Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:山田哲人 ( 394 ) タグの人気記事

骨折をおしてWBC強行出場していた秋山翔吾選手フォト@侍ジャパン宮崎強化合宿

侍ジャパンの一員としてWBCに出場していた西武ライオンズの秋山翔吾選手が、
右足の第5指骨折を押してプレーしていたことが、帰国後明らかになりました。
(別の記事では、右足薬指となっています。)

日刊スポーツ 西武秋山骨折隠しWBC出場 辻監督「気が気で…」

骨折したのは、3月3日の阪神タイガースとの強化試合。
8回、代打で登場した秋山選手は、マテオ投手から、右足の指にデッドボールをぶつけられました。
【追記】サンスポ、報知も骨折したのは右足薬指となっていました。

そのまま1塁へ出ましたが、実際は骨にひびが入っていたんですね。
それこそ、大会前の大事な体に何でぶつけるのよ、ちょっとマテオ~!!

話が飛びますが、
ヤクルト開幕2カード目の4月4日、阪神タイガース戦の先発は藤浪晋太郎投手だとか・・・。
うわ~~~これはイヤですね。最も当たりたくない投手です。

阪神戦=死球の悪い印象しかありません。
岩貞投手ー原口捕手のバッテリーは故意死球なので論外!

WBCでも、藤浪投手は中国のレジェンド捕手の脇腹にストレートをモロぶつけました。
その後の状態はわかりませんが、あれだけのストレートが当たれば、ひびくらいは入ってるでしょうね。
昨年は、ヤクルトの谷内選手の左手首付近に死球をぶつけ、
左尺骨の骨折で、復帰まで4ヵ月もかかる大けがを負わせました。

ノーコン速球派の藤浪投手は、平気でぶつけて選手を壊すイメージしか私はないので、
また誰か壊されないかと今から心配です。
しかも侍で出番が少なく調整不足・・・。

藤浪投手は、危険球退場は一度もないとかばう虎ファンもいますが、
頭部じゃなくて手首付近なので、退場しないぶん余計タチが悪い。
もう右バッターは、打席の後ろに立つしかないですね。
山田くんは左バッターボックスに入って、セーフティバントでもしてほしいです。
藤浪投手はフィールディングも悪いので、内野安打になるかもしれません?
右でヒットを打つ確率より、マジでこちらの方が良さそうに思えるくらいです。

話を戻して、秋山選手は骨折を押して強行出場し、
好守好打、また走塁でもチームに献身的に尽くしました。
骨折しているとは知らず、私は一貫してセンターは秋山選手推しで、スタメン出場を希望していました。
打順も、1番山田選手、2番菊池選手の1、2番コンビが、全くかみ合わなかったので、
1番が山田くんなら、出来れば秋山選手は2番に入ってほしかったくらいです。

いま思うと、痛みに耐えて本当によく頑張ってくれました。心よりお疲れさまでした。

西武開幕戦の日本ハムファイターズ戦には出られるようで、とにかく良かったです。
あちらには、足首痛で侍を辞退したにも関わらず、
オープン戦で既に4本もホームランを打っている大谷翔平選手がいます。
真の侍魂で、西武が勝ってほしいですね。大谷くんに打たれるんじゃないよ!

今回は、秋山翔吾選手の侍ジャパン宮崎強化合宿での写真です。
一部、既出のものもあります。

2月23日 合宿初日 ウォームアップ 秋山選手は松田選手と一緒でした。
e0222575_10482911.jpg


シートノック 後方のフライ捕球が苦手の山田選手のカバーに入る秋山選手
e0222575_10483799.jpg


バッティング練習 左打者は背中向きだったので、ほとんど写真は撮っていません。
e0222575_10484617.jpg


e0222575_10485450.jpg


外野の守備練習から引きあげる筒香、平田、秋山選手
e0222575_10564483.jpg


e0222575_10565318.jpg


「木の花ドーム」へ移動のため、サンマリンスタジアムから出てきた秋山選手
e0222575_10575147.jpg


e0222575_105759100.jpg



2月24日 合宿2日目 キャッチボール
e0222575_1059976.jpg


e0222575_10592068.jpg


打撃練習
e0222575_10595325.jpg


右に左にバットコントロールが素晴らしいですね。
山田くんに秋山選手ほどのバッティング技術があればと、無いものねだりをしています。
e0222575_110490.jpg


e0222575_1101435.jpg


e0222575_1102737.jpg



2月25日 ソフトバンクとのオープニングマッチ 
ベンチでは秋山選手と山田くんが並んでいました。
昨年来、秋山選手は山田くんの面倒をよく見てくれています。信頼できる兄貴分です。
e0222575_1172338.jpg



2月26日 合宿最終日 ウォームアップ
坂本選手と一緒にランニング この時は、山田くんはストレッチ中でした。
e0222575_1192759.jpg


全員でダッシュ 秋山選手と山田選手が並んで走っていました。
ウォームアップもそうですが、こういうショットでも、
侍メンバーの人間関係の一部がわかるような気がしました。
e0222575_1194529.jpg


e0222575_1195672.jpg


e0222575_1110547.jpg


e0222575_1110152.jpg


外野シートノックに集合
e0222575_11114854.jpg


ランチタイム 球場外のステージではトークショー
連日やっていましたが、私が見たのはこの日だけ 谷繁、薮田、里崎さん
e0222575_11132661.jpg


午後、前日のソフトバンク戦で、あまりに打てなかったので、
稲葉コーチ発案で、体のキレを取り戻すべく、野手陣にダッシュを繰り返してやらしていました。
秋山選手と一緒に走る山田くん タイム測定をしていたようです。
e0222575_11155145.jpg


以上、秋山翔吾選手でした。
今シーズンの活躍をお祈りしています。出来れば首位打者をとってほしいです。

by misty2011 | 2017-03-25 11:39 | WBC・侍ジャパン

坂本勇人選手と山田哲人選手フォトその2@2/24侍ジャパン宮崎強化合宿

第4回2017WBCは、アメリカ代表が、悲願の初優勝を達成し幕を閉じました。
決勝のプエルトリコ戦は、拍子抜けするほどの大勝でした。

侍ジャパンは、昨日、チャーター便で帰国しました。
惜しくも決勝進出はなりませんでしたが、大健闘のその戦いぶりには大きな拍手を送ります。
選手、監督コーチ、スタッフの皆さん、本当にお疲れさまでした。

今回は、2月23日~26日に宮崎で行われた侍ジャパンの強化合宿より、
坂本勇人選手と山田哲人選手の写真をアップします。
前回の続きからで24日編です。23日のフォトは こちら


侍ジャパン宮崎強化合宿 2月24日

アップに集合 坂本勇人選手と今日も一緒の山田哲人選手
e0222575_10575317.jpg


各選手が自由に体をほぐします。
坂本選手と山田くんは軽くランニングしたあと、(坂本くんがフレームから切れてすみません)
e0222575_1058163.jpg


主にストレッチをやっていました。
e0222575_10583387.jpg


仲良しの二人ですが、野球の話はしないとのこと。一体なにを話しているんでしょう?
e0222575_10584969.jpg


e0222575_10585953.jpg


e0222575_1059936.jpg


e0222575_10591958.jpg


e0222575_10593153.jpg


e0222575_1059548.jpg



杉村コーチと山田選手のティーバッティングを侍合宿中も継続するために、
侍ジャパンのスタッフとして参加したヤクルトの江花正直ブルペンキャッチャー。
ライト外野側でキャッチボールをしていました。
江花さんが「木の花ドーム」で、山田くんにトスしているところは、残念ながら私は見ていません。
e0222575_11052.jpg


キャッチボール開始 パートナーは、合宿中はずっと田中広輔選手でした。
e0222575_1134095.jpg


ネットが被りましたが、坂本勇人選手もこちら向きでキャッチボール。
e0222575_1135719.jpg


モテ男坂本くんは、イケメンというより私は愛嬌がある顔だと思います。
表情がとても豊かでフォトジェニック。華があります。
e0222575_1141311.jpg


e0222575_1142532.jpg


e0222575_1143634.jpg


e0222575_1144818.jpg


シートノックが始まります。
e0222575_1128439.jpg


e0222575_11281476.jpg


e0222575_11282840.jpg


ここからは打撃練習編
初日はティーの順番が遅めでしたが、2日目は早めでした。
e0222575_1129351.jpg


e0222575_11292040.jpg


e0222575_1129387.jpg


手前で坂本選手がティー開始
e0222575_1129506.jpg


WBC大会後、山田選手は投手への対応として
「国際大会では(左足を高く上げる)フォームを変えないといけないかもしれない。
セットポジションで止まらないことがあるし、いつ投げてくるか分からない」と発言しています。

