Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:大引啓次 ( 38 ) タグの人気記事

原樹理好投も競り負け!痛恨のバッテリーミス★2-3、ヤクルト4連敗

交流戦最初のカードで、オリックスに3タテを喰らわされ、
借金がついに10に膨らんだ東京ヤクルトスワローズ

今日から本拠地・神宮球場に埼玉西武ライオンズを迎えての3連戦

先発は、ヤクルトが原樹理投手、西武は菊池雄星投手
果たして菊池投手を打てるでしょうか?
スタメンは、昨日に続き1番山田選手で、6番ファーストに荒木選手、8番サードに西浦選手が入りました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 大引選手が一時勝ち越しの3号ソロも、逆転許し1点差の接戦制せず


初回2死後、原樹理投手は秋山選手にライト前ヒットを打たれ、2盗を許すと、
4番の浅村選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ、1点先制されます。

その裏、ヤクルトは三者凡退

2回、西武も三者凡退

その裏、ヤクルトは荒木選手がチーム初ヒットとなるセンター前ヒットで出ますが、後続が倒れます。

3回、原樹理投手は、1死後、金子侑司選手にレフトへの2塁打を打たれますが、後続を打ち取ります。

その裏、2死後、山田選手が三遊間をゴロで抜けるヒットで出塁。4試合15打席ぶりのヒットです。
コースヒットながら、ようやく交流戦初ヒットが出ました。
続く坂口選手が右中間へのタイムリー2塁打を放ち、1塁から山田選手がホームインして1-1の同点に。
グッチ、ナイスバッティング!やはり長打が出ると得点に結びつきますね。
このあと、バレンティン選手はショートゴロで3アウト。
菊池投手相手に、とりあえず早めに同点に追いつきました。

4回、原樹理投手は三人で片付けます。

その裏1死後、大引啓次選手がレフトスタンドへ3号ソロホームランを放り込み2-1とリードします。
逆風の中、スタンドまで運びました。
ここまで、元パ・リーグ戦士オリックス勢で2得点!やるね~

つづく荒木選手が2安打目となるセンター前ヒットで続き、2盗成功。
1死2塁から、中村捕手は見逃し三振で2死となり、
サードで好守を見せる西浦選手は四球で歩いて2死1、2塁。
バッティングのいい原樹理投手はライトファールフライに倒れ3アウト。

5回、原樹理投手は2死後、菊池投手にファースト内野安打を打たれますが、
金子侑司選手を打ち取り3アウト。

その裏、ヤクルトは1番からの打順も三者凡退

6回1死後、原樹理投手は秋山選手にライト前ヒットを打たれますが、
浅村選手はセカンドゴロ併殺崩れで2死1塁となり、おかわりくんはショートフライで3アウト。
原樹理投手、テンポよく西武打線を抑えます。

その裏、ヤクルトは三者凡退

7回、原樹理投手は先頭の栗山選手にセンター前ヒット、
メヒア選手は三遊間を破るヒットを打たれ、無死1、2塁。代走は木村文紀選手
炭谷捕手は送りバントで1死2、3塁
このあと、菊池投手の代打・外崎選手の打席で、バッテリーミスをやらかし、
中村捕手のパスボールで、3塁ランナーが生還して2-2の同点に。
外崎選手は死球、3塁代走は水口選手で1死1、3塁から、外崎選手が2盗して1死2、3塁。
金子侑司選手のショートゴロで3塁ランナーが生還して2-3と勝ち越されます。

その裏、西武は牧田和久投手が登板
1死後、代打の藤井選手がセンター前ヒット
続いて代打の上田選手がライト前ヒットで続き1死1、2塁
ここで、山田選手は初球を打ち上げ内野フライ、
これをおかわり君が落球も、インフィールドフライで2死となります。
チャンスで相変わらず仕留められませんでした。またヘイトが溜まりそう・・・。
坂口選手も1邪飛で3アウト。
せっかく代打攻勢で下位で作ったチャンスを潰し、得点なりませんでした。

8回、ヤクルトは成瀬投手が1死をとり、近藤一樹投手が後続を抑え三者凡退に抑えます。

その裏、西武はシュリッター投手が登板 ヤクルトは三者凡退

9回、ヤクルトはギルメット投手が登板
1死後、上本選手にライト前ヒットを打たれますが、
代走・田代選手の2盗を中村捕手が刺して2死となり、後続も抑え3アウト。

9回裏、西武は増田投手が登板
1点を追うヤクルトは2死から代打・大松選手を送り、四球を選びます。
続く代打・鵜久森選手はセカンドフライでゲームセット
ヤクルトは2-3で競り負け、これで4連敗、借金が11となりました。

先発した原樹理投手は、パ屈指の左腕・菊池雄星投手と互角に投げ合いましたが、
バッテリーミスとなるパスボールで同点に追いつかれ、
そのあとは内野ゴロが決勝点となりました。非常に勿体ない防げる失点でした。

e0222575_2155546.jpg



打線は、3回に坂口選手の先制タイムリー2塁打で同点に追いつき、
3回には大引選手の一発で一時は勝ち越しましたが、結局この2点どまり。

今日は、菊池雄星相手なので、始まる前から半ばあきらめていましたが、
いざ試合が始まると、原樹理投手の好投で、もしかして勝てるかもと期待しましたが、
そう甘くはありませんでした。
ロースコアですが、西武の方が、きっちりした野球をやっていたように感じました。

ヤクルトは、交流戦4連敗中、奪った得点は、順に1、1、2、2点
今のところで2点が限度の貧打となっています。
投手が好投しても、これではなかなか勝てません。
とにかく打線の奮起あるのみです。

このところ荒木選手、上田選手の控え組がまずまずのバッティングなので、
山田選手を下位に下げて、どちらかでも1、2番あたりに起用しても良さそうに思いました。
特に、荒木選手はもっとスタメンで使ってほしいです。必死さが伝わってきますから。

今日は、山田選手にようやく交流戦初ヒットが出ましたが、
コースヒットで、最後の内野フライなど見ると、調子が上向くという感じではありませんでした。
ただ、オリックス戦に比べると、少しはバットが振れていました。三振がなかっただけマシでした。

それから、もう一人気になっていた西浦選手は、今日はサードの守備が軽快でよかったです。
ヒットは出ませんでしたが、守りが良かったので、少し表情が明るくなってきてほっとしました。
あとは打つ方でヒットが欲しいですね。

3、4番が今日はノーヒットだったので、明日は今日の分まで打ってほしいです。
ただ、雄平選手は、やはり膝の状態がよくないのか、
踏ん張れず、走り打ちのようなことをやっていたのが心配です。
DHがない神宮で、これ以上悪化させないようお願いします。

by misty2011 | 2017-06-02 21:40 | 東京ヤクルトスワローズ

目を覚ました原樹理投手、6回1失点6Kの快投で今季初勝利☆4-2

読売ジャイアンツに、東京ドームで2試合連続完封勝利して勢いがついた東京ヤクルトスワローズは、
今日から神宮に首位・阪神タイガースを迎えての3連戦

先発は、ヤクルトが原樹理投手、阪神は岩貞祐太投手
立ちあがりの悪い原樹理投手の初回のピッチングに注目です。

スタメンは、相手が左腕ということで、またまたいじってきました。
1番ファースト荒木選手、2番センター坂口選手で、6番ショート大引選手、8番サードは谷内選手


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・原樹理投手が6回1失点の力投で今季初勝利!

