Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:上田剛史 ( 45 ) タグの人気記事

石川6回無失点好投も、得点は犠飛の1点のみ!8回追いつかれ延長サヨナラ負け1-2×

交流戦の初戦に大敗した東京ヤクルトスワローズは、借金が8と膨らみました。
5月はチーム状態が落ちていたオリックス・バファローズ相手に、これほど大差で負けるとは想定外で、
それだけパ・リーグは下位チームでも強いなあと感じます。

2戦目の先発は、オリックスが今季初登板の東明大貴投手、ヤクルトは石川雅規投手
スタメンは雄平選手が4番DHとなり、上田選手が7番ライト、9番サードに藤井選手が入りました。
雄平選手は、やはり膝の状態がよくないんでしょうね。くれぐれも無理しないようお願いします。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・石川投手が6回無失点の好投も、救援陣がリード守れず…打線もわずか1得点で逆転負け

初回、ヤクルトは三者凡退
その裏、石川投手は内野安打でランナーを出しますが、後続を抑えます。

2回、先頭のバレンティン選手がショート内野安打で出塁も、後続が倒れます。
その裏、石川投手は3人で片付けます。なかなか良さそう。

3回、先頭の中村捕手がセンター前ヒット
1死後、大引選手がサード強襲ヒットを放ち1死2、3塁とチャンスを広げます。
つづく坂口選手はファーストゴロで、3塁ランナーが三本間で挟殺され2死1、3塁
ここで山田選手はライトフライを打ち上げ好機を潰します。
それほど速くも厳しくもないストレートに差し込まれています。
だから3番から外してって言ってるのに!
真中さん、いつまで辛抱しても良くなる気配はありませんよ。
解説の小早川さんにも「今の球を捉えられないのはかなりショック」と言われる始末。 おっしゃる通り

簡単な話、大引-坂口ー雄平選手とくっつけるだけでも、今よりはつながると思います。

その裏、石川投手は三者凡退に抑えます。

4回、先頭の雄平選手はライトへの強烈なライナーも捕られ、後続も倒れ三者凡退。

その裏、石川投手はこの回も三者凡退に抑えます。

5回、先頭の上田選手がセンターオーバーの3塁打で出塁。いいね~
ここで、中村悠平捕手がライトへ犠牲フライを運び、ヤクルトが1点先制!
今季チーム5本目の犠牲フライです。ナイス、ムーチョ!

その裏、石川投手は先頭の中島選手にライト前ヒットを打たれます。
つづくT-岡田選手にライト前ヒットを打たれ無死1、2塁のピンチ
安達選手の打席で、中村捕手が2塁中島選手をけん制タッチアウトとし、
後続二者を打ち取り無失点で切り抜けます。

6回、1死後、山田選手はキャッチャーフライ。甘い球をミスショットばかり。光が見えません。
普通の選手なら、とっくにスタメンから外れて戸田送りでしょうけど・・・。
雄平選手は四球で歩き、バレンティン選手は、小野塚アナの絶叫も普通のレフトフライで3アウト。

その裏1死後、石川投手は宮崎選手に内野安打を打たれ、送りバントで2死2塁
つづく小谷野選手はセンターフライに打ち取り3アウト。

7回、オリックスは近藤大亮投手が登板
先頭の大松選手がセンター前ヒット、代走は荒木選手
上田選手は送りバントを決め1死2塁
中村捕手はピッチャーゴロで1死3塁
代打・鵜久森選手はセカンドフライに倒れ追加点ならず。

7回裏、ヤクルトは継投に入り、2番手でルーキ投手が登板
サードは谷内選手、1塁に荒木選手
ルーキ投手は3人できっちり片付けます。

8回、オリックスはルーキーの黒木投手が登板
先頭の大引選手がライト前ヒット、坂口選手が送って1死2塁
このチャンスに問題の山田くん。ストレートの四球で歩き1死1、2塁
打てないので、四球はありがたいですね。今できる最高の仕事です。
しかし、雄平選手はレフトフライ、バレンティン選手はファーストフライで3アウト。

その裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
先頭の西野選手がレフトへの2塁打、高田選手はセカンドゴロで1死3塁となり。
代打モレル選手に前進守備の1-2塁間を抜けるタイムリーヒットを打たれ、1-1の同点に
このあと、石山投手のワイルドピッチで1死2塁となりますが、後続を打ち取ります。

9回、オリックスは平野投手が登板
先頭の荒木選手がレフト前ヒットで出ます。
上田選手は送りバントを決め1死2塁
このあと、ワイルドピッチで1死3塁となりますが、中村捕手はショートフライで2死となり、
谷内選手はセンターフライで得点ならず。

その裏、ヤクルトはギルメット投手が登板
2死後、中島選手にセンター前ヒットを打たれますが、T-岡田選手をセンターフライに打ち取り3アウト

延長10回、オリックスはルーキーの小林慶祐投手が登板
先頭の大引選手が四球で歩きます。坂口選手は送りバントで1死2塁
山田選手はライトフライで、大引選手がタッチアップして2死3塁
スイングが弱いので頭の上を越せません。
雄平選手は敬遠で2死1、3塁から、
途中出場の比屋根選手に託しますが、空振り三振で得点ならず。

その裏、ギルメット投手が続投
先頭の西野選手にセンター前ヒット、送りバントで1死2塁
つづく途中出場の伊藤光捕手は三振で2死となりますが、
途中出場の駿太選手にライトへサヨナラタイムリー2塁打を浴び、
1-2×でヤクルトはサヨナラ負けを喫しました。

敬遠で次の大城選手と勝負という策もありましたが、駿太選手との勝負が裏目に出ました。

ヤクルトは交流戦1カード目で連敗して、早くもこのカード負け越しとなりました。

まあ、ヤクルトは何度もチャンスをモノにできず、
延長になれば、サヨナラ負けは覚悟していましたが、その通りとなりました。

ヤクルトは、結局、5回の上田選手3塁打ー中村捕手が犠牲フライの1得点のみ。

石川投手は6回を投げ79球4安打無失点と好投しましたが、
8回に同点に追いつかれたため5勝目は消えました。
もう1回くらい投げても良かったように思いますが、どうだったでしょう?

