Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:宮出隆自 ( 8 ) タグの人気記事

10/7最終戦試合前 ふくちくんとつば九郎&宮出選手フォト

クライマックスファーストステージまで試合がないので、その間に神宮最終戦ほか、
溜まっている写真のアップをしていきます。

今日は10月7日神宮球場リーグ最終戦より、試合前の福地寿樹選手と宮出隆自選手の写真です。

まずは福地寿樹選手 グラウンドに入ってきました。スタンドからたくさんの声がかけられます。
にっこり笑顔で応える福地選手
e0222575_1125481.jpg

e0222575_113257.jpg

ヤクルトファンの声援に手を振っています。
e0222575_1131322.jpg

お出迎えのつば九郎と握手 ひとこと二言、言葉を交わしていました。すみません、ピントが三輪ちゃんに合っています。
e0222575_1132383.jpg

アップのため選手が集合 つば九郎が隣にぴったり寄り添います。
e0222575_1134147.jpg

手前の宮出選手が笑顔でアップ中
e0222575_113537.jpg
e0222575_1141330.jpg
e0222575_1142139.jpg
e0222575_1144588.jpg


試合開始前、広島カープの倉義和捕手から福地選手に花束が贈呈されました。
前日は、相川亮二捕手から引退するカープの石井琢朗選手に花束の贈呈がありました。
e0222575_11114265.jpg

e0222575_115479.jpg
e0222575_1151956.jpg

e0222575_11105256.jpg

一礼してベンチに戻る福地選手
e0222575_1153867.jpg


ここからは宮出隆自選手 グランド入りは福地選手より少し早かったです。
e0222575_11224646.jpg

ファンの声援に、にこやかな表情の宮出選手
e0222575_11252636.jpg


e0222575_11134939.jpg

アップに集合前 ダッグアウトの中でくつろぎのひと時
e0222575_11141137.jpg

バレンティン選手と何やら楽しそうにじゃれています。
e0222575_11141434.jpg


最終戦の試合編フォトは こちら  引退セレモニー編は こちら  でご覧ください。
by misty2011 | 2012-10-09 14:50 | 東京ヤクルトスワローズ

神宮最終戦セレモニーフォト 福地・宮出選手の胴上げ、場内一周ほか

10月7日神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズ2012年最終戦に行ってきました。

かなりの枚数の写真を撮ったので、試合編は後にまわし、先に試合後に行われた最終戦セレモニーの写真をアップします。

試合後、監督、コーチ、選手がグラウンドに整列
引退試合・セレモニーを辞退した福地寿樹選手と宮出隆自選手にヤクルト選手会より花束が贈呈されました。
e0222575_034172.jpg

藤本敦士選手と宮本慎也選手が代表で花束贈呈
e0222575_0341069.jpg
e0222575_0342072.jpg
e0222575_0343057.jpg

宮出選手は涙をこらえることができません。取り込んだ写真を見て、思わずこちらもウルウルきました。
e0222575_0343853.jpg


小川淳司監督の挨拶
e0222575_0344951.jpg

小川監督は声援をくれたファンに感謝し、
「CS進出は獲得しましたが、交流戦での10連敗やたくさんのケガ人を出してしまいました。
しかし、選手たちはカバーをし合い、心をひとつに戦い抜きました」とシーズンを振り返り
「13日から中日、そして巨人を倒して必ず日本シリーズに進出できるよう準備して頑張ってまいります」と力強く話しました。
e0222575_0351747.jpg
e0222575_0353117.jpg

バレンティン選手が2年連続ホームラン王、バーネット投手が初の最多セーブのタイトルを獲得しました。
おめでとうございます。
e0222575_0354045.jpg

挨拶後、サプライズで胴上げが始まりました。
e0222575_036411.jpg

まず福地寿樹選手から ミラーレス一眼デジタルなので、タイムラグがあって高く上がるところを外しました。
ふくちくん、ごめんなさい。連写で撮るべきでした。
続いて宮出隆自選手 大きな体が高く舞いました。2度目は失敗せず撮れました。
e0222575_0361788.jpg

