Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:原樹理 ( 24 ) タグの人気記事

原樹理好投も競り負け!痛恨のバッテリーミス★2-3、ヤクルト4連敗

交流戦最初のカードで、オリックスに3タテを喰らわされ、
借金がついに10に膨らんだ東京ヤクルトスワローズ

今日から本拠地・神宮球場に埼玉西武ライオンズを迎えての3連戦

先発は、ヤクルトが原樹理投手、西武は菊池雄星投手
果たして菊池投手を打てるでしょうか?
スタメンは、昨日に続き1番山田選手で、6番ファーストに荒木選手、8番サードに西浦選手が入りました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 大引選手が一時勝ち越しの3号ソロも、逆転許し1点差の接戦制せず


初回2死後、原樹理投手は秋山選手にライト前ヒットを打たれ、2盗を許すと、
4番の浅村選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ、1点先制されます。

その裏、ヤクルトは三者凡退

2回、西武も三者凡退

その裏、ヤクルトは荒木選手がチーム初ヒットとなるセンター前ヒットで出ますが、後続が倒れます。

3回、原樹理投手は、1死後、金子侑司選手にレフトへの2塁打を打たれますが、後続を打ち取ります。

その裏、2死後、山田選手が三遊間をゴロで抜けるヒットで出塁。4試合15打席ぶりのヒットです。
コースヒットながら、ようやく交流戦初ヒットが出ました。
続く坂口選手が右中間へのタイムリー2塁打を放ち、1塁から山田選手がホームインして1-1の同点に。
グッチ、ナイスバッティング!やはり長打が出ると得点に結びつきますね。
このあと、バレンティン選手はショートゴロで3アウト。
菊池投手相手に、とりあえず早めに同点に追いつきました。

4回、原樹理投手は三人で片付けます。

その裏1死後、大引啓次選手がレフトスタンドへ3号ソロホームランを放り込み2-1とリードします。
逆風の中、スタンドまで運びました。
ここまで、元パ・リーグ戦士オリックス勢で2得点!やるね~

つづく荒木選手が2安打目となるセンター前ヒットで続き、2盗成功。
1死2塁から、中村捕手は見逃し三振で2死となり、
サードで好守を見せる西浦選手は四球で歩いて2死1、2塁。
バッティングのいい原樹理投手はライトファールフライに倒れ3アウト。

5回、原樹理投手は2死後、菊池投手にファースト内野安打を打たれますが、
金子侑司選手を打ち取り3アウト。

その裏、ヤクルトは1番からの打順も三者凡退

6回1死後、原樹理投手は秋山選手にライト前ヒットを打たれますが、
浅村選手はセカンドゴロ併殺崩れで2死1塁となり、おかわりくんはショートフライで3アウト。
原樹理投手、テンポよく西武打線を抑えます。

その裏、ヤクルトは三者凡退

7回、原樹理投手は先頭の栗山選手にセンター前ヒット、
メヒア選手は三遊間を破るヒットを打たれ、無死1、2塁。代走は木村文紀選手
炭谷捕手は送りバントで1死2、3塁
このあと、菊池投手の代打・外崎選手の打席で、バッテリーミスをやらかし、
中村捕手のパスボールで、3塁ランナーが生還して2-2の同点に。
外崎選手は死球、3塁代走は水口選手で1死1、3塁から、外崎選手が2盗して1死2、3塁。
金子侑司選手のショートゴロで3塁ランナーが生還して2-3と勝ち越されます。

その裏、西武は牧田和久投手が登板
1死後、代打の藤井選手がセンター前ヒット
続いて代打の上田選手がライト前ヒットで続き1死1、2塁
ここで、山田選手は初球を打ち上げ内野フライ、
これをおかわり君が落球も、インフィールドフライで2死となります。
チャンスで相変わらず仕留められませんでした。またヘイトが溜まりそう・・・。
坂口選手も1邪飛で3アウト。
せっかく代打攻勢で下位で作ったチャンスを潰し、得点なりませんでした。

8回、ヤクルトは成瀬投手が1死をとり、近藤一樹投手が後続を抑え三者凡退に抑えます。

その裏、西武はシュリッター投手が登板 ヤクルトは三者凡退

9回、ヤクルトはギルメット投手が登板
1死後、上本選手にライト前ヒットを打たれますが、
代走・田代選手の2盗を中村捕手が刺して2死となり、後続も抑え3アウト。

9回裏、西武は増田投手が登板
1点を追うヤクルトは2死から代打・大松選手を送り、四球を選びます。
続く代打・鵜久森選手はセカンドフライでゲームセット
ヤクルトは2-3で競り負け、これで4連敗、借金が11となりました。

先発した原樹理投手は、パ屈指の左腕・菊池雄星投手と互角に投げ合いましたが、
バッテリーミスとなるパスボールで同点に追いつかれ、
そのあとは内野ゴロが決勝点となりました。非常に勿体ない防げる失点でした。

e0222575_2155546.jpg



打線は、3回に坂口選手の先制タイムリー2塁打で同点に追いつき、
3回には大引選手の一発で一時は勝ち越しましたが、結局この2点どまり。

今日は、菊池雄星相手なので、始まる前から半ばあきらめていましたが、
いざ試合が始まると、原樹理投手の好投で、もしかして勝てるかもと期待しましたが、
そう甘くはありませんでした。
ロースコアですが、西武の方が、きっちりした野球をやっていたように感じました。

ヤクルトは、交流戦4連敗中、奪った得点は、順に1、1、2、2点
今のところで2点が限度の貧打となっています。
投手が好投しても、これではなかなか勝てません。
とにかく打線の奮起あるのみです。

このところ荒木選手、上田選手の控え組がまずまずのバッティングなので、
山田選手を下位に下げて、どちらかでも1、2番あたりに起用しても良さそうに思いました。
特に、荒木選手はもっとスタメンで使ってほしいです。必死さが伝わってきますから。

今日は、山田選手にようやく交流戦初ヒットが出ましたが、
コースヒットで、最後の内野フライなど見ると、調子が上向くという感じではありませんでした。
ただ、オリックス戦に比べると、少しはバットが振れていました。三振がなかっただけマシでした。

それから、もう一人気になっていた西浦選手は、今日はサードの守備が軽快でよかったです。
ヒットは出ませんでしたが、守りが良かったので、少し表情が明るくなってきてほっとしました。
あとは打つ方でヒットが欲しいですね。

3、4番が今日はノーヒットだったので、明日は今日の分まで打ってほしいです。
ただ、雄平選手は、やはり膝の状態がよくないのか、
踏ん張れず、走り打ちのようなことをやっていたのが心配です。
DHがない神宮で、これ以上悪化させないようお願いします。

by misty2011 | 2017-06-02 21:40 | 東京ヤクルトスワローズ

原樹理2勝目前、9回2死から秋吉4連打浴び逆転サヨナラ負け★2-3×

東京ヤクルトスワローズは、今日からナゴヤドームで中日ドラゴンズとの3連戦
現在5位のヤクルトと、6位・中日との最下位攻防戦となりました。

初戦の先発は、中日が小笠原慎之介投手、ヤクルトは原樹理投手
スタメンは、バレンティン選手が1試合出場停止のため、5番レフトに鵜久森、6番ファースト荒木、
8番サードに谷内選手が入りました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・原樹理投手が7回無失点6奪三振の力投も、9回に逆転許しサヨナラ負け…

初回1死後、坂口選手がヒットも、山田選手は一邪飛。
雄平選手は三振で3アウト。

その裏、原樹理投手は2死後、大島選手を四球で出しますが、2盗を中村捕手が刺し3アウト

2回、先頭の鵜久森選手が四球で出塁も、荒木選手がセカンドフライ
中村捕手はセカンドゴロ併殺打で3アウト。

ここまで、ヤクルトはランナーが出ても、次の打者が全く意味のないアウトでランナーが進めず、
極めつけは併殺打と、毎度の見飽きた拙攻。

その裏、原樹理投手は三者凡退に抑えます。

3回、先頭の谷内選手がレフトへのヒット、原樹理投手がきっちり送りバントを決めます。
1死2塁から、大引選手がレフトへタイムリー2塁打を放ち、ヤクルトが1点先制!
さすが、中日キラーのビッキー、ナイスバッティング!

