Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:中澤雅人 ( 12 ) タグの人気記事

中澤雅人投手2016キャンプフォト+動画3本

東京ヤクルトスワローズ2016春季沖縄浦添キャンプ見学より、今回は中澤雅人投手です。
ヤクルト沖縄1軍キャンプ参加の投手陣22名の写真のアップは、中澤投手がラストなりました。

ヤクルト沖縄キャンプレポは「ヤクルトスワローズ」のダグではなく「浦添キャンプ」のタグとなります。


キャンプ初日 ブルペン 雨がだんだん強くなってきました。
e0222575_17373680.jpg


e0222575_17375341.jpg


e0222575_1738991.jpg


e0222575_17381782.jpg


e0222575_17382813.jpg


e0222575_1738439.jpg



2月3日 室内へ移動中
e0222575_17393146.jpg


2月3日 投内連係その1 YouTube動画

      

3日 投内連係その2 YouTube動画

      


2月6日 ブルペン
e0222575_17403995.jpg


e0222575_17404982.jpg


e0222575_1741170.jpg


e0222575_1741156.jpg


e0222575_17414339.jpg


e0222575_17415488.jpg


e0222575_17421140.jpg



6日 中澤雅人投手ブルペン YouTube動画

      

先日の阪神とのオープン戦では、3番手で1イニング投をげ3四球2安打で3失点と結果を残せませんでした。
先頭に四球を出し、押し出しの四球もありました。
それほどコントロールが悪い投手ではないと思いますが、メンタルの問題なのかもしれません?
昨年の途中、腕を振って強気のピッチングでいいリリーフの仕事をしていました。
いつもそういう気持ちで打者に向かってほしいです。

中継ぎ左腕は、今のところ信頼があるのは久古投手だけなので、中澤投手には頑張ってもらわないと。
次回の登板には、是非いいピッチングを見せてアピールしてほしいと思います。

1軍キャンプ参加選手総勢41名のうち、あとは藤井亮太選手と山田くんの残りの写真だけとなりました。
by misty2011 | 2016-03-01 19:31 | 東京ヤクルトスワローズ

4/19神宮 6回から12回まで試合編フォト、激高のオンドルセク投手、中澤投手が今季初勝利

4月19日神宮球場、東京ヤクルトスワローズ対横浜DeNAベイスターズの試合編フォトの続きです。
今回は6回から12回までです。

5回までは、ひとつ前の記事 こちらで ご覧ください。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト サヨナラで5時間を超える激闘を制し4連勝!!!!

では、試合編フォトの続きです。
6回表、ヤクルトは3番手で徳山武陽投手が登板 無失点に抑えます。
e0222575_19174212.jpg


その裏、西田明央捕手が2塁打で出塁も得点できません。
西田くんは初球から積極的に打っていきますね。パンチ力がある打撃は魅力です。
e0222575_19235060.jpg


徳山投手は7回も続投 
しかし、荒波翔選手にライトスタンドに今季1号ソロを運ばれ5-4と1点差になります。
e0222575_19251020.jpg


高城捕手には四球を与え、パスボールで2塁へ進まれます。このあと送りバントで3塁へ、代走は飛雄馬選手
e0222575_19264872.jpg


ここで、ヤクルトはオンドルセク投手に継投
e0222575_19282210.jpg


石川雄洋選手にタイムリーヒットを浴び5-5の同点に
e0222575_19285591.jpg


続く白崎浩之選手はセーフティバントで1塁ヘッドスライディングでセーフ
白崎選手は、この日4安打と当たりまくっていました。
e0222575_19315486.jpg


マウンドに高津コーチが向かい内野手が集まります。
e0222575_19323529.jpg


梶谷選手は三振後、筒香選手の打席で2ストライクとなったところで、
オンドルセク投手が西田捕手を呼ぼうとタイムをとったところ、石山球審から注意を受けます。
納得できないオンドルセク投手は激高
e0222575_955210.jpg


e0222575_19344555.jpg


何でも、捕手がマウンドに行ける回数は3回まで(延長戦では1回)というルールとなっていて、
注意されたようです。

興奮が収まらないまま、筒香嘉智選手に投じた3球目、ライトスタンドへ4号3ランを運ばれ
5-8と逆転されます。
オンドルセク投手は冷静ではありませんでした。
バッテリーがあまりに勝負を急ぎ過ぎた痛恨の被弾となりました。
e0222575_1940558.jpg


レフトスタンド、3塁側のDeNAファンは、主砲の一発に総立ちで大喜びしていました。
e0222575_19411065.jpg


3アウトとなり、ベンチで高津コーチに説明を受けるオンドルセク投手
e0222575_1941353.jpg


追う立場となったヤクルトはその裏、1死後、山田選手がセンターへ2塁打を放ちます。
e0222575_1946525.jpg


俊足を飛ばして2塁へ滑り込みます。しかし、後続が倒れ得点なりません。
e0222575_19461946.jpg


8回は秋吉亮投手が登板 三者凡退に抑えます。
結果論かもしれませんが、徳山投手は、以前も回またぎをしたときは良くなかったので
7回は頭からスパッと代えておけばと思いました。
e0222575_2002064.jpg


