Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:大松尚逸 ( 3 ) タグの人気記事

延長12回代打・大松尚逸サヨナラ弾☆3×-2、好救援の近藤一樹移籍初勝利

東京ヤクルトスワローズは、今日から神宮に広島東洋カープを迎えての3連戦

広島カープは前の阪神戦で3連敗を喫し、チームの勢いがやや落ちてきました。
先発は、ヤクルトがブキャナン投手、広島は野村祐輔投手
カープスタメンには阪神戦で3試合休養した菊池選手が復帰
ヤクルトは2番ショートに大引選手、6番ファーストに鵜久森選手が入りました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 延長12回、大松選手のサヨナラ本塁打で劇的勝利!

1回表裏は両チーム三者凡退

2回、ブキャナン投手は二者連続三振後、
エルドレッド選手に左中間スタンドへ7号ソロホームランを運ばれ、1点先制されます。
カーブが真ん中付近に甘く入りました。
外はボール気味で、速い球で徹底的にインハイ攻めしたほうが良さそうなものですが。

その裏、先頭の雄平選手がライト線への2塁打で出塁。今日も早速ツーベースが出ました。
しかし、後続が進塁打さえ打てず3アウト。
何度も対戦している野村投手に対し、なんの工夫もなく、ただ来た球を打つだけ。
こういうところが、チームとしてどう攻略していくのか全く見えてきません。

3回2死後、ブキャナン投手は田中広輔選手を四球で出しますが、
菊池選手をセカンドライナーに打ち取り3アウト。

その裏、ヤクルトは三者凡退。序盤から、すっかり野村投手のペースになっています。

4回、ブキャナン投手は丸、鈴木選手連続三振後、安部選手にライト前にヒットを打たれます。
ここで、前の打席で一発浴びたエルドレッド選手を空振り三振に仕留めます。
ブキャナン投手、ここまで既に6奪三振。

その裏、先頭の大引選手が左中間への2塁打で出塁。
山田選手はセンター前タイムリーヒットを放ち1-1の同点に!
大引選手がホームインする間に、山田選手は2塁へ。
山田くん、泳がされそうになりましたが、下半身がよく粘ってついて行きました。ナイスバッティング!

つづく雄平選手は、またまたライト線へのタイムリー2塁打を放ち、2-1と勝ち越します。
もう2塁打以外は打たない雄平選手。4打席連続2塁打となり、2試合で2塁打が6本、絶好調です!

バレンティン選手はライトフライ、鵜久森選手は四球で歩き1死1、2塁。
中村捕手はショートフライで2死となり、
谷内選手はライトへのヒットも、2塁からホームに走った雄平選手がタッチアウトとなり2点どまり。
鈴木誠也選手の強肩と、雄平選手は足は速いですが、いつも3塁ベースから膨らみ過ぎの走塁なんですよね。
まあ、2死だし、次がピッチャーなので、回してホームタッチアウトは仕方ありません。
しかし、この回、2番から3連打で2点奪い逆転に成功しました。

5回、ブキャナン投手は3人で片付けます。

その裏、ヤクルトはあっさり三者凡退。

6回、ブキャナン投手は1番からの打順も、危なげなく3人で片付けます。ここまで9奪三振!

その裏、先頭の山田選手はライトフライ。
雄平選手は連続2塁打ならずサードフライ。バレンティン選手はセカンドゴロで3アウト。

7回2死後、ブキャナン投手は、エルドレッド選手にレフトへヒットを打たれますが、後続を打ち取ります。

その裏、ヤクルトは三者凡退

テンポよく試合が進み、まだ午後8時前なのに、もう8回
1塁には武内選手が入りました。
ブキャナン投手は、先頭の代打・ペーニャ選手にストレートの四球を与えます。
つづく代打・天谷選手は送りバントで1死2塁
田中広輔選手は空振り三振で2死となりますが、
菊池選手にレフトへタイムリー2塁打を打たれ、2-2の同点に。ヤバい…
2球続けた真ん中の甘いチェンジアップを打たれました。
2死2塁で丸選手にはライト前ヒットを打たれ2死1、3塁

なおもピンチで、ヤクルトはルーキ投手に交代。サードに西浦選手が入りました。
ルーキ投手は、フルカウントから鈴木誠也選手を見事空振り三振に斬ってとり、追加点を許しません。
ドキドキしましたが、よく抑えました。

