Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:星知弥 ( 12 ) タグの人気記事

星7回1失点で2勝目☆7-1で快勝!2回一挙6得点

5連敗で最下位転落した東京ヤクルトスワローズ、今日は交流戦前最後の一戦です。

先発は、中日ドラゴンズが中4日のバルデス投手、ヤクルトは星知弥投手
スタメンは、1番大引、2番坂口、6番ファースト鵜久森、8番サードに谷内選手が入りました。

選手公示では、背中の張りで小川泰弘投手が登録抹消され、比屋根渉選手が上がってきました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・星投手が7回1失点で2勝目!交流戦前最後の試合で連敗脱出!

(毎度ながらタイプミスが多数あったので訂正してお詫びします。)

初回、大引選手のレフトフェンス際への大飛球は藤井選手に好捕されます。
坂口選手は右中間への2塁打で出塁
山田選手はいい当たりながらレフト正面へのフライ。
これがヒットにならないところが今の不調を物語っています。好調時ならスタンドインでしょ。
雄平選手は空振り三振で先制ならず。

1回裏1死後、星投手は、振り逃げで亀澤選手を出します。
2死後、ビシエド選手にはレフト前ヒットを打たれ1死1、2塁
ゲレード選手は捉えられた当たりもセンターフライで、無失点に抑えます。

2回、先頭のバレンティン選手がレフトフェンス際へのシングルヒット
鵜久森選手はショートゴロも、京田選手が後逸するエラーで、
バレンティン選手が好走塁で無死1、3塁
鵜久森選手の打球は併殺コースだったので、これは超ラッキー!

ここで、中村悠平捕手がセンター前にタイムリーヒットを放ち、ヤクルトが1点先制!
なおも無死1、2塁で、谷内選手もセンター前ヒットでつなぎ無死満塁。
星投手は三振で1死満塁から、大引選手はレフト前タイムリーヒットを放ち、二者生還して3-0
坂口選手はセカンドゴロで2死1、3塁。
山田選手はフルカウントから四球で歩き2死満塁。とりあえず最低限の仕事、つなげてほっとしました。
つづく雄平選手はレフト前にタイムリーヒットを放ち二者生還して5-0
バレンティン選手はレフトへのタイムリーヒットで6-0
鵜久森選手はサードゴロで3アウト。
この回打者11人、6安打と相手エラーも絡んで一挙6得点!

その裏、ライトの守備に上田選手が入りました。
雄平選手、昨日の試合で脚を痛めたようですが、その影響でしょうか?心配です。

星投手は1死後、平田選手にレフト前ヒットを打たれ、
2死後、代打の福田選手にレフトへの2塁打を打たれ2死2、3塁のピンチを招きますが、
京田選手を打ち取り無失点で切り抜けます。

3回、中日はドラ1ルーキーの柳裕也投手が登板
ドラ2ルーキー星投手とは同じ明治大学対決となりました。
そういえば、解説の川上憲伸さんも明治ですね。
1死後、谷内選手がセンター前ヒット、星投手は送りバントを決め2死2塁
大引選手はセンターフライで追加点ならず。

その裏2死後、星投手はビシエド選手にヒットを打たれますが、後続を打ち取ります。

4回1死後、山田選手は、真ん中の球を見逃し三振。見逃すような球じゃないのに・・・
ヒットは増えず、三振ばかりが増えてきました。良くなるどころか重症です。
もういい加減3番から外してください。

上田選手はセンター前ヒット後、
バレンティン選手が右中間へのタイムリー2塁打を放ち7-0一方的な展開になりました。
ココちゃん、既に3安打猛打賞で2打点!
鵜久森選手はセカンドゴロで3アウト。
みんな簡単にヒットを打っているのに、
ここまで、まだヒットがない野手は、山田、鵜久森選手のみとなりました。

その裏、星投手は2者連続三振など三者凡退に抑えます。

5回2死後、柳投手VS打者・星くんの対決は、空振り三振に倒れました。

その裏、星投手はテンポよく3人で片付けます。

6回、中日は福谷投手が登板
1死後、坂口選手が四球で出ます。
山田くん、1本くらい打ってほしいと祈りましたが、セカンドゴロ併殺打。
今日もヤクルト恒例行事の併殺打がここで出ました。
全力疾走していたかどうか??ですが、走るのも遅いし、なんなのこの絶望感は・・・。涙
打てなくても、もっと必死さがあれば救いようがあるんですが、今はそれもなし。

その裏、星投手はゲレーロ選手に10号ソロホームランを浴び7-1

7回、中日は三ツ間投手が登板
2死後、代打の武内選手は粘って四球で歩きます。
中村捕手は左脇腹への死球で2死1、2塁。以前にぶつけられた同じ箇所へ2度目です。
点差があるので、もう交代でいいのにそのまま1塁へ出ます。
真中監督のこういうところの危機管理については、私は疑問です。
谷内選手は空振り三振で3アウト。

その裏、星投手は、先頭の平田選手にレフトへ2塁打を打たれ、
代打の森野選手はいい当たりのサードライナーで1死2塁
工藤選手はセカンドゴロで2死3塁
京田選手はヒット性のライトへのライナーで3アウト。

8回、中日は左の小川投手が登板 三者凡退に終わります。

その裏、ヤクルトはルーキ投手が登板
上位打線を三者凡退に抑えます。

9回、続投の小川投手から先頭の山田選手がセンター前ヒットで出塁。ようやく1本出ました。
やっと初球のストライクを見逃さず打ちました。これをもっとやれ!
上田選手は送りバントでオールセーフとなり無死1、2塁
バレンティン選手はセカンドゴロ併殺打で2死3塁。今日チーム2個目の併殺打
武内選手は空振り三振で3アウト。

9回裏、ヤクルトはギルメット投手が登板
中村捕手はファールチップが当たり痛そうでしたが、プレー続行。
死球もあったし、今日は当たりまくりですね。西田捕手に交代すればいいのに代わりません。
2死後、平田選手が今日3安打目のヒットで出ますが、後続を打ち取りゲームセット。

ヤクルトは7-1で中日に快勝して、連敗を5で止めました。

星知弥投手は、7回を投げ79球6安打4奪三振無四球、ソロ弾の1失点のみで2勝目ゲット!
ナイスピッチング、おめでとうございます。
今日は2回に味方の援護が6点もあって、比較的らくに投げることができました。
もう少し投げさせるかと思いましたが、7回でお役御免となりました。
小川投手離脱で、先発事情が苦しくなってきたいま、星投手の右腕に大いに期待したいと思います。
e0222575_20515442.jpg


打線は、今日はバルデス投手を攻略して2回に一挙6得点。
2回は相手エラーもあって、6安打(訂正)4適時打と、いつもはつながらない打線がよくつながりました。
それだけバルデス投手の調子がよくなかったのもあったでしょうね。

最終的には11安打で7得点と今日は効率よく点が入りました。
バレンティン選手が3安打猛打賞2打点。谷内選手がマルチヒットなど、
先発野手は鵜久森選手以外全員ヒットを打ちました。

山田選手は9回にようやく1日1善のヒットが出ました。
状態はよくないままですが、最後にヒットが出たのを前向きに捉えるしかありません。
ノーヒットのままで終わるのとでは、気分的には違うでしょう。

いろいろ書きたいことは山ほどありますが、最後のヒットで、ぐっとこらえて書くのは控えます。
山田くんの絶不調で、私まで体調不良になって、いつブログを休止するかタイミングを見計らっています。
心配しすぎて食べられなくなりました。元々食は細いんですが、夏前にこれ以上は痩せられません。
今日ノーヒットのままだと、交流戦開始前と考えていましたが、最後のヒットで延命!?
いましばらく様子見とします。

ヤクルトはようやく連敗が止まり、中日と入れ替わって5位で交流戦に向かいます。
交流戦では、パの好投手と数多く当たるので、打線はより厳しくなりそうですが、
今日のような投打がかみ合った試合を少しでも多く見たいと思います。
健闘を祈ります。

それにしても雄平選手が心配ですね・・・。
昨日、脚を痛めた時点で交代でよかったでしょうに。軽症でありますように!
続報があれば追記します。
 【追記】 
雄平選手は右ひざを痛め途中交代とのことです。
サンスポ 燕・雄平、前日に右膝痛め途中交代 真中監督「状態がよくない」

それから、中村捕手も満身創痍なので、たまには休養日があっても良さそうに思います。
相変わらず真中監督は動きませんね・・・。

by misty2011 | 2017-05-28 19:09 | 東京ヤクルトスワローズ

継投の差!星2勝目ならず★4-5で逆転負け!バレ7号2ラン&坂口移籍1号弾が空砲に

昨夜は制球難の藤浪投手を攻略して4連勝と勢いに乗る東京ヤクルトスワローズ

神宮3戦目の先発は、ヤクルトが星知弥投手、阪神タイガースは小野泰己投手のルーキー対決。
ヤクルトのスタメン野手は前日と同じ

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト バレンティン選手の7号2ランで先制するも逆転許し連勝ストップ、坂口選手は移籍後初の1号ソロ

初回、星投手は先頭の髙山選手にヒットを打たれますが、後続を抑えます。
その裏、ヤクルトは三者凡退

2回、星投手は2四球を与えますが、無失点に抑えます。

その裏、雄平選手がサード内野安打で出ると、3ボール0ストライクから、
バレンティン選手がバックスクリーンに7号2ランを放り込み、ヤクルトが2点先制!
カウントをとりに来る甘いストレートを見事に捉えました。

