Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:今浪隆博 ( 26 ) タグの人気記事

阪神はノーコン危険投球の藤浪を矯正してから試合に出せ!雄平&今浪適時打&山田5号3ラン

東京ヤクルトスワローズは、由規投手の好投から始まり、石川投手の粘投で2試合連続完封勝利。
そして、昨夜は原樹理投手が好投して3連勝と、思いがけないほどいい流れが来ています。

阪神タイガースとの2戦目は、小川泰弘投手と藤浪晋太郎投手の先発
スタメンは2番に藤井選手、6番は今浪選手で8番に大引選手
当然ながら、藤浪投手に対して、ヤクルトは左バッターを4人揃えました。

今日も、勝敗以前に願うことはただ一つ、藤浪投手に誰もぶつけられませんように!
ぶつけて怖がらす藤浪投手に対しては、
こちらは正攻法で、バットでピッチャー返しをして、ぶつけ返すくらいの気概を示してほしいものです。
と、ここまで試合前に書きました。

試合は、またまた藤浪投手の危険極まりない球、そしてノーコン自滅で荒れた試合となりました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先制許すも逆転!投打が噛み合い、今季初の4連勝!

初回、小川投手は1死後、四球でランナーを出しますが、糸井、福留選手を抑えます。
立ち上がり、今日の小川投手は、気のせいか体が重そうに見えました。

その裏、ヤクルトは三者凡退。山田選手はいい当たりもセンター正面のフライ。

2回、小川投手は先頭の原口選手にセンター前ヒットを打たれます。
レフト、センター、ショートの真ん中にポトリと落ちました。
外野の守備位置が深いのもあって、坂口選手が突っ込んできましたが捕れませんでした。
続く、鳥谷選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ、1点先制されます。
この打球で、悠々ホームインを許してはイカンでしょ。

その裏、1死後、バレンティン選手がセンター前ヒット
2死後、中村悠平捕手が、左脇腹付近に死球をぶつけられます。
またかいな。ストレートがすっぽ抜けてモロぶつけられました。
ムーチョ、そうとう痛そうにしていましたが、一旦ベンチに下がりプレー続行。
大引選手はショートゴロで3アウト。
しかし、藤浪投手、球がどこに来るかわからないだけに怖すぎます。

3回、小川投手は三者凡退に抑えます。

その裏、先頭の小川投手がストレートの四球で出ます。
2死後、山田選手に対しても、顔近くや手首付近に超危ない球が2球ほど向かって来て、ヒヤッとしました。
とにかく当たらなくてよかったです。
しかし危険すぎて、これでは野球になりませんよ。即刻、投球禁止にしてほしいくらい。

山田選手は四球で歩き2死1、2塁。
このあと、藤浪投手の暴投で2死2、3塁
ここで、雄平選手がライトへタイムリーヒットを放ち、二者生還して2-1と逆転!いいぞ雄平!
雄平選手はすかさず2盗に成功。
バレンティン選手は四球で歩き2死1、2塁から、
今浪選手がライト線へタイムリー3塁打を放ち、二者生還して4-1
雄平、今浪選手の両左バッターが藤浪投手をきっちり攻略しました。ナイスバッティング!

4回、小川投手は3人で片付けます。

その裏、先頭の大引選手がストレートの四球で出ます。
ここで、藤浪投手は降板となり、岩崎優投手に継投。
やれやれ、引っ込めてくれてほっとしました。

小川投手は3バント失敗しますが、坂口選手がライトへヒットを放ち1死1、2塁
藤井選手は三振で2死となり、山田選手はセンターフライで追加点ならず。
山田選手は、藤浪投手の危ない球の影響がなければいいのですが、中途半端なスイングでした。

5回、小川投手は、先頭の糸原選手にセンター前ヒット、送りバントで1死2塁
中谷は大ファールのあと、見逃し三振。
髙山選手も二者連続見逃し三振に斬ってとり3アウト。ナイスピッチング!

その裏、2死後、今浪選手がライト線への2塁打で出塁。素晴らしい!
中村捕手はセンターフライで3アウト。
バットを振るのが痛そうなので、あまり無理させないでほしいですね。
昨年の山田くんのこともあるので、試合後はすぐにMRI検査を受けてほしいです。

6回、小川投手は先頭の上本選手にレフト前にヒットを打たれます。
つづく糸井選手をピッチャーゴロ併殺打に仕留め2死ランナーなし。
糸井選手の調子が落ちているのは助かります。
福留選手はレフトフライで、結局三人で片付けます。

その裏、阪神は松田遼馬投手
先頭の大引選手がセンターオーバーの2塁打で出塁。
小川投手は四球を選んで無死1、2塁
坂口選手はバント失敗後、空振り三振
1死後、代打・大松選手はサードゴロで2死1、3塁。1塁代走は谷内選手
続いて、今日まだヒットのない山田選手は、
ここで、ライトへ5号3ランホームランを放り込み7-1と突き放します。
久々の一発、ナイスホームラン!押し込めたので、右へも打球がよく伸びました。
あとはレフトスタンドへの一発を待ちましょう。

7回、小川投手は先頭の代打キャンベル選手にレフトへヒットを打たれます。
鳥谷選手にはセンター前ヒットを打たれ、無死1、2塁
糸原選手は空振り三振で1死となり、代打・伊藤隼太選手はライト前ヒットで1死満塁のピンチ

ヤクルトは、ここで頼れる火消しマン近藤一樹投手に交代。
代わりっぱな、中谷選手に押し出しの死球をぶつけ7-2
髙山選手には犠牲フライを運ばれ7-3
上本選手はショートゴロで3アウト。この2点は仕方なありません。
近藤投手、よく踏ん張りました。

その裏、阪神は藤川投手
先頭のバレンティン選手は四球で歩き、代走は上田選手
今浪選手は送りバントで1死2塁から、
中村悠平捕手がライトオーバーのタイムリー2塁打を放ち、8-3と再び突き放します。

8回、ヤクルトはギルメット投手
センターに上田選手、レフトに坂口選手、ファーストは武内選手
1死後、福留選手にヒット、江越選手に死球をぶつけ1死1、2塁となりますが、
鳥谷選手をセカンドゴロ併殺打に打ちとり3アウト。

その裏、阪神は高橋聡文投手が登板
先頭の坂口選手がセンター前ヒット、谷内選手は送りバントで1死2塁
山田くん、もう1本打ってほしかったですがショートゴロで2死3塁。
ゴロのスイングは、やはりまだバットが遠回りしているようです。
う~ん、ホームランは出ましたが、4打数1安打で、打率2割5分には届かず。
雄平選手はショートフライで3アウト。

