Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:大引啓次 ( 34 ) タグの人気記事

3/4ヤクルトオープン戦初勝利!大引2発・雄平3安打、小川まずまず・星好投

3月4日、東京ヤクルトスワローズは、鹿児島鴨池野球場で、
福岡ソフトバンクホークスとのオープン戦を行いました。

先発はヤクルトが小川泰弘投手、ソフトバンクは復活を期す松坂大輔投手

試合経過は ニッカンスコア

立ち上がり、小川投手はテンポよく2死をとり、柳田選手に四球を与えますが、後続を抑え無失点。

その裏、1番大引選手はレフトへのいい当たりでしたが好捕されます。
1死後、上田選手が相手セカンド悪送球エラーで出塁。
松坂投手の暴投で1死2塁となり、坂口選手は倒れますが、
4番・雄平選手がライト前タイムリーヒットを放ち、ヤクルトが1点先制!
雄平選手はすかさず2盗に成功し2死2塁も、5番・畠山選手はサードファールフライで1点どまり。

松坂投手、少し身体を絞ってはいましたが、フォームも球も全盛期の面影はなかったですね。

2回表、小川投手は先頭の中村晃選手をヒットで出し、明石選手には四球を与え無死1、2塁。
犠打でランナーがそれぞれ進塁し1死2、3塁。
つづく鶴岡捕手にセンターへ犠牲フライを運ばれ、1-1の同点に。
本多選手にはライトへタイムリーヒットを打たれ、1-2と逆転されます。
しかし、本多選手の盗塁を中村捕手が刺し3アウト。

その裏、先頭のグリーン選手が四球で出塁。
1死後、打撃好調の中村悠平捕手のセンターへの大飛球は、福田選手に好捕され、
廣岡選手も倒れ、追加点ならず。

3回、小川投手は柳田選手にヒットを打たれますが無失点。

その裏、第1打席がいい当たりだった大引選手が、レフトスタンドへ一発を放り込み2-2の同点に。
写真はキャンプ4日目 大引選手
e0222575_1225882.jpg


4回、小川投手は1安打されますが無失点。

その裏、ソフトバンクは左腕の笠原大芽投手が登板。
ヤクルト打線は三者連続三振を喫します。
松坂投手のあとだけに、ボールの伸びとキレを感じました。

5回、小川投手は危なげなく三者凡退に抑えます。

その裏、中村悠平捕手がセンターへのヒットで2塁を陥れます。
ムーチョ、今シーズンは見違えるほどバッティングがいいですね。
つづく廣岡選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち3-2と勝ち越しに成功!
さらに、大引選手が2打席連続となる2ランホームランをレフトスタンドに放り込み
5-2とリードを広げます。

1死後、坂口選手がヒット、雄平選手もレフト前ヒットで1死1、3塁。
雄平選手も好調で、Wユウヘイでチームを引っ張っています。
畠山選手は四球で1死満塁。
グリーン選手はピッチャー強襲ヒットで2者生還して7-2
西浦選手のサードゴロで3塁ランナーが生還して8-2

6回表、注目のドラ2・星知弥投手が登板
先頭の柳田選手をライトフライ、その後も、ピッチャーゴロ、空振り三振と、
三者凡退に抑える堂々たる投球
最速は151キロまで出ました。
ストライク先行で、攻めのピッチングは気持ちいいですね。

写真はキャンプ2月6日、星知弥投手ブルペン
e0222575_0501735.jpg


その裏、ソフトバンク3番手の嘉弥真投手から廣岡、大引選手が連打(代走は谷内選手)でチャンスメイク
送りバント失敗、坂口選手は倒れますが、雄平選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち9-2
雄平選手も好調をキープ!
これは、雄平選手が4番の最有力候補でしょうか!?

7回、続投の星投手は先頭を四球で出し、2盗を許します。
2者連続三振後、本多選手にライト前にヒットを打たれますが、
途中からライトに移った上田選手の好返球でホームタッチアウト。無失点で切り抜けます。
星投手は、伸びのあるストレートで空振りがとれるのが、見ていてスカッとします。

その裏、グリーン選手が内野安打(代走は比屋根選手)
2死後、今日2安打の廣岡大志選手は空振り三振で得点ならず。

8回、ヤクルトはルーキ―の菊沢竜佑投手が登板
先頭に2塁打を打たれると、川島慶三選手にライトへタイムリーヒットを打たれ9-3。
このあと四球でランナーを出しますが、最後はピッチャーゴロに打ち取り3アウト。
菊沢投手は、自滅するタイプではなく、そう悪くはないですが、これと言った球がなく打たれます。
1軍に残れるかどうか微妙でしょうね。

その裏、森投手から1死後、上田選手がライト前ヒット。
1死後、荒木貴裕選手がレフトへの2塁打で1死2、3塁
山崎晃大朗選手は空振り三振で、飛び出した上田選手が3塁タッチアウトで3アウトチェンジ。

9回は岩橋慶侍投手が登板
先頭に四球を与え、高谷捕手には2塁打を打たれ無死2、3塁のピンチを招くと、
長谷川選手の1塁ゴロの間に3塁ランナーがホームインして9-4
その後も四球でランナーを出しますが、ジェンセン選手をセンターフライに打ち取りゲームセット!

ヤクルトが9-4でソフトバンクを下し、オープン戦初勝利を飾りました。

先発の小川投手は、2回に打たれましたが、それ以降はきっちり修正して追加点を与えませんでした。
ストレートはまずまずで、チェンジアップが浮き気味なので、そこがこれからの修正点でしょうね。

今日は何と言っても、実戦初登板のドラ2ルーキーの星知弥投手が良かったですね。
やはり空振りがとれるストレートは大きな武器で魅力です。
1軍は間違いないところで、しかも勝ちゲームの大事なリリーフを任されそうですね。
大いに期待しています。

打つ方は、大引啓次選手が2発を含め3安打猛打賞3打点と大暴れ!
4番の雄平選手も3安打猛打賞で2打点と好調をキープ。
グリーン選手は内野安打が2本。どうも巨体とはイメージが違って中距離バッターのようですね。
1軍に生き残りをかける2年目廣岡大志選手はマルチヒットで1打点と結果を出しました。

畠山選手にヒットがなかったのが残念です。これから調子を上げてもらいたいですね。
川端選手が離脱で大きなチャンスの西浦選手も、今日は4タコと結果が出ませんでした。
山崎選手は、昨年から課題のバッティングの進歩がなく、1軍は厳しいかもしれません。

選手によって明暗ありましたが、全体的には、14安打9得点とよくバットが振れていました。
相手投手が違うとしても、侍ジャパンが完封負けを喫した同じソフトバンクから9点も取りましたからね。