その裏、広島はジャクソン投手
先頭の西浦選手は見逃し三振。坂口選手は捕邪飛。
大引選手は四球で歩き2死1塁。
山田選手の打席で、1塁へ何度もけん制球が続き、最後は大引選手がけん制死となり3アウト。

2-2の同点で、9回は秋吉投手が登板
三者凡退に抑えます。

その裏、広島は今村投手が登板
山田選手はストレートの四球で出ます。サヨナラのランナーが出ました!
雄平選手は三邪飛で1死1塁。あ…ぁ
バレンティン選手の打席で暴投で山田選手が2塁へ進み1死2塁。
バレンティン選手も歩いて1死1、2塁。代走は上田選手(アウトカウント訂正)
武内選手はボール球を振って空振り三振で2アウト。
ここで、中村悠平捕手に期待も、3球三振で3アウト。これはイヤな流れですね…。

2-2のまま延長に入ります。
10回、ヤクルトは石山泰稚投手。センターは上田選手、レフトに坂口選手
石山投手は3人できっちり片付けます。

その裏、広島は一岡投手が登板。ここで決めたいですね。
ヤクルトは代打・榎本選手が空振り三振
西浦選手はライトフライ。坂口選手は四球で歩き2死1塁。
大引選手は粘りますが空振り三振で3アウト。

11回、ヤクルトは近藤投手が登板
先頭の菊池選手は空振り三振。丸選手も空振り三振。
鈴木誠也選手はライトフライで3アウト。怖い打順も見事な投球でした。

その裏、広島は薮田投手
先頭の山田選手は四球で出塁。今度こそサヨナラのランナーに!
雄平選手は空振り三振で1死1塁。山田くん、走りませんね…。
上田選手はエンドラン、ファーストゴロで2死2塁。
武内選手は打撃妨害で2死1、2塁。
ここで、再び中村悠平捕手。しかし、初球を打ってショートゴロ、サヨナラならず。
ヤクルトは5回以降、ノーヒットです。

12回、近藤投手が続投
先頭の安部選手を四球で出します。
エルドレッドはレフトフライで1死1塁。
野間選手はショートライナーで2死となり、広島は代打・新井貴浩選手
怖い新井選手をライトフライに打ち取り3アウト。これでヤクルトの負けはなくなりました。
近藤一樹投手、2イニングナイスピッチング、お疲れさまでした。

その裏、広島は中田蓮投手
先頭の代打・大松尚逸選手が、何とライトスタンドへ移籍1号サヨナラホームランを放り込みます。
ヤクルトが延長の末、3×ー2で広島にサヨナラ勝ちを収めました。


e0222575_1683710.jpg



大松選手、素晴らしいホームラン、おめでとうございます!
元ロッテの主砲が放った3年ぶりのアーチ!!ヤクルト移籍後初アーチがサヨナラ弾!
鵜久森選手に続き、最高の形での恩返しとなりました。よく打ってくれました。ありがとうございます。

そして、11回、12回と回をまたいで2イニング無失点に抑えた近藤一樹投手が、移籍後初勝利を挙げました。
毎試合、どんな場面でも任されたところでナイスピッチング。
近藤投手の力投があってこその今日のサヨナラでした。
価値ある白星、心からおめでとうございます。
好投が報われて本当によかったです。躍動感ある投げっぷりがメッチャカッコいいですね。

e0222575_13411478.jpg



今日は最終的には元パ・リーグ戦士の力で勝利しました。
やはりパの実力は凄いなあと改めて感じました。ようこそヤクルトへ!

先発のブキャナン投手もよく投げてくれました。
惜しむらくは8回、先頭に四球を与えたところでしょうね。
8回途中2失点で、勝ち投手にはなれませんでしたが、毎試合、安定したピッチングは頼もしい限りです。

それ以降つないだリリーフ陣は、よく無失点で抑えました。

打線は、4回に大引―山田ー雄平選手の3連打で2得点と効率よく得点しましたが、
5回からサヨナラまではノーヒットに抑えられ、四球と打撃妨害でランナーが出たのみでした。
出来れば、好投手の野村祐輔投手を攻略して勝ちたかったですね。次回への課題です。

まあ、とにかく広島初戦にサヨナラ勝ちしたのは勢いがつきそうです。
いい流れで明日も勝ってください!