小川監督と握手する福地選手 宮出選手は取材カメラに隠れたので撮れませんでした。
e0222575_0362752.jpg

花束を抱えてグランド一周が始まりました。
e0222575_0363818.jpg

私は3塁内野席でしたが、こちらにも来てくれました。
3塁側はヤクルトベンチが見えるのと、ライトスタンドの応援風景はこちらからのほうが見やすいので
最終戦はあえて3塁側の席を取りました。
e0222575_036537.jpg

レフトスタンドへ 真っ赤に染まったカープファンから大歓声があがります。
e0222575_363283.jpg
 
カープファンは毎年ですが、最後まで残って声援してくれます。ありがとうございます。
古巣カープのファンとお別れの挨拶が出来て福地選手も嬉しかったでしょうね。
e0222575_0371430.jpg
e0222575_0372373.jpg

ライトスタンドへ移動 外野ではサインボールの投げ入れもありました。
e0222575_0373690.jpg
e0222575_0375222.jpg

外野で花束を持って写真撮影 オーロラビジョンの映像より
e0222575_038852.jpg

さまざまな応援ボードや横断幕が掲げられていました。
選手としての活躍もありますが、二人の人柄の良さが、みんなからこんなにも愛されているんだなあと思いました。
e0222575_0381669.jpg
e0222575_038253.jpg

再び1塁内野席へ寄り、それから退場口に向かいます。
e0222575_0383321.jpg
e0222575_0384143.jpg

最後に帽子を取って一礼 声援に手を掲げ応えます。
e0222575_0384822.jpg


正式な引退試合は辞退したのでありませんでしたが、2選手とも試合に出場 
胴上げもあったし、花束を抱えてグランド一周もあったし、本当に心温まる引退セレモニーでした。

苦労人の福地選手、宮出選手にはたくさんの素晴らしいプレーを見せていただき感動しました。
心よりありがとうございました。
まだ試合は続きます。二人には頂点目指してもうひと働きしてもらわなくてはいけません。
お疲れさまはそのときに・・・。

引退後、福地選手は2軍外野守備走塁コーチに、宮出選手も同じく2軍打撃コーチに就任するとのことです。

試合前より1枚
e0222575_0385441.jpg

古巣広島カープの選手会 倉義和捕手から福地選手に花束が贈呈されました。

以上、セレモニー編でした。
なお、今回は、雰囲気がわからなくなるので客席など顔にぼかしを入れませんでした。
また、枚数が多いので画質をいつもより落としています。ご了承ください。

試合編はこの後アップします。 こちら
試合は0-1で敗れ、最終戦を勝利で飾れませんでした。
それよりも、個人的には川端慎吾選手が打率3割にあと一歩届かなかったのが残念で仕方ありませんでした。
ホントにもうちょっとでした。でも、終盤に来てのバッティングは見事でした。自信になったことでしょう。
来シーズンは必ず3割バッターの仲間入りをしてください!期待しています。
by misty2011 | 2012-10-08 01:53 | 東京ヤクルトスワローズ

宮出も引退、阪神最終戦は石川8回無失点で8勝目、バーネット33セーブ 

東京ヤクルトスワローズは、今日は甲子園球場に移って阪神タイガースとの最終戦。
先発は阪神が岩本輝投手、ヤクルトは石川雅規投手で午後6時試合開始。

ヤクルトは3回、先頭の森岡選手が四球で出塁。石川投手がきっちり送り、雄平選手のファーストゴロで3塁へ進みます。
つづく田中浩康選手はサードゴロでしたが、新井良太選手がこれを1塁へ悪送球。
3塁ランナーがホームインして、ヤクルトはラッキーな先制点を奪います。
岩本投手はプロ初失点で、ちょっとこれは可哀想でしたが・・・。