3回、星投手は先頭の髙山俊選手にライトスタンドへ、
続く上本博紀選手にはレフトスタンドにソロホームランを運ばれ、
二者連続被弾を浴びて、たちまち2-2の同点に追いつかれます。


その裏、先頭の坂口智隆選手が、移籍後初ホームランをライトスタンドに放り込み、
3-2と勝ち越します。

グッチに待望のホームランが出ましたね♪
ここまで、神宮の夜空に既に4発の花火が打ちあがりました。

1死後、山田選手は3球三振で、ルーキー小野投手の前に2打席連続の三振に倒れます。
あらら、今日はダメな日なのか!?外の球が見えていません。
ホントに調子が2試合と続きませんね。
こういうのが通常運転となりつつあるので、打率が一向に上がりません。

4回、星投手は四球を出しますが、0点に抑えます。
その裏、バレンティン選手がセンター前ヒットで出塁。
1死後、中村捕手は四球で1死1、2塁
大引選手は空振り三振で2死となり、星投手は打撃妨害で2死満塁。
トップに戻り、坂口選手はファーストゴロで追加点ならず。

5回、星投手は初めて三者凡退に抑えます。

その裏、先頭の藤井選手が叩きつけるバッティングで内野安打で出塁。
ワイルドピッチで2塁へ進むと、山田選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち4-2
やれやれ、タイムリーヒットが出てよかったです。
盗塁してほしいと思ったら、雄平選手が初球を打ってショートゴロ併殺崩れで1死1塁。
雄平選手、山田くんが走るまでちょっと待てよ~

ここで、阪神は桑原投手に交代。バレンティン、今浪選手が倒れ1点どまり。

2点リードで6回、星投手は藤井選手のサードライナー好捕もあり、この回も三者凡退に抑えます。

その裏、ヤクルトは桑原投手の前に三者凡退

7回、星投手は自己最長イニングです。
1死後、代打キャンベル選手に四球を与えます。
つづく代打の伊藤隼太選手にライトへ2塁打を打たれ1死2、3塁のピンチを招きます。

ここで、2番手のルーキ投手に交代
トップに戻り、髙山選手は高く弾んだセカンドゴロがタイムリー内野安打となり4-3
なおも1死1、3塁で、上本選手はショートゴロも2塁セーフとなり、その間に3塁走者が生還して4-4
星投手の2勝目が消えました。

続く糸井選手はファーストゴロで、この回から1塁守備についた荒木選手が捕って2死2、3塁
福留選手は敬遠策も、ルーキ投手が、まさかの敬遠ワイルドピッチで、3塁ランナーがホームイン。
この回3失点で、4-5と逆転されます。

う~ん、これは継投がワンテンポ遅れたでしょうか?

7回裏、阪神は岩崎投手が登板 捕手は梅野捕手に交代しセカンドは大和選手
坂口選手はセカンドフライ、代打の谷内選手は四球で歩きます。
山田選手はフルカウントからファーストファールフライで2死1塁。
ストレート待ちとしても、その前に、甘い変化球を2球見逃したのが勿体ない。
続く雄平選手に期待も、フルカウントからボール球を3球ファールして、最後は空振り三振で得点ならず。

いつも思うのは、山田選手はストライクを振らなさすぎ、雄平選手はボール球を振りすぎ。
二人を足して2で割りたいくらい。

8回、ヤクルトは石山泰稚投手。3人で片付けます。

その裏、阪神はマテオ投手が登板
バレンティン、荒木、中村選手があっさり三者凡退

9回、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
ここで使うのなら7回2番手で投げてほしかったのに・・・。
先頭の梅野捕手の打席で、ファールチップが中村捕手の右腕に当たり、ベンチで治療して出てきます。
この回、近藤投手は3人できっちり片付けます。

1点を追うヤクルト9回裏、阪神はドリス投手が登板
先頭の大引選手がピッチャー強襲内野安打で出ます。
代打の上田選手の送りバントをドリス投手がファンブルするエラーで無死1、2塁のチャンス到来!
坂口選手は送りバントで1死2、3塁
一打サヨナラで、代打・大松選手は四球を選び1死満塁
さあ、山田くん、今日こそ初のサヨナラを決めてくれるか!?
惜しい大ファールのあと、高めのインスラに空振り三振。
はぁ…きょうも決められません。今日3三振。
あのファールが切れてなければサヨナラ満塁弾でしたが・・・。三振前の…でしたか。
う~~ん、持っていません。

それならば雄平選手が決めてくれるはず。
しかし、雄平選手も空振り三振でゲームセット
ヤクルトは4-5で阪神に敗れ、5連勝はなりませんでした。

今日はバレ弾で2点先制し、坂口選手に移籍後初アーチが飛び出し、
星投手が7回途中まで2点リードしていて、勝たなくてはいけない試合でした。

坂口智隆選手、待望の移籍後1号アーチも空砲に
e0222575_9125480.jpg


勝てる試合でしたが、7回は継投ミスでしょうね。
球数が増えていたので、7回あたまから、すっぱり星投手を交代しておくか、
7回1死後(訂正)に四球を出した時点で交代でしょうね。
あと、9回に近藤投手を使うのなら、7回は近藤投手だったらと、タラレバですが残念です。
回の途中からのリリーフは、火消し役の近藤投手のほうが信頼できるように思います。

私としては、9回満塁のサヨナラの場面で、またも山田くんが打てなかったことが悲しかったです。
こういう場面で打てないので、いつまでたっても勝負弱いと言われます。
またまた、山田くんにヘイトが集まりそうで気が重いです。
次こそ、見返してほしいですが、その時がくるでしょうか!?

正直、大ファール後、たぶん三振だろうって思っていたら、その通りだったのが悔しすぎます。
勿論、期待はしていますが、こういうところで、山田くんが打てないのも事実なんです。
重い結果を受け止めるしかありません。メンタルなんですかね?

4月2日も、9回満塁サヨナラの場面で空振り三振に倒れ、
あの試合は、延長で代打・鵜久森選手がサヨナラ満塁弾を打って勝ったので救われましたが、
私は現地観戦で、劇的勝利なのに、山田くんが決められなかったことが大ショックで、
泣きたくなったくらい悲しかったですから。その時と被ります。

それにしても、勝ちたかった試合でしたね。
阪神はビハインドでも、勝ちパターンの継投を惜しみなくつぎ込み、結果として逆転されました。
今日の負け方は、非常に後味が悪いものとなりました。
5連勝していれば、どれだけ勢いがついたことかと残念です。

また火曜日から切り替えて戦っていくしかありません。私はまだ引きずりそうですが・・・


by misty2011 | 2017-05-21 22:15 | 東京ヤクルトスワローズ

地味な男・荒木貴裕選手がド派手に決めた!サヨナラ満塁弾☆5×-1

東京ヤクルトスワローズは、松山坊ちゃんスタジアム初戦で、
勝たなくてはいけない一戦に、痛すぎる逆転負けを喫しました。
今日こそ負けられない試合、絶対に勝たなくてはいけません。

先発はヤクルトが星知弥投手、中日は吉見一起投手
スタメン6番ファーストに地元出身の鵜久森選手が入り、8番ショートに西浦選手

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 荒木選手の2号満塁ホームランでサヨナラ勝利!先発・星投手は6回1失点の粘投

今日は出かけていて全部は見ていないので簡単に。

立ち上がり、星投手は京田選手にレフトへ2塁打を打たれ、送りバントで1死3塁から、
大島選手にレフトへ犠牲フライを運ばれ、1点先制を許します。
浅めのフライでしたが、バレンティン選手のバックホームが間に合いませんでした。

ヤクルトは2回、雄平、バレンティン選手が連打で、1死後、中村捕手もヒットで1死満塁のチャンス。
つづく西浦選手のショートゴロの間に3塁ランナーが生還して1-1の同点に。

星投手は、毎回ランナーを出す苦しいピッチングも、2回以降、無失点に抑えます。
ヤクルト打線は、吉見投手の老獪なピッチングの前に、
なかなかチャンスを作れず、こちらも追加点が奪えません。

ヤクルトは星投手が6回まで投げ、7回からはルーキ投手、8回は石山投手が0点に抑えます。

8回は2死後、藤井選手が粘ってレフトへのヒットで出ますが、山田選手はセンターフライに倒れ、
ここまで4打数ノーヒットで、せっかく2割5分まで上げた打率がまた下がります。

先日の4安打で「完全復調」なんて文字が踊りましたが、
ホームランが出るかレフトへの長打が出るまでは、私はまだまだだと思います。
本当に復調するためには、やはり最低でも1日1安打は打っておかなくては。
山田くん、乗れませんね。
今日はサードライン際へのヒット性の打球はありましたが、高橋周平選手に好捕され抜けませんでした。

9回は、前の試合で逆転3ラン被弾を浴びた秋吉投手が登板
先頭の京田選手にセンター前ヒットを打たれ、送りバント、四球で1死1、2塁となり、
前日3ランを打たれたビシエド選手を迎えます。
秋吉投手はサードゴロに打ち取り、平田選手も三邪飛に抑え、無失点で切り抜けます。

その裏、中日はリリーフに回った大野雄大投手が登板
1死後、バレンティン選手は四球を選びます。
つづく代打の榎本選手は送りバント失敗で2死1塁。中村捕手は歩いて2死1、2塁。
今日スタメンの西浦選手も四球を選んで2死満塁のチャンスorヤクルト的にはピンチ?
このサヨナラのチャンスに、途中出場の荒木貴裕選手が、
なんとなんと今季2号満塁ホームランをレフトスタンドに叩き込み、
ヤクルトが5×-1で、見事サヨナラ勝ちを決めました。


写真は4月16日ハマスタ 
キャンプでも人一倍練習熱心だった荒木選手、大仕事をして、ようやく結果を出しました。
e0222575_1657139.jpg


いやいや、荒木選手がサヨナラ、それもグランドスラムで決めてくれました。
ずっと控えで少ない出番に耐えていましたが、最高の仕事をやってくれました。
おめでとうございます!

