Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:岸孝之 ( 6 ) タグの人気記事

7/18オールスター第1戦フォト試合編☆カープ勢大活躍、セが圧勝

7月18日西武ドームで行われたマツダオールスター2014の第1戦のフォトレポ、今回は試合編です。
先にアップした東京ヤクルトスワローズ編は こちら

e0222575_13342575.jpg

第1戦のスタメン発表 セ・リーグは広島カープから6選手、巨人はスタメンなし

試合はファン投票の勢いそのまま、広島カープの選手が大活躍
15安打7得点で7-0でパ・リーグに圧勝!
エルドレッド選手は2ランホームランなど3安打猛打賞で第1戦のMVPに選ばれました。


試合経過は ニッカンスコア


全パ・リーグの先発は、西武ライオンズのエース、今季はノーヒットノーランを達成した岸孝之投手
e0222575_13331697.jpg

2回を投げ、4奪三振パーフェクトに抑えました。ストレートがキレていました。
岸投手ファンの私から見ても、贔屓目なしに今日投げた投手の中では一番よかったですね。

全セ・リーグの先発はカープのエース・前田健太投手 3イニングを投げ無失点
e0222575_13421368.jpg


劣性でも楽しそうなパ・リーグのベンチ クリックで拡大できます。
e0222575_1343332.jpg


3回から2イニング投げたオリックス・バファローズの西勇輝投手 6安打浴び3失点
e0222575_13445844.jpg

前半戦の後半からの不調を引きずっていました。ちょっと心配・・・

その西投手からヒットで出塁 谷繁元信捕手 1塁上でドヤ顔!?
e0222575_13475847.jpg

チーム初ヒットの口火を切った堂林翔太選手は3塁へ 3塁コーチは藤浪晋太郎投手
e0222575_13471377.jpg

菊池涼介選手がタイムリーヒットでセが1点先制 1塁で一岡竜司投手とグータッチ
e0222575_1350966.jpg

鳥谷敬選手も続いてタイムリーヒット
e0222575_13523280.jpg

エルドレッド選手もタイムリーヒットで3連続タイムリーで3-0
e0222575_13525356.jpg

盛り上がるライトスタンド 各チームの色とりどりのユニフォームでライトスタンドが埋まっています。
e0222575_1353585.jpg


3回、マエケンからパ・リーグ初ヒットで藤田一也選手が出塁
e0222575_1357586.jpg

陽岱鋼選手がショート内野安打で続きます。1塁コーチの大谷翔平投手とグータッチ
銀次選手が四球で歩き満塁のチャンスでしたが、糸井選手が倒れ得点ならず。
e0222575_13572277.jpg