初回、原樹理投手は三者凡退に抑え上々の立ちあがり。

その裏、先頭の荒木選手が四球で出ると、坂口選手のサードゴロで1死1塁となり、
つづく山田選手がピッチャー返しセンター前に抜けるヒットを放ち1死1、2塁
雄平選手はセカンドゴロで2死2、3塁となり、バレンティン選手は四球で歩き2死満塁
ここで、今日6番の大引選手がライトへタイムリー2塁打を放ち、ヤクルトが2点先制!
外の球に喰らいついてライトへ運びました。

2回、原樹理投手は2死後、鳥谷選手にヒット、糸原選手に四球を与えますが、梅野選手を抑えます。

2回裏、3回表は、両チーム三者凡退。
原樹理投手は、ここまで5奪三振と快調に飛ばします。

3回裏1死後、山田選手が2打席連続のセンタ―前ヒットで出塁。
雄平選手は肩付近に死球をぶつけられで1死1、2塁。
ま~た、阪神戦で主力選手に危ない球が来ましたよ。いい加減にせい!
雄平選手がうまく避けましたが、下手したら頭に当たっていたかもしれません。
つづくバレンティン選手はライト前にタイムリーヒットを放ち、山田選手が生還して3-0
なおもチャンスに、大引、中村選手は初球を打ち上げ3アウト。

4回、原樹理投手は2死後、中谷選手にはレフトへ大飛球を打たれますが、
フェンス前でバレンティン選手が捕球して三者凡退に抑えます。
原樹理投手、今日はストレートが走り、スライダーがキレています。

その裏2死後、荒木選手が四球で出塁も、坂口選手がセカンドゴロで3アウト。

5回、勝ち投手の権利がかかった原樹理投手は、この回も危なげなく3人で片付けます。
今日は、これまでとは別人のような好投を続ける原樹理投手。

その裏、先頭の山田選手は、岩貞投手のクロスファイアーに見逃し三振。
雄平、バレンティン選手も倒れ三者凡退。

6回、原樹理投手は、代打の伊藤隼太選手にライトへ今季初ホームランを打たれ3-1
続いて髙山選手にもライト前ヒットを打たれます。
北條選手には三遊間を破るヒットを打たれ無死1、2塁
疲れが見えたこの回、急に連打を浴びます。

糸井選手はファーストゴロで併殺取れず1死1、3塁
福留選手はファーストフライで2死、中谷選手はサードゴロで3アウト。

6回裏、阪神は松田遼馬投手が登板 ヤクルトは三者凡退

7回、2点リードでヤクルトはルーキ投手が登板
3人できっちり片付けます。

その裏、阪神は松田投手が続投。
代打の今浪選手、荒木選手が倒れ2死後、坂口選手が四球で歩きます。
山田選手はショートゴロも、北條選手が投げられず、内野安打となり2死1、2塁。
今日3安打猛打賞。北條選手に、松山自主トレの恩返しをしてもらいました。

解説の金村さんは、山田くんのことを調子が上がってきたと褒めてくれるのは嬉しいですが、
あの4安打の時から全部シングルヒットですからね。
私は、インコースのストレートを引っ張って長打が出るまでは、まだまだと思っています。

ここで、今日デッドボールを受けた雄平選手は空振り三振で追加点ならず。

8回、ヤクルトは石山泰稚投手
1死後、髙山俊選手にライトスタンドへ2号ソロホームランを放り込まれ3-2と1点差。

その裏、阪神は藤川投手
先頭のバレンティン選手がレフトスタンドへ6号ソロホームランを叩き込み4-2
再び2点差。これは大きな追加点となりました。
1死後、中村捕手がレフト前ヒット、谷内選手が送って2死2塁
しかし、代打の大松選手は空振り三振で3アウト。

9回、ヤクルトは秋吉投手が登板。センターは上田選手、レフトに坂口選手
先頭の福留選手にライトへヒットを打たれます。
しかし、後続を抑えゲームセット

ヤクルトが4-2で首位・阪神を下しました。

先発した原樹理投手が6回4安打1四球6三振1失点の快投で、今季初勝利をあげました。
素晴らしいピッチングでしたね。おめでとうございます。

キャンプでは、今年の原樹理投手は違う、やってくれると絶賛されていましたが、
いざ開幕すると、期待に応えられない投球が続いていました。
山中投手の離脱で、今日、急きょ先発のチャンスをもらい、
予想以上の素晴らしいピッチングで今季初勝利を飾りました。結果が出て本当によかったです。
e0222575_12462851.jpg


ストレートの球速が出ていて、スライダー、シュートのコンビネーションも抜群で、
阪神打線に的を絞らせませんでした。
6回にソロ一発を浴び、その後、ピンチを招きましたが、追加点を許しませんでした。

由規投手の好投から始まり、これでヤクルトは3連勝。
投打がかみ合ったナイスゲームでした。ヤクルトに流れが来ています!

打つ方では、大引選手が先制の2点タイムリー2塁打。
バレンティン選手がタイムリーと6号ソロの2打点と活躍。
久しぶりにバレ弾が空砲にならず勝ちにつながりました。
これをきっかけに、またホームランをガンガン打ってくれたらと思います。

山田選手も3安打猛打賞で、やれやれです。
上にも書きましたが、ヒットは出ても単打マンとなっているので、早くホームランが見たいですね。
今日はラッキーな当たりもあって猛打賞でしたが、毎試合、続けてヒットを打つようになるまで、
また、本来の引っ張った長打が出るまで、復調と言うのは私は控えておきます。
良かったと思っても、すぐノーヒットの試合がありますからね。安心できません。
岩貞投手はクリアしたので、明日は藤浪投手相手に、打撃の調子を崩されないことを願います。

阪神打線が、調子を落とし気味なので、ヤクルトは一気に連勝を伸ばしたいですね。
明日は小川投手が虎打線を抑えてくれることを期待しています。

by misty2011 | 2017-05-19 21:26 | 東京ヤクルトスワローズ

バレンティン3ランで一時逆転も、鈴木誠也に2被弾、丸にも被弾、9回の反撃も届かず★7-8

昨夜は大松尚逸選手の劇的サヨナラホームランで広島カープに先勝した東京ヤクルトスワローズ

2戦目の先発は、ヤクルトが今季まだ勝ち星がない山中浩史投手、広島は大瀬良大地投手
スタメンは、2番にサード藤井選手、8番ショートに大引選手が下がりました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト バレンティン選手の4号3ランで一時逆転も、継投陣が粘れず連勝ストップ

初回、山中投手は先頭の田中選手にセンターオーバーの2塁打を打たれ、
1死後、丸選手にライトへタイムリー2塁打を浴び1点先制されます。
鈴木選手は止めたような当たりがライト前に落ちるタイムリー2塁打となり0-2
エルドレッド選手にもヒットを打たれ1死1、3塁となり、新井選手に犠牲フライを打たれ0-3

立ち上がりに、いきなり3失点はキツイですね。
山中投手は、球が浮いてコースも甘く打ちごろとなっていました。

その裏、坂口選手が四球で歩きますが、後続が倒れ3アウト。

2回、山中投手は石原捕手にヒットを打たれますが、後続を打ち取ります。

その裏、バレンティン選手がレフトフェンス直撃の2塁打を放つと、
1死後、大引選手が左中間スタンドへ2号2ランホームランを放り込み2-3と1点差に。
打順を8番に下げたのがばっちり当たりましたか。ナイスバッティング!

3回、山中投手は先頭の丸ちゃんにライトへ2塁打を打たれ、
鈴木誠也選手に6号2ランホームランを運ばれ2-5と再び3点差。
昨夜はきっちり鈴木選手を抑え込みましたが、
山中投手はスピードがなく、打ってくださいという甘い球でした。

その裏、先頭の坂口選手がレフトへヒット、藤井選手が送って1死2塁
ここで、初回は三振だった山田選手は四球を選び1死1、2塁。
雄平選手は浅いレフトフライで2死となり、バレンティン選手は空振り三振で3アウト。
ランナーが出ても、後ろが何もできません。
バレンティン選手は1球ブラッシュボールを大げさに避け、あとは何でもかんでも振り回すだけでした。

4回2死後、山中投手は田中選手にショート内野安打、菊池選手にレフト前ヒットを打たれます。
2死1、2塁となり、丸選手はレフトフライに打ち取り無失点で切り抜けます。

その裏、ヤクルトは三者凡退

5回、続投の山中投手は、4番からの打順を3人で片付けます。

その裏、ヤクルトは山中投手の代打で榎本選手を送りますが三邪飛。
1死後、坂口選手が四球で歩きます。
藤井選手の打席で、坂口選手が2盗成功。これをもっとやってほしい。
藤井選手も四球で1死1、2塁。

ここで、山田選手は高く弾んだサードゴロで、2塁セーフのフィルダースチョイスとなり1死満塁。
雄平選手はセンターへ犠牲フライを運び3-5と2点差に。
この後、大瀬良投手の暴投で2死2、3塁。
バレンティン選手はセンターバックスクリーン右横に4号3ランホームランを叩き込み6-5と逆転!
ど真ん中の甘い変化球を、ここぞで打ちました、ココちゃん、ナイスホームラン!!