なおも1死2塁で、坂口選手はレフトフライ
山田選手はフルカウントから四球で歩き2死1、2塁。打てそうもないので助かりました。
雄平選手はショートゴロで3アウトとなり、1点どまり。

3回裏、原樹理投手は1死後、松井捕手に四球を与えますが、後続を打ち取ります。

4回1死後、荒木貴裕選手がレフトスタンドへ3号ソロホームランを放り込み2-0
うお~~凄い!低めをうまくすくい上げました。
荒木選手は、松山で大野投手から打ったサヨナラ満塁弾以来の一発です。
こちらも中日キラーか!?

4回裏、ここまでノーヒットに抑えている原樹理投手は、この回も三者凡退に抑えます。
コントロールは多少バラけても、腕がよく振れて力のある球を投げ込み中日打線を封じます。

5回1死後、坂口選手がショート内野安打で出塁。
また、山田選手の前にランナーが出ました。
山田選手はサード後方への打球を打ちあげますが、
ゲレーロ選手が中途半端な追い方で、ポテンヒットなります。
完全に打ち取られた打球だったので、ラッキーとしか言えません。
まあ、ヒットはヒットということですが、
来週から交流戦が始まるというのに、山田くん調子は良くなるどころか悪くなっています。

つづく雄平選手は初球を打ってショートゴロ併殺打、一瞬にして3アウトチェンジ。
何も初球から・・・。じっくり攻めたいところでしたが、雄平選手には無理ですか?
ヤクルトは、Wユウヘイで今日はやくも2個目の併殺打。

5回裏2死後 原樹理投手は、平田選手にレフト前に初ヒットを許しますが、
つづく松井捕手を空振り三振に仕留めます。

6回2死後、中村捕手がライト線への2塁打、谷内選手は四球で出ますが、
原樹理投手はレフトフライで3アウト。山田くんより、よほどいいスイングに見えました。

その裏、原樹理投手は、この回も3人で片付けます。怖いくらい好投が続きます。

7回、中日はドラ1ルーキーの柳裕也投手が登板
1死後、坂口選手が四球で歩きます。
山田選手は力ないセンターフライ。
この打席、それほど厳しいインコースでもない変化球に、腰がぴくっと引けました。
死球後遺症がまだ続いてる?
また、軸足が粘れずタメがない上、スイングも鈍くて打球が全く伸びません。
雄平選手はショートフライで3アウト。
せっかく坂口選手が出ても、3、4番が何もできません。

7回裏、原樹理投手は2死後、ゲレーロ、藤井選手に連打され2死1、3塁のピンチを招きます。
続く平田の打席で、原樹理投手のワンバウンド投球の間に、
3塁からゲレーロ選手がホームに暴走して憤死となり3アウト。相手ミスに救われました。

8回、先頭の鵜久森選手がショートゴロ内野安打で出塁。代走は上田選手
荒木選手は送りバントで1死2塁から、中村捕手は捕邪飛で2死2塁となり、
谷内選手は空振り三振で3アウト。

その裏、ヤクルトは石山泰稚投手に交代
三者凡退に抑えます。

9回、中日は福谷投手が登板
1死後、大引選手は四球で歩きますが、坂口選手はショートゴロ併殺打で3アウト。
今日3個目の併殺打。
正直、私は山田くんに打席が回ってこなくてホッとしました。
打てないので、もう見たくない気分。

9回裏は2点リードで秋吉亮投手が登板
2死後、大島選手にライト前ヒットを打たれ、ビシエド選手はレフトへの2塁打で2死1、3塁
つづくゲレーロ選手にセンター前に落ちるタイムリーヒットを打たれ、
二者ホームインして2-2の同点に。
9回裏2死ランナーなしから、秋吉投手は3連打浴び、同点に追いつかれました。

しかし、あの打球でセカンドランナーを生還させちゃダメでしょ。
上田選手のバックホームがお粗末でした。
これで好投した原樹理投手の2勝目が消えました・・・。

さらに、藤井淳志選手に右中間へのタイムリー2塁打を打たれ、
代走の荒木雅博選手が1塁からホームインして2-3×
 
ヤクルトは9回2死ランナーなしから逆転サヨナラ負けを喫しました。
悪夢ですね・・・。言葉がありません。

守護神の秋吉投手が誤算なら、守備固めの上田選手のあの浅い位置からのバックホームも情けない。
7回3安打6奪三振無失点と好投した原樹理投手の2勝目が消えたのが残念でなりません。

e0222575_1251156.jpg



最後は秋吉投手が打たれましたが、2点しかとれなかった打線にも大きな責任があります。
ランナーが出ても進塁打さえ打てず、相変わらずの3併殺がその象徴でしょう。
選手もベンチも、中日打線相手なので、2点でちょっと安心していたのかもしれません。

しかし、ひどい試合をよくこれだけ繰り返しますね。
やっと連敗が止まったかと思った瞬間にサヨナラ負けですからね。ダメージが大きすぎます。

山田くんは、今日は3打数1安打1四球、ヒットといってもあれは相手ミスなので、実質はノーヒット。
打席で打てそうなオーラを全く感じません。
今日も、インコースの球に腰を引く場面がありました。
考えたくはないですが、まだ死球後遺症から抜け出せないのではと思ってしまいます。
フォーム的にも、スイングも、体のキレも、すべて本調子からはほど遠く、
よくなったのはほんの短期間で、また後退って感じです。

もし、心因的なものだとすると、フォーム云々ではなく、
メンタル面の根本的な治療をしない限り、よくなることはないように思えてなりません。心配です。
昨年後半からの不調があまりに長すぎて、
すっかり並みの選手になってしまっているのが痛々しくて悲しすぎます。
何とか立ち直ってほしいと、私は毎試合祈るしかできません。
今シーズンはチームも山田選手も本当につらいシーズンですね・・・。
結局、山田くんが復調しない限り、チームに勢いは出てこないでしょう・・・。

by misty2011 | 2017-05-26 21:47 | 東京ヤクルトスワローズ

目を覚ました原樹理投手、6回1失点6Kの快投で今季初勝利☆4-2

読売ジャイアンツに、東京ドームで2試合連続完封勝利して勢いがついた東京ヤクルトスワローズは、
今日から神宮に首位・阪神タイガースを迎えての3連戦

先発は、ヤクルトが原樹理投手、阪神は岩貞祐太投手
立ちあがりの悪い原樹理投手の初回のピッチングに注目です。

スタメンは、相手が左腕ということで、またまたいじってきました。
1番ファースト荒木選手、2番センター坂口選手で、6番ショート大引選手、8番サードは谷内選手


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・原樹理投手が6回1失点の力投で今季初勝利!