4回、バレンティン選手がライト前ヒットで出塁し、代走は大島洋平選手 すかさず2盗に成功し、そのあと3盗にも成功
e0222575_1442692.jpg


4、5回は中日ドラゴンズの大野雄大投手が登板 ピンチはありましたが無失点 (画像差し替え)
e0222575_11152830.jpg

パ・リーグ5回は楽天イーグルスの福山博之投手が登板 横浜の戦力外から夢の球宴に!おめでとうございます。
e0222575_1465730.jpg

菊池選手が内野安打で出塁後、鳥谷選手の大飛球に糸井選手がジャンプも捕れず
e0222575_1471113.jpg

鳥谷敬選手は2塁へ この後、エルドレッド選手のショート内野安打で4-0
e0222575_1472714.jpg


5回、大野投手から2塁打を打った陽岱鋼選手 この回も得点ならず。
e0222575_14145069.jpg

6回からは横浜DeNAベイスターズの井納翔一投手が登板 2四球でピンチを招きますが無失点
e0222575_14143699.jpg


7回は日本ハムファイターズのクロッタ投手が登板
e0222575_14203434.jpg

丸選手が2塁打で出塁
e0222575_14204528.jpg

エルドレッド選手が自打球を足に当て痛そう
e0222575_1451116.jpg

このあと、2ランホームランをライトスタンドに放り込み6-0
打った瞬間は完全に前をふさがれて写真はNG
e0222575_1420565.jpg


その裏、続投の井納投手でしたが、陽岱鋼選手に3安打目となる2塁打を打たれ、四球もあってピンチを招くと
e0222575_14255310.jpg

原辰徳監督直々にマウンドに足を運び投手交代 
前巨人・一岡竜司投手にボールを手渡すため笑顔で出迎えています。
e0222575_1426948.jpg

初選出の一岡投手は大引選手を打ち取り、この回も無失点
e0222575_14262066.jpg


8回からパはオリックスの佐藤達也投手が登板
e0222575_14312813.jpg

その裏、山口鉄也投手が投げます。
e0222575_14314037.jpg

9回、続投の佐藤達也投手から、出場野手最年少のヤクルトの期待の星・山田哲人選手が初打席でライト前ヒット
e0222575_14333619.jpg

怪我から復帰のブランコ選手がタイムリー2塁打 7-0
e0222575_14335631.jpg


その裏、横浜DeNAベイスターズの若き守護神、ルーキーながら唯一球宴に選出された三上朋也投手が登板
三者凡退に抑え7-0で全セ・リーグが1戦目は圧勝しました。
勝利のジャンプお尻タッチ
e0222575_1439990.jpg

ブランコ選手の巨体ジャンピングタッチにちょっと怯えたような笑顔の山田選手!?みんな楽しそうですね。
e0222575_14383889.jpg

e0222575_14415290.jpg
e0222575_1442113.jpg


試合編は以上です。枚数が増えすぎたので、相当カットしました。

試合前のホームランダービーや野球殿堂入りの表彰式他は後ほど、
また試合後の表彰式、マスコット関係の写真も後回しにします。
余裕があれば、選手別のフォトも準備します。

まあ、それにしても広島カープの勢いに圧倒されました。
後半戦はまた盛り返してくるかもしれませんね。エル様対策はどのチームもしっかりお願いします!
低目の球は強いので、高目で攻めたほうがよさそうですね?

座席が中段より上の遠目からの撮影になったので不鮮明なショットが多くなりましたことお詫びします。
by misty2011 | 2014-07-19 15:11 | 東京ヤクルトスワローズ

おめでとう♪ 岸孝之投手ノーヒットノーラン達成!

今日はセ・リーグは試合がお休みでしたが、パ・リーグは3試合行われました。
その中で、埼玉西武ライオンズの岸孝之投手が、QVCマリンで千葉ロッテマリーンズ相手に
ノーヒットノーランの快挙を達成しました。
おめでとうございます。いやいや、嬉しいですね~♪

西武では1996年6月11日の渡辺久信投手(オリックス戦)以来8人目。
プロ野球では昨年の中日・山井大介投手(DeNA戦)以来となる快挙です。

途中からテレビで見ていたんですが、まあ~メッチャかっこよかったです。
私は西武ファンと言うわけではありませんが、岸投手は以前から大好きなピッチャーで応援しています。
イケメンでモデルみたいなスリムな体、しなるような美しいフォームで投げる姿に魅せられています。

岸投手が尊敬する西口投手は、あと一歩でノーノーも完全試合も未遂に終わりましたが、
レオのプリンスが、冷静に大胆に攻めのピッチングで、堂々の偉業達成でした。
初回に井口選手にフォアボールを出しましたが、出したランナーはこのひとりのみ。
完全試合とはなりませんでしたが、とにかく素晴らしいピッチングでした。
おめでとうございます。

特にストレートがよかったですね。またまた岸君に惚れ直しました。
今年の交流戦で、神宮で投げてくれるといいのですが・・・。
昨年は生で見られなかったので、今年は見たいですね。
いや、どっちを応援するかは、その時になってみないとわかりませんが。すみません。

YouTube プロ野球チャンネル パシフィック・リーグ 

     


