Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:小川泰弘 ( 129 ) タグの人気記事

雨の神宮、力投の小川泰弘2勝目☆1-0(7回裏降雨コールド) バレンティン適時2塁打

神宮で広島カープに先勝した東京ヤクルトスワローズ
2戦目は雨が降り続く中、予定通りプレーボール

先発はヤクルトが小川泰弘投手、広島は岡田明丈投手
スタメンオーダーは昨日と同じ

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・小川投手が7回2安打無失点、5奪三振の好投で完封勝利!試合は降雨コールド

立ち上がり、小川投手は先頭の田中広輔選手に四球を与え、菊池選手の送りバントで1死2塁
丸選手のライトフライで田中選手がタッチアップして3塁へ進み、
鈴木選手は四球後に2盗して2死2、3塁
続く松山選手はピッチャーゴロで3アウト。無失点で切り抜けます。

その裏、2死後、山田選手がレフト前ヒットも、バレンティン選手はライトフライで3アウト。
山田くんは体が泳ぎながらのヒットですが、とりあえず1本ヒットが出ました。

2回表裏は両チーム三者凡退。
3回も両チーム三者凡退。

4回、小川投手は先頭の丸選手に右中間へ2塁打を打たれます。
鈴木誠也選手は高めのストレートで空振り三振に仕留め、松山選手はショートフライ。
エルドレッド選手は四球で2死1、2塁
つづく安部選手はセンターフライで3アウト。

その裏、先頭の山田選手は初球を打ってぼてぼてのショートゴロ。
自分のスイングではありません。
バレンティン選手は空振り三振
2死後、雄平選手がライトへの2塁打で出塁も、西田選手は見逃し3球三振で3アウト。

5回2死後、小川投手は田中選手に粘られ四球を与えますが、
菊池選手を空振り三振に仕留め3アウト。
うるさい菊池選手を、前日からここまでノーヒットに抑えているのは大きいですね。

その裏、先頭の中村悠平捕手がセンターオーバーの3塁打で出塁!いいね~ムーチョ
大引選手は3球三振で1死3塁
小川投手は1ストライク後スクイズ敢行もファールとなり、このあと空振り三振で2死3塁
坂口選手もフルカウントから空振り三振で先制の好機を潰します。
あぁ・・・何もできませんでした。

6回、小川投手はカープ3番からの打順を三人で片付けます。
この回、山田くんに二つ好守がありました。今日も「守備の人」で頑張っています。

その裏、荒木選手がレフト前ヒットで出塁。
山田選手は四球を選び無死1、2塁
ここで、バレンティン選手が粘ってレフト線へタイムリー2塁打を放ち、ヤクルトが1点先制!
雄平選手はファーストゴロで、3塁ランナー山田選手は三本間で挟まれタッチアウトも、
その間に雄平選手が2塁へ進み1死2、3塁
しかし、西田、中村選手が倒れ1点どまり。追加点が取れないのが痛いですね。1点では…

7回1死後、小川投手は安部選手にライト前にヒットを打たれます。これが2安打目
石原捕手は送りバントで2死2塁
ここで、広島は代打・新井選手を送りますが、
小川投手が冷静にショートゴロに打ち取り、得点を許しません。
小川投手にガッツポーズが出ました。

その裏、広島は薮田投手が登板
2死後、坂口選手が死球で出塁
荒木選手は四球を選んで2死1、2塁
ここで、雨でぬかるんだマウンドに砂を入れて整備
再開後、山田くん、ここで打て!と思ったら初球いきなりおなか近くに危ないボール
3ボール1ストライクとなった後、雨が強くなり中断となります。

このあと、午後9時過ぎ、降雨コールドとなり、ヤクルトが1-0で広島を下し2連勝となりました!

7回を投げ2安打5奪三振無失点と力投した小川泰弘投手が2勝目を挙げました。
おめでとうございます。
雨でコンディションが悪い中、なかなか味方の援護がなく苦しい展開でしたが、よく踏ん張りました。
首位カープを力でねじ伏せましたね。あの頼もしいライアンが今シーズンは戻ってきました。

e0222575_17221212.jpg




打つ方は、6回無死1、2塁のチャンスに、バレンティン選手が粘ってのタイムリー2塁打。
執念を感じる打席でした。

その6回は、荒木選手がヒットで出てチャンスメイク、そして山田選手が四球を選んでつなぎました。
そこから唯一の得点となったわけです。
なおもチャンスでしたが、あと一押しできず、1点どまりだったのが今のヤクルト打線なんでしょうね。

この2戦は、荒木貴裕選手を2番スタメンに起用したのが当たりました。
もう少し早く使ってあげてもよかったでしょうね。

山田選手は今日は2打数1安打1四球。打てなくても四球を選んだのが大きかったですね。
守備ではファインプレーを度々魅せました。抜けたかと思う打球によく追いつきました。
さりげなくやるので派手さはありませんが、堅実なプレーで小川投手を助けました。

打撃はまだまだですが、こうして守りで貢献できるのが山田選手の強みです。
守りからリズムを作って、打つ方は1日1本でもヒットが打てるよう、
徐々に自分のタイミングを思いだしてくれたらと願います。

今日の試合を見ていて、打順は中村悠平捕手を上げて6番か、
または負担が大きくなりますが、5番あたりの方が得点できるような気がしました。
真中監督、どうか考えてほしいです。

雨の中、選手そしてスタンドで応援した皆さんお疲れさまでした。
風邪などひかれませんように!
明日も勝って、カープに3タテ喰らわせたいです!

by misty2011 | 2017-04-22 21:49 | 東京ヤクルトスワローズ

小川8回1失点2点適時打で今季初勝利!山田先頭打者弾、ヤクルト11安打7得点で快勝☆7-2

昨夜は横浜DeNAに延長サヨナラ負けを喫した東京ヤクルトスワローズ

先発投手は頑張ってはいるものの、先制を許し常に後手後手。
打線は追いつくのが精いっぱいで、勝ち越す力がありません。
そして、回またぎの失敗。
スタメンオーダーにしても、継投にしても、真中采配に何かちょっとしたズレを感じます。

今日の先発は、横浜DeNAが石田健大投手、ヤクルトは小川泰弘投手
スタメンオーダーは、ショートに大引選手が入った以外は昨夜と同じ。あらら・・・

もし2番雄平選手にこだわるのなら、山田選手が出塁した場合、どういうバッティングをすべきか、
噛んで含めるように言い聞かせておいてほしいものです。
言って理解できるかどうかは別にしても(笑)!?
それでなくても、雄平選手の自主性に任せては、つながるものもつながりません。
それと、1~3番の3人とも小細工ができないフリースインガーが並ぶのもどうかと思います。


横浜DeNAは、梶谷選手はベンチですが、筒香選手がスタメン出場でした。あら、出るんかい…。
今日のハマスタは強風が舞っています。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・小川投手が投打の活躍で今季初勝利!山田選手は先頭打者ホームラン!

