同点に!
 
その裏、石山投手は新井貴浩選手にタイムリーを浴び2-3と再び勝ち越されます。
序盤から点の取り合いとなってきました。

1点ビハインドの4回、ヤクルトは今浪隆博選手のプロ初アーチとなる1号2ランホームランで4-3と
逆転し、
続いて中村選手が2塁打後、送りバントで3塁へ進むと、藤井選手のタイムリー内野安打で5-3とリードします。

しかし、石山投手が今日はピリッとせず、5回にランナー二人を置いて、
新井貴選手にタイムリー3塁打を打たれ、5-5の同点に追いつかれます。
ここで秋吉投手に交代も、エルドレッド選手に2号2ランホームランを浴び、
この回計5失点で5-8とひっくり返されます。

しかし、このままでは終わりませんでした。
ヤクルトは6回、四球とヒットで満塁のチャンスを作ると、川端慎吾選手は押し出しの四球で6-8と2点差に。

ヤクルトは6回から中澤-ロマン投手とつなぎ、カープ打線を0点に抑えます。

8回、ヤクルトは1死1、3塁から雄平選手のセカンドゴロで7-8と1点差に詰め寄ります。

そして迎えた9回、中崎投手から先頭の今浪選手がレフト前ヒットで出塁。
中村くんが送りバントを決め2塁へ進むと、2死後、今日3安打の山田くんは敬遠され2死1,2塁
ここで、途中出場の三輪正義選手がカウント3-1から前進守備のレフトオーバーの2点タイムリー3塁打を放ち、
9-8とヤクルトが土壇場で逆転に成功!!
ナイスバッティング、我らが三輪ちゃん!

最後はバーネット投手が三者凡退で締め、ヤクルトは今日も乱打戦を制し、
2カード連続の勝ち越しを決めました。
交流戦前最後の試合に勝って終われたのはよかったですね。

しかし、まあ~、最下位を争っているどっちもどっちの試合内容でした。
点を取ってはとられの繰り返し。

ヤクルト打線は、山田くんが打ち始め、それにつられるかのように打線が活発になって点が入るようになりました。
しかし、今まで抑えていた先発投手陣が打たれ出して、せっかく得点してもすぐ吐き出して、
投打ともまるで昨年の様相を呈してきましたね。

5月に入った頃から、うすうすは感じていましたが、やっぱりボールが飛ぶようになっていて、
野手が打てば投手が打たれる乱打戦になる試合が増えつつあります。

特に4月に抑えていた石川投手や石山投手の打たれ方を見ていると、
球威がない投手は、よほどきっちり低めに制球しないと抑えるのは厳しいでしょうね。
長打を打たれるケースも増えました。

しかし、この2戦とも乱打戦を制しての勝利は大きいですね。
特に今日は脇役の活躍が光りました。
今浪隆博選手はプロ初ホームランとなる1号2ラン。これは効きました。
今浪選手はこれ以外にも、9回は先頭でヒットで出て逆転のおぜん立て。
3安打猛打賞と大当りでした!

また、今日1軍に上がってきた藤井亮太選手が、2番に入り、送りバントを決めたり、
俊足を生かし、貴重なタイムリー内野安打で1打点。
守備はちょっと不安がありますが、俊足は大きな武器ですね。
これからも楽しみです。

そして逆転打で勝利に導いた殊勲者三輪ちゃん!!
9回の場面、山田くんが勝負を避けられた時、三輪ちゃんならきっとやってくれると信じていました。
同点打どころか長打で逆転ですからね。素晴らしい♪

広島カープとしては、1点リードで逃げ切りをはかるのに、レフトのエル様に守備固めを出していませんでした。
しかも、バッターが三輪ちゃんということで、極端な前進守備が裏目に出たようです。
カープが前進守備をして、成功した例を私はほとんど見たことがありません。
三輪ちゃん、してやったりですね!ヒーローおめでとうございます。

私が三輪ちゃんを買っている理由の一つは、代走でもそうですが、よく状況を見て
考えてプレーしているからなんです。ヤクルトにはレギュラーを含め、そういう選手が少ないですからね。
もっと使ってあげてください、真中監督!

今日の山田くんは3安打猛打賞。これで6試合マルチ以上のヒットが続いていて、打率は.294まで上昇!
あと一息で3割ですね。
あっという間に打率ランキングでベスト10入りして現在7位に急浮上!
交流戦にいい形で入れてよかったです。

昨年は交流戦首位打者だったので、今年も是非打ちまくってほしいです。
今日は最初の打席で、福井投手の3球目抜けたボールが顔近くに来て、ドキッとしましたが、
当たらなくてホッとしました。
とにかく、ケガには気をつけてほしいです。

昨夜のブジoneプロ野球ニュース解説者の橋本さんの話では、
山田くんはファールを追って武内選手とぶつかって倒れ頭を地面で打った試合がありましたが、
その際ムチうちっぽい症状になったそうです。
不調の原因はそれもあったようですね。

今は体調もよさそうで、打席での表情がきりっとして迷いがなくなってきました。
これからさらに期待できそうで楽しみになりました。

しかし、交流戦の最初の相手が好調の日本ハムファイターズとは手ごわいですね。

殊勲の逆転打 三輪正義選手
e0222575_20242554.jpg


プロ初アーチ1号2ランの今浪隆博選手 いずれも神宮での写真より
e0222575_20222222.jpg
 
by misty2011 | 2015-05-24 19:53 | 東京ヤクルトスワローズ