Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:廣岡大志 ( 4 ) タグの人気記事

2017廣岡大志選手キャンプフォトその2(動画リンク3)

2017東京ヤクルトスワローズ春季沖縄浦添キャンプより、
今回は、プロ2年目、若手の期待の星・廣岡大志選手のフォトその2です。
キャンプ2月3日午後の守備練習から8日までです。その1は こちら


これで、浦添1軍キャンプ参加の野手は、山田哲人選手を除き、全員アップが終了です。
山田選手は、侍ジャパンもあって、まだ写真の整理ができていません。

キャンプレポは、「ヤクルトスワローズ」のタグではなく、「浦添キャンプ」のタグとなります。

2月3日午後 守備練習前のキャッチボール
e0222575_10323431.jpg


e0222575_1032545.jpg


ショートに廣岡大志、谷内亮太、西浦直亨選手が入りノックを受けます。
e0222575_10524199.jpg


e0222575_10525386.jpg


e0222575_105398.jpg


3日 ショートで守備練習 YouTube動画2本
2本とも球場に流れるBGMの著作権保護のため、音はミュート扱いとなっています。
 https://youtu.be/2BKGETH-LKg

 https://youtu.be/8SRm7e3H4Mg


2月4日 走塁練習
e0222575_1111134.jpg


4日 キャッチボール前、山田選手がWBC球を廣岡選手に見せています。
e0222575_11213973.jpg


e0222575_11164511.jpg


4日 三木肇ヘッドコーチによるマンツーマンの守備練習 基本練習の繰り返し
e0222575_1122472.jpg


e0222575_1118663.jpg


e0222575_11182339.jpg


4日 ティーバッティング 後ろ姿は杉村コーチ
廣岡選手は、全体練習後は室内で連日、杉村繁コーチ指導のティーバッティングをやっていました。
e0222575_11324663.jpg


4日 フリーバッティング YouTube動画
 https://youtube/auXpdrClzVs

廣岡選手は、天性の飛距離が出ます。当たれば飛びます。


2月6日 走塁練習
e0222575_12503680.jpg


6日 スタート&スライディングの練習 
e0222575_18544714.jpg


e0222575_1855155.jpg



2月7日 キャッチボール
e0222575_1994157.jpg


e0222575_1995328.jpg


e0222575_1992954.jpg
  

7日 内野シートノック
e0222575_199226.jpg


7日 ティーバッティング
e0222575_1932260.jpg


e0222575_19321935.jpg


e0222575_19323390.jpg


e0222575_19324812.jpg


e0222575_1933443.jpg



2月8日 キャッチボール
e0222575_19202074.jpg


8日 シートノック
e0222575_19212013.jpg


8日 バント練習
e0222575_194263.jpg


e0222575_19423416.jpg


1軍キャンプでは、攻守とも誰よりも多くの練習量をこなしました。
まだ粗削りですが、その成果が期待されます。

オープン戦は終盤を迎え、廣岡選手は、このところスタメンから外れ、途中出場が多くなりました。
打率もじりじり下がってきました。
開幕スタメンは厳しくなってきましたが、これからが正念場。
最後にアピールできれば、まだチャンスはあるかもしれません。
1軍生き残りと、開幕スタメンを目指して、ラストスパートをかけてください。

by misty2011 | 2017-03-17 21:12 | 東京ヤクルトスワローズ

廣岡大志選手キャンプフォトその1(動画リンク2) ハンファ戦でホームラン

今日13日、東京ヤクルトスワローズは、浦添市民球場で韓国ハンファとの練習試合を行いました。
ヤクルトは6-3で勝利。
この試合、7番サードで出場した廣岡大志選手が、
3回の初打席で、レフトスタンドへ先制のソロホームランを放ちました。

私が滞在中でも、廣岡選手はフリー打撃で大きい当たりを飛ばしていましたが、
実戦初打席でホームランとは、恐れ入りました。
廣岡選手のボールを遠くへ飛ばす力は天性のものを感じます。
キャンプでは、室内で杉村コーチとのティーバッティングを熱心に続けています。
まだ粗削りですが、今シーズンは1軍に定着できるのではないかと、大いに楽しみになってきましたね。
すくすく育ってほしいと願います。

