Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:平田良介 ( 3 ) タグの人気記事

侍ジャパン2連勝、山田粘りの四球後、平田走者一掃、侍4番の筒香は犠飛と特大2ラン!

侍ジャパンとチャイニーズ・タイペイ(台湾)との強化試合2戦目は、
京セラドーム大阪に移動して行われました。
試合開始が18時30分にもかかわらず、テレビ中継は19:00から。
ったくもう、TBSは!中途半端すぎ。

先発メンバーに山田哲人選手がいません。2番セカンドで菊池涼介選手がスタメンでした。
これなら7時からの放送でも、まあ、いいわと思い直すことに。

侍ジャパンの先発は武田翔太投手
スタメンも昨日とは大幅に入れ替え、丸、菊池選手が1、2番。
3番に清田選手、4番が筒香選手で中田翔選手は5番。
以下、中村晃、今宮、銀次選手そして炭谷捕手と並びました。

試合経過は ニッカンスコア

1、2回、日本代表は三者凡退。
武田投手は初回は三者凡退に抑え、2回は四球でランナーを一人出しますが無失点。

日本は3回、先頭の今宮健太選手が初ヒットで出塁も後続が倒れ得点なりません。

その裏、武田投手は先頭にセンター前ヒットを打たれ、
つづくピッチャーゴロを1塁へ悪送球して無死1、2塁のピンチを招きます。
このあと、2死1、3塁となり、1塁ランナーが2塁へ盗塁すると、炭谷捕手が2塁へ送球するのを見て
3塁ランナーがホームインするディレードスチールで台湾が1点先制。
炭谷捕手が、不用意というか何というか簡単に引っかかりましたね。

1点を追う日本は4回、先頭の菊池選手がセーフティバント。
菊池選手は1塁へヘッドスライディングすると、相手ピッチャーの1塁送球がそれ、
その間に菊池選手が2塁へ走ると、今度は2塁へも悪送球となり、一気に3塁まで進みます。
清田選手は死球で無死1、3塁から、4番の筒香選手が犠牲フライを運び1-1の同点に。
しかし、中田翔選手はショートゴロ併殺打で3アウトチェンジ。

お互い代表戦とは思えないようなミスで草野球みたいでした。

5回1死後、日本は今宮選手が自身2本目のヒットで出塁。2盗を決めます。
ここで、銀次選手がライト前にタイムリーヒットを放ち、ライトがもたつく間に
今宮選手がホームインして2-1と勝ち越します。

続く炭谷捕手のピッチャーゴロで銀次選手は2塁へ進むと、
丸選手が3番手左腕投手からセンタ―前にタイムリーヒットを放ち3-1

日本は4回から2イニング、西勇輝投手が1安打失点に4三振無失点と好投。

6回は清田選手が四球、中村晃選手がヒットで出塁も追加点ならず。

その裏、日本は初選出された巨人の戸根千明投手が登板。セカンドには山田哲人選手がつきました。
その山田くんがセカンドライナーをキャッチして三者凡退で3アウトチェンジ。

7回は先頭の銀次選手がライトが転倒する拙い守備もあって3塁打で出塁。
炭谷捕手、途中出場の秋山翔吾選手は倒れ、山田くんの打席。打てるかな。ドキドキ・・・
フルカウントから四球を選んで出塁し2死1、3塁。
続いて平田良介選手が登場。しかしセカンドゴロで、この回得点できず。

山田くん、ヒットは出ませんでしたが、打席でのボールの見逃し方がよくなったように感じました。

ここで、初戦でもうちょいでホームランという2塁打を打った山田くんに関して、
またまた中畑清さんが、試合前に山田くんを激励してアドバイスをしていた記事がありました。

サンスポ 侍ヤク動!山田&中村悠の燕コンビ活躍で’16初陣快勝

記事によると、ナゴヤ球場での試合前練習で、前DeNA監督の中畑清氏に約5分間、
「打席の中で、もう少し早くタイミングを取れ!」などと熱血指導を受けたそうです。
稲葉打撃コーチにも同様の助言を受け、素直に山田くんの心に響きました。