今日のように投打がかみ合った試合を、これからも続けてくれたらと思います。

by misty2011 | 2017-03-04 16:28 | 東京ヤクルトスワローズ

2017大引啓次選手キャンプフォト(動画リンク1)

2017東京ヤクルトスワローズ春季沖縄浦添キャンプより、
今回は、大引啓次選手のフォトです。

キャンプレポは、「ヤクルトスワローズ」のタグではなく、「浦添キャンプ」のタグとなります。

川端選手が椎間板ヘルニアで2軍調整となりましたが、練習を再開するようですね。
大引選手も腰痛の持病があって、フルシーズン通して試合出場は、なかなか難しい状況にあります。
今シーズンは体調に十分注意して、出来るだけ離脱することのないよう願っています。

2月1日 キャンプ初日 キャッチボール
e0222575_11155086.jpg


初日 3か所ノックのうち、セカンドでノックを受けます。
e0222575_1116535.jpg


e0222575_11161299.jpg


初日内野ノック YouTube動画
 https://youtu.be/cUOmC0Ym8zc


2月2日 室内でのコンディショニング 前半はタイム測定など行っていました。
e0222575_11165812.jpg


室内での練習が撮れている選手は少な目。山田くんと一緒にシャトルラン
e0222575_1117531.jpg



2日 キャッチボール
e0222575_11202114.jpg


2日 バント練習
e0222575_11222542.jpg


e0222575_11223729.jpg


2日午後 守備練習
e0222575_1123778.jpg



2月3日 走塁練習 ベースターン
e0222575_1130419.jpg


3日 キャッチボール
e0222575_11314362.jpg


3日 バント練習 マシンから出るボールで練習します。
準備OKサイン
e0222575_1132315.jpg


e0222575_11321322.jpg


3日ティーバッティング
e0222575_1203579.jpg


e0222575_1205030.jpg



2月4日 走塁練習
元オリックスの坂口、大引選手、そして後ろに近藤一樹投手と3人がフレームの中に揃いました。
e0222575_1212490.jpg


4日 ティーバッティング
e0222575_1225882.jpg


e0222575_1231311.jpg


ティーの最初は、左手でバットを短く持ち、右手は左腕を抑えてスイング 
e0222575_1233096.jpg


e0222575_1234336.jpg


4日 守備練習
西浦直亨選手の成長もありますが、まだまだ大引選手には頑張ってもらわないと!
e0222575_12114142.jpg


e0222575_12115434.jpg


e0222575_1212968.jpg


e0222575_12122831.jpg


2月6日 陸上トラック ダッシュの繰り返し トップで走っています。
大引選手は持久力があります。
e0222575_1529517.jpg



2月7日 バント練習
e0222575_1216682.jpg


e0222575_12162213.jpg


7日 ティーバッティング
e0222575_12165589.jpg


金網フェンスがもろ被ったので、モノクロにレタッチ
e0222575_1217570.jpg



7日 全体練習後、雄平選手と並んで特打 
e0222575_1218356.jpg



2月8日 キャッチボール
朝、出かけるときは薄日が差していましたが、球場に着くと空が暗くなってきました。
午後には、一時本降りとなりました。
e0222575_12413517.jpg


e0222575_12414857.jpg


以上です。
内野守備の要を担う大引選手。今シーズンも頼りにしています。

by misty2011 | 2017-02-21 12:31 | 東京ヤクルトスワローズ

11/5明治神宮外苑創建90年記念奉納試合観戦フォト、青木始球式/初回、星投手(動画)から4回大引3ランまで

好天に恵まれた今日5日、神宮球場に行ってきました。
本日は、明治神宮外苑創建90年記念奉納試合として、
東京六大学選抜 対 東京ヤクルトスワローズとの一戦が行われました。

晴れ渡った秋空のもと、ヤクルトは大学生相手にプロとしては負けられない試合。
真剣勝負となった試合は、ヤクルトが4回、山田哲人選手のタイムリーヒットで先制すると
大引啓次選手の3ランホームランなどでこの回一挙6得点。

それ以降も得点を重ね、15安打の猛攻で12得点し、12-1で東京六大学選抜に圧勝しました。


試合経過は ヤクルトがプロの意地 東京6大学選抜に大勝/詳細
スワローズ公式 2016年11月5日(土)vs 東京六大学選抜

まずは、開会式から始球式などの写真
試合編は、初回、2回の星知弥投手(明治大学、ヤクルトドラフト2位)の好投から、
ヤクルト4回の攻撃までをアップします。

今日は3塁内野のバックネット寄りの最上段付近の席。
チケットを取るのが遅くなって、いい席は既に売り切れでした。
全体が見渡せてよかったですが、写真は、ネットがぼかし切れてないので、
少し目障りかもしれません。すみません。


スタメン発表
e0222575_2317543.jpg


選手登場 最初は東京六大学選抜
e0222575_20151543.jpg


つづいて東京ヤクルトスワローズ  山田選手の登場には一段と大きな拍手が
e0222575_20152478.jpg


ヤクルトファンで東京ヤクルトスワローズ名誉会員でもある「さだまさし」さんによる国歌独唱
e0222575_20153346.jpg


選手集合記念写真 クリックで拡大
e0222575_20204585.jpg


中央付近 クリックで拡大
e0222575_20205567.jpg


メンバー表交換 真中満監督と明治大学・善波達也監督
e0222575_2021385.jpg


試合開始前、両チームが整列して挨拶 ふだんプロ野球では見られない光景なので新鮮でした。
e0222575_20312234.jpg



始球式に登場の青木宣親選手 大歓声でした。
e0222575_20313253.jpg


e0222575_20394323.jpg


投げ終わってにっこり青木選手 青木宣親選手はアストロズに移籍が決まりました。
e0222575_20325295.jpg



試合開始 先攻はヤクルト
大学選抜の先発は星知弥投手(明治大学) ヤクルトはドラフト2位指名
e0222575_20345938.jpg


初回の星投手のピッチングをYouTube動画にアップしました。

       