初回、先頭の山田選手が、フルカウントからレフトスタンドへ2号ソロホームランを放り込み1点先制!
前日の桑原選手の先頭打者弾のお返しがきっちりできました。
やっと山田くんらしいスイングができましたね。これでいい形を思いだしてくれたらと願います。
昨夜の小指への死球は何ともなかったようで何よりよかったです。

先頭打者ホームランのあと、後続倒れ3アウト。

その裏、小川投手は2死後、ロペス選手にセンター前ヒットを打たれますが、
筒香選手をファーストフライに打ち取ります。

2回、先頭の鵜久森選手がレフト前ヒット、中村捕手もレフト前ヒットで無死1、2塁
大引選手はバント2つファール後、空振り三振。
1死後、谷内選手が、フルカウントからレフトフェンス直撃のタイムリー2塁打を放ち2-0
なおも1死2、3塁

つづく小川投手はセンターへ自援護の2点タイムリーヒットを放ち4-0と突き放します。
山田選手はセンターフライ、雄平選手はライトフェンス直撃の2塁打で2死2、3塁
バレンティン選手は空振り三振で3アウト。

その裏、小川投手は3人できっちり片付けます。

3回、先頭の畠山選手がレフトへヒットを放ち、ワイルドピッチで2塁へ進みます。
鵜久森選手のサードゴロで、畠山選手がサードへ進む好走塁を見せ1死3塁
中村捕手はセカンドゴロも、柴田選手が後逸するタイムリーエラーとなり5-0
大引、谷内選手は倒れ3アウト。

その裏、小川投手は、センター雄平選手のダイビングキャッチの好守もあって三者凡退に抑えます。

4回、2死後、雄平選手は振り逃げで出塁
バレンティン選手はレフト前ヒットで2死1、2塁も、畠山選手は空振り三振で3アウト

その裏1死後、小川投手はロペス選手にセンター前ヒットを打たれます。
筒香選手には四球を与え1死1、2塁
宮崎選手はライトフェンス際への飛球で2死となりますが、
倉本選手にライトへタイムリーヒットを打たれ5-1

5回、ヤクルトはあっさり三者凡退。石田投手が立ち直ってきました。

その裏、小川投手は先頭の柴田選手にセンター前ヒットを打たれます。
石田投手の送りバントで1死2塁も、後続を抑え3アウト

6回2死後、山田選手は四球で歩きます。さあ~走れ!
雄平選手、走るのを待ってよと思う間もなく初球から打ってファール。
すぐ追い込まれますが、この後、山田選手が2盗を決め2死2塁。これで3個目の盗塁。
雄平選手は粘りましたが、空振り三振で3アウト。

その裏1死後、小川投手は筒香選手に四球、宮崎選手にセンター前ヒットを打たれ、1死1、2塁。
倉本選手はショートフライ、戸柱捕手は四球で2死満塁のピンチを招きますが、
柴田選手を見逃し三振に斬ってとり無失点で切り抜けます。最高のストレートが決まりました。

7回、DeNAは進藤投手
先頭のバレンティン選手が三週間を抜けるヒットで出塁
畠山選手は空振り三振で、走ったバレンティン選手は2塁アウトの三振ゲッツー
ヤクルトの場合、ランエンドヒットがことごとく裏目に出ます。
鵜久森選手も空振り三振で3アウト

その裏、小川投手は、先頭の白崎選手のセンター前ヒットを打たれますが、後続を抑えます。

8回、ヤクルトは進藤投手の前に三者凡退

その裏、小川投手は筒香選手からの打順を3人で片付けます。

9回、DeNAは田中健二朗投手
代打の比屋根選手がセンター前ヒット、ワイルドピッチで2塁へ進みます。
山田選手は四球で歩き無死1、2塁
ホームランを打つと、やはり相手が警戒して四球が増えてきました。
ここは、比屋根、山田選手で、たまにはダブルスチールをしてほしいな。
雄平選手はバントをファール後、ショートゴロで2塁フォースアウトも、
宮崎選手が1塁へ悪送球して、その間に比屋根選手がホームインして6-1

バレンティン選手はファーストゴロで2死2塁から、
畠山選手がセンターオーバーのタイムリー2塁打を放ち7-1

9回裏は、原樹理投手が登板
先頭の戸柱捕手にセンター前ヒットを打たれ。
2死後、桑原選手にセンター前タイムリーヒットを浴び7-2
点差があるのにピリッとしません。
最後は、乙坂選手をサードファールフライに打ちとりゲームセット

ヤクルトが7-2で横浜DeNAに快勝しました。

先発した小川泰弘投手は8回を投げ1失点と好投して、今季初勝利を飾りました。
おめでとうございます。
写真はキャンプブルペンより小川泰弘投手
e0222575_1803527.jpg


2回には自らを援護する2点タイムリーヒットを打つなど、投打で活躍。
前回の投球もまずまずでしたが勝てず、今日はストレートに力があり、攻めのピッチングができました。

打線は、山田哲人選手が先頭打者アーチで先制すると、
2回には5安打を集め3点奪い、3回には相手ミスで1点追加し、3回までに5得点と優位に試合を進めました。
9回にはダメ押しとなる2点を追加して7得点。
大引選手以外の先発全員安打の11安打で7得点と、久しぶりに打線が働きました。

やはり、このチームは山田くんが打つと勢いが出ますね。
その山田くんは、3打数1安打(2号ソロホームラン)2四球で盗塁も決めました。
先頭打者アーチは、山田くんらしいシャープなスイングでした。
この感触を大事に明日へとつなげてほしいです。
まだ、固め打ちはできませんが、底は脱出したようなので、
これから徐々に調子を上げてくれたらと思います。

開幕初戦以来の投打がかみ合った快勝に、久しぶりにスッキリしました。

by misty2011 | 2017-04-15 18:00 | 東京ヤクルトスワローズ

打線重症!9回の反撃も届かずヤクルト4連敗★1-2 小川サイン見落としからやらずもがなの2失点

昨夜は、プロ初登板の広島のドラ1ルーキー加藤拓也投手の前に、
あわやノーヒットノーラン寸前まで大苦戦した東京ヤクルトスワローズ
9回1死から、バレンティン選手がノーノー阻止するヒット、
そして雄平選手のタイムリーヒットで完封を阻止しました。
それで喜んでいる場合ではありませんが、ルーキー初登板ノーノーの歴史的屈辱だけは免れました。

