Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:八木亮祐 ( 35 ) タグの人気記事

八木今季初先発も3回4失点、拙い守備、ぶつ切り打線で3連敗

最下位に転落した東京ヤクルトスワローズは、今日から神宮で阪神タイガースとの3連戦

先発は、今季初の1軍マウンドとなる八木亮祐投手、阪神は能見篤史投手

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 終盤の追い上げ及ばず3連敗…今浪選手がマルチ安打

約1年ぶりとなる先発の八木亮祐投手は、初回だけ見たら、
振り逃げもあって4奪三振無失点の素晴らしい立ち上がり!
しかし2回、8、9番に連続四球から3連打浴び3点先制されると、
3回にも1点失い、3回91球6安打3四球6三振で4失点で、試合を作れませんでした。

三振がとれるピッチングは素晴らしいですが、
四球でランナーを出すと、一気に打たれました。
以前から、ピンチになると、途端に腕が振れなくなるんですよね。
いいものは持っているだけに、歯がゆく感じます。

打線は能見投手の前に6回までわずか1安打、バレンティン選手のタイムリーヒットの1点のみ。

チャンスはありましたが、相変わらず打線がつながりません。
6回には先頭の坂口選手が四球を選んで出塁も、2番の川端選手がセカンドゴロゲッツー。
今に始まったことではなく、これだけかみ合わない1、2番を、
どうしてここまで頑固に固定するのか私は理解できません。
川端選手の状態が上がるのをじっと待っているとしても、
4月の好調時でさえかみ合っていませんでしたからね。

また、タイムリーは打ちましたが、自分勝手なバッティングをするバレンティン選手
5番の雄平選手はまだしも、6番の畠山選手は一向に調子が上がってきませんがスタメン固定。

ヤクルトは追加点がないまま、7回には村中投手が原口捕手にソロホームランを打たれ1-5

その裏、チャンスに、代打の今浪隆博選手がライト前にタイムリーヒットを放ち2-5
これがチーム2安打目でした。
やっぱり頼りになるのはナミローくんでした。
さらに、高橋投手のけん制悪送球で、2塁から雄平選手が一気にホームインして3-5

直後の8回、大引選手に代え今浪選手がショートに入り、
秋吉投手が三者凡退に抑えます。

その裏、阪神は藤川投手が登板し、先頭の坂口選手がエラーで出塁すると、
川端、山田選手が連続四球で、無死満塁の大チャンス!
しかし、バレンティン選手がボール球に手を出し、最後は空振り三振。
選んでいれば押し出しの四球でした。苦しんでいた藤川投手を助けました。

雄平選手はサードフライ。
畠山選手は押し出しの四球を選び、ようやく1点入って4-5と1点差に。

しかし、9回、ルーキ投手が登板し、福留、ゴメス、高山選手に打たれ2点奪われ4-7
この回、ショートの今浪選手が高山選手の打球を外野まで追って捕球できない場面がありました。
(記録はヒット)
解説の若松さんは、バレンティン選手が捕る打球だと話していましたが、
バレンティン選手は捕りに来る姿勢を見せませんでした。

3点を追う9回裏、先頭の今浪選手がヒット、
途中出場の西田捕手が、レフトフェンス直撃の2塁打で無死2、3塁となります。
1死後、川端選手がレフトへの犠牲フライを運び5-7
山田選手は四球で出ますが、最後はバレンティン選手がライトフライに倒れゲームセット。

ヤクルトは能見投手降板後、追い上げを見せますが、追いつかない程度の反撃に終わりました。

先発の八木投手は、3回で6三振も奪いましたが、四球が絡んで4失点。
次回、先発のチャンスがあるかどうか微妙ですね?

今日の試合を見ていると、先発、守備、打撃とも、
最下位のチームらしいと思わざるを得ませんでした。
打てず、守れず、打たれては勝てません。

ヤクルトにエラーはついていませんが、
川端選手の打球に対する反応の悪さ、球際の弱さはどうしたものでしょう?
うまいサードならヒット2本分はアウトにできたでしょうね。
体調不良から復帰しましたが、まだ状態が良くないのかもしれませんね。
最後に犠牲フライは打ちましたが、6回には併殺打でチャンスをつぶすなど精彩がありませんでした。

セカンド後方へのフライでは、畠山、山田、雄平選手の連係が悪く、
山田くんが捕れないシーンもありました。

また、守備のかなめ、大引選手を引っ込めたと思ったら、
今浪選手が後方へのフライを捕球できず、タイムリーヒットになりました。
交代する選手が違うだろうって思いました。

とにかく攻守にわたってチグハグ、
ベンチを含め、チームとして一丸となって戦う姿勢が見えません。

このまま、打順をいじらないまま行くんですかね?
昨年成功した攻撃型の2番・川端選手がが今年は機能していないのは明白です。
真中監督、もういい加減動きましょうよ。
畠山選手も、もうスタメン固定する必要はないかもしれません。

じっと選手の状態が上がってくるのを待っていても、手遅れになりそうです。
じっとしていても好転しないのであれば、動いてみることも必要かと思います。

今日2安打した今浪選手は、代打も最高ですが、積極的にスタメン起用してほしいです。

写真は5月22日神宮 今、打席で最も期待できるのは今浪選手かも。
e0222575_10173978.jpg



あと、チームプレーができないバレンティン選手に、ベンチは何も言えないんでしょうか??
ちょっと好き勝手にやりすぎているように思いました。

by misty2011 | 2016-05-24 23:24 | 東京ヤクルトスワローズ

4/26神宮★1-4 試合編フォト、また高木勇人投手を打てず

昨夜は神宮に出かけましたが、現地観戦の試合としてはハズレでした。
試合時間が短くて、早く帰宅できたのがよかったくらいです。
私は先週の日曜日に出かけた時は、なにしろ5時間20分の長時間で、
サヨナラ勝ちはよかったですが、帰宅が午前様でしたからね。