昨年の日本シリーズ中にも、移動中の福岡空港で中畑氏にアドバイスされ、直後に3打席連続アーチを放ちました。

中畑さんは、いつも山田くんのことを気にかけてくださっているのがありがたいですね。
山田くんが大好きなんでしょうね。
お節介と思う方がいるかもしれませんが、中畑さんのアドバイス後、偶然かもしれませんが、
効果てきめんで打っていますからね。
これからも、何か気づいたら、声をかけてほしいと思います。

試合に戻って、7回裏は森唯斗投手が三者凡退に抑えます。

8回は、筒香選手がヒットで出塁も、中田選手が三振、松田選手がサードゴロ併殺打。

その裏、山崎康晃投手が登板し、山田くんが好守備を見せ三者凡退に抑えます。

9回は、坂本選手が2塁打で出塁すると、その後、四球、犠打、野戦で1点追加して4-1
そして山田くんに打席が回ってきました。
ファールで粘ってフルカウントから四球を選んで1死満塁。
いい当たりの3塁線への打球がありましたが惜しくもファールでした。
ヒットではありませんが、よくボールを選んで歩きました。調子は上がってきてますね。

続く平田良介選手は、ライト線へ走者一掃のタイムリー3塁打で7-1
さらに、筒香嘉智選手がライトスタンドへ特大の2ランホームランを放り込み9-1
いやいや、これでジャパンの4番は決まりでしょ!
ちょっとシーズンが怖いですね・・・。

山田くんが粘って四球をもぎ取ったところからのビッグイニングとなりました。
選んでつないでいい仕事ができました。

続く今日3三振と併殺打でいいところがない中田翔選手は、4個目の空振り三振を喫しました。
5番降格ショックと、前で筒香選手が打って、自分もと思う力みがあったのかもしれません。

9回裏は西野勇士投手が登板
いきなり、ヒット、ライトへのタイムリー2塁打を浴び1失点。
さらにタイムリーヒットを打たれ9-3となりますが、相手反撃もここまででゲームセット。
9-3でチャイニーズ・タイペイに連勝しました。
ちょっと最後がびしっとしませんでしたね。

写真は昨年11月の「プレミア12」3位決定戦より筒香嘉智選手 来年の本番も4番で頼みますよ!
e0222575_1344747.jpg


山田くんは打席でいい感じになってきたので、これからのオープン戦でさらに調子を上げてくれるよう期待しています。
選手の皆さん、お疲れさまでした。
by misty2011 | 2016-03-06 22:17 | 東京ヤクルトスワローズ

侍ジャパン、大谷7回11K零封楽勝ムードが悪夢の9回逆転負け、この負け方はないわ

世界野球プレミア12の大会も大詰めを迎えました。
侍ジャパンは今日は東京ドームで韓国との準決勝を戦いました。

先発は、開幕戦で同じ韓国戦に登板し、力でねじ伏せた大谷翔平投手。
今日もその投球ができるかどうかにかかっています。
韓国は千葉ロッテマリーンズに在籍のイ・デウン投手

試合経過は ニッカンスコア

先発した大谷翔平投手は開幕戦を上回るほどの素晴らしいピッチング。
7回を投げわずか1安打5者連続三振を含む11奪三振の圧巻のピッチングで0点に抑えました。
韓国打線は大谷くんとは2回目の対戦も、まさに手も足も出ない状態。

160キロのストレートに落差のあるフォーク、そして途中からはキレのあるスライダーを織り交ぜ
韓国打線をねじ伏せました。
シーズン以上の大谷投手の最高のピッチングで、日本を決勝へ導くはずでした。
誰もがそう信じて疑いませんでした。

打線は4回、中田翔選手が四球で歩くと、中村晃選手がレフト前ヒットで1死1、3塁から
平田良介選手が三遊間を破るタイムリーヒットで1点先制!
恐怖の下位打線7番、8番が今日も打ちました。

続く嶋捕手のショートゴロを相手ショートが野選と悪送球のエラーで、中村晃選手がホームインして2-0
さらに、坂本勇人選手がライトへ犠牲フライを運び3-0

大谷投手は6回まで韓国打線をノーヒットに抑えます。
7回に1安打されますが、この回も無失点。
大谷くんの出来なら3点あれば十分だと思いましたが、勝負は下駄を履くまでわからないって
今日のような試合のことを言うんでしょうね・・・。

ベンチも一瞬、私と同じようなことを思ったかもしれません??
いや、それはないはずですよね?

