Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:村中恭兵 ( 73 ) タグの人気記事

3/14オープン戦vsロッテ★0-5、2安打完封負けもブキャナン投手が4回0封の好投!

東京ヤクルトスワローズは、今日はZOZOマリンスタジアムで、
オープン戦好調の千葉ロッテマリーンズとの一戦。

先発はロッテがスタンリッジ投手、ヤクルトは新加入のブキャナン投手
スタメンから廣岡選手が外れ、セカンドは谷内選手、サードに西浦選手が入りました。
ロッテは背中の張りがある角中選手、肩を痛めている清田選手が欠場のオーダー

試合経過は ニッカンスコア

初回、ヤクルトは1死後、坂口選手がライトへのヒットで出塁も後続が倒れます。

その裏、ブキャナン投手は2死後、鈴木大地選手を四球で出しますが、後続を打ち取ります。
試合開始前は、小雨が降っていましたが、試合が始まってからは止んだようです。

写真はキャンプ2月8日 ブキャナン投手ブルペン
e0222575_10334261.jpg


2回、先頭の畠山選手が四球で歩きますが、グリーン選手が強い打球ながらファーストゴロ併殺打。
西浦選手はセカンドゴロで3アウト。

その裏、ブキャナン投手は簡単に3人で片付けます。

3回、ヤクルトも三者凡退
その裏、ブキャナン投手は2死後、荻野選手に3塁線を破る2塁打を浴びますが、後続を打ち取ります。
この回、ブキャナン投手はピッチャー前のセーフティバント処理しましたが、
フィールディングがなかなか良かったです。

4回、先頭の坂口選手が四球で出塁。早くも代走で上田剛史選手と交代。
2盗成功後、鵜久森選手も歩いて無死1、2塁となり、
雄平選手のセカンド後方への打球を、鈴木大地選手が落球後、2塁へ送球してフォースアウト。
2塁走者の上田選手は2、3塁間に挟まれダブルプレー。
雄平選手の打球は記録上セカンドゴロとなり、2死1塁から畠山選手はサードゴロで3アウトチェンジ。

その裏、ブキャナン投手は1死後、パラデス選手にライトへの2塁打を打たれ、ボークで1死3塁のピンチ。
新外国人投手にありがちのボークを犯しました。開幕までに修正できるでしょう。
この後、後続を打ちとり無失点に抑えます。落ち着いています。

5回、ロッテは大嶺祐太投手が登板
先頭のグリーン選手が四球で出ますが、
西浦選手のセカンドライナーでグリーン選手は1塁へ戻れず、ダブルプレーで2死ランナーなし。
中村選手も倒れ、この回も得点なし。

その裏、ヤクルトは村中恭兵投手が登板
早速、先頭打者に四球を与えます。これだもんね・・・さかなクンは。
田村捕手はセンターフライに打ち取りますが、岡田選手に3塁前にセーフティバントを決められ、
1死1、2塁。
続く荻野選手にも、同じような3塁前のセーフティバントを決められ、1死満塁の大ピンチ。
伊志嶺選手には、押し出しの四球で1点献上。
村中投手に代わった途端、試合がもたついてきました。
鈴木大地選手には、センターへの犠牲フライを運ばれ0-2
なおも2死1、2塁でしたが、後続を打ちとり、この回2点で済みました。

6回、ヤクルトはあっさり三者凡退。

その裏、ヤクルトは大引選手に代わり廣岡選手がショートに入ります。
1死後、村中投手は井上選手にレフトフェンス直撃の2塁打を打たれ、
中村奨吾選手のセカンドゴロは、2塁塁審に前をふさがれ内野安打となる不運もあって1死2、3塁。
つづく江村捕手にセンター前ヒットを打たれ0-3
ランナーを出すと、きっちり点を取られる村中投手。前回も打たれ今日もこれでは・・・。

7回、先頭の鵜久森選手がライト前ヒット。
雄平選手のショートゴロでランナー入れ替わって1死1塁。
畠山選手はサードゴロで2死2塁も、グリーン選手はサードゴロで3アウト。

その裏、ヤクルトはドラ2ルーキ―の星知弥投手が登板
相変わらず150キロ超のストレートに加え、今日は変化球も交え、サクサク3人で片付けます。
よくこの投手がドラ2で獲得できたものですね。

8回、ロッテはルーキーの土肥星也投手。こちらも星の字がありです。
1死後、中村捕手はサード悪送球エラーで出塁
しかし、谷内選手はサードゴロ併殺打で3アウト。
谷内選手、このままでは1軍も危ういですね。
仲良しの侍の山田くんと、サードゴロ併殺打といい打率といい、シンクロするようで悲しくなります。

その裏、ヤクルトはバッテリーごと交代で、中澤雅人投手と2軍から上がってきた山川晃司捕手
先頭の大嶺選手にライト前ヒットを打たれ、井上選手にも連打され、1死1、2塁。
代打の井口選手には四球で無死満塁のピンチ。
1死後、加藤翔平選手にレフトオーバーのタイムリー2塁打を浴び、2者生還して0-5
荻野選手には四球を与え1死満塁で、下で好投が続いていた土肥寛昌投手に交代。

土肥投手は、落ち着いて柴田選手をセカンドゴロ4-2-1の併殺に仕留め2死満塁。
つづく鈴木大地選手の打球は、セカンド谷内選手がダイビングキャッチするファインプレーで3アウト。
追加点を許しません。
谷内選手は正面のイージーな打球のミスはありますが、難しい打球は上手いという不思議ちゃん。

9回、ロッテは東條投手が登場ってダジャレ言ってる場合ではありません。
途中出場の廣岡選手はライトフライ。上田、鵜久森選手も倒れゲームセット。

ヤクルトは0-5でロッテに完封負けを喫しました。
今日のお天気同様、ヤクルト打線は、わずか2安打完封負けのサブい結果でした。

一方、投手陣は、出来不出来がはっきり分かれました。
収穫は、先発のブキャナン投手が4回2安打無失点と安定したナイスピッチング!
球速が思った以上で、リズムよく打たせてとる投球が良かったですね。フィールディングもヨシ。
間違いなく先発ローテに入るでしょう。

しかし、村中、中澤両左腕は今日もグダグダで、前回に続き結果を出せませんでした。
星投手は、変化球を交え、制球重視で好投し問題なし。
土肥投手は、このまま調子をキープすれば、1軍の中継ぎで残れるかもしれません。

