Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:徳山武陽 ( 10 ) タグの人気記事

徳山武陽投手、難病の『黄色靱帯骨化症』発症で手術

東京ヤクルトスワローズの徳山武陽投手が、国指定の難病「黄色靱帯(じんたい)骨化症」を発症し、
22日に東京都内の病院で手術を受けることになりました。

サンスポ 燕・徳山、『黄色靱帯骨化症』発症で22日手術「全治はリハビリ次第」


9月に左太ももの内側にしびれを覚え、
10月には「みやざきフェニックス・リーグ」に参加したが、途中で宮崎から帰京。
その後の精密検査で難病が判明したとのこと。

「黄色靱帯骨化症」は、背骨付近の靱帯が硬くなり、神経を圧迫する原因不明の難病。
しびれや脱力を生み、重症の場合はまひをきたす。
球界では過去に巨人・越智投手やソフトバンク・大隣投手が手術を受けています。

全治はリハビリ次第で不明だそうですが、大隣投手は4か月後に実戦復帰しているので、
それを励みに頑張ってほしいですね。

私は徳ちゃんは好きな投手で応援しているので、とても残念で悔しいですが、
必ず復帰できることを信じています。

毎年、ファン感デーでは、徳山画伯として、得意のお絵かきで楽しませてくれていましたが、
今年はそれが見られないのが残念です。

一日も早い復帰をお祈りしています。

写真は今年の沖縄浦添キャンプ ブルペンの徳山武陽投手
e0222575_1764569.jpg



by misty2011 | 2016-11-21 09:01 | 東京ヤクルトスワローズ

2016年スワローズ「ヤ戦病院」けが人・故障者リスト(随時更新)

本日21日、倉敷マスカットスタジアムでの試合は、雨のため中止となりました。

これで、今日先発予定の小川投手が、おそらくナゴヤドームの中日戦にスライドでしょうね。
雨の中、強行してけが人が出ても困りますし、
途中で中止になるのは避けたいところ、早めの中止でよかったです。

試合がないので、今日は毎年恒例となった故障者リストをアップします。
今シーズンは比較的少ないので、けが人・故障者のリストアップを控えていましたが、
ここへ来て、たて続けに離脱者が出ました。

19日に阪神戦で谷内亮太選手がデッドボールを受け骨折、また20日には館山昌平投手の手術など、
今年もついに「ヤ戦病院」が賑わってきました。

ということで、わかる範囲で2016年けが人・故障者のリストをあげておきます。
(復帰情報も含めて)
なお、2軍情報は乏しいので、主に1軍メンバーからの離脱者です。

オープン戦、開幕以降も、制球が定まらず、どうもおかしいとは思っていましたが、
やはり、館山投手はひじに異変があったんですね。
過去にやった腱の移植や靭帯の再建手術とは違って、
今回はいわゆる関節ネズミ除去とクリーニングなので、館山投手にとっては軽めの手術。
とはいえ、右肘は5度目、他もいれると通算8度目の手術。
リハビリにじっくり時間をかけて、万全の状態で戻ってきてほしいです。

サンスポ ヤクルトに緊急事態…館山が5度目右肘手術、前半戦絶望

写真は2016年2月 キャンプブルペンで投げる館山投手
e0222575_1153397.jpg



◆投手陣 (敬称略)

館山昌平   4月20日群馬県内の病院にて、右肘関節遊離体摘出とクリーニングの手術
       全治6週間の見込み 
       7月6日 1軍復帰 


山本哲哉   2015年9月10日館林市の病院で右肘内側側副じん帯再建手術 全治1年リハビリ中
  
石山泰稚   2月キャンプ終盤から離脱 右肘滑膜炎  その後の情報が入ってきません。
       5月14日 戸田2軍戦で先発で復帰、4回1失点 
       5月31日 1軍復帰 
       6月13日 抹消 (肩痛)
       9月10日 1軍復帰 

デイビーズ  4月5日 背筋痛で抹消
       5月25日 1軍復帰 阪神戦で先発 

ペレス    3月29日 インフルエンザで抹消 
       4月8日 1軍復帰
       5月8日 2軍降格

徳山武陽   3月31日 インフルエンザで抹消
       6月28日 1軍復帰 

岩橋慶侍   4月5日 左足首に打球を受け打撲 6日抹消
           復帰後は1軍昇格と2軍降格の繰り返し

石川雅規   5月22日 左ふくらはぎ痛で登録抹消 
       6月1日 1軍復帰 
       6月3日 左ふくらはぎ痛で再び抹消 
       7月18日 1軍復帰 5勝目 