by misty2011 | 2017-05-09 22:31 | 東京ヤクルトスワローズ

大松尚逸選手と榎本葵選手フォト@4月神宮&ハマスタ+2008オールスター2HRの大松選手

4月に出かけた神宮球場と横浜スタジアム観戦より、
今日は、ヤクルトスワローズに新加入した大松尚逸選手と榎本葵選手のフォトです。

まずは大松尚逸選手
2016年にロッテを戦力外となり、2017年にヤクルトにテスト入団しました。

昨年5月の2軍戦で、右アキレス腱を断裂し手術。昨季の一軍での試合出場はありませんでした。
10月にロッテ球団から戦力外を通告受け、
2軍打撃コーチへの就任を打診されましたが、現役続行を希望。
今シーズン、ヤクルトの入団テストに合格し、ヤクルト入団が決まりました。

ロッテの試合はあまり見ていないので、それほど大松選手のことは知りませんが、
印象に残った試合は、2008年オールスター第2戦のハマスタで、
石川雅規、館山昌平投手から2打席連続のホームランを打ったシーンです。
当時は、ハマスタで現地観戦していました。
凄いホームランバッターだと感心したものです。

その大松選手が、戦力外からヤクルトへ入団とは、不思議な縁を感じます。
まだ2017シーズンは始まったばかりですが、早くも左の代打の切り札として存在感を示しています。

昨年は、鵜久森淳志選手が日本ハムファイターズから戦力外となり、ヤクルトに入団。
今季は、代打で逆転サヨナラ満塁弾やサヨナラヒットを打ち大活躍!
「ヤクルト再生工場」は今もなお健在です。
パ・リーグ出身選手たちの健闘が光ります。

webスポルティーバ 鵜久森、坂口、大松、榎本…「ヤクルト再生工場」は今もフル稼働中

では4月2日と16日、私が現地観戦した2試合での写真です。

まずは大松尚逸選手 4月2日神宮 球場入り
e0222575_1403485.jpg


e0222575_1404498.jpg


e0222575_1405433.jpg


4月2日 試合編より
4-4の同点となった9回裏1死後、代打の大松尚逸選手が登場
e0222575_1435913.jpg


e0222575_1442093.jpg


e0222575_1422160.jpg


三上投手からレフト前ヒットを放ちます。
e0222575_1425599.jpg


1塁で宮出コーチとグータッチ 代走の三輪選手と交代
このあと満塁となりますがサヨナラならず、10回裏に鵜久森選手の代打サヨナラ満塁弾で決着
e0222575_143531.jpg



4月16日ハマスタ ティーバッティング 追加 掲載するのを度忘れしていました。
e0222575_1681448.jpg


e0222575_1682683.jpg


e0222575_1683710.jpg


ここで、おまけとして大松選手の全盛期2008年オールスター第2戦ハマスタでの懐かしの写真を
保存したハードディスクから探してきました。

2008マツダオールスターゲーム第2戦 選手整列 ダルビッシュ投手の隣に並ぶ大松選手
ダルビッシュ投手はファン投票1位で選ばれ第1戦に先発しました。
右から2番めは成瀬投手ですね。

ちなみに、この年のセ・リーグファン投票1位の先発投手は、広島カープの高橋建投手でした。
(2010年に引退後は、解説者などを経て、現在は阪神タイガース2軍の投手コーチをやっています。)
2008年当時、私は高橋建投手のファンサイトをやっていましたが、
(選手個人の応援サイトで、広島ファンには最後までなれず、現在は最も嫌いなチームになりました。)
ファン投票1位で選ばれるとは意外で、大変驚きました。
e0222575_14145421.jpg


当日の先発は川上憲伸投手。3回、石川雅規投手が登板
e0222575_1415812.jpg


今から9年前、今でも若いカツオくんが、メッチャ若いですね~!
e0222575_1415185.jpg


大松選手が石川投手からソロホームランを打ちます。
右端は稲葉選手、ローズ選手の姿も見えます。左には若い頃のおかわりくん、中島選手
e0222575_14152627.jpg


e0222575_14161555.jpg


5回、館山昌平投手が登板
e0222575_14153737.jpg


e0222575_14154626.jpg


大松選手が2打席連続となるソロホームランを放ちました。
e0222575_14155637.jpg


試合は乱打戦となり、11-6でセ・リーグが勝ちました。
勝ち投手は、なんと大松選手から一発を浴びた石川雅規投手でした。

2008オールスター第2戦表彰式 大松尚逸選手はベストプレー賞に選ばれました。
e0222575_14195017.jpg


e0222575_1420441.jpg


e0222575_14201832.jpg


ここで、一言
最近、ブログやSNS上で、一部追っかけカメラ女子が目のかたきにされ、非難が集まっています。
私もそういう部分が全くないとは言いませんが、一つだけ釈明をしておきます。