西浦選手を3球三振、上田剛史選手はショート内野安打も
川端慎吾選手はセカンドゴロ併殺打(2塁手の好守)で三者凡退

素晴らしい立ち上がりに、早速、私は今年のドラフトは成功だと思いました。

ヤクルト先発は石山泰稚投手
e0222575_20435620.jpg


初回は3人で片付けます。

2回表、明治大学・星知弥投手×ヤクルト・山田哲人選手
e0222575_20454435.jpg


山田選手は星投手の147キロのストレートに空振り三振。ど真ん中でしたが、バットが空をきりました。
e0222575_23143067.jpg


星投手は2回も三者凡退 2回を投げ1安打2奪三振無失点と好投
e0222575_20455768.jpg


六大学のチアたちがスタンドを盛り上げます。
e0222575_2052783.jpg



2回裏、石山投手は山本選手にセンター前ヒットを打たれ
e0222575_2054152.jpg


1死後、法政の中山選手に左中間二塁打を打たれ、1死2、3塁のピンチ
e0222575_20542996.jpg


中山翔太選手は履正社出身のまだ2年生 
2塁上で山田選手と言葉を交わしていました。写真は撮れず。

しかし、石山投手は後続を二者連続三振に斬ってとり0点に抑えます。

3回、早稲田の小島投手が登板
e0222575_2057533.jpg


1死後、比屋根選手がヒットも中村捕手が併殺打で3アウト

石山投手は3回まで投げ無失点

4回、立教の沢田投手(オリックス8位指名)が登板
e0222575_2103457.jpg


1死後、上田選手がライト前ヒットで2盗に成功
e0222575_2111050.jpg


e0222575_2112291.jpg


川端選手はレフト前ヒットで1、3塁
e0222575_2113660.jpg


e0222575_2114762.jpg


山田選手がレフトへタイムリーヒットを放ち、ヤクルトが1点先制!
e0222575_2133296.jpg


e0222575_2134983.jpg


鵜久森選手のレフトへのヒットで2-0 1死1、3塁
e0222575_2143524.jpg


e0222575_2144932.jpg


西田明央選手も三遊間へのタイムリーヒットで3-0
e0222575_215334.jpg


続いて大引啓次選手がレフトスタンドへ3ランホームランを叩き込み6-0
10年前、法政大学時代にも選抜メンバーで奉納試合でホームランを打っているそうです。

福地コーチと笑顔でハイタッチ 嬉しそうなビッキー
e0222575_2173639.jpg


ホームインして宮出コーチが出迎えます。
e0222575_2174920.jpg


ベンチでハイタッチ
e0222575_218161.jpg


ここで、早稲田の竹内投手に交代 後続倒れ3アウト
e0222575_21165852.jpg


3回までは、どちらかというとヤクルトが押されていましたが、
4回一挙6得点で、これ以降、試合を優位に進めることができました。

それにしても、ドラ2の星くんがいいですね~!
真中監督もにんまりでしょう。即戦力として期待できそうですね。
やはり、球速が出るのは魅力です。

取り急ぎ4回まで。続きは、準備出来次第アップします。

by misty2011 | 2016-11-05 21:25 | 東京ヤクルトスワローズ

山田・川端・大引・中村・バレンティン・秋吉選手フォト@2016オールスター第2戦ハマスタ

遅くなりましたが、今日は7月16日ハマスタで開催されたマツダオールスター2016第2戦より、
東京ヤクルトスワローズから出場した選手たちの試合前の写真です。

なお、試合前のセレモニーや、試合編、表彰式のようすなどは、
「オールスター」のタグでご覧ください。

守備練習前のキャッチボール
e0222575_14304819.jpg


e0222575_14305763.jpg


既出ですが、オールスター仕様のカラフルなドナイヤ(Donaiya)のグラブ
e0222575_0395547.jpg


キャッチボールの相手は大引啓次選手
e0222575_1431851.jpg


e0222575_14311869.jpg


ショートでノックを受ける大引選手
チャンスに強い大引選手、一時は第2戦のMVP候補でしたが、同点に追いつかれとり逃しました。
e0222575_14332798.jpg


サードでノックを受ける川端慎吾選手と山田哲人選手
当日は、山田選手はスタメンを外れ、川端選手交代後、サードの守備につきました。
e0222575_14313081.jpg


内野席の下のグランドに近い場所に行こうと思ったら、
その席のチケットを持ってないと行けなくて、仕方なく中段からの撮影です。
高い料金なので、オールスターの時くらい、どのエリアも行けるよう
開放してくれたらいいのにと思います。
e0222575_14314471.jpg


e0222575_14315357.jpg


e0222575_14333897.jpg


e0222575_143352100.jpg


e0222575_1434576.jpg


e0222575_14341473.jpg



メヒア選手と談笑するバレンティン選手
e0222575_14342518.jpg


e0222575_14343882.jpg


守備練習を終え引きあげてきた川端選手
e0222575_14383768.jpg


川端選手は、球宴後の最初の試合で自打球を当て、右足の親指付け根にある舟状骨を骨折
再検査を受けた結果、8月中に復帰できるとの見通しだそうです。
e0222575_14385257.jpg


ベンチに戻る際に、取材を受ける山田選手 
カメラの前での取材は、開門後、私が中に入った時は既に終わっていたようです。
e0222575_1439436.jpg


e0222575_14391624.jpg


e0222575_14392785.jpg


e0222575_14393986.jpg


e0222575_1439484.jpg


NHKの杉浦アナの取材を受ける中村悠平捕手
e0222575_1440249.jpg


試合中より1枚 秋吉亮投手
e0222575_1452980.jpg



既出ですが再度掲載 試合後、オールスターに出場した6選手と真中監督、つば九郎との記念撮影
前に人がいて選手の顔が隠れたので、2枚で全員の顔が写っています。
e0222575_14412011.jpg


e0222575_14412838.jpg


来年は、ヤクルトからMVPが選ばれるといいですね。

by misty2011 | 2016-07-25 16:01 | 東京ヤクルトスワローズ

由規投手、1786日ぶりの復活白星おめでとう♪

ナゴヤドームで連勝した東京ヤクルトスワローズは、今日勝てば中日ドラゴンズを抜いて4位に浮上します。
3戦目の先発は、中日ドラゴンズがルーキーの小笠原慎之介投手、
ヤクルトは復帰2試合目の先発となる由規投手


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 由規投手が6回途中2失点の力投で1,786日ぶりの白星!!チームは3連勝で4位浮上!