ヤクルトは全く打てず、試合が2時間半足らずで終了したことだけは良かったです。
明日は、打線がもっと活発に打ってほしいものです。

by misty2011 | 2017-03-14 15:54 | 東京ヤクルトスワローズ

3/7オープン戦vs阪神★2-12大敗、村中乱調3回7失点、中澤&石山好投

東京ヤクルトスワローズは、今日は甲子園で阪神タイガースとのオープン戦

先発は阪神が岩田稔投手、ヤクルトは村中恭兵投手。
両左腕とも先発生き残りをかけての登板となります。 

試合経過は ニッカンスコア

写真はキャンプ2月6日ブルペン 村中恭兵投手
e0222575_15253544.jpg



初回、ヤクルトは三者凡退

その裏、村中投手は、先頭に早速四球、髙山選手にセンター前ヒットを打たれ無死1、3塁のピンチ

鳥谷選手はいい当たりのライトライナーも、雄平選手の強肩では3塁ランナーは動けません。
原口選手はセカンド後方のフライ、中谷選手は大きなレフトフライに打ち取り、無失点で切り抜けます。

2回1死後、畠山選手が初安打となるライト前ヒットも、グリーン、中村選手が連続三振

その裏、1死後、村中投手は大山、梅野選手に連打され、俊介選手には四球を与え1死満塁のピンチ。
ここで、上本選手に押し出しの四球を献上して1点先制を許します。
なおも満塁で、髙山俊選手に初球をセンター前に運ばれ、2者生還して0-3
しかし、打ちますね~髙山選手!
鳥谷選手には右中間へのタイムリー2塁打を浴び、2者生還して0-5
原口選手にもレフトへタイムリー2塁打を打たれ0-6
中谷選手はセンターへのタイムリーヒットで0-7
虎打線が止まりません。

さらに、セカンド西浦選手の後逸エラーで1死1、2塁。アウトがとれません。
大山悠輔選手には四球で1死満塁も、後続を打ち取り、ようやく3アウト。
村中投手、せっかく先発に戻れるチャンスをもらいながらも、これでは話になりません。

3回、先頭の西浦選手がレフト前ヒット、廣岡選手もセンターへのヒット無死2、3塁。
大引選手は歩いて1死満塁から、坂口選手は浅いセンターフライで、俊介選手の好捕され1アウト。
鵜久森選手のセカンドゴロで、3塁ランナーが生還して1-7
雄平選手は大きなライトフライでしたが、好捕され3アウト。

その裏、村中投手は糸原選手にヒット、髙山選手はピッチャーゴロ併殺崩れで1死1塁
北條選手をショートゴロ併殺打に打ちとり、この回は0点に抑えます。

4回、ヤクルトは三者凡退。
その裏、ヤクルトは2番手で中澤雅人投手が登板し、きっちり三者凡退に抑えます。

5回、ヤクルトは岩田投手の前に三者凡退。
岩田投手は5回を投げ、3安打6奪三振で1失点と好投。
3回は、その前の味方の攻撃が長くて、肩が冷えたかリズムが狂ったのかもしれませんね?
それ以外の回はナイスピッチングで、ヤクルト打線は打てませんでした。

その裏、先頭のドラ1ルーキー大山選手が、2安打目のヒットで出塁。
しかし、中澤投手は後続を打ち取り3アウト!

6回、阪神はメンデス投手が登板
先頭の坂口選手がヒット、2死後、畠山選手もレフト前ヒットで続き、
グリーン選手がセンター前タイムリーヒットで2-7
中村悠平捕手もヒットで続き2死満塁となりますが、西浦選手は空振り三振に倒れます。
西浦選手、アピールしなきゃいけない立場ですが、出来ませんね・・・。

その裏、ヤクルトは岩橋慶侍投手が登板
髙山選手が3安打猛打賞となるセンター前ヒット、北條選手もヒット、原口選手には四球で無死満塁。
つづく中谷選手にレフトへ2点タイムリーヒットを打たれ2-9
1死後、大山選手に四球を与え再び満塁。
1死後、俊介選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ2-11。
糸原選手にも打たれ2-12。一方的な展開に。
岩橋投手、期待してたんですが、これだけ打たれてはね・・・。
残念ですが、即2軍行きでしょうね。

7回1死後、大引選手がヒットで出塁も(代走は谷内選手)、後続倒れ得点なし。

その裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
球速表示以上に伸びのあるストレートで、三者凡退に抑えます。

8回、阪神はドリス投手
先頭の山崎晃大朗選手が三遊間のヒットで出塁も後続が倒れます。

その裏、続投の石山投手は、この回も三者凡退で2回パーフェクト。

ヤクルト最後の攻撃は、1死後、廣岡選手がマテオ選手から今日2安打目となるセンター前ヒット
こちらも若トラに負けていません。
谷内選手もヒットで続き、1死1、3塁。
しかし、井野捕手、鵜久森選手が連続三振に倒れゲームセット。

ヤクルトは2-12で阪神タイガースに大敗しました。

投手陣は14安打6四球で12失点とボロボロ。
ただ、失点は村中投手が7失点、岩橋投手が5失点と、打たれたのはこの2投手
中澤投手と石山投手は、それぞれ2イニングを無失点に抑える好投を見せました。

まあ、それにしても若トラはよく打ちますね。侍ジャパンより強く見えます。
キャンプで相当振り込んできたんでしょう。若手の競争も熾烈ですからね。

ヤクルトは、畠山和洋選手、廣岡大志選手がマルチヒットなど11安打しながらも2得点。
相変わらず効率の悪い攻めでした。
序盤で試合が壊れたのと、岩田投手が今日はよかったですね。
廣岡選手は、西浦選手が精彩がないので、このままいけば1軍に残れそうな勢いですね。

しかし、村中恭兵投手が、このありさまでは先発から遠のきました。
1軍も危うくなりそうです。
またチャンスがもらえるかどうかわかりませんが、次回は結果を出してほしいです。
結局、今年のヤクルトも、投手陣の出来不出来が鍵を握りそうですね。

by misty2011 | 2017-03-07 16:22 | 東京ヤクルトスワローズ

2017ヤクルトキャンプ 村中恭兵投手フォト(動画リンク2) KIA戦2回無失点

2017東京ヤクルトスワローズ春季沖縄浦添キャンプも中盤となりました。
今日14日は、浦添市民球場でヤクルトスワローズ対韓国起亜戦の練習試合が行われました。
試合は、13安打のヤクルト、11安打のKIAの打ち合いとなり、ヤクルトが6-4でKIAを下しました。

先発の山中浩史投手は、安定したピッチングでさすがでしたが、
2番手の近藤一樹投手が打たれました。
山田哲人選手は先制の犠牲フライを打ちましたが、今日もヒットは出ませんでした・・・。
早く1本ヒットを打って、みんなを安心させてほしいです。