フォーム変更は、一時的には苦労するかもしれませんが、
まだ若いので、いろいろ挑戦することはいいことだと思います。
ダメだったら、また元に戻せばいいこと。まあ、そう簡単ではないと思いますが。
もしかして、このフォームは、今年が見納めになるかも???
e0222575_11325695.jpg


e0222575_11331469.jpg


e0222575_11333388.jpg


e0222575_11334546.jpg


e0222575_11335962.jpg


e0222575_11343460.jpg


打撃の調子は全然良くありませんでしたが、表情がとても明るくて、ちょっと救われました。
e0222575_11344621.jpg


このへんは、山田くんの笑顔がかわいい弟キャラ満載です。
e0222575_11345530.jpg


e0222575_1135315.jpg


e0222575_11351497.jpg


e0222575_11352598.jpg


e0222575_11353687.jpg


e0222575_11354887.jpg


坂本勇人選手 ヘルメットを被っているので、表情がイマイチわかりません。
e0222575_11363822.jpg


e0222575_11365139.jpg


e0222575_11371057.jpg


e0222575_11372766.jpg


105番のスタッフは元ヤクルト投手の高市俊さん 山田くんのトス担当でした。
ありがとうございます。
e0222575_11374439.jpg


e0222575_11375885.jpg


フリー打撃の順番待ちの間、しばし談笑する菊池、山田、田中、坂本選手
e0222575_11383671.jpg


e0222575_11384635.jpg


e0222575_11385711.jpg


e0222575_11392845.jpg


e0222575_11394053.jpg



右のケージでフリーバッティング後、稲葉篤紀コーチからアドバイスを受ける山田選手
e0222575_1140568.jpg


フリー打撃の動画を撮りましたが、全くよくなかったのでボツとしました。
稲葉コーチも心配してくれていました。
この直後の左のケージでは、ちょっとよくなったかと思いましたが、続きませんでした。
たまにいい当たりもありましたが、ミスショットの方が多かったです。
e0222575_11402153.jpg



打撃練習後、走塁練習
e0222575_11523631.jpg


と同時に、坂本選手はショートで守備練習 
e0222575_11524863.jpg


e0222575_11525772.jpg


奈良原コーチがトンボかけ
e0222575_1153766.jpg


e0222575_11531671.jpg


このあと、山田選手はバスで「木の花ドーム」へ移動してティーバッティングをやっていました。
坂本選手はメイン球場に残っていたと思います。

「木の花ドーム」でのティーの様子は、既にアップした こちらでご覧ください。
トスは高市俊さんがやってくれました。

以上合宿2日目24日の坂本&山田選手のフォトでした。次回は26日分です。

by misty2011 | 2017-03-24 12:22 | WBC・侍ジャパン

坂本勇人選手と山田哲人選手フォトその1@2/23侍ジャパン宮崎強化合宿

侍ジャパンは、明日22日午前10時から、いよいよWBC決勝ラウンドの準決勝戦に臨みます。
相手はメジャーリーガー擁するアメリカです。

その前に、今日は同じ準決勝戦でオランダとプエルトリコが対戦しています。
バレンティン選手とロマン投手の元同僚同士が敵となって戦うわけです。
さすがにロマン投手の出番はなさそうですが、バレンティン選手はオランダ4番として大活躍。
心情的にはオランダ代表が勝ち上がってほしいですね。


今回は、2月23日~26日に宮崎で行われた侍ジャパンの強化合宿より、
坂本勇人選手と山田哲人選手の写真をアップします。
別々にアップするつもりでしたが、仲良しの二人が一緒にいることが多かったので、
二人のツーショットを含め、日にち順にアップします。

まずは強化合宿初日の2月23日
サンマリンスタジアムは、4年前の前回の合宿から、ネット際での撮影は原則的にNGになり、
スタンド上段からの撮影が主で、遠くて不鮮明な画像ばかりとなりました。ご了承下さい。
一部、ネット裏から撮ったものもあります。
また、一部、既出の写真もあります。

2月23日 宮崎強化合宿初日 ウォームアップ
全員がまとまってアップするのではなく、個々に自由にアップしていました。
山田選手は誰と一緒にアップするのかなあと思ったら、やっぱり坂本選手でした。
e0222575_2245555.jpg


途中から小林誠司捕手もいっしょでした。
e0222575_225245.jpg


e0222575_2251042.jpg


キャッチボール パートナーは4日間とも田中広輔選手でした。
こちら向きだったのでラッキーでした。
e0222575_2251760.jpg


e0222575_2254572.jpg


e0222575_2255519.jpg


当日は、とにかく風がメチャクチャ強くて寒かったです。
冷え性で寒がりの山田選手にとっては、辛い一日だったと思います。寒さに震えていました。
e0222575_834938.jpg


練習前のミーティング
e0222575_226594.jpg


シートノック 
当日は風が強かったので、それもあってか、まずはフライ捕球の練習からでした。
後ろのフライを捕るのが苦手な山田選手にとって、いい練習になりました。
また、仁志コーチのノックが、捕りにくいところに上手く上げていました。
e0222575_226135.jpg


強風で後方に流された打球をキャッチする山田くん。
センターの秋山翔吾選手が笑いながらカバーに来ています。
e0222575_2262164.jpg


無事キャッチ
e0222575_226304.jpg


かじかんだ手に息を吹きかけて温める山田くん
e0222575_2264165.jpg


ここからは普通のシートノック
内外野のノックがヤクルトキャンプより数段レベルが高く、動きについていけなくて、
動画は断念しました。
e0222575_2265445.jpg


e0222575_227991.jpg


e0222575_228112.jpg


e0222575_2281010.jpg


e0222575_2282235.jpg


山田くんは念願の坂本選手との二遊間コンビが組めないまま、WBCが終わりそうですね。
e0222575_2283898.jpg


e0222575_2285894.jpg


バッティング練習 初日の坂本選手は早めの順番のティーでした。
投手陣はブルペンがある「木の花ドーム」に移動というのだけはわかりましたが、
それ以外、練習メニューの掲示がないので、見学者にとっては不親切に思いました。

「木の花ドーム」はメイン球場から徒歩で20~25分もかかります。
ダルビッシュ投手やイチロー選手が参加の合宿時には、
運動公園内を回る巡回バスや、貸し自転車がありましたが、今回は何もなし。
移動はひたすら歩くしかなく、
山田くんメインで見ていた私は、結局、投手陣のブルペンは全く見ていません。
e0222575_2294185.jpg


坂本選手は、いちばん奥でティーをやっていたので、人が重なってほとんど写真は撮れませんでした。
26日はバッチリ撮れたので後日アップします。
e0222575_2295389.jpg


初日の山田選手は、ティーの前に守備練習
最初はサードで田中広輔選手と一緒にノックを受けました。
e0222575_2210863.jpg


e0222575_22101834.jpg


続いて、セカンドで守備練習 この時は、菊池選手はティー打撃中だったので一人でした。
e0222575_2210347.jpg


e0222575_22104592.jpg


e0222575_2211619.jpg


終わると、率先してトンボかけ。サードでももちろんやっていました。
やらない選手も多くいました。一応、お手伝いのスタッフはいますから。
e0222575_22111611.jpg


守備練習が終わってからティーバッティング
e0222575_2212448.jpg


寒いので、ネックウォーマーを口まで引っ張りあげていました。
e0222575_22121459.jpg


e0222575_22122895.jpg


e0222575_22123992.jpg


この頃、ティーとフリーバッティングを終えた坂本選手は、ショートで守備練習
e0222575_22125135.jpg


e0222575_2213250.jpg


e0222575_22131898.jpg


e0222575_22135653.jpg


その頃、山田哲人選手はフリーバッティング YouTube動画
 https://youtu.be/nTyQ-7gTQ_o

これ以外にも撮りましたが、ヤクルトキャンプの時より打撃状態が悪かったので、すべてボツとしました。


フリー打撃終了後、山本昌さんと談笑
e0222575_22132740.jpg


e0222575_22133821.jpg


このあと、バスに乗り込んだので、もう練習終了で引きあげたのかと思い、
私は侍合宿中の臨時バスに乗ってホテルに帰りました。
しかし、この後「木の花ドーム」でティーバッティングをやったことは翌日知りました。
当日の案内センターの情報では「木の花ドーム」に移動する野手のメンバーが書いてありましたが、
その中に、山田くんの名前はありませんでした。
なもので、時間が早いのにもう練習が終わったのかと勘違いしたわけです。