続く鵜久森選手はライトへの3塁打を放ち2死3塁も、中村捕手はライトフライで3アウト。

6回、ヤクルトは2番手でギルメット投手が登板。ここからの継投がどうなりますか?
ギルメット投手は三者連続三振斬りで3アウト!

その裏、広島は薮田投手
先頭の大引選手が右中間への2塁打で出ます。
代打の谷内選手は、送りバントを打ち上げ1死2塁。
坂口選手は浅いライトフライで2死2塁。ランナーが進めません。
藤井選手もライトフライで3アウト。
リードはわずか1点で、せっかく先頭が出ても、こういう場面でヤクルトは毎度の進塁打さえ打てません。

7回、ヤクルトはルーキ投手。谷内選手がサードの守備につきます。
1死後、菊池選手にセンター前ヒットを打たれ、丸ちゃんは空振り三振で2アウト。
しかし、鈴木誠也選手に7号2ランホームランをレフトスタンドに放り込まれ、6-7と逆転されます。
ゆるい変化球を打たれました。なんで最後ストレートで攻めきれなかったんでしょう??
悔いの残る1球となりました。

その裏、広島は薮田投手が続投
先頭の山田選手は今日2個目に四球で出塁。
タイミングが合ってないので、相手が勝手に警戒して四球をもらえたのはラッキー。
雄平選手はセカンドゴロで、2塁フォースアウトとなり1死1塁。
山田くん、2盗できなかったかな?足が問題ないなら、もっと積極的に走ってほしいです。
続くバレンティン選手は四球で1死1、2塁
ここで、ヤクルトは昨日のヒーロー大松選手を送ります。
大松選手はショートゴロで1死1、3塁。
中村捕手はライトファールフライで得点ならず。
このところ、ムーチョが疲れからなのか、振りが鈍くなっているのが気になります。

8回、ヤクルトは原樹理投手が登板 大松選手がそのまま1塁の守備につきます。
1死後、安部選手にサード内野安打を打たれます。
石原捕手は送りバント失敗で2死となり、代打・西川選手は空振り三振に仕留め3アウト。
今日は落ち着いて投げました。

その裏、広島はジャクソン投手が登板
先頭の大引選手はライトフライ。谷内選手もライトフライ。
坂口選手はセカンドゴロで、あっさり三者凡退。

9回、ヤクルトは原樹理投手が続投
2死後、首を振ってゆるい変化球を丸選手に投げ、6号ソロ弾を浴び6-8と2点差に。
せっかく2イニング2死まで取りながら、最後は失投となりました。
鈴木選手は四球で、エルドレッドはサードゴロで3アウト。

9回裏、広島は今村投手
先頭の代打・荒木選手はサードゴロ。
今日ヒットがない山田選手は、今日3個目の四球で歩きます。
打てそうになかったので、よく選びました。
雄平選手はセカンドゴロで2塁フォースアウトとなり2死1塁。
バレンティン選手はセンター前ヒットで2死1、2塁。代走は上田選手
大松選手は四球で歩き2死満塁。代走は西浦選手

中村悠平捕手はショートゴロも、田中選手の1塁悪送球で、3塁ランナーが生還して7-8と1点差。
2死満塁で一打出ればサヨナラ。しかし、大引選手はショートゴロでゲームセット。

ヤクルトは7-8で広島に競り負けました。

逆転後、再逆転されるなどもつれた展開でしたが、
終わってみれば、9回に浴びた丸選手の一発が痛すぎました。

先発の山中投手は、相手チームに慣れられたのか、今年は序盤から打たれますね・・・。
ゆるい球が甘く入れば、やはり打たれます。

一度はバレンティン選手の3ランで逆転したものの、鈴木誠也選手に2発浴び、
その2本目で逆転された時点ではまだ1点ビハインドでしたが、9回に丸選手に被弾して2点差に。
最後は1点差まで追いあげますが届かずゲームセット。

バレンティン選手は今日は3安打猛打賞で3打点と奮闘しましたが、勝利につながりませんでした。
e0222575_13331237.jpg


せっかくバレンティン選手が3ランを打った試合だったので、勝ちたかったですね。
得点は、2ラン、犠牲フライ、3ラン、相手エラーとタイムリーヒットなしの7得点でした。

投手陣は、鈴木誠也選手に打たれ過ぎました。丸選手にしても攻め方が甘すぎました。
まあ、カープはそれだけ失投を仕留めるバッターが揃っているってことでしょう。

そのほかでは、大引選手が2ランなどマルチヒットで2打点も最後のバッターとなりました。
山田選手はノーヒットも3四球。明日はスカッとするヒットをお願いしたいですね。
また打てないと逆戻りしそうで心配です。

明日も球の遅い石川投手なので、不安の方が大きいですが、低めに丁寧に投げてほしいと思います。
球が遅い山中、石川投手がつづくローテは、
相手にとっては目先が変わらないので、あまりよくないように思いますが、どうなんでしょう?

by misty2011 | 2017-05-10 22:13 | 東京ヤクルトスワローズ

点の取り合い、大引3ランで追いつき、延長11回決めたのは雄平☆8-7 

東京ヤクルトスワローズは、中日との3連戦で豊橋で初戦を落とし、
今日からナゴヤドームで2戦戦います。

先発は中日が吉見一起投手、ヤクルトはブキャナン投手
スタメンはファースト6番に鵜久森選手が入り、西田選手はベンチスタート

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 大引選手が同点の1号3ラン!雄平選手の決勝打で延長戦制す!


初回、ヤクルトは坂口選手がピッチャーへの内野安打で出ると、
荒木選手は送って1死2塁。
しかし、山田選手はショートゴロ、バレンティン選手は空振り三振で3アウト

その裏、ブキャナン投手は三者凡退に抑えます。

2回、ヤクルトも三者凡退

その裏、ブキャナン投手は先頭の平田選手を四球で出すと、
1死後、堂上選手にレフトフェンス直撃の2塁打を打たれ1死2、3塁
つづくゲレーロ選手に、前進守備のショート横を抜けるレフトへタイムリーヒットを打たれ、
二者生還して0-2と先制されます。


3回、ヤクルトは三者凡退

その裏、ブキャナン投手は亀澤選手にセカンド内野安打を打たれます。
山田選手が追いつきますが、ボールが手につきません。昨日から守備に精彩がありませんね。
しかし、亀澤選手の2盗を差し、後続も抑え3アウト。やれやれ。

4回、先頭の荒木選手がレフトへの2塁打で出塁
山田選手は、また引っかけてサードゴロで1死3塁。
ここで、バレンティン選手がレフトへタイムリーヒットを放ち1-2
雄平選手もセンターへのヒットで1死1、2塁
2死後、中村悠平捕手がレフト前にタイムリーヒットを放ち、2-2の同点に!
ナイスバッティング、ムーチョ!
今日は早めに追いつきました。

しかし、その裏1死後、ブキャナン投手はビシエド選手にレフトスタンドへ特大ホームランを浴び、
2-3と勝ち越しを許します。


5回、先頭のブキャナン投手はレフトへホームラン性の大ファール後、
左中間への大飛球を放ち、アウトになりましたが、野手並みのバッティング。
トップに戻り、坂口選手はセンター前ヒットも、荒木選手はセカンドゴロ併殺打で3アウト。