ヤクルトはルーキ―の小笠原投手の前に3回まで、パーフェクトに抑えられます。

先制したのは中日。
3回裏、1死後、工藤選手がレフトへの2塁打で出塁すると、2死2塁から、
ビシエド選手にライトへタイムリーヒットを打たれ、1点先制を許します。
初回の打席ではスライダー攻めで空振り三振に仕留めたので、それでよかったのにと思いましたが、
打ちごろのストレートを投げタイムリーを打たれました。

直後の4回、先頭の大引啓次選手がセンターバックスクリーンに5号ソロホームランを放り込み
たちまち1-1の同点に!
昨年は大野投手キラーの大引選手が、今季はルーキー左腕から一発を放ち、プロの洗礼を浴びせました。

ヤクルトは5回、先頭の西浦選手が四球で歩くと、中村捕手がヒットで続き、
由規投手が送りバントを決め1死2、3塁。
小笠原投手の暴投で2-1とすると、大引選手がセンターへタイムリーヒットを放ち3-1

6回、中日は福谷投手に交代
先頭の山田選手がセンター前ヒット、雄平選手もヒットで続くと、
西田選手が送りバント決め1死2、3塁
つづく西浦直亨選手がライトフェンス際へのタイムリー2塁打を放ち5-1と突き放します。

その裏、由規投手は福田選手に四球、エルナンデス選手にセンターへの2塁打を打たれ、
無死2、3塁のピンチ。
このあと、堂上選手のショートゴロの間に3塁ランナーが生還して5-2

ここでヤクルトは由規投手から村中投手に継投
桂投手に四球を与えますが、代打のナニータ選手をピッチャーゴロ併殺打に仕留め3アウト。
村中投手の2塁への送球がそれましたが、大引選手が上手く捕って併殺を完成させました。

村中投手は7回も続投して無失点。
8回はルーキ投手が2安打されますが、エルナンデス選手の暴走もあって、無失点に抑えます。

3点リードで9回は秋吉亮投手が登板
三者凡退で締めゲームセット。
5-2で中日を下し、このカード3連勝で、中日を抜いて4位に浮上しました。

そして、由規投手が復帰2戦目で嬉しい今季初勝利をあげました。
2011年9月3日以来、1786日ぶりとなる復活の白星、おめでとうございます。

5年前の9月、神宮でその試合を観戦しました。
まさか、この日から5年もの歳月、由くんが離脱するとは夢にも思いませんでした。

2011年9月3日神宮 巨人戦 5年前最後の1軍登板
7回を投げ無四球で2失点と好投し2011シーズン7勝目 
途中、雨が降って中断があるなど長い試合でした。
e0222575_3304790.jpg


この後、肩を痛め、2013年には右肩のクリーニング手術、
そして長いリハビリを経て1771日ぶり、
2016年7月9日 神宮中日戦 1軍のマウンドに戻ってきた由規投手 この時は負け投手に
e0222575_142825.jpg


そして2016年7月24日 ナゴヤドーム中日戦で、1786日、5年ぶりの復活白星☆
この間、どれだけ苦しんできたか、私には想像できません。
投げられない辛い日々、本当に苦しかったでしょうね。
しかし、あきらめない強い気持ちで、今日までよく頑張ってきたと思います。

以前から書いていますように、私が2011年、このブログを始めたきっかけは由規投手でした。
しかし、その年の9月以降、今シーズンまで1軍で投げる姿は見ることができませんでした。
申し訳ないことに、ファンの私でも、もう由くんの復活は無理かなあとあきらめたことさえありました。

しかし、ヒーローインタビューでも話していましたが、
「こうして勝つことだけを考えてやってきた」と由規投手。
一途な強い気持ちでやってきたからこそ、今日の勝ち星につながったんでしょうね。
その思いが報われて本当によかったです。
復活の今季初勝利、おめでとうございます。

スタンドにはご両親も応援に駆けつけ、由規投手のピッチングを見守っていました。
ゲームセットの前から、復帰初白星に涙、涙でしたね・・・。

由くんは
「5年前みたいな勢い良く、力強いピッチングはできませんけど、今は一生懸命投げています」と、
今日のピッチングを振り返りました。

確かにスピードも平凡で、コントロールも不安定なところが出ました。
中日打線だから抑えられたというのはあったかもしれません。
ただ、勝ちたいという強い気持ちで、何とか踏ん張り2失点にまとめたように思います。

打線も効果的に援護しました。
大引選手がソロホームランとタイムリーヒットの2打点
西浦選手が、ライトフェンス際への長打、タイムリー2塁打で2打点と活躍。

由くんを継いだ村中投手も、ピンチを何とか無失点で抑え、ルーキ、秋吉投手も0点に抑え、
由規投手の勝ち星をきっちり守りました。

なお、5回バレンティン選手のバットが頭を直撃して倒れ込み、流血までして、
負傷交代した杉山翔大捕手が心配でですね。
どうか大事に至ってないことを祈ります。申し訳ないことをしました。

バレンティン選手、これよくやるんですよね。
やられた方はたまったもんじゃありません。避け方がどうのこうのの問題じゃないでしょ。
危ないから、バットから手を離して振り回すのはやめさせるよう、誰か注意してほしいものです。
由くん白星の嬉しい試合でしたが、このことはちょっと後味が悪かったですね・・・。
報復ではないと思いますが、8回には山田くんの顔付近に危ないボールがきました。


最後に、今日の山田くんは3打数1安打1四球1得点
6回には先頭でヒットで出てチャンスメイクし、そのあと、西浦選手のタイムリー2塁打でホームインしました。
次のカードでは、そろそろ一発が見たいですね・・・。

由規投手の復活星で、ヤクルトは中日に3連勝して4位に浮上。
いい流れのまま連勝を続けて、さらに上を目指したいですね。
今日の勝利は、チームに勇気と明るい希望をもたらしてくれたことでしょう。