その裏、エレラ投手から雄平選手がセンター前ヒット
e0222575_2041663.jpg


畠山選手はデッドボールで無死1、2塁
e0222575_20102353.jpg


つづく武内選手がライトへタイムリーヒットを放ち6-8
e0222575_209855.jpg


西田捕手が送りバントでそれぞれ進塁
横浜は林投手に交代
e0222575_20131159.jpg


大引選手の代打・今浪選手はセカンドゴロに倒れますが、
e0222575_20174044.jpg


上田剛史選手がセンターへ2点タイムリーヒットを放ち8-8の同点に!
e0222575_20145916.jpg


両手を突き上げガッツポーズ
e0222575_20151483.jpg


DeNAは山﨑康晃投手に交代
e0222575_20204274.jpg


山田選手は三振振り逃げで出塁も、代打のユウイチ選手が倒れ、この回同点どまり
e0222575_2018459.jpg


9回はバーネット投手が登板 三者凡退にきっちり抑えます。
e0222575_20282397.jpg

10回も続投して、0点に抑えます。

その裏、西田捕手が小杉陽太投手からセンター前ヒットで出塁
e0222575_20311681.jpg


上田選手がバントで送ると、山田選手は敬遠気味の四球で出ます。
山田くんはこの日、2安打ながら5回出塁しました。

サヨナラのチャンスに、代打・荒木貴裕選手はライトフライに倒れます。
e0222575_20352689.jpg

いやいや大変な試合になりました。

11回は中澤雅人投手が登板 三者凡退に抑えます。
e0222575_20362129.jpg


その裏、ヤクルトは3番からの好打順でしたが得点できません。

12回も続投の中澤投手は、2死後、梶谷、筒香選手に連打されますが、ロペス選手をピッチャーゴロに仕留め、
これでヤクルトの負けはなくなりました。

中澤投手は、一時の低迷した苦い経験を経て、ピンチでも落ち着いて投げている姿に成長を感じます。
制球が安定してきたのと、精神的にたくましくなりましたね。
その裏のサヨナラで、中澤雅人投手が今季初勝利をあげました。おめでとうございます。
ブルペンでは左が今のところ中澤投手一人なので、負担は大きいと思いますが、頑張ってほしいですね。

12回裏は、最初にアップした記事 こちらで サヨナラの場面ととお立ち台をご覧ください。


今季両リーグ最長の5時間20分の総力戦は、9×ー8でヤクルトがDeNAにサヨナラ勝ち
両チーム計30安打の乱打戦は、勢いにまさるヤクルトに軍配があがりました。
ヤクルトは4連勝で首位をがっちりキープ。

川端選手の3ランも素晴らしかったですが、武内、上田選手の途中出場の選手の奮闘が光りました。
また、最後までマスクをかぶった西田明央捕手は、壮絶な試合でリード面ではいろいろ勉強になったと思います。
打撃では3安打猛打賞、さらに送りバントを2回決め、それが8回の同点、
そして12回のさよならに結び付きました。

選手の皆さん、本当にお疲れ様でした。月曜日は試合がないので、勝てたことが何よりの癒しとなりました。
こういう試合を勝つのはやはり強いんでしょうね。

今日、観戦していて感じたことは、もしかして神宮もちょっと飛ぶボールになったのでは?ということでした。

パ・リーグは少し前から感じていますが、セもこっそりボールが変わっていたりして?
慎吾君や、荒波選手のホームランなど、風もないのに打球が伸びましたからね。
それとも私の気のせい?

横浜とやるときは、神宮でもハマスタでも、これからこんな試合が増えるかもしれませんね。

投手陣は、この試合、8失点もしましたが、今まで抑えても援護が少なすぎたので、
たまには打ち勝つのもいいでしょう。
ただ、ここからはこれまでのようにチーム防御率1点台を続けるのは厳しいでしょうね。
そのぶん、打線が徐々に活発になって投打がかみ合えば、さらにチームの力は本物になると思います。

なお、杉浦投手は、肩の張りで今日付で登録抹消されました。
大事に至ってないといいですね。しっかり調整して、また上がってきてほしいです。
代わって昇格するのは星野雄大捕手です。
by misty2011 | 2015-04-20 23:56 | 東京ヤクルトスワローズ

中澤雅人投手フォト@2015ヤクルトキャンプ

今回は、東京ヤクルトスワローズ沖縄キャンプ16日の練習試合、韓国・SKワイバーンズ戦で
2イニングを投げ、3奪三振パーフェクトに抑え好投した中澤雅人投手です。
当日は、中澤投手の30歳のバースデー登板でした。