石川投手は2回に新井弟、金本選手に連打されピンチでしたが、後続3人を打ち取り得点を許しません。

試合経過は ニッカンスコア スワローズ公式サイトスコア

追加点が欲しいヤクルトは6回に岩本投手を攻め、武内選手の2塁打と、2四球で満塁としますが、
相川捕手が併殺打に倒れ得点ならず。

1-0のまま8回には、奪三振のタイトルを狙う3番手能見篤史投手がマウンドに。
引退を表明した宮出選手が代打で登場も、いい当たりのレフトフライに倒れます。
つづいて今日1本ヒットを打っている川端慎吾選手が、ライトフェンス直撃の3塁打を放ちます。
もうちょっとでスタンドインの素晴らしい打球でした。
ここで、代打・バレンティン選手が、三遊間を抜けるタイムリーヒットを放ち、2-0とします。

ヤクルト打線は、空気を読んでか読まずか?わかりませんが、9回まで2イニング投げた能見投手から2三振。
個人的にはセ・リーグ先発投手のタイトル争いは、ヤクルト投手陣は関係ないので、
内海投手が最多勝(今日15勝目を挙げたので当確でしょう?)、前田健太投手は最優秀防御率、
奪三振は能見投手と仲良く3投手で分けたらと希望します。
杉内投手の奪三振王はもういいし、マエケンに2つも3つもタイトルを獲らすことはないでしょう。

9回はバーネット投手が危なげなく三者凡退に締め、2-0で阪神を完封しました。
石川雅規投手は8回110球3安打10奪三振無四球の好投で、8勝目を挙げました。
ナイスピッチング、おめでとうございます。テンポが良くて、制球も安定し、球もキレていました。
遅きに失しましたが、ここへきてやっと本来の石川投手に戻ったという投球でした。

今シーズンは2ケタ勝利はなりませんでしたが、CSに向けて調子が上がったのは明るい材料。
館山投手を筆頭に、昨日好投した村中投手と並び、CSでの先発のメドがついたと思います。

バーネット投手は33セーブ目を挙げ、これでリーグトップタイに並びました。
まだセーブの機会はあると思います。是非、タイトルをゲットできるよう応援しています。

打線は岩本投手からはわずか3安打でしたが、新井良太選手のタイムリーエラーの先制点はラッキーでした。
8回の能見投手からの慎吾くん、バレ様の連打での2点も目も鮮やかでした。

川端慎吾選手は、2打席目にレフト前ヒット、4打席目は会心の3塁打。
今日も2安打で7試合連続マルチヒットを続けています。打率は.298まで上げ、3割目前。

毎試合は2本以上打たないと厳しい中、ホントに2本以上打ち続けています。すごい、すごい!!
能見投手が出てきたときは、これは打てないかな?と思いきや、あとちょっとでホームランという3塁打。
素晴らしすぎて感動しました。やっぱり天才・慎吾くんなのでした。
もう必ず3割達成できるよう全身全霊でお祈りしています。
好調をキープして、CSでも打ちまくってほしいですね。

逆に気がかりなのが畠山選手。今日もファーストでエラーをやらかしました。
打撃は3たこ。打てない守れない(走れない)4番では困りますね・・・。
まだ怪我した脇腹の肉離れが完治してないのでは??と思うほどです。

あと、下で調整中にまた太りましたね・・・。あれでは体も重たくて動けないでしょう。
CSまでの間に、ダイエットに励んで体のキレを取り戻してほしいと思います。
今のままだと、逆シリーズ男になりそうで心配です。調子が上がらなければ4番は剥奪でお願いします。

ところで、びっくりしたのが、福地選手に続き、ベテランの宮出隆自選手まで引退とは・・・。
残念でなりません。左投手には滅法強くて代打の切り札だったのに、何でまた??
二人が同時に引退なんて寂しすぎます。来シーズンの代打はどうなっちゃうの!?
二人とも引退を撤回してくれないかと思いますよ…マジで。

サンスポ 燕・宮出が引退表明「いろんな人に助けられた」

e0222575_22202938.jpg

CSを勝ち抜き目指すは日本一!
こうなりゃ、史上最大の下剋上で、ふくちくんと宮出選手を日本シリーズに連れて行きましょう!
大いなる野望に期待しています。
by misty2011 | 2012-10-05 22:14 | 東京ヤクルトスワローズ