今日は昨夜の鬱憤を晴らしてもらいたいものです。

先発は広島カープが岡田明丈投手、ヤクルトは小川泰弘投手
小川投手で勝ちを計算できなくなっているのが辛いところですが、意地を見せてほしいものです。
スタメンの選手は同じままで、1番坂口、2番大引選手と打順を入れ替えました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 鵜久森選手がタイムリー、終盤の追い上げ及ばず惜敗

初回1死後、大引選手がヒットで出塁も、山田選手がライトフライ、バレンティン選手は空振り三振。
とりあえず、初回に(訂正)ヒットが出たのでノーノーを阻止しました(苦笑)


その裏、小川投手はテンポよく三者凡退に抑えます。
立ち上がり、ストレートの球速は出ています。

2回、先頭の雄平選手がセカンド内野安打で出塁も、畠山選手がショートゴロ併殺打。
早くもカープ寄りの解説者・笘篠さんがうるさくて不快!
達ちゃんがいなくなってやれやれと思っていたのに、コヤツがいましたか。

2死後、中村捕手が四球で出塁。
谷内選手はショートゴロで3アウト。

その裏、先頭の新井選手がレフトへのヒットで出塁。
ま~た、インコースを引っ張られました。
1死後、エルドレッド選手は四球で1死1、2塁
安部選手はセカンドゴロで、併殺ならず2死1、3塁
このあと、安部選手の2盗に中村捕手が小川投手へ送球も、
小川投手が避けてカットせず、その間に3塁ランナーが生還して1点献上。
広島ダブルスチールの仕掛けに、まんまと引っかかりました。
これは、サイン見落とした小川投手のミスでしょう。
昨年も同じようなシーンがありましたね・・・。

このあと、石原捕手にライトへタイムリーヒットを打たれ0-2

3回、ヤクルトは2死後、大引選手がセンター前ヒットで出塁
山田くん、そろそろ打ってよとの願いも虚しく、力ないライトフライで3アウト。
初回の打席とほぼ同じ打球でした。右へは打球がホントに伸びません。
この打席、ど真ん中のフォークを空振りし、ストレートには遅れて、全く打てる気配なし。
石原捕手に手玉にとられています。

その裏、小川投手は先頭の田中広輔選手にレフトへのヒットを打たれると、
けん制で田中選手をタッチアウトにし1アウト。
菊池選手に粘られますが、センターフライ、丸ちゃんは見逃し三振で3アウト

4回、先頭のバレンティンは空振り三振、雄平選手はサードファールフライ。
畠山選手は空振り三振。何なんだ、この打線は・・・。
もうテレビを見るのもブログを書くのも放棄したい気分。

その裏、小川投手は2死後、エルドレッド選手にレフトへヒットを打たれますが、後続を抑えます。

5回1死後、谷内選手が四球で歩き、小川投手の送りバントで2死2塁
坂口選手は四球を選んで2死1、2塁。グッチは四球数がすごいことになっています。
ここで、今日2安打の大引選手に期待も、ファーストゴロで3アウト。
抜けるかと思いましたが、新井さんの好守に阻まれました。

その裏、小川投手は2死後、田中選手にレフト前ヒットを打たれます。
菊池選手には、ファールで11球粘られて四球を与え2死1、2塁。空振りがとれません。
しかし、丸選手を空振り三振に仕留め3アウト。

6回、先頭の山田選手は、全球変化球攻めをされサードゴロ。
甘い球にもバットを振りませんでした。
粘りも工夫もなく、淡々と凡打を重ねます。
バレンティン選手はセカンドフライ。雄平選手はセカンドゴロであっさり三者凡退。
わずか2点差なのに、クリーンナップがこれでは絶望感が漂います。

その裏、小川投手は鈴木選手からの打順を3人で片付けます。

7回、続投の岡田投手は152キロを出すなど力強いピッチングで、ヤクルトはこの回も三者凡退。

その裏、小川投手は安部選手にライトへ2塁打を打たれます。
記録は2塁打も、雄平選手が捕球ミスした実質エラー。
小川投手は、このあと踏ん張り、無失点で切り抜けます。

8回、ヤクルトは代打の荒木選手を送りますが、見逃し三振
坂口選手は捕手前の内野安打で出塁。この回から雨が降りだしてきました。
大引選手はファーストゴロで2死2塁
山田選手は四球で歩き2死1、2塁。打てそうもないので、これはラッキー!
続くバレンティン選手に託しますが、空振り三振で得点ならず。
オランダ代表のバレンティン選手は何処へ!?

その裏、ヤクルトは星知弥投手が登板
Max153キロ(訂正)計測で、2番からの打順を3人で片付けます。
ズムスタのスピードガンはちと甘めかも?

9回、カープは岡田明丈投手が続投
1死後、畠山選手がセンターへ意地の2塁打を放ちます。
中村捕手は四球で歩き1死1、2塁

広島はここで、岡田投手からジャクソン投手に継投
ヤクルトは代打の大松選手を送り、フルカウントからセンター前ヒットを放ち1死満塁
2塁ランナーが畠山選手なので、3塁はストップとなりました。
1死満塁で、あのサヨナラ満塁弾の鵜久森選手を代打で送ります。
鵜久森選手は期待に応え、初球をレフト前に運び、1点かえして1-2
中村捕手は3塁ストップ。回していたらどうだったでしょう?
なおも満塁で、坂口選手はファールフライに倒れ2死満塁
大引選手はライトフライでゲームセット

ヤクルトは9回、代打攻勢で追いあげましたが届かず、1-2で敗れました。

ヤクルト的には、9回だけは盛り上がりましたが、それまでは打線が死んでいました。
8回も2死1、2塁までは行きましたが、バレンティン選手が空振り三振。
それ以外は、ほとんどチャンスさえ作れずじまい。
最後は追いつかない程度の反撃に終わりました。

代打でタイムリーヒットを打った鵜久森淳志選手
e0222575_22235888.jpg



9回満塁で、坂口選手の打席で、代打策ってなかったでしょうかね?
西田選手や、三輪ちゃんもいましたが。ま、結果論なので何とでも言えますが。

カープ2年目の岡田投手は、前日のルーキー加藤拓也投手のノーノー未遂の快投が、
大きな刺激になったでしょうね。
昨日に続き、活きのいいカープ若鯉にやられました。
ヤクルト打線が育てて、自信をつけたことと思います。