日本は3点取ったものの、その後、ランナーを出すもチャンスにあと1本が出ず追加点が奪えません。
特に、7回、8回で1点でも追加点が奪えていれば、こんなことにはならなかったでしょうね。
これも今日の敗因のひとつとなりました。
当たっているのは下位の中村晃、平田選手のみで、中軸にヒットが出ませんでした。

日本は快投の大谷投手を7回で下げ、8回からは継投に入り則本投手が投げます。
1イニング目の8回は簡単に3人で片づけますが、回またぎの9回、まさかの乱調。
先頭から3連打浴び1点失うと、続く打者の左肘をかすめる死球で無死満塁。

ここで、松井裕樹投手に交代も3番バッターに押し出しの四球を与え2-3
4番手増井投手に交代も、李大浩選手にレフト線へのタイムリー2塁打を浴び、ついに3-4と逆転されます。
なおもピンチが続きますが、最後は秋山翔吾選手のファインプレーで、何とか4点で済みました。

追いかける日本は9回裏、大声援の中、先頭の山田選手は空振り三振、筒香選手もファーストゴロに倒れます。
中田翔選手はセンター前ヒットで出ると代走は中島卓也選手。

ここで、日本は代打・中村剛也選手を送り一発に期待も、サードゴロに倒れ3-4でゲームセット。
侍ジャパンは、楽勝ムードが最後は悪夢の逆転負けで、決勝進出はならず3位決定戦に回ることになりました。

大谷投手の素晴らしい力投で韓国打線を完全に沈黙させていたというのに、投手交代が完全に裏目に出ました。

則本投手は、ここまでもそうですが、1イニング目は完璧でも回またぎすると、
失点はしていなくても打たれていました。抑えていても危険サインはでていたんです。

大谷投手を8回まで投げさせておけば、最後は則本投手が抑えて完封勝利まで見えてたんですけどね。
もしくは、大谷くんの完投でもよかったでしょうね。

7回で大谷くんを引っ込めたこと、則本投手に2イニング投げさせたことが完全に裏目に出ました。
9回の継投も後手後手で、満塁で制球に不安のある松井裕樹投手では、押し出しは十分考えられました。
私でも押し出しだろうなあって思っていたらそうなりましたから。

そのあとの増井投手は、前の試合で打たれたばかり。不安がありました。
押せ押せムードの韓国の前には、本来の力を出すことができませんでした。

まあ、あの大谷投手の球から後ろへ行くほどスピードが落ちてきては、そりゃ~打たれるでしょうね。
韓国は大谷投手が7回で降りたことにほっとしていたと思います。

試合後、小久保監督は継投ミスを認め、自らの采配で試合を落とした悔しさをコメントしていますが、
それにしても、ひどい負け方でした。
プレミア12で世界一しか目指してなかった侍ジャパンにとって、今日の敗戦はダメージが大きすぎます。

途中までは負けるほうが難しいほどの楽勝の展開でしたからね。なおさらショックです。

気落ちするなと言っても難しいですが、どうか3位決定戦では、きっちり勝って最後を締めてほしいです。

ヤクルトから今日は一人だけスタメン出場した山田哲人選手は2四球と1死球で3度出塁しましたが、
ノーヒットで見逃しと最後は空振りの2三振。
出塁率はさすがなんですが、ヒットが出なくてはね・・・。
ボールを見るだけでバットが振れていませんでした。

9回の打席では、スタンドからは「やま~だてつと」の大声援でしたが、
すぐ追い込まれて最後は空振り三振。
意地でもヒットを打ってほしかったと思いました。
見ていても、相当な疲労度のようで、ホントは休ませてあげたいですが、
21日の3位決定戦では、山田くんらしいヒットが見たいと願っています。
あと1試合、最後の力を振り絞ってください!
優勝はできませんでしたが、自身のためにもいい形で終わってほしいです・・・。

しかし、メジャーの選手が出ていない大会で、日本は勝って当然でしたが、
それを勝ち切るのがこんなに難しいとは思いませんでした。
特に、今日は選手の力というよりベンチの采配で負けた試合なので、なおさらすっきりしませんね。


大谷将平投手のあれほどの快投報われず・・・
慰めのことばもありません。(写真は9月3日東京ドーム)
e0222575_005099.jpg

いますぐメジャーに行っても通用するでしょうね。そのくらい素晴らしいピッチングでした。
本当にお疲れさまでした。大谷くんの凄さが際立った大会でしたね。
by misty2011 | 2015-11-20 00:21 | WBC・侍ジャパン