古野正人   6月15日 4回の守備で右肩負傷 抹消 

小川泰弘   6月27日 腰の張りで抹消
       7月20日 1軍復帰 

原樹理    6月29日 右肩の違和感で3回途中降板 登録抹消
       7月6日 横浜市内の病院で右肩の検査の結果、右肩甲下筋の肉離れと診断される。
       全治は未定。3~4週間は、ノースロー調整となる見込み 

村中恭兵   7月30日 左ひじの張りで登録抹消 
       8月31日 1軍復帰 
杉浦稔大   8月18日 腰痛のため抹消 
       8月30日 1軍復帰 巨人戦先発 
徳山武陽   11月22日 「黄色靱帯骨化症」発症で都内で手術 全治はリハビリ次第 New




◆野手陣 (敬称略)

バレンティン 3月14日 MRI検査の結果、左わき腹の軽度の肉離れと診断される。
       4月3日 1軍復帰
       4月24日 中日戦1回裏の守備で左足内転筋を痛め負傷交代も軽症
       4月26日 4番スタメン出場 

畠山和洋   キャンプ4日目にぎっくり腰で離脱 
       3月25日 開幕戦で1軍復帰 
       4月15日 背筋痛のため抹消
       5月7日  1軍復帰 
       6月13日 左手首痛のため抹消 
       6月15日 検査で左有鉤骨(ゆうこうこつ)骨挫傷と診断され、全治2ヵ月 
       右アキレス腱も悪化で、今季の復帰は絶望   

大引啓次   3月31日 腰痛のため抹消 
       4月21日 1軍登録 
       7月8日 腰痛のため抹消 
       7月18日 オールスター出場を経て、1軍復帰 

谷内亮太   4月19日 藤浪投手から死球を受け、左尺骨骨折 20日抹消
       4月27日 慶應義塾大学病院で骨折観血的手術を受け、全治3ヶ月の見込み 
       7月20日 2軍戦でDHで実戦復帰 
       8月07日 1軍復帰 


上田剛史   4月22日 死球を受け、検査の結果、右足小指剥離骨折で全治は未定
       4月23日 登録抹消 
       6月30日 1軍復帰

今浪隆博   6月17日 内野フライ捕球時に川端選手と衝突し担架で運ばれる。
       顔面から出血し14針縫う。脳しんとうの疑いアリ 
       6月21日 全体練習に参加
       6月24日 1軍復帰 
       9月03日 甲状腺機能低下症で登録抹消 全治は不明 New

川端慎吾   7月18日 右足首に自打球を受けて途中交代。検査の結果、
           「右舟状骨の骨折」で3-4週間の固定が必要と診断される。
       9月03日 2軍戦で実戦復帰 
       9月06日 1軍復帰 

雄平     7月26日 4回の打席で左脇腹を痛め、直後の守備から途中交代 
       7月27日 西宮市内の病院で検査を受け「左側腹部筋挫傷」と診断され抹消
            復帰は早くても1カ月はかかる見通し 
            左ひじ痛も発症 
       9月08日 1軍復帰 

山田哲人   7月30日 田原投手より背中に死球を受けるもフルイニング試合出場続行
       8月09日 2回の守備より交代 
       8月10日 遠征先の名古屋でMRI検査を受け、左第八肋骨骨挫傷との診断
            登録抹消 全治期間は未定 
       8月24日 1軍復帰 即スタメン出場 



写真は4月14日神宮アップ中 
グリーンの「2016TOKYO燕パワーユニホーム」がとても似合っている谷内亮太選手
打撃絶好調で、ショートのスタメンをつかむ大きなチャ
ンスだっただけに、
ケガでの離脱は、本当に無念でしょうね。
焦らずしっかり完治させて、また神宮に戻ってきてください。
仲良しの山田くんもヤクルトファンのみんなも待っています!
e0222575_1254468.jpg