もう30歳なんですね。可愛らしい顔なので、そうは見えませんね。

ルーキーイヤーには活躍して期待されましたが、その後はしばらく低迷
昨年の後半あたりから少し自信を取り戻したようで、好投していました。
今シーズンも、幸先いいスタートをきったので、大いに期待したいと思います。

では、キャンプの写真です。
2月2日サブグランドでの投手陣の守備練習 2か所でノックが行われていました。
e0222575_1575449.jpg

順番待ちの間、明るい笑顔でリラックスしていました。
e0222575_158340.jpg


e0222575_159197.jpg


e0222575_1591248.jpg


e0222575_15103858.jpg


e0222575_1511289.jpg


中澤投手のフィールディングはなかなか良かったです。
e0222575_15111531.jpg



4日 投内連係に備えてキャッチボール
e0222575_15132662.jpg


6日ブルペン これ以外の日にも見ましたが、ほとんど写真が撮れなかったので、ブルペンフォトは6日分のみ
e0222575_15145896.jpg


e0222575_1515725.jpg


e0222575_15152516.jpg


e0222575_15153752.jpg


高津コーチが球速を計測中?
e0222575_15155492.jpg


e0222575_1516240.jpg


e0222575_15162239.jpg



こちらは初日の陸上トラックでのフィジカルトレーニング休憩中 ちょっと苦しそうな表情です。
e0222575_1516404.jpg


4日 陸上トラック トレーニング 追加2枚
e0222575_21535091.jpg


e0222575_21541014.jpg




中澤雅人投手が登場する動画は
 2日サブグランド投手陣の守備練習 
  http://youtu.be/_gTpPCgFTi4
  http://youtu.be/ifSGNe5Zlhs

 4日投内連係 
  http://youtu.be/hZLdsdFNK6o
  http://youtu.be/u7juz5WvCb0

以上です。

なお、ヤクルトスワローズ沖縄キャンプ見学レポの記事は、「浦添キャンプ」のタグでご覧ください。
by misty2011 | 2015-02-18 18:53 | 東京ヤクルトスワローズ

練習試合SKワイバーンズ戦、ヤクルト2-3で競り負け

東京ヤクルトスワローズは、浦添市民球場で、今日は実戦2試合目となる韓国・SKワイバーンズと
練習試合を行いました。

本日も、TodaDoteBSOさんの現地実況Twitter情報を見させていただきました。こちら
ありがとうございます。前記事でリンクが間違っていたので訂正してお詫びします。 


先発投手は杉浦稔大投手
スタメンは (敬称略)
2塁  山田哲人 
3塁  谷内亮太
左   飯原誉士
中   雄平
DH   畠山和洋
1塁  田中浩康
遊撃  大引啓次
右   松井淳
捕手  西田明央

先発した杉浦投手は安定感あるピッチングで2回1安打無失点
初回にヒットを許しますが、自らのけん制でタッチアウトとし、その後はランナーを出しませんでした。
ローテ入りをさらに一歩手繰り寄せていますね。
もう少し長い回を投げてほしかったです。

写真は2月6日、キャンプ第2クール初日に打撃投手を務めた杉浦稔大投手
e0222575_11172876.jpg


2番手のロマン投手は立ち上がり2塁打を浴び1点失います。
2イニングを投げ2安打1失点でした。

追うヤクルト打線は3回1死後、山田選手がライト線への2塁打、飯原選手は四球を選び2死1、2塁も、
雄平選手が倒れ得点ならず。

5回裏、1死後、山田選手が四球で出ると、すかさず2盗に成功!
飯原選手のライトへのタイムリーヒットで1-1の同点に追いつきます。
メッシの打撃が好調です。第1打席でもヒットを打っていて、目下打率10割!
写真は2月3日ティーバッティング中の飯原選手
e0222575_1431042.jpg


このあと、飯原選手の代走で比屋根渉選手が登場し、2盗に成功も、
雄平選手のライトへのヒットで3塁ベースを回りますが、本塁ベース1m手前でタッチアウト。あらら…

3番手のバースデー登板(30歳)中澤雅人投手は、2イニングを3奪三振パーフェクトに抑える好投。
写真は4日ブルペンで投げる中澤雅人投手
e0222575_14295323.jpg


7回からは3番手で木谷良平投手が登板
1死後、1塁の守備についた荒木選手がファーストゴロをはじくエラーでランナーの出塁を許します。
代走?が2盗、3盗を決め、セカンドゴロの間に走者が生還してSKが1点勝ち越します。
荒木選手、今日も守備でミスが出たのは残念です。

追いかけるヤクルトは8回裏、谷内亮太選手がレフト線への2塁打で出ると、比屋根選手の犠打が
相手悪送球となり無死1、3塁
つづく雄平選手のセカンドゴロ併殺打の間に、3塁走者が生還して2-2の同点に。

