Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:地震 ( 4 ) タグの人気記事

3.11 あれから1年 あの日私はハマスタで…

日本人の、いや世界中の誰もが忘れることの出来ない2011年3月11日
早いものであれから1年経ちました。

テレビなどメディアでは東日本大震災の特集や検証などが報道されていますが、
遅々として復興が進まない現状に胸が痛みます。

昨年の今日、私は関東初となる東京ヤクルトスワローズのオープン戦が横浜スタジアムであるので
勇んで出かけました。
まさかあんなことになるとは夢にも思いませんでした。
今まで60年以上生きてきましたが、私の生涯のうちでも一生忘れることの出来ない一日でした。

私が体験した大震災の1年前を振り返って・・・
ハマスタが大きく揺れたのは、ヤクルトが現横浜DeNAベイスターズに3-1でリードし、
7回表の攻撃をむかえるときでした。

打席には川端慎吾選手が向かおうとするちょうどそのとき、大地震が起こり試合は中断。
スタンドは左右に大きく揺れ、観客からは悲鳴が起きました。
当時の記事にも書きましたが、一番怖かったのは、Y字型のハマスタの照明灯がガタガタ音を立てて
揺れだしたことです。
観客席に倒れかかってくるのではないかと思うほどの揺れでした。
また、私が座っていた下段の内野席の横揺れも激しかったです。

しばらくして大きな横揺れは収まったかに見えましたが、また余震が来ました。

選手や関係者がグラウンドに集まって避難しています。
この時は、私はまだ重たいデジイチを持ったままでした。
クリックで拡大 7回は川端選手からの打順だったので、慎吾くんはヘルメットをつけたままです。
e0222575_13111899.jpg

e0222575_3342576.jpg

オーロラビジョンにはNHKの地震速報が映し出されました。
e0222575_3343830.jpg

選手が避難してからしばらくたって、観客がグランドに誘導されました。
ハマスタはこの付近の広域避難場所になっているそうです。
もうこの時点ではデジイチはリュックにしまい、↓は携帯カメラで撮りました。
e0222575_3351569.jpg

スポーツ紙には上から撮った全景で避難した様子がよくわかります。スポニチこちら

ハマスタの地震当時の様子は、ニュースでもしばしば流れていました。
画面を見て、自分の姿を探しました。たぶん小さく写っていたはず?
2011.3.11ハマスタの観衆3756人の私はひとりでした。

このあと、交通機関がストップしていたので、歩いて新横浜まで行きました。
しかし、JRは運転中止が決定、地下鉄も再開のめどがたたず、一夜を新横浜駅で過ごす帰宅困難者に
なるところでしたが、
深夜に地下鉄が運行再開され、途中まで乗って、その後は臨時に運行してくれたバスで最寄り駅まで向かい
何とか午前2時半頃に帰宅できました。

詳しくは、1年前の当ブログ記事 こちら と こちらでご覧ください。

プロ野球はすったもんだしたあげく、日程を大幅にずらし、節電のため平日はデーゲームで行うことや
ドーム球場の使用中止、代替球場での開催などで、2011年の特別なシーズンを無事乗り切りました。

2012年はオープン戦が既に始まり、通常通りで日程がこなされています。
3.11を体験して、選手は普通に野球をやれて、ファンは普段どおり観戦できることが
どれだけ幸せでありがたいことかが身にしみてわかりました。

被災地にとっては、まだまだ野球どころではないかもしれませんが、一日も早く日常が戻ってくることを祈っています。
by misty2011 | 2012-03-11 11:19 | 東京ヤクルトスワローズ

節電と計画停電の対処

プロ野球の開幕が一転二転して、今日17日にもセ・パの分離開幕が決定されそうな情勢です。
パ・リーグは被災地楽天の状況を鑑みて、4月12日まで開幕を延期することが決まりましたが、
セ・リーグは、予定通り25日に開幕を強行する方向で、今日このあと発表されるようです。

被災地への配慮や電力事情、選手会の反発などもあり、一時は考え直すところまで来ていたと思ったのに、
まさか某球団の元気なジイサンの「ツルのひと声」にでも押し切られたんでしょうか!?