年をとるまでカメラは使い捨てカメラ以外、全く扱ったことがありませんでしたが、
野球観戦の写真は2003年以来、かれこれ14年経ちます。
200万画素のコンデジカメラから始まり、一眼レフを経て、現在は軽いマクロ一眼で撮っています。
写真は上手くなるどころか年々下手になってきました。それは十分自覚しています。

私が写真を撮っている一つの理由としては、
日にちさえわかれば、いつでも保存したハードディスクから、
過去の写真を引っ張りだしてきて見ることができます。
いわば、私にとって、これまでの野球観戦史のようなもので、
写真を見れば、いろいろなシーン、選手の思い出、そして感動が蘇ります。

年齢とともにボケは進んでいますが、自分の撮った写真を見れば、
かなり細かいことまで覚えているなあって思います。
今年で67歳になる私にとっては、過去に撮った写真を見ることができるのは、
老後の楽しみでもあるんです。

今は山田くんメインで撮っていますが、
試合では、できるだけ対戦チームの選手の写真も撮るようにしています。
あとから振り返った場合、そのほうが試合展開がよくわかるからというのもあってです。

シャッター音などで周りに迷惑をおかけしているかもしれませんが、この場を借りてお詫びします。
今度のカメラは、そのシャッター音が静音設定できて、ほとんどしなくなりました。
連写は極力しないように心がけています。
連写も静音設定で、バシャバシャうるさい音はしなくなりました。
いましばらくは、年老いたばあさんの楽しみを、大目に見ていただければありがたく思います。



続いて、榎本葵選手
2016年に楽天を戦力外となり、2017年トライアウトを経てヤクルトに入団しました。
オープン戦では、少ない打席で結果を出し、開幕1軍メンバーに名を連ねましたが、
現在は2軍となっています。

4月2日神宮 球場入り
e0222575_14221564.jpg


e0222575_14223094.jpg


4月2日試合編より
7回、代打で登場
e0222575_1424080.jpg


横浜DeNAパットン投手の前に空振り三振 
e0222575_1423996.jpg


e0222575_14231869.jpg


前日1日も代打で登場し、空振り三振でした。
わずか2打席でしたが、結果を出せず、この後、2軍降格となりました。
下で活躍して、また上がってくることを楽しみにしています。

以上、今季ヤクルト新戦力の2選手でした。

by misty2011 | 2017-04-17 16:05 | 東京ヤクルトスワローズ

オーレンドルフ粘投も★2-6で5連敗! 大松逆転打後の7回、連続エラーから5失点

東京ヤクルトスワローズは、開幕カード3戦目の広島東洋カープに、
なすすべなく連敗し、これで阪神戦から4連敗。
今日こそ勝って意地を見せてほしいものです。

先発は広島カープが九里亜蓮投手、ヤクルトはオーレンドルフ投手
スタメンは昨日と同じで1番坂口、2番大引選手

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 好機作るも決定打が出ず、連敗ストップならず

初回、先頭の坂口選手がセンターへのヒットで出塁。
久しぶりにグッチにクリーンヒットが出ました。
大引選手は送りバントで1死2塁
山田選手は初球を打ちあげ、センターフライで2死2塁
バレンティン選手は空振り三振。せっかくバントで送っても、3、4番がこれでは・・・。

その裏、立ち上がりが課題のオーレンドルフ投手は、
先頭の田中選手にショート後方へ落ちるアンラッキーなヒットを打たれます。
菊池選手はレフトフライ後、丸選手はセンターへの大飛球で2死1塁。
このあと、田中選手は2盗を決め2死2塁。中村捕手の送球が高くてセンターへ抜けていきました。
新井選手は四球で2死1、2塁
つづく鈴木誠也選手はボール球をファールした後、見逃し三振で3アウト。最後はいい球でした。
やれやれ0点に抑えましたが、制球がアバウトすぎて、この先どうなることやら。