9回、ギルメット投手続投で、先頭の糸原選手にライトへヒットを打たれ、
2死後、岡崎選手にもライトへヒットを打たれ2死1、2塁も、
上本選手をセカンドゴロに打ち取りゲームセット。
ヤクルトが8-3で阪神を下しました。

ヤクルトはこれで4連勝、阪神は3連敗
何と言っても、藤浪投手をノックアウトして黒星をつけたのがよかったです。

小川泰弘投手が7回途中まで投げ、7安打7奪三振3失点で4勝目をあげました。
それほど調子がよくはありませんでしたが、要所では三振や併殺がとれたのはさすがです。
7回満塁のピンチでは、近藤投手が何とか2点でしのぎ、あとはギルメット投手が抑えました。

打つ方では、左の雄平選手が2点タイムリーヒットで逆転し、今浪選手が2点タイムリー3塁打で、
藤浪投手を攻略したのが大きいですね。

6回には、山田哲人選手が5号3ランホームランを打って、突き放しました。
そのあと、7回には2点奪われ7-3となりますが、
その裏、死球を受けた中村捕手がタイムリー2塁打を放ち8ー3として、勝負を決めました。
野手が攻撃の手を緩めず、追加点を奪ういい形の得点でした。

明日は星投手に5連勝を託します。
打線は早めの援護をお願いします。

お立ち台は、小川投手と雄平選手で、今浪選手が呼ばれなかったのは残念です。
チャンスに強い今浪選手の1軍復帰は、本当に頼もしい限り。
体調に気をつけて、これからもいいところで打ってください。
e0222575_8135896.jpg



最後に、藤浪投手に対しては、もう怒り心頭です。
ただのノーコンならまだ許せますが、とにかく危なくて、打者は命がけで打席に立たなくてはなりません。
いくら才能があっても、プロがこんなメチャクチャなコントロールでは話になりません。
ただただ、あきれています。今日のブログタイトルの通りです。
こんな危険な球ばかり投げられては、試合になりません。
打者は、打つよりまずは身を守ることの方が大事ですからね。
球が速いだけに、そのうち、もっと重大な事態が起こるかもしれません。

ノーコンが矯正できないのなら、もう試合に出さないでください。
投げるのなら、お互いのために、もうヤクルト戦は避けて、他球団に先発させてほしいです。
金本監督、どうかお願いします。
阪神の投手コーチ、藤浪投手を放置しないで何とかせい!

by misty2011 | 2017-05-20 22:09 | 東京ヤクルトスワローズ

川端選手2軍で実戦復帰!早速ヒット、今浪選手登録抹消

昨夜は黒田投手から3点奪い、3-1のロースコアで逃げ切った東京ヤクルトスワローズ
ナイスゲームでした!

同日、2軍イースタンリーグの横浜DeNA戦(横須賀)では、
7月18日、自打球で右足舟状骨を骨折し、調整中の川端慎吾選手が、2軍戦で実戦復帰の朗報!
3番ファーストでスタメン出場し、三浦大輔投手からライト前ヒットを放ち、3打数1安打でした。

サンスポ ヤクルト・川端、ハマの番長から右前打 最短6日に1軍復帰

守備では、足の負担を考慮し、ファーストを守りました。

川端選手は
「順調に来ている。球の見え方など、打席での感覚は時間がたてば戻る」
今日も同カードに出場し、最短で6日の横浜DeNA戦で1軍復帰するとのことです。
楽しみですね。

写真は4月10日ハマスタ
e0222575_12531452.jpg



少し前には、8月中にも1軍復帰かとの情報もありましたが、9月にずれ込みました。
焦ってもいいことはないので、これでよかったと思います。



一方、昨夜の記事でも書きましたが、再度、掲載しておきます。
今浪隆博選手が3日、甲状腺機能低下症のため出場選手登録を抹消されました。

2日にベンチを外れた際には、体調不良とのことでしたが、
血液検査で甲状腺機能の数値に異常が確認され、全治は不明。
しばらく投薬治療で回復を待つということです。

日刊スポーツ ヤクルト今浪が抹消、甲状腺機能低下症で全治は不明

今浪選手は、よくスタメンだと「疲れるんで・・・」と話していて、
今浪選手ならではの言い回しで、冗談かと受け取っていましたが、本当に疲れてたんでしょうね。
ひょうきんなキャラなので、気がつきませんでした。
申し訳ありません。

甲状腺機能低下症がどんな病気かよくわかりませんが、
主な症状は、強い全身倦怠感、無力感、皮膚の乾燥、発汗減少、
便秘、上下肢、脇、眉の外側の脱毛、声がかすれる、聴力の低下、
目に光がなくなり,顔もぼってとする,鍵の開け閉めなどできにくくなる、等々、さまざまです。

簡単な病気ではないことは確かなようで、根気よく投薬治療を続け、
病気を克服されるようお祈り申し上げます。

しかし、残念ですね・・・。
今浪選手の活躍がなければ、ヤクルトは今の順位にいられなかったでしょうからね。

すぐに完治とはいかないかもしれませんが、
病気とうまく折り合いをつけながら、回復に向かってほしいと願います。
また復帰できる日を楽しみに待ちたいと思います。
どうかお大事に!

by misty2011 | 2016-09-04 10:58 | 東京ヤクルトスワローズ

打線がつながり8得点!杉浦7回2失点で2勝目

ナゴヤドーム2戦目は、山田選手不在の中、チーム一丸となって接戦をモノにしました。

2戦目の先発は、中日ドラゴンズが伊藤準規投手、ヤクルトスワローズは杉浦稔大投手
杉浦投手、たまには、ビシッとしたピッチングを見せてもらいたいものです。

今日はスタメン2番ライトに上田剛史選手が入りました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 先発・杉浦投手が7回2失点の好投!投打が噛み合い連勝!!