ヤクルトのサヨナラ満塁弾は、4月2日の代打・鵜久森選手の逆転満塁弾に続いて今季2回目です。
膠着状態が続いていましたが、最後は地味な男がど派手に決めました。
本当に良かったですね、荒木選手。
これでまたスタメンでの出番があるかもしれませんね。頑張って下さい。

今日の劇的サヨナラ満塁弾は、勝った上に、昨日のお返しがきっちりできました。
チームも、そして9回を投げ今日の勝ち投手となった秋吉投手も救われたことでしょう。
秋吉投手はこれで4勝目となりました。

先発の星投手は、6回7安打1失点と、毎回打たれながらも最少失点に抑えました。
よく粘りました。

打線は、中日より少ない8安打ながら、最後の満塁弾があまりに劇的でした。
雄平選手がマルチヒット。
しかし、山田選手がノーヒットで終わったのが残念です。
次のカード東京ドーム3連戦は、本当に復調なるかどうかの大事な試合となるでしょうね。
上向くことを信じてやみません!やはり山田選手が打たないと、勝ってもすっきりしません。

by misty2011 | 2017-05-14 16:59 | 東京ヤクルトスワローズ

両チーム32安打の乱打戦を制す☆12-5、星5回3失点でプロ初勝利、雄平2塁打×4で4打点

昨日は、7回までに小川投手の好投で5-0とリードしながら、
8回に守りのミスから梶谷選手に満塁同点弾を浴び、
延長でサヨナラ負けを喫した東京ヤクルトスワローズ。
イヤなムードを今日は断ち切らないといけません。

ゴールデンウィーク最後の試合となった3戦目
先発は横浜DeNAが久保康友投手、ヤクルトは星知弥投手
スタメンは、2番サードに藤井選手、8番ショートに谷内選手が入りました。

e0222575_205614100.jpg


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 今季最多の19安打12得点、乱打戦を制し連敗ストップ!先発・星投手はプロ初勝利

初回、坂口選手がショート内野安打で出塁。
2番サードスタメンの藤井選手もセンター前ヒットでつなぎ無死1、2塁
山田選手は四球で歩き無死満塁。
ここで、雄平選手がフルカウントからレフトへ2点タイムリー2塁打を放ち、ヤクルトが2点先制!
無死2、3塁でバレンティン選手は四球で歩き、再び無死満塁。

続く満塁男の鵜久森選手はサードゴロも、宮崎選手が弾いて、3塁から山田選手がホームインして3-0
なおも満塁から、中村捕手はショートゴロで、3塁ランナーが生還して4-0
中村捕手のショートゴロは、2塁はアウトも、
エリアン選手の送球がワンバウンドで1塁はセーフとなり、1死1、3塁。
早くもDeNA内野陣にミスが2つも出ました。

ここで、谷内選手はレフト前にポテンと落ちるタイムリーヒットを放ち5-0
1死1、2塁から、星投手は初球バスターを決め1死満塁。ナイスバッティング星くん♪
このあと、坂口、藤井選手が倒れ3アウト。
しかし、初回に5点とは、星投手に大きな援護点となりました。

その裏、星投手は先頭の桑原選手をショート内野安打で出します。
谷内選手が後ろに逸らしました。
捕っても1塁はアウトがとれるかどうかという打球でしたが、せめて止めてほしかったですね。
先日は大引選手がトンネルエラー、今日は谷内選手と、星くん、守備に足を引っ張られまくります。

梶谷選手は四球、ロペス選手はレフト前ヒットを打たれ無死満塁となり、
筒香選手にライトへ犠牲フライを運ばれ5-1

1死1、2塁となり、宮崎選手は四球で1死満塁
つづく戸柱捕手はライトへ犠牲フライを運ばれ5-2
どちらの犠飛も、雄平選手の肩が抑止力となり、3塁へは進ませません。
2死1、2塁となり、エリアン選手にも四球を与え2死満塁
8番・久保投手はファーストゴロに打ち取り、ようやく3アウト。何とか2点で踏みとどまりました。

しかし、初回から落ち着かない試合となりましたね・・・。

2回、ヤクルトは先頭の山田選手がセンターフェンス直撃の3塁打で出塁。もうチョイでホームラン。
山田くん、あまりスピード感はありませんでしたが、3塁までよく走りました。
つづく雄平選手が右中間へのタイムリー2塁打を放ち6-2
多くのヤクルトファンは、雄平選手の4番は頼りなく思っているかもしれませんが、
バレンティン選手の4番よりは、よほど頼りになります!もっと早くこうしておくべきでした。
バレンティン選手は、もっと下位でもいいくらい。
このあと、バレンティン選手もレフト前ヒットで続き無死1、3塁
鵜久森選手はピッチャーゴロ併殺打も、その間に3塁から雄平選手がホームインして7-2

その裏、星投手は先頭の倉本選手にセンター前ヒットを打たれ、
1死後、梶谷選手にレフトフェンス直撃の2塁打を打たれ1死2、3塁
ロペス選手にセンターへ犠牲フライを運ばれ7-3
星投手、ここまで3失点はすべて犠牲フライです。
筒香選手はショートフライで3アウト。

3回、ヤクルトは三者凡退

その裏、先頭の宮崎選手の強いショートライナーを谷内選手が弾きますが、1塁アウト。
宮崎選手が鈍足で助かりました。
このあと、星投手は戸柱捕手にレフト前にヒットを打たれますが、後続を抑えます。

4回、先頭の山田選手はサードゴロ。今日は1塁へちゃんと走っていました。
2死後、バレンティン選手は四球で歩き、鵜久森選手は空振り三振

その裏、星投手は初めて三者凡退に抑えます。

5回、先頭の中村捕手がセンター前ヒット
2死後、久保投手の暴投で中村捕手が2塁へ進み、坂口選手がレフトへタイムリー2塁打を放ち8-3

その裏、星投手は先頭ロペス選手をサード内野安打で出します。
この回から、サードに谷内選手、ショートに西浦選手がつきましたが、谷内選手がまた弾きました。
2死後、戸柱捕手にライへヒットを打たれ2死1、3塁も、
エリアン選手をファーストゴロに打ち取り3アウト。今季は優しいエリアン選手で助かります。

6回、横浜は加賀投手
先頭の山田選手が三遊間を破るヒットで出塁。
雄平選手はセンターフライ
バレンティン選手は、天敵・加賀投手から初ヒットとなる右中間への2塁打で、1死2、3塁。
山田くんは3塁ストップでした。
代打の武内選手は敬遠で1死満塁
中村捕手は空振り三振。谷内選手はショートゴロで追加点ならず。

6回裏、ヤクルトは星投手から成瀬投手に交代
横高対決、先頭の荒波選手を空振り三振後、倉本選手にライト前ヒットを打たれ、
ここで近藤投手に交代。
桑原選手は左中間への2塁打で1死2、3塁。
梶谷選手は三邪飛、ロペス選手をピッチャーゴロに打ち取り、無失点で切り抜けます。
ナイスリリーフ!

7回、横浜は田中健二朗投手
先頭の代打・榎本選手はレフトへのヒット
坂口選手はセンターフライ、西浦選手はサードゴロ併殺打で3アウト。

7回裏、ヤクルトはルーキ投手
筒香選手は、山田選手の筒香シフトでセカンドゴロ 
後続も抑え3人で片付けます。

8回、横浜は進藤投手-嶺井捕手のバッテリーに交代
先頭の山田選手は見逃し三振。う~ん、今日も猛打賞ならずか・・・。
雄平選手はフェンス直撃の2塁打。こちらは3安打猛打賞、しかも、左中右と打ち分けて全部2塁打!

2死後、武内選手は敬遠気味の四球、
続く中村捕手がレフトへのタイムリー3塁打で、ランナーが二者生還して10-3
筒香選手が突っ込んできましたが捕れず、後ろに打球が転がり今季3本目の3塁打となりました。
前日の5点差からの大逆転負けを考えると、大きな追加点が入りました。

その裏、7点リードで石山泰稚投手が登板
センターは上田選手、レフトは坂口選手
今日まだノーヒットの先頭のエリアン選手に右中間への2塁打を打たれます。
嶺井捕手はセカンドへの内野安打で無死1、2塁
センターへ抜けようかという打球に山田くんがよく追いつきましたが、1塁セーフ。
倉本選手はレフト前ヒットで無死満塁のピンチ

トップに戻り、桑原選手はレフトへのタイムリー2塁打で二者生還して10-5と5点差。ブルブル
なおも無死2、3塁で梶谷選手は空振り三振
ロペス選手は浅いセンターフライ、筒香選手は初球を打ちあげサードフライで3アウト。
いやいや助かりました。

9回、先頭の上田選手が1塁線を破る3塁打、
坂口選手はライトフェンス直撃のタイムリーヒットで11-5 惜しい、移籍初ホームランならず。
西浦選手はショートゴロ併殺で2死ランナーなし。
山田選手は左わき腹への死球で歩きます。またぶつけられましたか。
当たった痛みのダメージは小さそうですが、せっかく調子があがってきたところなので、
影響がないといいのですが。

ここで、雄平選手は右中間へのタイムリー2塁打を放ち12-5
何と、今日4本目の2塁打となり、プロ野球タイ記録達成!
凄すぎ雄平選手!ミスターツーベースを襲名しましょう!