離脱中の選手は一日も早い復帰を、そして、これ以上けが人が出ないことを祈っています。


by misty2011 | 2016-04-21 17:20 | 東京ヤクルトスワローズ

徳山武陽投手2016キャンプフォト+動画3本

東京ヤクルトスワローズ2016春季沖縄浦添キャンプより、今回は徳山武陽(たけあき)投手の写真と動画です。

ヤクルト沖縄キャンプレポは「ヤクルトスワローズ」のダグではなく「浦添キャンプ」のタグとなります。

2016年東京ヤクルトスワローズのキャンプインは、あいにく雨となりました。
キャンプ初日 ブルペン 
雨が強くなってきた頃で、濡れたレンズが曇ってモヤっとした不鮮明な画像ばかりです。
後ろで、戦略コーチ兼スコアラーの押尾健一コーチが見ています。
押尾コーチの役割は、投手にとっても野手にとっても重要でしょうね。
e0222575_1656423.jpg


e0222575_16561989.jpg


e0222575_16564571.jpg


e0222575_20323958.jpg


2月2日 陸上トラックでランニング 中央が徳ちゃん
e0222575_1741019.jpg



2月3日 室内へ移動中
e0222575_1658426.jpg


外でのアップのたメイングランドへ移動
e0222575_1751619.jpg



2月3日 投内連係その1 YouTube動画

      

3日 投内連係その2

      


2月3日 徳山武陽投手 ブルペン 

e0222575_1763481.jpg
 

e0222575_1764569.jpg



3日 徳山武陽投手 ブルペン YouTube動画

      


2月4日 陸上トラック芝生でトレーニング中
e0222575_20381010.jpg


ボールを使ったトレーニング
e0222575_20383744.jpg



徳山投手の写真はあまり撮っていませんでした。

年々、成長のあとは見えるので、今シーズンはさらにベンチの信頼を得て、
大事な場面でも任せてもらえるようになってほしいと期待しています。
by misty2011 | 2016-02-17 20:53 | 東京ヤクルトスワローズ

雄平選手、500万円アップの6500万円で契約更改

本日の契約更改から

私はてっきり川端慎吾選手の契約更改があるものと思っていましたが、まだなんですね。
明日でしょうか??

今日は雄平選手の契約更改がありました。
サンスポ ヤクルト・雄平「今年は自滅」 昨季より成績落とすも500万円増でサイン
スポニチ ヤクルト・雄平 500万円増で更改、成績ダウンも「良い1年だった」
 

雄平選手は、成績は昨年よりダウンも、優勝を決めた価値あるサヨナラ打があったり、
何より守備での貢献度は高いと思います。
500万円アップで6500万円。これって、田中浩康選手と同額なんですね・・・。う~~ん。

雄平選手は「悪くても出続ける苦しみも初めて味わったし、その中で最終的に優勝できた。
いろいろ詰まった良い1年だった」と振り返り、来季の飛躍へ選球眼を磨くことを誓ったそうです。

開幕後と9月以降は、まあまあ打ちましたが、それ以外の期間は不振に苦しんだシーズンでした。
ボール球でも何でも手を出しては凡退のシーンが多かったですね。
打席で何を考えて打っているのかわからないことがありました。
自慢のフルスイングも、途中からは当てに行くようなバッティングをすることが多々見られました。

来季は、選球眼を良くして、まずはボール球を振らないことから始めてほしいですね。
カット技術は意外とあるので、甘い球を絞って打てば、打率はおのずと上がると思います。
ただ、今季多く見られたような内野安打量産型の打者にはなってほしくないですね・・・。
フルスイングがウリなら、ホームランはやっぱりもう少し打ってくれないと!
今シーズンの苦い経験が、必ず来季は生かされることを期待しています。        

写真はリーグ優勝を決めた10月2日神宮 シートノック前のキャッチボール中の雄平選手
この時は、雄平選手が優勝を決めるサヨナラ打を打つとは予想できませんでした。
e0222575_16541698.jpg



これ以外の契約更改では、今浪隆博選手が400万円アップの年俸1950万円
出場は68試合ながら、打率.317は控えクラスではトップの成績。
それなのに、400万円しか上がらないんですかね?
これはシブチンすぎますよ、もうちょっと奮発してほしかったですね。

松岡健一投手の950万円ダウンの3600万円も厳しい査定ですね。
かつて勝利の方程式を担った投手でも、使いつぶされていく中継ぎ投手の悲哀を感じます。

私推しの徳山武陽投手は倍増で1580万円。よかったです。
来季は大事な場面でも投げられるよう、さらにベンチの信頼を得てほしいです。
スタミナさえつけば、先発で使っても面白いかもと思います。

