Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:原樹理 ( 25 ) タグの人気記事

鷹に逆転負けも、原樹理投手が5回無失点の快投で先発ローテ確定か!?

東京ヤクルトスワローズは、今日から福岡ヤフオクドームでの2連戦

相手のソフトバンクホークスは、オープン戦まだ負けなしの相変わらずの強さです。
ヤクルトとしては、オープン戦ではあっても、昨年の日本シリーズの雪辱を、
この2連戦で是非果たしてほしいですね。

先発はソフトバンクがバンデンハーク投手、ヤクルトはドラ1ルーキーの原樹理投手

今日は、1番センターに山崎晃大朗選手。
バレンティン選手は、試合前の練習中に左脇腹付近を痛めスタメンを外れました。
それにしても、あと2週間足らずで開幕なのに、バレンティン選手、間に合うんでしょうか!?心配ですね。
4番は雄平選手が入り、ショートは西浦直亨選手、森岡選手がサードスタメン。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 先発・原樹理投手が5回3安打無失点の好投も、リード守れず逆転負け…


初回1死後、坂口選手がセカンド内野安打で出塁します。
山田くんはストレートに振り遅れて空振り3球三振。
足を高く上げる選手は、自分のタイミングをつかむまで調整に時間がかかるようですが、
それにしても三振が多すぎ。

4番・雄平選手の打席で、坂口選手が2盗を決め、雄平選手は選んで歩き2死1、2塁。
6番の森岡選手はセンター前にタイムリーヒットを放ち、坂口選手がホームインしてヤクルトが先制!
なおも2死、2、3塁で、続く田中浩康選手はショート今宮選手の好守に阻まれ1点どまり。

原樹理投手は、初回、危なげなく三者凡退に抑える堂々の立ち上がり。

2回、先頭に西浦選手がセンター前ヒットで出塁、2盗を決めます。いいですね~!
大引選手からレギュラーをとっちゃえ!
中村捕手は三振で、原樹理投手が今日は打席に立ちますが、バント失敗三振で2死2塁。
山崎選手も三振に倒れます。

その裏、原樹理投手は、内川選手のセンターへ抜けようかという打球を西浦選手がよく追いついてアウトにします。
1死後、長谷川選手に初ヒットを打たれ。松田選手はショート内野安打で1死1、2塁。
三遊間への打球に、西浦選手が追いついたまでは良かったですが、2塁への送球がそれました。
しかし、中村晃選手をショートゴロ6-4-3の併殺打に仕留め3アウトチェンジ。

3回、坂口選手が三振後、山田くんはファーストファールフライ。
ストレートに振り遅れて、バットの根っこに当たっていました。
打てるとしたら初球の甘い変化球でしたが、相変わらず初球は見逃しました。
いや~、お目覚めはいつになるやら。
雄平選手はレフトフライで3アウト。

その裏、原樹理投手は、わずか5球、3つの内野ゴロで、危なげなく三人で片付けます。
コントロールよく、打たせて取るピッチングが光っています。
4回、ヤクルトは三者凡退。

その裏、原樹里投手は先頭・福田選手に珍しく四球を与えます。
1死1塁で、怖い柳田悠岐選手を迎え、レフト前にヒットを打たれ無死1、2塁。
柳田選手に中途半端な外はダメだっちゅうに。一番バットが出やすいゾーンに投げました。
つづく内川選手のピッチャーライナーを、原樹理投手が抜群の反射神経でキャッチして、
2塁へ送球してダブルプレー2死1塁。
長谷川選手はショートフライに打ち取り、無失点でピンチを切り抜けます。
しかし、原くん、凄い反応でした。フィールディングがいいのも先発投手の条件のひとつですね。

5回、ソフトバンクは岡本健投手が登板。
1死後、原樹理投手がショートエラーで出塁し、2塁まで進みます。
トップに戻り、山崎選手は俊足を飛ばしてセカンド内野安打で無死1、2塁とチャンスを広げます。
坂口選手は歩いて1死満塁。

さて、ここで問題の山田くん。
1、2球と外のボール球のスライダーを空振りし、3、4球目はよく見送って2-2としますが、
最後はストレートを見逃して三振。バットが出てきません。
タイミングが取れない上に、球が全く見えていません。う~ん。マズイ。
気持ち的にも、打席でどうしたらいいのか全く整理がついていなさそう。