初回、原樹理投手は三者凡退に抑え上々の立ちあがり。

その裏、先頭の荒木選手が四球で出ると、坂口選手のサードゴロで1死1塁となり、
つづく山田選手がピッチャー返しセンター前に抜けるヒットを放ち1死1、2塁
雄平選手はセカンドゴロで2死2、3塁となり、バレンティン選手は四球で歩き2死満塁
ここで、今日6番の大引選手がライトへタイムリー2塁打を放ち、ヤクルトが2点先制!
外の球に喰らいついてライトへ運びました。

2回、原樹理投手は2死後、鳥谷選手にヒット、糸原選手に四球を与えますが、梅野選手を抑えます。

2回裏、3回表は、両チーム三者凡退。
原樹理投手は、ここまで5奪三振と快調に飛ばします。

3回裏1死後、山田選手が2打席連続のセンタ―前ヒットで出塁。
雄平選手は肩付近に死球をぶつけられで1死1、2塁。
ま~た、阪神戦で主力選手に危ない球が来ましたよ。いい加減にせい!
雄平選手がうまく避けましたが、下手したら頭に当たっていたかもしれません。
つづくバレンティン選手はライト前にタイムリーヒットを放ち、山田選手が生還して3-0
なおもチャンスに、大引、中村選手は初球を打ち上げ3アウト。

4回、原樹理投手は2死後、中谷選手にはレフトへ大飛球を打たれますが、
フェンス前でバレンティン選手が捕球して三者凡退に抑えます。
原樹理投手、今日はストレートが走り、スライダーがキレています。

その裏2死後、荒木選手が四球で出塁も、坂口選手がセカンドゴロで3アウト。

5回、勝ち投手の権利がかかった原樹理投手は、この回も危なげなく3人で片付けます。
今日は、これまでとは別人のような好投を続ける原樹理投手。

その裏、先頭の山田選手は、岩貞投手のクロスファイアーに見逃し三振。
雄平、バレンティン選手も倒れ三者凡退。

6回、原樹理投手は、代打の伊藤隼太選手にライトへ今季初ホームランを打たれ3-1
続いて髙山選手にもライト前ヒットを打たれます。
北條選手には三遊間を破るヒットを打たれ無死1、2塁
疲れが見えたこの回、急に連打を浴びます。

糸井選手はファーストゴロで併殺取れず1死1、3塁
福留選手はファーストフライで2死、中谷選手はサードゴロで3アウト。

6回裏、阪神は松田遼馬投手が登板 ヤクルトは三者凡退

7回、2点リードでヤクルトはルーキ投手が登板
3人できっちり片付けます。

その裏、阪神は松田投手が続投。
代打の今浪選手、荒木選手が倒れ2死後、坂口選手が四球で歩きます。
山田選手はショートゴロも、北條選手が投げられず、内野安打となり2死1、2塁。
今日3安打猛打賞。北條選手に、松山自主トレの恩返しをしてもらいました。

解説の金村さんは、山田くんのことを調子が上がってきたと褒めてくれるのは嬉しいですが、
あの4安打の時から全部シングルヒットですからね。
私は、インコースのストレートを引っ張って長打が出るまでは、まだまだと思っています。

ここで、今日デッドボールを受けた雄平選手は空振り三振で追加点ならず。

8回、ヤクルトは石山泰稚投手
1死後、髙山俊選手にライトスタンドへ2号ソロホームランを放り込まれ3-2と1点差。

その裏、阪神は藤川投手
先頭のバレンティン選手がレフトスタンドへ6号ソロホームランを叩き込み4-2
再び2点差。これは大きな追加点となりました。
1死後、中村捕手がレフト前ヒット、谷内選手が送って2死2塁
しかし、代打の大松選手は空振り三振で3アウト。

9回、ヤクルトは秋吉投手が登板。センターは上田選手、レフトに坂口選手
先頭の福留選手にライトへヒットを打たれます。
しかし、後続を抑えゲームセット

ヤクルトが4-2で首位・阪神を下しました。

先発した原樹理投手が6回4安打1四球6三振1失点の快投で、今季初勝利をあげました。
素晴らしいピッチングでしたね。おめでとうございます。

キャンプでは、今年の原樹理投手は違う、やってくれると絶賛されていましたが、
いざ開幕すると、期待に応えられない投球が続いていました。
山中投手の離脱で、今日、急きょ先発のチャンスをもらい、
予想以上の素晴らしいピッチングで今季初勝利を飾りました。結果が出て本当によかったです。
e0222575_12462851.jpg


ストレートの球速が出ていて、スライダー、シュートのコンビネーションも抜群で、
阪神打線に的を絞らせませんでした。
6回にソロ一発を浴び、その後、ピンチを招きましたが、追加点を許しませんでした。

由規投手の好投から始まり、これでヤクルトは3連勝。
投打がかみ合ったナイスゲームでした。ヤクルトに流れが来ています!

打つ方では、大引選手が先制の2点タイムリー2塁打。
バレンティン選手がタイムリーと6号ソロの2打点と活躍。
久しぶりにバレ弾が空砲にならず勝ちにつながりました。
これをきっかけに、またホームランをガンガン打ってくれたらと思います。

山田選手も3安打猛打賞で、やれやれです。
上にも書きましたが、ヒットは出ても単打マンとなっているので、早くホームランが見たいですね。
今日はラッキーな当たりもあって猛打賞でしたが、毎試合、続けてヒットを打つようになるまで、
また、本来の引っ張った長打が出るまで、復調と言うのは私は控えておきます。
良かったと思っても、すぐノーヒットの試合がありますからね。安心できません。
岩貞投手はクリアしたので、明日は藤浪投手相手に、打撃の調子を崩されないことを願います。

阪神打線が、調子を落とし気味なので、ヤクルトは一気に連勝を伸ばしたいですね。
明日は小川投手が虎打線を抑えてくれることを期待しています。

by misty2011 | 2017-05-19 21:26 | 東京ヤクルトスワローズ

原樹理、初回に悔やまれる2失点★0-2、主軸沈黙でヤクルト完封負け

昨夜は、打ち合いの末、延長戦を制した東京ヤクルトスワローズ
最下位攻防戦のこのカード、中日ドラゴンズとは1勝1敗となりました。
今日は勝って勝ち越したいですね。
それにしても、今日もナゴヤドームはガラガラ

3戦目の先発は、中日が又吉克樹投手、ヤクルトは原樹理投手が中継ぎから今季初先発
選手公示では、比屋根選手が下がり、武内晋一選手が上がってきました。
その武内選手が、昇格即スタメン6番ファーストで起用されました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 緊迫した投手戦も、打線が繋がらず完封負け… 山本投手は復帰登板で1イニング三者凡退

初回、ヤクルトは三者凡退 山田くんは、またもショートゴロ。力ないゴロが続きますね…。

その裏、原樹理投手は先頭の亀澤選手にレフト前にヒットを打たれ、
バレンティン選手がファンブルする間に2塁へ進みます。早速今日もエラーが出ました。
送りバントで1死3塁となり、大島選手がレフトへのタイムリーヒットを放ち、早くも1点先制されます。
平田選手はサードゴロで1塁アウトも、荒木選手のふんわり高い送球にヒヤッとしました。
1塁の武内選手がよく捕りました。
2死2塁から、ビシエド選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ0-2
原樹理投手は、球が高くて打ちごろとなっています。

2回2死後、武内選手がスタメン起用に応えてレフト前ヒット。
2軍で4月4割の調子良さがそのまま出ました。
中村捕手はサードゴロで2アウト。右打者はゴロアウトばっかり。

その裏、原樹理投手は先頭のゲレーロ選手に四球を与え、送りバントで1死2塁。
2死後、亀澤選手のお尻にぶつけ2死1、2塁。コントロールがめちゃくちゃ。
解説の権藤さんにボロくそに言われています。ま、おっしゃる通りです。
荒木選手はショートライナーで3アウト。
しかし、樹理くん、テンポが悪くてグダグダ。