5勝目がスルリ 石川雅規投手 次回はもっと援護をお願いします。
e0222575_21525343.jpg


リリーフの石山投手が、このところ打たれていますね。
ギルメット投手は、抑えてほしかったですが、回またぎなので何とも言えません。

やっぱり1点しかとれない打線が問題です。
大引選手が出て、坂口選手が送りバントをしても、3番の山田選手が打てないのでは、
何のための送りバントなのかと思います。
これなら、いっそのこと、坂口選手に打たせた方がよかったかもしれません。
いい加減、山田選手を3番から外してください。
交流戦2試合で、8打数ノーヒット、今日は1四球で一度出塁したのみ。

まあ、他の選手もチャンスで打てないのは同じですが、一応3番ですからね。

真中監督は、山田くんを一体どうするつもりなんでしょう?
凡打でも惜しい打球すら皆無で、再び打率2割を切りそうな勢いです。
それでも、このまま3番で使うつもりでしょうか?

今の山田くんでは、心中する価値がありません。
最近、打席では打つ前から腰が引けているようにさえ見えます。
私は、こんなにも打てない惨めな山田くんを、テレビで晒すのはもう耐えられそうにありません。

ベンチに下げられないのなら、まずは山田選手の打順を下げることからやって下さい!
今の山田くんは、打ち損じばかりで、ファンでも期待できませんから。
打席で迷いがあるのか、バットが出てこないし、振ってもスイングスピードがメッチャ遅くなっています。

真中監督が、3番山田選手固定だと、勝てる試合も勝てないように思います。
チームのためにも、不調で苦しんでいる山田選手のためにも、決断をお願いします!

by misty2011 | 2017-05-31 21:57 | 東京ヤクルトスワローズ

3/8オープン戦vs楽天 4-4引き分け、山中投手5回1安打無失点の好投!

東京ヤクルトスワローズは、今日は倉敷マスカットスタジアムで、
東北楽天ゴールデンイーグルスとのオープン戦

今日はどこもテレビ中継がないので、スポーツナビの1球速報頼りです。

先発は、楽天が釜田佳直投手、ヤクルトは山中浩史投手
今日は、大引、坂口選手がベンチスタートで、
地元岡山出身の上田剛史選手が1番センター、2番レフトは山崎晃大朗選手で、
廣岡選手がショート、西浦選手はサードの布陣。スタメンマスクは西田明央捕手

試合経過は ニッカンスコア

初回、2死から雄平選手がレフトへのヒットで出塁も、畠山選手が倒れ3アウト

その裏、山中投手は先頭の茂木選手にいきなりセンターへの3塁打を打たれピンチ
2死後、ウィラー選手に四球を与え2死1、3塁となりますが、
島内選手をセカンドフライに打ち取り、無失点で切り抜けます。
さすが山中投手!

2回、ヤクルトは1死後、西田捕手がライトへのヒットで出塁。
中村捕手が打撃好調だけに負けられません。
しかし、西浦、廣岡選手が倒れ得点ならず。

その裏、山中投手は3者凡退に抑えます。

3回、ヤクルトも三者凡退
その裏、山中投手はこの回も3人で片付けます。

4回、雄平選手からの打順も3者凡退
その裏、山中投手は先頭の銀次選手を四球で出しますが、ウィラー選手を三振、
島内選手はファーストライナー、銀次選手が飛び出しダブルプレーとなり、結局3人で終わりました。

5回、先頭の西田捕手が2安打目となるヒットで出塁
西浦選手が送って1死2塁
つづく、廣岡選手はセカンドフライ、谷内選手はショートゴロエラーで出塁し1死1、3塁
しかし、上田選手はショートゴロで、この回も得点ならず。
今季もまた、山中投手は無援護なんでしょうか?点をとってあげないと!

その裏、山中投手は三者凡退に抑えます。いつもながらテンポが良く安定しています。

写真はキャンプ初日ブルペン 山中浩史投手
e0222575_15271542.jpg



6回、楽天は菅原秀投手に交代
2番からの打順も三者凡退
ルーキーの菅原投手は152、153キロの球速表示が出ていました。速球派なんですね。

6回裏、ヤクルトは2番手で菊沢竜佑投手が登板
1死後、茂木選手に四球を与え、福田選手にショート内野安打を打たれ1死1、2塁のピンチ。
つづく銀次選手に、レフトへタイムリーヒットを打たれ1点先制されます。
2死後、島内選手にセンターオーバーのタイムリー3塁打を打たれ、2者生還して0-3
菊沢投手、今日は結果を出さなきゃいけませんでしたが、登板のたびに失点しています・・・。
1軍生き残りは厳しそうですね。

7回、楽天はルーキーの森原康平投手が登板
ヤクルトは、わずか4球で三者凡退

その裏、ヤクルトはルーキ投手が登板 三者凡退に抑えます。

8回、ヤクルトは1死後、谷内選手がヒットで出塁
上田選手のファーストゴロで2死2塁
山崎晃大朗選手はショート茂木選手の後逸エラーで、ヤクルトが1点かえして1-3
比屋根選手はセンターへのヒットで2死1、2塁も、畠山選手がセンターフライに倒れ1点どまり。