この時期は、いつもこんなもんだなんてのんきなことは言ってられないほど悪いですね。
山田くんは、オフに開幕を迎えるのが怖いとネガっていましたが、
山田くんに関して極度の心配性の私も怖すぎます。

しかし、雄平選手がレフトへタイムリーヒットを放ち3-0。
山田くんの不調のカバーをきっちりしてくれました。
これ、開幕に畠山、バレンティン選手が間に合わなければ、雄平選手が4番でしょうね。
森岡選手は大きなライトフライでしたが、中村晃選手に好捕され3アウト。
森岡選手も何気に好調です。

5回裏、原樹理投手は1死後、中村晃選手にヒットを打たれますが、
今宮選手を、注文通りのショートゴロ併殺に打ちとり3アウト。ライジングシュートの威力抜群。

6回、ヤクルトは飯田優也投手の前に三者凡退。

その裏、ヤクルトはペレス投手が登板。
先頭の鶴岡捕手にヒットを打たれ、1死後、代走の真砂選手に2盗されます。
2死後、柳田選手は、代わったショート大引選手が弾くエラーで2塁からランナーが生還して3-1
打球は速かったですが、守備の人なら捕ってほしかったです。

7回、飯田投手から先頭の大引選手が四球で歩くと、山崎選手の送りバントは2塁フォースアウトで1死1塁。
山崎選手は2盗失敗で2アウト。坂口選手は三振で3アウトチェンジ。
チャンスで山田くんに回ってきてほしくないと思うほど私はネガっていたので、何となくホッとする始末。

その裏、ヤクルトはルーキ投手が登板
長谷川、松田選手を二者連続三振など三者凡退。ナイスピッチング!

8回、ソフトバンクは森唯斗投手
山田くんに代わって谷内選手が打席に立ち、死球で出塁も、雄平選手の盗塁失敗などあり三者凡退。

その裏、オンドルセク投手が投げます。
先頭の今宮選手にヒットを打たれ、1死後、川島慶三選手にピッチャー強襲ヒットを打たれ1死1、2塁。
オンドルセク投手、打球に右手を出して捕ろうとしましたが、弾きました。
利き手を出すのは危ないですね。何ともないんでしょうか?

つづいて、昨年の日本シリーズで大活躍した明石選手にセンター前ポテンヒットを浴び3-2
なおも1死1、3塁のピンチで、カニザレス選手にに犠牲フライを運ばれ、ついに3-3の同点に。
さらに、高谷捕手にライト線へタイムリーヒットを打たれ3-4と逆転されます。

オンドルセク投手はまだ本調子ではなさそうですが、今シーズンは、抑えは秋吉亮投手なんですかね?

9回、ソフトバンクはバリオス投手が登板
1点を追うヤクルトは1死後、西浦選手がヒットで出塁。ついに打撃開花でしょうか。嬉しいですね。
しかし、中村捕手がセカンドゴロ併殺打でゲームセット。

今日こそソフトバンクの連勝を止めるチャンスでしたが、
オンドルセク投手が誤算で、3-4で逆転負けを喫しました。
残念です。明日こそ、やり返しましょう!

今日の大収穫は、何と言っても原樹理投手の好投。
原樹理投手は、5回を投げ44球3安打1三振1四球で無失点。
球数が少なく、テンポよく強力タカ打線に対し攻めの投球ができました。
ピンチでも落ち着いていて、武器のシュートで併殺打に打ちとるなど、新人らしからぬ投げっぷり。
もう先発ローテは当確でしょう。何番目争いになるのかが楽しみです。
実戦向きの頼もしい新人投手、これはドラ1を外してよかったかも。

追記】スポニチ ヤクルト ルーキー原樹、鷹打線を5回零封!先発ローテ確定 
記事を書き終えた時は、真中監督のコメントがまだだったので、確定に!?をつけましたが、
試合後、真中監督は「順番はこれからだが当確」とし、原樹理投手の先発ローテーション入りを明言しました。
よかったですね。おめでとうございます!