3回1死後、原樹理投手がライト前ヒット。樹理くんは打つ方がいいんでないの!?
坂口選手はセンター前ヒットで1死1、2塁
しかし、荒木選手はショートゴロ併殺打で3アウト。

その裏、原樹理投手はクリーナップを三者凡退に抑えます。

4回、山田くんは空振り三振、バレンティン選手はショートゴロ、雄平選手はセカンドゴロで三者凡退
バレンティン選手は、前日は4安打しているので、まあいいとして、
これでもまだ山田選手を3番で使う気ですか、真中さん!?
前に飛んだらぼてぼてのゴロアウト、飛ばなきゃ三振、この繰り返し。
権藤さんに安全パイ扱いされていますけど、反論したくてもできません。
しかし、今はどの打順でも打てないのは一緒でしょうね・・・。もう下位に置くしかなさそう。

その裏、原樹理投手は3人で片付けます。ようやく調子が上がってきました。

5回、先頭の武内選手がセンタへのヒット。もう一人で2安打
中村捕手はセカンドファールフライで1死1塁
大引選手はレフトへ惜しいファールのあと、空振り三振で走った武内選手もアウトで三振ゲッツー
ヤクルトはフルカウントから、いつもエンドラン仕掛けますが、策が当たったためしがありません。

その裏、原樹理投手は、この回も3人で片付けます。
なぜ最初からこれができなかったのかな!?初回が勿体なかったですね。

6回、ヤクルトは原樹理投手に代えて代打・上田選手を送ります。
上田選手はショート内野安打で出塁。ようやく上田選手に今季初ヒットが出ました。
又吉投手に対し、左打者は打てますね。

坂口選手はサードゴロで1死2塁
荒木選手は送りバント??で2死3塁。
山田選手は3ボールから打って出てキャッチャーファールフライ。これはイカンでしょ!
打てないんだから、四球を選んでつなげてほしかったのに・・・。最悪の結果。
昨日は11回に四球でつないで勝ち越したというのに、もぉ・・・。
こんなことやってたら、ますます暗いトンネルから抜け出せないでしょうに・・・。

この回、意味不明の1死からの荒木選手のバントといい、山田くんの3ボールからの捕邪飛といい、
なんでこういうことをやるの??これも自主性ってことですか!?
今日は悲しいのを通り越して腹がたってきました。

その裏、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
クリーンナップを三者凡退に抑えます。

7回、先頭のバレンティンは空振り三振
雄平選手はファールで粘りますがショートゴロ。
武内選手はセカンドゴロで3アウト。

その裏、近藤投手は続投
先頭の堂上選手がレフトへの2塁打で出塁。代走は工藤選手
1死後、代打・藤井選手はショートゴロで2死3塁
ここで、中日は又吉投手に代えて福田選手を送りますが、
近藤投手が空振り三振に斬ってとり追加点を阻みます。ナイスピッチング!

8回、中日は三ツ間投手が登板。3連投になります。
1死後、大引選手がライト前ヒット
代打・大松選手はファーストゴロで2死2塁
坂口選手は四球で2死1、2塁
ここで、ヤクルトは代打の切り札・鵜久森選手を送ります。
しかし、ファーストゴロで得点ならず。

その裏、ヤクルトは山本哲哉投手が登板。肘の手術から2年ぶりの1軍マウンドです。
山本投手の復活は本当に嬉しいです。
サードには西浦選手が入ります。
山本投手は三者凡退にきっちり抑えます。

9回、中日は3連投の田島投手
先頭の山田選手は中途半端な空振り三振。もう全然ダメ。
バレンティン選手はセカンドライナー
雄平選手はファーストゴロで、あっさりゲームセット。

ヤクルトは0-2で中日に完封負けを喫しました。

先発の原樹理投手は、初回に2失点。立ちあがりの悪さが悔やまれます。
2回はランナーを出しながらも無失点に抑え、3回から5回までは三者凡退に抑えました。
次につながるピッチングは見せたと思います。
e0222575_1254297.jpg



問題はやはり打線。
又吉投手に対しては、特に右打者がさっぱり打てませんでした。
中でも、2番から5番がノーヒットに抑えられました。
今日1軍昇格の武内選手だけがマルチヒットと合っていただけ。

少ないチャンスながら、3回には好機に荒木選手が併殺打
6回には1死2塁から、荒木選手が意味不明の送りバントと、
2死3塁ノーストライク3ボールから、山田選手が打って出てキャッチャーファールフライと最悪の結果。
その後も、中日の継投にかわされました。

情けない負け方に、もう悔しさ通り越して、ただただ虚しいだけ。
私は特に山田くんに対しては、ずっと思いつつも口には出せませんでしたが、
今季はもうダメかもしれない・・・という気持ちになりつつあります。

あまりにバッティングがひどくて、上向く兆しが見えません。むしろ悪くなっているような。
相手投手からは、山田くんの攻略法がはっきりしてきたように感じます。
それに対し、調子が悪いのもありますが、毎打席、同じようなことの繰り返し。
1球内角をえぐっておけば、あとは外でも内でも簡単にストライクを投げて追い込まれます。
何とかしようという形も見えないまま、最後は、当てただけのスイングで凡打か、三振。
その繰り返し。

打てないからこそ、あの6回、せめて四球を選んでほしかったですね。
今までは選んでいたのに、今日は何故あそこで打って出たのかわかりません。
しかも、絶好球ではなく低めのやや難しい球でした。

相手の又吉投手は、さすが防御率トップだけの安定したピッチングでした。
ヤクルト打線に、もう少し左バッターがいれば、もうちょっとは抵抗できたかもしれませんが、
いないものは仕方ありません。

しかし、ベンチは山田くんをどうするつもりですかね?
このまま3番に置いても、それこそ相手にとって全く怖くない存在となっています。
どの打順でも打てないのは一緒ですが、このまま3番でいいとも思えません。
守備のことがあるので、ベンチには下げられず、頭が痛いでしょうね。

これでもまだ、そのうち調子が上がるって言うんでしょうか?
そのうち、そのうちで、昨年からもう10ヶ月こんな状態なんですけど・・・。
ずっと山田くんを見てきたから、私はこれが単なる不調では片付けられないんですよ。

一番苦しいのは本人ですが、応援するファンもホント辛い日々が続きます。
とにかく山田くんが自分で立ち直るのを見守るしかありません。
打撃コーチも、攻められ方がわかっているなら、少しはアドバイス出来ないものでしょうか。
それが仕事でしょ。
真中監督も、打撃指導なり、山田くんに何か言葉をかけてくださいよ、お願いします。

by misty2011 | 2017-04-27 21:34 | 東京ヤクルトスワローズ

3/9オープン戦vs楽天☆7-4/原樹理5回2失点、星2回1失点、畠山3安打猛打賞!