昨日は接戦でしたが、今日は圧勝でした。

ヤクルトは初回、2死から打線がつながります。
3番の西浦選手がヒットと2盗、バレンティン選手は四球で出塁すると、
今浪選手がセンターへタイムリーヒットを放ち1点先制。
続く谷内選手もレフトへタイムリーヒットで2-0

2回も2死後、坂口選手が2塁打、上田選手は四球後、
西浦選手がレフトへタイムリーヒットを放ち3-0

その裏、杉浦選手は、平田選手に2塁打、福田選手には四球を与えると、
木下捕手にライトへタイムリー2塁打を打たれ3-1
1塁ランナーはホームで刺し1点どまり。

4回、ヤクルトは西田、坂口選手のヒットなどで1死1、3塁から、
上田選手のセカンドゴロの間に1点追加して4-1

5回には、四球と連打で無死満塁から、大引選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち6-1
ここで中日は佐藤投手に交代すると、坂口選手のセカンドへのタイムリー内野安打で8-1
面白いように打線がつながり追加点を奪います。

その裏、杉浦投手は先頭の堂上選手にヒットを打たれると、ワイルドピッチで2死3塁から、
大島選手のセカンドゴロがセーフとなり、3塁ランナーが生還して8-2
普通のセカンドゴロでしたが、大島選手の足が速くて間一髪セーフとなりました。

中日は6点ビハインドで、左腕の岡田投手が6回から2イニング投げ、
6者連続三振と圧巻のピッチングをしました。敵ながら、なんだか勿体ない使い方でしたね。


杉浦投手は7回まで投げ2失点と試合を作りました。
8回からは、中澤-松岡―近藤投手とつなぎ、中日打線を0点に抑え、8-2で中日を下しました。
これでヤクルトは3カード連続の勝ち越しとなりました。

今日は初回から打線がよくつながりましたね。
ホームランなしで、コツコツ得点を重ねて8得点。
相手先発のイケメン伊藤準規投手の出来が悪かったのもあって、
狙い球を確実に捉えていました。

トップバッターの坂口選手が3安打2打点
3番の西浦選手は3安打1打点と今日も結果を出しました。
5番の今浪選手も3安打で先制タイムリーの1打点
6番の谷内選手が2安打1打点
当たりが止まっていた7番の大引選手は1安打ながら2打点
西田捕手は1安打
で、13安打8得点と、どこからでも点が入りました。

上田選手とバレンティン選手は、四球で出塁はありましたが、ノーヒット。
上田選手は、内野ゴロで1打点はあげましたが、こういう試合でヒットを打っておかないとね…。


先発の杉浦投手は、打線の援護もあって7回を投げ105球、6安打5奪三振1四球で2失点で、
今季2勝目をあげました。おめでとうございます。
いつもは長いイニングを投げられませんでしたが、今日はピンチでも落ち着いて投げていました。

e0222575_2035295.jpg


西田捕手がスタメンマスクを被るようになってから、投手陣の大量失点が目に見えて減ってきました。
3カード勝ち越せたのは、これが大きいでしょうね。
中日戦では3戦とも2失点と、バッテリーがよく踏ん張りました。
まあ~これは、中日打線が冷えているというのもあるでしょう。

それにしても、中日は谷繁監督の事実上の解任劇もあって、チーム状態が悪すぎますね。
選手が気の毒になりました。
監督を代えたからって、状況が変わるってもんでもないでしょうに。
もっと根が深そうです。
ま、他チームの心配をするほどヤクルトも余裕はないですが。

快勝で嬉しい反面、山田くんが欠場してから、打線がつながっているのは、
何とも複雑な思いで見ていました。
山田くんも、周りがこれだけ打ってくれると、一人で背負い込むこともなかったのにと・・・。
山田くんの抹消で、他の選手が危機感を持って奮起していると前向きに捉えたいと思います。
これがどうか続きますように!

by misty2011 | 2016-08-11 20:38 | 東京ヤクルトスワローズ

何をやってるんだか!ミスミス勝ちを手放す★1-3

東京ヤクルトスワローズは、オールスター前最後となる阪神タイガースとの2連戦
初戦は、長野オリンピックスタジアムで行われました。

先発はヤクルトが山中浩史投手、阪神はメッセンジャー投手

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 先発・山中投手が7回無失点の好投も、逆転許し連勝ならず…

まあ、なんという後味の悪い試合だったことでしょう。
こんな負け方をしていては、なかなか浮上できません。

先制したのはヤクルト
2回裏、先頭の山田選手が3塁線を破る2塁打で出塁。
1死後、バレンティン選手の高く弾んだサードゴロで3塁へ進みます。
続く今浪選手がライトへタイムリーヒットを放ち、ヤクルトが1点先制!
ナイスバッティング、今浪選手!

山中投手は、2、3、4、6回とランナーを出しますが、要所を締め得点を許しません。
結局、7回まで続投し、4安打無失点の好投。
相変わらずテンポがよく、遅い球でも向かっていくピッチングが冴えていました。

追加点がほしいヤクルトは7回裏、雄平バレンティン選手の連打で無死1、2塁のチャンス。
バレンティン選手の代走は上田選手
今浪選手が送りバントを決め1死2、3塁となり、
中村捕手のセカンドゴロで、3塁走者は三本間で挟まれタッチアウトとなり(訂正)、2死2、3塁。
ここで、山中投手に代打1番手で田中浩康選手が登場。
はぁ!?、勝つ気あるんかと思いましたが、結果オーライで死球で2死満塁。
ここで、トップに戻って西浦選手に期待も、セカンドゴロで得点ならず。

8回、ヤクルトは平井諒投手が登板
先頭の代打・緒方選手にセンター前ヒットを打たれ、
西岡選手はショートゴロで併殺かと思いきや、西浦選手がボールを握り直していて
ゲッツーが取れませんでした。
ちょっとしたミスで、この後、流れがすっかり変わりました。

つづく鳥谷選手に四球を与え1死1、2塁となり、阪神は原口選手を代打に送ります。
フルカウントからセンターへタイムリーヒットを打たれ、ついに1-1の同点に追いつかれます。

平井投手は、ランナーを背負ってからは、いつものように腕が振れていませんでした。
この辺は、セットアッパーとしての経験不足が出た感じでしょうか。
返す返すも、西岡選手のショートゴロで併殺がとれていればと悔やまれました。

ここでヤクルトは、平井投手に代わり、前回は先発した村中投手が今日は中継ぎとして登板。
福留選手にヒットを打たれ1死満塁のピンチで、ゴメス選手のセンターへ抜けようかという打球を、
山田選手が飛びついて2塁はアウトにしますが、その間に3塁ランナーが生還して1-2
続く髙山選手にレフトへタイムリーヒットを浴び1-3となります。
北條選手にデッドボールをぶつけたところでルーキ投手に交代し、後続を打ち取ります。