終盤は、原樹理投手はベンチで山田くんと並んで仲良く話していました。
弟キャラの山田くんに、1軍に年下の弟ができましたね。
先輩として、打って、さすが山田選手ってとこを早く見せてほしいです。

写真はキャンプ2月6日ブルペン 原樹理投手
e0222575_1055053.jpg



坂口選手は依然好調です。
ショートでスタメン出場した西浦直亨選手は、今日もマルチヒットで高打率をキープ。
今日は守備機会も多く、いい守備とまだまだの所とどちらも見せました。
このまま、打撃は好調を維持して、あとは守りでミスが出ないよう頑張ってほしいです。
ベンチから信頼のある大引選手のレギュラーは固いと思いますが、
打撃が昨年のように上がって来なければ、西浦選手にも十分スタメンのチャンスはあると思います。

問題は打撃不振の山田哲人選手。
広島戦ではタイムリー2塁打と、あといい当たりもでたので、これからと思っても続きませんね。
昨年と同じ状態の繰り返し。

単に調整遅れならいいんですが、それにしても球が見えていません。
ただでさえ視力がよくない山田くん、視力がもっと落ちているんじゃないかと、
これ冗談ではなくマジで心配になるほどです。

ストレート、変化球どちらにもタイミングが合わず、始動が遅れてバットが出ないか、
降っても振り遅れが目立ちます。
これで心配するなと言っても、私には無理ですね・・・。

ビジターゲームが続くので、杉村コーチとのティーバッティングも十分にはやれてないのかもしれません。

昨年も不調の時に書きましたが、あれこれ考えないで、とにかく来た球を思いっきり振る、
それしかないと思います。
簡単に言っても、今はバットが振れないんでしょうけどね・・・。
中畑さん、来て~~!とすがりたくなりました。
山田くんに春よ来い!
by misty2011 | 2016-03-12 16:46 | 東京ヤクルトスワローズ

新人・原樹理投手好投!4回無失点、ヤクルトオープン戦初勝利

オープン戦5連敗となった東京ヤクルトスワローズは、
ハマスタでの2戦目に注目のドラ1ルーキー原樹理投手が先発。

原樹理投手は4回を投げ4安打2三振1四球無失点と好投。開幕先発ローテ入りを大きくアピールしました。

打線は、6回に森岡良介選手と谷内亮太選手が連続タイムリー2塁打を放ち2点先制。
8回に久古投手がロペス選手に一発を浴び、9回には寺田投手が満塁のピンチを招きましたが、
後続を二者連続三振に仕留めゲームセット。
ヤクルトが辛くも2-1で逃げ切り、オープン戦6戦目で初勝利。連敗を5で止めました。
やれやれ、勝ってよかったです。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 先発・原樹投手が4回無失点の好投!リード守り切りオープン戦初勝利!

写真はキャンプ2月6日ブルペン 原樹理投手
e0222575_10532920.jpg


原樹理投手は初回は3つの内野ゴロで三者凡退の上々の立ち上がり。
2回、4回にはヒットで先頭を出しますが、後続を打ち取り無失点で切り抜けました。

予定の3イニングから4回も続投し、いい当たりの打球があって、やや捉えられてきましたが、
正面のライナーや、ファールになって、運も味方しました。
持ち球のシュートはやはり有効なようです。

昨日の杉浦投手が打ち込まれたので、好投の原樹理投手は、先発ローテ争いでは一歩も二歩もリードしたでしょうね。
ドラ1ルーキーが開幕から即戦力になってくれそうで、これは楽しみです。

打線では、昨日はノーヒットだった坂口智隆選手が今日はマルチヒットと奮起。
しかし、山田哲人選手は山口俊投手の前に3打席連続空振り三振と、
今日もバットが空を切るばかりで、そのあとベンチに下がりました。

山田くんはオープン戦6試合で20打数2安打1打点で、三振が8個と、今年も昨年と変わらず調整が遅れています。
いくら主力選手で調整段階と言っても、この調子で果たして開幕に間に合うのかどうか心配になってきました。

昨年もそうで、あれだけの成績を残したんだから心配しなくてもいいという意見が多いですが、
ファンだからこそやっぱり心配です。
このままだと、調子が上がるのは昨年と同じ5月半ば以降ってことになれば、
それこそ、しばらくヤキモキしそうで・・・。