9回も続投の木谷投手は、先頭を四球で出し、犠打で2塁へ進まれると、
続くバッターにセンターフェンス直撃のタイムリー2塁打を浴び、2-3と再び勝ち越されます。

9回裏のヤクルトの攻撃は、あっさり三者凡退に終わり、2-3で今日はSKワイバーンズに競り負けました。

まだ実戦が始まったばかりであれこれ言えませんが、投手陣に関しては、
使えるピッチャーとそうでないピッチャーが早くも分かれてきたようです。

杉浦、中澤投手は昨シーズンの後半からの好調をそのままキープしています。
杉浦投手は先発ローテの一角として、また中澤投手は貴重な左の中継ぎとして役割を担ってくれそうですね。

打線は水物で、昨日とはえらい違いですが、山田選手は今日も2塁打と盗塁も決めました。
2塁打は課題としている右方向への長打。走塁も積極的です。

飯原誉士選手は、このまま開幕してほしいほど好調ですね。
ミレッジ、バレンティン選手が開幕に間に合わなければ、守備はまあ置いといて、
外野の一角を奪いそうな勢いです。
メッシの好調が続くことを願いましょう。

サンスポ ヤクルト・飯原、「10割男」継続中! 2打数2安打の大活躍


大引選手は今日もヒットは出ませんでしたが、四球で出て2盗に成功しました。
走れるのは、今までのヤクルトのショートにはなかった一つの武器ですね。

その他、試合では、内野、バッテリー、走塁など、ちょこちょこミスが出たようです。
昨日はヤクルトがよく走りましたが、今日は相手によく走られました。
バッテリー間で、もう少し注意が必要でしょうね。

ミスを減らして、レギュラークラス以外の選手は、何としても結果を出してアピールをしてほしいと思います。

調子が上がってない選手は、そろそろエンジンをかけてほしいですね。

なお、ヤクルトスワローズ沖縄キャンプ見学レポの記事のタグは、「ヤクルトスワローズ」ではなく
浦添キャンプ」のタグでご覧ください。

by misty2011 | 2015-02-16 16:08 | 東京ヤクルトスワローズ

10/6神宮試合編フォト 山田哲人191タイ・192安打最多記録更新の満塁弾

先に山田哲人選手の日本人右打者最多安打タイの191安打と
新記録樹立の192安打逆転満塁ホームランの写真をアップしましたが、今回は試合編フォトです。

試合の録画をしてなかったので、今日午前にやっていたフジONEの再放送を見ていて、アップが遅れました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 山田選手が満塁弾含む4安打!日本人右打者最多安打記録更新

東京ヤクルトスワローズの先発は石山泰稚投手
e0222575_1125332.jpg


初回、2塁打の柳田選手を置いて、グルエル選手に右中間へのタイムリー2塁打を打たれ1点先制されます。
e0222575_11251143.jpg

つづく筒香選手に22号2ランホームランを浴び、初回に3失点
e0222575_11251621.jpg
e0222575_11252143.jpg


横浜DeNAベイスターズの先発は10勝目を目指すモスコーソ投手
e0222575_11283579.jpg

山田選手の第1打席 センター前ヒット これで189安打
e0222575_112918100.jpg

e0222575_11292621.jpg

このあと、川端選手もヒットでつなぎますが、後続が倒れ得点ならず。

2回、荒木選手がヒット、西田捕手が四球でチャンスメイク
e0222575_11305955.jpg

石山投手が送りバントを決め2死2、3塁
e0222575_1131768.jpg

ここで、山田選手はいい当たりながら風に戻されセンターフライに倒れます。
e0222575_113352.jpg


3回1死後、川端慎吾選手が1塁線を破る2塁打で出塁
e0222575_11361258.jpg

畠山和洋選手がレフト前タイムリーヒットを放ち1-3
e0222575_11362735.jpg
e0222575_11363587.jpg

さらに、雄平選手が23号2ランホームランをライトスタンドに放り込み3-3の同点に!
e0222575_11364275.jpg
e0222575_1136525.jpg


6回、石山投手がヒットで出塁
e0222575_113930100.jpg

山田選手の第3打席 インコースの球を思いっきり引っ張ってレフト線への2塁打 190安打
e0222575_11394649.jpg

1死2、3塁 しかし、この回得点ならず。
e0222575_11395797.jpg


6回、石山投手は筒香選手にライトフェンス直撃2塁打、2四球などで2死満塁のピンチを招きます。
代打・下園選手のファーストゴロを畠山選手が好捕もベースカバーに入った石山投手が落球するエラー
e0222575_1145869.jpg

ランナーが2者生還して3-5と勝ち越されます。
e0222575_11452353.jpg


その裏、横浜は2番手で山口俊投手が登板
e0222575_11475073.jpg

山田選手の第4打席は、ショートの頭上を越えるレフト前ヒット!
バットを折りながらも気持ちで運びました。191安打
ついに藤村富美男氏(1950年)が持つ日本人右打者最多191安打タイ
e0222575_1150817.jpg