その裏、ブキャナン投手は、先頭の松井捕手にショート内野安打で出塁を許します。
吉見投手は送りバント失敗で1死後、亀澤選手にレフト線へ2塁打を打たれ1死2、3塁
荒木選手には四球を与え1死満塁
ここで、大島選手にライトへタイムリーヒットを打たれ二者生還して2-5と3点差に。

これはキツイですね・・・。

6回、先頭の山田選手は見逃し三振。今日はゾーン不安定な山路球審なので、セルフジャッジはダメ。
ボールくさくてもバットを出さないと。カット技術がないのが、何とも・・・。
バレンティン選手は初球をセンター前ヒット。
雄平選手もライトへのヒットで1死1、3塁

ここで、中日は吉見投手から佐藤優投手に交代
鵜久森選手は四球を選び1死満塁
中村捕手はライト前タイムリーヒットを放ち3-5と2点差。
2打席連続タイムリー、ナイスムーチョ!
大引選手は浅いライトファールフライでタッチアップできず2死満塁
ここで、ブキャナン投手に代わり代打上田剛史選手を送りますが、センターフライで3アウト。
正直、ブキャナン投手のほうが打ちそうな雰囲気はありましたね・・・。

6回裏、ヤクルトはギルメット(訂正)投手が登板
1死後、堂上選手が振り逃げで出塁も、後続を打ち取ります。

7回、中日は三ツ間投手が登板
ヤクルトは1番からの打順も三者凡退。
山田選手は、またまたボテボテのサードゴロ。バットをこねて、スイングが波打っています。
悪くても、こんなこねくり回すことはなかったんですけどね。見たくない姿です。
そういえば、キャンプのフリー打撃の時も、こういうバッティングをよく見ました。

その裏、ギルメット投手は途中出場の工藤選手にセンターへ2塁打を打たれ、
送りバント、四球で1死1、3塁
大島選手はサードフライで2死1、3塁となったところで杉浦投手に交代

杉浦投手は平田選手にレフトフェンス直撃のタイムリー2塁打を浴び3-6と3点差に。
ストレートを狙い打たれました。

8回、中日は祖父江投手が登板
バレンティン選手はサード前の当たり損ねで激走して内野安打、今日3安打猛打賞!
山田くんが打つと打たなくて、山田くんが打たないと打つって、なんなのこの3、4番のチグハグさは!
ただ、バレンティン選手のほうが、まだやる気は感じます。

雄平選手はストレートの四球で無死1、2塁
鵜久森選手はショートゴロで1死2、3塁となり、
中村悠平捕手は見逃し三振で2死となりますが、
大引選手が、ライトスタンドポール際へ今季1号3ランホームランを放り込み6-6の同点に!
これにはビックリ!!
そういえば、大引選手は右への謎パンチ力があるんですよね。しかもナゴヤトームは得意です!!

その裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
サードに谷内選手、荒木選手がファーストに回りました。
石山投手はきっちり3人で片付けます。

9回、中日は田島投手が登板 ヤクルトは1番からも三者凡退
山田選手はフルカウントから明らかなボール球を振って空振り三振。今日5タコ
四球も選べなくなるとマジでヤバい・・・。空振りのスイングもひどすぎて見ていられません。

その裏、ヤクルトはルーキ投手が登板
2死から、荒木選手がショート内野安打で出塁。1塁はアウトでしょうけどね・・・。
荒木選手は2盗を決めます。
大島選手には四球を与え2死1、2塁
ここで、平田選手を迎えますが、空振り三振に斬ってとりサヨナラは免れます。

延長10回、中日は田島投手が続投
先頭のバレンティン選手はライト前のヒットで出塁。ノリノリ4安打目で代走は比屋根選手
雄平選手はサードゴロで2塁フォースアウトで1死1塁。
途中出場の西田選手は空振り三振、中村捕手は四球で歩き2死1、2塁
ここで、前の打席3ランの大引選手。
大引選手はショート内野安打も、なぜか雄平選手が三本間に挟まれタッチアウトで3アウト。
ボーンヘッドが出ました。

その裏、ヤクルトは秋吉投手が登板
守備変更で、センターは比屋根、レフトに坂口選手、ショートは西浦選手、こわい布陣です。
三者凡退に抑えます。

11回、中日は岩瀬投手が登板
先頭の谷内選手はストレートの四球で出ます。
坂口選手は送りバントファール後、打って出てショートゴロで2塁フォースアウト。
谷内くん、足が遅すぎ。
つづく西浦選手はレフトへのヒットを放ち1死1、3塁

さあ、ここで問題の山田くん。今度こそ打てるか!?
西浦選手が2盗して1死2、3塁。山田選手はフルカウントから四球を選び1死満塁。
打てそうもないので、出来るつなぎはこれしかありません。
比屋根選手は初球サードライナーで2死となります。当たりは良かったものの正面でした。
ここで、期待の雄平選手が初球をレフト前に抜けるタイムリーヒットを運び、二者生還して8-6

2点リードで、11回裏、秋吉投手が続投
1死後、工藤選手にライト前ポテンヒットを打たれ、
2死2塁から代打・藤井選手にレフト前にタイムリーヒットを打たれ8-7と1点差。
つづく大島選手はセンターフライでゲームセット。やれやれ、逃げ切りました。

ヤクルトは延長の末、8-7で中日を下しました。

先発のブキャナン投手は、初めてのナゴヤドームの高いマウンドが合わなかったのかもしれませんね。
全体的に球が高くなっていました。次回は、修正できると思いたいです。

打のヒーローは勝ち越し2点タイムリーヒットを打った雄平選手
e0222575_21102098.jpg


今日は3安打猛打賞で、今週2度目の猛打賞で打率は3割に乗ってきました。
今日は走塁ミスがありましたが、それを十分カバーする活躍でした。

劣勢からの大引啓次選手の同点3ランも大きかったですね。

打線は15安打8得点とよく打ちました。
バレンティン選手が4安打、雄平選手が3安打
坂口、中村、大引選手がマルチヒット。なかでも中村悠平捕手は2適時打で2打点と勝負強さを発揮。
しかし、ひとり蚊帳の外だったのは山田選手。5打数ノーヒット。内野ゴロ3つと2三振
内容が悪すぎました。

中継の合間に、真中監督は「山田選手は状態があがってきているが、バレンティン選手は深刻」
との昨日のコメントがありましたが、
真中さんよ、バレンティン選手より山田くんの方が状態が悪いじゃないですか!?
ストレートには振り遅れ、変化球には崩されっぱなし。スイングになっていません。
昨年の終盤の悪い状態のまま、何も立ち直ってないように感じます。
あの状態をまた今シーズンも見るのは、私は耐えられそうにありません。

前日の右へのタイムリー2塁打も、本人は引っ張ったつもりが、振り遅れだったそうで、
結果オーライも、意図したバッティングは出来ていなかったということですからね。
この感じだと、多少、調子が上がっても、
トリプルスリーどころか、最難関の打率は2割8分も、いや2割5分も心配するレベルです。
暖かくなったら調子が上がるなんてのんきなことを言わないで、何とかしてくださいよ杉村コーチ!
このままで終わるような選手にしては絶対になりません。

by misty2011 | 2017-04-26 22:43

3/4ヤクルトオープン戦初勝利!大引2発・雄平3安打、小川まずまず・星好投

3月4日、東京ヤクルトスワローズは、鹿児島鴨池野球場で、
福岡ソフトバンクホークスとのオープン戦を行いました。

先発はヤクルトが小川泰弘投手、ソフトバンクは復活を期す松坂大輔投手

試合経過は ニッカンスコア

立ち上がり、小川投手はテンポよく2死をとり、柳田選手に四球を与えますが、後続を抑え無失点。

その裏、1番大引選手はレフトへのいい当たりでしたが好捕されます。
1死後、上田選手が相手セカンド悪送球エラーで出塁。
松坂投手の暴投で1死2塁となり、坂口選手は倒れますが、
4番・雄平選手がライト前タイムリーヒットを放ち、ヤクルトが1点先制!
雄平選手はすかさず2盗に成功し2死2塁も、5番・畠山選手はサードファールフライで1点どまり。