その裏、7点リードでヤクルトは秋吉投手が登板
三人で締めゲームセット。
ヤクルトが12-5で乱打戦を制し、連敗を4で止めました。

これにより、先発の星知弥投手が、2度目の先発でプロ初勝利を挙げました。
おめでとうございます。
立ちあがりは不安定でしたが、味方の援護もあり立ち直りました。
3失点はすべて犠牲フライで、タイムリーヒットは打たれていません。
変化球の精度など、課題は山積みですが、まだ1年目、これからの成長に期待しています。

今日はヤクルトが今季最多の19安打12得点、DeNAは13安打5得点、
両チーム合わせて32安打の激しい打ち合いでした。

ヤクルトは前日の5点リードから逆転負けを喫した悔しさから、
今日は、何点取っても安心しないで貪欲に点を取りました。
終盤8、9回の4点追加が効きました。

中でも4番の雄平選手が初回の先制タイムリー2塁打から始まり、2塁打4本のプロ野球タイ記録を達成!
おめでとうございます。セ・リーグでは同じヤクルトの岩村選手以来だそうです。
今日4本の2塁打で4打点、打率は.311まで爆上げしました。

また、坂口智隆選手も今日4安打2打点の固め打ちで、こちらも打率を.281まで上げました。
そのほか、山田選手、バレンティン選手、中村悠平捕手がマルチヒット

しかし、いいことばかりではなく、ヤクルトはショート、サード問題が解決しそうにありません。
ショートの谷内選手の守備は不安で、サードでもイマイチ。
途中からショートの守備についた西浦選手は打つ方で2併殺と精彩がありませんでした。
やはり、まだしばらくはショートは大引選手に頼らざるをえないようですね。
西浦、谷内選手とも、もう若手とは言えない年齢となってきているので、
このチャンスを何としてもモノにしてもらいたいものです。
まずは、しっかり守れるようにお願いします。

乱打戦を制して、ようやく連敗脱出。前日の最悪の負けが少しは払しょくできたでしょうか?
火曜日からは広島カープを神宮に迎えての3連戦。
カープは勢いが少し落ちてきているので、今日のように、カープ相手に打ち勝ってほしいです。
期待しています。

by misty2011 | 2017-05-07 17:52 | 東京ヤクルトスワローズ

ミスが出ながらもヤクルト競り勝つ☆3-2、星6回2失点、坂口勝ち越しタイムリー内野安打

昨夜は、小川投手の力投と雄平選手の2ランで読売ジャイアンツを下した東京ヤクルトスワローズ

神宮3戦目の先発は、ヤクルトがドラ2ルーキーの星知弥投手、巨人は内海哲也投手
スタメンは鵜久森選手が6番ファースト、谷内選手が8番サードに入りました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト プロ初先発の星投手が6回2失点(自責点1)の好投! 2連勝でカード勝ち越し!

立ち上がり、星投手はヒットと2四球で2死満塁となりますが、石川選手をサードゴロに打ち取り、
無失点で切り抜けます。

その裏、先頭の坂口選手が四球、大引選手がバントの構えからヒッティングでレフト前ヒット。
坂口選手が好走塁で無死1、3塁となります。
ここで、今日も3番の山田くん。絶不調なのに3番から外さないのは、もうこれはイジメか!?
山田選手はピッチャーゴロで、三本間に坂口選手が挟まれ時間稼ぎをする間に、
ランナーがそれぞれ進み1死2、3塁。
バレンティン選手はセカンドゴロで、サードランナー大引選手が生還してヤクルトが1点先制!
雄平選手はセカンドゴロで1点どまり。

1、2番で作ったチャンスに、3、4番が内野ゴロで1点とはしょぼすぎますが、とりあえず先制しました。
坂口選手の好走塁に助けられました。
打てない山田くんも惨めですが、その山田くんを3番で使う方が、もっと罪作りというしかありません。
外せないのなら、下位に置いて下さいよ!!
ただでさえ、打てなくて苦しんでいるのに、本人のためにも、チームのためにもなりません。

2回、星投手は3人で片付けます。
その裏、ヤクルトは三者凡退。

3回1死後、星投手は橋本選手にセンター前ヒットを打たれ、けん制悪送球で1死2塁となります。
このあと、坂本選手のショートゴロを大引選手が後逸エラーをやらかし、
2塁ランナ―が生還して1-1の同点に。
痛いミスが出ましたね・・・。
阿部選手は空振り三振、マギー選手はライトフライで3アウト。

その裏、ヤクルトは三者凡退

4回1死後、星投手は中井選手にライトへ2塁打を打たれます。
雄平選手が追いかけますが、惜しくも捕れませんでした。
続く小林捕手にレフト前にタイムリーヒットを打たれ、2塁ランナーが生還して1-2
バレンティン選手の懸命のバックホームも間に合いませんでした。
それにしても、ヤクルト投手陣は小林捕手に打たれますね・・・。今季初打点だそうです。

2死後、立岡選手にレフト前にヒットを打たれ2死1、3塁とピンチが続きます。
立岡選手は2盗して2死2、3塁
つづく橋本選手をショートゴロに打ち取り3アウト。1点で済みました。

その裏、先頭の山田選手はストレートの四球で出ます。
これはラッキーですが、山田くん走らないのでね・・・。
守りでファールフライを追う時に、足がえらい遅いと思いました。やっぱりこれは何かあるでしょう。

バレンティン選手はボール球を強振して空振り三振。これだもん。
この3、4番が固定のままでは、点が入りませんよ、真中さん。何故こだわっているの(怒)!
雄平選手はショートゴロ併殺崩れで2死1塁となり、鵜久森選手はサードゴロで3アウト。

5回、プロ最長イニングとなった星投手は、巨人クリーンナップを三者凡退に抑えます。
その裏、ヤクルトはも三者凡退。

6回、星投手は三者凡退に抑えます。
その裏、ヤクルトは1死後、大引選手が四球で出ます。
22打席ノーヒットの山田選手は、フルカウントから四球を選んで1死1、2塁。ほっ…
その前に、エンドランで空振りしなかっただけでも進歩と慰める私。

ここで、バレンティン選手はレフトへタイムリーヒットを放ち、大引選手が激走して2-2の同点に!
やっと打ちました。
しかし、バックホームの間に山田くんは3塁へ走っていません。
足が普通の状態であれば、山田くんなら走っているはずなんですが・・・。

1死1、2塁で雄平選手はセカンドゴロで2死2、3塁
鵜久森選手はファールの自打球が当たり、ベンチに下がって治療も、空振り三振で3アウト。
スタメンの鵜久森選手は期待薄ですね・・・。守備もあるので、やはり代打のほうが良さそう。

7回、ヤクルトはルーキ投手が登板
ファーストは武内選手に交代。
先頭の内海投手の代打・脇谷選手にセンター前ヒットを打たれると、
立岡選手の送りバントをルーキ投手が弾くエラーで、無死1、2塁のピンチを招きます。
橋本選手は送れず空振り三振で1死後、
坂本選手をセカンドゴロ併殺打に仕留め無失点で切り抜けます。
山田選手が判断よく、1塁走者にタッチして、素早く1塁へ送球して併殺完成のナイスプレー!
守備の人で今日も貢献。

その裏、巨人は池田投手が登板
先頭の中村捕手が四球で出ると、谷内選手が送って1死2塁
ここで、巨人はマシソン投手に交代
武内選手はライト前にヒットを放ち1死1、3塁。ナイスバッティング!
当たっていますね。もう相手が左でもスタメンでいいじゃないですか。

ここで、坂口選手はセカンドゴロも、中井選手が1塁走者にからタッチ。
3塁から中村捕手が生還して、1塁もセーフで1死1、2塁
坂口選手の記録はタイムリー内野安打となり、3-2と勝ち越しに成功!
しかし、大引選手はショートゴロ併殺打で3アウト。畳みかける攻撃ができません。

1点リードで8回は石山泰稚投手が登板
1死後、マギー選手に右中間への2塁打を打たれます。代走は寺内選手
石川選手はピッチャーゴロに打ち取り(石山投手ナイスキャッチ)、
2塁走者を2-3塁間で挟殺し、2死2塁。
中井選手はセンターフライに打ち取り、無失点で切り抜けます。

その裏、マシソン投手が続投
先頭の山田くんはサードフライ。これで24打席ノーヒット。自己ワースト更新中
打率は.191 どこまで打率を下げるんでしょう?まさか1割を切るまでなんてことには・・・。