東京ヤクルトスワローズは、昨日に続き今日も倉敷マスカットスタジアムで、
東北楽天ゴールデンイーグルスとのオープン戦2連戦

本日もテレビ中継がないので、スポーツナビの1球速報頼りです。

先発は、楽天がFA移籍した岸孝之投手、ヤクルトは原樹理投手
今日は、1番がレフト坂口選手、2番はセンター上田選手、荒木選手が6番セカンドに入り、
西浦選手は8番サード、廣岡選手が9番ショートの布陣。スタメンマスクは中村悠平捕手

試合経過は ニッカンスコア

私は他球団の投手の中では、岸孝之投手が一番好きな投手なので、映像がないのは残念です。
細身でスタイル抜群、イケメンに加え、投球フォームがしなやかでバネがあってとても美しい!
出来れば西武ライオンズに残ってほしかったですが、これからは楽天での活躍を期待しています。

初回、岸ー細川の元西武バッテリーの前に、ヤクルトは三者凡退。
2死後、雄平選手は粘って11球目を打ち上げレフトフライでした。

その裏、原樹理投手は先頭の島内選手に早速デッドボールをぶつけます。
昨年も、けっこう死球がありました。
その報復の大部分が山田選手に来るので、死球は減らしてほしいものです。
岡島選手は送りバント2球ファール後、打って出てセンターへのヒットで無死1、2塁
茂木選手のファーストゴロで1死2、3塁
しかし、後続を打ち取り無失点で切り抜けます。

2回、先頭の畠山選手がレフトへの2塁打で出塁
グリーン選手は空振り三振
荒木貴裕選手はライトフライで、畠山選手がタッチアップして2死3塁
つづく打撃好調の中村悠平捕手がレフトへタイムリー2塁打を放ち、ヤクルトが1点先制!
西浦直亨選手もレフトへのタイムリーヒットで2-0
西浦選手は2盗を決め2死2塁も、廣岡選手は空振り三振で3アウト
しかしこの回、岸投手に3安打浴びせ2点先制しました。
ヤクルト的には良かったですが、岸くんファンの私は、ちょっとばかり複雑な心境。

先制したその裏、原樹理投手は三者凡退にきっちり抑えます。

3回、先頭の坂口選手がレフトへのヒットで出塁。
1死後、雄平選手はセカンドゴロで2死2塁
岸投手のワイルドピッチで2死3塁から、畠山選手がライトへタイムリーヒットを放ち3-0
グリーン選手は倒れ3アウト。
畠山選手の打撃が上向いてきましたね。これは頼もしい!
今のところ、グリーン選手との1塁争いは、畠山選手が大きくリードしています。

その裏、原樹理投手は、この回も三者凡退に抑えます。

4回、ヤクルトは三者凡退。岸投手の球数は既に70球に達しました。

その裏、先頭の茂木選手はライトへのヒット。これを雄平選手がファンブルし無死2塁
ウィーラー選手はサードライナーで、2塁ランナーが飛び出し、ダブルプレーで2死ランナーなし。
銀次選手も打ちとり、結局三人で3アウト。


5回、楽天は美馬学投手に交代。
2死後、上田剛史選手がヒットで出て2盗成功。
続く雄平選手がセンターへタイムリーヒットを放ち4-0と突き放します。
今日は、ヤクルトらしからぬ効率いい得点です。

その裏、原樹理投手は、先頭の今江選手にヒットを打たれ、
松井稼頭央選手にも連打され無死2、3塁。松井選手の代走はフェルナンド選手
藤田選手には、高めのつり球をライト前にタイムリーヒットを運ばれ、3連打で1点奪われ4-1
なおも無死1、3塁のピンチで、細川捕手は空振り三振で1死1、3塁
このあと、原樹理投手のワイルドピッチで1死2、3塁
島内選手はファーストゴロで、その間に3塁ランナーが生還して4-2

6回1死後、ヤクルトは荒木選手が四球で出ますが2盗失敗
中村選手も倒れ3アウト

その裏、ヤクルトは2番手で中尾輝投手が登板 
2死後、銀次選手にヒットを打たれ、内田選手には四球を与え2死1、2塁となりますが、
後続を抑えます。

7回1死後、美馬投手から廣岡選手がヒットで出て2盗に成功も、後続が倒れ得点ならず。

その裏、ヤクルトは前回好投した中澤雅人投手が登板
先頭の三好選手にヒットを打たれ、
細川捕手にはバスターからレフトへヒットを打たれ無死1、2塁のピンチ。
島内選手は犠打で1死2、3塁
つづく岡島選手にタイムリーヒットを浴び4-3と1点差に追い上げられます。
なおも1死1、3塁のピンチでしたが、茂木、桝田選手を抑え3アウトチェンジ。

8回、楽天は福山博之投手
1死後、畠山選手が今日3安打目となるヒットで出塁。代走は比屋根選手
鵜久森選手もヒットで続き1死2、3塁で代走は山崎選手
荒木選手はライトへのタイムリー3塁打で6-3と3点リード!
つづく中村悠平捕手のピッチャーゴロで、荒木選手が三本間に挟まれ2死2塁も、
西浦選手がタイムリー2塁打を放ち7-3となります。
その西浦選手は3塁へ走ってアウトとなり3アウトチェンジ。
しかし、この回3点追加したのは大きいです。

その裏、ヤクルトはドラ2ルーキーの星知弥投手が登板
シーズン始まっても、こういう勝ちパターンでの起用となるでしょうか?
先頭の銀次選手に四球を与え、内田選手にはヒットを打たれ無死1、2塁のピンチ。
フェルナンド選手は3球三振。Max155キロが出ました。
このあと、三好、伊志嶺選手をフライアウトに打ちとり無失点で切り抜けます。

9回、楽天は西宮悠介投手が登板
先頭の廣岡選手が全球ストレート攻めにあい空振り三振
坂口選手もストレート3球に空振り三振
代打の西田明央捕手はファールフライで3アウト。
西宮投手は3打者すべてに全球ストレート勝負でした。

9回も続投の星投手は、先頭の島内選手を空振り三振
岡島選手は見逃し三振。
この後、茂木、桝田選手に連続四球で2死1、2塁
銀次選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ7-4となります。
最後は内田選手を、この回、初めて投げたスライダーで空振り三振に仕留めゲームセット。

ヤクルトが7-4で楽天を下しました。
先制して中押しして、途中追いつかれそうでしたが、8回の3点が効きました。

今日先発した原樹理投手は、5回を投げ5安打1死球で2失点とまずまずの投球
フォアボールはなく、ゴロを打たせてとるピッチングが良かったです。
他の投手との兼ね合いもありますが、これなら先発ローテに何とか入って来れそうですね。
今年はキャンプから目の色が違うほどの意気込みで、精力的に練習していました。
その結果が、公式戦で出るよう期待したいと思います。

写真はキャンプ2月6日ブルペン 原樹理投手
e0222575_12522824.jpg



2番手で投げた中尾投手は、ランナーを出しますが0点に抑えたのは良かったです。
まだ何とも評価しづらいですね。

中澤投手は、前回は好投しましたが、今日は簡単に打たれ2失点。

星知弥投手は、投げる球のほとんどがストレートで、
そのストレートが、2イング目は制球が乱れて、2四球から適時打を浴び失点しました。
中村捕手のリードもありますが、ちょっとムキになってストレート勝負を挑んだようにも感じます。
まあそのキレのあるストレートが持ち味ですからね。
あとはストレートのコントロールと、あまり投げない変化球がどうなのか、今後見たいです。
しかし、ストレートが速いロマン溢れるピッチャーで楽しみですね。

打線は、畠山和洋選手が3安打猛打賞と、じりじり調子を上げてきました。
1塁争いは、もう勝負ありのような気がします。
グリーン選手は巨漢にしては大きな当たりが出ないのは物足りません。
落ちる球にもまだ対応できてないですね。

打線は、岸投手が本調子ではなかったのもありますが、12安打7得点とよく打ちました。
足を絡めての攻撃もよかったです。これが続くよう願いたいです。

by misty2011 | 2017-03-09 16:58 | 東京ヤクルトスワローズ

原樹理投手2017キャンプフォト(動画リンク2)ハンファ戦は2回3安打無失点

2017東京ヤクルトスワローズ春季沖縄浦添キャンプ見学より、
今回は2年目の原樹理投手のフォトです。
キャンプでは、ひと一倍、精力的に練習に取り組んでいました。

キャンプレポは、「ヤクルトスワローズ」のタグではなく、「浦添キャンプ」のタグとなります。


原樹理投手は、今日13日、韓国ハンファとの練習試合に先発。
2回を投げ、3被安打1死球ながら無失点でした。
ランナーを出しながらも0点に抑えたのはよかったですが、
初見の打者に簡単に打たれるのは、どうしたものでしょう?