以上、初日の坂本勇人&山田哲人選手でした。

by misty2011 | 2017-03-21 09:36 | WBC・侍ジャパン

WBC2次ラウンドvsイスラエル☆8-3、侍ジャパン全勝で準決勝進出!千賀5回0封、打線は13安打8得点

昨夜、侍ジャパンは2次ラウンド2戦目で、山田哲人選手の先制弾とダメ押し弾2発、
筒香選手の2適時打、内川選手の犠飛などで、接戦でキューバを下しました。
日本は2次ラウンド2戦2勝、1次ラウンドから5連勝と勢いがついてきました。

今日は2次ラウンド Eプール、イスラエル代表との一戦。
日本が勝てば、2次ラウンド1位でドジャースタジアム行われるの決勝ラウンドの
準決勝進出が決まります。
負けた場合でも、失点率の計算で4失点以内なら、準決勝進出となります。

先発は日本が千賀晃大投手、イスラエルはゼイド投手。いつもは抑えをやっている投手です。
ジャパンスタメンは中田翔選手がベンチスタートで、5番ファーストは内川聖一選手、
秋山選手もベンチで、7番ライトに鈴木誠也選手が入りました。


試合経過は ニッカンスコア

立ちあがり、千賀投手は先頭打者にライト前ヒットを打たれますが、
2番をショートゴロ併殺打、3番デービス選手を空振り三振に仕留め3アウト。

1回裏、先頭のDH山田哲人選手が三遊間を破るヒットで出塁。
菊池選手は粘りますが、空振り三振。
青木選手の打席で山田くんが2盗成功!青木選手はレフトフライで2死2塁。
筒香選手はサードゴロで先制ならず。
さすが、ゼイド投手はクロザーだけあって、ストレートが速いです。

それにしても、山田選手は昨夜は2発、今日も初回にストレートを引っ張ってのヒット、
そして余裕の2盗を決めるとは、我らがトリプルスリーの山田哲人選手が戻ってきました。

2回、千賀投手は2死後、四球でランナーを出しますが、後続を抑えます。

その裏、先頭の内川選手が四球を選び出塁。
坂本選手はライトのグラブを弾くヒットで無死1、2塁のチャンス。
鈴木誠也選手はショートゴロで1死1、3塁。
松田宣浩選手はファーストフライで2死1、3塁。
ここで、打撃好調の小林誠司捕手。
鈴木選手が2盗を決め2死2、3塁も、フルカウントから見逃し三振で得点ならず。

3回、千賀投手は先頭打者を死球で出します。
送りバントで1死2塁となり、続く打者のセカンドゴロで2死3塁。
ケーリー選手は3球三振で3アウトチェンジ!

その裏、先頭の山田選手が初球を打ってレフト前ヒットで出塁。
初球150キロのストレートをいとも簡単にはじき返す痛烈な打球でした。
菊池選手は送れず空振り三振で1アウト。
この1、2番コンビはあまり合わない感じですね。
相手投手はクイックが速くて牽制も上手く、盗塁も容易ではなさそうです。
青木選手はファーストゴロで2死2塁。
筒香選手は四球を選び2死1、2塁。
しかし、内川選手はショートゴロで3アウト。山田選手が2度出塁もホームに還れません。

4回、千賀投手は三者凡退に抑えます。

その裏、1死後、鈴木誠也選手がレフト前ヒット。
松田選手はサードゴロで2死1塁。
小林捕手はライトフライで3アウト。

5回、千賀投手は三者凡退にきっちり抑えます。ナイスピッチング!

千賀投手は5回を投げ、わずか1安打4奪三振無失点と好投。
スピードあるストレートとお化けフォークでイスラエル打線につけ入る隙を与えませんでした。
写真は2月23日、侍ジャパン宮崎強化合宿より千賀晃大投手
e0222575_21325649.jpg


その裏、またも日本は山田選手からの打順
イスラエルは2番手でアクセルロッド投手が登板。
山田選手はショートゴロ、菊池選手もショートゴロでサクサク2アウト。
山田くんは、球の遅いこの投手の方がタイミングが合わなそう。
筒香選手は合いそう。これ、テレビを見ながら書いているので、前もって予言しておきます。
青木選手もショートフライで三者凡退。

0-0の投手戦となった6回、日本は平野佳寿投手が登板
3人できっちり抑えます。平野投手は好投が続いています。

その裏、先頭の筒香嘉智選手が、バックスクリーン右に飛び込む3号ソロホームランで日本が1点先制!
141キロのストレートなら、なんなく仕留めます。見事な一発で均衡を破りました。
WBCを見ていて、改めて感じたのは、筒香選手はわかりやすいバッターなんですね。
ヤクルト投手陣がカモにされるわけです。今年は星くんに抑えてもらいましょう。

つづく内川選手は四球で歩くと、坂本選手がセンター前ヒットで無死1、3塁。
イスラエルはソーントン投手に交代。

鈴木誠也選手はサードゴロで、内川選手が三本間に挟まれ1死1、2塁。
松田宣浩選手はレフトフェンス直撃のタイムリー2塁打を放ち2-0で1死2、3塁。
小林捕手はぼてぼてのピッチャーゴロ内野安打で3-0

この好機に山田くんは敬遠され1死満塁。勝負してくれませんでした。
菊池選手はライト前タイムリーヒットで4-0
ピッチャーが代わると、みんなが打ちだしました。

青木選手も1本ヒットが欲しいですね。
ここで、イスラエルはカッツ投手に交代すると、青木選手は押し出し死球で5-0
筒香選手は空振り三振で2死満塁。
イスラエルはゴールドバーグ投手に交代し、内川選手も空振り三振で3アウト。

7回、続投の平野投手は1死から2塁打を打たれると、宮西尚生投手に交代。
後続を打ち取り0点に抑えます。

その裏、先頭の坂本選手が3安打猛打賞となるライト前ヒットで出塁。
鈴木選手は送りバントで1死2塁。5点差でも手堅いですね。
松田選手はレフトフライで2死2塁。
小林捕手は150キロ超の投手相手に粘り四球を選び2死1、2塁。
ここで山田選手。このゴールドバーグ投手は、先発投手より球速表示は出ます。
しかし、すべてスライダー攻めで、山田くんはレフトフェンス際への大きなフライで3アウト。
上がりすぎて、あと一伸び足りませんでした。

8回は秋吉亮投手が登板。きっちり3人で抑えます。

その裏、イスラエルはヘロン投手。
1死後、青木選手がようやく左中間への2塁打を放ち出塁。よかった1本出て!
筒香選手は敬遠で、1死1、2塁で、内川選手は3塁線へのタイムリーヒットで2者生還して7-0
坂本選手は四球で歩き1死1、2塁で、レーキンド投手に交代。
鈴木選手は空振り三振、松田選手はセンター前タイムリーヒットで8-0
小林捕手の打席で暴投で2死2、3塁も、ショートゴロ3アウトチェンジ。
しかし8回、3点追加してダメ押ししました。

9回は、守護神の牧田和久投手
こんな点差なんで、藤浪投手を調整登板させてもよかったのにと思いました。
ぶつけるのはNGですが。

連投の牧田投手は、先頭の打者に四球を与え、
つづくケリー選手にセンター前ヒットを打たれ無死1、2塁。
デービス選手にタイムリーヒットを打たれ1点失い8-1.あらら。まだアウトがとれません
フレイマン選手はライトフライでようやく1死。
つづくバッターはピッチャーゴロに打ち取りますが、牧田投手が2塁へ悪送球して1死満塁。
ラバンウエー捕手にレフトへタイムリーヒットを浴び2者生還して8-3
続くバッターは浅いセンターフライで2死2、3塁。
最後は、見逃し三振に仕留めゲームセット。
日本が8-3でイスラエルを下し、2次ラウンド3戦全勝で、準決勝進出を決めました。
おめでとうございます。

快勝の一方、最後が後味が悪くて、牧田投手がちょっと可哀想でした。

侍ジャパンは、大会前の予想を覆し?、負けなし6連勝で決勝ラウンドに進出。
試合ごとにチームが結束して強くなってきました。
アメリカでは厳しい試合になると思いますが、ここまで来たら全力で悔いのない戦いをお願いします。

個人的には、最後の2試合で、山田選手の打撃の状態がよくなってきたのが嬉しいことでした。
ドジャースタジアムでの活躍を祈ります。

by misty2011 | 2017-03-15 22:50 | WBC・侍ジャパン

WBC2次ラウンドvsキューバ戦☆8-5、山田哲人2発!先頭打者ホームラン&ダメ押し2ラン3打点! 