森岡良介選手は、600万円減の3200万円で更改。
打撃がさぱりだったので、仕方ないでしょうね。
2年間務めた選手会長では、いろいろ気苦労があったと思いますが、
最後に優勝の祝勝会で、ビールかけの音頭をとって、おいしい役回りとなりました。
ああいう場面には適任者でしたね。
来季は、打撃をもう一度復活させてほしいと思います。


ヤクルトスワローズの契約更改の一覧表は サンスポ ヤクルト2016年度契約更改

選手は納得してサインしているので、それを外野があれこれ言うのはよくないとは思いますが、
それにしても一覧表を見ると、今年の契約更改は、妥当と言うより納得いかないケースが多いような気がします。
by misty2011 | 2015-12-09 19:27 | 東京ヤクルトスワローズ

2015ヤクルトファン感 追加分動画2本、中継ぎ投手陣トークと徳山画伯の似顔絵

二つ前の記事で、ファン感謝デーの記事は完了したつもりでしたが、
うっかり動画を2本分を紹介するのを忘れていました。

既にYouTube動画にはアップしていますが、改めてこちらの記事にもアップしておきます。

ヤクルトスワローズファン感謝デーの記事は、ヤクルトスワローズのタグではなく、
「ヤクルトファン感」のタグでご覧ください。
追加分のこの記事がラスト。
2015年東京ヤクルトスワローズファン感謝デーのフォトレポは全部で11記事あります。

追加分は、「日本人中継ぎトークショー」で、
秋吉亮、松岡健一、久古健太郎、中澤雅人、徳山武陽投手が登場
途中から撮ったので中途半端ですが・・・
松岡投手が、ブルペンが(オナラで)臭くて、ファブリーズをかけている話などしています。
徳山投手は、めっちゃ関西弁で話しています。

      


続いて、徳山武陽(たけあき)投手が描いた似顔絵です。
これは秋吉投手の似顔絵 髭の感じがよく特徴を捉えていますね。
ブルペンで、待機中に描いていることもあるそうです。
秋吉投手のほかには久古健太郎投手の似顔絵も公開
e0222575_13282557.jpg



      

以上、日本人中継ぎ投手陣のトークショーでした。

この続きで、公式アプリで募集したスワローズ新語・流行語の発表となります。記事は こちら
by misty2011 | 2015-12-02 13:58 | 東京ヤクルトスワローズ

徳山武陽投手フォト@2015ヤクルトキャンプ

東京ヤクルトスワローズ春季沖縄キャンプより、今回は徳山武陽(たけあき)投手の追加分の写真です。

昨日12日のオープン戦では6回途中からロングリリーフして、1安打無失点と好投しました。
その前の登板では2失点しましたが、今回はいい結果をだしました。
首脳陣は先発枠とは考えてないようですが、中継ぎとしてロングリリーフもできるので
開幕1軍には残れるのではないかと私は思います。
年々、制球、球速など成長しているので、これからも伸びしろを感じる楽しみな投手です。


キャンプ中にアップした写真は こちら


2日 サブグランド 守備練習
e0222575_11264960.jpg



2日 ブルペン
e0222575_11274173.jpg


e0222575_1128212.jpg


e0222575_11305671.jpg


e0222575_11312510.jpg


4日 ブルペン
e0222575_11291776.jpg


白い点々は雨粒です。かなり降っていました。
e0222575_11295582.jpg


e0222575_11315024.jpg


e0222575_1132363.jpg


e0222575_11321511.jpg


振りかぶって投げます。
e0222575_11323127.jpg




徳山武陽投手が登場するMY動画は
 3日 投内連係 
  http://youtu.be/cIxNyfp6Tf8 

 6日 投内連係
  http://youtu.be/QD9Hy51wgcE


ヤクルトスワローズ沖縄キャンプ見学レポの記事は、「浦添キャンプ」のタグでご覧ください。

私が撮ったヤクルトキャンプ動画51本の一覧は、YouTube My動画ページ tokyoysmistyで、ご覧いただけます。
by misty2011 | 2015-03-13 09:48 | 東京ヤクルトスワローズ