ノーヒットノーラン達成のお祝いに、岸孝之投手の写真を何枚かピックアップします。
過去に既にこのブログで掲載済みのものから5枚
2012年6月11日神宮交流戦
e0222575_1551339.jpg

e0222575_15521534.jpg
 
e0222575_1641598.jpg


2011年6月14日神宮交流戦
e0222575_812583.jpg
e0222575_8133015.jpg



これ以外に、岸投手を撮った写真の中でも、私の一番のお気に入りのショットです。
保存ハードディスクから引っ張り出してきました。
2009年6月21日神宮 交流戦
e0222575_0271536.jpg

西武ライオンズは、今シーズンは今のところ最下位に低迷していますが、
今日の岸君の快投で、これからチームが勢いづくといいですね。
西武にとっては久々の明るい話題となりました。
by misty2011 | 2014-05-02 22:06 | パ・リーグ

交流戦よりレオのプリンス岸孝之投手フォト

今日は野球がないので、交流戦より他球団選手の写真の更新です。
今回は埼玉西武ライオンズの岸孝之投手。
西武ライオンズの中ではいちばん好きな選手です。

毎年、なんだかんだで交流戦で岸投手が投げる試合は観に行っています。
今年は西武ドームに行けなかったので、神宮でいつ投げるか気になっていましたが、
ちょうど出かける日に登板となってラッキーでした。

もちろんチームとしてはヤクルトスワローズの応援ですが、岸投手を見るのも私の楽しみのひとつです。

6月11日神宮球場 岸孝之投手
e0222575_1551339.jpg
e0222575_15512757.jpg
e0222575_1552044.jpg

スリムでスタイルがいいのもありますが、岸投手の流れるような綺麗なピッチングフォームが好きです。
細身でバネがあって、しなるような投球フォームが、私の好みぴったし!その上イケメンだし。
岸くんが尊敬する西口文也投手も好きなピッチャーです。歳をとっても躍動感がありますね。
e0222575_15521534.jpg
 

e0222575_1604537.jpg

こういう仕草も素敵ですね。
e0222575_1605726.jpg

e0222575_1692157.jpg

試合では石川雅規投手から2安打放ち2得点 野手並みのバッティングでした。
3年前の神宮交流戦を観戦したときも、石川投手からプロ初ヒットを打っています。
e0222575_1683743.jpg

#25星孝典捕手のヘルメットを借りていました。
e0222575_1612232.jpg
e0222575_16132367.jpg
e0222575_16134289.jpg

e0222575_1617334.jpg

e0222575_16174164.jpg

岸投手は8回まで投げ1失点
e0222575_16175563.jpg

5-1で西武ライオンズが勝利
e0222575_16181493.jpg

8回3安打1失点(自責0)で6勝目を挙げた岸孝之投手がヒーローインタビュー(カラービジョンより)
e0222575_1620346.jpg
e0222575_16202733.jpg

正面から撮りたかったんですが、出遅れていいカメラポジションが取れませんでした。
西武戦はカメラ女子が異様に多くて圧倒されます。
e0222575_16204597.jpg

e0222575_1641598.jpg

e0222575_1623944.jpg
e0222575_16232283.jpg

以上、交流戦の西武ライオンズ戦からレオのプリンス岸孝之投手でした。
by misty2011 | 2012-06-21 20:13 | パ・リーグ

6/11神宮観戦★岸投手を打てず岸投手に打たれ完敗 ヤクルト、西武に4戦全敗

今日は神宮に行ってきました。
もちろんヤクルトの応援ですが、西武では岸孝之投手のファンなので、毎年交流戦で見られるのを楽しみにしています。
交流戦も西武戦はラストとなる今日は、相手が岸投手ということで楽しみと同時に、
ツバメ打線が今年好調の岸くんを果たして打てるかな??と行く前からかなり悲観的ではありました。