侍ジャパンは一昨日、死闘の末、延長でオランダを下し、
WBC2次ラウンドは白星スタートとなりました。

プールEの2戦目はキューバ代表との戦い。1次ラウンドでは、日本は勝っている相手です。
先発は日本が菅野智之投手、キューバはバノス投手
スタメンは1番DHで山田哲人選手。
私はオランダ戦でも不調のままだったので、てっきりスタメンから外れるものと思っていました。
しかも、チームで最も打撃不振の打者が、一番多く打席が回ってくる1番とは・・・。

これ、山田選手へのショック療法だとしても、理解しがたいです。
山田くんは神経が図太くないし、むしろ繊細で、今はナーバスになっているというのに。

試合が始まる前から、もう私は憂鬱で胃が痛くなりました。
山田選手が打てなくて戦犯扱いにされるのが、いちばん辛いですからね・・・ネガりまくりです。
どうかすべてが杞憂に終わってくれますように!
山田選手は、気分転換か散髪していました。


試合経過は ニッカンスコア

立ち上がり、菅野投手はきっちり三者凡退に抑えます。

その裏、先頭の山田選手。もう初回から私はお祈りモードでした。
願いが通じたのか、山田くん、見事な先頭打者ホームラン!!!やった~!!!
大会第1号ホームラン、いやホントは2号ホームラン!?
日本が幸先よく1点先制!

今日はギリギリじゃなく、文句なし中段まで運びました。
山田くんを外せと言った私は土下座もんです。小久保監督ごめんなさい。
山田くん、今度こそ、これで吹っ切れてほしい。

写真は2月26日侍ジャパン強化合宿より山田哲人選手
e0222575_205252.jpg


ヤクルトOBで#1番の先輩でもある岩村明憲さんが、山田くんに「下を向くな」と励ましてくれたそうです。
日本シリーズの中畑さんに続き、岩村さん効果があったかもしれませんね。ありがとうございます。

2死後、筒香選手がセンター前ヒット。中田選手は四球で歩き2死1、2塁も、
坂本選手はセカンドゴロで3アウトチェンジ。

2回、菅野投手は先頭のデスパイネ選手にショート内野安打を打たれると、
グラシアル選手にレフトスタンドへ2ランホームランを浴び1-2と逆転されます。
先制したのにすぐ吐き出すって、ヤクルトの試合みたいになりました。

1死後、アラルコン捕手にフェンス直撃の2塁打を打たれ、再びピンチも後続を抑えます。

追いかける日本はその裏、当たっている松田、秋山、小林選手の下位打線でしたが、三者凡退。

3回、菅野投手は三者凡退に抑えます。

3回裏、先頭の山田選手がレフト線への2塁打で出塁。これでマルチ!
あんなに打てなかった山田くんが、ホームラン一発でノッてきました。

菊池選手はセカンドゴロで1死3塁となり、青木宣親に期待も、セカンドゴロで2死3塁。
ここで、筒香選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち、日本が2-2の同点に追いつきます。

4回、菅野投手は先頭のデスパイネ選手にヒットを打たれますが、
前の打席2ランのグラシアル選手を空振り三振に仕留めます。
しかし、、続くバッターにセンター前ヒットを打たれ1死1、2塁。
ストレートは速くても捉えられますね・・・。
つづくアラルコン捕手にもレフト前ヒットを浴び1死満塁のピンチを招きます。ヤバい。
続く打者は空振り三振に仕留めますが、
メサ選手にレフト前タイムリーヒットを浴び、2者生還して2-4
菅野投手が、この回4安打集められ2点リードされました。

その裏、日本は三者凡退。

5回から日本は2番手で平野佳寿投手が登板.
きっちり三者凡退に抑えます。

その裏、日本は先頭の小林捕手がヒットで出塁。
ここまで2安打の山田選手は、警戒されてストレートの四球で無死1、2塁。
キューバは左のイエラ投手に交代し、菊池選手は送りバントで1死2、3塁。(訂正)
青木選手に期待も、最低限のセカンドゴロで3塁走者が生還して3-4と1点差。
ここで筒香選手がまたもセンター前にタイムリーヒットを放ち、ついに4-4の同点に!
さすがジャパンの4番、打ってほしいところで打ってくれます。

その裏、日本は増井浩俊投手が登板
1死後、グラシアル選手にライトへ2塁打を打たれ、続く打者のライトフライでタッチアップして2死3塁。
ここで、アラルコン選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ4-5と再びリードされます。

その裏、坂本選手はサードゴロ。
松田選手は三振振り逃げで1塁に出て1死1塁。
イエラ投手の暴投で2塁へ進み、秋山選手は四球で1死1、2塁のチャンス。
キューバはここでラエラ投手に交代。
小林捕手は初球をレフト前に運ぶタイムリーヒットで、日本が5-5の同点に追いつきます。
小林捕手、振ればヒット!スゴすぎます。
1死1、2塁で山田選手、もう1本お願い!
と思ったら、ランエンドヒットで空振り三振となり、
走った秋山選手がサードタッチアウト、ダブルプレーで3アウトチェンジ。あらら・・・。
この作戦は山田選手にはどうだたんでしょう??
山田選手は当てて何とかするような器用なことはできないので、動かない方がよかったのでは?

その裏、日本は松井裕樹投手が登板
坂本選手のファインプレーもあって、三者凡退に抑えます。

7回裏、日本は2番からの攻撃も、2死ランナーなしで、筒香選手は四球で歩き2死1塁。
中田翔選手はサードゴロで3アウト。

8回、日本は秋吉亮投手が登板。同点なので失投は許されません、怖いですね・・・。
1死後、デスパイネ選手にセンター前に落ちるヒットを打たれ、
グラシアル選手にはライトへ大きなフライを飛ばされ、ヒヤッとしましたが、
青木選手が捕球し2死1塁。
サーべドラ選手も打ちとり3アウトチェンジ。ほっとしました。

その裏、1死後、松田選手がショートゴロ、1塁の捕球エラーで出塁。
さっきの打席は振り逃げ三振、今度はエラーでマッチがツイています。
秋山選手は左中間へのヒットで、1死1、3塁とチャンスが広がります。
ここで、代打の内川聖一選手が登場。
当たっているラッキーボーイの小林捕手そのままで良かったと思いましたが。
内川選手は、きっちりライトへ犠牲フライを運び、日本が6-5と1点リード。さすがです。

なおもチャンスに、山田哲人選手が初球を狙い打って、
今日2発目となる2号2ランホームランをレフトスタンドに叩き込み、8-5とリードを広げます。
前の打席の三振ゲッツーを取り返しておつりがくる価値あるホームランでした。
久しぶりに哲人スマイルが出ました。最高に嬉しい♪♪♪
1試合2発3打点!好調時の山田くんが蘇ってきました。これが出来るのが山田選手なんです!

3点リードで、9回は牧田和久投手。キャッチャーは炭谷銀仁朗捕手の西武バッテリー
牧田投手は2者三振など三者凡退に締めゲームセット。
日本が8-5でキューバを下し、2次ラウンド2勝、1次ラウンドからは5連勝となりました。
勝ち投手は、ヤクルトの秋吉亮投手でした。おめでとうございます。

今日は山田くんが大活躍したので、今までの勝利より格段に嬉しいです。
ホントに、2発も打ってくれて幸せです。
やっとテレビを見ているお茶の間の皆さんに、山田くんの凄さを知ってもらって嬉しいです。

お立ち台は、もちろん山田哲人選手。この日をどんなに待っていたことか。
声が弾んでいましたね。
そして勝ち越しの犠牲フライの内川聖一選手もヒーローインタビューに呼ばれました。
杉村コーチ門下生二人がお立ち台とは、杉村コーチも喜んでいることでしょう。
コーチ冥利に尽きますね。おめでとうございます。

私は山田くんが心配で、眠れない日が続いていましたが、今日はぐっすり眠れそうです。
ありがとうございました。

by misty2011 | 2017-03-14 22:56 | WBC・侍ジャパン

2017WBC開幕!侍ジャパン白星発進☆11-6 松田3ラン4打点、筒香2ラン3打点、山田勝ち越し2塁打

2017年第4回WBCが開幕しました。
侍ジャパンは、東京ドームでキューバ代表と初戦を戦います。

先発は日本代表・侍ジャパンは石川歩投手、キューバはエンテンザ投手

試合経過は ニッカンスコア


石川投手は、先頭打者にショート内野安打、続く打者はサード松田選手がファンブルで無死1、2塁。
つづくセペダ選手のセカンドへの打球を菊池選手が軽快にさばき、セカンドゴロ併殺打で1死3塁。
名手・菊池選手のファインプレーが石川投手を救いました。
デスパイネ選手には四球を与えますが、続くバッターをサードゴロに打ち取り、
初回を無失点で切り抜けます。
初回からドキドキしましたが、0点に抑えてやれやれです。