これから練習試合など実戦の中で、さらに課題を修正していって、
ローテに入れるよう期待したいと思います。

ちなみに、この記事は、ヤクルト球団浦添通信の練習試合を見ながら書いていますが、
廣岡大志選手がホームランを放ち、4回途中1-0でヤクルトが勝っています。
4回裏には3点追加して4-0となりました。

廣岡選手は、キャンプのフリー打撃でも、さく越えが多く、
飛距離が抜群でしたが、キャンプ初の実戦試合でもその通りの結果が出ました。
燕の長距離砲として楽しみな選手ですね。

山田哲人選手は、これを書いているここまで、空振り三振とファーストフライ、センターフライで、
私がキャンプ見学で見たときもそうですが、打撃に関してはまだまだで、
WBCに向け不安で仕方ありません。間に合うといいのですが・・・。

では原樹理投手の写真です。
キャンプ初日 ブルペン
e0222575_12441013.jpg


e0222575_12442672.jpg


e0222575_12444639.jpg


e0222575_1245846.jpg


e0222575_1246045.jpg


e0222575_12461346.jpg


e0222575_12462851.jpg





2月3日 投内連係
e0222575_1247497.jpg


e0222575_12472858.jpg


投内連係 YouTube動画 既出なのでリンク先を貼っておきます。
 https://youtu.be/RE4TwuB1QZQ
 

2月4日 ウォームアップ
e0222575_12475972.jpg


4日 走塁練習
e0222575_12483612.jpg



2月6日 ブルペン
e0222575_1250572.jpg


1年目とは顔つきが違ってきました。自分への甘さがなくなり、険しい表情が多くなりました。
e0222575_1251156.jpg


e0222575_12513852.jpg


e0222575_1252747.jpg


e0222575_12522824.jpg


2月7日 ウォームアップ
e0222575_12524767.jpg


7日 ブルペン
e0222575_12531397.jpg


e0222575_12533931.jpg


e0222575_12535250.jpg


e0222575_125439.jpg


e0222575_12541650.jpg


e0222575_1254297.jpg


1枚追加
e0222575_16454443.jpg


7日ブルペン YouTube動画
 https://youtu.be/w9LttUZpSz8


7日午後3時半すぎ 原樹理投手がタオルを振ってシャドーピッチング 
この時も、険しい表情でした。今年に期すものを感じます。
e0222575_2155546.jpg


e0222575_2057611.jpg


体重移動を確かめながらシャドーピッチング 昨年よりフォームが良くなったように思います。
e0222575_20571623.jpg


2月8日午後 雨が強く降る中、打撃投手として登板
e0222575_12544727.jpg


フェンスがもろ被り、画像が白けましたが載せておきます。
e0222575_14311039.jpg




by misty2011 | 2017-02-13 13:58 | 東京ヤクルトスワローズ

2/7ヤクルトキャンプ、午前午後のブルペン風景(原樹理・小川ほか動画1本)

今日は、私のスマホにアクシデントがあり、ちょっと修理してホテルに帰ったので、更新が遅れました。
突然に画面がフリーズして、私はパニック状態。
落としたりとか、何かあったわけでないのに、なんで突然故障したの?
auのお店に行って、30~40分くらいかかりましたが、無事復旧しました。
やれやれ、ほっとしました。

では7日、東京ヤクルトスワローズ春季沖縄浦添キャンプ第2クール2日目のレポです。
まずは、ブルペンからです。

キャンプレポは、「ヤクルトスワローズ」のタグではなく、「浦添キャンプ」のタグとなります。

初日から審判もブルペン入り
ピッチング練習が始まる前に待機していた4人の審判団
私は、森健次郎審判はわかりましたが、そのほかの審判は、あとで確認しておきます。
e0222575_2023153.jpg


下の写真の真ん中が森審判
e0222575_2023984.jpg


室内でサインプレーをした後、ブルペンが始まりました。これは正午過ぎのブルペン
今年はブルペンが始まるのが比較的遅いような気がします。
e0222575_20292136.jpg


メイン球場の野手陣の打撃練習(山田選手が最初のほうなので)が始まるのとダブルのもあって、
私的には、今年は申し訳ないですが、ブルペン見学に集中出来ていませんね・・・。
まあ、前日は寺島投手と星投手の初ブルペンだったので、気合を入れて見ましたが(笑)


原樹理投手
顔の表情から昨年のような甘さがなくなり、怖いくらいの形相で投げています。
e0222575_20371845.jpg


昨日に続き今日も一番手前のブルペンに入りました。
前のポールが邪魔で、構図的には良くありません。
e0222575_20355398.jpg


e0222575_20411161.jpg


e0222575_20404093.jpg


原樹理投手のブルペンをYouTube動画にアップ


近藤一樹投手
e0222575_2045234.jpg


躍動感があって、カメラ的にはイイ被写体です。
e0222575_20453348.jpg


小川泰弘投手
e0222575_2047149.jpg


e0222575_2047990.jpg


この3投手を撮ってから、急いでメイン球場に私は移動しました。


午後、ブルペン終了後は、スタッフがブルペンを整備しています。中央は新田玄気さん
e0222575_2050242.jpg


午後2時半過ぎ、ブルペンで自主練習する石川雅規投手
Tシャツ短パン姿なので、若作りですが、PCに取り込んだ写真を見ると・・・
e0222575_20521976.jpg


髪の前の方に白髪が目立ちました。
e0222575_20523087.jpg


村中恭兵投手もTシャツ姿で投球練習 リラックスして投げていました。
e0222575_2056046.jpg


e0222575_20561272.jpg


e0222575_20562448.jpg


午後3時半ちょっと前、小川泰弘投手がブルペンで取材を受けていたようです。
私は終わったところしか見ていません。
e0222575_2105214.jpg


e0222575_2111644.jpg



午後3時半すぎ 原樹理投手がタオルを振ってシャドーピッチング 
この時も、険しい表情でした。
e0222575_2155546.jpg


e0222575_2057611.jpg


e0222575_20571623.jpg


岩橋慶侍投手は、ゴムチューブを腰に巻いてシャドーピッチング
後ろで石井弘寿コーチが引っ張っています。
e0222575_20585613.jpg


e0222575_2059388.jpg


以上、先にブルペン風景をアップしました。
今日は若松勉さんが臨時コーチとしてお見えになっていました。
また、山田哲人選手は、全体練習後、WBC球を使って室内でノックを受けていました。
室内なので、ほとんど見えませんが、撮れた一部を別の記事でアップします。

by misty2011 | 2017-02-07 21:15 | 東京ヤクルトスワローズ

原樹理、3回途中、右肩違和感で降板、中継ぎ打たれ大敗★1-8、山田26号ソロ弾のみ

首位広島カープとの初戦に敗れ、カープは22年ぶりの10連勝、
一方、東京ヤクルトスワローズは連勝が3で止まりました。

2戦目はマツダスタジアムに移動して行われました。
先発は広島が黒田博樹投手、ヤクルトは1軍復帰登板となる原樹理投手

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 山田選手が先制の26号ソロも、追加点奪えず2連敗…

1軍復帰から初登板となる原樹理投手は1、2回とも三者凡退の上々の立ち上がり。
期待が持てました。

ヤクルトは2回、先頭の山田選手が黒田投手から
センターバックスクリーン左に飛び込む26号ソロホームランを放ち1点先制!
黒田投手との昨年からの相性の良さは、今年もそのままのようです。ナイスバッティング!