宮出の3ランで一時は同点が精一杯、巨人優勝を決める

東京ヤクルトスワローズは、今日から東京ドームで優勝マジック1となった読売ジャイアンツとの3連戦。
目の前での胴上げは阻止したいところですが、まあ、この状況ではちょっと厳しいですね。

先発は、巨人が内海哲也投手、ヤクルトは村中恭兵投手で午後6時試合開始。

村中投手は初回を三者凡退に抑える上々のすべり出し。
しかし、2回、阿部慎之助捕手に26号ソロホームランを浴び1点先制されます。
3回には、長野、坂本選手に四球後、阿部慎之助捕手に、初球を狙い打たれ、
あわやホームランかというライトフェンス直撃のタイムリーを浴び2点目。
さらに、矢野選手にもファオボールを与え、村田修一選手の犠牲フライで0-3となります。

阿部選手への球はそれほど悪くはなかったと思ったんですが、今の慎ちゃんは異次元ですね。
打ち取るほうが難しい・・・。
阿部選手の前後の選手も怖いですが、怖がって四球を出していては勝負になりません。


試合経過は ニッカンスコア スワローズ公式サイトスコア

追いかけるヤクルトは4回、田中浩康、宮出選手の連打後、バレンティン選手のライト前タイムリーヒットで
1点返し1-3とします。

しかし、その裏、2番手の増渕竜義投手がいきなり亀井選手に3塁打を浴び、
内海投手のセーフティースクイズが決まり1-4とされます。

内海投手の打球を増渕投手が処理して1塁へ送球する間に、3塁ランナー亀井選手がスタートを切りホームイン。
中村捕手の指示は1塁送球でしたが、もうちょっと3塁ランナーを牽制する素振りを見せてほしかったですね。

巨人ファンで埋め尽くされ東京ドームは優勝に向け盛り上がっていましたが、その直後の5回、
ヤクルトは雄平、浩康選手の連続内野安打でランナー二人を置いて、3番の宮出隆自選手が、内海投手から
3号3ランホームランをレフトスタンドに放り込み4-4の同点に追いつきます。
さすが、内海投手に強い宮出選手、起死回生の一発でした。

画像は7月18日ハマスタ 宮出隆自選手
e0222575_2355409.jpg

これで勝負は振り出しに戻りました。

しかし、6回も続投の増渕投手は四死球でランナーを出し、3番手松井光介投手と交代も、
高橋由伸選手を歩かせ満塁のピンチを招きます。
ここで日高亮投手に継投して、代打・石井義人選手は打ち取るも、長野選手に2点タイムリーヒットを浴び
4-6と勝ち越しを許します。

反撃したいヤクルトは、7回、8回と2安打しますが、あと1本が出ず得点できません。
9回も、四球でランナーが出ますが、最後は雄平選手が阿部捕手からの牽制にタッチアウトとなり
4-6でゲームセット。

この瞬間、巨人の3年ぶりのセ・リーグ優勝が決まり、原辰徳監督が8度宙に舞いました。
優勝インタビューでは、ファンに向けて「みなさん、おめでとうございます」
これって、若松監督のパクリじゃないですか!? まあ、いいけど(笑)

ドラ1兄弟の長男、次男が打たれ劣性から、宮出選手の3ランで同点になったまでは良かったんですが、
その後は、やはり巨人との力の差を感じる試合でした。

1戦目で巨人が優勝を決めたので、2、3戦目は二日酔いで相手が手加減してくれるといいんですが、
そうもいきませんかね!?強すぎるのでそのくらいでしか勝負になりません。

今日は広島カープがエース前田健太投手を立て、得意の横浜DeNAに逆転負けしました。
マエケンになにかアクシデントがあったようで??5回0点で降板し、その後、サファテ投手が逆転されて
最多勝を狙うマエケンの勝ち星が消されました。(腰の張りを訴えて降板したそうです)
フフフ・・・意地悪ばあさんは、心の中で「ざま~みろ」って感じでした。
(腰の張りはあとで知ったことで、そのことではなく、強いチームは回避して、
ラクしてDeNAから勝ち星を稼ごうという魂胆が、エースとしてはいかがなものかと思ったまでです!)
横浜DeNA、勝ってくれてありがとう!
これも後で知ったことですが、逆転の3点タイムリー3塁打を打ったのは、私ごひいきの下園辰哉選手なんですね。
すごく嬉しいです。また、使って下さい、中畑監督!