その裏、ヤクルトはギルメット投手が登板
先頭の茂木選手にヒットを打たれ、犠打で2塁へ進まれます。
このあと、ギルメット投手のボークで1死3塁から、銀次選手に犠牲フライを運ばれ1-4

3点を追いかけるヤクルトは9回、楽天の小山雄輝投手からグリーン選手がヒット(代走は荒木選手)
中村悠平選手が倒れ1死後、西浦選手がレフトへヒットを放ち1死1、2塁
つづく廣岡選手がレフトへタイムリーヒットを放ち2-4と2点差に!
廣岡選手、着々と開幕1軍、いや開幕スタメンさえ近づいてきました。

谷内選手は倒れ2死1、2塁となりますが、上田選手がライトへタイムリーヒットを放ち、
3-4と1点差に追い上げます。
上田選手、地元でタイムリーヒットが出てよかったです。
ここで、鵜久森選手を代打に送ると、楽天のサード後逸エラーで、ついに4-4の同点に。
なおも2死1、2塁で、比屋根選手はファールで粘りますが、
10球目を打ち上げレフトフライで3アウト。

9回裏、4-4の同点で、ヤクルトは平井諒投手が登板
先頭の聖澤選手にヒット、犠打で1死2塁となり、藤田選手はサードゴロで2死3塁。
最後は枡田選手を見逃し三振に仕留めゲームセット。
ヤクルトは、4-4で楽天と引き分けました。


先発した山中投手は5回61球、被安打1は先頭打者への3塁打のみ、
4奪三振2四球無失点と安定感抜群の投球でした。
これで援護があれば、もっともっと勝てる投手なのに、不思議と援護がありません。
テンポがいいので、野手はノッて行けそうなものですが、テンポよく凡退では困ります。
今年は、野手が打って昨年の借りを返してほしいものです。お願いします!

新人の菊沢投手は今日も失点して厳しい立場となりました。

新加入のギルメット投手は、外国人ピッチャーにありがちのボークからの失点。
開幕までに修正してもらわないと。

打線は、楽天の3失策に助けられての4得点。
楽天は、最後に投げた小山投手が自責点2がついただけでした。
決して打って勝ったわけではなく、打点はタイムリーを打った廣岡、上田選手の2打点。
相手のミスでもらった得点が2点。エラーがなければ負けていました。

9回に追いついたのは良かったですが、もっと早い回から得点してほしいですね。
こんな感じだと、先発がいくら好投しても勝ちがつきませんからね。
ましてや、昨シーズンから山中投手は見殺しばかりで可哀想です。
投打がかみ合ったすっきりした勝ち方を見たいものです。

by misty2011 | 2017-03-08 16:28 | 東京ヤクルトスワローズ

2017上田剛史選手キャンプフォト(動画リンク4)

2017東京ヤクルトスワローズ春季沖縄浦添キャンプより、今回は上田剛史選手のフォトです。

上田選手はキャンプ2日目、体調不良でリタイア1号となりましたが、
短期間で、第2クールからは元気に練習に復帰。

19日横浜DeNAとの練習試合では、タイムリーヒットほか2安打2打点と活躍!
これ以外での練習試合でも打撃好調で、外野争いに大きくアピールしています。

キャンプレポは、「ヤクルトスワローズ」のタグではなく、「浦添キャンプ」のタグとなります。

2月1日 キャンプ初日 朝の集合時
どことなく元気がないような・・・
e0222575_22202146.jpg


キャンプ初日 内野ノック YouTube動画
 https://youtu.be/cUOmC0Ym8zc


初日のティーバッティング
e0222575_22222710.jpg


e0222575_1131076.jpg


e0222575_1132159.jpg


e0222575_22231257.jpg


e0222575_2224263.jpg



初日 陸上トラックでフィジカルトレーニング
e0222575_22243172.jpg



2月4日 朝の集合時には姿が見えましたが、練習には不参加
e0222575_22251864.jpg


2月6日 練習に復帰 ウォームアップ
e0222575_22264731.jpg


6日 走塁練習
e0222575_2227777.jpg


6日 外野ノック
e0222575_22323157.jpg


e0222575_22325467.jpg


e0222575_22371370.jpg


6日 外野ノックの様子 YouTube動画
 https://youtu.be/sdIiOXyzmag


6日 走塁練習 スタートとスライディングなど
分厚いスライディングパンツを着用
e0222575_2238368.jpg


この練習は、写真を撮るのは難しかったですが、見る分には面白かったです。
e0222575_22391013.jpg


2塁手がいるとの想定でスライディング 2塁手役は森岡コーチ補佐
e0222575_22392640.jpg



2月7日 ウォームアップ
e0222575_22413075.jpg


e0222575_22414336.jpg


7日 外野シートノック YouTube動画
 https://youtu.be/ut0UR1ZCuXw



7日 打撃練習にやってきました。他を撮っていて、7日はこの1枚だけですが。
e0222575_22423173.jpg


7日 フリー打撃の打球を判断しての走塁練習
e0222575_22444989.jpg


e0222575_2245415.jpg



2月8日 ウォームアップ
e0222575_22464476.jpg


8日 キャッチボール
e0222575_224724100.jpg


e0222575_2247364.jpg


e0222575_22481327.jpg


練習用のおしゃれなグラブ
e0222575_22474895.jpg


8日 外野シートノック YouTube動画 
 https://youtu.be/3SbxWL1_DxE


8日 バント練習 だんだん雨あしが強くなってきました。
e0222575_22491031.jpg


ヘルメットの雨粒が流れ落ちています。
レインコートを持って来てなかったので、私もそろそろ避難準備
e0222575_22485535.jpg


バントだけじゃなく素振りもしていました。
e0222575_22492121.jpg


e0222575_22493445.jpg


8日 ティーバッティング
e0222575_22514418.jpg


e0222575_22515911.jpg


雨でかなりずぶ濡れになったので、これにて私は屋根のあるスタンド上段へ避難しました。
e0222575_22521688.jpg



以上です。
外野は、バレンティン、坂口、雄平選手と強力なレギュラー陣がいますが、
上田選手は、このまま打撃好調をキープして、レギュラーを脅かす存在になってほしいと思います。
凡ミスさえなければ守備はいいし、足はあるし、バントは上手い上田選手
今年こそ、ケガのないよう、定位置争いに勝負をかけてください。


by misty2011 | 2017-02-19 23:33 | 東京ヤクルトスワローズ

2/6ヤクルトキャンプ、走塁・外野ノック他フォト(動画1本)