先発の小川投手は、終わってみればあの2回だけなんですよね。
あの回は、ミスが重なりました。
まず、セカンドゴロで併殺がとれなかったこと。
ダブルプレーがとれていれば3アウトチェンジでした。
山田くんの動きがゆっくりで、大引選手の送球もぬるかったのが悔やまれます。
そして、このあとダブルスチールを仕掛けられ、サインを見落とした小川投手のうっかりミスで先制されると、
つづく石原捕手と勝負してライトへタイムリーヒットを打たれ2点目となりました。
後ろが投手なので、歩かせるという選択肢はなかったのか?
まだ、2回だったのもありますが、結果的には、これが決定打となりましたからね。

1点目も2点目も、防げる失点だっただけに悔やまれます。
小川投手は、スピードも出ていて前回よりはよくなっていました。
打線の援護がなかったのは気の毒ですが、自身のミスから負け投手になったので、仕方ない部分もあります。

投手が粘り強く投げても、打線はあっさり凡打の山。
カープのように粘ることもできません。結局、岡田投手を9回まで行かせましたからね。
全く投打がかみ合わなくてストレスが溜まる試合が続きますね・・・。

ヤクルトは、これで阪神戦から4連敗。
明日は勝って、カープ戦で3タテ喰らうのだけは避けてほしいものです。
とにかく打線が仕事をしないと話しになりません。

山田選手を筆頭に、主軸が打てなく、1、2番もかみ合わなく、どうしようもありません。
まだ、畠山選手からの下位打線の方が希望が持てます。
打てないのなら、粘るとかボール球に手を出さないとか、いろいろ各自が考えて打席に立ってほしいです。

しかし、山田くんはど真ん中の変化球が全く打てない、かといってストレートも振り遅れる。
不調なのは確かですが、一体どうなっているんでしょう?打席で目が死んでいます。
相手にすれば、安全パイとなっているのが悔しすぎます。奮起してください!

by misty2011 | 2017-04-08 18:00 | 東京ヤクルトスワローズ

3/18オープン戦vs楽天★0-7惨敗、小川6回途中5失点


東京ヤクルトスワローズは、昨日は開幕投手に決まった石川雅規投手が7回無失点と好投し、
星→ギルメット投手とつなぎ3投手でオリックスを完封しました。

今日は、開幕投手こそ石川投手に譲りましたが、もう一人の候補だった小川泰弘投手が先発。
好投して、今年のライアンはやってくれると期待を抱かせてほしいですね。
東北楽天ゴールデンイーグルスの先発は安楽智大投手

ヤクルトスタメンは、1番サード西浦選手、2番レフトに荒木選手が入り、9番セカンドは谷内選手で、
坂口、大引選手は下位に回りました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、小川投手は三者凡退に抑え上々の立ちあがり。

その裏、先頭の西浦選手はセカンドライナー。いい当たりも藤田プロに好捕されました。
2番荒木選手もショートの好守備で2アウト。
雄平選手はレフト前ヒットで2盗も、悠々のタッチアウトで3アウトチェンジ。

2回、小川投手は先頭ウィーラー選手に四球、島内選手にはレフト前ヒットを打たれ無死1、2塁。
1死後、松井稼頭央選手にも四球を与え1死満塁のピンチ。
岡島選手は三振で2死満塁となりますが、細川捕手に押し出しの四球を献上して1点先制を許します。

前回はテンポよく投げていましたが、今日はまだグダグダに戻っていました。
続く茂木選手にライト前2点タイムリーヒットを浴び0-3
小川投手は決め球がなく、慎重になりすぎて2四球を与え、
さらに、全体的に球が浮いては、まあ打たれますね・・・。

その裏、ヤクルトは1死後、ベテラン坂口、大引選手の連打で1死1、3塁のチャンスメイク。
しかし、中村悠平捕手はショートフライ、谷内選手はセカンドゴロで得点ならず。

3回、小川投手は先頭の銀次選手にセンター前ヒットを打たれ、
1死後、島内選手にフルカウントから四球を与え1死1、2塁。
このあと、今江選手をセカンドゴロ併殺打に仕留め、何とか無失点で切り抜けます。
しかし、小川投手、3回で73球は多すぎでしょ。

その裏、ヤクルトはあっさり三者凡退。

4回、続投の小川投手は三人で片付けます。

その裏、先頭の雄平選手がセンターオーバーの2塁打で出塁。これで昨日から5打席連続ヒット。
畠山選手はフルカウントから四球を選び1死1、2塁とチャンス到来も、
坂口選手はショートゴロ併殺打で2死3塁。
大引選手は四球を選び1死1、3塁。
中村悠平捕手はライトフライに倒れ、この回も得点ならず。

5回、小川投手はこの回も三者凡退に抑えます。

その裏、先頭の谷内選手がレフト前ヒットで出塁し、小川投手の送りバントで1死2塁。
西浦選手はレフトフライで2死となり、荒木選手は四球で2死1、2塁。
続く5打席連続ヒットの雄平選手に期待も、空振り三振に倒れ、またもチャンスを潰します。

6回も続投の小川投手は、島内選手にライトへ、今江選手にレフトへ二者連続ホームランを浴び0-5
ちょっと持ち直したかと思ったら、これだもんね・・・。
開幕候補どころか、他球団ならローテも危うくなるレベルでしょう。

2死となったところで、中澤雅人投手と交代。後続を三振に仕留め3アウト。

その裏、5点ビハインドのヤクルトは畠山選手からの攻撃も三者凡退。

7回、ヤクルトは村中恭兵投手が登板。
この回から、1塁にグリーン選手、ショートに廣岡選手、センターに榎本葵選手が入ります。
村中投手は、きっちり三者凡退に抑えます。

その裏、楽天は今野龍太投手に交代
2死から、グリーン選手がライト線へのヒットで2塁へ走りますが、
スライディングが届かずタッチアウトとなり3アウトチェンジ。それにしても足が遅すぎ。
みどりちゃん、ヒットは少しづつ出るようになりました。

8回、ヤクルトは平井諒投手が登板 キャッチャーは星野雄大捕手に交代。
1死後、ウィーラー選手にライト線への2塁打、島内選手に内野安打を打たれ1死1、3塁のピンチ。
今江選手は谷内選手の好守もあって2死2、3塁となりますが、3塁ランナーが生還して0-6。
つづく聖澤選手にセンターオーバーのタイムリー2塁打を浴び、0-7と一方的な展開に。
平井投手が打たれました。