YSキャンプ秋吉亮&徳山武陽投手ブルペンフォトと動画1本

今回は東京ヤクルトスワローズ浦添キャンプより、秋吉亮投手と徳山武陽投手のブルペンです。

まずはキャンプ3日目ブルペンで投げる秋吉亮投手 動画編
同じサイドスローの高津臣吾コーチがアドバイスしていました。


     

3日ブルペンの写真
e0222575_10353888.jpg

“でんでん太鼓投法”のピッチングフォームで、体が開いてリリースする瞬間を撮りたいんですが、
いつもブレブレで上手く撮れません。
ヤクルト投手陣の中では、カメラ難易度は最高に難しい投手です。
それだけ腕の振りが、しなって速いってことでしょうね。
e0222575_1055419.jpg

 
こちらはビジターユニの6日のブルペン
e0222575_10371829.jpg

e0222575_10374265.jpg

後ろで真中監督が見ています。
e0222575_10375978.jpg




続いて、育成出身の徳山武陽(たけあき)投手 初日のブルペン
一番遠い方で投げました。柱があって見づらい場所です。
e0222575_10572311.jpg
e0222575_10573631.jpg


こちらは2日のブルペン
e0222575_1058765.jpg

私はひそかに期待しているピッチャーです。
今や絶滅危惧種と言われる大きく振りかぶって投げるワインドアップの投球スタイル
球速が上がってきているので楽しみです。
e0222575_10582381.jpg
e0222575_10583875.jpg
e0222575_10584811.jpg

今シーズンは1軍に定着できればいいですね。
e0222575_10585724.jpg



ヤクルトスワローズ沖縄キャンプに関する記事のタグは、「ヤクルトスワローズ」ではなく「浦添キャンプ」のタグでご覧ください。
by misty2011 | 2015-02-10 11:31 | 東京ヤクルトスワローズ

2014ヤクルトファン感 お絵かき対決No1画伯は?

11月23日東京ヤクルトスワローズファン感謝DAYその6は
お絵かきでスワローズNo1画伯を決める「スワローズNo1画伯決定戦」の写真です。

なお、これまでのファン感謝DAYの記事は「ヤクルトファン感」のタグをクリックしてご覧ください。


つば九郎が出すお題に、中村悠平捕手、徳山武陽(たけあき)投手、上田剛史選手、森岡良介選手の4選手がスケッチブックにお絵かきをして対決しました。
ステージに中村、徳山、上田、森岡4選手が登場
e0222575_19321495.jpg


e0222575_19331392.jpg

e0222575_19332290.jpg
e0222575_19332896.jpg
e0222575_19333549.jpg

まずは、徳山投手が上田剛史選手の似顔絵を披露 ミタパンが掲げています。そっくりですね!
e0222575_19351181.jpg

つづいて、上田選手が中村悠平捕手の似顔絵を描きました。
ホームベース状の顔の輪郭と天然パーマの髪の毛の特徴をよくとらえています。
e0222575_19373272.jpg


ふと外野スタンドを見上げると、各ブースで選手が野球カードを手渡していました。
石山泰稚投手
e0222575_19382449.jpg

こちらは八木亮祐投手のようです。
e0222575_19383195.jpg


まずは「つば九郎」のお題 中村悠平捕手のお絵かき
e0222575_19443898.jpg

徳山武陽投手のつば九郎の絵には会場からおぉ~と感嘆の声が
e0222575_19445954.jpg
e0222575_1945775.jpg

上田剛選手の作品
e0222575_19451538.jpg

森岡良介選手の作品
e0222575_19452369.jpg


再び外野スタンドを見上げると、村中恭兵投手がファンとの2ショット写真に応じていました。
e0222575_21393636.jpg


続いて、つば九郎からのお題は「バレンティン選手」の似顔絵です。

e0222575_21394529.jpg
e0222575_21414199.jpg
e0222575_21414919.jpg


あっ、雄平選手を見つけました。野球カードを配っていたようです。
e0222575_2142874.jpg

配り終えて引きあげる畠山、川端、雄平選手 3割打者対談に備えます。あれ?山田くんは?
たぶんこの時間に、山田くんは「山田うどん」で販売していたようです。
カードは配る時間がなかったようで、最後閉会して引きあげる際に、ネット越しにファンに配っていました。
e0222575_21441487.jpg