by misty2011 | 2016-07-24 20:15 | 東京ヤクルトスワローズ

2016オールスター第2戦試合編フォト、大引選手が一時は勝ち越し打も5-5の引き分け

第2戦のスタメンと審判 山田哲人選手、バレンティン選手、中村悠平捕手は
ベンチスタートとなりました。
e0222575_2117982.jpg


試合経過は ニッカンスコア

地元ハマスタ開催の球宴 全セの先発は横浜DeNAの石田健大投手
e0222575_23313754.jpg


1死後、1戦目でホームランを打った栗山巧選手に2塁打を浴びますが、後続を抑えます。
2回は三者凡退に抑え、2イニングを投げ無失点と好投


全パの先発は涌井秀章投手 初回は三者凡退
e0222575_2123234.jpg


2回、先頭の筒香嘉智選手が涌井投手からライトスタンドに先制のソロホームラン 1-0
e0222575_21235051.jpg


3塁コーチ役の藤浪投手とハイタッチ
e0222575_21235878.jpg


つづくビシエド選手もセンターへのヒット
e0222575_2126317.jpg


エルドレッド選手もレフトへのヒット
e0222575_2127228.jpg


川端選手もセンター前ヒットで無死満塁
e0222575_21315719.jpg


e0222575_2132758.jpg


鈴木誠也選手が犠牲フライを運び、2-0
e0222575_21321770.jpg


3回、セは阪神の岩貞祐太投手が登板 4回まで投げ無失点
e0222575_213487.jpg


3回裏、パはオリックスの塚原頌平が登板
e0222575_21363468.jpg


丸佳浩選手がライトスタンドへソロホームランを放ち3-0
1塁から2塁に向かう丸ちゃん
e0222575_21373029.jpg


4回裏、パはロッテの益田直也投手が投げ三者凡退
e0222575_2139891.jpg


5回からセはDeNAの井納翔一投手が登板
e0222575_21401046.jpg


大谷翔平選手が左中間スタンドへ球宴初ホームランを放ち3-1
e0222575_21414028.jpg


1塁から2塁へ走る大谷選手
e0222575_2142356.jpg


ベンチで栗山監督が笑顔でハイタッチ
e0222575_21421575.jpg


このあと、レアード選手が2塁打
e0222575_21442033.jpg


浅村栄斗選手が2ランホームランを放ち3-3の同点に
e0222575_21443345.jpg


ベンチでチームメイトのメヒア選手が喜んでいます。
e0222575_21444433.jpg


5回裏、パは牧田和久投手が登板
鈴木誠也選手が内野安打も後続が倒れます。
e0222575_21461296.jpg


6回から大引啓次選手がショートの守備につきます。
2イニング目の井納投手は無失点に抑えます。
e0222575_21491325.jpg


6回裏、ロッテの西野勇士投手が登板
e0222575_21512872.jpg


1死後、筒香選手がライトへのヒットで出塁も、後続倒れ追加点ならず。
e0222575_21534245.jpg


7回、ヤクルトの秋吉亮投手が登板
e0222575_21514188.jpg


先頭の大谷選手にレフトへのヒットを打たれます。
e0222575_21553153.jpg


2死2塁から、今宮健太選手の内野フライをビシエド選手が捕れず内野安打となり、
3-4と勝ち越しを許します。
e0222575_21554524.jpg


ラッキー7の色とりどりのジェット風船 ハマスタだけあってブルーが多かったです。
e0222575_21585838.jpg


7回裏、パは有原航平投手が登板
e0222575_221242.jpg


川端選手に代わって山田哲人選手が打席に 大声援の中、ライトフライに倒れます。
e0222575_221153.jpg


このあと、鈴木誠也選手が2塁打で出塁
e0222575_2242165.jpg


ここで、原口文仁捕手がレフトへタイムリー2塁打を放ち4-4の同点に。
e0222575_2242931.jpg


続いて、守備から途中出場の大引啓次選手がセンターへタイムリーヒットを放ち
5-4と勝ち越します!
e0222575_2263821.jpg


2塁上で笑顔がこぼれるビッキー 
もしかして、このまま勝てば、大引選手がMVPかと期待が膨らみます。
e0222575_2265047.jpg


東京音頭で傘が揺れます。
e0222575_227485.jpg


このあと、2死3塁でバレンティン選手が打席に立ちますが、ピッチャーゴロで3アウト

8回は中日の守護神・田島慎二投手が登板
e0222575_22113477.jpg


山田くんは、何と侍ジャパン以来となるサードの守備につきます。
大丈夫かなあとドキドキしました。
e0222575_22121429.jpg


秋山翔吾選手が1塁内野安打で出塁
e0222575_22115433.jpg


1死後、柳田悠岐選手がライト前ヒットで1死1、2塁
e0222575_22142638.jpg


中田翔選手は三振に倒れ2死となりますが、大谷翔平選手にライトへタイムリーヒットを打たれ、
5-5の同点に。あらら、大引選手のMVPがなくなりそう・・・。

同点タイムリーヒットで1塁コーチ役の則本投手と嬉しそうにグータッチする大谷選手
e0222575_2241073.jpg


なおもピンチに、松田選手のサードゴロを山田くんが捕って1塁へ送球して3アウト!ほっ…
大引選手が笑顔で山田くんに声をかけます。
e0222575_22364725.jpg


二人並んでベンチに引きあげます。
e0222575_2237769.jpg



8回裏、2死後、中村悠平捕手が代打で登場もサードゴロ
e0222575_2242448.jpg


9回はハマの守護神・山崎康晃投手が登板
タオルを掲げ、地鳴りのような大歓声に迎えられます。
浅村選手にヒットを打たれますが、後続を断ち無失点
e0222575_22471196.jpg


e0222575_22472176.jpg


9回、有原投手が3イニング目も続投
先頭の山田くん、交流戦では有原投手からホームランを打っているので、サヨナラ弾を期待も
ファーストフライに倒れます。
e0222575_22473029.jpg


後続も倒れゲームセット。5-5の引き分けに終わりました。
有原投手とハイタッチする秋山翔吾選手
e0222575_22473981.jpg


以上、主に得点に絡んだシーンを中心に写真を並べました。
マウンドは遠かったですが、全体が良く見える席でした。

選手個人の写真もかなりの枚数撮っているので、試合の合間にでもぼちぼちアップしていきます。


大谷くんのためのオールスターとなった2戦目となりました。
ひとりで全部もっていった感じですね。
リアル二刀流の投げるところが見られなかったのが残念ですが、
打者としても超一流なことを改めて知らしめましたね。
スーパースターになるために生まれてきたような規格外の選手に、ただただ驚くばかりです。
今すぐメジャーに行っても、投打とも通用しそうな気さえしました。
この先、どこまで伸びていくのか末恐ろしくなりますね・・・。

セは、筒香選手が素晴らしかったですね。
体型から来るのもありますが、若いのに4番としての風格と貫録があります。
頼もしい横浜の主砲に、ヤクルト投手陣は、早速後半戦初戦からやられないよう、
しっかり対策をお願いします。

ヤクルト勢は、山田くんがいいところを見せられなかったのが、とにかく残念でした。
まあ、足腰痛めて疲れ切ったいたのでとフォローしておきます。
いいコンディションに早く戻して、また後半戦での活躍を期待したいと思います。
何より大引選手の復帰が心強いです。


by misty2011 | 2016-07-17 23:18 | 東京ヤクルトスワローズ

スコアは1点差でも勝てる気がしなかった★2-3、雄平・大引のソロ弾のみ

オンドルセク投手の無期限自宅謹慎、また、小川泰弘投手が腰の張りで抹消となるなど、
投手事情がますます苦しくなった東京ヤクルトスワローズは、今日から首位の広島東洋カープとの3連戦

初戦は、三次きんさいスタジアム(みよし運動公園野球場)で行われました。
先発は、広島が野村祐輔投手、ヤクルトは山中浩史投手
7番ファーストスタメンは西田明央選手

選手公示では、久古健太郎投手と徳山武陽投手が上がってきました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 雄平選手と大引選手に一発も、打線つながらず逆転負け…