その裏、1死後、荒木貴裕選手が濱矢投手からセンター前ヒット。
雄平選手は空振り三振、代打の鵜久森選手はセンターフライで3アウト。

9回、ヤクルトはルーキ投手が登板
1死後、三好、藤田選手に連打され1死1、2塁から、銀次選手のサードゴロで2死2、3塁も、
ウィーラー選手を打ち取り無失点。

その裏、楽天は森原投手が登板。7回以降投げた楽天の投手は、私は全く知りません。
ヤクルトは榎本、廣岡、星野選手が三者凡退でゲームセット。
楽天に0-7で完封負けを喫しました。

先発の小川投手は、昨年のダメな時そのまんまでした。
ストレートが走らず、変化球は浮いて、決め球に苦労して四球を出すなど球数が増えました。
6回には2発浴び、これまた昨年の飛翔癖を思いだしました。
今日は悪いところが全部出たとして、これから開幕までに修正できるかどうかが重要になってきました。
やはりストレートが走らないと苦しいですね。

写真はキャンプブルペンより小川泰弘投手
e0222575_17291940.jpg



小川投手以外でも、今年のオープン戦では投手によって出来不出来がはっきりしていますね。
好調な投手はこのままキープ出来るよう、不調の投手は課題を修正してもらいたいです。

打線は、7安打で無得点。
そこそこヒットは出ても、チャンスでは全く打てない糞詰まり打線。
ロッテとの試合でも、7併殺なんてやらかしました。
ベンチは何の指示もなく、自主性任せで勝手に打たせているだけ。
オープン戦なので、自由に打たせているのかもしれませんが、
いざ開幕して、それがつながるとも思えません。
もう少し、オープン戦から勝ちに行く緻密な野球をしてほしいと思いました。
選手もですが、ベンチもまだ目が覚めていないようです・・・。

by misty2011 | 2017-03-18 16:28 | 東京ヤクルトスワローズ

2017小川泰弘投手キャンプフォト(動画リンク3)

2017東京ヤクルトスワローズ春季沖縄浦添キャンプより、今回は小川泰弘投手です。

キャンプレポは、「ヤクルトスワローズ」のタグではなく、「浦添キャンプ」のタグとなります。

昨年8月、小川投手は月間MVPに選ばれるほどの好投をみせましたが、
シーズン通しては、自身もファンも納得できる投球内容ではありませんでした。
オフには、ルーキーイヤーの輝きを取り戻し、不動のエースとなるために、いろいろ試行錯誤しました。

キャンプでは、初日のブルペンから熱のこもったピッチングで、今季に期待が膨らみました。
昨年キャンプの省エネ投球ではなく、力感が戻ってきたように私は感じました。

2月17日横浜DeNAとの練習試合でも、失点こそしましたが、球速も出て、
取り組んでいるチェンジアップが効果的でした。

では、キャンプ小川泰弘投手のフォトです。

1月31日 浦添協力会主催の交流会より
e0222575_17202456.jpg


e0222575_17203217.jpg



2月1日 キャンプ初日 ブルペン
e0222575_1721371.jpg


e0222575_17214762.jpg


e0222575_1721577.jpg


e0222575_17221212.jpg


初日 小川投手ブルペン YouTube動画
 https://youtu.be/YGmBPsLuT5g



2月2日 陸上トラック キャッチボール
e0222575_17225385.jpg



2月3日 投内連係
e0222575_17255969.jpg


3日 投内連係 YouTube動画
 https://youtu.be/RE4TwuB1QZQ


2月4日 スタートダッシュ 走塁練習
e0222575_17265716.jpg


4日 ブルペン
e0222575_17272974.jpg


e0222575_1728955.jpg


e0222575_17282552.jpg


e0222575_17283659.jpg


e0222575_17285483.jpg


e0222575_1729923.jpg


e0222575_17291940.jpg


e0222575_1729303.jpg



4日 陸上トラックでのトレーニング
e0222575_17295894.jpg



2月6日 第2クール初日 ウォームアップ
e0222575_17304368.jpg


e0222575_17325359.jpg


6日 スタートダッシュ 走塁練習 この日も山田ー小川クンご近所さん同士で走りました。
e0222575_17332135.jpg


6日 1塁から2塁への走塁練習
e0222575_21374384.jpg


e0222575_21381292.jpg



2月7日 ブルペン
e0222575_1803527.jpg


e0222575_1733439.jpg


e0222575_17341657.jpg


e0222575_17345327.jpg


2枚追加
e0222575_107252.jpg


e0222575_10142669.jpg




2月8日 内野総合守備練習 YouTube動画
 https://youtu.be/CP-8x-0B0FA

昨年からのヤクルト投手陣の立て直しのためには、
まずは、小川泰弘投手が揺るぎなきエースとしてチームをけん引することだと思います。
再び力強いピッチングで、チームを勝利に導いて下さい!

by misty2011 | 2017-02-18 17:52 | 東京ヤクルトスワローズ

ヤクルトファン感謝デー「2017Swallows CREWユニフォーム」お披露目

11月23日東京ヤクルトスワローズファン感謝DAYより、
今回は「2017Swallows CREWユニフォーム」のお披露目です。

ファン感謝デーは、「ヤクルトスワローズ」のタグではなく
「ヤクルトファン感」のタグでご覧ください。


この頃からナイター照明が点灯
最上段からの撮影なので、写真はいまいち鮮明ではありません。

Swallows CREWユニフォームデザイナーの大岩 Larry 正志さんが登場
これまで手掛けてきた2016、2015のCREWユニフォームを、つば九郎とつばみが着ています。
e0222575_10454651.jpg


ステージに、2017Swallows CREWユニフォーを着用した5選手が登場!
山田哲人選手、小川泰弘投手、川端慎吾選手、坂口智隆選手、石川雅規投手
e0222575_11121450.jpg