6日から東京ヤクルトスワローズ春季沖縄浦添キャンプは第2クールに入りました。

前日5日の休日は、沖縄は気温が24度まで上がって汗ばむほどでしたが、
6日は20度前後で、風が強めで曇り空でした。

キャンプレポは、「ヤクルトスワローズ」のタグではなく、「浦添キャンプ」のタグとなります。


遅めに浦添市民球場に着くと、選手のアップが始まっていました。
こちらはクリックで拡大します。
e0222575_07815.jpg


スタートダッシュ 体調不良だった上田剛史選手が練習に復帰
e0222575_071687.jpg


山田くんの綺麗な走塁フォーム
e0222575_072860.jpg


投手役の三木コーチのモーションを盗んで走る練習
e0222575_074022.jpg


e0222575_08169.jpg


これは2塁へのスライディング練習 荒木貴裕選手 朝からユニのズボンが泥んこです。
e0222575_08929.jpg


投球モーションを判断して3塁へ走るか、または2塁へ帰塁する練習 山田哲人選手
e0222575_085735.jpg


集合してコーチの指示を聞きます。何か面白いことを言ったようで、みんな笑っています。
みどりちゃん(グリーン選手のことをそう呼んでいます)も大笑い
e0222575_0105718.jpg


キャッチボール 雄平選手は元投手だけあって、投げ方がカッコ良すぎ
e0222575_0133845.jpg


山田くんのキャッチボールの球は今日もWBC球
e0222575_014694.jpg


キャッチボールの相手は畠山選手
隣のボールと重なった構図になりました。
e0222575_0154237.jpg


このあと、野手と投手陣は室内を締めきり、報道陣もシャットアウトでサインプレーを行っていました。

その間、外野手のバレンティン、雄平、坂口、上田、比屋根、山崎選手はライト外野に集まり、、
福地コーチのノックで守備練習を行いました。
e0222575_648272.jpg


YouTube動画にアップ


坂口智隆選手
e0222575_6534091.jpg


雄平選手
e0222575_6535959.jpg


バレンティン選手
e0222575_6543472.jpg


捕球後、倒れこみました。どうもアソコに球が当たったよう?痛がっています。
e0222575_65639.jpg


しかし、みんな駆け寄ることもせず笑っています。
e0222575_6564924.jpg


バレンティン選手は、写真や動画にありませんが、背面ポケットキャッチを見せてくれました。

山崎晃太朗選手 頭上を越された難しい打球をジャンプしてナイスキャッチ!
e0222575_6584149.jpg


上田剛史選手は派手な練習用グラブですね。
e0222575_7113893.jpg


比屋根渉選手 フェンスがもろ被ってしまい、坂口選手のほうが綺麗に写っています。
e0222575_7115654.jpg


このあと、私は急いでブルペンへ
午後からの続きは次回に 今日は面白い走塁練習がありました。<br>
by misty2011 | 2017-02-07 08:17 | 東京ヤクルトスワローズ

2017ヤクルト沖縄キャンプ初日午後の練習フォト

今日は、東京ヤクルトスワローズ春季沖縄浦添キャンプは休日
昨年の第1クールは雨ばかりでしたが、今年は天候に恵まれ、順調に練習出来ています。

キャンプレポは、「ヤクルトスワローズ」のタグではなく、「浦添キャンプ」のタグとなります。

本日、沖縄本島でキャンプをやっているのは北谷の中日ドラゴンズだけ。
体力があれば、出かける予定でしたが、
60半ばを過ぎたバアサンにはきつくて、ホテルで休むことにしました。

2ヶ月以上も前にホテルを予約しましたが、今日から泊まる予定のホテルの連泊が取れなくて、
いまのホテルに泊まり、実は、今日はホテルを移動します。
昨年、雨にたたられたので、多めに日程を組んでいたんです。
今日は、チェックアウトの時間をお昼頃まで伸ばし、一部、キャンプレポを更新します。


日にちが前後しますが、2017東京ヤクルトスワローズ春季沖縄浦添キャンプ、
初日の午後の練習風景です。

山田哲人選手は、午後最初にバッティング練習にやってきます。
ブルペンで寺島、星投手がまだだったので(第2クールからとは知らず)、しばらく待っていて、
メイン球場に私が移動した時には、山田くんのティーバッティングは、ほとんど終わっていました。
e0222575_10305411.jpg


山田選手と同時にティーバッティングをする坂口智隆選手も、ティーが終わり、
ボールのあと片付けをしていました。
手にボール3個を握っています。
e0222575_10274129.jpg



山田選手がフリー打撃の順番を待っていると、
中畑清さんが、初日からヤクルトキャンプ視察に訪れ、早速、山田くんを激励!
バットを手に取って見ていました。手前に小川淳司SD
e0222575_10353127.jpg