2回、先頭の雄平選手がセンター前ポテンヒットで出塁
畠山選手は四球で歩き無死1、2塁
中村捕手は送りバントで1死2、3塁。
う~ん、今のヤクルト打線で、打てるのはムーチョくらいなのに、勿体ないような気がします。
谷内選手はサード正面のゴロ。3塁走者の雄平選手がホームアウトで2死1、3塁
オーレンドルフ投手は空振り三振で3アウトチェンジ。

その裏、オーレンドルフ投手は三者凡退に抑えます。

3回、1番からの打順も三者凡退。山田くんへは顔近くに危ないボールが来ました。
九里投手は藤浪投手とは違って、ぶつけないだけのコントロールはありそうで、
明らかに、山田くんに腰をひかせることを意図した1球でしょうね。山田くん、たまには怒れよ!
もう今日は、と言うか今日も、これで山田くんは打てないと思いました。

その裏1死後、バレンティン選手の怠慢守備で、田中広輔選手のシングルヒットが3塁打になります。
菊池選手はライトフライも、雄平選手の強肩が抑止力となり、タッチアップできず1死3塁
オーレンドルフ投手はこのあと、丸選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ1点先制されます。
新井選手にはレフト前ヒットを打たれ2死1、2塁
鈴木選手は空振り三振で3アウト。よく1点で済みました。

4回、ヤクルトは三者凡退。バレンティン選手のヒット性の打球は丸ちゃんに好捕されました。

その裏1死後、オーレンドルフ投手は安部選手に四球を与え、2盗を許します。早くも5盗塁目。
2塁はアウトっぽく見えましたけどね。山田くんも不服そうにしていましたが、ベンチは一切抗議ナシ。
2死後、九里投手には粘られますが、ファーストゴロで3アウト。
投手でもこれだけ粘るのに、ヤクルト打線は、それもできず。

5回、ヤクルトはこの回も三者凡退。

その裏、オーレンドルフ投手は先頭の田中広輔選手にライト線へ2塁打を打たれます。
菊池選手は送りバントで1死3塁
丸選手はショートフライ、新井選手はショートゴロで無失点で切り抜けます。
よく抑えました。オーレンドルフ投手はガタガタって崩れないのがいいですね。

6回、ヤクルトはトップからの打順
1死後、大引選手が四球も山田選手はショートゴロ併殺打。ぁぁぁぁぁ……
先日もランエンドヒットで三振ゲッツーでしたが、今日もやらかしました。
これでは、山田くんへの風当たりがますます強くなりますね。
打てそうもないのはわかりますが、それにしてもドンドン悪くなってきました。

その裏、オーレンドルフ投手は三者凡退に抑えます。

7回2死後、畠山選手がセンター前ヒットで出塁
中村捕手は四球で2死1、2塁
ここで、代打・大松選手がライトへのタイムリー2塁打を放ち、2-1と逆転に成功!代走は西浦選手
今年は代打陣が頼もしい!

写真は4月2日神宮 大松尚逸選手
e0222575_11283818.jpg


続く代打・鵜久森選手は空振り三振で3アウト。しかし、代打成功で逆転しました!

その裏、ヤクルトは1点リードで星知弥投手に交代
先頭の會澤捕手を四球で出します。代走は上本選手
代打・天谷選手は送りバントで1死2塁
今日3安打の田中選手はショートゴロも、大引選手がファンブルするエラーで1死1、3塁
これは痛すぎるエラー!
菊池選手はレフトライナー(訂正)もバレンティン選手が落球するエラーで、
3塁ランナーが生還して2-2の同点に。
ルーキーが投げているのに連続エラーとは、なにをやってるの(怒)!

つづく丸選手にセンターへタイムリーヒットを打たれ2-3と勝ち越されます。

なおも1死1、3塁で、ヤクルトはルーキ投手に交代
しかし、新井選手にライトへタイムリーヒットを打たれ2-4
鈴木選手にもレフトへタイムリーヒットを打たれ2-5
オーレンドルフ投手には全く合わず3三振の鈴木選手に、ここで打たれました。
エルドレッド選手にはレフト(訂正)へ犠牲フライを運ばれ2-6
ヤクルトとのミスに乗じて、もうカープ打線が止まりません。
本来ならショートゴロ、レフトライナーでとっくに3アウトでしたからね。
(ライトとレフトの書き間違えが多発してすみません。訂正してお詫びします)