こんな状態で侍の試合に出場となると、それこそ叩かれるだけになりそうなんですが。
いきなり代表戦で打てるようになるとも思えませんからね。
小久保監督には、セカンドはお気に入りの菊池選手を使ってもらいましょうか!?
そう思いたくもなりました。

低調な打線にあって、今日は横浜DeNAの2番手の小林寛投手に代わってからは、
雄平選手のサードエラーを足掛かりに、森岡良介選手がマルチとなる左中間へのタイムリー2塁打。
谷内亮太選手が見逃せばボールの低めの球を上手く拾ってレフトへタイムリー2塁打で2得点。

森岡選手は生き残りかけて必死のバッティングで打撃は好調!
谷内選手もようやく打つ方で結果を出しました。
ショートの守備では後方への難しいフライはよく捕りましたが、
1塁への危なっかしい送球があって、ちょっとひやっとしました。

これ以外では、バレンティン選手にフェンス直撃の2塁打、代打の大引選手もヒット。
途中出場の比屋根選手はヒットと2盗
中村悠平捕手も内野安打が出て、計9安打と、これまでよりはヒットが出ました。

投手陣は2番手でルーキ投手が投げ、1安打無失点。前回より球速が上がっていました。
3番手のペレス投手も1安打2三振で無失点と好投。
新外国人投手も、外国人枠の関係でひとりが振り落とされるのでいい競争をしています。

私期待の岩橋慶侍投手も1安打されましたが、1三振を奪うなど無失点とナイスピッチング。

久古健太郎投手はロペス選手に一発を浴びましたが、そのあとは連続三振に斬って取りました。

1点リードで9回はオンドルセク投手かと思いきや、寺田哲也投手が登板。
いきなりヒットを打たれ、ピッチャーゴロを弾くなど、1死満塁のあわやサヨナラ負けのピンチを招きましたが、
後続を2者連続空振り三振に仕留めゲームセット。
ヤクルトが2-1で辛くも逃げ切り、オープン戦初勝利をあげました。

とりあえずオープン戦初勝利おめでとうございます。
出来れば、先発の山口俊投手から得点したかったですね。5回5安打5三振で無失点に抑えられました。

まだ、3、4番の山田、バレンティン選手の調子が上がってないので、得点力不足は否めませんが、
控え組はもっともっと打ってアピールしてほしいと思います。

投手陣は今日はまずまずだったので、良かったです。
新外国人トリオの2つの枠を巡る競争、先発ローテ入りを目指す競争、中継ぎ投手陣もいい競争をしています。

打撃陣はこれから徐々に上がってくることを期待して、
まずは投手陣がそれぞれの持ち場で結果を出してほしいと願っています。
by misty2011 | 2016-03-03 17:22 | 東京ヤクルトスワローズ

ルーキー原樹理投手キャンプフォト+動画2本

東京ヤクルトスワローズ2016春季沖縄浦添キャンプも終盤に差し掛かってきましたが、
キャンプ見学の写真の更新が遅れています。

今回は、昨日、阪神タイガースとのオープン戦で先発したドラ1ルーキーの原樹理投手です。
「じゅり」を変換すると樹里と出てきますが、里ではなく「理」です。
キャンプ見学中に既に掲載したものもありますが、こちらでまとめて載せておきます。

ヤクルト沖縄キャンプレポは「ヤクルトスワローズ」のダグではなく「浦添キャンプ」のタグとなります。


雨でスタートしたキャンプイン 初日のブルペン

e0222575_10424712.jpg


e0222575_10381467.jpg


e0222575_1033214.jpg


e0222575_10332419.jpg


e0222575_1038215.jpg



原樹理投手 初日ブルペン YouTube動画

      


2月3日 ブルペン
e0222575_10461974.jpg


e0222575_1047251.jpg


e0222575_10473364.jpg


e0222575_10474776.jpg


e0222575_1048674.jpg


ここから後は、前の白い支柱が邪魔で、構図的に写真はNGとなりました。
e0222575_10482037.jpg


投球練習後、野村克則バッテリーコーチからアドバイスを受けていました。
e0222575_10483937.jpg


e0222575_1049085.jpg


2月4日 投内連係 YouTube動画

      