選手交代で、松岡健一投手と山本哲哉投手がブースにやってきました。
e0222575_21443354.jpg


こちらお絵かきの方は、徳山武陽投手が、スワローズNo1画伯に決定!絵の才能があっていいですね。
小栗旬さん似だと言われていますが、本物より優しい感じでイケメンかも!?
e0222575_21442622.jpg


以上、お絵かき対決でした。
by misty2011 | 2014-11-26 08:51 | 東京ヤクルトスワローズ

徳山プロ初勝利 川端・雄平・畠山援護弾

神宮での中日戦初戦に逆転負けを喫した東京ヤクルトスワローズ
今日も厳しい展開になりそうです?
先発はヤクルトが徳山武陽投手、中日ドラゴンズは朝倉健太投手

先制したのは中日
2回、徳山投手は先頭の平田選手を四球で出します。
森野将彦選手に右中間へのタイムリー2塁打を打たれ、上田選手の打球の追い方が拙かったのもあって、
1塁ランナーが一気にホームインして1点先制されます。

4回には、ヒットと四球で無死1、2塁から、再び森野選手にセンター前にタイムリーヒットを打たれ0-2
1塁ランナーのルナ選手は上田選手の好送球で3塁アウトにして、この回は1点どまりに抑えます。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 徳山投手が6回4安打2失点でプロ初勝利! 雄平選手が3打点

一方、ヤクルト打線は朝倉投手の前に3回まで森岡選手がエラーで出塁したのみ。

追いかけるヤクルトは4回1死後、川端慎吾選手が10号ソロホームランをライトスタンドへ運び1-2
2死後、雄平選手も19号ソロホームランをライトスタンドに放り込み2-2の同点に!

6回、中日は田島投手に交代すると、先頭の上田選手から、川端、畠山選手3連続四球で無死満塁のチャンス
ここで、雄平選手がレフトオーバーのタイムリーヒットを放ち4-2と勝ち越しに成功!

さらに、飯原選手のサード強襲ゴロをルナ選手が弾くタイムリーエラーで5-2
ヒットでもよかったかも?
中村悠平捕手もヒットでつなぎ1死満塁で、代打・バレンティン選手がセンターへ犠牲フライを運び6-2
この回、一挙4得点で試合をひっくり返しました。

7回からは松岡健一投手に継投。
代打の高橋周平選手に一発を浴び6-3となりますが、
その裏、畠山選手が14号ソロホームランを放ち7-3と再び4点差

敵ながら、中日は、どうしてもっと周平くんを使わないんでしょう?勿体ないですよね。

8回は秋吉投手が三者凡退に抑え、9回はバーネット投手が締め、7-3で中日を下しました。

徳山武陽投手は6回を投げ、4安打4三振3四球2失点の好投で、プロ初勝利を挙げました。
おめでとうございます。
今シーズンは、先発の数が足りなくて、チャンスをもらいながらも1軍と2軍を行ったり来たりしていましたが、
ここへきてようやく結果を出してのプロ初勝利、本当によかったですね。
スタンドで応援していたお母様も嬉しそうでした。

序盤は、球速が145~146キロも出て、随分ストレートが速くなったと思いましたが、
中盤にかけては落ちました。
それでも、よく4安打に抑えましたね。森野選手一人にやられたような感じでしからね。
一気に崩れなかったのがよかったです。
ただ、2失点とも四球が絡んでの失点だったので、その辺は反省点でしょうね。

次回もチャンスをもらった時には、今日のようなピッチングができるよう頑張ってほしいと思います。
次の登板が大事になってきますね。
ひとりでも戸田から上がってきた投手が、結果を出して勝ち投手になれたのは喜ばしいことです。

打つほうでは、4回にチーム初ヒットとなる慎吾くんの一発、続いて雄平選手の一発ですぐ追いつきました。

6回裏は四球でもらったチャンスに、雄平選手の勝ち越し打、そのあと相手エラーでチャンスが広がり
この回一挙4得点。よくつながりました。

チームは6安打ながら、7得点と今日は効率良い攻撃が出来ました。

チームは快勝だったものの、私としては山田くんが4打数ノーヒットに終わったのが何とも残念です。
第1打席では大きなセンターへの飛球でしたが、あとひと伸び足りずセンターフライ。
そのあとは、サードゴロ、空振り三振が2打席続き、打席の内容が悪かったですね。
4打席目は空振り三振で引きあげる際に、悔しそうな表情でした。