8回、広島はジャクソン投手が登板
1死後、大引選手がライトへのヒットで出塁
山田選手はセンター前ヒットで1死1、2塁。
さっき打て、今さらと言う声が聞こえてきそうですが、ズムスタ3連戦でようやく初ヒット。
これが復調のきっかけになればと。

つづくバレンティン選手はホームランを打ってエラーを取り返してもらいましょうか。
しかし、四球で歩き1死満塁。
雄平選手は初球を打ちあげファーストファールフライで2死満塁。それはないわ!
畠山選手はセンター前ヒットかと思ったら、セカンドフライで得点ならず。
えッ、何で菊池選手がそこにいるのと言うポジショニングにやられました。

8回裏、ヤクルトは秋吉投手が登板
三者凡退に抑えます。

9回、広島は中崎投手が登板
先頭の中村捕手、つづく途中出場の西浦選手が連続レフト前ヒットで無死1、2塁
代打・荒木選手はピッチャーゴロ併殺打で2死3塁
坂口選手は空振り三振でゲームセット。

ヤクルトは2-6で敗れ、ついに5連敗となりました。

先発のオーレンドルフ投手は、やや荒れ球で球数は増えましたが、
実質バレンティン選手のエラーからの1失点のみと、粘り強く投げました。
6回1失点なら十分試合は作りました。

写真は4月2日神宮 オーレンドルフ投手
e0222575_17551869.jpg


打線は、毎度のチャンスメイクするだけで、ランナーを還すバッターがいません。
今日もチャンスでクリーンナップがブレーキ。
7回、下位で作ったチャンスに、
代打の大松尚逸選手が、ようやく一時は逆転となるタイムリー2塁打を打って2-1としました。

1点リードで、さあ、これからという7回裏、ヤクルトは星投手を投入も、
大引、バレンティン選手の痛すぎる連続エラーから5失点。試合が決まりました。

この場面、ルーキーの星投手には、まだ荷が重すぎたようにも感じましたが、どうだったでしょう?
力んで先頭バッターに四球を与えましたからね。
まあ、でも、普通に守っていれば0点に抑えていました。
チームメイトの守乱で、身内から手痛いプロの洗礼を浴びさせられ、可哀想なことをしました。
自責は0ですが黒星がつきました。

8回はジャクソン投手を攻め満塁のチャンスを作りましたが得点ならず。
9回も連打は出ましたが、そのあと併殺打などで結局得点できずゲームセット。

今日は連続エラーが致命傷となりましたが、広島との3連戦は、内外野とも守備のレベルの差を感じました。
バレンティン選手のエラーや、昨日の小川投手のサインミスは論外として、
カープの三遊間への打球は簡単に外野に抜けていくのに対し、
ヤクルトの打球はことごとく捕球され抜けません。
また、後方への打球をポテンヒットにしてしまうヤクルトの守備、それを捕球できるカープ。
この守備の差は如何ともしがたいものでした。

投手陣は試合を作っていましたが、野手が打てず守れず走れずでは、勝ち目がありませんでした。
ベンチも、渋い顔をして腕組みして見ているだけ。
ただ選手が打ってくれるのを待つだけ。
絞り球や進塁打への指示なども一切なさそうで、選手の自主性任せ。
これでは、ベンチは職務怠慢と言われても仕方ありません。

ファミリーな雰囲気にどっぷりつかって生ぬるいチームに、
誰か喝を入れてくれる人はいないものでしょうか。
選手はもちろんですが、「目を覚ませ!」の一番は監督さんのように思います。

神宮での中日戦も、何だか勝てる気がしなくなりましたね。
山田くんもこんな調子だし、私は出かける気力をなくしました。

ひとつ救いは、投手陣が昨年と違って頑張っていることです。
そのためにも、打つべき人が打って、内外野ともきっちり守ってほしいです!

スタメンオーダーは、このまま行くのは納得できませんが、
真中監督のことだから、まだしばらく様子見で変更しないかもしれませんね。
不調の山田選手も、3番はどうなのかな??と思っていますが。
4番バレンティン選手につづくオーダーは、今のところ最悪の結果ですからね。
いっそのこと1番とかでも・・・。3番のままなら、後ろは畠山選手のほうがいいです。
中村捕手の打順も上げた方がよさそうに思います。

by misty2011 | 2017-04-09 18:01 | 東京ヤクルトスワローズ