チームメイトも、ここまで打てないと、言葉のかけようもないでしょうね。
守備のことがあるので、ベンチに下げられないのなら、いくら何でも、次のカードからは打順を下げるべき。
バレンティン選手はセンター前ヒット。代走は上田選手
2死後、代打・大松選手を送りますが、いい当たりもライト正面のフライで3アウト。

1点リードで9回は秋吉投手。センターに上田選手、坂口選手はレフトに移動
まずは、先頭の亀井選手を見逃し三振に仕留めます。
村田選手にレフトへの2塁打を打たれ、代走は重信選手
立岡選手はレフトフライで2死2塁。
橋本選手は空振り三振に斬ってとりゲームセット

ヤクルトが3-2で巨人に競り勝ちました。
ヤクルトは3失策してわずか5安打、勝ちに不思議の勝ちありとなった試合でした。

お立ち台は、勝ち越しのタイムリー内野安打を打った坂口智隆選手でした。
おめでとうございます。
インフルエンザから復帰後、打撃好調で、グングン打率がが上がってきましたね。
出塁率も高く、これからもリードオフマンとしてチームをけん引してくれることを期待しています。
e0222575_9403613.jpg



中継ぎから初先発となったルーキーの星知弥投手は、6回2失点(自責1)
エラーで足を引っ張られたのが気の毒でしたが、よく投げました。
ストレートは十分通用します。あとは細かい制球や変化球を磨けば、さらによくなるでしょうね。
大いに希望が持てます。
今日は、出来れば勝たせてあげたかったですね。

リリーフ陣はルーキ、石山、秋吉投手と、それぞれピンチはありましたが無失点リレー
辛くも1点リードを守って逃げ切りました。
神宮で巨人に勝ち越せたのは何よりです。

ただ、心配なのは山田くん・・・
5試合24打席ノーヒットとなり、打率は.191まで下がりました。
解説陣からは、山田選手はバットが打つときに下がる、
右足にタメがないということを言われていました。
試合後は、谷繁さん、金村さんも、絶不調の山田くんを気遣うようなコメントでした。

確かに軸足にタメがなく、いいバッターは1、2の~3で打つんですが、
今の山田くんは、3もなく「の~」の間もなくて、1、2で打ってるような感じがしますね。

ちょっとのポイントのズレ、タイミングのズレ、体の開き、とにかくすべてが少しずつ狂いが出て、
それがいまだに修正されていません。
ほんのちょっとだけはよくなっているかなあ??
少し兆しは見えてきたかなあと思っても続きません。苦しいですね。試練はまだまだ続きます。

本人の気持ちを察すると、いたたまれなくなくて、昨夜は私はベットの中で涙が止まりませんでした。
打てないので、それなら守備で何とかしようとする姿には心打たれます。
結果的には、今日はセカンドの守備の差で勝った試合と言っていいでしょう!

次のカードは、おそらく岩貞、藤浪投手と当たるので、
山田選手にとっては、さらに厳しい状況が待ち受けています。
あり得ないですが、もう藤浪投手の時は、ベンチスタートにしてほしいです。
また、とんでもない危ない球が向かってくると、ますます腰を引きそうで、
そうなったら、この不振からさらに抜け出せないでしょうから。
右バッターは、全員フェイスガード付きのヘルメットを被って、藤浪投手をけん制したらいいのに。

山田選手は下で調整した方がいいという意見もありますが、気分転換にはなっても、
この状態では、下で調整しても、誰が面倒を見てくれるの?ってなります。
また、下でも打てないと、ますます自信を無くします。
それなら、まだ今のまま、上で杉村コーチに見てもらった方がいいような気がします。
ただ、ずっとやっているティーで改善できてないので、
何らかの別の練習メニューを考えてほしいです。ロングティーを取り入れてほしいですね。

5月になれば、ツキがかわって、今まで苦しんできた山田くんにいいことがありますように!
みんなでそう願いましょう!

by misty2011 | 2017-04-30 21:56 | 東京ヤクルトスワローズ

勝ち継投の杉浦&石山打たれ星くんの初勝利消える★4-7、雄平今季1号ソロ3安打猛打賞

東京ヤクルトスワローズは、昨夜は雨の中、小川泰弘投手がカープ打線を力でねじ伏せ、
7回降雨コールド1-0で完封勝利を挙げました。

広島カープに3連勝となるでしょうか!?
今日の先発は、ヤクルトがオーレンドルフ投手、広島は九里亜蓮投手
スタメンオーダーは、中村捕手が6番に上がり、西田選手が7番に。
やっとそうしましたが、動くのが遅いんだわ。

選手公示では、村中投手と山崎選手が下がり、近藤投手と山本哲哉投手が昇格しました。
村中投手はなぜ??もしかして先発調整?


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 雄平選手の1号ソロで一時勝ち越しも、逆転許し3連勝ならず…

初回、立ちあがりが課題のオーレンドルフ投手は、田中広輔選手に粘られセンター前ヒットを打たれます。
菊池選手はセカンドフライ、丸選手は四球で1死1、2塁
新井選手は空振り三振、鈴木選手はレフトフライに打ち取り無失点で切り抜けます。

その裏、ヤクルトは2死後、山田選手がライト前ヒット出塁。
本来のバッティングではないですが、第1打席でヒットが出ると、ほっとします。
山田くん、走って~の思いは届かず、バレンティン選手はサードゴロで3アウト。

2回2死後、オーレンドルフ投手は會澤捕手を四球で出します。
九里投手には、とんでもないボール球が続き、連続四球で2死1、2塁
何をやってんだか・・・。ノーコン過ぎて
トップに戻り、田中広輔選手に左中間へのタイムリー2塁打を浴び、二者生還して0-2となる間に、
田中選手は3塁へ進みます。
菊池選手はサード前のセーフティスバントを決め0-3
このあと、菊池選手に2盗を許し2死2塁。
カープは各選手が常に次の塁を狙っています。こういうところはホントに抜け目ないですね。
丸ちゃんは抑え3アウト。しかし3点先制され、苦しい展開となりました。

その裏、雄平選手がサード前の内野安打で出ます。
中村悠平捕手は、ライトへのヒットで無死1、3塁
つづく西田選手が初球を捉え、3塁線を破るタイムリー2塁打で1点かえして1-3
なおも1死2、3塁で、大引選手はショートゴロで、3塁から中村捕手が生還して2-3

1死3塁で、ヤクルトは早くもオーレンドルフ投手を引っ込め代打・大松選手
しかし、ピッチャーフライに倒れ2死3塁
坂口選手はレフト前タイムリーヒットで、あっという間に3-3の同点に!ナイスバッティング♪
荒木選手は空振り三振で3アウト。

ヤクルトは3回から星知弥投手が登板
あら、こういう展開で投げさすとは、知りませんでした。
新井、鈴木選手は打ち取り2死後、松山選手にセンター前ヒットを打たれますが、
安部選手をセカンドフライに打ち取り3アウト。

その裏、先頭の山田選手はレフトフライ。
本調子ならスタンドインになる当たりも、体が前に突っ込むのが早くて打球が伸びません。
まだまだです。
バレンティン選手三振後、雄平選手が今季1号ホームランをライトスタンドに放り込み、
4-3と勝ち越します。
やった~~雄平選手に待望の一発が!

e0222575_21123898.jpg



1点リードの4回、星投手は先頭の會澤捕手にセンター前ヒットを打たれますが、
九里投手の送りバントを素早いフィールディングで2塁フォースアウトで1死1塁。
しかし、田中選手にもセンターへヒットを打たれ、九里投手の激走で1死1、3塁。
菊池選手はいい当たりもセカンドライナーで、
山田選手が3塁へ送球して飛び出した九里投手がアウトとなり、ダブルプレーで3アウト!
星投手、このピンチを無失点で切り抜けます。
山田くん、落ち着いたナイスプレーでした。今日も「守備の人」でチームを救います。

その裏、ヤクルトは2死後、星投手がセンター前にプロ初ヒット!
打つ方もイケるじゃないですか!?
しかし、坂口選手がサードゴロで3アウト。

5回、星投手はカープのクリーンナップを三者凡退に抑えます。

e0222575_21161165.jpg


その裏、先頭の荒木選手がセンター前ヒット
山田選手はサードゴロで2塁フォースアウトとなり1死1塁。ダブルプレーにならなくてほっ…
しかし、1塁への走塁は山田くんにしては遅いですね。最後は流した感じで間一髪のセーフでした。
足でも痛めてる??今度こそ走れ~!!と思ったら、バレンティン選手は四球で1死1、2塁

ここで、広島は飯田哲矢投手に交代
雄平選手はショートゴロも、バレンティン選手の好走塁で2塁セーフ!内野安打となり1死満塁
雄平選手3安打猛打賞でにこにこ。
広島は中田廉投手に交代し、1死満塁から中村悠平捕手はキャッチャーファールフライで2死満塁。
西田選手は見逃し三振で、追加点ならず。
ヤクルトにとって、満塁のチャンスはピンチになるのがデフォなんですかね・・・。

6回も星投手は続投
1死後、安部選手にヒットを打たれ、中村捕手のパスボールで1死2塁のピンチ。
會澤捕手はセカンドゴロで2死3塁。
ここで、カープは代打・エルドレッド選手
センターへの大飛球も、坂口選手がフェンス前で捕って3アウトチェンジ。危なかったですね…。