では、今日、登板した中から、村中恭兵投手のキャンプフォトです。
村中投手は、2イニングをテンポよく投げ、無失点と順調な調整ぶりでした。

キャンプレポは、「ヤクルトスワローズ」のタグではなく、「浦添キャンプ」のタグとなります。

2月3日 投内連係
e0222575_1510309.jpg

投内連係 YouTube動画 既出なのでリンクを貼っておきます。
 https://youtu.be/RE4TwuB1QZQ

2月3日 ブルペン 奥から3番目のマウンドで投げていました。
e0222575_15141382.jpg


e0222575_15142154.jpg


e0222575_15143737.jpg


e0222575_15144468.jpg


e0222575_1515852.jpg


e0222575_15151946.jpg


e0222575_15153459.jpg


e0222575_15154546.jpg


3日ブルペン YouTube動画
 https://youtu.be/djF9iZO5930


2月4日 ブルペン
e0222575_1515569.jpg


e0222575_15162550.jpg


e0222575_15231795.jpg


e0222575_15235523.jpg


e0222575_1524205.jpg
e0222575_15243361.jpg
e0222575_15244342.jpg



e0222575_15245332.jpg


2月6日 ブルペン
e0222575_15251621.jpg


e0222575_15253544.jpg



6日 陸上トラックでトレーニング
e0222575_15262073.jpg



2月7日 全体練習後、ブルペンで自主練習 石川雅規投手も一緒でした。
e0222575_1527930.jpg


e0222575_15271967.jpg


e0222575_15274067.jpg


e0222575_15282974.jpg


笑顔でリラックスして投げていました。
e0222575_15285775.jpg


e0222575_1529782.jpg


今シーズンは先発要員として期待されている村中投手。
是非、ローテを奪い取って下さい。

by misty2011 | 2017-02-14 16:00 | 東京ヤクルトスワローズ

内海に続き大竹も打てず打線どん底★0-9完封負けで5連敗!

試合前に、選手公示で村中恭兵投手が抹消されていてショックを受けました。
なに、なにがあったの!?
先発調整で下げるのならまだわかりますが、そんな雰囲気は全くないので、
そうじゃなければ何かアクシデントがあったんでしょうね?心配です。
代わって下からは土肥寛昌投手が上がってきました。
また一人、貴重な中継ぎ投手がいなくなりました。どうするのブルペン!?

その後の情報で、村中投手は左ひじの張りで抹消とのことです。どうかお大事に!
サンスポ 燕・村中、疲労による左肘の張りのため登録外れる

中継ぎ、先発と便利屋扱いされ、調整が難しい中、明らかに疲れが溜まっていましたからね。
だから、村中投手は先発で使ってって言ってたのに・・・
オンドルセク投手の退団が、ここにも暗い影を落としています。


4連敗で借金が13に膨れ上がった東京ヤクルトスワローズ
東京ドーム2戦目は、ヤクルト先発陣では、最も安定している山中浩史投手に連敗ストップを託します。
読売ジャイアンツは大竹寛投手が先発。

スタメンは今日も日替わりで、1番坂口、2番は三輪正義選手
5番以下は、今浪、大引、西浦選手
中村悠平捕手が1日でスタメン復帰となりました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 試合の主導権を握られ5連敗…

ヤクルトは初回、先頭の坂口選手がヒット、2盗でチャンスメイクも、後続が倒れます。
今日も1点が重い流れ・・・

山中投手は2回、先頭の阿部選手に2塁打を打たれると、
2死2塁から脇谷選手にライト前に落ちるタイムリーヒットを打たれ、
阿部選手がホームインして1点先制されます。

3回裏には、長野選手にソロホームランを浴び0-2

4回には、四球、ヒットで1死1、3塁から、小林誠司捕手二タイムリーヒットを打たれ0-3

5回からは成瀬投手が登板も、坂本、村田選手にヒット、中井選手に四球を与え1死満塁から
押し出しの四球で0-4
なおも満塁で、小林誠司捕手にタイムリーヒットを打たれ0-6
大竹投手の送りバント処理をミスって満塁となったところで、土肥投手に交代も、
長野選手にタイムリーヒットを打たれ0-7

6回も続投の土肥投手は、さらに2点失い0-9と一方的な展開に。

打線はこの間、7回まで大竹投手から散発4安打。全くつながりません。

ヤクルトは7回から岩橋慶侍投手が登板し、キャッチャーは西田明央捕手にバッテリーごと交代。
ここまで、ダラダラ打たれていましたが、岩橋投手が8回まで2イニング、3三振を奪うなど
6人をぴしゃりと抑えます。
バッテリーが交代したら、俄然テンポがよくなりました。

岩橋投手は、以前から私推しのピッチャーですが、
今日の投手陣の中では、唯一ポジれるピッチングでした。
ぶっちゃけ、同じ左腕の中継ぎ・成瀬投手が試合を壊したのと比べると、
よほど制球が安定して、攻めるピッチングが光りました!
よく腕が振れていて、ストライクゾーンできっちり勝負できていました。

いや、これなら、岩橋-西田のバッテリーで、先発で見たいなあと私は思ったくらいです。
村中投手が離脱したあと、唯一、希望となれそうな左腕です。

8回は、山田くんが田原投手から背中にデッドボールをぶつけられ、倒れ込みました。
こんな点差で、ぶつけるんじゃないよ、もぉ~!(怒・怒。怒)
今まで何度も山田くんの死球は見ましたが、中でも今日はかなり痛そうでしたね。
一瞬、息ができなくなっていたんでしょう。
しばらくして立ちあがると、大きく深呼吸していました。

もう無理することはないので、ベンチに下げてほしいと思いましたが、そのまま1塁へ向かいます。
骨は大丈夫なんでしょうか?

こういう時は、一旦ベンチに下げて、ぶつけられた箇所を確認するくらいしてほしいものです。
ヤクルトの場合、本人が大丈夫といえば、そのままプレー続行ですからね。
あの谷内くんの時だって、代走は送らずそのまま塁に出ましたからね。あとで交代しましたが。

こんな試合で、山田くんが壊れたらどうするんですか!
本人の意向もあるかもしれませんが、フルイニング出場なんて、私からすると、クソ喰らえです。
強制的にでもベンチに下げてほしいです。
当たったところは、これから腫れて痛むでしょう。
山田くんは不調まっただ中だし、明日はもう休ませてほしいです。

痛みをこらえ気丈に塁に出た山田くんが、もう可哀想で見ていられませんでした。

極端すぎるかもしれませんが、もう盗塁30をクリアしたら、
試合出場よりは、痛めた足腰のケアをして、来季に備えてほしいくらいに思っています。
こんなシーズンに無理したら、のちのち選手寿命にかかわってきそうで心配です。

再び試合に戻って、
先発の山中投手は、巨人にはどうも相性がよくないようですね。
そう悪くもなかったですが、山中投手としては4回7安打3失点は、不本意だったでしょうね。
いつもよりテンポが悪くなっていました。
ま、今まで好投しても勝ち星に恵まれなかったのは打線の責任なので、
今日負けたからって、そう責められません。次回こそ勝ち星を!