その裏は1番DHの山田哲人選手から。セカンドフライに倒れ、菊池選手は三振、
青木宣親選手はレフトフェンス直撃の2塁打で出塁。
ここで4番・筒香嘉智選手がライトへタイムリーヒットを放ち、日本が1点先制!
さすが4番、プレッシャーを跳ねのけ、きっちり先制点を奪いました。
久しぶりの引っ張った打球でしたね。
つづく中田翔選手は四球を選び2死1、2塁で、坂本選手は大きなセンターフライも好捕され3アウト。
どちらのチームにもいい守備が出ました。

2回、石川投手は内野ゴロ3つで簡単に3アウト。リズムが出てきました。

2回裏1死後、サードスタメンの松田宣浩選手がセンター前ヒットで出塁。
小林誠司捕手はバントを2度ファールして送れず、松田選手が2盗して1死2塁から打って出ると、
センター前ヒットで1死1、3塁とチャンスが広がります。

つづく山田選手の打席で、キューバは左のイエラ投手に交代。
山田くんは初球を打ってサードゴロ、飛び出した松田選手が三本間でタッチアウト。
う~ん、打ってほしかった。こういう場面で打たないので、また、叩かれる材料にされそう・・・。
菊池選手は四球で2死満塁となり、青木選手はピッチャーゴロで追加点ならず。

3回、石川投手は先頭打者にレフトへの2塁打を打たれ、
サントス選手のセーフティ気味の送りバントで1死3塁。
つづくアヤラ選手のセンターへの大飛球を、
青木選手がジャンプしてナイスキャッチも、犠牲フライとなり1-1の同点に。

3回裏は筒香選手からも、1塁への強い打球を相手ファーストがナイスキャッチして、
ベースカバーの投手にトスして1アウト。
つづく中田選手のサードへの強いライナーもサードがナイスキャッチで2アウト。
キューバは球際に強いですね。
坂本選手はセカンドフライで三者凡退に終わります。
ちょっと流れが変わりそう・・・。

4回表、石川投手は、センター青木選手のファインプレ-もあって三者凡退に抑えます。
センターは秋山選手推しの私でしたが、これだけ守れば文句は言いません。
攻守にチーム最年長のベテランが頑張っています!
それと、秋山選手は、前回の死球でどうも足首を痛めているようですね?

その裏1死後、松田選手が2安打目となるヒットで出塁。マッチがノッテきました。
小林捕手が送って2死2塁で山田くん。
今度は打ってとの願いが届いたか、スタンドインで2ランと思いきや、ビデオ判定となります。
ビデオ判定で、2塁打と判定され2-1と1点勝ち越し!
観客の男の子が手を伸ばしてグラブでホームラン性の打球をキャッチしていましたね。
これはいけません!
捕らなかったらギリギリ入っていたでしょうに??
どっちにしても、山田くんが勝ち越しのタイムリー2塁打を打ちました!嬉しい♪
これで山田叩きが少しは黙るでしょ。

写真は合宿2月26日 山田哲人選手
e0222575_21292729.jpg


このあと菊池選手がサード悪送球のエラーで2死1、3塁となりますが、
青木選手の左中間の打球をサントス選手に好捕され3アウト。すごい身体能力!

5回から日本は2番手で則本昴大投手が登板。三者凡退にきっちり抑えます。

その裏、1死後、中田選手が四球で出塁。2盗を決めます。
ここで、坂本勇人選手がレフト線へのタイムリー2塁打を放ち3-1と2点リード!
盗塁が効きましたね。

キューバはここで3番手のJ・ガルシア投手に交代
鈴木誠也選手は四球で歩き1死1、2塁で松田選手。
キューバはR・マルティネス投手に交代

ここで松田選手はレフトスタンドへ3ランホームランを放り込み、日本が6-1と突き放します。
これは試合を決める大きなホームランですね。
開幕前までは、さほど当たってなくて、スタメンを外されたりしましたが、
開幕した途端に大暴れ!お祭り男は、こうなると手が付けられません。

写真は強化合宿26日 山田くんと談笑する松田宣浩選手
e0222575_22262389.jpg


小林捕手はサードエラーで2塁まで進み1死2塁で山田選手。
幻の1号ホームランの打ち直しをお願いと思ったら、レフトポール際への大ファール。
超惜しい当たり。ほんのちょっと切れました。
このあとショートゴロで2死3塁でから、
菊池選手がピッチャー強襲するライトへのタイムリーヒットで7-1
青木選手は四球で1死1,2塁で、キューバは、つまようじを加えて投げるJ・マルティネス投手に交代。
筒香選手も四球で、2死満塁から中田翔選手はサードフライで3アウト。
しかし、5回一挙5得点!侍打線が爆発です。

6回表、則本投手はこの回も三者凡退の抑えます。

その裏、先頭の坂本選手が四球で出塁し2盗成功。
このあと、後続が倒れ3アウト。

7回、3イニングめの則本投手は、先頭のデスパイネ選手にソロホームランを打たれ7-2
続く打者にもヒットと、さらにセンターオーバーの2塁打を浴び、無死2、3塁のピンチ。
代打のアービレイス選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ、2者生還して7-4と3点差。
このあと、ショートゴロ併殺打、このあとまたヒットを打たれ、3番手の岡田俊哉投手に交代。
交代が少し遅すぎるように思いましたが。

侍初登板の岡田投手は、落ち着いて代打のバッターを空振り三振に斬ってとり3アウト。

その裏、先頭の山田選手はライトフライ、菊池選手がヒット後、
2死から筒香嘉智選手がライトスタンドへ2ランホームランを放ち9-4と再び突き放します。
見事な主砲の一発でした。

8回、侍は平野佳寿投手が登板
四球とヒットで1死1、2塁となったところで秋吉亮投手に交代。
ここで秋吉投手投入とは??おかしな継投ですね?
秋吉投手は、グラシアル選手にセンターオーバーのタイムリー2塁打を打たれ、2者生還して9-6。
あらら打たれましたか。

その裏、侍は坂本選手がセンターオーバーの2塁打。坂本選手が当たってきました。
代打の内川選手はショートゴロに倒れ、松田選手はライトへのタイムリーヒットで10-6
投手の暴投で1死3塁となり、小林捕手は犠牲フライを運び11-6
6打席目の山田選手、もう1本ヒットが欲しかったですが、レフトフライで一伸び足りませんでした。
結局6打数1安打で終わりましたが、まあ勝ち越しの2塁打を打ったのでヨシとしましょう。
あれがホームランだったら、もっと運が回ってきたように思いますが。

9回は牧田和久投手が登板
満塁のピンチを招きますが、最後は三振締めでゲームセット。

松田宣浩選手が3ランを含む4安打4打点
筒香嘉智選手が2ランホームランを含む2安打3打点
そして、山田哲人選手はホームラン未遂の勝ち越し2塁打で1打点など、
あんなに打てなかった侍が本番ではよく打ち、14安打の猛攻で11得点でした。
その分、投手陣もちょっと打たれましたが、初戦白星発進が何よりよかったです。

侍ジャパン、開幕勝利おめでとうございます。

by misty2011 | 2017-03-07 23:18 | WBC・侍ジャパン

3/3侍ジャパン強化試合、阪神に2-4で敗れる/山田マルチ、中田翔に一発

2017WBC侍ジャパンの練習試合も今日、明後日の2試合となりました。

タイトルの日付を間違えました。訂正してお詫びします。

今日は京セラドーム大阪で、侍ジャパンと阪神タイガースとの強化試合が行われました。

スタメンにはメジャーから一人侍に参戦した元ヤクルトの青木宣親選手が1番センターに入り、
2番セカンドは好調の菊池選手、山田選手は6番DH。
ライトには体調不良から復帰の鈴木誠也選手が入りました。

先発は侍ジャパンが武田翔太投手、阪神はメッセンジャー投手

試合経過は ニッカンスコア

初回、青木選手はいい当たりのライトフライ。菊池、坂本選手も倒れ3人で終了。

その裏、阪神は先頭の北條選手がライトへのヒットで出塁。
松山での川端選手や山田くんらの自主トレに参加した効果が早くも出ました。
もう来ないでよろしい!(苦笑)

2番の髙山選手はライトフェンス直撃の2塁打で、いきなり無死2、3塁のピンチ。
鳥谷選手は倒れますが、4番・原口選手のショートゴロを、坂本選手がサード送球の間に、
3塁ランナーが生還して、阪神が1点先制!