村中投手が左に2安打されたのが誤算でしたね。
しかし、先発、中継ぎとコロコロ変えられて、村中投手も調整が大変でしょうね・・・。

追いかけるヤクルトはその裏、高橋投手から先頭の坂口選手が四球を選んで出塁。
川端選手はレフトフライに倒れ、阪神はマテオ投手に交代すると、
山田選手は四球で出塁して1死1、2塁。
つづく雄平選手は右中間への大きな打球で、センターが捕れず、当然ランナーが生還すると思いきや、
なぜか坂口選手は3塁ストップで、
3塁手前まで激走していた山田選手は2、3塁間で挟まれタッチアウト。

坂口選手の動きがイマイチわかりませんでしたが、
雄平選手の打球で、一度2塁へ戻りかけているような感じでしたね。
捕球されると判断したのかもしれませんが、ハーフウェイで様子見でよかったように思います。
戻りかけたので、坂口選手のスタートが遅れたのか、3塁の福地コーチがストップをかけました。
しかも、走ってきた山田くんが3塁手前まで来てたというのに、ストップはないでしょ。
山田くんの走塁を見てなかったとか!?

しかし、あの打球でホームに還れないって、信じられない走塁ミスでしょうね。
スタートが遅れた坂口選手、止めた福地コーチ、ともに判断ミスだったでしょう。
私は、山田くんの激走で、あわよくば2者生還して同点かと思っていましたから・・・。

このあと、代打のジェフン選手が倒れ、1点も取れず3アウト。

9回もドリス投手の前に三者凡退でゲームセット。
ヤクルトは1-3で、阪神に逆転負けを喫しました。
弱い阪神に負けたヤクルトは、マジで弱いと感じた一戦でした。

守備ミスから逆転され、点が取れるところで走塁判断ミスから1点も奪えず。
全力で負けに行っているような試合でした。

7回無失点の山中投手の好投が、今日も報われませんでした。
次こそ必ず勝ちをつけてあげてほしいですね。お願いします!

e0222575_16174645.jpg



西浦選手は打のほうでは少しづつ結果が出てきていますが(今日はチャンスに打てませんでしたが)
やはり守備をもっと安定させないといけませんね。
肩はまずまずなんですが、捕球してから余計な動作が入って、送球がワンテンポ遅れるんですよね。
今日は握り直していて併殺がとれませんでした。
そういう時って、えてして失点につながりますね。

試合後、ベンチで三木ヘッドから何かお説教をされていましたが、
キャンプであまりそういうことを注意して練習していませんでしたからね。
いつも思うのは、キャンプで山田くんより、慎吾くんや西浦選手の守備を
もっと鍛えた方がいいのにと・・・。


それにしても、イヤな負け方でした。
明日はすっきり勝ってほしいです。

by misty2011 | 2016-07-12 22:48 | 東京ヤクルトスワローズ

大引啓次&今浪隆博選手フォト@神宮5月6月

写真のアップです。
今回は5月6月、神宮での大引啓次選手と今浪隆博選手の試合前のショットです。
今浪選手は、ケガをする前の写真です。

その今浪選手は、今日にも1軍登録されるようですね。
早めに復帰できそうで何よりです。

サンスポ 燕・今浪、24日復帰OK!「脳振とう特例措置」適用第1号へ

今浪選手は17日の西武との初戦(神宮)で、フライを追いかけ川端選手と交錯。
鼻の右下を14針縫い、脳しんとうの疑いもあって18日に登録を抹消されました。
しかし、脳振とう特例措置(登録を外れても脳振とうではなかった場合に10日間を待たず再登録できる)
を申請していたので、リーグ戦再開の今日にも復帰できる見込みだそうです。

練習に合流した21日には、「まだ、口があまり開かないので食事は麺類くらいだけど、
もう大丈夫」と明るい表情だったとのこと。
チーム一の勝負強さを見せる今浪選手だけに、復帰となれば心強いです。

【追記】24日、今浪選手は特例措置1号となり、1軍復帰となり、松井淳選手が抹消されました。

写真は、まだケガをする前に撮ったものです。
5月22日神宮 球場入りの今浪隆博選手
e0222575_8132540.jpg


シートノック 大引選手と一緒にショートの守備につきます。
e0222575_8133356.jpg


e0222575_8134916.jpg


e0222575_8135896.jpg


同日 大引啓次選手
e0222575_814688.jpg


e0222575_8141796.jpg


試合直前の素振り 大引選手
e0222575_8143142.jpg


e0222575_8144146.jpg



6月5日神宮 球場入り 今浪選手
e0222575_8152038.jpg


同日 球場入り 大引選手
e0222575_8153585.jpg


アップ中 坂口、大引、三輪選手 アップの際は、この3選手が一緒のことが多いです。
e0222575_8154525.jpg


シートノック
e0222575_8155599.jpg


e0222575_816682.jpg


e0222575_8161553.jpg


e0222575_8162867.jpg


e0222575_8163839.jpg



6月22日神宮 球場入り 大引啓次選手
e0222575_8314743.jpg


e0222575_8315784.jpg


どういう意味かわかりませんが、両手を広げて、にこやかなビッキー
e0222575_832843.jpg


e0222575_8321880.jpg


普段は落ち着いて柔和なビッキーですが、あの誤審があった時にはキレていましたね。
激しい口調で、何か叫んでいました。熱いもの感じました。
マウンドに出向いて、投手陣に声かけをしている姿もよく見受けます。
チームを鼓舞するキャプテンシーはさすがです。
e0222575_8361453.jpg


今日からのリーグ戦再開に向け、頼れる二人に大いに期待しています。

by misty2011 | 2016-06-24 10:21 | 東京ヤクルトスワローズ

乱打戦、決めたのは代打の神様!今浪隆博選手サヨナラ犠飛☆9×-8

東京ヤクルトスワローズは、3連敗で借金6、ついに危険水域に入ってきました。
ここから、真中監督はどう立て直すのでしょう!?
今まで通り、選手の状態が上がるのをじっと待つのか、
何か新たな手をうってくるのか注目となった一戦です。

阪神タイガースとの2戦目の先発は、今日1軍昇格したデイビーズ投手、
阪神はプロ2年目左腕の横山雄哉投手

選手公示では、昨日先発した八木亮祐投手が、早速落とされました。

スタメンを見て嬉しい驚き!
ガラッとオーダーをいじってきました。
1番大引、2番坂口選手の元オリックスコンビ、3、4番は山田、バレンティン選手で、
5番に川端選手が入り、以下、6番畠山、7番雄平選手で、スタメンマスクは西田捕手
これでどういう結果が出るか楽しみに見ました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 今浪選手のサヨナラ打で連敗ストップ!バレンティン選手は今季初の2打席連続弾!