ヤクルトはこのままずるずる巨人に負けてはなりません。
このカード、あとは連勝か最低でも一つは勝って意地を見せてください。

阿部慎之助選手は、もう勝負しなくていいです。あれは怪物ですわ。凄すぎ・・・。
阿部選手の前にランナーを溜めないこと、それ以外ありませんね。
ホームラン数がバレンティン選手と3本差に迫ってきたので、とにかく一発を浴びないよう投手陣は気を付けてください。
by misty2011 | 2012-09-21 22:27 | 東京ヤクルトスワローズ

松井淳&宮出&森岡選手フォト@ハマスタ 7/18

今日は試合がないので、7月18日横浜スタジアムでの写真の続きをアップします。
当日の試合編フォトは こちらで 

その前に、気になる宮本慎也選手の診断結果です。
宮本慎也選手は7月30日、都内の病院にてMRI検査の結果、右第6肋軟骨骨折で全治1ヶ月と診断されました。

サンスポ ヤクルト・宮本、肋軟骨骨折で全治1カ月

どうかお大事に! 一日も早い回復をお祈りしています。
チームの精神的な支柱である宮本選手の離脱は本当に痛いですが、
ナイン一同、今まで以上に「心をひとつに」頑張ってほしいと思います。

では、その宮本選手から燕の「エネゴリ君」とあだ名をつけられた松井淳選手から
7月18日 フリーバッティングが終り、佐藤真一コーチのアドバイスを聞く松井淳選手
e0222575_1439374.jpg

ダッグアウトに戻る前に少しの間、取材を受けていました。
e0222575_14395442.jpg
e0222575_14402035.jpg

e0222575_14404179.jpg
e0222575_14405830.jpg

本家のエネゴリくんより丸顔のマツジュン
e0222575_14411758.jpg

シートノック前のキャッチボール
e0222575_14412827.jpg

当日、松井淳選手はセンタースタメンで出場。第1打席でヒットを打ちましたが、チャンスにはヒットが出ませんでした。
7月30日時点で打率.2952となかなかの数字。
どちらかと言うと、ランナーを置いてのバッティングが課題のようです。メンタル面かもしれませんね。

e0222575_14441469.jpg

宮出隆自選手 ティーバッティング中
e0222575_14443424.jpg


e0222575_14545099.jpg

宮本慎也選手の離脱により、貴重な内野手として、さらにスタメン起用が増えそうです。
守備に打撃に大いに頑張ってほしいですね。
この日は2塁打を含むマルチヒット
7月28日ナゴヤドーム、古巣・中日戦での同点スクイズは見事でした。
e0222575_14551583.jpg

by misty2011 | 2012-07-30 19:28 | 東京ヤクルトスワローズ

情けない試合、ヤクルト9連戦は黒星スタート

今日から前半戦最後の山場9連戦が始まります。
東京ヤクルトスワローズは、横浜DeNAベイスターズ→阪神タイガース→横浜DeNAベイスターズと
それぞれ3試合ずつ戦う9連戦となります。
一見、ボーナスステージに見えますが、ヤクルトにとっては決してそうではありません。

広島カープに連敗した悪い流れそのまま、その初戦、いきなり暗黒ムードが漂いました。
先発はヤクルトがオーランド・ロマン投手、横浜DeNAは藤井秀悟投手で午後6時試合開始。