また、山田くん不調の際には、是非アドバイスを宜しくです!効果絶大ですからね。
e0222575_10354314.jpg


初日のフリーバッティングの動画 再度、こちらにも掲載しておきます。
あまり良くなかったです。



なお、著作権の関係で、球場に流れていたBGMが削除されたことご了承ください。


川端慎吾選手のティーバッティング きりっとした表情がカッコいい
e0222575_10413489.jpg


2日目に体調不良でリタイア1号となった上田剛史選手
初日のティーバッティング
e0222575_1131076.jpg


e0222575_1132159.jpg


上田選手はインフレンザは陰性だそうで、早く良くなるといいですね。
この写真は4日の朝、室内集合時です。
4日の練習には、たぶん参加してなかったと思います?
e0222575_1152532.jpg



バックネット裏でのネットスローイング 山田、畠山、西浦選手が3人一組でやっていました。
スリムになった畠山和洋選手
e0222575_11154958.jpg


結婚して、今年はレギュラー獲得を目指します。西浦直亨選手
e0222575_1116082.jpg


e0222575_1116843.jpg


山田哲人選手使用のグラブ ドナイヤ(Donaiya)
ボールを片付ける際、ネットフェンスにかけていました。
e0222575_11161771.jpg


2年目、1軍キャンプに抜擢された廣岡大志選手
山田選手と足を上げるバッティングフォームが似ていると言われています。
e0222575_11194392.jpg


攻守とも、精力的に練習に取り組んでいます。
e0222575_11195417.jpg


午後からの守備練習の写真は、ほとんど撮ってないのでパス


走塁練習 
福地寿樹コーチが西浦選手にアドバイス 今年はもっと走ってほしいですね。
e0222575_11235430.jpg


えみふるな坂口選手
e0222575_11502840.jpg


陸上トラックもちょっとだけ見ました。ボールを使ったフィジカルトレーニング 
平井諒投手が、見違えるほど大きくなりました。
背筋が強いんでしょうね、綺麗なジャンプです。って、ボールが写っていません。
向こう側は原樹理投手
e0222575_11314999.jpg


野手陣のコンディショニング 上田選手の姿が見えます。
e0222575_1131583.jpg


全体練習後のインタビューに山田哲人選手がやってきました。
大勢の取材陣とファンで、顔の上の方しか見えませんでした。
e0222575_11351463.jpg


ルーキーの菊沢竜佑投手 初日からブルペン入りしました。
インタビューも落ち着いていました。こちらは前が空いていました。
e0222575_11395942.jpg


これを最後に私はホテルに帰りました。
山田選手ら野手陣は、このあと陸上で練習していたようです・・・。

以上、初日午後の様子でした。一部だけなので、帰宅後、まとめてアップします。

by misty2011 | 2017-02-05 11:51 | 東京ヤクルトスワローズ

ヤクルトファン感謝デー りゅうちぇる・奥村展征&ピコ太郎・上田剛史のPPAP動画

11月23日東京ヤクルトスワローズファン感謝DAY2016の更新を続けます。
時系列順ではなく、準備できたものからアップします。

なお、ファン感謝デーは、「ヤクルトスワローズ」のタグではなく
ヤクルトファン感のタグでご覧ください。


今回は、ファン感デーの中でも、会場がいちばん盛り上がったステージショー、
のど自慢合戦に登場した奥村展征(のぶゆき)選手と上田剛史選手のパフォーマンスです。

奥村選手はりゅうちぇるに、上田剛史選手はピコ太郎に扮装して登場しました。

撮影は、1塁側最上段付近からなので不鮮明ですが、大きくトリミングしています。

りゅうちぇるのコスプレをした奥村展征選手が3塁側から登場 
メイクもばっちりです!
e0222575_1493874.jpg


3塁ベンチ前でチームメイトに手を振っています。
ベンチの選手が笑っています。
e0222575_1495438.jpg


1塁側からは、セグウェイに乗って上田剛史選手が登場 写真は失敗
途中からは、軽快に走ってきました。
e0222575_1533582.jpg


りゅうちぇるに扮した奥村展征選手と、ピコ太郎の上田剛史選手による
PPAP(ペンパイナッポー アッポーペン)の一部替え歌と振付ダンスが始まります。

e0222575_212534.jpg


YouTube動画にアップしました。
途中からスタンドのファンも参加しました。




上田選手は「日本一になりたいので、みなさんもご一緒にお願いします!」と呼びかけ、
スタンドのファンと一緒に踊って歌って「ヤクルト日本一、アッポーペン!」



歌い終わって、一仕事やり終えた満足感いっぱいの奥村展征選手
声といいメイクといい仕草といい、りゅうちぇるに成りきっていましたね。
奥村選手って、こんなキャラだったのと?驚きました!
隠れた才能が、一気に表に出ましたね。
これからは毎年、ファン感の主役になるでしょう。楽しみです。
まずは、本職の野球で1軍定着できるよう頑張ってください。

上田剛史選手は、相変わらず盛り上げ上手!
おとなしい選手が多いヤクルトでは貴重な存在です。
来季は、本気で外野のレギュラーを狙ってほしいですね。

e0222575_215133.jpg


三輪ちゃんが、二人が歌の途中で投げつけたカープと巨人のマスコットを手にもって壇上に。
「根性」の山中浩史投手もステ―時に呼ばれました。
e0222575_22256.jpg


e0222575_221288.jpg


e0222575_222173.jpg


e0222575_22298.jpg


e0222575_223986.jpg


奥村&上田の最強コラボでファンもノリノリとなり、寒さも吹っ飛びました。
楽しいパフォーマンスをありがとうございました!

by misty2011 | 2016-11-24 09:32 | 東京ヤクルトスワローズ

完全復調!エース小川泰弘3試合連続完投、今季初完封で8勝目☆4-0

北陸シリーズ初戦で連勝が5で止まった東京ヤクルトスワローズ
2戦目は富山アルペンスタジアムに移動して行われました。

先発は、読売ジャイアンツが田口麗斗投手、ヤクルトは小川泰弘投手
スタメンマスクは西田捕手、2番ファーストには荒木選手、7番サードは谷内選手が入りました。

選手公示では、杉浦投手が抹消され、
左ひじの張りで2軍調整していた村中恭兵投手が上がってきました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 小川投手が5安打完封!自身初の3試合連続完投勝利で今季8勝目!