3回、原樹理投手は、松山、石原選手に連打された後、アクシデント発生でベンチに下がり、
そのまま交代。
情報がなかなか入りませんでしたが、右肩の違和感だそうです。
軽症だといいんですが、肩ですからね・・・心配です。

サンスポ 「投げる前から痛かった…」ヤクルト・原樹、復帰戦は38球で降板

これによると、投げる前から痛かったそうで、それなら最初から投げるなと思います。
自身もダメージが残り、ブルペン陣にも迷惑をかけました。

緊急登板となった徳山武陽投手が、1死後、田中広輔選手に四球を与え1死満塁から、
菊池涼介選手にライトへタイムリー2塁打を浴び1-2と逆転されます。
この後2死、2、3塁からルナ選手にセンターへタイムリーヒットを打たれ1-4

5回からは成瀬投手が登板し、5回は0点に抑えますが6回につかまります。
1死後、鈴木、新井選手に連続四球を与え、代打の下水流選手にヒットを打たれ、
石原捕手は敬遠で1死満塁。
つづく黒田投手に低めの球をレフトへ走者一掃のタイムリー2塁打を打たれ1-7と決定的な点差に。

成瀬投手、とにかく右打者を抑えられません。黒田投手にまで打たれるようでは・・・。

7回、ヤクルトは先頭の山田くんが四球で出ますが、後続がセンターフライとショートゴロ併殺打。
全くつながりません。

その裏、土肥寛昌投手がプロ初登板。
ランナーを出しながらも無失点で切り抜けます。
抜け球が多かったですが、0点に抑えたのはよかったです。

8回、ヤクルトはヘーゲンス投手から、2安打と四球で2死満塁も、川端選手がセカンドゴロで3アウト。

8回は久古投手が登板し、菊池選手に、今日3安打目、2本目となるタイムリー2塁打を打たれ1-8
菊池選手に打たれ過ぎ!
最多安打のタイトルは菊池選手に持って行かれそうです。

気が早いですが、山田くんの三冠他のタイトル争いでの敵は、
相手チームの打者ではなく、ヤクルト投手陣のような気がします。
ヤクルト投手陣を打つことができない山田くんは、大きなハンディでしょうね・・・。


9回、ヤクルト最後の攻撃は、今日4打席とも先頭バッターとなった山田くんが
今村投手からレフト前ヒットで出塁。
しかし、後続倒れゲームセット。
山田くんはバレンティン選手三振の際に2塁に走りましたが、
点差があったので盗塁は認められませんでした。

ヤクルトは1-8の大敗。カープは32年ぶりの11連勝となりました。


ズムスタでの2戦目は、黒田投手が投打に大活躍!
ヤクルトは、その引き立て役となってカープファンを喜ばせただけでしたね・・・。。
黒田投手は、これで日米通算200勝にあと一つ王手をかけました。

まさに、首位と最下位のチームの勢いの差を痛感した試合でした。
情けないというか、あまりに無抵抗の大敗に惨めな気分になりました。
山田くんの先制ホームランで喜んだ私でしたが、それだけで終わりました。

初戦は4安打、今日は6安打も打線がつながりません。
山田くんが4回先頭バッターということは、今日は3番ですべて切れていたわけです。

明日の結果次第では、いい加減、3番川端選手はやめてほしいですけどね。
(いい加減のとタイプミスをしていたのを訂正してお詫びします。意味が違ってきますからね)
ここでも、さんざん坂口ー川端選手の並びは機能しないと書いていますが、
2番で上手く行かなかった川端選手を、3番にするのはどうなのよって思いますね。
まだ、5番に入っていたときのほうが機能していました。

是非1番から、5、6番までの打順を再度組み替えてほしいと願います。
ただでさえつながらない打線が、山田くんの前で切れては、4番に置く意味がありません。
ソロホームランなら相手は怖くありませんからね・・・。

私は4番山田くん固定よりも3番の方がいいような気がしますが、
それだと4番を打つ選手がいないし。困ったもんです。

いくら自主性を重んじるといっても各打者が勝手に打っていたのでは、つながりません。
選手任せの放任主義も限界だと感じます。

それにしても原樹理投手の状態が気がかりですね。
離脱ともなれば、先発陣がますます苦しくなります。大事に至ってないことを祈ります。
登録抹消されるそうです。

写真は4月10日ハマスタ 原樹理投手
e0222575_22153632.jpg




それから、オンドルセク投手は謝罪をして、明日から2軍の練習に合流できるようです。
最悪の退団ってことにはならなくて何よりです。

by misty2011 | 2016-06-29 22:22 | 東京ヤクルトスワローズ

毎週負けるのがデフォの惨デー★1-7 打線も冷えて見どころなし

1勝1敗で迎えた千葉ロッテマリーンズとの3戦目

先発は、ロッテが唐川侑己投手、東京ヤクルトスワローズは原樹理投手
スタメンは、手首痛の畠山選手が欠場し、4番に川端慎吾選手が入りました。
今浪隆博選手が6番ファースト
山田くん以上にネガティブな私は、山田くんが4番じゃなかったことにホッとしました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 坂口選手のタイムリーで一時同点も…中盤以降突き放されカード勝ち越しならず

原樹理投手は、初回、先頭にヒットを打たれ、送りバントで2塁へ進まれると、
デスパイネ選手にライトへタイムリーヒットを打たれ、あっさり1点先制されます。

ヤクルトは3回、先頭の中村捕手がヒットで出ると、
この後、2死2塁から、坂口選手がセンターへタイムリーヒットを放ち1-1の同点に!
しかし、終わってみれば、ヤクルトの得点はこの1点のみでした。

4回、原樹理投手は先頭のナバーロ選手にヒット、
鈴木大地選手はサード内野安打でピンチを招きます。
サードへの平凡なゴロでしたが、川端選手がグラブを出しながらも追いつけず記録は内野安打。
このくらいは捕ってあげないと・・・。
細谷選手は送りバント失敗も、清田選手がライトへヒットを放ち1死満塁。
雄平選手の強肩を恐れて、2塁ランナーは3塁で止まりました。
1死満塁となり、当たっている田村捕手。
ライトへ大きな犠牲フライを運ばれ1-2と勝ち越されます。

6回は、1死後、原樹理投手は鈴木大地選手にデッドボールをぶつけます。
ここから崩れ、細谷選手にヒット、清田選手に2点タイムリーヒットを浴び1-4

7回からは村中恭兵投手が登板も、四球、ヒットから、
デスパイネ選手に3ランホームランを浴び1-7
これで試合が決まりました。

唐川投手は指にまめができるにアクシデントが発生(訂正)
6回からロッテは、大谷、益田 松永、南投手とつなぎ、
ヤクルト打線は得点できないままゲームセット。1-7で完敗でした。

打線は坂口選手がマルチヒット1打点と活躍。
まだ足が痛い中、ひとり気を吐きましたが、
チームは散発6安打で、打線がつながりませんでした。

原樹理投手は、今日はストレートの球速は今までより出ていました。
QVCのスピードガンが甘いような気もしましたが。
しかし、相変わらずコントロールはアバウト。
持ち球のシュートも決まらず苦しいピッチング。

4回はサードへの打球を慎吾くんが捕れていれば、その後の1失点は防げていたでしょうね。
打たせてとる投手だけに、守備が足を引っ張っては勝てません。
2ちゃんねるでは、以前から「●●●ちゃん」と揶揄されている川端選手ですが、
やっぱり打球への反応が悪いですね。
一歩目の足が出ないので、普通のサードなら捕れる球でも外野に抜けていくことが多く見られます。