東京ヤクルトスワローズは石川雅規投手
e0222575_1313925.jpg

e0222575_1315412.jpg

埼玉西武ライオンズは岸孝之投手の先発で試合開始。

で、結果は完敗でした。
西武ライオンズは14安打5得点に対し、ヤクルトスワローズはわずか3安打1得点でした。
しかもその1点も相手エラー(レフト栗山選手)によるものでした。
e0222575_2315818.jpg


試合経過は ニッカンスコア スワローズ公式サイトスコア

ヤクルトの選手の活躍の場面がほとんどないので、西武の選手ばかりになりますが、お許しの程を。

石川投手は2回まで無失点でしたが、3回、先頭の岸孝之投手にセンター前ヒットを打たれ、
ミレッジ選手のエラーで2塁まで進まれます。負けへのプロローグはここからでした。
e0222575_1474874.jpg
e0222575_148134.jpg

片岡選手の送りバントで岸投手は3塁へ進むと、中島選手への四球が石川投手のワイルドピッチとなり
岸投手がホームインして先制を許します。

ナカジ2盗後、中村剛也選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ2点目が西武に。
e0222575_148253.jpg

打たれても、おかわり君は何故か憎めないキャラですね。
e0222575_1483563.jpg


ヤクルトは4回に反撃
先頭のミレッジ選手が好投の岸投手から四球を選んで出塁。
e0222575_1551762.jpg

2死後、畠山選手がチーム初ヒットを放ち2死1、2塁のチャンス
e0222575_1552721.jpg

余談ですが、神宮のラインって、いつもまっすぐに見えないんですが!?傾斜の関係???
e0222575_1553725.jpg

ここで、バレンティン選手のレフトへのライナー性の打球を栗山巧選手が追いつくも落球して
ヤクルトが1点かえし1-2とします。
e0222575_1554999.jpg

5回終了時
e0222575_20549.jpg

宮本慎也選手が史上45人目の2000試合出場達成となり花束が贈呈されました。おめでとうございます。
e0222575_21564.jpg

6回、石川雅規投手は先頭の秋山選手にヒット、犠打で2塁に進まれると、
e0222575_225972.jpg

炭谷銀仁朗選手にライト前ヒットを浴び
バレンティン選手からのバックホームに、果敢なスライディングで本塁セーフとなった秋山翔吾選手
球審の両手が広がったところを撮りたかったんですが、ミラーレス一眼なのでどうしてもタイムラグがあって遅れました。
e0222575_231478.jpg

痛そうに顔をしかめている秋山選手
e0222575_232851.jpg

タイムリーヒットを打った炭谷銀仁朗捕手 リードでも岸投手と息がよく合って好投を引き出しました。
e0222575_234434.jpg

さらに岸投手にまたもセンター前ヒットを打たれ
e0222575_214193.jpg

ここで石川投手は降板
e0222575_2143298.jpg

押本健彦投手に継投も
e0222575_2145155.jpg

片岡易之選手にタイムリーヒット
e0222575_215886.jpg

中島裕之選手にもタイムリーヒットを浴び、この回3点追加点を与え1-5となります。
e0222575_215277.jpg

7回からは正田樹投手が2イニングを無失点に抑えます。
e0222575_220033.jpg

ラッキー7の東京音頭 ライト外野スタンドには宮本慎也選手2000試合出場をお祝いするボード
e0222575_2212791.jpg

その応援を受けて、7回裏、1死からバレンティン選手がサードエラーで出塁
現時点で、両リーグホームラン王の2ショット
e0222575_223130.jpg

宮本選手がヒットでチャンス拡大
e0222575_2231674.jpg

前日、プロ初ホームランを打った松井淳選手に期待が集まりますが、粘ったもののショート併殺打に終わり得点ならず。
e0222575_2232981.jpg

9回は山本哲哉投手が無失点に抑えます。
e0222575_2272577.jpg

9回裏、長田秀一郎投手が登板で、2死となりますが、バレンティン選手がセンターのエラーで出塁
e0222575_2274190.jpg

今日は3回とも相手エラーで出塁のバレンティン選手
e0222575_3405957.jpg

最後は宮本選手が三振に倒れ、1-5でゲームセット

ヒーローインタビューは8回3安打1失点(自責0)で6勝目を挙げた岸孝之投手
e0222575_2313318.jpg

普段打席に立たない岸投手が2安打2得点とバッティングでも大活躍
石川雅規投手は「投手に2本打たれたのがすべて」とコメントした通り、
岸投手に打たれた2安打が非常に痛く悔やまれる結果となりました。