松坂投手、少し身体を絞ってはいましたが、フォームも球も全盛期の面影はなかったですね。

2回表、小川投手は先頭の中村晃選手をヒットで出し、明石選手には四球を与え無死1、2塁。
犠打でランナーがそれぞれ進塁し1死2、3塁。
つづく鶴岡捕手にセンターへ犠牲フライを運ばれ、1-1の同点に。
本多選手にはライトへタイムリーヒットを打たれ、1-2と逆転されます。
しかし、本多選手の盗塁を中村捕手が刺し3アウト。

その裏、先頭のグリーン選手が四球で出塁。
1死後、打撃好調の中村悠平捕手のセンターへの大飛球は、福田選手に好捕され、
廣岡選手も倒れ、追加点ならず。

3回、小川投手は柳田選手にヒットを打たれますが無失点。

その裏、第1打席がいい当たりだった大引選手が、レフトスタンドへ一発を放り込み2-2の同点に。
写真はキャンプ4日目 大引選手
e0222575_1225882.jpg


4回、小川投手は1安打されますが無失点。

その裏、ソフトバンクは左腕の笠原大芽投手が登板。
ヤクルト打線は三者連続三振を喫します。
松坂投手のあとだけに、ボールの伸びとキレを感じました。

5回、小川投手は危なげなく三者凡退に抑えます。

その裏、中村悠平捕手がセンターへのヒットで2塁を陥れます。
ムーチョ、今シーズンは見違えるほどバッティングがいいですね。
つづく廣岡選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち3-2と勝ち越しに成功!
さらに、大引選手が2打席連続となる2ランホームランをレフトスタンドに放り込み
5-2とリードを広げます。

1死後、坂口選手がヒット、雄平選手もレフト前ヒットで1死1、3塁。
雄平選手も好調で、Wユウヘイでチームを引っ張っています。
畠山選手は四球で1死満塁。
グリーン選手はピッチャー強襲ヒットで2者生還して7-2
西浦選手のサードゴロで3塁ランナーが生還して8-2

6回表、注目のドラ2・星知弥投手が登板
先頭の柳田選手をライトフライ、その後も、ピッチャーゴロ、空振り三振と、
三者凡退に抑える堂々たる投球
最速は151キロまで出ました。
ストライク先行で、攻めのピッチングは気持ちいいですね。

写真はキャンプ2月6日、星知弥投手ブルペン
e0222575_0501735.jpg


その裏、ソフトバンク3番手の嘉弥真投手から廣岡、大引選手が連打(代走は谷内選手)でチャンスメイク
送りバント失敗、坂口選手は倒れますが、雄平選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち9-2
雄平選手も好調をキープ!
これは、雄平選手が4番の最有力候補でしょうか!?

7回、続投の星投手は先頭を四球で出し、2盗を許します。
2者連続三振後、本多選手にライト前にヒットを打たれますが、
途中からライトに移った上田選手の好返球でホームタッチアウト。無失点で切り抜けます。
星投手は、伸びのあるストレートで空振りがとれるのが、見ていてスカッとします。

その裏、グリーン選手が内野安打(代走は比屋根選手)
2死後、今日2安打の廣岡大志選手は空振り三振で得点ならず。

8回、ヤクルトはルーキ―の菊沢竜佑投手が登板
先頭に2塁打を打たれると、川島慶三選手にライトへタイムリーヒットを打たれ9-3。
このあと四球でランナーを出しますが、最後はピッチャーゴロに打ち取り3アウト。
菊沢投手は、自滅するタイプではなく、そう悪くはないですが、これと言った球がなく打たれます。
1軍に残れるかどうか微妙でしょうね。

その裏、森投手から1死後、上田選手がライト前ヒット。
1死後、荒木貴裕選手がレフトへの2塁打で1死2、3塁
山崎晃大朗選手は空振り三振で、飛び出した上田選手が3塁タッチアウトで3アウトチェンジ。

9回は岩橋慶侍投手が登板
先頭に四球を与え、高谷捕手には2塁打を打たれ無死2、3塁のピンチを招くと、
長谷川選手の1塁ゴロの間に3塁ランナーがホームインして9-4
その後も四球でランナーを出しますが、ジェンセン選手をセンターフライに打ち取りゲームセット!

ヤクルトが9-4でソフトバンクを下し、オープン戦初勝利を飾りました。

先発の小川投手は、2回に打たれましたが、それ以降はきっちり修正して追加点を与えませんでした。
ストレートはまずまずで、チェンジアップが浮き気味なので、そこがこれからの修正点でしょうね。

今日は何と言っても、実戦初登板のドラ2ルーキーの星知弥投手が良かったですね。
やはり空振りがとれるストレートは大きな武器で魅力です。
1軍は間違いないところで、しかも勝ちゲームの大事なリリーフを任されそうですね。
大いに期待しています。

打つ方は、大引啓次選手が2発を含め3安打猛打賞3打点と大暴れ!
4番の雄平選手も3安打猛打賞で2打点と好調をキープ。
グリーン選手は内野安打が2本。どうも巨体とはイメージが違って中距離バッターのようですね。
1軍に生き残りをかける2年目廣岡大志選手はマルチヒットで1打点と結果を出しました。

畠山選手にヒットがなかったのが残念です。これから調子を上げてもらいたいですね。
川端選手が離脱で大きなチャンスの西浦選手も、今日は4タコと結果が出ませんでした。
山崎選手は、昨年から課題のバッティングの進歩がなく、1軍は厳しいかもしれません。

選手によって明暗ありましたが、全体的には、14安打9得点とよくバットが振れていました。
相手投手が違うとしても、侍ジャパンが完封負けを喫した同じソフトバンクから9点も取りましたからね。

今日のように投打がかみ合った試合を、これからも続けてくれたらと思います。

by misty2011 | 2017-03-04 16:28 | 東京ヤクルトスワローズ

2017大引啓次選手キャンプフォト(動画リンク1)

2017東京ヤクルトスワローズ春季沖縄浦添キャンプより、
今回は、大引啓次選手のフォトです。

キャンプレポは、「ヤクルトスワローズ」のタグではなく、「浦添キャンプ」のタグとなります。

川端選手が椎間板ヘルニアで2軍調整となりましたが、練習を再開するようですね。
大引選手も腰痛の持病があって、フルシーズン通して試合出場は、なかなか難しい状況にあります。
今シーズンは体調に十分注意して、出来るだけ離脱することのないよう願っています。