私は、何でもかんでも自粛する必要があるとは思いませんが、プレーする選手自体が反対している中で強行に開幕しても、興行としてのプロ野球が、果たしてそれで被災者を勇気づけられるでしょうか?
テレビも見られない、最低限の生活もままならない状況では、野球どころじゃないでしょう・・・。

電力不足の中、関東の東京ドーム、神宮のオープニングゲームはナイターです。
一般市民が計画停電に文句も言わず協力しているというのに、コウコウと照明を照らしてやるナイターには特に抵抗を感じます。
もしやるのなら、せめてデーゲームか球場を変更するくらいの配慮はあってしかるべきだと思いますが・・・。

計画停電は4日目を迎え、特に今日は真冬並みの冷え込みで電力需要が高まり、供給が逼迫しているそうです。地域によっては一日に2回も停電を強いられます。

節電や停電の対処は毎度のリンク先ですが、下のほうに載っています。
東京電力、東北電力管轄の地域の方へ 効果的な節電と計画停電の対処方法をご案内します

家庭の台所を預かる主婦にとって、停電で一番不安なのが冷凍食品の扱いではないでしょうか?
ご存知の方も多いと思いますが、ネットで見つけた冷凍食品の停電対策のリンクを貼っておきます。

計画停電 冷凍食品、工夫で劣化防止
こちらは主に冷蔵室について
停電中に冷蔵庫の中身を持たせるには保冷剤とタオルが重要

冷凍食品に関しては「冷凍庫の開閉を一切しなければ停電が3時間程度なら品質に問題はない」そうですが、リンク先の注意事項を参考に、ご家庭でも対策を講じるといいですね。

我が家は、私の勘違いで、どうも今回の計画停電のグループには町名のあとの○丁目が載ってないので、停電地域外のようです。
だからこそ節電には出来るだけ協力したいと思っています。

私は極度の寒がりなんですが、なるべく暖房はつけない。家の中でもコートを着たり、毛布にくるまっています。
ご飯は炊飯器で2回分を一度に炊き、1回分は冷凍して翌日電子レンジで温めています。
うちはオール電化じゃなくて都市ガスを使っていますが、野菜なども一度にたくさん茹でて、残りは冷凍保存しています。
温めなおしでもちろん電力は消費しますが、毎日炊いたり茹でたりするよりは省エネになるかと。

その他、入浴回数を減らしたり、門灯はつけない、部屋の明かりを抑えたり、ささやかですが、やらないよりはいいかと思っています。

被災地や避難所は、寒さに加えて、食糧難、ガソリン、灯油不足と追い討ちをかけて大変な日々を過ごされています。
地震以後、お風呂はおろか下着をまだ一度もとり替えてない方々も大勢いるようです。
生活物資の到着が待たれますね。首都圏で起きている買占め、買いだめは是非やめましょう!

被災者やそこで救助に当たる方々の心労がどのくらいのものか想像もつきませんが、どうか体に気をつけて頑張ってくださいと祈るような気持ちです。
春の訪れが一日も早いことを願っています。
by misty2011 | 2011-03-17 17:35 | その他

3/11 ハマスタYB-YS オープン戦フォトレポ

東北地方から関東にかけての巨大地震の爪あとは、時間が経過するにつれて被害の凄まじさが映し出され、テレビの前で言葉がありません・・・。
まだ余震が続いていて、こちら関東でも時々横揺れが起こっています。

こんなときになんですが・・・、11日の横浜スタジアムでのオープン戦のフォトレポを簡単に。
地震で、私が帰宅難民になりかけた記事は、この前のブログをご覧下さい。

試合経過は ヤクルトスワローズ公式サイト こちら サンスポスコア に詳細が載っています。

横浜ベイスターズは三浦大輔投手、東京ヤクルトスワローズはルーキーの七條裕樹投手の先発で試合が始まりました。
快晴のハマスタは、この後、こんな大地震が発生するとは誰も想像できませんでした。

先発した三浦大輔投手 今年はある意味選手生命をかけたシーズンになりそうです。
私はヤクルトの次に横浜も応援しているので、頑張ってほしいと願っています。
e0222575_11154759.jpg

初回、先頭・青木宣親選手は四球で出塁し二盗を試みますがセカンドタッチアウト
e0222575_1116840.jpg

スワローズ先発は新人の七條裕樹投手
前回は教育リーグ巨人戦で5回1失点など、ここまで4試合13イニングで2失点と好投を続け
評価を上げてきています。
この日も安定した立ち上がりで、初回は三者凡退に片付けます。
e0222575_11163559.jpg

3回表、青木選手がセカンド内野安打で出塁
e0222575_1117038.jpg

すかさず二塁へ盗塁して今度は成功! 
今シーズンは足でも魅せる青木選手が数多く見たいですね。
e0222575_11171228.jpg

両チーム3回までは0が並びましたが、4回に入り試合が動きます。
2死から相川亮二捕手が二塁打で出塁
このとき、打球を追ったレフト・下園辰哉選手がレフトフェンスに激突し、右脚をおさえて倒れこみます。
センター森本ひちょり選手が駆けつけ、心配そうに声をかけています。
e0222575_1117564.jpg