2017年CREWユニフォームは、白地ストライプにロゴが若草色のグリーンでシンプルな感じ
e0222575_10463571.jpg


e0222575_10465180.jpg


e0222575_1047321.jpg


e0222575_10473396.jpg


e0222575_10475579.jpg


坂口智隆選手は、移籍1年で、早くもヤクルトスワローズの顔となりました。
とにかく女性人気がすごいですね。
今までヤクルトにはいなかったタイプ。
全力プレーに、ワイルドな外見で優しい人柄、穏やかな微笑み!モテるわけです。
e0222575_10481691.jpg


e0222575_10484082.jpg


e0222575_10485468.jpg


e0222575_11554045.jpg


e0222575_1221373.jpg



後ろから見たCREWユニフォーム 背番号が大きめ
e0222575_10491145.jpg




by misty2011 | 2016-11-28 11:39 | 東京ヤクルトスワローズ

11/2ヤクルト戸田秋季練習フォト午後の部その4(川端・山田・小川・原樹理ほか)動画アリ

奉納試合があって間があき、更新が遅くなりましたが、
11月2日、東京ヤクルトスワローズ2016年戸田秋季練習の午後の部の写真の更新を続けます。
これでラストです。

今回は、サブグラウンドでのシャトルランやトレーニングの様子ほかです。

サブグラウンドでは、伊藤智仁コーチ、石井弘寿コーチの指導のもと、
原樹理投手がフォーム固めのためシャドーピッチング
e0222575_14454299.jpg


e0222575_1446582.jpg


e0222575_14475890.jpg


e0222575_14463346.jpg


風張蓮投手も同じくシャドーピッチング
e0222575_14483611.jpg



陸上トラックでは、シャトルランが行われていました。
小川泰弘投手が戻ってきます。苦しそう
e0222575_13262433.jpg


e0222575_13264594.jpg


YouTube動画にアップしました。
ダッシュして腕立て伏せをして戻ってくるの繰り返しの
参加メンバーは、山田哲人、川端慎吾、武内晋一選手、小川泰弘、竹下真吾、田川賢吾投手

      

山田哲人選手と川端慎吾選手
e0222575_13304566.jpg


e0222575_1331028.jpg


e0222575_1334726.jpg


e0222575_13344019.jpg


e0222575_13345243.jpg



続いて芝生内でフィジカルトレーニング
e0222575_1335266.jpg


e0222575_13353859.jpg



練習を終え引きあげる選手たちにファンがサインや2ショット写真をお願いしていました。
秋吉亮投手
e0222575_1336733.jpg


走り終えた小川投手がグラウンドにやってきました。
e0222575_13425936.jpg


e0222575_14224989.jpg


e0222575_1423124.jpg


e0222575_1423323.jpg


金網ネットで色がかすんだので、この1枚だけモノクロにレタッチ 笑顔の小川投手
失敗した写真は、モノクロにしてコントラストを強めにすると見られる写真になります。
e0222575_14174161.jpg


サブグラウンドで何やら撮影が始まるようです。
雄平選手が呼ばれて、胸元にピンマイクがつけられました。この間、せりふを覚えています。
e0222575_1343176.jpg


本番スタート
e0222575_13433215.jpg


撮り終えてほっと一息 
雄平選手は奉納試合を欠場しましたが、秋季練習で右すねを痛めたとのこと。秋季キャンプも不参加
e0222575_13434394.jpg


再びトラックの方に行くと、山田選手がボールを使ったトレーニングってボールが写っていませんが。
もう一度撮ろうとしたら、これが最後でした。
e0222575_15293551.jpg


引きあげる際に、谷内選手に声をかけていました。
e0222575_15311366.jpg


e0222575_15313167.jpg



今度は川端慎吾選手の撮影 
山田くんも来たので撮るのかと思いましたが、そのまま引きあげました。
e0222575_13435544.jpg


e0222575_13441167.jpg


e0222575_13442059.jpg


e0222575_13443199.jpg


e0222575_1344415.jpg



続いて小川泰弘投手
e0222575_14374547.jpg


e0222575_13445945.jpg


e0222575_1346377.jpg



撮影を終えた川端慎吾選手がサインや2ショット写真に応じていました。
いつもファンサービスがまめな川端選手
e0222575_13465041.jpg


小川投手、雄平選手にも長蛇の列で、サインや2ショット撮影に応じていました。
私はいつも見てるだけで並びませんでした。

途中で雨がパラパラ降ってきたり、寒くなってきたので、
これを最後に、私は帰宅の途につきました。

土手から眺めた戸田球場全景 曇天で画像が暗くなって見栄えがしません。
e0222575_13495963.jpg


午後3時10分、まだ練習は続いていました。
e0222575_1350792.jpg


以上です。
翌日3日は祝日で好天だったのもあって、1000人もの見学ファンが訪れたそうです。

by misty2011 | 2016-11-07 15:35 | 東京ヤクルトスワローズ

燕CS遠のく大敗、筒香選手に40号本塁打献上で、山田くんのタイトルも厳しい状況に!

東京は朝から雨模様で、試合開催が危ぶまれましたが、神宮では予定通り試合が行われました。
東京ヤクルトスワローズは、今日から横浜DeNAベイスターズとの2連戦。
CS進出をかけた大一番となります。どちらも負けられません。

先発は東京ヤクルトスワローズが小川泰弘投手、横浜DeNAはルーキーの今永昇太投手

日曜日に死球を受けた山田哲人選手がスタメン3番で出場。
当日の試合後、チームドクターに診てもらい、経過観察で大丈夫との診断を受け、
結局、病院で検査は受けていません。ホントに大丈夫でしょうか?
まだ痛みはあるでしょうから、無理しないでほしいです。
右太もも裏を痛めているバレンティン選手もスタメン出場です。
また、ショートは久しぶりに大引選手がスタメンとなりました。

横浜DeNAは、梶谷、宮崎選手の名前がスタメンにありません。これは助かります。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 バレンティン選手が29号2ランも、ベイスターズ打線の勢い止められず連敗…

写真は5月22日神宮 真中監督とラミレス監督
e0222575_22324357.jpg


先制したのはDeNA
2回、小川投手は先頭の筒香選手に四球を与え、続くセカンドゴロで2塁へ進まれると
2死後、倉本選手にセンターへタイムリーヒットを打たれ1点先制されます。

3回には、桑原選手にソロホームランを浴び0-2

ヤクルトは4回、四球の川端選手を置いて、バレンティン選手が29号2ランホームランを
右中間スタンドへ放り込み2-2の同点に!