e0222575_19421056.jpg


とにかく不甲斐ないのは打線です。
雄平選手が離脱してから、毎日猫の目打線となっていますが、どれもこれもつながりません。
山田くんが不調に加え、バレンティン選手も、輪をかけて打てそうな気配がありませんからね。
大引選手も1番のときほど打っていません。

失礼を承知で言わせてもらうと、内海投手や大竹投手を打てない打線って、相当重症でしょうね。
昨日も今日も4安打では勝てません。
確かに、両投手とも好投しましたが、それにしても何もできない相手ではないでしょ。
プロの集団として、ベンチも選手も、やる気あるのかと思いました。

何をやってもダメなので、野手は西浦、西田選手をとにかく積極的に使っていく。
捕手は、中村、西田捕手の併用。山田くんは、本人が出るといっても休ませる。
谷内選手は、まだ守備につけないようですが、代打要員で上げておいてもいいかも。

また、中継ぎの成瀬投手は先発以上に使い勝手が悪くて、何のメリットもありません。
先発でも打たれますが、中継ぎよりはまだいいかと思います。成瀬投手は先発に戻す。
私が考えられることは、このくらいですかね・・・。
しかし、マジで選手の層の薄さを痛感します。

by misty2011 | 2016-07-30 19:47 | 東京ヤクルトスワローズ

村中粘投も連夜の継投失敗でDeNAに3連敗、西浦1号ソロも最後は走塁ミス

ハマスタで横浜DeNAベイスターズに連敗した東京ヤクルトスワローズ
今日は負けるわけにはいきません。
先発はDeNAが久保康友投手、ヤクルトは村中恭兵投手

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 西浦選手の1号ソロで一時同点も、逆転許し3連敗…

初回1死後、今日32歳の誕生日の坂口智隆選手がライト前ヒットで出塁。
川端選手はピッチャーゴロで併殺かと思いきや、久保投手が2塁へ悪送球して1死1、3塁のチャンス。

ここで、山田選手がピッチャー強襲のタイムリー内野安打を放ち、ヤクルトが1点先制!
久保投手の左の手のひら土手付近に直撃しましたが、大丈夫でした。
そういえば、昨年、山田くんは頭部死球の危険球を久保投手から受けましたが、
今日はそのお返し!?
ってことはないですが、久保投手、大事に至らずよかったです。

なおもチャンスに、雄平選手はファーストフライ、バレンティン選手は四球で歩きますが、
西田選手が空振り三振で1点どまり。

その裏、立ち上がり、村中投手はヒットと四球でランナーを出しますが、0点に抑えます。

2回、村中投手は先頭の倉本選手にセンター前ヒット、
梶谷選手にもライトへヒットを打たれ無死1、2塁のピンチ。
つづく戸柱捕手をピッチャーゴロに打ち取り1-6-3のダブルプレーで2死3塁。
久保投手はファーストゴロで無失点で切り抜けます。

3回、ヤクルトは先頭の川端選手が3塁線を破る2塁打で出塁。
山田選手はサードゴロ、雄平選手はレフトフライで2死ランナーは2塁のまま。
バレンティン選手もファーストフライで追加点ならず。

その裏、村中投手は先頭の桑原選手をヒットで出しますが、この回も後続を抑えます。

4回は両投手、三者凡退に抑えます。
ヤクルトは5回も、久保投手の前に4回から4連続三振など三者凡退。久保投手がノッてきました。

6回、ヤクルトは先頭の山田選手がレフト前ヒットで出塁。
杉村コーチ談によると、山田くんは背中、腰、脚など疲労がたまっていて、
やはり体調は良くないようです。まあ、日ごろからテレビを見ているとわかります。

雄平選手は三振に倒れますが、バレンティン選手はレフト前ヒットで1死1、2塁
ここでヤクルトは、西田選手に代わり代打で今浪選手を送り、
四球を選んで1死満塁のチャンス到来!

つづく中村悠平捕手がライトへきっちり犠牲フライを運び、3塁から山田くんが生還して2-0
脚を痛めていてまともに走れないので心配しましたが、
飛距離十分の犠牲フライだったので、ホームインできてよかったです。
走る姿を見た解説の川口さんにまで心配されていました。
ベンチの真中監督が、一番心配してなかったりして、いや、マジで…。無理させないでほしい。

2死1、3塁で村中投手はセンターへ抜けるかという打球でしたが、倉本選手の好守に阻まれ
セカンドフォースアウト。今浪選手の足がもうチョイ速ければという惜しい打球でした。

その裏、村中投手は先頭のエリアン選手にヒットを打たれ、
宮崎選手に粘られ四球を与え無死1、2塁。
つづく筒香嘉智選手に投じた初球スライダーを、
バックスクリーン左に逆転となる20号3ランを放り込まれ2-3。うわぁぁぁ・・・・
ストライクから入るのなら、ストレートでしょうに。
その前に、高津コーチがマウンドに来ましたが、いったい何をアドバイスしたんでしょう!?

追いかけるヤクルトは7回、2番手田中投手から、
何と西浦直亨選手がライトスタンドへ今季1号ホームランを放ち、たちまち3-3の同点に!
逆風を切り裂く素晴らしい一発でした。
ナイスバッティング、意外性のバッターですね。

このあと、2死後、山田くんが四球で出塁も、雄平選手は見逃し三振。

7回も続投の村中投手は、2死後、エリアン選手を四球で出し、ここでルーキ投手に交代。
これがまたまた裏目となります。
代わりっぱな、宮崎選手にセンターフェンス直撃のタイムリー2塁打を浴び、
あっさり3-4と勝ち越されます。

筒香選手にも左中間へのタイムリーヒットを浴び3-5
これ、完全に継投失敗でしょう。
7回まで村中投手を引っ張ったんなら、この回最後まで投げさせてよ、もぉ~!

こうなると、DeNAは8回、三上投手が登板
先頭のバレンティン選手はライト前ヒットも後続が倒れます。

ヤクルトはその裏、久古投手が登板し、今日はきっちり三者凡退に抑えます。

9回、山崎投手から先頭の西浦選手が四球で出塁。
1死後、川端選手のレフトポール際の大飛球を乙坂選手が好捕し、
エリアン選手を中継して1塁送球。
大きく飛び出した西浦選手が1塁へ戻れず、ダブルプレーとなりゲームセット。
何ともあっけない幕切れでした。次は山田くんでしたからね。回してほしかったです。

西浦選手、せっかくホームランを打ったというのに、最後はボーンヘッドの走塁死でした。
写真は沖縄キャンプより 西浦直亨選手
e0222575_23154350.jpg


村中投手は7回途中までよく投げてくれました。お疲れさま。
しかし、結局4失点で負け投手となり、粘投が報われませんでした。

ヤクルトはハマスタで横浜DeNAによもやの3連敗。
秋田で巨人に連勝した勢いが完全に止まりました。
初戦は、山口投手が好投したので仕方ないとしても、2戦目、3戦目は勝機がありながら、
継投の失敗で落としました。
2戦ともルーキ投手投入が結果的には失敗でしたね・・・。
今日はあまりに簡単に3、4番に打たれました。