先制したのはヤクルト。
2回1死後、雄平選手がライトスタンドへ7号ソロホームランを放り込み1点先制します。

しかし、3回裏、先頭の田中広輔選手に7号ソロホームランを浴び1-1の同点に。

直後の4回、先頭の坂口選手が四球、川端選手がレフト前ポテンヒットで無死1、2塁。
続く山田選手がライトフライで、坂口選手がタッチアップして1死1、3塁。
ここで、前の打席でホームランを打った雄平選手に期待も、ショートゴロ併殺打で3アウト。

チャンスを潰したその裏、山中投手は先頭のルナ選手、
つづく鈴木選手に連打され無死1、3塁のっピンチを招くと
新井選手にレフトへのタイムリーヒットを打たれ1-2
松山選手にもライトへタイムリーヒットを浴び1-3となります。
なおもピンチでしたが、後続を打ち取ります。

追いかけるヤクルトは6回、先頭の大引選手がライトスタンドへ4号ソロホームランを放ち2-3

ヤクルトは5回から継投に入り、松岡投手が2イニングを無失点に抑えます。

7回から成瀬投手が投げ無失点。
今日、成瀬投手が中継ぎ登板したので、前の記事で追記しましたが、
日刊スポーツは間違いで、スポニチの予想通り、30日は村中投手先発で確定でしょう。

8回は、久古→ルーキ投手とつないで0点に抑えます。(訂正)

野村祐輔投手は7回まで投げ、ヤクルトはソロ2発の2点のみ。
このあと、8回はジャクソンの前に0点に抑えられます。
9回は2死後、中崎投手から山田選手が四球を選び歩きますが、
最後は雄平選手がピッチャーゴロに倒れゲームセット。
2-3で初戦を落とし、連勝は3で止まりました。

雄平選手の先制ソロ弾で始まった今日の試合でしたが、4回の好機に雄平選手が遊併、
最後は雄平選手が倒れゲームセットとなりました。
打席で、もう少し考えたバッティングをしてほしいのですが、雄平選手には無理なのかなぁ?

写真は6月5日神宮 雄平選手
e0222575_2140473.jpg


山中投手は、球が遅いだけに、タイミングが合いだすとカープ打線につかまり、
4回に4連打され逆転されました。
そのあとのピンチはよくしのいだと思います。

打線は、7回まで投げた野村祐輔投手の前に散発の4安打。ソロ2本の2得点のみでした。
連打がなく打線がつながりませんでした。

テレビで見ていると、なんで打てないのかと思うんですが、そこは今日で9勝もしている投手。
以前より、投球術が格段にレベルアップしていて、さすが、勝てるピッチングをしていますね。

よく、燕打線は強力打線と言われて、確かに山田くんを筆頭にいい打者が揃っていますが、
足を絡めてつながるカープ打線の方が、点のとり方に抜け目がなく、私は1枚上のように感じます。

特に、書くこともなく淡々と負けました。

山田選手は今日は3打数ノーヒット1四球。
これで2試合連続ノーヒットですが、明日は原樹理投手の先発で、
広島は黒田投手なので、是非、打ってほしいですね。

by misty2011 | 2016-06-28 21:45 | 東京ヤクルトスワローズ

火ヤク庫爆発、山田・大引・バレ弾!3発20安打13得点猛攻も、9失点は打たれ過ぎ

リーグ戦再開の初戦に、エースと4番の活躍で快勝した東京ヤクルトスワローズ
2戦目の先発は、ヤクルトがデイビーズ投手、中日ドラゴンズはジョーダン投手

スタメンではバレンティン選手が5番に上がり、今日32歳誕生日の雄平選手が6番に下がりました。
相手が左腕だからでしょうね。

それから、昨夜の記事で追記しましたが、
山田選手は、腰痛の上に、6月に入って、右太もも裏にも強い張りがあるとのことです。
それでなんですね、盗塁しない理由がわかりました。
無理しないで一日も早く回復してほしいですね。
スポニチ 山田4冠見えた24号!打点、盗塁もリーグトップ 打率は2厘差2位

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 今季最多の20安打&13得点で2連勝!山田選手は3試合連続となる25号3ラン!!

まあ~それにしても、これでもかというくらい打ちまくりましたが、
一方で、投手陣があきれるくらい打たれました。

ヤクルト投手陣にはセーフティリードはないのかもしれません!?
とれる時に、たくさん点を取っておいてよかったです。

初回から打ち合いとなりました。
立ちあがり、先発のデイビーズ投手は、いきなり3連打で無死満塁のピンチでしたが、
犠牲フライの1失点で切り抜けます。
この辺が、中日打線の弱さなんでしょうね。1点で助かりました。

その裏、坂口選手がヒット、川端選手が四球で1死1、2塁のチャンスに、
山田哲人選手が、追い込まれながらもレフトスタンド上段へ25号3ランホームランを放り込み、
3-1と逆転!
本人も完璧という会心の一打でした。

3回には大引き選手が3号ソロホームラン、バレンティン選手が16号3ランホームランを放ち、
7-1とリードを広げます。

4回、デイビーズ投手は福田選手にソロホームランを浴び7-2

その裏、2番手の武藤投手から、2死3塁から山田選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち8-2
これで2試合続けて4打点。チャンスにきっちり結果を出しました。

デイビーズ投手は、5回にはエルナンデス選手に2号ソロを打たれ8-3
6回にもナニータ選手に6号ソロを浴び8-4
ソロホームランばかりで助かりましたが、それにしても打たれ過ぎ。

ヤクルト6回は、山井投手の前に、ランナーを出しながらも無得点。

7回は3番手の福投手から、大引選手がタイムリーヒット、
坂口選手が犠牲フライ、川端選手がタイムリーヒットで11-4
8回も続投の福投手から、中村悠平、代打の田中浩康選手がタイムリー2塁打を放ち13-4

9回、大差で松岡健一投手が登板も、死四球とヒットで満塁から、
平田選手にタイムリー2塁打を打たれ13-6
さらに、ナニータ選手にもタイムリー2塁打を浴び13-8

ここで、ヤクルトはたまらず秋吉亮投手に継投します。
福田選手にタイムリーヒットを打たれ13-9となりますが、
最後は堂上選手をファーストゴロに打ち取りゲームセット。

ヤクルトが13-9で中日を下し、昨日に続き連勝しました。
勝ったものの、9回には一挙5失点で4点差まで追い上げられ、すっきり終わりませんでした。
これが明日に響かなければいいのですが。