しかし直後の5回、小川投手は2死後、内野安打と死球でランナーを出すと、
ヤクルト戦ではめっぽう強いエリアン選手に4号3ランホームランを浴び2-5

6回には平井投手がロペス選手に一発を浴び2-6

7回には、村中投手が登板
2死後、バレンティン選手が荒波選手のレフトフライを落球(記録は2塁打)
エリアン選手に四球を与え2死1、2塁から、筒香嘉智選手に40号3ランホームランを献上して2-9
バレンティン選手が捕っていれば3アウトチェンジだっただけに、ホントに悔やまれる失点です。

しかも、ホームランは山田選手が筒香選手に1本差まで追い上げていましたが、
味方投手が、目の前でホームランを献上して、これで2本差となりました。
村中投手は、ブランコ選手とバレンティン選手の打点王のタイトル争いの時も、
打たれてはいけないホームランを2発浴びましたが、その悪夢がまたも繰り返されました・・・。
それまでの打席では、筒香選手とはまともに勝負していませんでしたが、
よりもよって、この打席はストレートが真ん中に入りました。四球でよかったのに・・・。
ま、それを仕留める筒香選手も凄いですが。

8回は中澤投手が0点に抑えます。
9回、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
桑原選手にヒット、荒波選手にタイムリー3塁打、エリアン選手にもタイムリーを浴び2-11

追うヤクルトは9回、先頭の川端選手が四球で歩きますが、山田選手はショートゴロ併殺打。
2死後、2塁打のバレンティン選手をおいて、
鵜久森選手が小杉投手からタイムリー2塁打を放ち3-11
しかし反撃もここまで、そのままゲームセット。

負けられない大事な一戦で、またも小川投手が背信のピッチング
打線はわずか4安打3得点に終わり、完敗でした。

DeNAとはこれで4.5ゲーム差。CSに向け、ヤクルトはますます厳しい状況となりました。
今シーズンのヤクルトは、ここぞの一戦をことごとく落として浮上できません。
今日もそれを象徴するかのような負けっぷりでした。

CS進出が厳しくなった上に、今日は筒香選手に40号ホームランを献上して、
わずかな望みがあった山田くんのホームラン王へのタイトルも厳しくなりました。
打点も96で新井さんに次ぐ2位タイに並ばれました。
山田くんが不憫でなりません。

今日の敗戦は、チームにとっても山田選手にとっても、もう踏んだり蹴ったり。
最悪の結果となりました。泣きたくなりましたよ・・・。
最後まで雨に濡れながら応援されたヤクルトファンの皆さま、お疲れさまでした。

今日の山田くんは1打席目は四球で出ましたが、今日も盗塁なし。
その後は、勝負はしてもらえましたが、センターフライ、レフトフライ、最後はショートゴロ併殺打。
やはり日曜日の死球の影響があるでしょうね。
打球がもう一伸びありませんでした。
あれだけモロにぶつけられたら、まだ痛みは相当あるでしょう。
デッドボール以降、ヒットがありません。
せっかく調子が上がってきたところで、阪神バッテリーは余計なことをしてくれたものです。
あらためて怒りがこみあげてきました。

明日は、意地を見せて勝ってください!
筒香選手には、これ以上ホームランを打たれないようお願いします!!

by misty2011 | 2016-09-13 22:29 | 東京ヤクルトスワローズ

エース小川でDeNAに連敗、CSに黄色信号!山田35号先制2ランも2失策

CS進出を目指す東京ヤクルトスワローズは、ハマスタでの横浜DeNAベイスターズとの初戦に完敗し、
ゲーム差は3.0と広がりました。
今日負けると非常に厳しい状況に追い込まれます。

絶対に負けられない2戦目の先発は、ヤクルトはエースの小川泰弘投手に託します。
DeNAは三嶋一輝投手。

スタメン1番ファーストに荒木選手が入り、坂口選手は2番で、川端選手が5番サード

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 山田選手が先制の35号2ラン、バレンティン選手に26号ソロも投打に精彩を欠き逆転負け

ヤクルトは初回、2死1塁から、
山田選手が2試合連続となる35号2ランホームランを右中間スタンドに運び2点先制!
山田くんにしては珍しい右への一発でした。

しかしその裏、小川投手は2死から、ロペス、筒香選手に連打され、2死1、3塁から
宮崎選手にセンターへタイムリー2塁打を打たれ2-1

2回裏には、山田選手のエラーで先頭の戸柱捕手を出すと、
送りバント、桑原選手のヒットで1死1、3塁から、
エリアン選手にセンター前ポテンヒットを打たれ2-2の同点に。

3回裏には、梶谷選手にソロホームランを浴び2-3と勝ち越されます。

直後の4回表、バレンティン選手がライトへ26号ソロホームランを放り込み3-3の同点に。

5回には、先頭の荒木選手がヒット、坂口選手が送りますが、山田、バレンティン選手が
連続三振に倒れます。

5回裏、小川投手は先頭のロペス選手にヒット、筒香選手には四球を与え、
このあと2死までこぎつけますが、倉本選手の打球を山田選手がよく追いつきますが、
1塁へ悪送球して、2塁ランナーが生還して3-4
捕って1塁アウトにしていればファインプレーも、送球がそれました。
山田くん、今日2個目となる痛い失策で再び勝ち越されます。

2死2、3塁となり、小川投手はつづく戸柱捕手には死球をぶつけ、
代打の後藤選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ3-6となります。

追うヤクルトは6回2死後、鵜久森選手が内野安打、西田選手がヒット、
代打・飯原選手が四球で2死満塁のチャンス。
しかし、荒木選手が初球を打ち上げキャッチャーファールフライに倒れ3アウト。

その裏、平井諒投手が登板
2死後、筒香嘉智選手に39号ソロホームランを浴び3-7と4点差。

このあと、横浜のリリーフ陣、加賀-山崎ー三上投手の継投の前に、得点を奪えず
3-7でゲームセット。

エース小川投手で負けられない試合を落とし、CS争いの3位横浜DeNAに痛すぎる連敗
ゲーム差は4.0に広がりました。
う~~~ん、CS進出に黄色信号ですね。

初回に山田選手が先制の2ランを放ちましたが、
その山田選手のエラーから2回には同点に追いつかれ、
さらに、3-3の同点から、5回にも山田選手の悪送球のエラーが絡んで、
小川投手は、決定的な3点を奪われました。

今日の小川投手は、前回好投したときの小川投手ではありませんでした。
前回は、私は完全復調と書きましたが、それとは程遠いピッチング。
ストレートに力もキレもなかったので、変化球も生かせませんでした。
大事な一戦で、慎重になりすぎたのかもしれませんね・・・。
攻めるよりかわすピッチングになってしまいました。
テンポが悪く苦しいピッチングの中で、山田くんが2失策やらかし、踏ん張りきれませんでした。

e0222575_22292820.jpg


打線は、追加点が取れるチャンスに、あと1本が出ず、
点差が広がってからは、DeNAのリリーフ陣からは1点も奪えませんでした。
悪い流れのまま、負けるべくして負けました。