2月1日 キャンプ初日 キャッチボール
e0222575_11155086.jpg


初日 3か所ノックのうち、セカンドでノックを受けます。
e0222575_1116535.jpg


e0222575_11161299.jpg


初日内野ノック YouTube動画
 https://youtu.be/cUOmC0Ym8zc


2月2日 室内でのコンディショニング 前半はタイム測定など行っていました。
e0222575_11165812.jpg


室内での練習が撮れている選手は少な目。山田くんと一緒にシャトルラン
e0222575_1117531.jpg



2日 キャッチボール
e0222575_11202114.jpg


2日 バント練習
e0222575_11222542.jpg


e0222575_11223729.jpg


2日午後 守備練習
e0222575_1123778.jpg



2月3日 走塁練習 ベースターン
e0222575_1130419.jpg


3日 キャッチボール
e0222575_11314362.jpg


3日 バント練習 マシンから出るボールで練習します。
準備OKサイン
e0222575_1132315.jpg


e0222575_11321322.jpg


3日ティーバッティング
e0222575_1203579.jpg


e0222575_1205030.jpg



2月4日 走塁練習
元オリックスの坂口、大引選手、そして後ろに近藤一樹投手と3人がフレームの中に揃いました。
e0222575_1212490.jpg


4日 ティーバッティング
e0222575_1225882.jpg


e0222575_1231311.jpg


ティーの最初は、左手でバットを短く持ち、右手は左腕を抑えてスイング 
e0222575_1233096.jpg


e0222575_1234336.jpg


4日 守備練習
西浦直亨選手の成長もありますが、まだまだ大引選手には頑張ってもらわないと!
e0222575_12114142.jpg


e0222575_12115434.jpg


e0222575_1212968.jpg


e0222575_12122831.jpg


2月6日 陸上トラック ダッシュの繰り返し トップで走っています。
大引選手は持久力があります。
e0222575_1529517.jpg



2月7日 バント練習
e0222575_1216682.jpg


e0222575_12162213.jpg


7日 ティーバッティング
e0222575_12165589.jpg


金網フェンスがもろ被ったので、モノクロにレタッチ
e0222575_1217570.jpg



7日 全体練習後、雄平選手と並んで特打 
e0222575_1218356.jpg



2月8日 キャッチボール
朝、出かけるときは薄日が差していましたが、球場に着くと空が暗くなってきました。
午後には、一時本降りとなりました。
e0222575_12413517.jpg


e0222575_12414857.jpg


以上です。
内野守備の要を担う大引選手。今シーズンも頼りにしています。

by misty2011 | 2017-02-21 12:31 | 東京ヤクルトスワローズ

11/5明治神宮外苑創建90年記念奉納試合観戦フォト、青木始球式/初回、星投手(動画)から4回大引3ランまで

好天に恵まれた今日5日、神宮球場に行ってきました。
本日は、明治神宮外苑創建90年記念奉納試合として、
東京六大学選抜 対 東京ヤクルトスワローズとの一戦が行われました。

晴れ渡った秋空のもと、ヤクルトは大学生相手にプロとしては負けられない試合。
真剣勝負となった試合は、ヤクルトが4回、山田哲人選手のタイムリーヒットで先制すると
大引啓次選手の3ランホームランなどでこの回一挙6得点。

それ以降も得点を重ね、15安打の猛攻で12得点し、12-1で東京六大学選抜に圧勝しました。


試合経過は ヤクルトがプロの意地 東京6大学選抜に大勝/詳細
スワローズ公式 2016年11月5日(土)vs 東京六大学選抜

まずは、開会式から始球式などの写真
試合編は、初回、2回の星知弥投手(明治大学、ヤクルトドラフト2位)の好投から、
ヤクルト4回の攻撃までをアップします。

今日は3塁内野のバックネット寄りの最上段付近の席。
チケットを取るのが遅くなって、いい席は既に売り切れでした。
全体が見渡せてよかったですが、写真は、ネットがぼかし切れてないので、
少し目障りかもしれません。すみません。


スタメン発表
e0222575_2317543.jpg


選手登場 最初は東京六大学選抜
e0222575_20151543.jpg


つづいて東京ヤクルトスワローズ  山田選手の登場には一段と大きな拍手が
e0222575_20152478.jpg


ヤクルトファンで東京ヤクルトスワローズ名誉会員でもある「さだまさし」さんによる国歌独唱
e0222575_20153346.jpg


選手集合記念写真 クリックで拡大
e0222575_20204585.jpg


中央付近 クリックで拡大
e0222575_20205567.jpg


メンバー表交換 真中満監督と明治大学・善波達也監督
e0222575_2021385.jpg


試合開始前、両チームが整列して挨拶 ふだんプロ野球では見られない光景なので新鮮でした。
e0222575_20312234.jpg



始球式に登場の青木宣親選手 大歓声でした。
e0222575_20313253.jpg


e0222575_20394323.jpg


投げ終わってにっこり青木選手 青木宣親選手はアストロズに移籍が決まりました。
e0222575_20325295.jpg



試合開始 先攻はヤクルト
大学選抜の先発は星知弥投手(明治大学) ヤクルトはドラフト2位指名
e0222575_20345938.jpg


初回の星投手のピッチングをYouTube動画にアップしました。

       

西浦選手を3球三振、上田剛史選手はショート内野安打も
川端慎吾選手はセカンドゴロ併殺打(2塁手の好守)で三者凡退

素晴らしい立ち上がりに、早速、私は今年のドラフトは成功だと思いました。

ヤクルト先発は石山泰稚投手
e0222575_20435620.jpg


初回は3人で片付けます。

2回表、明治大学・星知弥投手×ヤクルト・山田哲人選手
e0222575_20454435.jpg


山田選手は星投手の147キロのストレートに空振り三振。ど真ん中でしたが、バットが空をきりました。
e0222575_23143067.jpg


星投手は2回も三者凡退 2回を投げ1安打2奪三振無失点と好投
e0222575_20455768.jpg


六大学のチアたちがスタンドを盛り上げます。
e0222575_2052783.jpg



2回裏、石山投手は山本選手にセンター前ヒットを打たれ
e0222575_2054152.jpg


1死後、法政の中山選手に左中間二塁打を打たれ、1死2、3塁のピンチ
e0222575_20542996.jpg


中山翔太選手は履正社出身のまだ2年生 
2塁上で山田選手と言葉を交わしていました。写真は撮れず。

しかし、石山投手は後続を二者連続三振に斬ってとり0点に抑えます。

3回、早稲田の小島投手が登板
e0222575_2057533.jpg


1死後、比屋根選手がヒットも中村捕手が併殺打で3アウト

石山投手は3回まで投げ無失点

4回、立教の沢田投手(オリックス8位指名)が登板
e0222575_2103457.jpg


1死後、上田選手がライト前ヒットで2盗に成功
e0222575_2111050.jpg


e0222575_2112291.jpg


川端選手はレフト前ヒットで1、3塁
e0222575_2113660.jpg


e0222575_2114762.jpg


山田選手がレフトへタイムリーヒットを放ち、ヤクルトが1点先制!
e0222575_2133296.jpg


e0222575_2134983.jpg


鵜久森選手のレフトへのヒットで2-0 1死1、3塁
e0222575_2143524.jpg


e0222575_2144932.jpg


西田明央選手も三遊間へのタイムリーヒットで3-0
e0222575_215334.jpg


続いて大引啓次選手がレフトスタンドへ3ランホームランを叩き込み6-0
10年前、法政大学時代にも選抜メンバーで奉納試合でホームランを打っているそうです。

福地コーチと笑顔でハイタッチ 嬉しそうなビッキー
e0222575_2173639.jpg


ホームインして宮出コーチが出迎えます。
e0222575_2174920.jpg


ベンチでハイタッチ
e0222575_218161.jpg


ここで、早稲田の竹内投手に交代 後続倒れ3アウト
e0222575_21165852.jpg


3回までは、どちらかというとヤクルトが押されていましたが、
4回一挙6得点で、これ以降、試合を優位に進めることができました。

それにしても、ドラ2の星くんがいいですね~!
真中監督もにんまりでしょう。即戦力として期待できそうですね。
やはり、球速が出るのは魅力です。

取り急ぎ4回まで。続きは、準備出来次第アップします。

by misty2011 | 2016-11-05 21:25 | 東京ヤクルトスワローズ

山田・川端・大引・中村・バレンティン・秋吉選手フォト@2016オールスター第2戦ハマスタ

遅くなりましたが、今日は7月16日ハマスタで開催されたマツダオールスター2016第2戦より、
東京ヤクルトスワローズから出場した選手たちの試合前の写真です。

なお、試合前のセレモニーや、試合編、表彰式のようすなどは、
「オールスター」のタグでご覧ください。

守備練習前のキャッチボール
e0222575_14304819.jpg


e0222575_14305763.jpg


既出ですが、オールスター仕様のカラフルなドナイヤ(Donaiya)のグラブ
e0222575_0395547.jpg


キャッチボールの相手は大引啓次選手
e0222575_1431851.jpg


e0222575_14311869.jpg


ショートでノックを受ける大引選手
チャンスに強い大引選手、一時は第2戦のMVP候補でしたが、同点に追いつかれとり逃しました。
e0222575_14332798.jpg