2月6日 ブルペン
e0222575_10503161.jpg


後ろで伊藤智仁コーチが真剣な眼差しで見ています。
e0222575_10504644.jpg


e0222575_10505894.jpg


e0222575_10512689.jpg


e0222575_10513959.jpg


e0222575_1052015.jpg


腕は後ろまでよく振りきれていましたが、
踏み込んだ左脚が突っ張っているのがチト気になりました。
フォーム的にはあまり力感はなく、やや手投げのように見えました。
e0222575_10521096.jpg


e0222575_10522140.jpg


e0222575_10523879.jpg


           イケメンです。
e0222575_10532920.jpg


e0222575_10535753.jpg


伊藤コーチからアドバイス
e0222575_10541446.jpg


高津臣吾コーチからもアドバイス
e0222575_105427100.jpg


ようやく笑顔がこぼれました。
e0222575_1055053.jpg


e0222575_10584796.jpg


オープン戦初登板では、シュートが有効で、先発ローテ入りをアピールしました。
ストレートはやや物足りませんが、これから球速が上がっていくことを期待しましょう。
制球に不安がなく大崩れする心配はなさそうです。
全体的にはまとまっていて、いかにもヤクルト・スカウト好みのドラ1選択だなあという印象でした。
即戦力となってくれることを期待しています。
by misty2011 | 2016-02-22 11:33 | 東京ヤクルトスワローズ

ヤクルトOP戦2試合続けて相手エラーの1得点のみ、初陣金本阪神にも完敗

今日、浦添市民球場ではオープン戦2試合目となる阪神タイガースとの試合が行われました。
阪神の新監督・金本監督にとってはオープン戦初陣となります。

試合経過は ニッカンスコア


東京ヤクルトスワローズの先発は注目のドラ1・原樹理投手
阪神タイガースは岩崎優投手
阪神のスタメンオーダーは、半分くらいが私は名前も顔も知らないような若手の選手が並んでいました。

原樹理投手は、初球を大和選手にレフトへヒットを打たれ、今成選手にもライトへヒットを運ばれ
1死1、3塁のピンチを招きますが、陽川、ペレス選手を連続見逃し三振に斬ってとり無失点で切り抜けます。

2回も1安打されますが、中村悠平捕手が強肩で相手盗塁を刺して3アウトチェンジ!
2回を投げ、3安打2三振無失点と上々の投球でした。

写真は2月3日 ブルペン 原樹理投手
e0222575_16155442.jpg


ヤクルト沖縄キャンプレポは「ヤクルトスワローズ」のダグではなく「浦添キャンプ」のタグとなります。

驚くような球はありませんが、何よりコントロールがいいので、いつでもストライクが取れます。
見る側にとっては、イライラすることがありません。

ピッチングスタイルは、横への揺さぶりで打ちとる感じでしょうか?
特に右バッターへのシュートがよかったように思います。
ただ、制球がまとまっている分、真ん中に甘い球が入るとヒットを打たれていました。
レギュラークラスの打者相手にどのくらい通用するかは、今日だけではわかりませんでした。

それでも、プロ初の実戦マウンドとしては、良かったでしょうね。
2イニングと短いので、次回はもう少し長い回を見てみたいです。

ひとつ、キャンプ見学のブルペンから気になっていたことは、
踏み込む左脚が突っ立ていて、手投げのように見えることです。
このままのフォームで行くんですかね? 修正する必要があるような気がしますが・・・。


3回から2イニング投げた山中浩史投手は、4回に横田選手にタイムリー2塁打を浴び1失点。
失点はしましたが、それほど悪くはなかったように思います。
ただ、サブマリンピッチングは、左バッターにはやはり打たれますね。

3番手で5回に投げた中澤雅人投手が誤算でした。
いきなり先頭打者にストレートの四球を与え、その後、ヒット、四球で2死満塁から
押し出しのフォアボールで1点献上して0-2
さらに、梅野捕手にタイムリーヒットを打たれ0-4となります。

中澤投手は、今日投げた投手の中では、一番出来が悪かったですね。
次に登板機会をもらった際には、きっちりしたピッチングをしないと、1軍枠に黄色信号でしょうね。

4番手は徳山武陽投手が登板し、2イニングを1安打1三振とテンポよく抑えました。
私推しの徳ちゃんは、コントロールに心配がなく安心して見ていられました。
次回も、今日のようなピッチングをして、1軍枠を確かなものにしてほしいと思います。
大丈夫でしょう!