先に、畠山和洋選手の通算100号メモリアルアーチの写真をアップしましたが、今回は試合編フォトです。

今季初先発の八木亮祐投手は、初回、先頭の金城選手にレフトへヒットを打たれ、
片岡選手の打席でボークをとられます。
呆然とする八木投手 前日の巨人・田口投手とかぶりますね・・・。
e0222575_1117394.jpg


2塁へ進んだ金城選手
e0222575_11174714.jpg


片岡選手の送りバントで3塁へ進むと、打撃好調の橋本到選手に1塁線を破るタイムリー2塁打を浴び
1点先制されます。
e0222575_11185339.jpg


e0222575_1119160.jpg


このあと、坂本選手はセカンドフライ、アンダーソン選手はサードファールフライに打ち取り追加点は許しません。
動画でご覧ください。毎度ながら、打球の行方は追えていません。


     


読売ジャイアンツの先発は高木勇人投手 前回対戦したときも抑えられましたが、
この日もサクサク凡打が続きます。
e0222575_11271263.jpg


3回、八木投手は片岡治大選手にライトポール際に3号ソロホームランを運ばれ0-2
e0222575_11273294.jpg


意外と伸びてスタンドイン ホームインする片岡選手
e0222575_11274268.jpg


3回裏、武内選手が四球で出ますが、送りバント失敗などで2死1塁
山田哲人選手はライトへ大きな飛球でしたが、あと一伸び足りません。
ホームラン性の当たりでも、ファールで切れたり、飛距離がわずか足りずというのが多いですね。
昨年なら入っていたと思われる打球が今季は多いです。
不振から抜け出せないのは、この辺もあるんでしょうね。
e0222575_11295883.jpg


4回裏、ヤクルトは先頭の上田剛史選手がセーフティバントで出塁 チーム初安打です。
e0222575_1133999.jpg

しかし、けん制タッチアウトとなります。昨年の上田選手が戻ってきたようでした。
勿体ないですね。
e0222575_11331979.jpg


5回、片岡選手がヒット、2盗後、橋本選手のファーストゴロで3塁まで進み、
坂本選手は四球で2死1、3塁のピンチでしたが、八木投手が踏ん張り追加点を与えません。
e0222575_113523100.jpg


その裏、畠山和洋選手に6号ソロ、通算100号メモリアルアーチが飛び出し1-2
畠山選手のホームランのシーンは前の記事 こちら でご覧ください。

e0222575_1143365.jpg


6回から継投に入り、古野正人投手がランナーを出しますが無失点に抑えます。
e0222575_11455039.jpg


7回は中澤雅人投手が三者凡退にきっちり抑えるナイスリリーフ 躍動感がありますね。
e0222575_1146217.jpg


ラッキー7の応援 畠山選手の100号本塁打や、飯原選手の32歳の誕生日を祝福するボードが掲げられていました。
e0222575_11492027.jpg


7回、先頭の川端選手がレフトへのヒットで出塁も、後続が倒れ得点できません。
雄平選手のレフトへの大飛球はアンダーソン選手の好捕に阻まれました。
e0222575_11515317.jpg


8回は秋吉亮投手が登板
1死後、アンダーソン選手に四球を与えると
e0222575_1152581.jpg


スタメンを外れた代打・村田選手にヒットを打たれ
e0222575_11543760.jpg


小林誠司捕手にタイムリーヒットを浴び1-3
e0222575_11544918.jpg


代打の高橋由伸選手にもヒットを打たれ2死満塁
つづく金城選手には押し出しの死球で1-4
e0222575_11573755.jpg


その裏、マシソン投手が登板
e0222575_1159156.jpg


武内選手がバットを折りながらもヒットで出塁
e0222575_11591437.jpg


2死後、山田選手がレフト前ヒット しかし、上田選手が倒れ、この回も得点なし
e0222575_11592243.jpg


9回はロマン投手が登板し、ランナーを出しますが無失点に抑えます。
e0222575_125963.jpg


9回裏、最後の攻撃も澤村拓一投手に抑えられ1-4でゲームセット
e0222575_1205469.jpg


3時間足らずであっさり敗戦
e0222575_1261939.jpg


ルーキー高木勇人投手は無傷の4連勝 早くも新人王レースの最有力候補となりました。
e0222575_1262880.jpg


八木投手は、初回はボークなどありドタバタしましたが、
それ以降は、そう悪くもなく5回まで投げました。
いいものは持っていますが、勝ち方がまだわかってないように思います。
伸び悩んでいるのが歯がゆく感じます。
次回もチャンスをもらえるそうなので、きっちり結果を出してほしいですね。

1点ビハインドで、8回の秋吉投手が誤算でしたね。
あそこで2点追加点を許したことで、ラクに巨人に逃げ切られました。
1点差のままなら、反撃の可能性はあったでしょうね。

打線は、前回は初物に弱いところを見せましたが、今日も同じ投手に同じようにやられました。
高木勇人投手は新人らしからぬ落ち着きで、自信を持って投げているように感じます。
次回、当たるときまでには、しっかり対策をお願いします。

ヤクルトが負ける試合は、攻撃に関しては無策無抵抗が目立つのが残念です。
それにしても打線に元気がありませんね・・・。
山田くんが先頭で打って勢いをつけられたらいいのですが、まだ状態が上がりません。
杉村コーチ、何とかなりませんか!?お願いしますよ!
by misty2011 | 2015-04-27 12:22 | 東京ヤクルトスワローズ