この打席は、先にアップした こちらでご覧ください。

花束をもらったあと、城石コーチと握手
e0222575_1148798.jpg


7回は山本哲哉投手が登板 三者凡退に抑えます。
e0222575_11534763.jpg


ラッキー7の東京音頭 最多安打を後押しする応援ボード
e0222575_11543339.jpg

8回は中澤雅人投手が0点に抑えます。
e0222575_11561216.jpg


その裏、山口投手から荒木選手がサードエラー、西田捕手は死球で出塁(代走・川崎選手)
e0222575_11571291.jpg

このあと、松井淳選手もファールで粘って四球を選び2死満塁!この四球が大きかったですね。
山田くんの打席につなげました。(画像差し替え)
e0222575_1448046.jpg

山田哲人選手の第5打席は、先にアップした こちらでご覧ください。
カウント、ノースリーから146キロストレートを振り抜き左中間スタンドへ29号逆転満塁弾 
64年ぶりに日本人右打者最多安打の記録を塗り替える 192安打新記録樹立!
e0222575_1159423.jpg


9回は秋吉亮投手が登板
e0222575_1242935.jpg

1死後、川端選手のこの日2個目のエラー、四球でピンチを招き
桑原選手にレフト前タイムリーヒットを打たれ7-6
e0222575_1244126.jpg

しかし、石川雄洋選手をセカンドゴロに打ち取りゲームセット
抜けたかと思う打球でしたが、山田選手が素早く追いつき1塁へ送球して試合終了!

中澤雅人投手が、今季嬉しい初勝利を挙げました。おめでとうございます。
e0222575_1245417.jpg

e0222575_125174.jpg


山田哲人選手のヒットに始まり、最後は山田選手へのセカンドゴロゲームセット。
まるで山田くんのために用意されたような試合でした。
191安打タイのすぐ後の打席で、いとも簡単に192安打新記録達成!しかも逆転のグランドスラムでした。
ストライク1球を仕留める集中力が凄かったですね。やっぱりモノが違います!

山田くんにとってもですが、私にとってもルーキー時代から応援してきた山田選手の最多安打記録更新を
目の前で見たことは一生の思い出になると思います。ありがとうございました。

石山投手や、慎吾くんに関しては、いろいろ言いたいことはあるんですが、
山田くんの最多安打記録更新の前にはもうそんなことはどうでもよくなりました。

とにかく、山田くんおめでとうございます。
杉村繁コーチも、これだけの逸材・山田くんを育てて、コーチ冥利につきるでしょうね。ホントによかったです。
これからも宜しくご指導のほどお願いします!

今日は30号ホームランを狙ってほしいですね。期待しています。

このあと、山田哲人選手のお立ち台編フォトを準備しています。

YouTube プロ野球チャンネル セントラルリーグ ハイライト

      
by misty2011 | 2014-10-07 12:26 | 東京ヤクルトスワローズ

カープ3戦目、負けていたのに降雨ノーゲーム、ラッキ~ヤ

昨夜は2度追いつきながら延長12回に堂林翔太選手にサヨナラ弾を浴び敗れた東京ヤクルトスワローズ。

今日は関東の2試合が雨天中止となったので、選手のコンディションを考えると、
マツダスタジアムも中止してほしいと願いましたが、降りしきる雨の中、何と試合は強行されました。

先発は広島カープがエースの前田健太投手、ヤクルトスワローズは中澤雅人投手で、
名前だけ見るとヤクルトに勝ち目はありませんが、
一昨年の8月14日、当日は雨のため1時間試合開始時間を遅らせて強行し、
同じ両投手の投げ合いで、まさかの中澤投手が投げ勝ちました。
なので、今日もそうなればいいなあと淡い期待を抱きながら見ることに。

しかし、現実はそう甘くはありません。
初回、ヤクルト打線はあっさり三者凡退。

その裏、立ち上がりの中澤投手はヒットと2四球で満塁のピンチを招き、
押し出しの四球と犠牲フライで早くも2失点。
マエケン相手にこれはきつい。

ところがところが、1回終了後、雨が激しくなり試合は中断。そのまま降雨ノーゲムとなりました。
これはラッキ~~!!