試合経過は ニッカンスコア スワローズ公式サイトスコア

ロマン投手は初回、2死から中村ノリ選手を四球で歩かせ、
ラミレス選手にレフトオーバーのタイムリー2塁打を打たれ先制されます。

その裏、ヤクルトはミレッジ選手が2塁打で出塁、田中浩康選手が送り3塁まで進むと、
今日3番レフト宮出隆自選手がライトへタイムリーヒットを放ちたちまち同点に追いつきます。
なおもチャンスに後続が倒れ1点どまり。

今日のロマン投手はストレートはそこそこ威力がありますが、、速球、変化球ともコントロールに苦しみます。

5回には先頭の荒波選手に2塁打を打たれ、ファーストゴロで3塁へ進まれると、
ワイルドピッチで相川亮二捕手がその球を横に大きく弾く間に3塁ランナーが生還して2点目を献上。

6回には2四球とピンチを招き、中村紀洋選手のところで山本哲哉投手に交代も、タイムリーヒットを打たれ1-3となります。

反撃したいヤクルトはその裏、浩康選手がヒット、代打の松井淳選手が四球で1死1、2塁のチャンスに
4番畠山選手がショートゴロ併殺打で一気にチャンスを潰します。
それも初球の甘い球を見逃し、追い込まれて最後は中途半端なスイングでゲッツーと最悪な結果。
もう何度も見飽きた光景です。

3番手正田樹投手が7回は0点に抑えますが、8回、日高亮投手が先頭を四球で出し、2死となったあと、
中村ノリ選手を敬遠気味に歩かせると、森本ひちょり選手にまさかの2号3ランホームランを浴び
1-6と突き放されます。
日高投手が被弾したのは、個人的にはちょっとショックでした。明日以降、引きずらないでほしいです。

ヤクルトは初回に1点とっただけで、その後は藤井投手と横浜DeNAの継投の前に得点できず、
1-6で9連戦の初っ端を落とし、黒星スタートとなりました。

今日は、2日前のカープ戦で自打球を右ふくらはぎに当てた川端慎吾選手が欠場でした。
まだ試合に出られる状態ではなく、無理をして肉離れをしてもいけないので、欠場は仕方ないですが、
やっぱり慎吾くんが出ないと打線がさっぱりつながりません。点がとれる雰囲気がしませんね。
一日も早い回復を願っています。

3番の宮出選手は唯一の得点をたたき出すタイムリーを放ちましたが、守備はちょっと・・・と言う感じでした。
でもよく打ってくれました。あれがなければ完封されてたかもしれません。

ミレッジ選手は退場処分のショックが心配されましたが、第1打席でヒットを打ったので、とりあえず一安心。

バレンティン選手は、最後は四球を選びましたが、2三振とファールフライでノーヒット音なし。
どうやら恐れていたことが起こりそうです??
まだ1~2試合見ないとわかりませんが、ココ様が打たなくなると、スワローズにとっては非常事態!?

畠山選手はもう毎度のようなバッティングで、言いようがありません。
調子を取り戻すのがいつになるのか、開幕からいつかはきっとと思いながら待ちわびていますが、
ずっとこんな調子。1、2試合はちょっと上向いたかと思ってもすぐ逆戻り。
今シーズンはこんな感じで最後まで行くんじゃないかと思うほどです。

e0222575_10275548.jpg


こんな4番畠山選手に対し、小川監督はどこまで辛抱するんでしょう??
ハタケと心中するつもり!? 私はハタケは好きな選手ですが、それは勘弁してほしい。
いい加減限界に来ているように思うんですが・・・。少なくとも見ているファンはそうですね。

バレンティン選手も下降気味なので、何とも言えませんが、とりあえず4番ハタケはやめましょうよ。
7番辺りに下げて、調子があがればまた戻せばいいこと。本人にとってもその方がいいのでは?