打線は、今日は雄平選手がさっぱりでつながりませんでした。
短くバットを持って、上手く打った試合もありましたが、また元に戻った感じでダメでした。
4番の後ろを打つ打者がこれでは、山田くんが勝負してもらえません。
困りましたね・・・。

今日は阪神が勝ったので、ヤクルトは再び最下位に転落。
明日から神宮で3連戦。
明日は、デイビーズ投手が体調不良のため、成瀬投手が先発することになりました。
やっぱり成瀬投手は先発の方がいいでしょうね。
結果を出して、またローテを奪い返してください。
9日は由規投手の復活登板となります。是非勝ちたいですね。



by misty2011 | 2016-07-07 22:07 | 東京ヤクルトスワローズ

おめでとう♪村中恭兵投手2年ぶり先発勝利!打線がつながり先制・中押し・ダメ押し☆5-2

敵地で首位広島カープに連敗した東京ヤクルトスワローズ
なんとか一つでも勝ちたいですね。
3戦目の先発は、カープが中村恭平投手、ヤクルトは村中恭兵投手の実況アナも間違えそうな
Kyohei左腕対決。
ヤクルトバッテリーは村中ー中村のシンメトリーバッテリーとこちらも混乱しそう!?
中村恭平 VS 村中恭兵
        中村悠平

選手公示では、原樹理投手が抹消され、上田剛史選手がようやく上がってきました。
上田選手は、4月22日にデッドボールで右足小指を剥離骨折しましたが、
思ったより時間がかかりましたね。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 村中投手が約2年ぶりの先発で5勝目をマーク!雄平選手は3打点の活躍!

村中投手は初回は丸ちゃんにヒットを打たれますが無失点に抑えます。

先制したのはヤクルト
2回、先頭の山田くんが粘って四球で出塁し、バレンティン選手のピッチャーゴロで2塁へ。
つづく雄平選手がライトへタイムリーヒットを放ち1点先制!

その裏、村中投手は2四球と相変わらず制球が不安定ながら、
最後はサード併殺打でピンチを切り抜けます。よく踏ん張りました。
ここが大きかったでしょうね。

4回には、川端選手が2塁打、山田選手はサード内野安打、バレンティン選手がレフト前ヒットで、
無死満塁のチャンス!
ここで、雄平選手がまたもレフトへ技ありのタイムリーヒットを放ち、二者生還して3-0
ナイス雄平!!

1死後、中村悠平捕手もヒットでつなぎ、村中投手はファーストゴロで2死満塁から
大引選手がセンターへ抜けるタイムリーヒットを放ち4-0
最近では珍しく打線がつながり、この回3得点!

その裏、村中投手は丸ちゃんに2塁打を打たれ、1死3塁から鈴木誠也選手の犠牲フライで4-1

疲れが見えた5回には、會澤選手に2塁打を打たれ、田中選手にタイムリーヒットを浴び4-2
つづく菊池選手にもヒットを打たれピンチでしたが、後続を抑えます。

追加点が欲しいヤクルトは6回、1死1、3塁のチャンスに代打・今浪選手が三振に倒れ、
このあと2死満塁の好機も坂口選手がセカンドゴロで3アウトチェンジ。得点できません。

6回からは継投に入り、平井諒投手が2イニングを無失点に抑えます。
150キロ台のストレートでガンガン攻めました。スカッとしました。

8回はルーキ投手が登板し、ランナーは出しますが0点に抑えます。

ヤクルトは9回、今村投手から先頭の坂口選手が四球で出塁し、2盗に成功。
川端選手がヒットでつなぎ無死1、3塁。
ここで、山田選手へ2球インコースの危ない球がありドキッとしました。
一瞬、手首にぶつけられたかとヒヤッとしましたが、グリップエンドでした。
山田くんはひっくり返りましたが、避け方もうまいですね。
このあと、ひるむことなくライトへ犠牲フライを運び、ほしかった追加点を奪い5-2

9回最後は、秋吉投手がヒットと四球でランナーを出しながらも0点に抑えゲームセット!
ヤクルトが5-2で広島を下し、カープの連勝をついに11で止めました。

勝ち投手は、5回を投げ5安打7奪三振で2失点と好投した村中恭兵投手が、
先発として2年ぶりの勝ち星で5勝目を挙げました。
よかったですね。おめでとうございます。
日曜日に中継ぎで投げて、先発調整なしでも、よく粘りましたね。
やっぱり村中投手は先発がよく似合っていました。
私は、早くから村中投手は先発推ししていましたが、
ようやく実現して、しかも勝って、本当に嬉しいです。

けが人続出の先発陣を村中投手が救いましたね。
今日の勝ち星を自信に、これからも先発としてチームを勝ちに導いてほしいと願います。

2番手で2イニング投げた平井諒投手もナイスリリーフでした。
復活組の二人が、素晴らしいピッチングで、カープの連勝を止めたのは何より痛快です。
やっぱりストレートが速いって武器ですね。

これからも、故障しないよう十分ケアしながら投げてほしいと思います。

打線は今日はつながりましたね。
2回と4回には雄平選手が2打席連続のタイムリーで3打点と勝負強さを発揮!
昨夜ブレーキだった3番川端選手が今日は3安打猛打賞でチャンスメイク。
慎吾くんが打つと点が入りますね。今日のバッティングをこれからもお願いします。

山田選手は、今日は珍しく内野安打が2つと1四球1犠飛で1打点。
タイムリーヒットはなかったものの、9回の犠牲フライの追加点は大きかったですね。
あと、やっぱり腰と右太もも裏が悪いようで、
走れる機会はありましたが、全く盗塁はしませんでした。
今は無理するときではありません。
ほんとはお休みしてほしいくらいですが、試合に出ながらなので、
悪化させないようにして、一日も早くよくなってほしいと願います。

今日は投打がかみ合ったナイスゲームでした。
カープは首位独走ですが、あとは団子状態、セ・リーグはまだまだこれからです。


写真は4月3日神宮 村中恭兵投手
e0222575_20552617.jpg


ヒーローインタビューは落ち着いていて、しっかり受け答えしていて、これにも感動しました。
先発での今季初白星、5勝目ゲットおめでとうございます。
神宮でも先発で投げる村中投手が見たいです。

by misty2011 | 2016-06-30 22:56 | 東京ヤクルトスワローズ

延長11回消耗戦、中村悠平が意地の決勝打、村中660日ぶり白星☆9-6

勝っても負けても、先発事情が深刻さを増す東京ヤクルトスワローズ

中日ドラゴンズとの2戦目の先発は、中日がジョーダン投手、ヤクルトは山中浩史投手
ナゴヤドームの高いマウンドが、サブマリンの山中投手に合うかどうか、ちょっと心配。
スタメンは昨日と同じで、7番ライト飯原選手