野手やコーチが集まってきます。このあと担架で運ばれ病院に搬送されました。
下園選手は診察の結果、右脚すねの骨折で、全治は不明
早く回復して戻ってきてほしいですね。レギュラーをきっちりつかみたいところだったので
本当に痛い怪我となりました。
e0222575_1118969.jpg

これは怪我の前、2回裏の打席の下園選手 レフトフライでした。
e0222575_11182616.jpg

相川選手を二塁において、6番バレンティン選手がOP戦3号2ランホームランをレフトスタンドに運び、ヤクルトが2点先制!
e0222575_11184778.jpg

ベンチ前で次の打者・宮本選手とハイタッチ
打率は望めそうにないですが、当たれば飛ばないボールでもドでかいホームランを期待できそうな?バレンティン選手
e0222575_1119245.jpg

その裏、今度は七條投手がスレッジ選手にソロホームランを浴び2-1となります。
e0222575_121254.jpg

5回表、先頭の川端慎吾選手が2塁打で出塁
e0222575_122548.jpg

ガイエル選手もライト前ヒットで続き、ランナー1、3塁とチャンス!
1塁上で笑顔のガイエル選手 今年頑張らないとヤバイですね。
e0222575_1232790.jpg

青木選手は倒れますが、田中浩康選手がセンターに犠牲フライを打ち3-1とリードを広げます。
ヤクルト不動のセカンド・田中浩康選手
e0222575_12103140.jpg

6回も続投の七條投手 村田修一選手に2塁打を打たれますが、後続を断ちます。
画像はクリックすると大きくなります
この日は望遠レンズ+テレコン装着だったので、ハマスタ最上段付近まで上って撮っても全体が写りませんでした。
e0222575_1323885.jpg

そして、このあと7回のヤクルトの攻撃を迎えたときでした・・・。
突然大きな揺れがハマスタを襲いました。
私は元のネット裏オーナーズシートに戻っていましたが、特にハマスタは下段の内野席の横揺れが激しかったですね・・・。
さらに上を見あげるとYの字型の照明塔がガタガタ音を立てて揺れています。
とにかく、これが一番恐かったです。倒れてくるんじゃないかとマジ思いましたもの。
座席の下はもぐりこめるスペースはないし、とりあえず私はコートのフードを頭に被り地面にへたり込みました。
揺れが大きいので、どこかに逃げようにも立つことが出来ませんでした。

選手や関係者がグラウンドに集まって避難しています。
クリックで拡大 7回は川端選手からの打順だったので、川端選手はヘルメットをつけたままです。
e0222575_13111899.jpg


揺れが続くので、この時点7回表無死で打ち切りとなり、地震によるコールドゲームで
ヤクルトスワローズが3-1で横浜ベイスターズに勝ちました。
このあと、スタンドの観客も広域避難場所となっているハマスタのグラウンドに降りて避難しました。
e0222575_15504524.jpg

これにより、6回を投げ5安打1失点と好投した七條裕樹投手が、オープン戦初勝利をゲット!
おめでとうございます。
e0222575_12262196.jpg

同じ「ゆうき」でも、日本ハムファイターズの佑ちゃんとは対照的に地味な存在ですが、
好投を続けコツコツ結果を出して、開幕ローテの5、6番手に名乗りをあげてきました。
ずっと安定したピッチングをしているので、先発枠はほぼ確実じゃないでしょうか。

この日のストレートは最速144キロ前後だったと思いますが、表示以上に伸びを感じました。
コントロールも安定していて、大崩れする心配がないような気がしました。
頼もしい新人ですね!皆さんに早く名前と顔を覚えてほしいものです。

以上で、地震当日の野球観戦レポを終わります。
by misty2011 | 2011-03-13 13:19 | 東京ヤクルトスワローズ

3/11 ハマスタOP戦観戦 地震で帰宅難民に!?

今日11日は(と言っても日付はとっくに変わっていますが)、今シーズン関東初のヤクルトスワローズのオープン戦なので、勇んで横浜スタジアムに行ってきました。

ところがです・・・、東北地方太平洋沖で起きた大地震で、ハマスタも私がかつて経験したことがないほど激しい揺れを感じました。

オープン戦は自由席なので、いつもは座ることが出来ない3塁側ネット裏の前のほうの席(いわゆるオーナーズシート)に座って観戦。
試合はヤクルトスワローズのルーキー・七條裕樹(同じゆうきのハンカチ王子ならぬチリガミ王子)の好投で3-1とリードしていました。

7回表を迎えたとき、横浜スタジアムが激しく揺れだしました。上下にそして大きく激しい横揺れがしばらく続き、スタンドは悲鳴があがりざわめきました。
特に恐かったのが、逆三角形の照明塔がガタガタ音を立てて前後左右に揺れだしたことです。倒壊してスタンド側に倒れてきたらどうしよう。逃げ場がない!恐怖で体が震えました。
照明塔(灯?どっち?)を見上げながら私は地べたにへなへなと座りこみました。腰が抜けるってまさにその状態でした!