2回、筒香選手は見逃し三振。中田翔選手はサードフライ後、
山田くんが三遊間を抜けるチーム初ヒットで出塁!
鈴木誠也選手の打席で盗塁しますが、梅野捕手からの好送球で完全なアウト。
スタートが悪すぎたんでしょうか?山田くんとしては、こんな余裕の盗塁死は珍しいことでした。

その裏、武田投手は先頭を四球で出すと、
ルーキーの大山悠輔選手に3塁線を破るヒットを浴び無死2、3塁。
1死後、板山選手がライトへタイムリー2塁打を放ち、阪神が3-0とリードを広げます。
武田投手、前回は好投しましたが、今日はコントロールが悪く、球も高かったですね。

3回、侍は、あっさり三者凡退。

その裏、2番手で牧田和久投手が登板。わずか9球で三者凡退、ナイスピッチング。

4回、阪神は岩貞祐太投手が登板
青木選手がセンター前ヒットで出塁。
1死後、坂本選手はショート内野安打で1死1、2塁。
2塁はアウト臭かったですが、審判が空気を読んだか?侍にサービス!
しかし、期待の筒香選手がサードゴロ併殺打で3アウト得点なし。
筒香選手、ここまで4番の重責は果たしていますが、
合宿のフリー打撃から流す打球がやけに多くて、引っ張った強い打球が少ないのが気になっています。

その裏、牧田投手が三者凡退に抑えます。

5回、中田選手が倒れ、続く6番・山田くん。
岩貞投手との対戦は、9月11日のあのデッドボール以来。
ここで、死球のトラウマを払しょくする一打を打ってほしいと願いました。
しかし、フルカウントからボール球を振って空振り三振。
梅ちゃんは遠慮してか外の球を要求していました。
シーズンに入っても、岩貞投手が意識過剰になってインコース攻めができなくなるといいのですが。

その裏、侍は平野佳寿投手が登板
先頭の北條史也選手にヒットを打たれますが、後続を三者連続三振に斬ってとり3アウト。

6回、先頭の松田選手がショート内野安打で出塁。エラーでもよかったですね。
そういえば、阪神は鳥谷選手のショートはないという話じゃなかったですかね?北條選手がやると。
1死後、青木選手はファーストゴロで2死2塁。
しかし、菊池選手はレフトフライで、この回も得点なし。

その裏、侍ジャパンは増井浩俊投手が登板。3人で片付けます。

7回、阪神はメンデス投手が登板
2死後、不振の中田翔選手がレフトスタンドに一発を放り込んで1-3
待望の一発が出て、本人以上に、打順をどうするか悩んでいた小久保監督が一番ほっとしたことでしょう。
e0222575_18525363.jpg



つづく山田選手も左中間への2塁打で2死2塁。山田くんらしい打球が増えてきました。
しかし、鈴木誠也選手はサードゴロで3アウト。

その裏、侍は松井裕樹投手が登板
1死後、江越選手にサード内野安打を許しますが、2盗を小林捕手が刺し2アウト。
北條選手には四球を与えますが、髙山選手を空振り三振に仕留め3アウト。

8回、阪神はマテオ投手
侍は先頭の代打・田中広輔選手がセンター前ヒットで出塁。
続いて代打・秋山翔吾選手は死球で無死1、2塁のチャンス。
ここで、青木選手はセカンドゴロの進塁打で1死2、3塁。
菊池選手はピッチャーゴロで、その間に3塁ランナーが生還して2-3
坂本選手は、いい当たりながらセンター正面のフライに倒れ3アウト。

8回裏、侍は岡田俊哉投手が登板
鳥谷選手をピッチャーゴロに打ち取るワンポイントリリーフで、秋吉亮投手に交代。
いきなり原口選手にヒットを打たれ、代走は荒木選手。
ここで、秋吉投手は糸原選手(って誰??)にセンターオーバーのタイムリー2塁打を打たれ2-4
痛い失点です。

2点を追う最終回
阪神はドリス投手。侍は途中出場の平田選手からもサードゴロで1アウト。
中田翔選手もサードゴロで、最後は山田選手がショートゴロでゲームセット。

侍ジャパンは2-4で阪神タイガースに敗れました。

まあ、今日は先発の武田翔太投手が誤算でしたね。
キャンプで熾烈な競争をしてきた阪神は、若手選手のアピールの場となって、のびのび打っていました。

侍は、中田翔選手に一発が出たこと、山田くんにらしい打球が戻ってきたことなど、
明るい材料もありますが、全体としては打線は7安打(うち内野安打が2)で低調。
筒香選手がノーヒット2三振というのが、ちと気になりました。

青木選手はさすがWBC経験者で頼もしい存在ですが、青木選手がセンターを守ることで、
外野の秋山選手や平田選手が弾き出されるのが、ちょっと勿体ない気がします。
筒香選手がDHでもいいような気がしますけどね。
それだと、山田選手が守る所がなくなりますが、
松田選手もあまり当たってないので、サード・菊池選手とかはどうでしょう??
と勝手なことを思いました。

しかし、今回の侍ジャパンは、どうひいき目に見ても強くはなさそうですね。
代表の選手たちは、ケガなく無事にチームに戻って来られることを切に望みます。
負けるのなら、早いとこ負けた方がいいような・・・(苦笑)

それから、試合とは関係ないことですが、
今シーズンから阪神は原口選手が1塁手に専念するとのことで、
私は胸をなでおろしています。
昨年の山田選手への故意死球のことがありますからね。
ぶつけた後の打席でも、原口捕手は執拗にインハイに構えていました。
えげつない奴だと、私は岩貞投手よりむしろ原口捕手に憎しみを覚えました。
今シーズンは、捕手・原口を見なくて済むので、穏やかでいられそうです。

by misty2011 | 2017-03-03 22:19 | WBC・侍ジャパン

3/1侍ジャパン壮行試合vs台湾戦、山田先頭打者アーチ 9-1で圧勝

2017WBC侍ジャパン壮行試合の初戦は、まさかの日本代表投手陣が打たれ惨敗でした。
これで練習試合は2連敗。今日は勝たなくてはいけません。


台湾リーグ選抜チーム(CPBL選抜チャイニーズ・タイペイ)との2戦目は、
山田哲人選手が1番セカンドに入り、絶好調の菊池選手はベンチスタート。
サードには田中広輔選手、6番DHで内川選手が入りました。
これがどういう結果となるでしょう?

試合経過は ニッカンスコア

試合開始早々、先頭の山田哲人選手がいきなりレフトスタンドへ
侍ジャパン1号となるホームランを放り込み1点先制!
昨年終盤以降、大不振に陥って上向く兆しがなかっただけに、この一発には涙が出そうになりました。
よかった、ホントによかった山田くん!

写真は2月26日宮崎強化合宿最終日 ティーバッティング中の山田哲人選手

e0222575_20141951.jpg


思えば、昨年、阪神バッテリーから故意死球を受けた前日の9月10日、
阪神戦で1試合3発を放り込んで以来のホームランです。約半年ぶりにもなるんですね。
それ以降、公式戦でも、大学との試合でも、強化試合でも、、バラエティーでも、
ホームランは全く打てず、ピタッと止まったままでした。長かった、まじ長かったです。
この日をどんなに待ち望んでいたことか・・・。嬉しいです。

昨日のブログで、山田くんに関して超ネガティブなことを書きましたが、
私が書くと、だいたい逆フラグなので、その効果どおりだったかもしれません!?

しかし、合宿のフリー打撃では全然ダメだったことを思うと、この子はホントにわかりませんね。
これがきっかけで、打撃が上向くことを切に願います。
もうこの1本で、私は今日の試合の勝敗は、正直どうでもよくなりました(笑)。

1回裏、先発の菅野智之投手は先頭打者にヒットを打たれます。
しかし、後続を抑え無失点で切り抜けます。
2回は三者凡退に抑えまずまずのピッチング。

侍ジャパンは3回、先頭の山田くんはセカンドゴロに倒れますが、秋山選手が1塁エラーで出ると、
坂本勇人選手がライトへのヒットを放ちチャンスが広がります。
坂本選手にもようやくヒットが出てよかったです。

写真は2月26日強化合宿最終日 
山田哲人選手と坂本勇人選手 この二人は本当に仲がいいです。
あと、秋山翔吾選手が、山田くんのことを常に気にかけてくれていて、声をかけていました。
今日はこの3人が1、2、3番のオーダーでした。
e0222575_20152288.jpg