明日は、リセットandスタートで、気持ちを切り替えて、打席に立ってほしいと思います。
9月に入り涼しくなって、打撃も冷えてきた山田くんが心配ですが、あともう少しの頑張りです。
200本安打や打率のことをどうしても意識してしまうのは仕方ありませんが、
守りに入らないで、もっとポジティブに向かって行ってほしいと願います。
打席で考えすぎないよう、リラックスして思いっきりバットを振ってほしいですね。
好調時は、そうやって打ちまくってきたわけですから。

体重が落ちて、コンディション的にはよくないかもしれませんが、気持ちで乗り切ってほしいです。
せっかくのチャンス、このまま落ちて行かないでほしいですね。
不調の波は誰にでも訪れます。出来るだけ短期間で抜け出すことを祈っています。
また、必ず上向くことを期待しましょう!

逆に好調なのが雄平選手
今日は2安打、同点弾と勝ち越し打で3打点 素晴らしい働きでした。
雄平選手が活躍すると、みんなが笑顔になれます。
これからも雄平選手らしい鋭い当たりをかっ飛ばしてください。
e0222575_21503642.jpg


YouTube プロ野球チャンネル セントラルリーグ ハイライト

      
by misty2011 | 2014-09-03 22:09 | 東京ヤクルトスワローズ

徳山の初勝利を消したベンチワーク、延長ドロー

東京ヤクルトスワローズは今日から読売ジャイアンツとの北陸シリーズ2連戦。
雨が心配された富山アルペンスタジアムでしたが試合は予定通り午後6時プレーボール。
先発は巨人が内海哲也投手、ヤクルトは徳山武陽投手で、名前負けしないようしっかり投げてほしいと思います。

今日は山田哲人選手がトップバッターに起用され、山田-上田の以前もあった1、2番コンビ復活となりました。

試合はその1番山田くんが大当たり。
初回、先頭でライト線への2塁打を放ちチャンスメイク。
上田選手がバントで送って1死2塁から、川端選手のセカンドゴロで3塁から山田くんがホームインして1点先制!

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 徳山投手が7回途中2失点も初白星お預け、山田選手が4安打!

6回には、前2打席凡退していた先頭・バレンティン選手が左中間への2塁打で出塁。
ユウイチ選手がナイスバントを決め3塁へ進むと、飯原選手のレフト前タイムリーヒットで2-0とします。

7回2死後、山田選手がセンター前ヒット、上田選手が内野安打でつなぐと、
川端選手のレフト前タイムリーヒットで3-0とリードを広げます。

徳山投手は6回まで、強打巨人打線をわずか1安打に抑える好投。
それほどスピードがあるわけでもコントロールが抜群でもありませんでしたが、
無心で黙々とミット目がけて投げ込み、巨人打線はタイミングが合わないのか凡打の山。

疲れが見えた7回、先頭の阿部捕手に2塁打を打たれると、村田選手のライトフライでタッチアップして3塁へ。
高橋由伸選手には四球で1死1、3塁となったところでついに降板。

しかし、2番手藤田太陽投手がいきなりワイルドピッチで1点失い3-1となると、
当たっていない坂本勇人選手にライト前ヒットを打たれ1死1、3塁となったところで、3番手山本哲哉投手に交代。

ロペス選手に犠牲フライを打たれ3-2と1点差に追い上げられます。

ヤクルトは8回、代打の宮本選手がヒット、飯原選手もヒットでチャンスを作りますが、後続が倒れ得点できません。

その裏、バーネット投手が今日は三者凡退にきっちり抑えます。

9回、ヤクルトは先頭の山田選手がヒット、上田選手の送りバントで2塁へ進みますが、川端選手が倒れ
バレンティン選手はさすがにこの場面では敬遠され、武内選手は死球で2死満塁も
飯原選手が空振り三振に倒れ得点できません。

1点リードの9回裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板も、1死後、村田選手を四球で出し、
2死後、坂本選手にヒットを打たれ、ロペス選手は敬遠気味に歩かせると
2死満塁から、代打・矢野選手にレフト前にタイムリーヒットを打たれ、ついに3-3の同点に追いつかれます。