一旦は揺れが収まったかのようでしたが、余震がその後もしばらく続き身動きできません。
選手や関係者もベンチからグランドに飛び出してきて不安そうな面持ち。
e0222575_3342576.jpg

試合はこの時点で打ち切り
しばらく経って、オーロラビジョンにNHKの地震速報が映し出されました。
揺れてる途中で撮ったので、ネットがぼかしきれてなくてお見苦しくすみません。
ネットももちろん揺れていました。
e0222575_3343830.jpg

電車がすべてストップしているとの情報が入り、帰宅しようにもできません。
ハマスタはこの辺の広域避難場所にもなっていて、このあとグラウンドが開放され、スタンドにいた観客もグランドの外野付近に誘導されました。選手や関係者は内野付近に集合。
(追記)ハマスタは今年、人工芝が張り替えられていて、グランドはふかふかの絨毯のような感触でした。
その時の様子 カメラをしまいこんだあとだったので、これは携帯で撮っています。
e0222575_3351569.jpg

スポーツ紙には上から撮った全景で避難した様子がよくわかります。スポニチこちら

どのくらい経ったでしょう、揺れが収まった頃、選手たちは引きあげて行きました。

観客は電車が動かないので、そのままハマスタに残っている人も大勢いましたが、だんだん日が暮れて寒くなるので、私はとりあえず横浜方面に電車の線路に沿った道路を歩くことに。大勢がぞろぞろ歩いて異様な光景でした。

どこまで歩いても電車が走る気配がないので、ドンドン歩いて行って、結局私は関内の駅から新横浜の駅まで、途中でコンビニに寄ったり、時々、バス停にあったベンチに腰掛けて休憩を取りながら2時間近く歩き続けました。もう足はパンパンで、今にもつりそう。
幹線道路沿いをテクテク歩いたんですが、けっこう上り下りの勾配があって、私の衰えた足にはきつかったです。

新横浜駅は、新幹線の他、地下鉄とJRの横浜線が通っているので、どちらか早く動き出したほうで途中まで帰るつもりでしたが、JRは早々と運転中止を決定。市営地下鉄も運転再開のめどは立たないまま。
通常は、私は自宅から私鉄とJR横浜戦、根岸線を利用してハマスタに出かけます。

仕方ないので、駅の通路に座り込んで夜が明けるのを待つことにしました。駅の構内や、駅ビルの通路は大勢の座り込んだ人たちで溢れかえっていました。

あきらめかけたところ、夜の11時半頃、横浜市営地下鉄が動きだしました。地下鉄ホームには人数制限を設けて乗客を誘導。時間は待ちましたが、混乱もなくスムースに乗車できました。

終点の「あざみ野駅」で降りて、そこから私はバスに乗り継ぐ予定でした。
ところが目的地に向かうバス便はすでに終わっているとのことで、タクシー乗り場に並びましたが、これがものすごい長蛇の列。しかもタクシーがほとんど来なくて、寒い中、延々と待つことに。

1時間半くらい待った時に、東急バスが振り替え輸送をやってくれるとのことで、目的地まで1台だけ運行してくれました。満員になったそのバスで目的地の駅に着き、そこからようやく携帯がつながって、亭主にその駅まで車で迎えに来てもらいました。
そんなこんなで自宅に帰りついたのは2時半近くになっていました。しかし、新横浜駅の通路で一夜を明かすのに比べれば、無事帰って来られただけでもラッキーでした。
駅構内では、地下鉄が動き出した後も、JRが動かないので、そのまま残った帰宅難民者が多数出ました。

帰宅後、テレビで見る地震の被害は甚大ですね。まだまだ被害が増えそうです。
被災した皆様、お見舞い申し上げます。そしてこの地震で亡くなった多くの犠牲者の方々に謹んでお悔やみ申し上げます。
こんな大災害の中では、野球どころじゃありませんね・・・。
被災地の一日も早い復旧をお祈りしています。
東北楽天イーグルスの本拠地は大丈夫でしょうか?心配ですね・・・。

そのほか、今日は試合中に横浜ベイスターズの下園辰哉選手が、打球を追ってフェンスに激突し、右脚すねを骨折するという、開幕前にチームにも本人にとっても辛いアクシデントもありました。

試合の様子は、できれば本日12日中にアップできたらと思います。試合編は こちら
とりあえず今から寝ます。
by misty2011 | 2011-03-12 05:05 | 東京ヤクルトスワローズ