しかし、筒香選手は三振、中田翔選手も倒れ追加点ならず。

菅野投手は3回裏、1安打されますが無失点。

4回、侍ジャパンは1死後、平田選手がライト線への2塁打を放ち、田中広輔選手の犠打で3塁へ進みます。
しかし、小林捕手が倒れ、この回も無得点

4回も続投の菅野投手は、2安打されピンチを招きますが、最後は空振り三振に斬ってとり無失点。
落ち着いていました。

5回、先頭の山田選手はいい当たりのショートライナー。ショートの好守に阻まれました。
2番・秋山選手はライトへのヒットで出塁し、坂本選手は四球を選んで1死1、2塁のチャンス。
ここで4番・筒香選手の打席で、秋山、坂本選手がダブルスチール敢行で1死2、3塁。
このあと、筒香選手の強いファーストゴロを1塁手が弾く間にランナーが生還して2-0
中田選手はセンターへの犠牲フライで3-0
タイムリーヒットなしで2得点。ダブルスチールが効きましたね。

その裏、2番手で石川歩投手が登板
先頭バッターにセンター前ヒットを許しますが、後続を打ちとり無失点。

6回、先頭の平田選手が四球で歩きます。
つづく田中広輔選手がライトへのヒットで無死1、2塁
小林捕手は送りバントで、それを処理した相手投手が1塁へ悪送球する間に、
平田選手がホームインして4-0

山田選手は空振り三振で、その間にランナーは2塁へ進み1死2、3塁
山田くん、その前のインコースの球に、ちょっと腰が引けました。
ここで打って、復調を確かなものにしてほしかったですけどね・・・。

このあと、秋山選手のセカンドゴロの間に3塁ランナーが生還して5-0
坂本選手は四球を選び1死満塁。
ここで、筒香選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち2者生還して7-0と差を広げます。
相手投手交代となり、中田翔選手はショートゴロ併殺打3アウトチェンジ。

6回裏、石川投手は先頭の王柏融選手に四球を与えますが、後続を3者連続三振に仕留めます。

7回、先頭の内川選手がライトへのヒット、平田選手は四球、田中広輔選手はレフト前ヒットで無死満塁
つづく小林誠司捕手のショートゴロで1点追加して8-0
山田選手は四球・暴投で9-0

その裏、石川投手は2死後、連打され1点奪われ9-1

8回、日本は三者凡退。

その裏、日本は藤浪晋太郎投手が登板
早速、先頭に四球を与えますが、続く打者をサードゴロ併殺打に仕留めるなど三人で片付けます。

9回2死後、日本は途中出場の大野捕手がライトオーバーの2塁打で出塁
しかし、山田選手はショートゴロで3アウト。結局6打席で1四球、5打数でHRの1安打のみでした。
最後の打席は、フリー打撃でもよく見た力ないゴロでした。

その裏、侍は千賀滉大投手が登板。あら、秋吉投手は今日は出番なしですね。
千賀投手は三者凡退締めでゲームセット。侍ジャパンが9-1で台湾選抜に圧勝しました。

侍初勝利おめでとうございます。
今日は投打がかみ合ったナイスゲームでした。
ホームランあり、ダブルスチールありで、攻撃に勝つための工夫が見られましたね。
9安打で9得点と効率のいい得点でした。
投手陣は、前夜と違ってわずか1失点。
7安打されましたが、要所はきっちり抑えました。本来の侍の投手力が発揮されて良かったです。


先頭打者ホームランで、チームの打線に勢いをつけた山田選手は、
ホームランとショートライナーはいい当たりでしたが、あとは凡打。
いいのか悪いのかよくわかりませんが、まあ待ちに待った一発が出たことは何よりの明るい兆しです。
まだ打席ごとにバラつきがありますが、今日のホームランの感触を大事にして、
徐々に調子を上げていってくれたらと思います。
やはり、セカンドの守備についた方がリズムができるようですね。
その守備は安定していました。
当たっている菊池選手と、1本ホームランが出た山田選手を、
今後どういう起用の仕方をするのか注目したいです。

2017侍ジャパン初勝利で、小久保監督もほっとしたことでしょう。

私は宮崎遠征で、疲れから体調を崩し、最初は花粉症かと思っていましたが、
のどが真っ赤に腫れ、セキがひどくなって、本格的な風邪の症状。
熱は全くないので、インフルエンザではありませんが、
セキは体力を奪うので、ますますしんどくなりました。
しかし、今日の山田くんの一発で、少し良くなりそうです。
私の元気のもとは、山田くんの活躍です!

by misty2011 | 2017-03-01 22:56 | WBC・侍ジャパン

2/28侍ジャパン壮行試合・台湾戦、投手陣が打たれ5-8で敗戦

侍ジャパンは、今日明日、福岡ヤフオクドームで2017WBC大会に向け
台湾リーグ選抜チーム(CPBL選抜チャイニーズ・タイペイ)と壮行試合を2試合行います。

その初戦の先発は則本昴大投手
立ち上がり、連打され犠牲フライであっさり先制を許します。
その後も2安打されますが、平田選手のファイプレーもあり1失点で切り抜けます。

試合経過は ニッカンスコア

その裏、1番DHの山田哲人選手は、センターへの惜しい大飛球。
アウトになりましたが、ここまでの侍の打席の中では、いい感じの打球でした。
つづく菊池選手は左中間フェンス直撃の2塁打。
当たってますね~!またまた差をつけられました。

坂本選手は倒れますが、筒香嘉智選手がレフト線へのタイムリー2塁打を放ち、
すぐさま1-1の同点に!

2回、侍ジャパンは松田選手が2塁打、大野捕手が送って1死3塁から、
秋山翔吾選手のセカンドタイムリー内野安打で2-1と勝ち越します。
なおもチャンスに山田選手は1塁へのポップフライに倒れます。
菊池選手は死球で出ますが、坂本選手がセカンドフライで追加点ならず。

2回は三者凡退に抑えた則本投手でしたが、
3回、王柏融選手に2ランホームランを浴び2-3と逆転されます。

e0222575_21305844.jpg


その裏、平田選手が2塁打で出塁も得点なし。

4回、日本は牧田和久投手が登板も、連続2塁打を浴び2-4
その裏、侍は三者凡退。山田選手は空振り三振でした。
第1打席で少し明かりが見えたかと思いましたが、まだどん底から抜け出せません。
1番DHで、最も多く打席が回ってくるのに、
こんな状態の打撃なら、もう引っ込めてほしいとすら思いました。見るのが辛くなるだけ。

5回続投の牧田投手は3点奪われ2-7
それにしても簡単に打たれます。

その裏、日本代表は三者凡退。

6回は増井浩俊投手が登板も、こちらは満塁から押し出しの四球で1点献上して2-8
頼みの侍投手陣がボロボロです。

その裏、先頭の中田翔選手がエラーで出塁も得点なし。

7回は宮西尚生投手が登板し、三者連続三振のナイスピッチング!

その裏、先頭の秋山翔吾選手が四球で歩きます。
山田くん、そろそろ打ってと祈りますが、この打席は四球で歩きます。ほっと一息。
山田くん、初出塁です。
無死1、2塁で好調の菊池選手、暴投でそれぞれランナーが進み無死2、3塁
菊池選手はライトへタイムリー3塁打を放ち、二者生還して4-8
もう振ればヒットですね。恐れ入りました。山田くんに1本分けてほしいくらい。

ここで、まだヒットがない坂本選手はショートゴロで、3塁から菊池選手がホームインして5-8
続く筒香選手は四球で、台湾は投手交代も中田翔選手も四球で1死1、2塁。
平田選手は空振り三振に倒れ、松田選手はサードゴロで、1点どまり。

8回は岡田俊哉投手が登板
1死後、2安打されますが、ライト平田選手のナイス送球で3塁タッチアウトとなり2死1塁
続くバッターにもライト線へ2塁打を打たれ2死2、3塁と再びピンチも、
最後は空振り三振に仕留め無失点。

その裏、内川選手が代打で登場もセカンドフライ
2死後、山田選手はぼてぼてのサード内野安打。とりあえずHのランプがつきました。
走るかなあと思う間もなく、菊池選手が初球を打ってライト線への2塁打で2死2、3塁。
菊池選手、今日も猛打賞!どうしちゃったのってくらい打ちまくって、ひとり神ってる!
どうかシーズンに反動が来ますようにと、意地悪く願いたくなりました。
しかし、坂本選手はサードゴロで3アウト。
坂本くんも当たっていないんですよね・・・。1、3、5番が重症

9回は松井裕樹投手が登板
今日は三者凡退に抑えました。
ただし、投げてみないとわからないタイプなので、私はあまり信用していません。

9回裏は筒香選手からも空振り三振
中田翔選手はセンターオーバーの2塁打。待望のヒットが出ました。
しかし、後続倒れゲームセット。
侍ジャパンは5-8でCPBL選抜チャイニーズ・タイペイに敗れました。

侍ジャパンは、ソフトバンク戦は貧打に泣きましたが、今日は投手陣が打たれました。
先発の則本選手が、まさかの3回6安打3失点。
牧田選手も2回6安打4失点と打ち込まれました。
増井投手は押し出し四球で1失点など、17安打され8失点。
良かったのは宮西投手で、三者連続三振。