今日は、小川泰弘投手が燕のエースとして、完全復調となった素晴らしいピッチングでした。

ヤクルトは初回、坂口選手がレフト前ヒット、荒木選手が送りバントを決め、
山田選手はセンター前ヒットで1死1、3塁。
バレンティン選手がライトへタイムリーヒットを放ち、幸先よく1点先制!

その裏、小川投手は先頭の長野選手にヒット、1死後、坂本選手を四球で出しますが、
後続を抑えます。

3回裏、小川投手は先頭の田口選手にセカンド内野安打、
1死後、重信選手もセカンド内野安打の不運な当たりが続き1死1、2塁のピンチを招きます。
しかし、坂本選手をインコースストレートの強気の攻めで空振り三振に斬って取ります。
まさに、意思ある1球でした。素晴らしい!
続く阿部選手はショートゴロに打ち取り、この回、無失点で切り抜けます。

追加点が欲しいヤクルトは4回1死後、西浦選手がヒット、
2死後、西田捕手がサード落球で2死1、3塁。
つづく小川投手の打席で、1塁ランナーの西田捕手が飛び出すと、
田口投手はクルーズ選手に送球し、西田捕手が挟まれている間に、
3塁から西浦直亨選手がホームスチール成功で、2点目を奪います。
西田くんが飛び出した時には、あぁ・・・やっっちゃったと思った私は浅はかでした。
これ、相手の意表を突くサインプレーだったんですね。
ベンチの采配がズバリ当たりました。

小川投手は、今日はストレートが今季一番の球威で、強気で巨人打線を攻めました。
ストレートがいいので、変化球も生きて、特にタテに落ちるスライダーが効果的でした。
前半戦は、振ってもらえないフォークボールを多投して、自らのピッチングを苦しめていましたが、
今日はそのフォークはほとんど投げず、その分、最後まで球威が落ちませんでした。

2点でも十分なほどでしたが、7回、ヤクルトはダメ押しともなる2点を奪います。
この回、山口投手から、小川投手がヒットで出塁すると、坂口選手のピッチャーゴロで1死2塁。
代わった西村投手から荒木選手がヒットを放ち1死1、3塁。
山田選手は四球を選び1死満塁となり、バレンティン選手はセカンドゴロで2死満塁となると、
途中出場の上田剛史選手が、ライトオーバーのタイムリー2塁打を放ち、2者生還して4-0
大きな追加点が入りました。
ナイスバッティング、上田選手!

8回、小川投手は2死後、阿部選手にヒットを打たれますが、村田選手を打ち取り、
9回も当然のように続投!
一発のあるギャレット、クルーズ選手を抑え、最後は堂上選手をセカンドゴロに打ち取りゲームセット。
ヤクルトが4-0で巨人を完封し、このカード1勝1敗としました。
今日は3位の横浜DeNAが負けたので、ゲーム差は1.5の縮まりました。

今日はとにかく小川投手の力投に尽きるでしょうね。
5安打7奪三振で、約1年ぶりとなる今季初完封勝利。
また、自身初の3戦連続完投勝利で8勝目を飾りました。おめでとうございます。
夏場に来ての3試合連続完投は見事というしかありません。

e0222575_15105894.jpg


それにしても、小川投手の序盤の不調は、何だったのかと思わせるほどの復調には目を見張ります。
まさにエースの輝きを完全に取り戻したライアンでした。
やはり基本はストレート!
力強いストレートが復活すれば、今日のようなピッチングができることを自ら証明しました。

マスクを被った西田捕手は、巨人打線相手に、恐れずひるまず強気のナイスリードでした。
小川投手の復調の陰には、西田捕手のリードも大きな力となっているでしょうね。

完封でゲームセットのハイタッチでは、ナインはもちろんのこと、
特にバッテリーの二人は、お互い完封した安堵と、これ以上ない嬉しそうな笑顔がこぼれていました。
本当によかったです。お疲れさまでした。

最後に、今日の山田選手は初回にヒットを打ちましたが、その1安打のみ。
4打数1安打1四球で、打率は徐々に下がっています。
本来はフライバッターなんですが、打球が全く上がりません。今日はすべてゴロでした。
ファールでもやはり振り遅れ気味で1塁側へのファールがほとんど。
ストレートを引っ張れるようにならないと、本来のバッティングは取り戻せないでしょうね。
それでも、何とか1安打するのはさすがです。

やはり、背中のケガの影響はあるでしょうね。
まだ思い切ってフルスイングはできてないような気がします。
ホームランを見たいですが、しばらく時間がかかりそう。

また、今日も盗塁なしで、結局、8月中には30盗塁を決められませんでした。
初回に、いいスタートを切ったんですが、バレンティン選手がファールだったので戻りました。

ファンはいろいろ欲張りますが、今はじっと復調を待つしかありません。

チームは3位が射程圏内に入ってきました。
金曜日(訂正)からの広島戦では、胸を借りるつもりでぶつかっていってほしいですね。
厳しい戦いになると思いますが、勝ち越しを期待しています。

by misty2011 | 2016-08-31 22:34 | 東京ヤクルトスワローズ

上田剛史・鵜久森淳志・バレンティン選手フォト@神宮

8月18日神宮球場での横浜DeNA戦は、悪天候が予想されるため中止となりました。
16日に続き、このカード2試合目の中止となりました。
16日の振り替えは9月13日となりましたが、今日の振替日は未定です。