サードでノックを受ける川端慎吾選手と山田哲人選手
当日は、山田選手はスタメンを外れ、川端選手交代後、サードの守備につきました。
e0222575_14313081.jpg


内野席の下のグランドに近い場所に行こうと思ったら、
その席のチケットを持ってないと行けなくて、仕方なく中段からの撮影です。
高い料金なので、オールスターの時くらい、どのエリアも行けるよう
開放してくれたらいいのにと思います。
e0222575_14314471.jpg


e0222575_14315357.jpg


e0222575_14333897.jpg


e0222575_143352100.jpg


e0222575_1434576.jpg


e0222575_14341473.jpg



メヒア選手と談笑するバレンティン選手
e0222575_14342518.jpg


e0222575_14343882.jpg


守備練習を終え引きあげてきた川端選手
e0222575_14383768.jpg


川端選手は、球宴後の最初の試合で自打球を当て、右足の親指付け根にある舟状骨を骨折
再検査を受けた結果、8月中に復帰できるとの見通しだそうです。
e0222575_14385257.jpg


ベンチに戻る際に、取材を受ける山田選手 
カメラの前での取材は、開門後、私が中に入った時は既に終わっていたようです。
e0222575_1439436.jpg


e0222575_14391624.jpg


e0222575_14392785.jpg


e0222575_14393986.jpg


e0222575_1439484.jpg


NHKの杉浦アナの取材を受ける中村悠平捕手
e0222575_1440249.jpg


試合中より1枚 秋吉亮投手
e0222575_1452980.jpg



既出ですが再度掲載 試合後、オールスターに出場した6選手と真中監督、つば九郎との記念撮影
前に人がいて選手の顔が隠れたので、2枚で全員の顔が写っています。
e0222575_14412011.jpg


e0222575_14412838.jpg


来年は、ヤクルトからMVPが選ばれるといいですね。

by misty2011 | 2016-07-25 16:01 | 東京ヤクルトスワローズ

由規投手、1786日ぶりの復活白星おめでとう♪

ナゴヤドームで連勝した東京ヤクルトスワローズは、今日勝てば中日ドラゴンズを抜いて4位に浮上します。
3戦目の先発は、中日ドラゴンズがルーキーの小笠原慎之介投手、
ヤクルトは復帰2試合目の先発となる由規投手


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 由規投手が6回途中2失点の力投で1,786日ぶりの白星!!チームは3連勝で4位浮上!

ヤクルトはルーキ―の小笠原投手の前に3回まで、パーフェクトに抑えられます。

先制したのは中日。
3回裏、1死後、工藤選手がレフトへの2塁打で出塁すると、2死2塁から、
ビシエド選手にライトへタイムリーヒットを打たれ、1点先制を許します。
初回の打席ではスライダー攻めで空振り三振に仕留めたので、それでよかったのにと思いましたが、
打ちごろのストレートを投げタイムリーを打たれました。

直後の4回、先頭の大引啓次選手がセンターバックスクリーンに5号ソロホームランを放り込み
たちまち1-1の同点に!
昨年は大野投手キラーの大引選手が、今季はルーキー左腕から一発を放ち、プロの洗礼を浴びせました。

ヤクルトは5回、先頭の西浦選手が四球で歩くと、中村捕手がヒットで続き、
由規投手が送りバントを決め1死2、3塁。
小笠原投手の暴投で2-1とすると、大引選手がセンターへタイムリーヒットを放ち3-1

6回、中日は福谷投手に交代
先頭の山田選手がセンター前ヒット、雄平選手もヒットで続くと、
西田選手が送りバント決め1死2、3塁
つづく西浦直亨選手がライトフェンス際へのタイムリー2塁打を放ち5-1と突き放します。

その裏、由規投手は福田選手に四球、エルナンデス選手にセンターへの2塁打を打たれ、
無死2、3塁のピンチ。
このあと、堂上選手のショートゴロの間に3塁ランナーが生還して5-2

ここでヤクルトは由規投手から村中投手に継投
桂投手に四球を与えますが、代打のナニータ選手をピッチャーゴロ併殺打に仕留め3アウト。
村中投手の2塁への送球がそれましたが、大引選手が上手く捕って併殺を完成させました。

村中投手は7回も続投して無失点。
8回はルーキ投手が2安打されますが、エルナンデス選手の暴走もあって、無失点に抑えます。

3点リードで9回は秋吉亮投手が登板
三者凡退で締めゲームセット。
5-2で中日を下し、このカード3連勝で、中日を抜いて4位に浮上しました。

そして、由規投手が復帰2戦目で嬉しい今季初勝利をあげました。
2011年9月3日以来、1786日ぶりとなる復活の白星、おめでとうございます。

5年前の9月、神宮でその試合を観戦しました。
まさか、この日から5年もの歳月、由くんが離脱するとは夢にも思いませんでした。

2011年9月3日神宮 巨人戦 5年前最後の1軍登板
7回を投げ無四球で2失点と好投し2011シーズン7勝目 
途中、雨が降って中断があるなど長い試合でした。
e0222575_3304790.jpg


この後、肩を痛め、2013年には右肩のクリーニング手術、
そして長いリハビリを経て1771日ぶり、
2016年7月9日 神宮中日戦 1軍のマウンドに戻ってきた由規投手 この時は負け投手に
e0222575_142825.jpg


そして2016年7月24日 ナゴヤドーム中日戦で、1786日、5年ぶりの復活白星☆
この間、どれだけ苦しんできたか、私には想像できません。
投げられない辛い日々、本当に苦しかったでしょうね。
しかし、あきらめない強い気持ちで、今日までよく頑張ってきたと思います。

以前から書いていますように、私が2011年、このブログを始めたきっかけは由規投手でした。
しかし、その年の9月以降、今シーズンまで1軍で投げる姿は見ることができませんでした。
申し訳ないことに、ファンの私でも、もう由くんの復活は無理かなあとあきらめたことさえありました。

しかし、ヒーローインタビューでも話していましたが、
「こうして勝つことだけを考えてやってきた」と由規投手。
一途な強い気持ちでやってきたからこそ、今日の勝ち星につながったんでしょうね。
その思いが報われて本当によかったです。
復活の今季初勝利、おめでとうございます。

スタンドにはご両親も応援に駆けつけ、由規投手のピッチングを見守っていました。
ゲームセットの前から、復帰初白星に涙、涙でしたね・・・。

由くんは
「5年前みたいな勢い良く、力強いピッチングはできませんけど、今は一生懸命投げています」と、
今日のピッチングを振り返りました。

確かにスピードも平凡で、コントロールも不安定なところが出ました。
中日打線だから抑えられたというのはあったかもしれません。
ただ、勝ちたいという強い気持ちで、何とか踏ん張り2失点にまとめたように思います。

打線も効果的に援護しました。
大引選手がソロホームランとタイムリーヒットの2打点
西浦選手が、ライトフェンス際への長打、タイムリー2塁打で2打点と活躍。

由くんを継いだ村中投手も、ピンチを何とか無失点で抑え、ルーキ、秋吉投手も0点に抑え、
由規投手の勝ち星をきっちり守りました。

なお、5回バレンティン選手のバットが頭を直撃して倒れ込み、流血までして、
負傷交代した杉山翔大捕手が心配でですね。
どうか大事に至ってないことを祈ります。申し訳ないことをしました。

バレンティン選手、これよくやるんですよね。
やられた方はたまったもんじゃありません。避け方がどうのこうのの問題じゃないでしょ。
危ないから、バットから手を離して振り回すのはやめさせるよう、誰か注意してほしいものです。
由くん白星の嬉しい試合でしたが、このことはちょっと後味が悪かったですね・・・。
報復ではないと思いますが、8回には山田くんの顔付近に危ないボールがきました。