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 延長11回に3得点で乱打戦制す!村中投手が660日ぶりの勝利、久古投手が1742日ぶりのセーブ

試合は5回まで両投手が0点に抑えます。

6回、ヤクルトは先頭の山田選手がレフト前ヒットで出塁。
初球から走って2盗成功!これで昨シーズンから連続27盗塁成功です。
初回はランナーを置いて空振り三振も、
この回のように、やっぱりチャンスメイクの方が適性があるようですね。
武器の足も生かせるわけだし。
だ・か・ら、何度も書いていますが、山田くんはトップバッターを私は希望します。

1死後、川端選手は四球で1死1、3塁から、
畠山選手がライトフェンス上部に当たるタイムリー2塁打で1点先制!
ビデオ判定に持ち込まれますが、判定通り2塁打。
なおも1死2、3塁でしたが、後続が倒れ1点どまり。

その裏、山中投手はナニータ選手にヒット、
ビシエド選手には肘への死球で無死1、2塁のピンチを招くと、
平田選手にレフトへタイムリー2塁打を打たれ1-1の同点に。
亀澤選手にもタイムリーヒットを打たれ1-3と勝ち越されます。

追いかけるヤクルトは7回、2番手岡田投手を攻め、
代打の比屋根選手がライトへの2塁打を放つと、平田選手の悪送球で3塁へ進みます。
大引選手は四球後、坂口選手がレフトへタイムリーヒットを放ち2-3と1点差。

得点圏での山田くんはサードゴロで1死1、3塁となり、バレンティン選手も倒れますが、
川端選手がレフトへタイムリーヒットを放ち3-3の同点に!
つづく畠山選手がレフトへタイムリーヒットを放ち4-3と勝ち越します。
畠山選手、2打席連続のタイムリー!勝負強さが戻ってきました。
さらに、代打の今浪選手はセカンドゴロも、タイムリーエラーを誘い5-3と2点差に。
今浪選手、やっぱり持っていますね。

7回は秋吉投手が三者凡退にきっちり抑えます。

8回、ヤクルトはチャンスを潰すと、その裏、ルーキ投手が平田選手に一発を浴び5-4

すると9回、小川投手から武内選手が四球を選び出塁すると、
2死後、中村悠平捕手がレフトへタイムリー2塁打を放ち、6-4と2点リード!

これで逃げ切れると思いきや甘かったようです。
その裏、オンドルセク投手が先頭を2塁打で出すと、大島選手にタイムリーヒットを打たれ6-5
さらに、野本選手の犠牲フライで6-6に追いつかれます。

延長10回、ヤクルトは田島投手の前に1~3番があっさり倒れます。

その裏、ヤクルトは村中恭兵投手が登板し、ヒット、四球で無死1、2塁のサヨナラのピンチ。
しかし、堂上選手の送りバント失敗などあり、無失点で切り抜けます。

11回、ヤクルトは2死後、福投手から武内選手が四球を選ぶと、
雄平選手はレフト前ヒットでつなぎます。
ここで、中村悠平捕手が1塁線を破る技ありのタイムリー2塁打を放ち8-6と勝ち越すと、
比屋根選手がセンターオーバーのタイムリー3塁打で9-6
下位打線がつながりました。

3点リードでその裏は久古投手が登板
1安打されますが0点に抑えゲームセット。
延長11回4時間39分の死闘の末、ヤクルトが9-6で中日を下しました。

10回裏にピンチを抑えた村中恭兵投手が、660日ぶりとなる今季初勝利をあげました。
おめでとうございます。
あの回は、サヨナラを覚悟しましたが、よく0点で切りぬけましたね。

また、11回に投げた久古健太郎投手が、1742日ぶりのセーブとなりました。
おめでとうございます。

勝ったものの、延長にもつれる消耗戦。両チームとも勝てるチャンスはありながらも、
譲り合っての長い試合になりました。

9回で2点リードしたときには、勝てると思いましたが、オンドルセク投手がまさかの2失点。
10回はサヨナラのピンチを切り抜け、11回、ムーチョが意地の決勝打!
今日は9回にも、6点目となるタイムリー2塁打を放つなど、3安打猛打賞で3打点。
久しぶりにバッティングで勝利に貢献しました。
このところ、投手陣が打たれまくって、苦悩の表情が多かった中村捕手ですが、
これで少しでも、気持ちがラクになることを願います。

写真は5月22日神宮 中村悠平捕手
e0222575_17443780.jpg



先発した山中投手は、6回に3失点しましたが、先発として6回3失点とQSを達成して、
最近のヤクルト先発陣の中では、好投を見せ試合を作ってくれました。
先発陣では、最も頼りになる存在です。

途中までは勝ち投手の権利を持っていましたが、9回に同点に追いつかれて消えました。
出来れば、山中投手に勝ち星がついてほしかったですね・・・。
バント失敗は反省点として、次回はしっかり決めるよう練習してください。

また、打点をあげた選手以外では、大引選手が3安打猛打賞2四球で5回出塁。
しぶといバッティングが光りました。

最後に、今日の山田くんは、5打数2安打1四球1盗塁2得点。
やはりランナーがいるときは打てませんでしたが、
6回、先頭打者としてヒットで出て13個目の盗塁を決め、そこから得点できました。
盗塁は珍しく危ないタイミングでしたが、スライディングが上手かったのでギリギリセーフでした。
何でも失敗なしの連続盗塁記録は32だそうなので、そこまで伸ばせるといいですね。

また、7回の2塁からのホームへの走塁も見事でした。
打つ方はチャンスに弱いので、今の山田くんの最大の武器は足でしょうね。
足は、バッティングほどスランプはないと言います。
今、山田くんが一番勝利に貢献できるのは走塁かもしれませんね?
もっと、足を生かせる場面がふえるよう願います。そのためには、とにかく塁に出ることです。

山田くんは、チャンスで打席に入るときは、何かおびえた子犬のような表情で、
正直、見ていて打てる気がしません。
おそらく好機に弱いことを気にしているんでしょう?
もっと、気持ちをらくにして打席に立ってほしいですね。
そう、今浪選手のように「打てなくてもしゃ~ない」と開き直ればいいんです。
次こそ、チャンスで打ってほしいと願っています。
やっぱりそれを期待されている選手ですから。
今日は悪いなりにもマルチヒットだったので、不調から抜け出すきっかけになるといいですね。