16日のスライドで今日先発予定だった石川雅規投手は、またまた中止となり、
次回は広島カープでの先発に回る予定だそうです。

今日の中止で、DeNAとは9月以降に7試合も対戦することになりました。
現在は山田、川端、雄平選手ら主力選手が不在なので、
真中監督は「雨で良かったと思う」と歓迎しました。
ただ、筒香選手が打撃下降気味だったので、今のうちに対戦したかったような気もします・・・。

試合がないので、書くこともなく、今日は写真のアップです。

昨日の試合でホームランを打った3選手を取りあげます。
このところ現地観戦してないので、随分まえのものです。
アップする機会がなかったので、ここで掲載しておきます。

最初は、昨日、途中から代走で出場で、好走塁と、相手悪送球を誘うパフォーマンス、
また、今季初となる2ランホームランを放った上田剛史選手です。
今季1号はレフトへ流し打ったホームランでした。思いのほか打球が伸びましたね。

まずは、春先なので季節感が随分違いますが、3月17日神宮オープン戦より
e0222575_20113732.jpg


4月3日神宮
e0222575_20145124.jpg


e0222575_2015817.jpg


e0222575_201696.jpg


e0222575_20162031.jpg


上田選手は、4月22日、死球を受け右足小指剥離骨折で長期離脱し、6月30日に1軍復帰しました。
雄平選手が復帰するまでに、もっと攻守ともアピールしたいですね。


続いて、昨夜、22号ソロホームランを打ったバレンティン選手
4月3日神宮 3月から4月にかけては頭も顎髭も金髪でした。
e0222575_20263568.jpg


e0222575_20281047.jpg


4月14日分は、お立ち台を含め既にアップ済み
5月5日ハマスタ ファンサービス
e0222575_20293431.jpg


5月22日神宮 既出ですが、可愛らしいココちゃん
e0222575_20302136.jpg


e0222575_2031396.jpg


e0222575_20344396.jpg


オールスター出場のバレンティン選手の写真は既にアップ済み 
「オールスター」のタグでご覧ください。


最後は、昨夜、先制の今季2号ソロホームランを打った鵜久森淳志選手
3月17日神宮オープン戦より 写真はこの1枚だけです。
絶妙のタイミングで1軍に昇格し、上がってすぐに結果を出しています。
これが長続きするよう頑張ってほしいです。
e0222575_20115658.jpg



by misty2011 | 2016-08-18 20:58 | 東京ヤクルトスワローズ

投打のヒーロー小川泰弘投手、1失点完投で6勝目、決勝2ランなど3打点

東京は台風一過で、朝から青空が広がり暑くなりました。

横浜DeNAベイスターズとの神宮初戦は中止となりましたが、
2戦目は風が強い中、午後6時試合開始
先発はヤクルトスワローズが小川泰弘投手、DeNAは久保康友投手

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 小川投手が3安打1失点で今季2度目の完投勝利&決勝の1号2ラン!

試合は、小川泰弘投手の投打に渡る活躍で、9-1と快勝しました。

小川投手は4回までパーフェクトピッチング!

先制したのはヤクルト
2、3回とランナーは出しながらも、久保投手の前に得点できなかったヤクルトですが、
4回、今日ファーストのスタメンに起用された鵜久森淳志選手が、
レフトスタンドに2号ソロホームランを放り込み1点先制!

その裏、小川投手は、1死後、ロペス選手を四球で出すと、宮崎選手に右中間へ2塁打を打たれ
1死2、3塁のピンチを招きます。
つづく倉本選手のセカンドゴロを、谷内選手が素早くバックホームして、
3塁走者のロペス選手はホームタッチアウト!谷内選手の好守が光りました。

しかし、2死1、3塁から戸柱捕手にライト前にタイムリーヒットを運ばれ1-1の同点に。
点をとった直後に失点する小川投手ですが、今日はこの回だけに踏みとどまりました。

追加点がほしいヤクルトは6回2死後、西田捕手がレフト前ヒットで出ると、
小川投手が自身2本目、今季初アーチとなる1号2ランホームランをレフトスタンドに叩き込み
3-1と勝ち越します。
ほしい追加点は、自らのバットでたたき出しました。
完璧な一打でしたね。ナイスホームラン♪

直後に坂口智隆選手が久保投手から右ひざに死球を受け、負傷交代。代走は上田選手
その後の情報がありませんが、わかり次第追記します。
どうか大事に至っていませんように!

追記
坂口選手は、超音波検査で骨折は見られなかったとのこと。
ただ、山田くんのこともあるので、MRI検査をした方がいいでしょうね。どうかお大事に!


このあと、比屋根選手がセンターへヒットを放ち、上田選手が好走塁で3塁へ進むと、
上田選手がサード宮崎選手に声をかけながら2塁を指さすと、宮崎選手が慌てて2塁へ送球も、
これが悪送球となり、上田選手がホームインして4-1
上田、比屋根選手の俊足コンビで1点もぎ取りました。

つづく西浦選手もレフト前ヒットを放ちますが、
2塁走者の比屋根選手がホームタッチアウトで3アウトチェンジ

7回、横浜はブロードウェイ投手が登板。
本場の劇場型ピッチングをみせてくれました!?