中日打線は、ビシエド選手が冷えているのは大助かり。
平田選手も最後はタイムリーを打ちましたが、あまり状態がよくありません。
ナニータ選手が当たっているくらい。
その中日打線に3発13安打され9失点とは、勝ったものの褒められた試合ではなかったですね。
ソフトバンクやカープ打線なら、こんなものでは済まなかったでしょうね。
負けていたかもしれません。

デイビーズ投手は7回途中まで投げ、3発浴び8安打4失点で2勝目をゲット。
3発ともソロホームランだったので、辛くも4失点にとどまりました。
点差があったので、何とか持ちこたえましたが、
とても安心して見られるピッチングではありませんでした。

解説の平松さんによると、デイビーズ投手は、球が見やすく打ちごろの投手のようですね。
たしかに、簡単にヒットやホームランを打たれます。
球が速いわけでもなく、これと言った変化球もありません。
自滅はしませんが、細かい制球があるとは言えず、スタミナもありません。
それでも先発ローテとして任さなきゃいけないのはキツイですね・・・。

打線は、先発野手全員安打の今季最多安打となる20安打で13得点。
山田くんが25号3ランとタイムリーヒットなど3安打猛打賞で4打点
この2試合で8打点荒稼ぎしました。
今日の試合終了時点で、打率は坂本選手を抜き、打率、本塁打、打点の現在3冠王です。

盗塁は今日もしませんでしたが、太ももの状態があるので無理はできません。
ついに、カープの田中広輔選手に並ばれました。

去年もそうでしたが、足を捻挫していた時には、走れない分、ホームランが増えていました。
身体が本能的に足をかばっているのかもしれませんね。
これで、交流戦最終戦から3試合連発となりました。
それにしても、今日のホームランは凄かったですね。

大引選手は3号ソロなど、4安打猛打賞で2打点と打ちまくりました。
あと3塁打が出ればサイクルヒットでしたが、達成できませんでした。

写真は6月19日神宮 大引啓次選手
e0222575_832843.jpg



また、5番に上がったバレンティン選手が久しぶりにホームランを打ちました。
16号3ランなど3安打猛打賞で、ご機嫌でした。
これで調子が上がってくることを願います。

これ以外でも、坂口、川端、雄平、西田選手がマルチヒットでした。

明日は、吉見投手なので、こうは打てないでしょね。
今日の打ち疲れが出ないようにお願いします。

杉浦投手には、味方の打線を信じて、中日打者には強気で向かっていってほしいものです。

by misty2011 | 2016-06-25 19:30 | 東京ヤクルトスワローズ

大引啓次&今浪隆博選手フォト@神宮5月6月

写真のアップです。
今回は5月6月、神宮での大引啓次選手と今浪隆博選手の試合前のショットです。
今浪選手は、ケガをする前の写真です。

その今浪選手は、今日にも1軍登録されるようですね。
早めに復帰できそうで何よりです。

サンスポ 燕・今浪、24日復帰OK!「脳振とう特例措置」適用第1号へ

今浪選手は17日の西武との初戦(神宮)で、フライを追いかけ川端選手と交錯。
鼻の右下を14針縫い、脳しんとうの疑いもあって18日に登録を抹消されました。
しかし、脳振とう特例措置(登録を外れても脳振とうではなかった場合に10日間を待たず再登録できる)
を申請していたので、リーグ戦再開の今日にも復帰できる見込みだそうです。

練習に合流した21日には、「まだ、口があまり開かないので食事は麺類くらいだけど、
もう大丈夫」と明るい表情だったとのこと。
チーム一の勝負強さを見せる今浪選手だけに、復帰となれば心強いです。

【追記】24日、今浪選手は特例措置1号となり、1軍復帰となり、松井淳選手が抹消されました。

写真は、まだケガをする前に撮ったものです。
5月22日神宮 球場入りの今浪隆博選手
e0222575_8132540.jpg


シートノック 大引選手と一緒にショートの守備につきます。
e0222575_8133356.jpg


e0222575_8134916.jpg


e0222575_8135896.jpg


同日 大引啓次選手
e0222575_814688.jpg


e0222575_8141796.jpg


試合直前の素振り 大引選手
e0222575_8143142.jpg


e0222575_8144146.jpg



6月5日神宮 球場入り 今浪選手
e0222575_8152038.jpg


同日 球場入り 大引選手
e0222575_8153585.jpg


アップ中 坂口、大引、三輪選手 アップの際は、この3選手が一緒のことが多いです。
e0222575_8154525.jpg


シートノック
e0222575_8155599.jpg


e0222575_816682.jpg


e0222575_8161553.jpg


e0222575_8162867.jpg


e0222575_8163839.jpg



6月22日神宮 球場入り 大引啓次選手
e0222575_8314743.jpg


e0222575_8315784.jpg


どういう意味かわかりませんが、両手を広げて、にこやかなビッキー
e0222575_832843.jpg


e0222575_8321880.jpg


普段は落ち着いて柔和なビッキーですが、あの誤審があった時にはキレていましたね。
激しい口調で、何か叫んでいました。熱いもの感じました。
マウンドに出向いて、投手陣に声かけをしている姿もよく見受けます。
チームを鼓舞するキャプテンシーはさすがです。
e0222575_8361453.jpg


今日からのリーグ戦再開に向け、頼れる二人に大いに期待しています。

by misty2011 | 2016-06-24 10:21 | 東京ヤクルトスワローズ

ヤクルト交流戦初の勝ち越し☆5-4、両翼外野のミスがありながらも追いつき、大引選手が決勝弾!

セ・パ交流戦最終カードの西武ライオンズとの初戦は、
けが人を出しながらも、投打がかみ合って先勝した東京ヤクルトスワローズ

2戦目の先発はヤクルトがデイビーズ投手、西武はポーリーノ投手って誰??
スタメンファーストは西田選手、レフトは飯原選手が入りました。
昨夜の記事で、ずっと勘違いしていて、4番雄平選手と誤記していました。訂正してお詫びします。
山田選手が3番で、雄平選手が4番の方がいいのにという私の願望が反映されていたのかも(苦笑)!?

選手公示では、デイビーズ投手、田中浩康、松井淳選手が昇格し、
中澤投手、今浪、ジェフン選手が抹消されました。
今浪選手が抹消されたのに、ショートの補充はしないんですね。
大引選手に何かあればどうするんでしょう?


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 中村選手の2点タイムリー安打、大引選手の2号ソロで逆転勝利!