試合は点の取り合いになりました。
初回、ヤクルトはさっそく1番の大引選手がレフトへの2塁打で出塁。
1死後、山田選手がサード強襲ヒットと思いきや、ヘイグ選手のトンネルエラーで1点先制!(訂正)
このあと、バレンティン選手がバックスクリーンに13号2ランホームランを放り込み初回に3点!

しかし、3点リードもつかの間、デイビーズ投手が3回に、相手投手の横山選手に2塁打を浴び、
北條選手のライトへのタイムリー2塁打で1点失うと、ゴメス選手に3ランホームランを浴び
3-4と逆転されます。

追うヤクルトはその裏、四球の坂口選手、2塁打の山田くんをおいて、
バレンティン選手がまたもバックスクリーンへ14号3ランを叩き込み6-4と再逆転。

4回には、川端選手のタイムリー内野安打、畠山選手のタイムリーヒットで8-4と突き放します。

これで今日はイケると思ったら大間違い。
6回からヤクルトは継投に入り、2番手の村中投手が鳥谷選手に2ランホームランを浴び8-6、
福留選手にもタイムリーヒットを打たれ8-7と1点差に。
試合は、わからなくなりました。

村中恭兵投手が、このところ打たれ出したのがちょっと心配。

この後、秋吉投手に交代し、7回まで0点に抑えます。

しかし8回、ルーキ投手が狩野選手にタイムリーヒットを打たれ、ついに8-8の同点に。
いやな流れになってきました。

その裏、1死後、山田くんがレフト前ヒットで出塁すると、バレンティン選手のサードゴロの間に、
一気に3塁まで走ります。ナイスランでしたね~♪
2死3塁で、今日マルチヒットの川端選手に期待も、センターフライに倒れ勝ち越しならず。

8回途中からリリーフしたオンドルセク投手は、9回も続投し、0点に抑えます。

その裏、ヤクルトは藤川投手から先頭の畠山選手がレフトへの2塁打でチャンスメイク!
ハタケらしいライナー性のいい打球でした。代走は三輪ちゃん。
雄平選手は敬遠で無死1、2塁となり、
西田捕手が見事送りバントを決め、2死2、3塁とサヨナラのお膳立て!
西田くん、バントを決め、ほっとした笑顔でしたね。

ここで、ヤクルトはとっておきの代打、今浪隆博投手が打席に入ります。
追い込まれながらも、4球目のストレートを振りぬき、センターへ犠牲フライを運び、
3塁ランナーの三輪ちゃんがホームインして、ヤクルトが9×-8でサヨナラ勝ちを収めました。

やっぱり決めたのはこの男!今や「神様・仏様・今浪様」でしたね。
決めてほしいところ、打ってほしいところで、これだけきっちり仕事をする今浪選手、
本当に凄いことですね、頭が下がります。感動しました。
9回最後のサヨナラの場面で、最高の代打が残っていてよかったです。

しかし、相手ベンチも、これだけ勝負強い今浪選手とよく勝負してくれたものだと感謝です。

まあ、いろいろあった今日の試合。
まず、先発のデイビーズ投手は、ちょっと期待外れでした。
ストレートが速いわけでもなく、制球もよいとは言えず、
わざわざ、海の向こうから獲得してくるほどの外国人助っ人とは思えませんでした。
平凡すぎて、何がいいのか、よくわかりませんでした。
先発ローテが足りないので、これからも投げてもらうことになりそうですが、
今日は打たれた球が全部高かったので、この辺を修正してもらいたいと思います。

それから今日一番印象に残ったのは、西本球審の可変ゾーン炸裂を筆頭に、
1塁から3塁まで塁審が、誤審アリの帳尻合わせの誤審アリで、
とにかく審判団がひどかったことですね。
そこらの草野球のおっちゃんたちが審判しているのかと思うほどでした。
これでは試合が乱打戦になりますわね・・・。
審判団の質の低下はホントに目に余ります。しっかりしてください!

山田くんは、サードゴロで、1塁完全にセーフでしたがアウトの判定をされ、
ヒットを1本損しました(怒)!
ヤクルト側が得した原口選手3塁アウトのミスジャッジもありましたが。
その他、2塁でも大引選手が抗議していたジャッジがあったなどなど・・・。

今日の試合が荒れた原因の一つは、これらの審判団にも責任があるでしょうね。

あと、ベンチがようやく打順の入れ替えを決断して、思い切ったオーダーとなりました。
1番の大引選手は初回の2塁打で、先制点を導きました。

5番に入った川端選手は、今日は久しぶりのマルチヒット。
相変わらずチャンスでは打てませんでしたが、
ヒットが出たことで、復調のきっかけになればと思います。

畠山選手にも、いい当たりが戻ってきて、
9回サヨナラにつながる先頭打者での2塁打はよかったですね。
今日は3安打猛打賞で1打点と活躍しました。

バレンティン選手は2発5打点と大暴れ。
夏に向かって、さらにガンガン打ってほしいと願います。

新オーダーは、まだ、今日だけなので、これからどうなるか見ないとわかりませんが、
坂口選手と川端選手を切り離した点は、評価したいと思います。
お互い、くっついていてかみ合わなかったので、気分転換にもなるし、
ストレスなく打席に入れたことと思います。

最後までもつれて、どちらが勝ってもおかしくなかったですが、
とにかくサヨナラを決めてくれた今浪選手に大感謝です。明日も期待しています。

e0222575_1017247.jpg




by misty2011 | 2016-05-25 23:28 | 東京ヤクルトスワローズ

八木今季初先発も3回4失点、拙い守備、ぶつ切り打線で3連敗

最下位に転落した東京ヤクルトスワローズは、今日から神宮で阪神タイガースとの3連戦

先発は、今季初の1軍マウンドとなる八木亮祐投手、阪神は能見篤史投手

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 終盤の追い上げ及ばず3連敗…今浪選手がマルチ安打

約1年ぶりとなる先発の八木亮祐投手は、初回だけ見たら、
振り逃げもあって4奪三振無失点の素晴らしい立ち上がり!
しかし2回、8、9番に連続四球から3連打浴び3点先制されると、
3回にも1点失い、3回91球6安打3四球6三振で4失点で、試合を作れませんでした。

三振がとれるピッチングは素晴らしいですが、
四球でランナーを出すと、一気に打たれました。
以前から、ピンチになると、途端に腕が振れなくなるんですよね。
いいものは持っているだけに、歯がゆく感じます。