その裏、広島は一岡投手が登板
先頭の大引選手がライト前ヒット
代打の西浦選手は送りバント失敗で1死1塁
坂口選手は捕邪飛で2死となり、荒木選手はレフトフライで3アウト。

1点リードの7回、ヤクルトは杉浦稔大投手が登板
サードに西浦選手が入ります。
まずは、ここまで3安打の田中選手を空振り三振に仕留めます。
菊池選手も空振り三振。
ほれぼれするストレート、伸びが凄い!
と思った直後ガ――ン、丸ちゃんにフルカウントからレフトスタンドへソロ弾を運ばれ4-4の同点に。
星投手の初勝利が消えました。あちゃ・・・

このあと、新井選手を空振り三振に仕留めで3アウト。なんとも勿体ない被弾でしたね。

その裏、広島は一岡投手が続投
先頭の山田選手は四球で歩きます。打てないので、これしかありません。
四球前の1球はストライクくさかったので、儲けもん!
バレンティン選手はセカンドゴロ併殺打、雄平選手はファーストゴロであっさり3アウト。
普通に走れる状態なら、やっぱり山田くんが走らなきゃ。
今日は走る素振りを見せなかったのが、ちょっと気になります。

8回、ヤクルトは石山泰稚投手
先頭の鈴木選手はサードゴロを一瞬弾き、1塁送球はアウトのタイミングも、
ファースト西田選手がこぼしす捕球ミスで無死1塁。
荒木選手を引っ込めず1塁に回しておけばと…
松山選手はセンターへのヒットで無死1、2塁。これはマズい。
つづく安部選手の送りバントを、石山投手がサードへ送球も、
セーフとなるフィルダースチョイスで無死満塁の大ピンチ。

會澤捕手は空振り三振も、代打の西川選手に右中間へのタイムリー2塁打を浴び4-6
田中選手にはライトへタイムリーヒットを打たれ4-7
カープは相手エラーからの満塁から一気に畳みかけて来ますね・・・。
1死1、3塁となり、田中選手が2盗して1死2、3塁。菊池選手は1塁邪飛で2死となり、
丸選手は空振り三振で、ようやく3アウト。しかし、石山投手が打たれました。

8回裏、広島のジャクソン投手の前に、ヤクルトは三者凡退

9回、ヤクルトはルーキ投手
新井選手からの打順を3人で片付けます。

3点を追うヤクルト9回裏、広島は今村猛投手が登板
先頭の西浦選手は空振り三振後、
坂口選手は振り逃げで出塁
代打・鵜久森選手は3球三振
坂口選手が2盗後、山田選手は四球を選び1死1、2塁。よく選びました。
打てないながら、いいつなぎをしました。
しかし、バレンティン選手はセカンドゴロでゲームセット。

ヤクルトはカープ3タテならず、4-7で敗れました。

先発のオーレンドルフ投手が、とにかく先発としては全く責任が果たせませんでした。
制球が悪く四球が多すぎます。
こんな試合ばかりが続くので、もう見切ってもいいでしょうね。

星投手は、ピンチがありながらもよく抑えました。
初ヒットも打って、勝っていればプロ初勝利で万々歳でしたが、そう上手く事が運びませんでした。

誤算は、勝ちパターンの杉浦、石山投手が打たれて負けたことですね。
これは痛いすぎます。
杉浦投手は、球が走っていただけに、フルカウントから首を振ってストレートを投げましたが、
丸ちゃんに読まれていたんでしょう。
石山投手は、先頭をエラーで出し、自らのフィルダースチョイスも合って、そのあと打たれました。
特に、伏兵の西川選手に打たれたのが悔やまれます。

今シーズンは打てない以上に、ミスが多くて、ことごとく失点につながっています。
こういう野球をやっていたら、なかなか浮上できないでしょうね。
一体、キャンプで何をやっていたのと聞かれたら、
練習はやっていますが、選手個々のレベルアップのための肝心の練習をやってないので、
特に何も…としかキャンプを見てきた私は答えられません。

打線は、雄平選手が3安打猛打賞、今季1号ホームランを打ってノリノリでした。
その他の選手は1日1善で計10安打
タイムリーを打ったかと思うと、その後は、あっけなく凡打や三振などで続きません。
山田選手は初回にヒットを打っただけで、3打数1安打2四球で3回出塁も盗塁はなし。
打率が低いので、これでも1日1安打すると打率が上がるのが、何とも・・・。
バッティングの状態は一向に上がってきません。
その分、守備で貢献しています。
「守備の人」もいいですが、早く「打の人」になってほしいです!

それから、3、4番の今の並びはどうなんでしょう?
私は昨年から、大いに反対していて、今季もそうです。
今は、特に山田選手が不調なので、つながりませんが、
この3、4番は、あうんの呼吸ってもんがありません。
もういっそのこと、雄平選手を4番にしてほしいくらい。
また、現状の山田選手なら、下位か1番くらいしかなさそうですね。
ランナーがいて山田くんに回ってきても、ファンの私から見ても打てそうな雰囲気が全くしません。

杉村コーチは暖かくなれば調子が上がると、えらく楽観的なのが、私はどうも信じがたいですが。
ホントにこのままで調子が上がるんでしょうか???

明日は試合がないので、つかの間の安息日です。

by misty2011 | 2017-04-23 22:30 | 東京ヤクルトスワローズ

開幕2戦目★1-6、畠山チーム1号ソロ弾、小川5回2失点、ギルメット打たれ、星1回2K無失点デビュー

試合の前に、まずはお詫びを。
昨夜の23時過ぎ頃から日付が変わった深夜にかけて、エキサイトブログに障害が発生していていて、
ブログの閲覧ができなかったり、表示に時間がかかったりしていました。

私のPCでは、インターネットブラウザIEでの閲覧が非常に困難となっていました。
スマホでの閲覧は、ほぼ大丈夫でした。
現在は、復旧しています。
開幕戦後で、最も多くの方々が閲覧して下さる時間帯だっただけに、非常に残念で申し訳なく思います。

では試合です。

開幕戦では投打がかみ合い、快勝して白星発進となった東京ヤクルトスワローズ
2戦目の先発は、ヤクルトが小川泰弘投手、横浜DeNAベイスターズは新外国人のクライン投手
何でも速球荒れ球だそうで、高めに抜けた球があるとか。右打者は怖いですね。
誰もぶつけられないことを祈ります。

神宮は、試合前には雨が上がったようで、気温は低いものの昨夜よりは幾分マシなコンディション

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 畠山選手の1号ソロで1点差に迫るも、6回の失点響き連勝ならず

初回、小川投手は桑原選手を3球三振に仕留めますが、梶谷選手にライト線への2塁打を浴びます。
ロペス選手は空振り三振で2死2塁となり、
筒香選手にレフト前にタイムリーヒットを打たれ、早々と1点先制されます。
シリアコ選手は空振り三振で3アウト。
まあ、打った筒香選手が上手かったですが、結果論としては後ろ勝負でよかったかも。

その裏、大引選手は三振後、坂口選手は四球で歩いて1死1塁
山田選手はライト前ヒットで1死1、2塁。
キャンプや合宿で散々右打ちの練習をやっていて、その時はミスショットが目立ちましたが、
開幕したら右にも上手く軽打できました。
1死1、2塁のチャンスとなりますが、バレンティン選手はショートゴロ併殺打で3アウトチェンジ。

2回1死後、小川投手は倉本選手に四球、戸柱捕手にはセンター前ヒットを打たれ1死1、2塁のピンチ。
クライン投手はバント失敗、先頭に戻り桑原選手を空振り三振に斬ってとります。
小川投手は、桑原選手を三振に仕留めガッツポーズが出ましたが、かえって余裕の無さを感じました。

その裏1死後、畠山選手が四球で出塁も、後続が倒れます。
クライン投手、前評判とは違って、この時点ではそれほど荒れ球ではなさそうで、
また、戸柱捕手が比較的外寄りに構えていたので、少し安堵しました。

3回、小川投手は先頭の梶谷選手にレフトフェンス直撃の2塁打を打たれます。
梶谷選手が好調ですね。
ロペス選手には初球をライトへ運ばれタイムリー2塁打で0-2

小川投手は三振がとれる一方、簡単に打たれます。
筒香選手はファーストゴロで1死3塁。シリアコ選手はサードゴロで2死3塁。
浩康選手には慎重になりすぎて四球を与え2死1、3塁。
元チームメイトには投げにくいのかな??ビビるんじゃない!
このあと、倉本選手をライトフライに打ち取り、ようやく3アウト。
それにしても球数が多くて、テンポが悪すぎます。

その裏2死後、坂口選手が四球で出塁も、山田選手はショートゴロで3アウト。
クライン投手の球が少しずつインハイに抜け始めました。
打った球より、その前のストレートがファールになり仕留められませんでした。

4回、小川投手は初めて三者凡退に抑えます。

その裏2死後、畠山和洋選手がレフトスタンドに1号ソロホームランを放り込み1-2
今季チーム1号は、なんと畠山選手でした。

写真は沖縄浦添キャンプより畠山和洋選手
e0222575_1554751.jpg


つづく中村悠平捕手は投手前にセーフティバントを決め2死1塁。
このあと、ワイルドピッチで2死2塁。
クライン投手は、西浦選手には体に近いボールがあり、かなり荒れてきましたが、
西浦選手、最後は捉えた打球もサード正面へのライナーで3アウト。

5回、小川投手は2番からの打順も、梶谷、筒香選手を三振に仕留めるなでど3人で片付けます。
筒香選手は最後はフォークで空振り三振でしたが、メインはやはりストレート攻めがいいようですね。

その裏、小川投手の代打・榎本選手が三振後、大引選手がセンター前ヒットで2盗成功。
1死2塁から、坂口選手は四球で歩き1死1、2塁。
ここで、山田選手は初球を打ってセンターへの飛球でしたが、一伸び足りず2死1、2塁。ガック…
大引選手、飛び出していてタッチアップできず。
昨日も坂口選手の走塁ミスが出ましたが、これもですね。
バレンティン選手はショートゴロで得点ならず。今日はスーパ―バレンティンはお隠れか?