この2戦を見ていると、CS初進出を目指す横浜とは、CSに懸ける執念の差を感じます。
初戦は由規投手を立てますが、自滅気味で試合を作れず、打線は何もできず完敗。
今日は小川投手が、味方のエラーがあったにしても、球自体が前回とは別人のようで、
持ちこたえることができませんでした。

ヤクルトとしては、直接対決での連敗は大きなダメージとなりました。
明日は、何としても勝たなくてはいけません。
あと直接対決は5試合、すべて勝つ強い気持ちでぶつかってほしいです。
3戦目は石川投手。健闘を祈ります。
今日は守りで足を引っ張った山田くんは、明日は今日の分まで取り返してほしいと思います。

by misty2011 | 2016-09-07 22:38 | 東京ヤクルトスワローズ

完全復調!エース小川泰弘3試合連続完投、今季初完封で8勝目☆4-0

北陸シリーズ初戦で連勝が5で止まった東京ヤクルトスワローズ
2戦目は富山アルペンスタジアムに移動して行われました。

先発は、読売ジャイアンツが田口麗斗投手、ヤクルトは小川泰弘投手
スタメンマスクは西田捕手、2番ファーストには荒木選手、7番サードは谷内選手が入りました。

選手公示では、杉浦投手が抹消され、
左ひじの張りで2軍調整していた村中恭兵投手が上がってきました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 小川投手が5安打完封!自身初の3試合連続完投勝利で今季8勝目!

今日は、小川泰弘投手が燕のエースとして、完全復調となった素晴らしいピッチングでした。

ヤクルトは初回、坂口選手がレフト前ヒット、荒木選手が送りバントを決め、
山田選手はセンター前ヒットで1死1、3塁。
バレンティン選手がライトへタイムリーヒットを放ち、幸先よく1点先制!

その裏、小川投手は先頭の長野選手にヒット、1死後、坂本選手を四球で出しますが、
後続を抑えます。

3回裏、小川投手は先頭の田口選手にセカンド内野安打、
1死後、重信選手もセカンド内野安打の不運な当たりが続き1死1、2塁のピンチを招きます。
しかし、坂本選手をインコースストレートの強気の攻めで空振り三振に斬って取ります。
まさに、意思ある1球でした。素晴らしい!
続く阿部選手はショートゴロに打ち取り、この回、無失点で切り抜けます。

追加点が欲しいヤクルトは4回1死後、西浦選手がヒット、
2死後、西田捕手がサード落球で2死1、3塁。
つづく小川投手の打席で、1塁ランナーの西田捕手が飛び出すと、
田口投手はクルーズ選手に送球し、西田捕手が挟まれている間に、
3塁から西浦直亨選手がホームスチール成功で、2点目を奪います。
西田くんが飛び出した時には、あぁ・・・やっっちゃったと思った私は浅はかでした。
これ、相手の意表を突くサインプレーだったんですね。
ベンチの采配がズバリ当たりました。

小川投手は、今日はストレートが今季一番の球威で、強気で巨人打線を攻めました。
ストレートがいいので、変化球も生きて、特にタテに落ちるスライダーが効果的でした。
前半戦は、振ってもらえないフォークボールを多投して、自らのピッチングを苦しめていましたが、
今日はそのフォークはほとんど投げず、その分、最後まで球威が落ちませんでした。

2点でも十分なほどでしたが、7回、ヤクルトはダメ押しともなる2点を奪います。
この回、山口投手から、小川投手がヒットで出塁すると、坂口選手のピッチャーゴロで1死2塁。
代わった西村投手から荒木選手がヒットを放ち1死1、3塁。
山田選手は四球を選び1死満塁となり、バレンティン選手はセカンドゴロで2死満塁となると、
途中出場の上田剛史選手が、ライトオーバーのタイムリー2塁打を放ち、2者生還して4-0
大きな追加点が入りました。
ナイスバッティング、上田選手!

8回、小川投手は2死後、阿部選手にヒットを打たれますが、村田選手を打ち取り、
9回も当然のように続投!
一発のあるギャレット、クルーズ選手を抑え、最後は堂上選手をセカンドゴロに打ち取りゲームセット。
ヤクルトが4-0で巨人を完封し、このカード1勝1敗としました。
今日は3位の横浜DeNAが負けたので、ゲーム差は1.5の縮まりました。

今日はとにかく小川投手の力投に尽きるでしょうね。
5安打7奪三振で、約1年ぶりとなる今季初完封勝利。
また、自身初の3戦連続完投勝利で8勝目を飾りました。おめでとうございます。
夏場に来ての3試合連続完投は見事というしかありません。

e0222575_15105894.jpg


それにしても、小川投手の序盤の不調は、何だったのかと思わせるほどの復調には目を見張ります。
まさにエースの輝きを完全に取り戻したライアンでした。
やはり基本はストレート!
力強いストレートが復活すれば、今日のようなピッチングができることを自ら証明しました。

マスクを被った西田捕手は、巨人打線相手に、恐れずひるまず強気のナイスリードでした。
小川投手の復調の陰には、西田捕手のリードも大きな力となっているでしょうね。

完封でゲームセットのハイタッチでは、ナインはもちろんのこと、
特にバッテリーの二人は、お互い完封した安堵と、これ以上ない嬉しそうな笑顔がこぼれていました。
本当によかったです。お疲れさまでした。

最後に、今日の山田選手は初回にヒットを打ちましたが、その1安打のみ。
4打数1安打1四球で、打率は徐々に下がっています。
本来はフライバッターなんですが、打球が全く上がりません。今日はすべてゴロでした。
ファールでもやはり振り遅れ気味で1塁側へのファールがほとんど。
ストレートを引っ張れるようにならないと、本来のバッティングは取り戻せないでしょうね。
それでも、何とか1安打するのはさすがです。

やはり、背中のケガの影響はあるでしょうね。
まだ思い切ってフルスイングはできてないような気がします。
ホームランを見たいですが、しばらく時間がかかりそう。

また、今日も盗塁なしで、結局、8月中には30盗塁を決められませんでした。
初回に、いいスタートを切ったんですが、バレンティン選手がファールだったので戻りました。

ファンはいろいろ欲張りますが、今はじっと復調を待つしかありません。

チームは3位が射程圏内に入ってきました。
金曜日(訂正)からの広島戦では、胸を借りるつもりでぶつかっていってほしいですね。
厳しい戦いになると思いますが、勝ち越しを期待しています。

by misty2011 | 2016-08-31 22:34 | 東京ヤクルトスワローズ