4/26神宮観戦 見どころなし、畠山6号ソロ通算100号メモリアルアーチの1点のみ

今日は神宮現地観戦でした。
東京ヤクルトスワローズは読売ジャイアンツとの神宮「TOKYOシリーズ」最終戦

先発は今日昇格した八木亮祐投手が今季初先発
e0222575_2239553.jpg


巨人はルーキーで早くも3勝を挙げている高木勇人選手
e0222575_2239245.jpg


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 畠山選手がプロ通算100号アーチを放つも連勝ストップ

もう試合経過を書く気にもなれないような試合でした。

取り急ぎ、畠山選手の6号ソロ、プロ通算100号メモリアル本塁打を打ったシーンを先にアップします。
試合編フォトは、翌日に回します。

橋本至選手のタイムリー2塁打と片岡治大選手の3号ソロで2点リードされた5回裏、
畠山和洋選手がリーグトップに並ぶ6号ソロホームランを放ち、1点かえして1-2となります。
e0222575_22471280.jpg


e0222575_22413393.jpg


e0222575_22413939.jpg


プロ野球273人目となる通算100号ホームランで花束が贈呈されます。
e0222575_22414790.jpg


e0222575_22415755.jpg


e0222575_2242569.jpg


畠山コールに手をあげて応えます。
e0222575_22472823.jpg


ヤクルトは8回、秋吉亮投手が2点取られ1-4 そのままゲームセット
e0222575_22422268.jpg


ヒーローインタビューは4勝目を挙げた高木勇人投手でした。
前回も打てず、今回も抑えられました。次回当たる際には対策をきっちりお願いします。
e0222575_22423039.jpg


あまりに無策無抵抗で、畠山選手のメモリアルアーチの1点のみ。寂しい限りの試合でした。

試合編フォトの記事は、このあと準備でき次第アップします。
by misty2011 | 2015-04-26 23:00 | 東京ヤクルトスワローズ

OP戦 八木亮祐投手4回1失点、ヤクルト1安打で阪神に完封負け

東京ヤクルトスワローズは、今日は甲子園球場で阪神タイガースとのオープン戦

先発はヤクルトが八木亮祐投手、阪神はメッセンジャー投手
侍ジャパンの強化試合は終わりましたが、山田くんと雄平選手は今日も出場していません。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 【オープン戦】投手陣が1失点で踏ん張るも打線が沈黙…タイガースに完封負け


初回は三者凡退に抑えた八木投手でしたが、2回、関本、マートン選手に連打され無死1、2塁のピンチを招きます。
福留選手にも打たれ3連打であっさり1点先制されます。
球が高くスピードも出ず、打者には打ちごろでした。
なおもピンチでしたが、後続を抑え1点で切り抜けました。

3回、八木投手は先頭の上本選手を四球で出しますが、ここは中村悠平捕手が好送球で盗塁を刺します。

ヤクルト打線は、太めになったメッセンジャー投手の前に5回ノーヒットと完璧に抑え込まれました。
エラーで出たランナー-一人のみで、それも次の打者が併殺打で、5イニング三者凡退に終わりました。

まあ、今日はメッセンジャー投手がよかったので、こりゃ~打てんで仕方ないですが、
黒田投手の時といい、燕打線はこういう無抵抗が多すぎますね。
山田くんと雄平選手がいれば、ちょっとは見どころがあったでしょうか!?
この二人が黒田、メッセンジャー投手とオープン戦で対戦できなかったのはちょっと不利ですね。

八木投手は、結局4回を投げ3安打2四球で1失点。写真はキャンプ初日ブルペン
e0222575_22552755.jpg


2回の3連打による1失点ですが、球自体が本来の八木投手とは程遠い感じでした。
私は八木投手には期待していましたが、これではローテ入りは確定できないでしょうね?
それに八木君は高津コーチからあまり評価されていませんからね。

5回からは児山佑斗投手が登板。
ライト荒木貴裕選手のファインプレーもあって、5回は無失点に抑えます。
6回にはマートン選手にこの日2安打目となるライトへの2塁打を浴び、そのあと四球でピンチを招くと
徳山武陽投手に交代。

徳山投手は1球で新井良太選手をファーストファールフライに打ち取り3アウトチェンジ!
徳山投手は、この後も8回まで投げ1安打無失点と好投しました。

ヤクルト打線は6回は渡辺投手の前に三者凡退。

7回、安藤投手から藤井亮太選手がチーム初ヒットで出塁。やれやれノーノーは免れました。
川端選手はショートゴロエラーで出塁し、安藤投手の2塁けん制悪送球で藤井選手が3塁へ。
ミレッジ選手は三振で、1死1、3塁となり畠山選手に期待がかかりますが、セカンドフライに倒れ、
森岡選手はレフトフライで3アウト。
相手ミスにつけ込むことができません。

8回は松田遼馬投手に、9回は呉昇桓(オ・スンファン)投手の前に三者凡退でゲームセット。
わずか1安打で完封負けを喫しました。

まあ~、それにしても打てません。
メッセンジャー投手がよすぎましたが、他の投手も打てず完封リレーされましたからね。
バレ様がいなくて、山田&雄平選手抜きの打線がこんな貧相なものかとがっくりでした。
アピールしなきゃいけない控え組のバッティングが悲惨です。
打数は少ないとはいえ、打率が1割台やそれ以下ですからね。
ミレッジ選手も打率が急降下しています。