6回からヤクルトは継投に入り、2番手でギルメット投手が登板
先頭のシリアコ選手がレフト前ヒット、
田中浩康選手はバント失敗後、バスターからライト前ヒットで無死1、2塁。
倉本選手は送りバントで1死2、3塁。
戸柱捕手のファーストゴロの間に3塁ランナーがホームインして1-3
畠山選手がよく止めましたが。

代打の佐野選手には四球を与え、
2死1、3塁から、桑原選手にレフト前タイムリーヒットを打たれ1-4
2死1、2塁となり、梶谷選手はライト線へのタイムリー2塁打で1-6。5点差とはマズい。
いや~、オ―プン戦、あれだけ安定していたギルメット投手が打たれました。
外国人枠は、これでギルメット投手が2軍行きになるかもしませんね・・・。

ヤクルトはここで村中恭兵投手に交代。試合が壊れてから代えてもね。交代が遅すぎます。
村中投手は2死2塁から、ロペス選手は四球で2死1、2塁となり、
筒香選手は、スタンドまで行ったかと思いましたが、
ライト雄平選手がフェンス際で捕球して3アウトチェンジ。やれやれ・・・。
筒香選手もこれがスタンドインしないとは、まだまだなんでしょう。

その裏、砂田投手の前に、ヤクルトは三者凡退。

5点ビハインドで7回は星知弥投手が1軍デビュー
気楽な場面での登板となりました。
星投手は、シリアコ選手からの打順を空振り三振、1ゴロ、空振り三振と3人でぴしゃりと抑えます。
ナイスピッチング!堂々たるプロデビューとなりました。

その裏、DeNAは新外国人のパットン投手が登板
ヤクルトは、あっさり三者凡退。
接戦から5点ビハインドとなって以降、淡白な攻撃が続きます。

8回は平井諒投手が登板
先頭の戸柱捕手に四球を与え、白崎選手にレフト前ヒットを打たれ無死1、2塁
オープン戦の後半から平井投手がよくないままですね…。
このあと、1、3塁となりますが、後続を打ち取り0点に抑えます。

その裏、DeNAは三上朋也投手が登板
坂口選手は今日4つ目の四球を選び出塁。
しかし、山田選手は2球目をひっかけショートゴロ併殺打で2死ランナーなし。
強引に打ちに行き過ぎていますね。
今シーズンは早打ちモードになっていますか?WBCでもそうでした。
昨年までは、もっとじっくり見ていったんですが。ま、どっちが良いとは言えませんが。
バレンティン選手はセカンドフライで3アウト。

9回は原樹理投手が登板
先頭の筒香選手を空振り三振など三者凡退に抑えます。

9回裏、DeNAは山崎泰晃投手が登板
雄平選手からの打順も3人であっさり終わりゲームセット。

ヤクルトは1-6で横浜DeNAに敗れました。
昨夜とは真逆のような試合となりました。

攻撃としては、4四球で出塁した坂口選手を全く活かせなかったのが悔やまれますね。
3、4番が今日はブレーキでは厳しい展開となりました。
初戦は15安打で9得点も、今日はわずか4安打で畠山選手のソロホームランのみでした。
5点のビハインドとなって、6回以降はノーヒットと淡白すぎましたね。

横浜のクライン投手は、それほど打てない投手ではないと思いましたが、攻略できませんでした。
3回くらいから、クライン投手は抜け球が多くなって、絞りきれなかったのもあるかもしれません。
まあ、初物ということで、次回は対策をお願いします。

先発の小川投手は、5回96球5安打7奪三振2四球で2失点
奪三振は多いですが、簡単にヒットを打たれました。
やはり球数が多いですね。テンポよくが今季のテーマだと思いますが、
4回、5回にようやく三者凡退に抑え、立ち直ってきました。

今日の敗因としては、2番手で投げたギルメット投手の出来が悪すぎたことですね。
オープン戦は安定して好投していたので、今日の投球は誤算でした。
試合が壊れる前に、もっと早めに交代してもよかったかもしれません。

プロデビューの星知弥投手が、1イニング2奪三振で三者凡退に抑えたことが今日の明るい材料でした。
次は、接戦でとういうピッチングをするか見たいですね。

横浜とは1勝1敗となり、明日は本拠地開幕カードで勝ち越しを決めたいですね。
オーレンドルフ投手の好投を期待したいです。

梶谷選手が好調なので止めないと!
筒香選手には今日は先制タイムリーを打たれましたが、まだ本調子ではありません。
被弾しないよう今日のような攻め方で抑えてくれたらと願います。

打線は、この寒さで冷え性の山田くんがイマイチ温まっていないようです。
明日は、3、4番が今日打てなかった分を取り返してください。


by misty2011 | 2017-04-01 17:49 | 東京ヤクルトスワローズ

2017星知弥投手キャンプフォト追加分(動画リンク2)

2017東京ヤクルトスワローズ春季沖縄浦添キャンプより、
今回は、ドラ2ルーキー星知弥投手のフォト追加分です。
一部、既出のものもあります。

キャンプレポは、「ヤクルトスワローズ」のタグではなく、「浦添キャンプ」のタグとなります。

2月1日 キャンプ初日 ウォームアップ
e0222575_20455936.jpg


2月3日 走塁練習
e0222575_20462441.jpg


3日 午後 タオルを振ってシャドーピッチング
e0222575_20475760.jpg


e0222575_2048957.jpg


e0222575_20482179.jpg


e0222575_20483318.jpg


e0222575_20484483.jpg


e0222575_20485740.jpg


e0222575_2049193.jpg


e0222575_20505324.jpg


プロ初のキャンプに緊張した表情
e0222575_20511090.jpg


e0222575_2051219.jpg


e0222575_20514314.jpg


ようやく顔がほころびました。
e0222575_20515442.jpg


e0222575_2052456.jpg


e0222575_20521597.jpg



2月6日 第2クール初日 初ブルペン
e0222575_2056057.jpg


e0222575_205614100.jpg


e0222575_20563272.jpg


6日の初ブルペンの記事と写真は こちら でご覧ください。

6日ブルペン YouTube動画
 https://youtu.be/zM5e7u8R69M



6日 陸上トラック トレーニング 星投手は右はし
e0222575_2123411.jpg


e0222575_2142556.jpg


e0222575_2145152.jpg


e0222575_21574.jpg


e0222575_2152052.jpg



2月8日 2度目のブルペン
e0222575_21161165.jpg


e0222575_21162066.jpg


e0222575_21163291.jpg


e0222575_21164318.jpg


e0222575_21165256.jpg


e0222575_2117196.jpg


e0222575_21171067.jpg


e0222575_21171882.jpg


8日2度目のブルペンの記事は こちら

8日ブルペン YouTube動画
 https://youtu.be/wew3Xxszo9s


オープン戦に登板した星知弥投手は、スピードと伸びのあるストレートを投げ込み、
大きなロマンを感じさせてくれました。
開幕1軍は確実で、リリーフとして勝ちパターンを任せられる役割が期待されているようです。
ヤクルトは速球派の投手が少ないだけに、よくドラ2で星投手を獲得できたものだと嬉しくなりました。
私は今から、筒香選手とのストレート真っ向勝負を楽しみにしています!
そのスピードで、ねじ伏せてほしいです。

by misty2011 | 2017-03-16 21:52 | 東京ヤクルトスワローズ

3/4ヤクルトオープン戦初勝利!大引2発・雄平3安打、小川まずまず・星好投

3月4日、東京ヤクルトスワローズは、鹿児島鴨池野球場で、
福岡ソフトバンクホークスとのオープン戦を行いました。

先発はヤクルトが小川泰弘投手、ソフトバンクは復活を期す松坂大輔投手

試合経過は ニッカンスコア

立ち上がり、小川投手はテンポよく2死をとり、柳田選手に四球を与えますが、後続を抑え無失点。

その裏、1番大引選手はレフトへのいい当たりでしたが好捕されます。
1死後、上田選手が相手セカンド悪送球エラーで出塁。
松坂投手の暴投で1死2塁となり、坂口選手は倒れますが、
4番・雄平選手がライト前タイムリーヒットを放ち、ヤクルトが1点先制!
雄平選手はすかさず2盗に成功し2死2塁も、5番・畠山選手はサードファールフライで1点どまり。

松坂投手、少し身体を絞ってはいましたが、フォームも球も全盛期の面影はなかったですね。

2回表、小川投手は先頭の中村晃選手をヒットで出し、明石選手には四球を与え無死1、2塁。
犠打でランナーがそれぞれ進塁し1死2、3塁。
つづく鶴岡捕手にセンターへ犠牲フライを運ばれ、1-1の同点に。
本多選手にはライトへタイムリーヒットを打たれ、1-2と逆転されます。
しかし、本多選手の盗塁を中村捕手が刺し3アウト。