最後に、今日の山田くんは3打数1安打1四球1得点
6回には先頭でヒットで出てチャンスメイクし、そのあと、西浦選手のタイムリー2塁打でホームインしました。
次のカードでは、そろそろ一発が見たいですね・・・。

由規投手の復活星で、ヤクルトは中日に3連勝して4位に浮上。
いい流れのまま連勝を続けて、さらに上を目指したいですね。
今日の勝利は、チームに勇気と明るい希望をもたらしてくれたことでしょう。


by misty2011 | 2016-07-24 20:15 | 東京ヤクルトスワローズ

2016オールスター第2戦試合編フォト、大引選手が一時は勝ち越し打も5-5の引き分け

第2戦のスタメンと審判 山田哲人選手、バレンティン選手、中村悠平捕手は
ベンチスタートとなりました。
e0222575_2117982.jpg


試合経過は ニッカンスコア

地元ハマスタ開催の球宴 全セの先発は横浜DeNAの石田健大投手
e0222575_23313754.jpg


1死後、1戦目でホームランを打った栗山巧選手に2塁打を浴びますが、後続を抑えます。
2回は三者凡退に抑え、2イニングを投げ無失点と好投


全パの先発は涌井秀章投手 初回は三者凡退
e0222575_2123234.jpg


2回、先頭の筒香嘉智選手が涌井投手からライトスタンドに先制のソロホームラン 1-0
e0222575_21235051.jpg


3塁コーチ役の藤浪投手とハイタッチ
e0222575_21235878.jpg


つづくビシエド選手もセンターへのヒット
e0222575_2126317.jpg


エルドレッド選手もレフトへのヒット
e0222575_2127228.jpg


川端選手もセンター前ヒットで無死満塁
e0222575_21315719.jpg


e0222575_2132758.jpg


鈴木誠也選手が犠牲フライを運び、2-0
e0222575_21321770.jpg


3回、セは阪神の岩貞祐太投手が登板 4回まで投げ無失点
e0222575_213487.jpg


3回裏、パはオリックスの塚原頌平が登板
e0222575_21363468.jpg


丸佳浩選手がライトスタンドへソロホームランを放ち3-0
1塁から2塁に向かう丸ちゃん
e0222575_21373029.jpg


4回裏、パはロッテの益田直也投手が投げ三者凡退
e0222575_2139891.jpg


5回からセはDeNAの井納翔一投手が登板
e0222575_21401046.jpg


大谷翔平選手が左中間スタンドへ球宴初ホームランを放ち3-1
e0222575_21414028.jpg


1塁から2塁へ走る大谷選手
e0222575_2142356.jpg


ベンチで栗山監督が笑顔でハイタッチ
e0222575_21421575.jpg


このあと、レアード選手が2塁打
e0222575_21442033.jpg


浅村栄斗選手が2ランホームランを放ち3-3の同点に
e0222575_21443345.jpg


ベンチでチームメイトのメヒア選手が喜んでいます。
e0222575_21444433.jpg


5回裏、パは牧田和久投手が登板
鈴木誠也選手が内野安打も後続が倒れます。
e0222575_21461296.jpg


6回から大引啓次選手がショートの守備につきます。
2イニング目の井納投手は無失点に抑えます。
e0222575_21491325.jpg


6回裏、ロッテの西野勇士投手が登板
e0222575_21512872.jpg


1死後、筒香選手がライトへのヒットで出塁も、後続倒れ追加点ならず。
e0222575_21534245.jpg


7回、ヤクルトの秋吉亮投手が登板
e0222575_21514188.jpg


先頭の大谷選手にレフトへのヒットを打たれます。
e0222575_21553153.jpg


2死2塁から、今宮健太選手の内野フライをビシエド選手が捕れず内野安打となり、
3-4と勝ち越しを許します。
e0222575_21554524.jpg


ラッキー7の色とりどりのジェット風船 ハマスタだけあってブルーが多かったです。
e0222575_21585838.jpg


7回裏、パは有原航平投手が登板
e0222575_221242.jpg


川端選手に代わって山田哲人選手が打席に 大声援の中、ライトフライに倒れます。
e0222575_221153.jpg


このあと、鈴木誠也選手が2塁打で出塁
e0222575_2242165.jpg


ここで、原口文仁捕手がレフトへタイムリー2塁打を放ち4-4の同点に。
e0222575_2242931.jpg


続いて、守備から途中出場の大引啓次選手がセンターへタイムリーヒットを放ち
5-4と勝ち越します!
e0222575_2263821.jpg


2塁上で笑顔がこぼれるビッキー 
もしかして、このまま勝てば、大引選手がMVPかと期待が膨らみます。
e0222575_2265047.jpg


東京音頭で傘が揺れます。
e0222575_227485.jpg


このあと、2死3塁でバレンティン選手が打席に立ちますが、ピッチャーゴロで3アウト

8回は中日の守護神・田島慎二投手が登板
e0222575_22113477.jpg


山田くんは、何と侍ジャパン以来となるサードの守備につきます。
大丈夫かなあとドキドキしました。
e0222575_22121429.jpg


秋山翔吾選手が1塁内野安打で出塁
e0222575_22115433.jpg


1死後、柳田悠岐選手がライト前ヒットで1死1、2塁
e0222575_22142638.jpg


中田翔選手は三振に倒れ2死となりますが、大谷翔平選手にライトへタイムリーヒットを打たれ、
5-5の同点に。あらら、大引選手のMVPがなくなりそう・・・。

同点タイムリーヒットで1塁コーチ役の則本投手と嬉しそうにグータッチする大谷選手
e0222575_2241073.jpg


なおもピンチに、松田選手のサードゴロを山田くんが捕って1塁へ送球して3アウト!ほっ…
大引選手が笑顔で山田くんに声をかけます。
e0222575_22364725.jpg


二人並んでベンチに引きあげます。
e0222575_2237769.jpg



8回裏、2死後、中村悠平捕手が代打で登場もサードゴロ
e0222575_2242448.jpg


9回はハマの守護神・山崎康晃投手が登板
タオルを掲げ、地鳴りのような大歓声に迎えられます。
浅村選手にヒットを打たれますが、後続を断ち無失点
e0222575_22471196.jpg


e0222575_22472176.jpg


9回、有原投手が3イニング目も続投
先頭の山田くん、交流戦では有原投手からホームランを打っているので、サヨナラ弾を期待も
ファーストフライに倒れます。
e0222575_22473029.jpg


後続も倒れゲームセット。5-5の引き分けに終わりました。
有原投手とハイタッチする秋山翔吾選手
e0222575_22473981.jpg


以上、主に得点に絡んだシーンを中心に写真を並べました。
マウンドは遠かったですが、全体が良く見える席でした。

選手個人の写真もかなりの枚数撮っているので、試合の合間にでもぼちぼちアップしていきます。


大谷くんのためのオールスターとなった2戦目となりました。
ひとりで全部もっていった感じですね。
リアル二刀流の投げるところが見られなかったのが残念ですが、
打者としても超一流なことを改めて知らしめましたね。
スーパースターになるために生まれてきたような規格外の選手に、ただただ驚くばかりです。
今すぐメジャーに行っても、投打とも通用しそうな気さえしました。
この先、どこまで伸びていくのか末恐ろしくなりますね・・・。

セは、筒香選手が素晴らしかったですね。
体型から来るのもありますが、若いのに4番としての風格と貫録があります。
頼もしい横浜の主砲に、ヤクルト投手陣は、早速後半戦初戦からやられないよう、
しっかり対策をお願いします。

ヤクルト勢は、山田くんがいいところを見せられなかったのが、とにかく残念でした。
まあ、足腰痛めて疲れ切ったいたのでとフォローしておきます。
いいコンディションに早く戻して、また後半戦での活躍を期待したいと思います。
何より大引選手の復帰が心強いです。


by misty2011 | 2016-07-17 23:18 | 東京ヤクルトスワローズ