今回は、その廣岡大志選手のフォトです。

キャンプレポは、「ヤクルトスワローズ」のタグではなく、「浦添キャンプ」のタグとなります。

キャンプ初日 ウォームアップ 初の1軍キャンプです。
e0222575_19272351.jpg


e0222575_1953754.jpg


e0222575_19361428.jpg


2月1日 内野ノック YouTube動画 既出なので動画リンクを貼っておきます。
 https://youtu.be/v6dCe3OZir8


2月1日 ティーバッティング
e0222575_1961052.jpg


e0222575_1962168.jpg


e0222575_1963268.jpg



2月2日 室内でコンディショニング、タイム測定 休憩中を1枚
外からはほとんど見えませんでした。
e0222575_1964978.jpg


2日
全体練習の合間に個別に守備練習 三木肇コーチが基本動作をつきっきりで指導
e0222575_19371852.jpg



2日 ティーバッティング
e0222575_19103283.jpg


脚を高くあげる山田哲人選手のバッティングフォームに似ています。
e0222575_19112253.jpg


e0222575_19175591.jpg


e0222575_19174155.jpg



2月3日 走塁練習 スタートダッシュ
e0222575_191926.jpg


3日 キャッチボール 山田選手の隣です。
e0222575_19192888.jpg


きれいな投球フォームですね。
e0222575_19194997.jpg


肩は強そう!
e0222575_1920689.jpg


e0222575_19442595.jpg


3日 ティーバッティング
e0222575_19452445.jpg


1軍キャンプを心から楽しんでいるようです。攻守とも伸びるでしょうね。
e0222575_19454152.jpg


e0222575_19455313.jpg


e0222575_19462076.jpg


先に4日のフリーバッティングのYouTube動画リンクを張っておきます。
 https://youtube/auXpdrClzVs

枚数の関係で、3日午後以降の守備練習、打撃練習ほかは次回に回します。

by misty2011 | 2017-02-13 20:08 | 東京ヤクルトスワローズ

2/4ヤクルトキャンプ午後の部、打撃・守備他フォト(動画2本)

東京ヤクルトスワローズ春季沖縄浦添キャンプ、2月4日、第1クール最終日の午後、
打撃、守備編の写真です。

キャンプレポは、「ヤクルトスワローズ」のタグではなく、「浦添キャンプ」のタグとなります。

ティーバッティング 坂口智隆選手
移籍1年目の昨年と違って、随分余裕を感じます。
今年も期待したいですね。
e0222575_17203941.jpg




e0222575_12325217.jpg




e0222575_12304042.jpg



山田哲人選手、4日目フリーバッティング
打球の行方を見ている山田選手、杉村コーチ
右への打球はイマイチ伸びません。
e0222575_1223935.jpg




いい当たりとミスショットの繰り返しで安定せず、まだバラつきがあります。


雄平選手
e0222575_0484089.jpg


フリー打撃後、宮出コーチのアドバイスを聞く雄平選手
e0222575_0492091.jpg


畠山和洋選手
e0222575_0503694.jpg


廣岡大志選手に熱血指導の三木肇ヘッドコーチ
e0222575_0534898.jpg


頭を撫でて、よしよしと褒めています?
e0222575_054418.jpg


廣岡大志選手のフリー打撃 YouTube動画にアップ
飛距離が出ます。




川端慎吾選手 ティーを熱心に繰り返してやっていました。
e0222575_0551118.jpg


山崎晃太朗選手
e0222575_056441.jpg


比屋根渉選手
e0222575_15467.jpg


捕手陣はいつも最後に打撃練習にやってきます。
中村悠平捕手 バント練習
e0222575_16875.jpg


井野卓捕手
e0222575_162347.jpg


西田明央捕手 バント練習
e0222575_1322870.jpg


ここからは午後からの内野守備練習
川端慎吾選手
e0222575_18446.jpg


大引啓次選手
e0222575_182640.jpg
 

流れるような滑らかな一連の動き
e0222575_183829.jpg


守備練習の締めはフライ捕球 山田哲人選手
このあと、先にアップしたサブグラウンドでの特守となりました。
e0222575_185067.jpg


以上、さらっとですが、4日目の練習レポでした。

by misty2011 | 2017-02-06 08:22 | 東京ヤクルトスワローズ

ヤクルトDeNAに連勝☆11-6 引退の三浦から廣岡プロ初打席で3ラン

昨夜、神宮最終戦を勝利で飾った東京ヤクルトスワローズは、今日はハマスタでの今季最終戦。
24日が雨で中止となった振替試合です。

先発は、横浜DeNAは引退試合となる三浦大輔投手、ヤクルトは杉浦稔大投手
DeNAは昨夜で3位が確定しています。

スタメンには8番ショートでルーキーの廣岡大志選手が、
今日1軍初昇格で、即スタメンの大抜擢となりました。
ファームでは10本塁打マークしています。
山田選手でさえ、1年目での公式戦デビューはなく、CSでのプロデビューでしたからね。
その期待の大きさが伺えます。

ショート廣岡選手のプロ初出場により、西浦選手がサード、川端選手は1塁の守備につきました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 ルーキー廣岡選手がプロ初打席で1号3ラン!乱打戦制し2連勝!