何とかしてほしいですが、キャンプを見ていると、
本人も、川端選手を指導するコーチも、こんなものでいいという感じで、
守備への取り組み方が生ぬるいので、改善されそうな期待は私は持てません。
一応ゴールデングラブ賞はとっていますが、守れない分、打ってもらうしかないでしょうね・・・。

4回は1点で済みましたが、6回は死球からの2失点(訂正)。
先週も2連続死球で、そこから崩れましたが、今日も同じような展開になりました。
ぶつけると、そのあと、腕が振れなくなって、ボールを置きに行くような感じになりますからね。

5回までは、今日はまずまずのピッチングだと思っていましたが、
結局は、防御率 5.82のピッチングという感じでした。

いくらシュートが武器でもそれが使いこなせず、ストレートとの球速差がありません。
どちらを待たれても打たれる感じです。

前にも一度書きましたが、まだ若いので、基本のストレートをもっと磨くことから始めてほしいですね。
今日は球速が出ていたので、制球を改善できれば、もう一つステップアップできるように思います。

そして、7回には村中投手が、こちらも四球が絡んで3ランを浴び、勝負が決まりました。

ヤクルト投手陣は、ほとんどが打たれるだけじゃなく、死四球が絡んでくるのが一番の問題でしょうね。

これで日曜日は開幕以来3勝8敗、原樹理投手は2勝7敗で、
5月15日からは5週連続負け試合となりました。

写真は神宮6月5日(日曜日)原樹理投手
e0222575_17413961.jpg



他に先発ローテがいないので、下で調整させることなく毎週、原樹理投手が投げていますが、
いい加減違う曜日に変えてほしいですね。
休日しか球場に行けないファンのことを思うと、毎週日曜日は負けるがのデフォで
出かける楽しみがなくなります。

【追記】試合後、原樹理投手の2軍降格が決まりました。
再調整した方がいいでしょうね。レベルアップしてまた戻ってきてください!

打線も、私の楽しみの山田くんが今日はいいところなしで4打数ノーヒット。
16試合連続ヒットが今日で途切れました。
1試合に1本は打っていましたが、今年はまだ大爆発の試合ってありませんね。

ここまで、腰痛を抱えながらフルイニング出場していますが、疲れが溜まっているのなら、
あまり価値がないフルイニングにこだわってほしくないですけどね。
試合の大勢が決まったあとなどは、ベンチに下がってもいいように思います。
まだシーズンはこの先ながいですから。
明日はお休みなので、ゆっくり休んで体調を整えてください。

投手陣が打たれ、打線が冷えてはヤクルトは勝てません。
火曜日からは王者ソフトバンク戦ですが、一つでも勝てれば御の字でしょうね。
予想を覆えす戦いになれば嬉しいのですが・・・。

by misty2011 | 2016-06-12 17:42 | 東京ヤクルトスワローズ

サンデー樹理6回3失点で5敗目★1ー6、ヤクルト借金5で交流戦へ!

昨日は、辛くも延長戦で中日を下した東京ヤクルトスワローズ
3戦目の先発は、中日が吉見一起投手、ヤクルトは原樹理投手
今日は雄平選手がライト7番でスタメン

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 先発・原樹理投手は6回3失点の粘投も、カード勝ち越しならず

ヤクルト的には、見どころがほとんどない試合でした。

先発の原樹理投手は、初回、先頭の大島選手にサード内野安打を打たれ、1死2塁から、
ナニータ選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ、あっさり先制されます。

2回は、2四球と2安打されますが、中日の併殺打など拙攻に助けられ無失点で切り抜けます。

3回には、ナニータ選手に2号ソロホームランを浴び0-2
さらに、ヒットのビシエド選手を置いて、
堂上選手にサードへのタイムリー2塁打を打たれ0-3
この打球、サードベースに当たり、跳ね上がってレフトファールゾーンに転がっていきました。
川端選手が後ろで待って捕球しようとしましたが、ベースに当たり打球の角度が変わりました。
不運な打球とは言え、待たないで跳ね上がる前に捕ってほしかったですね・・・。
バレンティン選手も、カバーに来ていませんでした。

3点を追うヤクルトは4回、大引選手がヒット、坂口選手が四球で無死1、2塁のチャンス。
ここで、得点圏では期待薄の山田くんでしたが、
相性のいい吉見投手から、レフトへ抜けるタイムリーヒットを放ち1-3
いつ以来でしょう?山田くんに久しぶりにタイムリーヒットが出ました。
シングルヒットじゃ、ヤクルトファンには満足してもらえないのが、山田くんのツライところ。
長打が出れば最高でしたが、不調の山田くんとしては、これが精いっぱいだったのかもしれません。

なおも追加点のチャンスに、バレンティン選手は空振り三振、
川端選手はライトへの大飛球でしたが、名手・平田選手に捕られました。
畠山選手もショートゴロで、この回1点のみ。

6回には、1死後、坂口選手が2塁打で出塁も、山田選手はキャッチャーファールフライ、
バレンティン選手四球後、川端選手は2番手の小川投手の前に見逃し三振に倒れます。

その裏、原樹理投手は川端選手の悪送球エラーでピンチを招きますが、後続を抑えます。

ヤクルトは7回から継投に入り、久古投手が2番手で投げますが、
死四球でピンチを招き、2死1、2塁で、ビシエド選手の打席で松岡投手に交代。
しかし、初球をバックスクリーンに3ランホームランを放り込まれ1-6
これでトドメを刺されました。

打線は、7回から、祖父江、福谷投手に抑えられ、
9回は岡田投手から、川端、畠山選手が連打も、
後続が3人そろって内野フライを打ち上げゲームセット。
1-6で中日に敗れ、このカードを負け越しました。

吉見投手は、全盛期に比べるとスピードこそありませんでしたが、
やはりコントロールがよかったですね。
結局1点しか取れませんでしたが、もう少し抵抗してほしかったです。

原樹理投手は、初回にあっさり失点し、2回のピンチはよく切り抜けましたが、
3回にホームランと不運なヒットで2点追加点を与えました。

6回まで投げ3失点のQSは達成ですが、9安打3四球で好投したとは言い難いピッチング。
中日の拙攻に助けられた部分があったので、よく3失点で済んだという感じでした。
それでも、粘って大崩れしなかった点はよかったとフォローしておきます。

原樹理投手は、打たせてとるピッチャーなので、
もう少し細かいコントロールをつけてもらえればと思います。
今日、投げ合った吉見投手の制球を見習ってほしいですね。

写真は4月10日ハマスタ 原樹理投手
e0222575_20391464.jpg



今日負けて、ヤクルトは借金5で火曜日からの交流戦に挑むことになりました。
最初のカードは、札幌ドームでの日本ハムファイターズ戦。

大谷投手とは当たらなくて済みますが、初戦は有原投手が予想され、
今の燕打線には打てそうもない投手です。
おまけに、打線は、好調レアード選手のほか、
今日の試合で中田翔選手が2発5打点と調子を上げてきました。
これ、ヤクルト投手陣は抑えることができるでしょうか??

ネガティブにならざるを得ない状況ですが、まあ、試合はやってみないと・・・。
先発投手陣は、どうにもならないので、
せめて打つ方がもっと活発になってくれることを期待するしかありません。

バレンティン選手は、今日はやる気なしのようでしたが、交流戦では機嫌よく打ってほしいものです。

by misty2011 | 2016-05-29 19:30 | 東京ヤクルトスワローズ