前田健太投手相手に負けゲームが一転ノーゲームとは。中澤投手、何か持ってるかも!?
実質勝ったような気分です。
広島に3タテ喰らわされるのを免れただけでなく、中継ぎ投手陣もお休みできました。
e0222575_19465253.jpg

写真は昨年11月戸田秋季練習より中澤雅人投手


一方、カープは中5日のマエケンが、1イニングとはいえ投げた影響が今後のローテにどう響くか微妙ですね。
天気予報見たって、降り続くってわかっていたのに、マツダスタジアムは強行するのがお好きなようで。
それ見たことかと思います。

とにかく今日は中止でよかったです。
穏やかにつぎの試合を迎えることができますね。
by misty2011 | 2014-04-03 19:38 | 東京ヤクルトスワローズ

11/20戸田秋季練習より田川賢吾&中澤雅人投手フォト

更新が途切れて随分遅くなりましたが、11月20日に出かけた東京ヤクルトスワローズ戸田球場での
秋季練習の写真のアップを再開します。

ファン感デーの写真のアップを優先したので、こちらが後回しになりました。

今回は、ルーキーの田川賢吾投手とプロ4年目・中澤雅人投手です。

まずは田川投手から。
私は生で見るのは初めてで、最初は誰かわかりませんでしたが、
背が高いので、ああ、この選手が田川君なんだと気づきました。
陸上トラックをランニング 前列中央
e0222575_1322697.jpg

どちらもあいにく目を閉じたショットになりました。ランニング編はこの2枚しか撮ってないので、代わりがありませんでした。
e0222575_1332438.jpg


キャッチボール 昨年、一昨年と見学した時はトラックの中でキャッチボールをしていましたが、
今回はトラック外周でやっていました。角度的には見づらい位置でした。
e0222575_135632.jpg


e0222575_15255797.jpg



メイン球場に移動して2塁へけん制の練習
e0222575_1382088.jpg
e0222575_138376.jpg
e0222575_1385640.jpg
e0222575_1392181.jpg


昼過ぎからはフィジカルトレーニング タイヤ引きなどやっていました。クリックで拡大します。
e0222575_1334319.jpg

強化トレーニングの合間の休憩中
e0222575_13104731.jpg

田川賢吾投手は未完の大器だけに、怪我のないよう下でじっくり育成してほしいですね。
1軍で投げる日を楽しみに待っています。



ここからは中澤雅人投手 サブグランドでベースランニング
e0222575_13132153.jpg

e0222575_13164932.jpg

タイム計測をしていました。一周するとどの選手も息が上がって苦しそうでした。
e0222575_1317812.jpg


キャッチボール 向こう向きだったので、これしか撮っていません。
e0222575_13174946.jpg

メイン球場でけん制の練習 待機中です。
e0222575_13202725.jpg


午後からは強化トレーニング タイヤ引きなどしていました。水分補給にやってきた中澤投手
e0222575_13211169.jpg

まだトレーニングなど練習は続いていましたが、私は腰が痛くなったので、午後1時頃引きあげました。
クリックで拡大します。
戸田の土手から眺めたサブグランドと陸上トラック
e0222575_13342374.jpg


この後も戸田見学の写真のアップは続きます。
by misty2011 | 2013-12-05 13:51 | 東京ヤクルトスワローズ

虎に3タテされ藤浪に9勝目献上、今日は竜が菅野に黒星をつけたので、まっいいか

このところ、また打てないモードになってきた東京ヤクルトスワローズ。
京セラドーム大阪3戦目の先発は阪神タイガースが藤浪晋太郎投手、ヤクルトは中澤雅人投手で午後6時試合開始。

藤浪投手は、昨日は母校の大阪桐蔭の応援に甲子園球場に出かけるという余裕を見せていましたが、
燕打線はその藤浪くんを打てるでしょうか?
前回対戦した神宮では、4回3失点で早々に、藤浪投手を引きずり降ろしています。

初回、先頭の上田選手がヒット、犠打で2塁へ進むと、3番森岡選手のファーストゴロで3塁へ。
バレンティン選手は四球で2死1、3塁から、5番川端慎吾選手がセンター前に弾き返してヤクルトが1点先制!

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 9安打も打線のつながり欠く…投手陣も与四死球8で4連敗

しかし2回裏、中澤投手は新井貴浩選手にセンターバックスクリーンにソロホームランを放り込まれ同点に。
さらに、福留選手のライトへの2塁打をバレンティン選手が打球処理にもたつく間に3塁へ進み、
関本選手のセカンド後方へのポテンヒットで1-2と勝ち越されます。
その後、犠打で2塁へ進まれ、西岡選手のタイムリーヒットで1-3

4回にはヒットと四球でランナーを出し、七條投手に交代も、鳥谷選手のショート内野安打で1-4
着々と追加点を取られます。

中澤投手は、球威もコントロールもイマイチでは、まあ~こうなりますね。
それでも、もうちょっと粘ってほしかったです。

ヤクルト打線は藤浪投手からヒットはそこそこ打って出塁するも、打線がつながりません。
4回はバレンティン選手が2塁打で出て、1死後、武内選手が四球を選び1死1、2塁も
山田哲人選手が併殺打。

5回は1死満塁のチャンスに3番・森岡選手が最悪のピッチャーゴロで1-2-3の併殺打に倒れ得点できません。

6回には、先頭・バレンティン選手がヒットで代走比屋根選手を送り、その後、内野ゴロの間に3塁へ進み
代打・岩村選手がライト前にタイムリーヒットを放ち、ようやく2点目が入り2-4。
しかし、反撃もここまで。