ロマン投手は、こんなにコントロールが悪かった?と思うほど制球定まらずで、6回途中までで7四球。
リズムが悪くて、これでは攻撃も乗っていけません。
2ストライクと追い込んでいても、そこからがなかなか打ち取れませんでした。

相川捕手も見ていてお疲れ気味!?リードもキャッチングにしても。
明日は赤川君先発なので中村悠平捕手だと思いますが、しばらく相川さんには休養していただいて、
若い中村捕手でチームのムードを変えることを検討してほしいと希望します。

9連戦の最初が、横浜DeNA相手にこんな低調な試合では先が思いやられます。
明日は天敵の三浦番長と来てるだけに、さらに連敗が続きそうで心配です。
打線にあまり期待がもてないだけに、赤川くんにがんばってもらうしかありませんね。

慎吾くんはまだ無理でしょうね??
はあ・・・、この9連戦は貯金を増やすどころか負け越さないようにだけはしてほしいと、
えらい弱気になります。

なんだか全然まとまらないまま書きました。
by misty2011 | 2012-07-10 22:46 | 東京ヤクルトスワローズ

ヤクルト日焼け色黒5人衆フォト

6月11日神宮交流戦より、選手・コーチ・監督さんの写真をアップします。


引退後もスワローズのビジュアル部門で楽しませてくれている城石憲之コーチ
現役時代と変わらずスリムでスタイル抜群!
e0222575_19242218.jpg

e0222575_19243690.jpg

戸田焼けで真っ黒 宮出隆自選手 
上には上がいて、16日に昇格した比屋根渉選手は宮出選手を上回る黒さでした。
この日はまだ昇格前だったので、今度行ったときにその日焼け具合を見てきます。
e0222575_19245277.jpg

e0222575_1925558.jpg

川本良平捕手も戸田で一段とこんがり日焼けしていました。
e0222575_1933574.jpg

こちらも1年中黒い福地寿樹選手 西武・渡辺久信監督に挨拶して談笑
e0222575_191122.jpg

12球団の監督さんの中でも一番日焼けしているのは小川淳司監督かもしれません。
戸田で長く2軍監督をしていたのもあるんでしょうね?
メンバー表交換 今シーズンは西武戦4戦全敗でした。来季はリベンジを!
e0222575_1913324.jpg

全員、色黒で並べてみました(笑)。
逆に、スワローズで色白は、川島慶三選手、慎吾くん、そして松井淳選手あたりでしょうか!?

今日は試合が出来るといいですね。
by misty2011 | 2012-06-20 01:10 | 東京ヤクルトスワローズ

松井淳&宮出隆自選手フォト@西都キャンプ

イースタンリーグが昨日開幕して、東京ヤクルトスワローズ戸田球場では対埼玉西武ライオンズ戦が行われ
幸先よく9-0の圧勝でヤクルト2軍は白星発進しました。

今回はそのファームの試合に出場していた松井淳選手と宮出隆自選手の西都キャンプの写真です。

3年目 松井淳選手
e0222575_169555.jpg

ヤクルト若手メンバー 全員手にテーピングをグルグル巻いていました。
e0222575_16101180.jpg

手前が又野知弥選手 真ん中は曲尾マイケ選手 右は松井淳選手 
e0222575_11463139.jpg

外野の守備練習 さあ、来いと両手をあげていましたが・・・
e0222575_16102470.jpg

あいにくこれは頭上を越えていきました。笑っちゃいけないんですが、ちょっとユーモアがあって微笑ましく眺めました。
【訂正】あれ??間違えたようですね、こちらは楠城選手でした。失礼しました。
e0222575_16103647.jpg

松井選手は後ろ向きで捕っているようです。
e0222575_2027519.jpg

昨日18日のイースタン戦では2塁打を放っています。
e0222575_16105998.jpg


ベテラン宮出隆自選手 守備練習のフォトしか撮れていません。
e0222575_16113275.jpg

少しほっそりしていて、なかなか宮出選手だと気づきませんでした。
e0222575_16114837.jpg
e0222575_1612412.jpg

18日のイースタン開幕戦では4安打2打点と大当たり!
右の代打の切り札として今年も上で力を貸してほしいですね。
e0222575_16121828.jpg
e0222575_16123174.jpg
e0222575_16124472.jpg
e0222575_16125680.jpg

by misty2011 | 2012-03-19 16:35 | 東京ヤクルトスワローズ