唯一のヒットを打った藤井選手は、最後の打席もライトフライでしたが、
呉昇桓投手の球をきちんと捉えていました。

投手では八木投手が微妙で、あとは私が推している徳山投手が今日の好投で
1軍には確実に残れそうでよかったです。

2軍教育リーグでは、今日は石山泰稚投手が5回無失点と好投したようなので、
5枠目は石山投手になりそうですね。

由規投手は昨日好投しましたが、長い回を投げるために2軍調整となりました。

しかし、表ローテで、小川-石川-杉浦投手と並べると、裏ローテが成瀬-石山-誰か?となると
表裏に差がありすぎて、これってどうなのと思います。
表ローテで負け越すと、取り返すのがかなり厳しくなるでしょうね。

ただ、不安はありますが、全体的には投手陣は昨年よりは状態がいいようで、
今季は防御率が改善されそうです。
by misty2011 | 2015-03-12 16:22 | 東京ヤクルトスワローズ

八木亮祐投手フォト@2015ヤクルトキャンプ

東京ヤクルトスワローズ沖縄春季キャンプ見学より、選手別の写真のアップを続けます。

今回は八木亮祐投手です。
キャンプでは一時、左脇腹の違和感で別メニュー調整となりましたが、すぐに通常メニューに戻りました。
「主力の長期離脱が一番手痛い。若手は痛いと言いづらいし、今年は特に早めに申告させている」
という真中新監督の方針のもと、
今キャンプからは、わずかな違和感でも報告、連絡、相談させる“ほうれんそう”が徹底されているようです。


キャンプ初日のブルペン
e0222575_22541126.jpg


e0222575_2352125.jpg


先発ローテ枠争いでは、八木投手も候補の一人ですが、まだ確定はしてなくて、
これからのオープン戦での仕上がり具合にかかってきます。
私は、是非先発ローテの一角に入ってほしい投手なので、いい結果を出してくれるよう期待しています。
e0222575_2354187.jpg


e0222575_2355136.jpg


e0222575_2361142.jpg


e0222575_2395497.jpg


同じ初日 カメラの露出を下げて撮影 こちらのほうがいい写りかもしれません。
e0222575_22552755.jpg


躍動感ある投球フォームです。八木投手は何といってもストレートが魅力
試合では、自信を持って腕を振って投げ込んでほしいと思います。
e0222575_22553698.jpg


e0222575_22555469.jpg


2日 サブグランドでの守備練習 2班に分かれてノックを受けていました。
e0222575_2256417.jpg


練習の合間、明るい笑顔でした。
e0222575_22561974.jpg



2月3日ブルペン
e0222575_9461692.jpg


e0222575_9462915.jpg


e0222575_9464091.jpg


2月6日 打撃投手登板 2枚追加
e0222575_1110515.jpg


e0222575_11102151.jpg



八木亮祐投手が登場するMY動画は
 2日サブグランド投手陣の守備練習 
  http://youtu.be/_gTpPCgFTi4
  http://youtu.be/ifSGNe5Zlhs

 3日投内連係 
  http://youtu.be/cIxNyfp6Tf8

 6日投内連係
  http://youtu.be/QD9Hy51wgcE


ヤクルトスワローズ沖縄キャンプ見学レポの記事は、「浦添キャンプ」のタグでご覧ください。

私が撮ったヤクルトキャンプ動画51本の一覧は、YouTube My動画ページ tokyoysmistyで、ご覧いただけます。
by misty2011 | 2015-02-21 10:23 | 東京ヤクルトスワローズ

ファン感 若手5投手トークショー1 杉浦稔大・八木亮祐投手

東京ヤクルトスワローズ2014ファン感謝DAYその12は、午前にステージで行われた「真剣投手陣しゃべくり場」より、
来季先発で期待される若手投手陣5人によるトークショーです。
枚数の都合上、3回に分けてアップします。

なお、これまでのファン感謝DAYの記事は「ヤクルトファン感」のタグをクリックしてご覧ください。

若手投手陣 杉浦稔大、八木亮祐、由規、石山泰稚、村中恭兵の5投手がステージに登場
時間が経ったので、トークショーの内容はすっかり忘れました。
写真を撮っていると、話の内容まで覚えていられないというボケばあさんです。
今シーズンを振り返ってや、来季への抱負、野球以外のプライベートの話など様々でした。
e0222575_1056589.jpg


まずは杉浦稔大(としひろ)投手 肘の故障で出遅れたルーキーでしたが、さすがドラ1の片りんを見せ
終盤の9月24日にプロ初勝利、10月1日に2勝目を挙げました。
私はその2勝とも神宮で現地観戦でした。
ヤクルト投手陣には珍しく?コントロールが良さそうです。
大崩れしないので、安定した先発投手として来季は期待できそうです。
e0222575_10561467.jpg
e0222575_10565770.jpg

「今年はけがから始まってチームに何もできなかったけど、
フェニックスとか秋季キャンプでしっかり投げ込んできたので来年は大丈夫だと思います」
e0222575_10571218.jpg
e0222575_10573047.jpg

e0222575_11111031.jpg

e0222575_1114132.jpg

e0222575_1117771.jpg


外野スタンドを見上げると、松岡健一投手と山本哲哉投手が、お絵かき対決の時から引き続き
カードを配っていました。
e0222575_1112752.jpg



続いて八木亮祐投手
8月に登板中に左太ももの肉離れで戦線離脱。
来季は怪我をしないで1年間ローテをしっかり守ってほしいですね。
個人的には、私は八木投手にはまだまだ伸びしろを感じているので期待しています。
球速はあまり出ませんが、ストレートがキレキレの時は素晴らしいですからね。
e0222575_11122459.jpg
e0222575_11125541.jpg
e0222575_11135016.jpg