打線は菊池選手が3安打猛打賞2打点など9安打で5得点。
中田選手、松田選手、秋山選手、山田選手に初ヒット
坂本選手はソフトバンク戦からまだヒットなしでちょっと心配。

打線では1番、3番、5番がイマイチ当たりが出てないので、苦しい展開ですね。

山田選手は内野安打でヒットは出ましたが、当たり自体は打ち損ないですからね。
まあ、1本ヒットが出たので、これで気がラクになってくれたらと思うしかありません。

ただ、ヤクルトキャンプから侍強化合宿の山田くんをずっと見ていて、
単に調子が悪いだけならいいんですが、バッティングの形自体を崩しているのが気になります。
思えば、昨年、あの阪神バッテリーにぶつけられてから、
山田くんは20打席以上ノーヒットが2回もあり、打率は市外局番なみの1割を切っています。
この間、もちろんホームランも1本もなし。

4日間の強化合宿のフリー打撃も、たぶん柵越えは0だったか、1本入ったのがあったかどうかです。
とにかく打球に勢いがないんです。
右打ちも意図的にやっていましたが、当てに行くバッティングで、
これだと調子は上がらないだろうって思いました。
引っ張ても伸びがなく、流してもいい打球が飛ばなくて、泣きたくなりました。
調子が上がるどころか、ヤクルト浦添キャンプより、むしろ悪くなっているような感じさえしました。
最後だからと合宿4日目もフリー打撃の動画を撮りましたが、全くダメで途中でカメラを止めたくらいです。

軸足へのためがなく、前への突っ込みが早い。
フォームも以前より前のめりになっている感じで、スッとした綺麗なフォームじゃありません。
あと、内野安打になったゴロもそうですが、以前より手首の返しが早くて、引っかけたゴロになります。
山田くんは、バットをこねない良さがあったんですけどね・・・。

本人は、練習中は明るい表情なので、それだけは救われますが、
内心はヤバいと思っているんじゃないでしょうか??
毎度のネガティブですが、このままでは本番までに調子が上がるとは、私は思えません。
中畑さん、何とかして~~とすがりたい気分です。

超ポジティブになって、今日の内野安打で調子が上向くことを祈ります。
って、上向くような打球じゃなかったですが。
それと、菊池選手だけが異次元で、筒香選手はさすがですが、
あとの選手はそれほど当たっているわけではないんですよね。
山田くんだけじゃないと・・・。

それよりも、投手陣が打たれた方が心配ですね。
台湾代表は振りが鋭くて強かったです。
申し訳ないですが、王座奪還なんて、無理じゃないかと改めて思いました。
予選も心配なレベルでしょ。

by misty2011 | 2017-02-28 23:19 | WBC・侍ジャパン

侍ジャパン山田哲人選手ティー打撃@木の花ドーム2/24with高市俊・侍スタッフ&イケメントレーナー

2017WBC侍ジャパン宮崎強化合宿4日間があっという間に終わりました。
4日間というのは、やはり短すぎるように感じました。
そのうち、オープニングマッチの練習試合が1試合あったので、実質的な合同練習は3日間のようなもの。

試合では、投手陣は一部を除き好投しましたが、打線が冷え冷えでさっぱり。
1軍半のソフトバンクホークス相手に、わずか4安打で0-2で完封負けしました。
当日、侍戦士たちを一目見ようと押し寄せた大観衆の声援に応えることができず、
がっかり感はハンパなかったでしょうね。
王座奪還どころか、決勝ラウンドまで進めるかどうかも怪しくなってきました。
まあ、これから上向くことを願いましょう!

ヤクルトスワローズの浦添キャンプの更新が滞っていますが、
今回は、侍ジャパン宮崎強化合宿2日目午後の山田哲人選手のティーバッティングの様子をアップします。
途中まで準備していたので、こちらを優先して更新です。

初日、山田選手がバスに乗り込んだので、時間が早いのに、もう練習終了と思ったんですが、
大間違いでした。
山田くんらを乗せたバスは「木の花ドーム」に向かったようです。
そこでティーバッティングをしていた写真が、一部スポーツ紙に掲載されていて知りました。

合宿の練習メニューは掲示がなく、野手陣と投手陣の大まかな練習場所だけが発表されました。
初日、2日目とも、山田選手は午後もサンマリンスタジアムだったので、
それをすっかり鵜呑みにしていたわけです。

2日目も、午後のグラウンドに山田選手の姿がないし、バスに乗り込んだので、
もしかして、また「木の花ドーム」じゃないかと歩いて行くと、そこに山田くんの姿がありました。

木の花ドームは、メインスタジアムからだと、早足で歩いても20分以上かかります。
重い荷物を背負っているので、年寄りの私にとっては、遠くてしんどい。
しかし、来た甲斐があったと喜びました。


その前に、メイングラウンドから出てきた山田くん。時刻は13時25分でした。
ファンが出待ちで大勢群がるのと、取材陣にふさがれるので、全身が写るのは奇跡的でした(笑)
e0222575_10134848.jpg


右手前は警備員さん
e0222575_1014068.jpg


山田くんは、このあとバスの中からファンに手を振っていました。
e0222575_1014743.jpg


上にも書きましたが、初日のことがあるので、これは「木の花ドーム」へ移動だろうなあと思い、
私はすぐにそちらに向かいました。

ここからは、「木の花ドーム」です。午後2時過ぎ
その様子を。
もうティーは始まっていましたが、最初はシートに隠れて見えませんでした。
途中から移動したので見えるようになりラッキーでした。

ただ、私の見ていた所からでは、ネットが少なくとも3重~4重も重なっていて、
写真的にはアウトですが、雰囲気が良かったので、アップします。
画質が悪いことはご了承ください。


左のスタッフの方、見覚えがあるなあとその時思いましたが、どなたか確信がありませんでした。
山田選手は、侍ジャパン合宿期間も杉村コーチとのティーを行うため、
江花ブルペン捕手が帯同しているのは知っていましたが、江花さんではありません。
e0222575_10164922.jpg


e0222575_13371218.jpg


e0222575_10204267.jpg


e0222575_10204834.jpg


背中しか見えないわと思っていたら、左でティーを始めました。
e0222575_1021067.jpg


e0222575_1021749.jpg


e0222575_10211644.jpg


e0222575_10212491.jpg

時々、思うんですが、俊足の山田選手なので、松井稼頭央さんのようにスイッチ打者になれば、
もっと打率を稼げるかもと・・・。いや、けっこうマジでそう思っています。


ボールを片付けていたら、ヤクルトのイケメントレーナーさんがやってきました。
お名前がわからないので、ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。
イケメントレーナーさんは篠田学さんとのことです。教えていただきありがとうございました。
初日も、メイングラウンドでの山田くんのティーの時に見かけました。
あら、侍に帯同してるんだと知りました。
e0222575_10292542.jpg


e0222575_1033132.jpg


e0222575_10394019.jpg


e0222575_1047997.jpg


しばらく3人で話し込んでいました。
e0222575_10472498.jpg


e0222575_10473560.jpg


この時、山田くんにトスしていたのは、元ヤクルト投手の高市俊さんだとわかりました。
Wikipediaによると、日本ハムファイターズの打撃投手をしているようですね。
侍ジャパンのスタッフとして、この合宿に参加してたわけです。
e0222575_10474767.jpg


山田選手の全体練習のティーの際のトスは、この高市さんがやってくれています。
ありがとうございます。
最終日26日の高市さんの写真を2枚載せておきます。
e0222575_10543858.jpg


ヤクルトOBだけあって、後輩の山田くんを見る目が、とても優しい。
高市さんは2011年引退、山田くんはその年がルーキーイヤーなので、接点はあるんですね。
e0222575_10545059.jpg



甘えん坊の山田きゅん、こういう上目づかいが、何とも可愛らしい。
e0222575_111366.jpg


e0222575_1114572.jpg

 
e0222575_1115376.jpg



これにてティー終了 室内では、山田くんのほか鈴木誠也選手もティーをやっていました。
e0222575_11212100.jpg


e0222575_1122153.jpg


e0222575_1122852.jpg



2時半過ぎ、木の花ドームから出て、マイクロバスに乗り込む山田哲人選手
1枚だけ何とか撮れました。
e0222575_1123573.jpg


お世話になった裏方さんの恩に報いるためにも、山田くんは何とか結果をだしてほしいですね。

以上です。
写真の更新が遅れていますが、とにかく疲れ切っているので、しばらくお待ちください。

by misty2011 | 2017-02-27 11:35 | WBC・侍ジャパン