明日は原樹理投手が先発。前回は悪かったので、どう修正できているか見たいと思います。
勝てるピッチングを期待しましょう。

by misty2011 | 2016-05-28 21:16 | 東京ヤクルトスワローズ

神宮開幕も館山四球からの被弾など5回5四球5失点、攻撃は13残塁★2-6、ヤクルト4連敗

2016年開幕戦では3連敗と最悪のスタートになった東京ヤクルトスワローズ
今日から本拠地・神宮球場に戻って阪神タイガースとの3連戦を戦います。

その初戦、ヤクルトは館山昌平投手、阪神は藤浪晋太郎投手の先発
今日はスタメン1番にようやく坂口選手を持ってきました。
6番ショートは今浪選手で、上田選手は7番センター

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 畠山選手が意地のタイムリーも、本拠地開幕戦を飾れず

初回、館山投手は三者凡退の上々の立ち上がり
その裏、ヤクルトは先頭の坂口選手がヒット、暴投で2塁へ進み、山田くんは四球で1死1、2塁も
畠山選手がショートゴロ併殺打で先制の好機を潰します。

直後の2回、館山投手は2四球とヒットで1死満塁から梅野捕手にライトへタイムリーヒットを浴び、
雄平選手が3塁送球の間に、2塁ランナーも生還を許し2点先制されます。

ヤクルトは4回、先頭の畠山選手はサード落球エラー、雄平選手はヒットで出塁し
1死1、3塁から上田剛史選手のショートゴロの間に畠山選手がホームインして1点かえします。
つづく中村捕手が今シーズン初ヒットで2死1、2塁も、
館山投手がそのまま打席に入り空振り三振。
私は代打を送るかな?と思いましたが動かず。

直後の5回、館山投手はヘイグ選手にヒット、福留選手に四球後、
ゴメス選手に投じた初球をレフトスタンドへ3ランホームランを放り込まれ1-5

あまり調子が良さそうには見えなかった藤浪投手ですが、4点ビハインドは大きすぎました。

6回は村中恭兵投手が登板
三者凡退にきっちり抑えます。制球よく、Max149のストレートがキレていました。

しかし、続投の7回にはヘイグ選手に四球後、福留選手にヒットを打たれ、
ゴメス選手の犠牲フライで1-6
鳥谷選手の四球を与えたところで秋吉亮投手に継投。

秋吉投手は西岡選手にデッドボールをぶつけ2死満塁となりますが、梅野捕手を打ちとり3アウト。
調整登板だったと思いますが、秋吉投手、球のキレがなかったですね。
本調子には戻るには時間がかかるかもしれません。

その裏、ヤクルトは1死後、坂口、川端選手が連打で1死1、2塁も山田くんはセンターフライ
畠山選手はショートライナーで得点ならず。

8回は、首の張りが心配されていたオンドルセク投手が登板
髙山選手を内野安打で出しますが無失点に抑えます。
そう心配なさそうなピッチングでホッとしました。

9回は久古投手が登板し、福留選手にヒットを打たれ2死となったところで
古野投手に交代し、大和選手を打ち取り3アウトチェンジ。

5点追いかけるヤクルトは9回、坂口選手が四球後2盗、山田選手も四球で2死1、2塁から、
畠山選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち2-6
ここでようやく藤浪投手を引きずり降ろし、マテオ投手に交代すると、
雄平選手も四球で2死満塁となりますが、今浪選手がショートゴロでゲームセット。

ヤクルトは神宮開幕戦でも勝てず、これで開幕から4連敗となりました。

先発の館山投手は、オープン戦最後の登板はまずまずでしたが、
今日は、昨年復帰以来、不安だったコントロールが悪く、意図したところに投げることができませんでした。
5回、ヒット、四球後の初球が甘かったですね。ゴメス選手の3ランで、試合が決まりました。

写真は2月沖縄キャンプブルペンより
e0222575_141632.jpg



打つ方は、藤浪投手に対して三者凡退は1回だけ、
ヒットや四球で毎回のようにランナーを出しますが、あと1本が出ません。
阪神の7安打を上回る8安打、藤浪投手から5四死球もらいながら、13残塁と残塁祭り。
9回最後に来て、畠山選手のタイムリーで2点目をあげましたが、遅すぎましたね。
藤浪投手は149球と球数が増え、完投を阻止するのがやっとでした。

明るい材料としては、坂口選手がトップバッターになって、
今日は2安打2死四球で4回出塁して活躍。やはり1番は坂口選手が適任でしょうね。

ヤクルトは塁を賑わすだけで、タイムリーが出ませんが、
何とか打線がいい巡りになることを期待するしかありません。
ヒットは出ているわけですからね。

館山投手は、やはり度重なる手術の影響があるんでしょうね。
まだナイターは寒いというのもあります。
とにかくコントロールが悪いので、見ていて非常に不安なピッチングでした。

リリーフ陣は、秋吉投手がやっぱりよくないですね。
村中投手は久しぶりに投げるのを見て、嬉しかったです。
1イニング目はよかったですが、2イニング目にランナーを出すと、また悪い面が出ました。
ただ、久しぶりの1軍登板なので、しばらく投げてみて判断しないと何とも言えません。
球自体は、まずまずだったように私は見えました。

左のペレス投手がインフルエンザで登録抹消となり、しばらく投げられず、
久古投手も調子が上がらない中、
村中投手が少しでもいい働きをしてくれたらと願います。

明日は岩田投手ですが、オープン戦では打てませんでした。
是非、明日は攻略してほしいですね。連敗をとにかく止めましょう!

by misty2011 | 2016-03-29 22:28 | 東京ヤクルトスワローズ

復活に向け由規投手好投!3回1安打無失点、試合は2-2ドロー

東京ヤクルトスワローズは、昨日に続き今日も京セラドーム大阪でオリックス・バファローズとのオープン戦

ヤクルトの先発は、復活が期待される由規投手が東日本大震災から4年経た今日3.11に志願登板、
今日は田中雅彦捕手とバッテリーを組みます。
オリックスは、オープン戦早くも二度目の対戦となるバリントン投手


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 【オープン戦】大引選手が先制打含む3安打!由規投手は3回無失点!