7回には、押本、久古投手が作った満塁のピンチに藤田太陽投手を送り込みますが、押し出しのデッドボール、
続いても押し出しのフォアボールで2点献上して2-6と突き放されます。

7回からは久保-松田-安藤投手の継投にかわされ2-6で阪神に敗れ、このカード3タテを喰らいました。

e0222575_2130171.jpg

久しぶりの先発も、4回途中で4失点(自責3)降板し、2敗目を喫した中澤雅人投手(写真は2月浦添ブルペン)
今回も先発のチャンスに結果を出せず、今シーズンはもうチャンスがもらえないかもしれませんね。
球威がないだけに、もっと制球をよくするとか、球種を増やすとかしないと、これから先も厳しいように思います。

今日は、対左打者の被打率が高い藤浪投手の先発ということで、ヤクルト打線は3番に森岡選手、
6番に(訂正)武内選手を起用しましたが、スタメンを見た時に、逆に絶望的な印象を受けたのは私だけでしょうか?

3番森岡選手は以前もありましたが、いい結果は出せず、今日も満塁に併殺打。
森岡選手はよく打っていますが、やはりサブ的なポジションで光る存在なんでしょう。
主軸を打つのはちょっと力不足。
また、打率1割台の武内選手を起用するくらいなら、まだ私は畠山選手のほうがマシだと思います。

首脳陣がいろいろ考えて決めたオーダーだとは思いますが、全く夢も希望もなく
試合前から私は、ダメだろうなあって思いましたが、結果もその通りでした。


バレンティン選手は、今日も守備で怠慢プレー。やる気なしのプレーが続いています。
また、6回の交代は、テレビで見た感じでは、自らベンチに交代のサインを出していたように見えました。
どこか腰でも痛いんじゃないでしょうか?
まだ試合がどうなるかは決まってない段階でしたが、今後のことを考えるなら仕方なかったと思います。

今日もそうですが、3番で打順が切れるので、バレンティン選手が先頭打者になること3打席中2回。
それぞれ、2塁打とヒットは打っていますが、軽打という感じで無茶振りをしてなかったのも、
どこか痛めていそうな感じに見えました。

【追記】
バレンティン選手は左足を痛め交代だそうです。病院に行く予定はなく、アイシングなどで治療を受けたとのことです。
軽症であってほしいですね。

やっぱり、得点するためには、バレンティン選手の前にランナーを溜めて
勝負してもらえるように持って行くしかないでしょう。


それほど打撃好調とも思えない阪神に対して、結局、こちらはもっと打てなくてひとつも勝てず3連敗。
1戦目、2戦目とも勝つチャンスはあっただけに、悔しい結果となりました。

特に、2戦目は小川泰弘投手で負けたショックが大きくて、私はがっくりきていましたが、
今日は中日ドラゴンズが、ライアン小川投手の新人王争いのライバルとなる巨人の菅野投手をノックアウトして
黒星をつけてくれたので、ちょっと溜飲を下げました。

チーム状態が悪くて、一向に上昇する気配がないので、私は申し訳ないですが、
楽しみは小川投手の新人王&最多勝、そしてバレンティン選手のホームランを見ることになってきました。
あっ、もう一つ肝心なことを忘れていました。あとは山田くんの成長です。
今日は途中で引っ込められたので、巨人戦のスタメンがどうなるでしょうね?

今日の負けは、まあ想定内なので、それほど気落ちすることもありませんでした。

火曜日からの巨人戦はまた厳しい戦いになりそうですが、3連勝とは言いませんが、
ひとつでも勝ってほしいと思います。
by misty2011 | 2013-08-18 22:36 | 東京ヤクルトスワローズ

初回に2点止まりで山井を崩せず、畠山復帰ソロHRも初回に打てよ~

東京ヤクルトスワローズは今日からナゴヤドームで中日ドラゴンズとの3連戦。
先発は中日が前回の登板でノーヒットノーランを達成した山井大介投手、
ヤクルトは今季1軍初登板となった中澤雅人投手で、午後6時1分試合開始。

ヤクルトは立ちあがりの山井投手を攻め、先頭の山田哲人選手がサードベース直撃のヒットで出塁。
早くもノーノーを阻止!
上田選手もヒット、ミレッジン選手もヒットで続き無死満塁の大チャンス。
ここでバレンティン選手がレフトフェンス直撃のヒットを放ちますが、3塁ランナーが生還したのみで1点先制。
2塁ランナー上田選手は、レフト和田選手のトリックプレーに騙されたのか、スタートが遅れて3塁ストップでした。

5番相川選手の犠牲フライで2-0とし、岩村選手は四球で1死満塁も、
今日1軍復帰の6番畠山選手がセカンドフライ、森岡選手も倒れ、結局2点どまり。

ヤクルトは2回も満塁のチャンスを作りますが、得点できません。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 先制するもチャンス生かせず逆転負け…畠山選手は7号ソロ