徳山投手のプロ初勝利が消えました・・・。

ヤクルトは11回、先頭の山田選手が今日4安打目のヒットで出塁も、上田選手が送りバント失敗などで
結局得点できませんでした。

両チーム必死の継投、野手もほぼ使い果たす総力戦となりますが、お互い決めきれず
そのまま延長12回3-3の引き分けに終わりました。

途中までは、徳山投手のプロ初勝利なるかと祈るように見ていたんですが、7回の継投が悔やまれますね。

徳山投手の球が浮いてきて、コントロールもつかなくなったので、交代は仕方ないと思いますが、
あのピンチでなぜ藤田投手だったのか?と疑問です。
結局、傷口を広げて山本哲哉投手を送り込むことになったわけで、最初から山本哲哉投手でよかったでしょうに。

バーネット投手は心配でしたが、中村悠平捕手と組めば、まあ大丈夫のようですね。ナイスピッチングでした。

同点に追いつかれた石山投手は、ロペス選手との勝負を避けて満塁にして、勝負強い矢野選手との対戦で
私はサヨナラを覚悟しましたが、よく同点止まりだったと思います。
スライダーが甘く入りましたね・・・。

それにしても、今日もまた勝てる試合を落としました。

ヤクルトベンチは先頭が出ると判で押したように送りバント。それが得点につながることもたま~にありますが
肝心の11回にはバント失敗が裏目に出て得点できませんでした。

バントで送っても、それ以降の打者でどれだけの確率で得点できるか、今までにわかりきったこと。
長打がバレ様以外ないいので、そこからヒット2本必要な事が多いくらいですからね。
それなのに、いつも同じバント、バント。もっと柔軟な采配ができないものでしょうか!?
バレ様の前で送って1塁ベースをあけたところで勝負を避けられるだけ。
今日は、最後の9回の打席以外はよく巨人バッテリーも勝負してくれたとは思いますが。

あとは、今日はやっぱり2番手で藤田投手を出したことでしょね。
徳山投手の好投、プロ初勝利に導くためにも、結果はどうあれ、あそこは即、山本哲哉投手だったと思います。
確かに、藤田太陽投手は一度、満塁で火消しをした好投はありましたが、
僅差の勝ちゲーム、しかも今日のようなピンチで出すには怖すぎます。そういうポジションの投手ではないでしょう。

3点で逃げ切れるかと言われたら微妙ですが、万全の策をしていれば逃げ切れたと思えた試合だったので、
また徳山投手の初白星が消えてしまって、本当に悔しいドローとなりました。
引きわけでも、なんとなく負けた気分です。

e0222575_16595141.jpg

写真は昨年の西都キャンプより 育成#115の徳山武陽投手

徳山投手はプロ初勝利はおあずけとなりましたが、次回もチャンスをもらった時には、
今日のようなピッチングができるよう頑張ってほしいと思います。
続けて好投できることが大事ですから。

今日は、ホントに予想以上の好投で嬉しい驚きでした。勝てば救世主が現れるってとこだったでしょうね。
これからも育成の星となれるよう好投を期待したいと思います。
ナイスピッチング、ありがとうございました。
勝ちがついていれば、これからの投球にもっと自信が持てたでしょうね。その意味でも残念です。

打つほうでは、何と言っても1番に起用された山田哲人くんが4安打の固め打ち。
1番って合うのかもしれませんね。こちらも、このバッティングが続くよう頑張ってください!
今日で、もうセカンドのスタメン争いは勝負あったでしょうね!?

飯原選手も3安打猛打賞1打点と活躍しました。4安打目はさすがに厳しかったですね。
明日からも打って下さいね。

あと思ったことは、8回のチャンスに谷内選手に代打を出せなかったかな?ということ。
また、守備固めに慶三くんがいればね~と思わなくもなかった打球がありました。

それから、捕手2人制をとっているため、代打で相川さんが使えないことも残念ですね。
私は捕手3人制にしてほしいですけど。

グダグダまとまりがつかない記事になったので、これで終わります。
しかし、こんな試合をやっているから勝てる試合も勝てなくて、そりゃ~最下位になりますよ。
あまり采配がどうこう言いたくはないですが、采配で負ける試合が今年は多すぎるように思います。
しかも、同じことの繰り返しで、ちっとも学習できてないというのが残念なんです。
by misty2011 | 2013-09-03 23:17 | 東京ヤクルトスワローズ