e0222575_11175278.jpg

e0222575_1119077.jpg


八木投手が「村中さんによく『狩りに行こう』って(人気オンラインゲームに)誘われます」と、
村中投手のゲーム好きエピソードを披露。
村中投手は「部屋にいなくてもインターネットでつながってます」と話し、笑いをとっていました。
e0222575_11391833.jpg

e0222575_11393915.jpg
e0222575_1139533.jpg
e0222575_11401243.jpg


次回はトークショーより由規投手のフォトをアップする予定です。
by misty2011 | 2014-11-30 11:52 | 東京ヤクルトスワローズ

山田哲人3安打猛打賞188安打、なお試合は完敗

東京ヤクルトスワローズは、今季読売ジャイアンツとの最終戦となりました。
先発はヤクルトが左太ももの肉離れから復帰登板となる八木亮祐投手、巨人は菅野智之投手

今日も私の関心は、山田選手が何本ヒットを打てるかです。
中日ドラゴンズは今日が最終戦で、大島洋平選手が何本ヒットを打つかも気になります。
しかし、ライバルがどうこうなんて言ってられません。とにかく山田くんはヒットを打つしかありません。

復帰登板の八木投手は初回、2塁打、四球後、坂本勇人選手に3ランホームランを浴び3点先制されます。

その裏、先頭の山田選手が菅野選手から左中間への2塁打を放ち出塁!186安打で菊池選手に並びました。
やったね、これで2塁打数も再びトップの38本に。しかし、後続が倒れ得点なりません。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 シーズン80敗…山田選手が猛打賞で最多安打へ大きく前進!

菅野投手は、腰に違和感のアクシデントで2回を投げ降板
3回以降、巨人は小刻みは継投に入ります。

一方、八木投手は5回を投げ3失点。

6回からは久古投手が投げますが、2四球でランナーを出し、古野正人投手に交代
代走の鈴木選手が3塁盗塁失敗後、ロペス選手に2塁打を打たれ、
この後、橋本到選手に3ランを浴び0-6と一方的な展開に。

その裏、福田投手から先頭の山田選手が初球をたたいてレフト前ヒットで出塁。これで187安打
ランナーが上田選手に入れ替わり2死2塁から、畠山選手がライト前にタイムリーヒットを放ち1-6とします。
終ってみれば、ヤクルトの得点はこの1点のみでした。

古野投手は7回も続投で、この回、ヒット、四球、
内野安打にサードに入った田中浩康選手の1塁悪送球などあり1-7
井端選手にタイムリーヒットを打たれ1-9

8回は1軍昇格した新垣渚投手が登板し、2安打と1塁に入った荒木選手のエラーで満塁のピンチを招きますが
無失点に抑えます。

その裏、先頭の山田選手が土田投手からレフト前ヒット。今日3安打猛打賞で188安打
高目のボール気味でしたが、思いっきり引っ張りました。
これは大きなヒットでしたね。
昨日、試合後の雄平選手の励ましが効いたかもしれません?
ベンチに戻った際に、真っ先に雄平選手とタッチしていました。

9回は中澤投手が投げ、サード浩康選手のファンブルなどありましたが、0点に抑えます。

ヤクルトは今日もエラーが3個。浩康、荒木選手とも不慣れなポジションでしたが、
控えである以上、普段からもっと各ポジションでの練習が必要でしょうね。

その裏、ヤクルトは中村悠平捕手が今日2安打目のヒットで、打率3割に乗せますが、
代打・西田選手が三振に倒れゲームセット
次の打者が山田くんだったので、何とかつないでほしかったですけどね・・・、残念。

試合は2本の3ラン被弾などで1-9と大敗でしたが、
最多安打を狙う山田哲人選手が3安打猛打賞で188安打となり、今日1安打で最終戦だった大島洋平選手
また、試合のないカープの菊池涼介選手に2安打リード。
最多安打のタイトルへ大きく前進しました!

菊池選手はあと巨人との1試合。山田くんはあと横浜戦が2試合残っています。
その意味でも、今日の3安打はよかったですね。巨人投手陣に感謝です。
最終戦のカープ戦では、巨人は菊池選手をきっちり抑えてくださいね!

試合は大敗ながら、山田選手の3安打で、ばあさんはすっかり気分がよくなりました。
これなら191安打超えも可能になってきましたね。あと3安打でタイ、4安打で日本人右打者の最多安打達成です!
ここまで来たら、狙ってください!記録更新を楽しみにしています。

いやいや、今日はホントに嬉しいです。ぐっすり眠れそう♪

3安打目を打った際、投手交代の間に2塁上で坂本勇人選手と笑顔で話していた山田くん
久しぶりに明るい笑顔が戻ってきました。
試合が5日まで空くのがちょっと勿体ない気がしてきましたが、残り2試合、今日の調子でガンガン打ちましょう!
e0222575_21534894.jpg

写真は10月1日神宮 試合前アップに集合の山田哲人選手 すごくかわいい表情です。

YouTube プロ野球チャンネル セントラルリーグ ハイライト

      
by misty2011 | 2014-10-02 22:09 | 東京ヤクルトスワローズ

復帰の畠山効果抜群!先制適時打マルチ、好守の内野陣、八木完封目前のアクシデントも5勝目

借金が19と膨れ上がった東京ヤクルトスワローズ
この「19」という数字を見ると、2010年高田監督が、少年ファンからのヤジでとどめを刺され辞任を決意、
当時ヘッドコーチだった小川さんが監督代行となって手腕を奮ったことを思い出します。
あのころの小川監督は、目が輝いて生き生きとしていました。
翌年はあと一歩で優勝するまでのチームに導いてくれましたが、今はもう遠い昔のような気がします。