ヤクルトは2連敗、また、今シーズンの西武戦は4戦全敗となり、
さらには3年連続で交流戦の負け越しが決まりました。

宮本選手の2000試合出場のメモリアルデーを勝利で飾るどころか完敗に終わりました。
やけくそで、投打のヒーロー、岸くんに乾杯です!

これで今シーズンの私の観戦勝敗は1勝6敗となりました。勝率なんと.143と悲惨なことになっています。
大きな手術をしたので、観戦がぐっと減ってはいるんですが、最初に観戦した試合に勝っただけであとは全敗。
これだけ負けると、出かける気が起きませんね・・・。

ちなみに昨年は23勝14敗1分けで勝率.622を誇っていたんですけどね・・・。

今日の試合なんかでも、正直、最初からあまり勝てる気はしませんでした。

今のスワローズ投手陣は、安定して勝ちを計算できる先発投手がいなくて、中継ぎ以降も失点が目立ち始め、
不安要素が大きくなっています。

打つほうは、やはり相手が好投手だと当たり前のように打てません。
バレ様はあまりアテになりません。頼みの慎吾くんもイマイチ。
ハタケは調子自体は上がってきています。
全体的には明るい材料があまりないんですよね・・・。

松井淳選手は今日はノーヒットでしたが、打席では期待感が持てました。

次の楽天戦ではどうにかして連敗を止めましょう。またズルズルいかないようにしてほしいです。

残りの写真はまた後日アップします。
by misty2011 | 2012-06-12 03:21 | 東京ヤクルトスワローズ

交流戦 西武ライオンズ編フォト 岸・中島・片岡・おかわり君

リーグ戦再開までの間、交流戦で戦ったパ・リーグの選手のフォトの残りをアップします。
基本的にはもちろんスワローズを応援していますが、普段はパ・リーグの選手を生で観ることがないので、
交流戦はそれがひとつの楽しみでもあります。

6月14日神宮球場での対埼玉西武ライオンズ戦より
試合編は こちらの記事で

試合直前のシートノックに出てきた中島裕之選手
e0222575_86457.jpg
e0222575_861937.jpg

相変わらず女性ファンから大人気のナカジ
e0222575_863497.jpg

ナカジスマイル
e0222575_865234.jpg

セカンド片岡易之選手 
e0222575_871455.jpg

e0222575_9281474.jpg

西武は他にも栗山選手などイケメン揃いですが、私は野手では片岡選手が好みです。
e0222575_9292791.jpg

e0222575_9295846.jpg

サードはおかわり君こと中村剛也選手
e0222575_891751.jpg
e0222575_893237.jpg

おおらかないい笑顔です。
曇天、日没前であいにく3選手とも綺麗に撮れませんでした。毎度カメラ下手すぎますね・・・。
e0222575_894777.jpg


ナイターで先発した岸孝之投手 出来ればデーゲームで観たかったです。
e0222575_8104522.jpg
e0222575_81173.jpg
e0222575_8113610.jpg

スリムでスタイルが抜群なのもありますが、躍動感があって流れるような綺麗なピッチングフォームが好きです。
e0222575_812583.jpg
e0222575_8124770.jpg
e0222575_8133015.jpg

以上、西武ライオンズ編でした。
by misty2011 | 2011-06-21 20:58 | パ・リーグ

石川投手2発に泣く ヤクルト追加点とれず

26日神宮では由規投手の力投と、福地・森岡選手など伏兵の活躍で、交流戦ようやく連敗から脱出したヤクルトスワローズ。ただ、勝ったとは言ってもわずか5安打で、それでよく3点もとれました。