その裏、先頭のグリーン選手が四球で出塁。
1死後、打撃好調の中村悠平捕手のセンターへの大飛球は、福田選手に好捕され、
廣岡選手も倒れ、追加点ならず。

3回、小川投手は柳田選手にヒットを打たれますが無失点。

その裏、第1打席がいい当たりだった大引選手が、レフトスタンドへ一発を放り込み2-2の同点に。
写真はキャンプ4日目 大引選手
e0222575_1225882.jpg


4回、小川投手は1安打されますが無失点。

その裏、ソフトバンクは左腕の笠原大芽投手が登板。
ヤクルト打線は三者連続三振を喫します。
松坂投手のあとだけに、ボールの伸びとキレを感じました。

5回、小川投手は危なげなく三者凡退に抑えます。

その裏、中村悠平捕手がセンターへのヒットで2塁を陥れます。
ムーチョ、今シーズンは見違えるほどバッティングがいいですね。
つづく廣岡選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち3-2と勝ち越しに成功!
さらに、大引選手が2打席連続となる2ランホームランをレフトスタンドに放り込み
5-2とリードを広げます。

1死後、坂口選手がヒット、雄平選手もレフト前ヒットで1死1、3塁。
雄平選手も好調で、Wユウヘイでチームを引っ張っています。
畠山選手は四球で1死満塁。
グリーン選手はピッチャー強襲ヒットで2者生還して7-2
西浦選手のサードゴロで3塁ランナーが生還して8-2

6回表、注目のドラ2・星知弥投手が登板
先頭の柳田選手をライトフライ、その後も、ピッチャーゴロ、空振り三振と、
三者凡退に抑える堂々たる投球
最速は151キロまで出ました。
ストライク先行で、攻めのピッチングは気持ちいいですね。

写真はキャンプ2月6日、星知弥投手ブルペン
e0222575_0501735.jpg


その裏、ソフトバンク3番手の嘉弥真投手から廣岡、大引選手が連打(代走は谷内選手)でチャンスメイク
送りバント失敗、坂口選手は倒れますが、雄平選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち9-2
雄平選手も好調をキープ!
これは、雄平選手が4番の最有力候補でしょうか!?

7回、続投の星投手は先頭を四球で出し、2盗を許します。
2者連続三振後、本多選手にライト前にヒットを打たれますが、
途中からライトに移った上田選手の好返球でホームタッチアウト。無失点で切り抜けます。
星投手は、伸びのあるストレートで空振りがとれるのが、見ていてスカッとします。

その裏、グリーン選手が内野安打(代走は比屋根選手)
2死後、今日2安打の廣岡大志選手は空振り三振で得点ならず。

8回、ヤクルトはルーキ―の菊沢竜佑投手が登板
先頭に2塁打を打たれると、川島慶三選手にライトへタイムリーヒットを打たれ9-3。
このあと四球でランナーを出しますが、最後はピッチャーゴロに打ち取り3アウト。
菊沢投手は、自滅するタイプではなく、そう悪くはないですが、これと言った球がなく打たれます。
1軍に残れるかどうか微妙でしょうね。

その裏、森投手から1死後、上田選手がライト前ヒット。
1死後、荒木貴裕選手がレフトへの2塁打で1死2、3塁
山崎晃大朗選手は空振り三振で、飛び出した上田選手が3塁タッチアウトで3アウトチェンジ。

9回は岩橋慶侍投手が登板
先頭に四球を与え、高谷捕手には2塁打を打たれ無死2、3塁のピンチを招くと、
長谷川選手の1塁ゴロの間に3塁ランナーがホームインして9-4
その後も四球でランナーを出しますが、ジェンセン選手をセンターフライに打ち取りゲームセット!

ヤクルトが9-4でソフトバンクを下し、オープン戦初勝利を飾りました。

先発の小川投手は、2回に打たれましたが、それ以降はきっちり修正して追加点を与えませんでした。
ストレートはまずまずで、チェンジアップが浮き気味なので、そこがこれからの修正点でしょうね。

今日は何と言っても、実戦初登板のドラ2ルーキーの星知弥投手が良かったですね。
やはり空振りがとれるストレートは大きな武器で魅力です。
1軍は間違いないところで、しかも勝ちゲームの大事なリリーフを任されそうですね。
大いに期待しています。

打つ方は、大引啓次選手が2発を含め3安打猛打賞3打点と大暴れ!
4番の雄平選手も3安打猛打賞で2打点と好調をキープ。
グリーン選手は内野安打が2本。どうも巨体とはイメージが違って中距離バッターのようですね。
1軍に生き残りをかける2年目廣岡大志選手はマルチヒットで1打点と結果を出しました。

畠山選手にヒットがなかったのが残念です。これから調子を上げてもらいたいですね。
川端選手が離脱で大きなチャンスの西浦選手も、今日は4タコと結果が出ませんでした。
山崎選手は、昨年から課題のバッティングの進歩がなく、1軍は厳しいかもしれません。

選手によって明暗ありましたが、全体的には、14安打9得点とよくバットが振れていました。
相手投手が違うとしても、侍ジャパンが完封負けを喫した同じソフトバンクから9点も取りましたからね。

今日のように投打がかみ合った試合を、これからも続けてくれたらと思います。

by misty2011 | 2017-03-04 16:28 | 東京ヤクルトスワローズ

2/8ヤクルトキャンプ、寺島成輝&星知弥投手2度目のブルペン写真と動画

夕方7時前の飛行機で那覇を発ち、夜遅く自宅に帰ってきました。
飛行機が出発も到着も遅れ、予定していた羽田から最寄り駅への直通バスに乗り遅れて、
帰宅が遅くなりました。

記事タイトルを打ち間違えていたので訂正しました。

沖縄の暖かさに慣れていたので、羽田に着いた途端に寒くて寒くて・・・。
慌ててコートを重ね着しました。

今年のキャンプは、キャンプイン前日の浦添協力会主催の交流会に始まり、
8日まで8泊9日の長丁場のキャンプ見学となりました。

昨年のキャンプ序盤と違い、今年はお天気に恵まれました。
ただ、今日8日は(もう昨日になりましたが)、お昼前から雨が降り出し、途中は結構降っていました。
しかし、午後2時前には雨は上がり、予定通り、外での練習が行われました。

キャンプレポは、「ヤクルトスワローズ」のタグではなく、「浦添キャンプ」のタグとなります。


キャンプ見学は、いろいろいっぱいあって、一部を当日更新するのが精いっぱいでした。
これ以降も、何から手をつけていいのかわかりません。
ぼちぼち写真を整理して、準備ができたものからアップしたいと思います。

私のキャンプ最終日は、最高にうれしいことがありました。
全体練習後、山田哲人選手にサインをしてもらうことができて、これ以上ない締めくくりとなりました。

今日は、途中で雨が降ったのもあって、見学者は少な目でした。
それもあってか、サインの行列の最後まで、山田くんは丁寧にサインに応じていました。
いつもは、最初のほうだけで打ち切ることが多いようです。
毎度出遅れて、サインをもらうことは完全にあきらめていたので、最後の最後に本当にラッキーでした。

これで私は、「#23」と「#1」の両方の背番号のサインが揃いました。
二つとも、自分が撮った写真にサインしてもらいました。
ユニフォームとどちらにしてもらうか、迷いに迷いましたが、
やっぱり写真の方が、私個人的にはお宝になるかなあと思いました。


さて、今日のレポは、とり急ぎ、ドラ1、ドラ2のルーキー2投手の2度目のブルペンの写真と動画です。
寺島くんの動画は飛行機の中のWifiを利用してアップしようと試みましたが、
回線が混んでいたのか、重くて重くて進まず断念して、
羽田に着いて、空港からの直通バスの中で、こちらも回線が重かったですが、アップしました。

星投手は、帰宅後です。

寺島成輝投手、キャンプ2度目のブルペン YouTube動画にアップ



寺島投手は、最後10球は捕手を座らせて投げたそうです。
私の位置からは捕手が全く見えないので、わかりませんでした。
この動画のピッチングは、捕手が立ったままの時です。

e0222575_0401534.jpg


写真を撮っていて気が付いたのは、寺島投手は、球の出所が見えにくいですね。
大きな武器となるでしょうね。
e0222575_0402477.jpg


力強いフィニッシュ
e0222575_0403320.jpg


笑顔も見えました。
e0222575_040447.jpg


雨粒がはっきり写っています。
e0222575_0405293.jpg



星知弥投手、キャンプ2度目のブルペン、捕手を座らせて YouTube動画にアップ



ブルぺン入りは、星投手のほうが早かったです。
e0222575_0495610.jpg


リズムよく投げていました。ストレートがいいですね、
e0222575_050931.jpg


e0222575_0501735.jpg


投げ終えて、キャッチャーのところにやってきた時です。
捕手側は、このグリーンのシートで覆われていて、
私はその後ろから見ているので、誰が受けたのかもわかりません。
e0222575_0502538.jpg


以上、簡単ですが寺島、星両ルーキーの2度目のブルペンでした。

by misty2011 | 2017-02-09 01:19 | 東京ヤクルトスワローズ