【中日】高橋周平&平田良介選手フォト

明日はいよいよドラフト会議ですね。
私はドラフトに関しては、全く知識も情報もないので、決まってから何か感想を書くかもしれませんが、
今のところ興味はありません。

誰が上位指名で入ってきても、プロは入団してからの結果が全てですからね。
入ってくる前にあれこれ素人が知ったかぶりで言っても、あまり意味がないように私は思っています。
だって、プロのスカウトが見て決めても、期待外れの選手は多いですからね。
やっぱり入って来てからどれだけ伸びるか、実力をつけるかが勝負でしょう!
ヤクルトのように、いい素材の選手を獲得しても、壊してしまうことが多くては、何をかいいわんやです。

ヤクルトスワローズに関して書き記すような情報が見当たらないので、
ここからは、レギュラーシーズンの他球団の選手のフォトを、数回に分けてアップしていきます。

まずは中日ドラゴンズ編です。
谷繁元信選手兼任監督となった1年目の今シーズンは、勝率0.479と5割を切って、4位と低迷しました。
中日が2年連続でBクラスって、最近ではあまり記憶がありませんね・・・。

今シーズンは吉見投手の離脱があって、先発投手陣が手薄になりましたが、
そんな中、ベテランの山井大介投手が13勝5敗でメッセンジャー投手と並ぶ最多勝、
また勝率1位の2冠のタイトルを初めて獲得しました。おめでとうございます。

浅尾投手も不調で抹消されましたが、又吉、福谷投手のルキーが頑張ってブルペンを支えました。
しかし、相変わらずの打線は得点不足、特に2000本安打目前の和田一浩選手の離脱が痛すぎましたね。

いつまでもベテランに頼ってもいられません。
若い力でこれからは打線を引っ張って行かないと、チームはますます低迷しそうです。

今回は、これからの竜打線の牽引者と期待されている平田良介選手と高橋周平選手のフォトです。

神宮球場8月3日 
高橋周平選手 バッティング練習が終わった時かな?汗びっしょりです。
e0222575_14333217.jpg

平田良介選手 外野の守備練習から引きあげて来ました。
e0222575_14334158.jpg

シートノックを終えた平田選手
e0222575_14345266.jpg


試合前、ベンチ前で円陣を組みます。
e0222575_1435476.jpg
e0222575_14351559.jpg
e0222575_14353168.jpg


試合前の素振り 平田良介選手
e0222575_14375132.jpg

今シーズンは開幕からしばらく4番を務めましたが、打撃不振で打順が下がりました。
また、途中、捻挫で離脱したのが残念でしたね。
打撃は、イマイチ伸び悩んでいますが、本来ならこの選手が4番を打つしかないと思います。
もう少し勝負強さが欲しいですね。昨年までの方が、打席で怖さを感じました。
外野の守備は、肩が強く、打球判断もいいし、足も速くて、私はいい守備をしていると思います。
e0222575_1438297.jpg
e0222575_14381168.jpg


同じく、試合直前、素振りをする高橋周平選手
e0222575_14383167.jpg
e0222575_1438432.jpg

近くで初めて見ましたが、まあ可愛らしくて凛々しい顔立ちだこと♪
2011年、ヤクルトはドラ1で指名して外れたんですよね・・・。
クジが当たっていれば、今頃、山田くんと若い二人が2遊間を組んでいたかも?なんて妄想します。
前年はハズレ1位で山田くんが獲れて良かったですが、
翌年は、是非高橋周平くんを引き当ててほしかったと、今更ながら残念に思います。
e0222575_14385045.jpg

天性の長打力が魅力で、この選手には夢が持てますよね。
打者の育成はイマイチの感がある中日ですが、順調に育ってほしいと願います。
他球団ながら、試合でもっと使ってほしいですけどね・・・。
山田哲人選手が4年目で大プレイクしたように、来年は高橋周平選手がそうなるかもしれません!?
e0222575_143915.jpg
e0222575_1439954.jpg


この2選手が伸びてくると、中日打線も相当手強くなりそうですね。
私にとっては楽しみですが、そうなればヤクルトにとっては脅威でもあります。
by misty2011 | 2014-10-22 16:01 | セ・リーグ