今日から所沢西武ドームで埼玉西武ライオンズとの2連戦。ライオンズは交流戦に入って打線が上向き、かたやスワローズは梅雨入り前から湿りっぱなしの打線、ちょっと嫌な感じ・・・。

先発は西武ライオンズが岸孝之投手、ヤクルトスワローズは石川雅規投手で雨の西武ドームで14時1分プレーボール

初回、青木選手がヒットで出て盗塁で2塁に進むと、4番に戻った畠山選手の何でもないセカンドゴロを片岡選手がファーストへ送球エラー。この間に青木選手がホームインして1点先制!
続く5番バレンティン選手が、岸投手の高目に入ったカーブを捉え、レフトへのタイムリーヒットとなり2点目が入ります。
初回にラッキーな形で岸投手から2点をもぎ取りました。しかし、そのあとがさっぱり続きませんでした。

試合経過は ニッカンスコア スワローズ公式スコア

石川投手は2点の援護をもらい、4回以外は毎回ランナーを出しながらも粘り強いピッチングで得点を許しません。

しかし、6回、先頭の栗山選手にフォアボールを与え塁に出します。フルカウントからの際どいコースでしたが、津川球審のジャッジは非情にも「ボール」判定。
ストライクでもどちらともとれる本当に際どいボールで、とって欲しかった・・・。
この1球が命運を分けたと私は思います。

四球となり、ちょっとがっくり苦笑いの石川投手は、続く3番中島裕之選手に手痛い同点2ランホームランを浴びてしまいます。

石川投手は7回に入って、今度は先頭の銀仁朗捕手に初球を狙い打たれ、レフトスタンドへ2号ソロホームランを運ばれ、2-3と勝ち越しを許します。痛恨の一発でした。
結局これが決勝点となり、2-3でヤクルトは逆転負けを喫しました。

打線は、相手ミスでもらった初回の2点以降、追加点がとれません。
4回、5回、そして8回と得点圏にランナーを出しますが、あと1本が出ませんでした。
ヒットは西武と同じ8安打放ちながら、得点は初回の2点のみ。決定打不足、得点力不足は今日も依然解消できませんでした。

ライオンズンはホームラン2発で同点から勝ち越しと一気に流れを逆転させました。
ヤクルトにもホームランが欲しいなあと強く思う試合でした。

バレンティン選手は前の試合に続き今日もタイムリーヒット、そして3塁打も打って、徐々に打撃が上向いてきました。次は待望の一発を是非お願いしたいですね。

つながらない打線、得点力不足のこの閉塞感・・・。重苦しいです。
これを打破するには、もうバレンティン選手のホームランの特効薬しかないような気がします。
13号を打ってから久しくホームランが出ていません。ほんとに私は切望しています。
もちろんハタケや他の選手にだってタイムリーや一発を打ってほしいです。

岸投手は立ち上がりこそ不安定でしたが、今日はストレートが走っていました。途中のベンチレポートでは伊勢コーチが「敵ながらホレボレするストレート」と評していましたが、テレビで見てもキレのある素晴しいストレートでした。
ちょっと今の燕打線では打てなかったでしょうね・・・。カーブのほうがまだ何とかなったかも。
岸投手は、7回を投げ2失点も自責点0で2勝目をあげました。

しかし、痛い1敗ですね。追加点さえ取れていれば、逃げ切れたように思います。
また、チャンスにこれはという代打がいないのも寂しい限り・・・。

なお、相川亮二捕手は左脇腹の張りで今日もベンチ。抹消はしないで様子見のようです。

連敗脱出したばかりで再び連敗に逆戻りしてはいけません。明日は何としても勝ってほしいですね。
増渕投手かな?プレッシャーに負けず強気で投げてください。
打線はどうかつながりますように!!
by misty2011 | 2011-05-28 21:06 | 東京ヤクルトスワローズ