借金が当時と同じ19になったので、もしかして小川監督に何か動きがあるかと思いましたが、何もなく、
それどころか、試合後、衣笠球団社長がクラブハウスで「心機一転、頑張ってくれ」と、小川監督ら首脳陣を激励したとのこと。
球団の言いなりになる小川監督に辞められては困るんでしょうね。あとの引き受け手もなさそうですし・・・。
これで今シーズンは最後まで監督をやり通すことは決定的で、もしかして来季も監督続行の可能性もありそうです。

親会社が12球団一やる気がなく、優勝を目指すつもりもなさそうで、補強もままならない現状では
だれが監督をやってもこういう結果になることは予想されましたが、やっぱり責任はとるべきだと思います。
昨年が“その時”だったと思うんですが、続投を要請されると、小川監督はすぐに辞意を翻して今季続投に至りました。
小川監督は温厚で人柄もよく、私は人間的には好きな監督さんですが、だからこそ男のケジメはつけてほしいと思っていました。
勝負師としては、もうとっくに底が見えているし、限界を感じます。
これ以上続けても、イメージダウンにつながるだけだと思いますけどね。
そうなってほしくはないので、余計、進退はきっちりつけるべきだと思います。


前置きがが長くなりました。
甲子園球場での阪神3連戦の初戦
先発は阪神が好投が続いている岩田稔投手、ヤクルトは八木亮祐投手の両左腕
昨日、赤川投手と岩村選手が抹消され、
今日は松岡健一投手と、左太ももの肉離れで離脱していた畠山和洋選手が上がってきました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 八木投手が9回途中無失点で5勝目! 畠山選手が復帰で先制打

復帰即ファースト6番でスタメン出場  畠山和洋選手    写真は5月28日神宮
e0222575_1543530.jpg


2番に谷内選手、3番は飯原選手で、5番が川端選手、雄平選手は7番に下がりました。
スタメンマスクは久しぶりに相川亮二捕手
毎度の左右病、日替わりオーダーには、もう驚くことはなく慣れました。

試合は復帰した畠山選手が、早速、結果をだしてくれました。
2回、バレンティン選手が四球で歩くと暴投で2塁へ進み、慎吾君の得意の内野安打で1,3塁。
ここで、畠山選手がセンター前ポテンヒットのタイムリーで先制すると、雄平選手の併殺崩れで1、3塁
続く相川捕手が犠牲フライを運び、ヤクルトがこの回2点奪います。

その裏、八木投手はマートン選手に2塁打を打たれますが、後続を打ち取ります。

ヤクルトはその後、立ち直った岩田投手から追加点がとれません。

5回裏、八木投手は先頭からヒット、四球でピンチを招きますが、
川端選手がサードを抜けるかと思う打球にすばやく反応して2塁アウトにすると、
山田選手も岩田投手の1,2塁間を抜けようかという打球を捕って1塁へ送球して3アウトチェンジ。
ヤクルトの内野にしては珍しく守備でファインプレーが連発して、八木投手を救いました。

直後の6回、1死後、谷内選手がレフト線への2塁打後、ワイルドピッチで3塁へ。
バレンティン選手は歩いて2死1,3塁。しかし、川端選手が倒れ追加点ならず。

その裏2死後、鳥谷選手がヒットも新井貴選手を三振に仕留め、八木投手の無失点ピッチングが続きます。

7回、ヤクルトは雄平選手が2塁打で出塁も、後続が倒れます。

2-0の9回は日本復帰の建山投手が登板し、バレンティン選手は倒れますが、川端選手はヒット、
畠山選手がセンター前ヒットで続き(代走・上田選手)、雄平選手が右中間へタイムリー3塁打で4-0と引き離します。
この追加点は大きかったです。

9回裏も八木投手は続投しますが、先頭の俊介選手にライト前ヒットを打たれた際に、
左指にアクシデント発生で、完封目前で降板。つったみたいですね。
一旦ベンチに下がって治療して出てきたんですが、投手交代となりました。

その前に時間稼ぎをする間もなく、高津コーチがボールを持って出てきて、八木投手がマウンドに向かったんですが、
小川監督が交代を告げました。この辺は、監督とコーチの連係ミスで不手際を感じます。

急遽登板したバーネット投手は、鳥谷選手、新井貴選手を三振に斬ってとりますが、
マートン選手にセンター前ヒットを打たれます。
しかし、新井良太選手を空売り三振に斬ってとり、4-0で阪神を完封しました。

ヤクルトは八木投手の好投で、最後はバーネットが抑え連敗を5で止めました。
それにしても、最後は完封目前だったので、指がつっての降板は惜しかったですね。
八木投手は8回0/3を投げ、わずか3安打7奪三振1四球、今季いちばんの好投でした。
5勝目おめでとうございます。
バーネット投手も肩ができてなかったと思いますが、よく抑えてくれました。見事な完封リレーでしたね。

久しぶりに先発した相川捕手は、八木投手のストレートがよかったのもありますが、いつもよりテンポよく、ナイスリード。
中村捕手が行き詰ったところでの先発マスクは、タイミングがよかったと思います。
これでこそベテランの力です。
中村捕手にもいい刺激となったことでしょう。

今日の阪神打線はゴメス選手がスタメンから外れ、キャッチャーも打撃のいい梅野捕手はベンチ、
新井兄弟がスタメンに並ぶなど、ヤクルトにとってはラッキーでした。

それにしても、2軍で2試合しか試合出場してない畠山選手が、ぶっつけ本番状態で1軍スタメン復帰して
いきなり結果を出すのはできすぎの感もありますが、大したものです。
先制タイムリーで勢いをつけ、9回もヒットを打って、決定的な4点目につながりました。