先頭のバレンティン選手が、レフトスタンドへ22号ソロホームランを運び5-1

今浪選手がヒットで出ると、谷内選手の送りバントを自ら1塁へ悪送球して無死2、3塁
鵜久森選手のファーストゴロで、今浪選手は三本間でアウトになり1死2、3塁
つづく西田捕手のセカンドゴロが、エリアン選手のフィルダースチョイスとなり、
3塁から谷内選手が生還して6-1
谷内選手がナイススライディングでホームに滑り込みました。

このあと、小川投手がスクイズを決め7-1。今日は2ランホームランとスクイズで3打点!
さらに、上田剛史選手がレフトスタンドへ今季1号2ランを放ち9-1と一方的な展開に!

小川投手は大量リードでスイスイ9回まで投げ、
119球3安打8奪三振1失点の好投で、完投で6勝目をあげました。
ナイスピッチング&ナイスバッティング、おめでとうございます。

DeNAのクリーンナップに対し、3番の梶谷選手に1安打されたのみ。盗塁も許しませんでした。
5番のロペス選手は1四球ノーヒット
そして4番の筒香選手は4打数ノーヒットと完璧に抑えました。
9回最後の打席では、全球ストレート勝負で、力ないセンターフライに打ち取りゲームセット。
低めに伸びのあるストレートを投げ、筒香選手は全くタイミングが合っていませんでした。
今日の好投を象徴するような力強いピッチングでしたね。
久しぶりに、エースにふさわしい素晴らしい投球でした。

今日は、ストレートをインコース、アウトコースにきっちり投げ分け、
ストレートがよかったので、変化球も効果的でした。
また、西田捕手が、小川投手に自信を持ってストレートを投げさせるナイスリードでした。

調子の良さは、テンポの良さにも表れて、球数119球と少なめで、
今季二度目の見事な完投勝利でした。

e0222575_22231936.jpg


今日のヒーローは、文句なし、投打に活躍した小川泰弘投手でした。
これからも、今日のようなピッチングで勝ち星を重ねてほしいですね。
エース復活で、チーム浮上となりますように!

ナイスゲームでしたが、坂口選手の状態が心配です。
あと、山田選手が週刊誌に何か出るようですが、まあ、気にしても仕方ありません。
ただ、へんな女にはくれぐれも引っかからないようお願いします。

by misty2011 | 2016-08-17 22:26 | 東京ヤクルトスワローズ

外野争い正念場!上田剛史選手2016キャンプフォト+動画2本

東京ヤクルトスワローズ2016春季沖縄浦添キャンプ見学より、
今回は、「脱知人男性」を目指す上田剛史選手です。

実績のある坂口智隆選手の加入、ルーキーの山崎晃大朗選手の高評価など、ヤクルトの外野争い、
特にセンターのポジションを巡っては、今シーズンは熾烈な争いとなってきました。

また、昨シーズンは山田選手3番に入って以降、
上田選手と比屋根選手が、1番バッターで併用されることが多かったですが、
今シーズンはここまで打撃絶好調の坂口選手が最も有力となりそうです。

センター争い、そしてトップバッターは誰になるのか?、上田選手はこれからの実戦で結果を出すしかありません。
今まで以上に、今シーズンは正念場となりました。頑張ってほしいです。

ヤクルト沖縄キャンプレポは「ヤクルトスワローズ」のダグではなく「浦添キャンプ」のタグとなります。

雨のキャンプ初日 選手は室内で練習のため、出入りの時しか選手は見られませんでした。
ロッカールームから室内へ移動中
e0222575_111253.jpg


2月2日 室内で練習中、福地寿樹コーチからアドバイスされていました。
正座して聞いている上田選手の後ろ姿がなんだか可愛らしい。
e0222575_1114742.jpg


2日 三木肇コーチより走塁指導
e0222575_1115982.jpg


e0222575_1133649.jpg


2月3日 コンディショニングのためTシャツに着替えて室内へ移動
e0222575_114538.jpg


2月3日 初めての外での練習前に集合してコーチから説明を受けます。
e0222575_1144332.jpg


e0222575_115274.jpg


e0222575_1151572.jpg


3日 キャッチボール
e0222575_111059.jpg


e0222575_11102952.jpg



3日午後 打撃練習にやってきました。
e0222575_1113050.jpg


e0222575_11131444.jpg


ティーバッティングがちょうど始まった頃、
山田選手が守備練習のためキャッチボールを始めたので、私はそちらを優先
e0222575_11132616.jpg


次に見たときは、バント練習をしていました。
上田選手は何気にバントは上手いですね。
e0222575_11155950.jpg


e0222575_111684.jpg


e0222575_11162657.jpg


e0222575_1116391.jpg



2月4日 外野シートノック YouTube動画
上田選手はセンターの守備位置。

      



2月4日 ティーバッティング
e0222575_11183961.jpg


e0222575_1133077.jpg


e0222575_11331566.jpg


e0222575_12204220.jpg


e0222575_11334443.jpg


e0222575_1134234.jpg


e0222575_11341534.jpg


2月6日 外野ノック 守備練習
e0222575_11441434.jpg


強肩の上田剛史選手
e0222575_11435138.jpg


外野ノックの様子をYouTube動画で

      

ヤクルトはセンターのポジションが固定されないまま今シーズンを迎えましたが、
2016シーズンは、選手の活躍次第で、ある程度、決まってくるかもしれません!?
これまで併用だった上田、比屋根選手にとっては、今まで以上に結果を出して競争に加わることが大事です。
お互いがいい競争をして、センターラインがびしっと決まるシーズンのなるといいですね。

今のところ坂口選手が一歩リードしていますが、故障持ちなのでフルシーズンは厳しいかもしれません。
バレンティン選手も復活をかけ張り切っていますが、いつまたケガをするか不安は少なからずあります。
とにかく、外野争いをする上では、いつ出番があってもいいようしっかり準備をして、
生き残りをかけて大いにアピールしてほしいと思います。
by misty2011 | 2016-02-24 12:28 | 東京ヤクルトスワローズ