初回、ヤクルトは坂口、川端選手が連打で無死1、3塁から
山田選手のピッチャーゴロ併殺打の間に1点先制。
相変わらず山田選手はヒットが打てませんが、とりあえず1点入りました。

その裏、杉浦投手は梶谷選手に18号ソロホームランを浴び、たちまち1-1の同点に。

2回、ヤクルトは先頭の雄平選手が2塁打、西田捕手がヒットで1死1、3塁から
今日プロ初打席の廣岡大志選手が、レフトスタンドへ3ランホームランを叩き込み4-1とします。
初球は空振りでしたが、2球目、思いっきりのいいスイングで豪快にスタンドまで運びました。
これは、大物感が漂っていますね。

しかしその裏、杉浦投手はエリアン選手に一発を浴び4-2
2死後、三浦投手にヒット、桑原選手にもヒットを打たれると、
梶谷選手にライトへタイムリー2塁打を打たれ4-4の同点に追いつかれます。

ここで、石山泰稚投手に交代も、ロペス選手に34号2ランホームランを浴び4-6と逆転されます。
序盤から点の取り合いとなりました。

4回、ヤクルトは雄平選手が2塁打、西浦選手は四球を選ぶと、
西田捕手がタイムリーヒットを放ち5-6
2死後、坂口選手が粘って四球をもぎ取ると、
川端選手がライトへタイムリー2塁打を運び7-6と逆転。
1塁ランナーの坂口選手はホームタッチアウトとなりました。

4回からヤクルトは館山昌平投手が登板し、5回までランナーを出しながらも無失点

6回も続投の三浦投手から、ヤクルトは西浦選手がヒットと2盗
西田捕手は四球で、廣岡選手はライト前ヒットで無死死満塁

ここで、代打の三輪ちゃんがセンター前にタイムリーヒットを放ち8-6
坂口、川端選手が倒れ2死満塁となり、問題の山田くん
三浦投手の初球を叩きセンターオーバーのタイムリー2塁打で、2者生還して10-6
ようやくですね、山田くんにヒットが出ました。
2打点あげて、102打点となり、自己最多打点となりました。
番長だから打てたのもあったと思いますが、とにかくヒットが出てほっとしました。
いい時ならスタンドインだったでしょう。

6回裏、その三浦投手が先頭で打席に立ちます。
ベンチでヘルメットを被っているときから目には涙が光っていました。
ヤクルトは村中投手に交代し、三浦投手はセンターフライに倒れます。
桑原選手に四球を与えますが、梶谷選手のファーストライナーダブルプレーで3アウト

これで三浦投手はお役御免と思いきや、涙のまま7回もマウンドに上がります。
受ける高城捕手も、バックで守る野手陣も泣きながら三浦投手の最後の投球を見守ります。
雄平選手が空振り三振で、三浦投手は万感の思いで最後の投球を終えました。

この後、2番手で加賀投手が登板
すると、西浦選手が2試合連続となる7号ソロホームランをレフトスタンドに運び11-6

7回からは、横浜の田中ー三上ー山崎投手の前に得点ならず。

ヤクルトも8回から松岡―秋吉投手のリレーで無失点に抑えゲームセット
11-6で横浜DeNAを下し、昨夜に続き連勝しました。

2番手で投げた石山泰稚投手が、今季初勝利をあげました。おめでとうございます。

三浦投手のラスト登板となったこの試合、
三浦投手は打たれながらもスタンドのファンの声援とラミレス監督の温情采配?で、
なんと7回途中まで投げる異例の引退試合となりました。
普通は、引退試合は一人の打者か、せいぜい1イニング投げて交代ですが、
これもファンから愛されたハマのエース番長ならではだったんでしょう。
真剣勝負の中にも、様々な思いが巡るラスト登板でした。

ルーキーの廣岡選手が、何と初打席で引退する三浦投手から3ランを打ったのも、
去るものとこれから未来を築く選手との世代交代を告げる一発だったように思いました。

そして、久しぶりにヒットを打った山田選手は、三浦投手から最後のヒットを打った打者となりました。
今日の1本で吹っ切れて、広島との最終戦では、
体の負担がなければ、思いっきりのいいスイングを見せて締めくくってほしいと願います。
できれば盗塁もあと1個したいですね。
田中広輔選手は今日盗塁をしてないので、2個差のまま最終戦まで来ました。

川端慎吾選手は、今日マルチヒット2打点で打率.301で、4打席終え交代しました。
3割キープのためでしょうか?

写真は4月10日ハマスタ 川端慎吾選手
e0222575_012117.jpg


坂口選手は今日2安打しましたが、依然3割は厳しそうです。


打つ方は活発でよかったですが、
先発の杉浦投手は、「勝てなくなったから引退する」と話した三浦投手と変わらないほど
かんたんに打たれました。
期待されながらも、毎度期待を裏切ってきた杉浦投手。成長が見られません。
来季は、いよいよ正念場ですね。
もっと体幹を鍛え、メンタルも強くしてもらいたいと思います。

ヤクルトはいよいよあと1試合。
チームも選手もいい形で締めくくって下さい。

そして、三浦大輔投手、横浜一筋25年間、本当にお疲れさまでした。
ありがとうございました。

by misty2011 | 2016-09-29 22:42 | 東京ヤクルトスワローズ