今季初登板の中澤投手は初回からランナーを出しながらも無失点に抑えていましたが、
3回、クラーク選手にソロホームランを浴び2-1となります。

中澤投手はボール先行で3ボールになることが多く、球数が増え投球テンポはよくありませんでした。
5回1死後、荒木選手を四球で出しクラーク選手にヒット、和田選手には四球で満塁のピンチを招くと
平田選手に走者一掃のライト線への3塁打を浴び、2-4と逆転されます。

3回以降、立ち直ってきた山井投手からヤクルトは追加点がとれませんでしたが、
6回、畠山和洋選手が7号ソロホームランをレフトスタンドに放り込み3-4とします。
打ったこと自体は褒めなきゃいけないんですが、今打つなら、初回に打っておけよ~!って感じでした。
ハタケに厳しすぎるでしょうか!?

1点差ならわからなかったんすが、7回に木谷投手が4安打のヒットを浴び
2点追加され3-6と引き離されます。

9回はミレッジ選手が2塁打で出塁も、バレンティン、相川選手が倒れゲームセット。
3-6でナゴヤドーム初戦を落としました。

e0222575_16105691.jpg

浦添キャンプ・ブルペンより 中澤雅人投手と相川亮二捕手 今日のバッテリーでした。


何と言っても初回の攻撃が悔やまれます。
無死満塁で、バレンティン選手のあわや満塁弾、神宮なら入っていたでしょう、フェンス上の方に直撃した当たりで、
ランナーが一人しか還って来れなかったというのが勿体なさ過ぎる走塁でした。
しかも2塁走者は俊足の上田選手ですからね。
和田ベンちゃんの動きに騙されたとしても、また当たりが良すぎたとしても、
打球はベンちゃんの頭上を越しているんだから、スタートはもっと早く切れたと思うんですけどね・・・。

そのあと、相川さんはきっちり犠牲フライを打ちましたが、
その後の1死満塁から、ハタケ、モリスケが倒れ追加点がとれなくて、
結局、初回でビッグイニングを作ってノックアウトできる山井投手を、立ち直らせてしまいました。

先発の中澤投手は、それなりのピッチングはしてくれましたが、如何せんボール先行で球数が増え
結局5回につかまりました。この回も2四球が絡んでの3失点は反省点でしょうね。

ヤクルトは横浜に連勝後は連敗と、いつまでたっても借金が減りません。
先発投手事情が苦しいのはわかりますが、どにかく四球を出しての失点は防いでほしいと思います。

トップバッターに定着した山田哲人選手は、今日も3安打猛打賞とよくバットが振れていました。
山田くんとバレンティン選手が上手くつながれば、もっと得点できると思うんですが、
つながって得点できたのは初回のみ。
なにか策が欲しいですね。
まあ、バレ様は歩かされることが多いので、結局は5番以降との勝負で、そこが打てるかどうかってことなんでしょうけど。

初回に大量得点できていれば勝てた試合だったかもわかりません。
by misty2011 | 2013-07-05 22:38 | 東京ヤクルトスワローズ

中澤雅人投手 YSキャンプフォト

プロ野球の開幕が近づいているというのに、まだキャンプ見学の更新が終わっていません。
急がなくてはと焦っています。

今回は東京ヤクルトスワローズの中澤雅人投手です。
現在ファームに下がっていますが、10日の教育リーグでは2回を投げ、コントロールもキレもよく好投しました。
こういうピッチングをしていれば、またチャンスはあると思います。

浦添キャンプ 初日のブルペン
e0222575_10212169.jpg
e0222575_10213493.jpg
e0222575_10213791.jpg

3枚追加
e0222575_19565680.jpg
e0222575_1957975.jpg
e0222575_19571680.jpg

受けた相川亮二捕手から、いろいろアドバイスされているようでした。
e0222575_10215925.jpg

おとなしそうで、とても可愛らしい好感の持てるピッチャーです。
e0222575_10221117.jpg
e0222575_10221579.jpg
e0222575_1022388.jpg

午後、陸上トラックでランニングや強化メニュー 暑かったので水分補給は欠かせません。
e0222575_10385511.jpg


5日、投内連係前のキャッチボール
e0222575_10374923.jpg

5日午後 陸上トラックで投手陣が強化練習 休憩中のひとこま
e0222575_10452061.jpg

7日 バッティング投手として投げました。
e0222575_1042335.jpg


昨年は指のケガで出遅れて登板数こそ3試合と少なかったですが、カープのマエケンに投げ勝った試合が
とくに印象に残っています。
広島との3位争いの真っただ中だったので、あの1勝は大きかったですね。

今シーズンも、チームの勝利に貢献できるよう期待しています。
by misty2011 | 2013-03-13 11:10 | 東京ヤクルトスワローズ