明日もハタケ効果が続きますように!
阪神はゴメス選手が発熱、梅野捕手も手を痛めているようなので、明日も欠場なら勝てるチャンスは大いにあります。
たまには連勝してください。

勝ったものの、今日は山田君がノーヒットに終わりました。明日は今日の分まで打ってほしいです。

YouTube プロ野球チャンネル セントラルリーグ ハイライト 

      
by misty2011 | 2014-07-29 21:30 | 東京ヤクルトスワローズ

悔やまれる2回のバッテリー、打線は11安打も4併殺 八木完投負け

交流戦4試合終わって、1勝3敗の東京ヤクルトスワローズ
今日から神宮に東北楽天ゴールデンイーグルスを迎えての2連戦。
楽天も1勝3敗と苦戦しています。

先発はヤクルトが八木亮祐投手、楽天はブラックリー投手の両左腕の投げ合い
また、今シーズンの交流戦は、セ主催ゲームでDH制となるため、ヤクルトのDHはバレンティン選手です。

ところでブラックリー投手ってだれ???
テレビで初めて見ましたが、両腕にタトゥーが入ってちょっと不気味でした。


八木投手は初回、三者凡退に抑え上々の立ち上がり。
その裏、ヤクルトは山田選手が四球、川端選手はヒットでチャンスメイクしますが、後続が倒れ先制の好機を潰します。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 11安打放つも4併殺で2連敗…八木投手は3失点完投で2敗目

2回、八木投手は先頭のジョーンズ選手に甘いストレートを打たれレフトへ2塁打
このあと、ランナー3塁で、松井稼頭央選手にセンターへタイムリーヒットを打たれ1点先制されます。

2死後、小関捕手にもタイムリーを浴び0-2
さらに、四球後、岡島選手にタイムリーヒットを打たれ3点目。
球が高く打ちごろとなりました。

追いかけるヤクルトは4回1死後、バレンティン選手がヒット、雄平選手が内野安打で1死1、2塁から
畠山和洋選手がレフトへ2点タイムリーヒットを放ち1点かえします。
なおもチャンスに後続が続きません。

5回には、荒木選手がヒット、山田くんは四球で出塁し、比屋根選手が送って1死2、3塁で
川端選手のショートゴロの間に荒木選手がホームインして2-3と1点差に。

結局終わってみれば、両チームの得点はこれだけでした。


八木投手-中村悠平捕手のバッテリーは、2回に単調なリード、ピッチングで、あっけなく3失点。
変化球は高く浮くし、ストレートも高くてコースが甘く入りました。
勝負に行くにしても、もっと慎重であってほしかったですね。悔やまれる2回のバッテリーでした。
e0222575_2262314.jpg

写真は5月11日ハマスタ 八木亮祐投手と中村悠平捕手

打線は今日も2ケタ11安打放ちながら、得点は2点どまり。

2回1死後、飯原選手がヒットも中村悠平くんがショートゴロ併殺打
5回に1点差となり、バレンティン選手敬遠後、なおもチャンスに雄平選手が空振り三振。

6回には先頭の畠山選手がヒットで出塁も、飯原選手が併殺打
そのあと、中村、荒木選手が連打しますが、山田選手がサードゴロとチグハグな攻撃

7回は比屋根選手がヒットで出塁も、慎吾君は三振で、バレンティン選手が併殺打

9回は1死後、荒木選手が3安打目となるヒットで出塁すると、代走の上田選手が盗塁成功
山田くんは四球で歩きますが、代打のユウイチ選手がセカンドゴロ併殺打でゲームセット。
あと1本が出ませんでした。

八木投手はしり上がりに調子を上げ、3回以降は無失点。
特に後半の7回から9回は、低めに決まりノーヒットに抑える好投でした。
これが序盤に出来ていればね・・・。
八木投手は9回を投げ129球8安打で3失点、返す返すも勿体ない完投負けとなりました。

打線は4併殺打で、ことごとくチャンスを潰しました。
どこかでつながっていれば逆転できた可能性は大でしたけどね。
まあ、負けるときはこうなりますね・・・。

ヤクルトはこれで交流戦1勝4敗。
あまり調子がいいとも思えない楽天戦の初戦に敗れ、どうも波に乗れません。

明日の古野投手に頑張ってもらいましょう。
打線は川井投手を早めに攻略できるかどうかにかかってきそうです。
連勝していた時のような、つながりのある打線であってほしいですね。

今日は失点にはつながりませんでしたが、川端選手がサードで2失策。
とにかく動きがよくないですね。また腰でも痛めてなければいいのですが。
しっかり守ってください。

荒木貴裕選手は3安打猛打賞で1得点(訂正)。
守備でもいいプレーがあったので、明日もスタメンは大丈夫でしょう!必死さが伝わってきました。

山田くんはノーヒットに終わりましたが、3四球を選んで塁に出ました。
また、守備ではいいプレーが出てよかったです。

しかし、勝てませんね。

YouTube プロ野球チャンネル セントラルリーグ ハイライト 毎回、ダイジェストが更新されたら貼っておきます。

     
by misty2011 | 2014-05-25 22:18 | 東京ヤクルトスワローズ

八木好投で2勝目、継投・守備ミスも逃げ切りヤクルト5連勝

今季初の4連勝で勢いが出てきた東京ヤクルトスワローズ
ナゴヤドーム2戦目の先発は、中日ドラゴンズがカブレラ投手、ヤクルトは八木亮祐投手で午後3時試合開始。

初回、ヤクルトは比屋根、川端選手の連打で1死1、3塁から、バレンティン選手のショートゴロ併殺崩れで1点先制。
このあと、バレ様、盗塁までしました。

3回には、2塁打の比屋根選手が川端選手のセカンドゴロで3塁に進み、
バレンティン選手のセンター前タイムリーヒットで2-0

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 八木投手が7回1失点! 5戦連続二桁安打で4位まで1ゲーム差