立ちあがり、デイビーズ投手はその初球、秋山選手にセカンドグラブを弾くヒットを打たれます。
1死後、浅村選手にもセンター前ヒットを打たれ1死1、3塁のピンチ。
このあと、メヒア、坂田選手を抑え無失点で切りぬけます。

その裏、ドミニカ出身(訂正)、来日初登板となる巨漢ポーリーノ投手の前に、ヤクルトは三者凡退。

2回、1死後、雄平選手がファーストエラーで出塁。
飯原選手は四球で1死1、2塁。
ここで、西田選手が、左中間へのタイムリーヒットを放ち、ヤクルトが1点先制!
西田くん、ナイスバッティング!
続く中村悠平捕手がスクイズを決め2点目!
実にいい流れです。こんな簡単に点が入るとは!

2点援護してもらったデイビーズ投手でしたが、3回、死四球で無死1、2塁のピンチ。
秋山選手には2試合続けてぶつけ申し訳ありません。
しかし、浅村、メヒア、坂田選手を打ち取り、この回も無失点で切り抜けます。
西武打線もチャンスを作るだけで、グダグダですね。助かりました。

その裏、2死後、川端選手がヒット、山田選手もライト前ヒットで2死1、2塁。
山田くん、いつ以来のシングルヒットでしょう?
最近は、塁に出るのはホームランか四球だけでしたからね。
しかし、雄平選手がレフトフライで3アウト。

4回1死後、デイビーズ投手は金子侑司選手に四球を与え、2盗、3盗を許し1死3塁。
炭谷捕手にライト前ヒットを浴び1点失うと、
突っ込んできた雄平選手がこれを後逸してランナーが3塁へ。
このあと、後続を抑え、1点で済みました。やれやれ・・・

5回、デイビーズ投手が先頭の栗山選手にヒットを打たれ、
2死後、ワイルドピッチで2塁へ進まれます。

直後に信じられないことが!
坂田選手はレフトフライで3アウトチェンジと思ったら、
飯原選手が打球を見失い、打球はメッシの遥か後方へ落ちます。
何でもないレフトフライがタイムリーヒットとなり2-2の同点となり、
打った打者は3塁へ(記録は3塁打)
サングラスをかけていたのに、全く役に立っていませんでした。
さすがに、これはデイビーズ投手が気の毒でした。

いつも思うのは記録員の判定が、それはナイデショ!といのが多すぎます。
打球に触っていないからヒットになったんでしょうが、どう見てもエラーでしょう。
しかも3塁打って…。
記録はエラーでないので、デイビーズ投手に自責点がつくなんて、あり得ない!

このあと、鬼崎選手にライトへのタイムリー3塁打を打たれ2-3
金子侑司選手にもタイムリーヒットを浴び2-4

その裏、1軍昇格した松井淳選手が代打で起用され、センター前ヒットを放ちます。
2死2塁から、相手投手の暴投で3塁へ進みますが、川端選手がサードゴロで得点ならず。

6回からは2番手で村中投手が登板し、三者凡退に抑えます。

その裏、西武は野上投手が中継ぎで登板。
山田くんはセンター前に落ちるヒットで出塁。
走れ~と思ったら、雄平選手が初球を打って、ライト前ヒットで無死1、2塁のチャンス。
さあ、ここで、飯原選手。守備でのミスを取り返せるか!?
打たせるのかと思いきや、飯原選手は送りバントを決め1死2、3塁。

ここで期待の西田選手でしたが、空振り三振で2アウト。
ならば、チャンスに強い中村捕手に託します。
その中村選手が期待通りセンター前タイムリーヒットを放ち
2者生還して4-4の同点に!試合は振りだしに。さすが、チーム一番の勝負強さ。
このあと、バレンティン選手が代打で登場もセカンドゴロで3アウト。

7回はルーキ投手が登板
2死後、坂田選手にヒットを打たれますが、後続を抑えます。

その裏、先頭の大引選手がライトスタンドへ2号ソロホームランを放り込み、
ヤクルトが5-4と1点勝ち越します。
大引選手は、右に大きな当たりで惜しくもファールなることが多かったですが、
今日は第三者の厳しい目でみても、きっちりスタンドインしていました。

写真は5月22日神宮 大引啓次選手
e0222575_17563651.jpg


8回は秋吉投手、9回はオンドルセク投手が締め、5-4でヤクルトが連勝!
大引選手の値千金の勝ち越し弾で、ヤクルトは交流戦初の勝ち越しを決めました。
勝ち投手はルーキ投手で3勝目。

まあ~しかし、いろいろあった末の勝ちでしたね・・・。
雄平、飯原選手の両翼外野手が信じられないような大きなミスをやらかしても勝ちました。
まさに、勝ちに不思議の勝ちありの一戦でした。
相手が、西武ライオンズだったというのもあったでしょうね。

先発のデイビーズ投手は、野手のエラーで足を引っ張られ、勝ち投手になれなかったのは残念ですが、
そう褒められたピッチンングではありませんでした。

外国人投手にしては球速が出ず、かといって制球がいいとも言えません。
西武の拙攻に随分助けられました。
あちらもチャンスは作っても得点できませんね。
メヒア選手をはじめ、中軸がさっぱりつながりませんでした。
相手がソツのないソフトバンク打線だったら、早い回にもっと点を取られていたでしょうね。

打線は、2回、相手エラーから作ったチャンスに、西田、中村の捕手コンビで2得点。
先制タイムリーと見事なスクイズ。
お互い捕手同士で、相乗効果が出ていますね。

6回は、4、5番がヒットでつながりチャンスメイクして、
得点圏でめっぽう強い中村捕手が同点となる2点タイムリーヒット!
もうねぇ~、ムーチョを4番におきたいくらいです。
そして、決勝となった大引啓次選手の2号ソロホームランが7回に出ました。
攻守にチームをけん引するビッキー!ナイスホームランでした。

初戦は快勝、2戦目は競り勝っての交流戦初の連勝とカード勝ち越しを決めました。
この勢いで、明日も勝って3連勝で締めくくりたいですね。
杉浦投手の好投を期待しましょう。

最後に、今日の山田くんは6月10日以来となるシングルヒットで2安打。
このところ、ホームランしか打ってなかったので、シングルヒットが出てよかったです。
今日はコンパクトに振っていた感じでした。
打率が下がっていましたが、少し持ち直しました。

明日は、出塁したら走ってほしいですね。
他チームの選手は、失敗してもお構いなし、何でもかんでも走っているのを見ると、
山田くんは必要以上には走らないのはエライと思いますが、
せっかくのチャンス、この際、トリプルスリー以上の40-40が狙えるかもしれないので、
隙あらば走ってほしいです。

記事が二重にダブっていたので、一部削除しました。かなりボケが来てますね…

by misty2011 | 2016-06-18 17:58 | 東京ヤクルトスワローズ