打線は能見投手の前に6回までわずか1安打、バレンティン選手のタイムリーヒットの1点のみ。

チャンスはありましたが、相変わらず打線がつながりません。
6回には先頭の坂口選手が四球を選んで出塁も、2番の川端選手がセカンドゴロゲッツー。
今に始まったことではなく、これだけかみ合わない1、2番を、
どうしてここまで頑固に固定するのか私は理解できません。
川端選手の状態が上がるのをじっと待っているとしても、
4月の好調時でさえかみ合っていませんでしたからね。

また、タイムリーは打ちましたが、自分勝手なバッティングをするバレンティン選手
5番の雄平選手はまだしも、6番の畠山選手は一向に調子が上がってきませんがスタメン固定。

ヤクルトは追加点がないまま、7回には村中投手が原口捕手にソロホームランを打たれ1-5

その裏、チャンスに、代打の今浪隆博選手がライト前にタイムリーヒットを放ち2-5
これがチーム2安打目でした。
やっぱり頼りになるのはナミローくんでした。
さらに、高橋投手のけん制悪送球で、2塁から雄平選手が一気にホームインして3-5

直後の8回、大引選手に代え今浪選手がショートに入り、
秋吉投手が三者凡退に抑えます。

その裏、阪神は藤川投手が登板し、先頭の坂口選手がエラーで出塁すると、
川端、山田選手が連続四球で、無死満塁の大チャンス!
しかし、バレンティン選手がボール球に手を出し、最後は空振り三振。
選んでいれば押し出しの四球でした。苦しんでいた藤川投手を助けました。

雄平選手はサードフライ。
畠山選手は押し出しの四球を選び、ようやく1点入って4-5と1点差に。

しかし、9回、ルーキ投手が登板し、福留、ゴメス、高山選手に打たれ2点奪われ4-7
この回、ショートの今浪選手が高山選手の打球を外野まで追って捕球できない場面がありました。
(記録はヒット)
解説の若松さんは、バレンティン選手が捕る打球だと話していましたが、
バレンティン選手は捕りに来る姿勢を見せませんでした。

3点を追う9回裏、先頭の今浪選手がヒット、
途中出場の西田捕手が、レフトフェンス直撃の2塁打で無死2、3塁となります。
1死後、川端選手がレフトへの犠牲フライを運び5-7
山田選手は四球で出ますが、最後はバレンティン選手がライトフライに倒れゲームセット。

ヤクルトは能見投手降板後、追い上げを見せますが、追いつかない程度の反撃に終わりました。

先発の八木投手は、3回で6三振も奪いましたが、四球が絡んで4失点。
次回、先発のチャンスがあるかどうか微妙ですね?

今日の試合を見ていると、先発、守備、打撃とも、
最下位のチームらしいと思わざるを得ませんでした。
打てず、守れず、打たれては勝てません。

ヤクルトにエラーはついていませんが、
川端選手の打球に対する反応の悪さ、球際の弱さはどうしたものでしょう?
うまいサードならヒット2本分はアウトにできたでしょうね。
体調不良から復帰しましたが、まだ状態が良くないのかもしれませんね。
最後に犠牲フライは打ちましたが、6回には併殺打でチャンスをつぶすなど精彩がありませんでした。

セカンド後方へのフライでは、畠山、山田、雄平選手の連係が悪く、
山田くんが捕れないシーンもありました。

また、守備のかなめ、大引選手を引っ込めたと思ったら、
今浪選手が後方へのフライを捕球できず、タイムリーヒットになりました。
交代する選手が違うだろうって思いました。

とにかく攻守にわたってチグハグ、
ベンチを含め、チームとして一丸となって戦う姿勢が見えません。

このまま、打順をいじらないまま行くんですかね?
昨年成功した攻撃型の2番・川端選手がが今年は機能していないのは明白です。
真中監督、もういい加減動きましょうよ。
畠山選手も、もうスタメン固定する必要はないかもしれません。

じっと選手の状態が上がってくるのを待っていても、手遅れになりそうです。
じっとしていても好転しないのであれば、動いてみることも必要かと思います。

今日2安打した今浪選手は、代打も最高ですが、積極的にスタメン起用してほしいです。

写真は5月22日神宮 今、打席で最も期待できるのは今浪選手かも。
e0222575_10173978.jpg



あと、チームプレーができないバレンティン選手に、ベンチは何も言えないんでしょうか??
ちょっと好き勝手にやりすぎているように思いました。

by misty2011 | 2016-05-24 23:24 | 東京ヤクルトスワローズ

ヤクルトを牽引するパ・リーグ出身の坂口、大引、今浪選手フォト

オープン戦、開幕以降の現地観戦での写真がたまっているので、試合の合間に更新していきます。

今回は、ヤクルトスワローズを牽引しているパ・リーグからの移籍組3選手です。
5月21日時点で、ヤクルトは最下位DeNAとゲーム差0.5の5位につけています。
ここまで、投打とも低調でチームはなかなか浮上できません。

そんな中でも、パ出身の選手たちが、自分の役割をしっかり果たし、
チームの勝利に貢献しています。
特に、チームバッティングができる打撃技術と、打席での勝負強さが光っています。
この3選手がいなければ、今頃、ヤクルトはもっと借金が膨らんでいたのではないかと思います。
何より、生え抜きの選手たちより必死さが感じられますね。

まずは、トップバッターとして高い出塁率と高い打撃技術でチームを引っ張る坂口智隆選手
既出のものもあります。
3月17日神宮 オープン戦 球場入り
e0222575_16124442.jpg


同日 試合より
e0222575_1044183.jpg


4月3日神宮 中日戦 球場入り
e0222575_16135614.jpg


e0222575_161446.jpg


4月10日神宮 巨人戦 球場入り
e0222575_16141322.jpg


e0222575_16142277.jpg


同日 試合より
e0222575_16175495.jpg


5月5日ハマスタ
e0222575_1052160.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大引啓次選手 3月17日神宮オープン戦
e0222575_16145411.jpg


同日 シートノック 大引選手は開幕後、腰痛で離脱したため写真は少な目です。
e0222575_1615222.jpg


e0222575_16151069.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今浪隆博選手 3月17日神宮オープン戦 球場入り
e0222575_16153581.jpg