6回には先頭の雄平選手が粘って四球をもぎ取り、2盗に成功。
荒木選手も四球を選び1死1、2塁のチャンスに、
恐怖の8番バッター中村悠平捕手が、センターへ今日3安打目となるタイムリーヒットを放ち3-0
カブレラ投手からコツコツ得点していきます。

八木投手は今日はコントロールがよく、伸びのあるストレート、緩急つけた変化球を投げ込み
6回まで許したヒットはルナ選手の2安打のみ、無四球で無失点と快投を続けます。

しかし7回、先頭のルナ選手を初めて四球で出すと、
平田選手のショートゴロを荒木選手がはじいて(記録はヒット)、無死1、2塁のピンチを招きます。
あれは捕ってほしかったですね。

続く好調の森野選手はセカンドゴロ4-3-6のダブルプレーに仕留めます。
山田くんのいい判断でした。
2死ランナー3塁となったところで、和田選手のショート後方へ上がった飛球を荒木選手が追っていきますが捕れず、
タイムリーヒットとなり3-1

難しい打球でしたが、バレンティン選手は追わないまでも、
荒木選手、またはセンターが突っ込んでき何とかキャッチしてほしかったですね。
不運な打球が重なり、完封ペースだった八木投手は1点失います。

8回2死から、好投の八木投手を引っ込め、代打・ユウイチ選手を送りますが、空振り三振に倒れます。

その裏、ヤクルトは2番手で秋吉投手が登板。
1死後、山田選手がなんでもないセカンドゴロを1塁へ悪送球。あちゃ~やってしまいました・・・。
2死2塁となって、代打・小笠原選手のところで、3番手・岩橋投手の継投します。
一発出れば同点の厳しい場面。ルーキーにはさすがに荷が重すぎたのか、四球を出してピンチが拡大。

1死1、2塁となりルナ選手を迎えたところで、山本哲哉投手を投入。
一発浴びれば逆転されます。ドキドキもんでした。
しかし、山本哲投手がフォークを4球続けた後、ストレートでショートゴロに打ち取り、この回無失点で切り抜けます。
ナイスリード、ナイスリリーフ!

追加点が欲しいヤクルトは9回、岩瀬投手からエラーをやらかした山田選手が3塁線を破る2塁打で出塁。
バットで取り返そうと意地を見せました。
比屋根選手が送って3塁へ進むと、川端選手のレフト前タイムリーヒットで4-1と貴重な追加点を奪います。

その裏、ヤクルトはロマン投手が平田、森野選手に連打されピンチでしたが、後続を抑え、
今日も追い上げられながらも4-1で辛くも逃げ切りました。
これでヤクルトは5連勝!中日に1ゲーム差と迫りました。

終盤は、内野陣にミスが出て、点差以上にヒヤヒヤのどっちに転ぶかわからないような展開となりましたが、
何とか最少失点にとどめ逃げ切りました。

勝ったからよかったものの、疑問が残ったのは、好投の八木投手に代打をだして、スパッと代えたこと。
まだ88球でしたからね。
前回、ハマスタでも好投の八木投手を引っ込めたことから、継投ミスで延長サヨナラ負けを喫しましたが、
その二の舞になるんじゃないかと心配しました。
今日のところは逃げ切りましたが、もうちょっと八木投手を信頼して、引っ張ってもよかったと思いました。

秋吉投手から岩橋投手への継投は、いくら左とは言っても、あの場面ではきつすぎました。
最後は山本哲哉投手が、プレッシャーの中、よく投げましたね。

7回は荒木選手のミスから失点、8回は0点に抑えましたが、今日は二遊間コンビが守りで足を引っ張りました。
この二人、昨年も同じ試合で二人が3個ずつ失策をやらかしましたが、何もそこまでお付き合いしなくてもね・・・。
昨年はラルー投手が切れて、ボロボロの試合となり負けましたが、今日は踏みとどまることができてほっとしました。

山田選手はともかくも、荒木選手は今日は貴重な四球を選んで、悠平くんの3点目のタイムリーに結びつきましたが、
打つほうではノーヒットに終わりました。
明日のショートのスタメンがどうなるでしょう?もしかして外されるかもしれませんね。
せっかくショートスタメンを奪えるチャンスに、守備のミスから打撃まで落としてしまっては
ベンチの心証を悪くしてしまいます。
ここは踏ん張りどころ、意地を見せて頑張りましょう!

辛くも勝ったという感じだったので忘れそうでしたが、今日もヤクルト打線は11安打放って、これで5試合連続2ケタ安打。
今日はそれほど打ったイメージはありませんでした。
比屋根、川端、バレンティン選手がマルチ、
そして恐怖の8番中村くんが3安打猛打賞と、こちらは恐ろしいほど打ちまくっていますね。
雄平選手は今日はノーヒットに終わりました。

明日は、久しぶりに松岡健一投手が上がってきて先発します。
打線が援護して、さらに連勝を伸ばしましょう。交流戦をいい形で迎えたいですね。

e0222575_1475841.jpg

7回4安打1失点の好投で、地元で2勝目を挙げた八木亮祐投手 勝ってよかったです。
写真は5月11日ハマスタ 
by misty2011 | 2014-05-17 19:52 | 東京ヤクルトスワローズ