5番手の岩橋慶侍投手は、簡単に2死までとりましたが、そのあと2塁打を浴び、
ショート内野安打を、途中出場の谷内選手がよく追いついて捕ったまではよかったですが、
1塁へ悪送球となり、2塁からランナーがかえって0-5

岩橋投手は、前回の練習試合よりは良かったように思います。
ストレートは切れがあって、球速以上に速く感じますが、変化球が甘かったです。

9回は竹下真吾選手が登板し、1安打されましたが無失点に抑えました。
昨年よりは制球が改善されていて、スピードもまだこれから出そうな感じでした。

問題は今日も打線でした。

坂口智隆選手は今日も2安打と打撃好調も、あとがつながりません。
川端、山田、バレンティン選手の主軸が今日はノーヒット。
特に、慎吾くん、山田くんはオープン戦まだヒットが出ていません。

慎吾くんはそう心配ないですが、山田くんは今日もタイミングがさっぱり合わず、3タコ1三振1死球。
昨年のオープン戦も、ヒット数より三振数が上回っていましたが、今年もそんな感じになりそうかな?
最後の打席は左上腕にデッドボールをぶつけられましたが、大丈夫そうでした。

雄平選手は今日も1安打、荒木貴裕選手はマルチヒット、中村悠平捕手と森岡選手は1安打と、
下位打線は頑張っていますが、主軸が打たないことには得点になりません。

結局、得点は8回に相手エラーによる1点のみ。
昨日は、相手暴投、今日は相手悪送球による1得点と、いまだタイムリーがありません。
(上のタイトルで2試合続けて相手エラーと書きましたが、正確には相手ミスですが、このままにしておきます)
点が入りそうな気配すら感じませんからね・・・。
阪神の投手陣は仕上がりが良さそうでした。

オープン戦の結果で一喜一憂はできませんが、こうも点が入らないと、やっぱり面白くありません。
主軸にエンジンがかかるまで、まだ時間がかかりそうですね。特に山田くんは・・・。

次回のオープン戦は、キャンプ打ち上げ後の月末に東京ドームでの巨人戦。
もう少し打って得点シーンを見たいものです。
by misty2011 | 2016-02-21 17:42 | 東京ヤクルトスワローズ

キャンプ初日ブルペン、ルーキー原樹理投手とベテラン館山昌平投手フォト&動画

キャンプ2日目の朝、那覇はまだ小雨が降ったりやんだりしています。
グラウンドは使えそうにないので、遅めに出かけることにします。

初日のブルペンから、注目のドラ1ルーキー原樹理投手と、
ベテランの館山昌平投手の写真と動画をアップします。

雨が途中から激しくなって、視界不良になるほどでした。
もうカメラも私もびしょ濡れで、これ以上濡れたら、カメラが故障するかもと心配でした。

なお、沖縄キャンプ関連の記事は、「ヤクルトスワローズ」ではなく「浦添キャンプ」のタグでご覧ください。

まずは原樹里投手 プロ初のブルペン、やや緊張気味でした。
e0222575_8105842.jpg


e0222575_8111637.jpg


原樹里投手YouTube動画

      

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

館山昌平投手のブルペン 初日からかなり投げていました。
e0222575_894493.jpg


この頃が一番雨が激しかったです。
おまけに風が強くて、撮影時はカメラを支えるのに精いっぱいで、
とても傘をさせる状態ではありませんでした。
e0222575_895976.jpg


館山昌平投手YouTube動画
レンズを拭いたら逆効果だったようで、濡れたレンズの反射で見苦しいですが、ご了承ください。

      

新人の原樹理投手もベテランの館山昌平投手も、あまり飛ばし過ぎないよう調整してほしいですね。
原投手は結果を出して、先発ローテ入りできるよう期待したいと思います。
by misty2011 | 2016-02-02 08:38 | 東京ヤクルトスワローズ