シートノック
e0222575_16154580.jpg


同日 試合より
e0222575_1010966.jpg


4月3日神宮 中日戦 球場入り
e0222575_16155553.jpg


シートノック
e0222575_1616633.jpg


同日 試合より 打席でのナミロールーティン
e0222575_1017247.jpg


e0222575_10173978.jpg


4月10日ハマスタ 横浜DeNA戦 守備練習
e0222575_16161533.jpg


4月14日神宮 巨人戦 球場入り
e0222575_16162599.jpg


e0222575_16163377.jpg


5月5日ハマスタ ファーストの守備練習 グラブはファーストミットを使用。
この時は、田中浩康選手も一緒に守備練習をしていましたが、浩康選手は内野用グラブ使用。
e0222575_16164214.jpg


以上です。

坂口選手は、左手首への死球、足にもデッドボールを受け、
おそらく満身創痍の中、歯を食いしばって戦っていると思われます。頭が下がります。
どうか、大きなケガにつながらないよう願っています。

大引選手は、昨年とは違って、セ・リーグの野球に馴染んできた余裕を感じます。
攻守とも充実してチームを引っ張っています。
これからも大いに期待しています。

今浪選手は、ヤクルトの選手にはない「しゃ~ない精神」で、
メンタル面で学ぶことが多い選手だと感じます。
チャンスでガチガチにならないところがいいですね。だからこそ結果が出せています。
1塁、2塁、3塁、ショートと、内野はどこでも守れる貴重なユーティリティプレーヤー
これからも「すべり芸」が浸透するよう、目立つ存在であってほしいです。

生え抜き選手たちは、これらの選手からいい刺激を受けて、自らを進化させてほしいと願います。
ベンチは、昨年と同じことをしていても結果が伴わないのであれば、
何かを変えていく決断をしてほしいですね。
「燕進化」を掲げても、現状では「燕退化」となっているように感じます。



by misty2011 | 2016-05-22 11:28 | 東京ヤクルトスワローズ

6回1番から5連打で同点、7回今浪適時3塁打で逆転!ヤクルト大勝で連敗脱出

昨夜は広島カープに0-9の完封負けで、前のカードから4連敗となった東京ヤクルトスワローズ
ズムスタでの2戦目は野村祐輔投手と石川雅規投手
先週の神宮と同じ顔合わせとなりました。

このカード、カープ先発は同じ投手ばとかりが当たり、ジョンソン投手には4戦全敗。
相手にとってはボーナスステージとなってきました。
先週の神宮では、石川投手が粘って逆転勝ちをしたので、
今日は、敵地でも野村投手を攻略して連敗を止めたいところですね。

スタメンを見てびっくり!!
川端選手の名前がありません。2番はサード今浪選手とは・・・。
自打球の影響かと思ったら体調不良で病院に行ったそうです。その後の情報はありません。
また、中村捕手が外れ、西田明央捕手がスタメンです。

選手公示では、昨夜100暴投を記録した新垣投手が抹消となりました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 今浪選手の2点タイムリー三塁打で逆転に成功!14安打11得点の猛攻で連敗脱出!

石川投手は初回、守備の拙さも絡み、丸選手にタイムリーヒットを打たれ1点先制されます。
3回には、菊池、丸、新井選手に3連打浴び2点追加され0-3
今日も敗色濃厚の流れでした。

打線は、野村祐輔投手を今日も打てず、4回までノーヒットに抑えられます。
5回に雄平選手がチーム初ヒット、大引選手もヒットで1死1、2塁も、西田捕手が併殺打。

しかし6回1死後、坂口選手がライトへの2塁打、今浪選手がセンター前ヒットで1死1、3塁から
山田選手が三遊間を抜けるタイムリーヒットを放ち1点かえします。
ようやくヒット、それもタイムリーが出てほっとしました。

すかさず2盗に成功し、1死2、3塁から、バレンティン選手がタイムリーヒットを放ち2-3
雄平選手がライトへ技ありのタイムリーヒットを放ち、ついに3-3の同点に!
何と1番から5番が連続ヒットでつながり同点に追いつきました!!
ここで野村祐輔投手を引きずり降ろします。

しかし、畠山選手が2番手の今村投手の前に併殺打に倒れ同点どまり。
一気に逆転したかった場面でしたが残念です。

7回、ヤクルトは2死後、代打の飯原選手がショート内野安打で出塁。
坂口選手が四球を選び2死1、2塁から、2番の今浪選手がセンターオーバーのタイムリー3塁打を放ち、
ランナーが二者生還して5-3と勝ち越します!!やった~~
さすが、勝負強い今浪選手。慎吾くん欠場の穴を埋めて余りある大活躍!
1、2番コンビが、またもつながって勝ち越しました。

ヤクルトは8回にも小野投手を攻め、満塁から西田捕手が押し出しの死球で6-3
代打・武内選手のタイムリーヒットで7-3とします。

9回には江草投手を攻め、2死2、3塁から畠山選手のライトへのタイムリー2塁打で9-3
西田捕手のサード線を破るタイムリーヒットで11-3と突き放します。

ヤクルトは石川雅規投手が5回まで投げ3失点と、ビジターのカツオくんとしては好投して粘りました。
結果的には、これが逆転につながりましたね。

6回は秋吉投手、7回は村中投手、8回はルーキ投手が、ランナーを出しながらも0点に抑えます。
最後はオンドルセク投手が締め、終わってみれば11-3の大勝で広島を下しました。

秋吉投手に勝ち星がつき3勝目をあげました。おめでとうございます。

途中までは、また野村投手にやられるのかと、もうあきらめの境地で見ていたら、
6回に突如、崩れましたね。
1番の坂口選手の2塁打から始まり、5番まで5連続ヒットと打線がつながり同点とすると、
8回2死から、飯原選手の内野安打、坂口選手の四球から、
今浪選手のタイムリー3塁打で2点勝ち越します。

写真は神宮4月14日 今浪隆博選手
e0222575_22575480.jpg


久しぶりですね、打線がこんなにつながったのは。カープにお返しできてスカッとしました。
特に、今日はパ・リーグ出身の坂口、今浪選手の1、2番コンビが素晴らしい活躍で勝利に導きました。
大引選手も、粘って2四球を選び、2安打放つなど4度出塁しました。
移籍組がホントに頼もしい限りでした。

不調の山田くんにも、今日は1点目となるタイムリーヒットが出て、嬉しかったです。
いや、正直、どうか併殺打だけは打たないでって、祈りながら見ていました。
コースヒットでしたが、抜けてくれてよかったです。

雄平選手も同点打となるヒット、畠山選手も、ハタケらしい右への2塁打が出ました。
復調のきっかけになるといいですね。
西田捕手にも今季初ヒットがタイムリーとなりました。

今日は5回までと、それ以降がまるで違うチームがやっているような戦いぶり。
野村投手の疲れが出たところを一気に攻められたのはよかったです。
欲を言えば、最初から打てとは思いますが、まあ、勝ったので贅沢は言えません。

14安打11得点のこんな猛攻はいつ以来なんでしょう?

出来れば、6回で逆転までして、石川投手に勝ち星をつけてあげたかったですね。
それだけが残念です。

川端選手の体調不良から、思わぬ形でオーダーが変更となり、今日は2番の今浪選手が大成功!
何が幸いするかわかりません。
お休みした慎吾くんにとっては、ちょっと複雑な思いかもしれませんね?

初スタメンの西田捕手は、キャッチングや、2塁送球でミスが出て、課題は山のようにありますが、
とりあえずチームの連敗が止まったという結果は大きいでしょうね。よかったです。
これからも正捕手・中村悠平捕手を脅かす存在に一日も早く成長してくれたらと思います。

とにかく、好きなようにやられていたカープに勝って、今日はぐっすり眠れそうです。
明日は小川投手に連勝を託します。スタメン2番はどうなるでしょう?
今日の流れを大事にするか、慎吾くんが復帰するのか、悩ましいところですね。

by misty2011 | 2016-05-18 22:58 | 東京ヤクルトスワローズ

神宮で負けない石川、粘投4勝目!代打・今浪の同点適時2塁打から大逆転☆5-2

神宮での広島カープとの3連戦初戦に逆転負けを喫した東京ヤクルトスワローズ
ここまで対戦成績1勝5敗と相性の悪さが際立っていますが、
これ以上やられるわけにはいきません。
ヤクルト打線以上の強力カープ打線を、とにかく抑えるしかありません。

ヤクルトの先発は、神宮では強い石川雅規投手、広島は野村祐輔投手
今日は通常のスタメンに戻りました。
昨夜、自打球が心配された川端選手は、無事スタメン出場です。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 終盤の打者一巡の猛攻で逆転に成功!先発・石川投手は神宮10連勝!

初回、石川投手は先頭の田中広輔選手にレフト前ヒット後、2盗され、
菊池選手にセンターへタイムリーヒットを打たれ、早々と先制されます。
1死後、新井選手にもヒットを打たれ、エルドレッド選手の犠牲フライで0-2となります。

初回だけ見ると、このあと何点取られるのかと思いました。

その裏、ヤクルトは坂口選手が初球を打ってセンター前ヒット、
1死後、山田選手もセンターへ抜けるヒットで1死1、2塁も、
バレンティン選手がセカンドゴロ併殺打で、昨日と同じように併殺でチャンスを潰します。

2回以降、石川投手はランナーを出しながらも、粘り強く投げ追加点を許しません。

しかし、打線は全く野村祐輔投手を打てず0が並びます。

野村投手に、神宮で2試合連続完封負けも覚悟した8回、チャンスが訪れます。
ここまでわずか3安打に抑えられていたヤクルトでしたが、
先頭の畠山選手がレフト前ヒットで出塁。
大引選手はショートへの内野安打で無死1、2塁とチャンスを広げます。2塁は代走荒木選手。
中村捕手の送りバントが新井選手のフィルダースチョイスとなり、allセーフで無死満塁!

ここで、広島は野村祐輔投手からジャクソン投手に継投。
私は内心、これは助かったと思いました。もしかして流れが変わるかも!?

無死満塁で、石川投手の代打に今浪隆博選手を送ります。
今浪選手はジャクソン投手の152キロのストレートを弾き返しと、
ライト線へのタイムリー2塁打となり、ランナーが二者生還して2-2の同点に!!
やった~~ナミロー!見事な一打でした。

このあと、坂口選手は倒れ1死満塁から、川端選手の当たり損ねの打球がサードエラーとなり、
1点追加して3-2と勝ち越します。
続く山田選手はコンパクトに振ってセンター前タイムリーヒットで4-2と2点差に!
さらに、バレンティン選手は今村投手の高めのクソボールを叩いて、
センタ前タイムリーヒットで5-2
ノムスケ交代から一気にヤクルトが5点奪い、試合をひっくり返しました。

最後はオンドルセク投手が締めゲームセット。
5-2でヤクルトが劣勢から一転逆転で勝ち、好投の野村祐輔投手に黒星をつけました。

これ、ヤクルト側からすると万々歳ですが、負けた広島はダメージが大きいでしょうね。

野球はこれだから何が起きるかわかりません。
一時は、完封負けも覚悟しましたが、
相手継投が完全に裏目となり、ヤクルトが大きな1勝をもぎ取りました。

お立ち台は、殊勲の同点タイムリー2塁打の今浪隆博選手と、
初回の2失点以降、ねばって4勝目をあげたカツオくんかと思いましたが、
4点目のタイムリーヒットを打った山田哲人選手でした。
もしかして、石川雅規投手はお立ち台を辞退したんでしょうか??

写真は殊勲の代打同点打 今浪隆博選手 神宮4月14日
e0222575_21481075.jpg


石川投手は、これで神宮10連勝!(訂正)
やはり神宮では抜群の相性の良さですね。
初回こそ2失点しましたが、そのあとは、石川投手らしい粘りのピッチングで、
よくぞ無失点に抑えました。
このピッチングが逆転につながったんでしょうね。
価値ある4勝目、おめでとうございます。
次回は、ビジターゲームでも、同じように好投を期待しています。

野村投手交代から転がり込んだ逆転劇でしたが、打線は今日も野村投手に抑えられました。
次回の対戦では、きちんと攻略して苦手意識を払しょくしてもらいたいものです。
その意味でも、今日は野村投手に黒星をつけたのは大きいと思います。
ノムスケ、がっくりだったでしょうね。

8回の逆転は素晴らしかったですが、そこまでは相変わらず打線のつながりが悪かったですね。
私はもう4分の1試合が消化しているので、打順の組み替えがあってもよさそうに思いますが、
頑固な真中監督のことだから動かないでしょうね。
しつこく書いていますが、特に、1番の坂口選手と2番の川端選手が、とにかくかみ合っていません。
昨年は攻撃的2番の慎吾くんが成功しましたが、今季はどうも結果が思わしくありません。
個々の成績はいいので、打順によってはもっとお互いが機能するようにも思えるんですが・・・

by misty2011 | 2016-05-11 21:49 | 東京ヤクルトスワローズ