注目の由規投手の立ち上がり、変化球のコントロールが思いのほかよく2三振など三者凡退に抑えます。
ストレートはまだ思ったところにコントロールできていませんが、Max150キロを出しました。

先制したのはヤクルト
2回、4番ミレッジ選手が四球で歩き、田中浩康選手がレフト前ヒットでつなぐと、
1死後、大引選手がライト前タイムリーヒットを放ち1点先制!
つづく森岡選手のセカンドゴロの間に3塁ランナーがホームインして2-0

写真はキャンプ6日 ブルペンの由規投手
e0222575_1863850.jpg


由規投手は、ボールがばらけながらも2回も三者凡退に抑えます。

3回、由規投手は先頭のT-岡田選手のセンターオーバーの2塁打を浴び初ヒットを許します。
センター藤井選手の追い方がちょっと下手でした。
続く駿太選手のセカンドゴロでランナーは3塁へ。
しかし、後続を空振り三振、ショートライナーに打ち取り、この回も無失点。
なかなかいいじゃないですか。これなら昨日の成瀬投手より断然よさそう。

ベンチに戻った由くんの隣に田中雅彦捕手が座って話しかけ、
お互いバッテリーが好結果を出して安堵の笑顔でした。

4回、ヤクルトは先頭のミレッジ選手がヒットで出ますが、浩康選手がピッチャーゴロ併殺打。
第1打席は三遊間を抜けるゴロのヒットでしたが、最近は、悪い時のひっかけ気味の打球が多いですね。

4回裏はオンドルセク投手が登板
安達選手にヒットを打たれますが、田中雅彦捕手が2盗を刺します。ナイス送球でした!
このあと、糸井、中島選手にもヒットを打たれピンチでしたが、小谷野選手を打ち取り無失点で切り抜けます。
3安打され無失点はいいんですが、しかし簡単に打たれますね・・・。これはどうなんでしょう?
盗塁を刺してなければ失点は確実でした。

5回、ヤクルトは先頭の大引選手が内野安打で出塁しますが、
森岡選手がこちらもセカンドゴロ併殺打でランナーがなくなります。
そのあと、田中雅彦捕手がヒットも後続倒れ、ちぐはぐ攻撃で追加点がとれません。

5回裏、ヤクルトは2番手で村中恭兵投手が登板。
いきなり先頭のT-岡田選手にレフトへ2塁打を打たれます。
今のミレッジ選手の弱肩では、ランナーは遠慮なく2塁へ走るでしょうね。
駿太選手の犠打で3塁へ進むと、伏見捕手がセンターへ大きな犠牲フライを運び2-1
村中投手はあっさり失点しました。

ヤクルトは6回、2番手の中山投手から先頭に荒木選手がセンター前ヒットで出塁。
川端選手がレフト前ヒットで続き、チャンスが広がります。
ミレッジ選手が1塁ファールフライに倒れると、つづく浩康選手がピッチャーゴロでランナーがそれぞれ進塁。
しかし、飯原選手が空振り三振に倒れ、この回も先頭を出しながら得点を奪えませんでした。

6回も続投の村中投手は先頭を四球で出し、ワイルドピッチで3塁へ進まれますが、後続を断ちます。
7回は井野捕手に交代し、村中投手はテンポよく三者凡退に抑えました。

しかし8回裏、村中投手はヒット、犠打、ヒットで1死1、3塁のピンチを招くと、
山本選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ2-2の同点に。

ヤクルトは9回、今浪選手が内野安打で出ますが、井野捕手が三振に倒れ得点ならず。

その裏、土肥投手が四球でランナーを出しますが、最後は三振ゲッツーでゲームセット。
そのまま2-2の引き分けで終わりました。

負けなくてよかったですが、ヤクルトは先頭でランナーを再三出しながらも追加点が奪えない悪い流れ。
2番手の村中投手が2失点して、結局ドローとなりました。

打つ方では、大引啓次選手が3安打猛打賞1打点。
内野の守りの要が打つ方も好調をキープしています。

バレンティン選手がいなく、雄平&山田選手の抜けた打線は、やっぱり迫力がありません。
開幕に向けアピールしなきゃいけない選手たちが、チャンスに併殺や三振では自ら出場機会を手放しています。
奮起してほしいですね。

今日の収穫は、何といっても由規投手のピッチング。
3回1安打4三振で無失点、しかも無四球でした。
前回登板よりは数段よくなっていました。今の段階でこれなら十分でしょう。
スライダーがキレよく、ストレートが思うところに投げられるようになれば、さらによくなると思います。
あとは登板後の右肩の状態がどうなのかを見ながら、次の登板に備えてほしいと思います。

サンスポ 燕・由規、被災地へ思い届ける150キロ「中途半端な投球はできない」

まだローテに入るかどうかもわからない現時点で言うのもはばかりますが、
いっそのこと、神宮開幕投手は由規投手が投げると盛り上がるんですけどね。
それなら私も出かけたいと思うんですが。

村中投手は微妙な出来でしたね。4回を投げ3安打2失点。
めちゃくちゃ悪くはないですが、そう良くもなく、先発ローテは厳しいかもしれません?
他の投手の仕上がり具合によるでしょうね。


4年前の2011年3月11日、私はハマスタで横浜とのオープン戦を観戦中に、あの大地震が起きました。
今でも鮮明に覚えています。
テレビのニュースではハマスタの映像も流れました。
ハマスタの観衆3756人の私はひとりでした。

当時の記事は こちら 他 「地震」のタグでご覧ください。
当時の記事では「帰宅難民」と私は書いていますが、今は「帰宅困難者」と表現するようですね。

今日の好投で、由くんの思いは、東北など被災地に必ず届いたと思います。
東北の復興と由規投手の復活を願ってやみません。
by misty2011 | 2015-03-11 17:49 | 東京ヤクルトスワローズ

村中恭兵投手フォト追加@2015ヤクルトキャンプ

東京ヤクルトスワローズ春季沖縄キャンプより、今回は村中恭兵投手のフォトです。

既にキャンプ中に写真や動画をアップしていますが、こちら と こちら
追加分です。

かつてのエース候補も、いまや先発ローテに生き残れるかどうかの瀬戸際に立たされています。
先発5、6番手がまだ確定してなくて、石山、八木、古野、(由規?)投手らと熾烈な争いとなっています。
先日の2軍教育リーグでは3回無失点と好投したようですが、
これからのオープン戦の投球次第で残りのローテ2枠が決まります。
是非、ローテ入りできるよう結果を出してほしいです。


キャンプ初日 陸上トラックの芝生でキャッチボール
e0222575_923826.jpg


e0222575_96934.jpg


初日ブルペン 既出ですが1枚
e0222575_1844594.jpg


2日 サブグランド 守備練習
e0222575_9125430.jpg
 

3日のブルペン
e0222575_10343610.jpg


6日 打撃投手登板前のキャッチボール
e0222575_9144596.jpg


e0222575_9152378.jpg


e0222575_9153485.jpg



村中恭兵投手が登場するMY動画は
 初日 ブルペン
  http://youtu.be/9hVIzyjxzzo

 2日サブグランド投手陣の守備練習 
  http://youtu.be/_gTpPCgFTi4
  http://youtu.be/ifSGNe5Zlhs

 3日投内連係 
  http://youtu.be/cIxNyfp6Tf8

 3日 ブルペン 
  http://youtu.be/cm7TBYuJWqg

 6日投内連係
  http://youtu.be/QD9Hy51wgcE


ヤクルトスワローズ沖縄キャンプ見学レポの記事は、「浦添キャンプ」のタグでご覧ください。

私が撮ったヤクルトキャンプ動画51本の一覧は、YouTube My動画ページ tokyoysmistyで、ご覧いただけます。
by misty2011 | 2015-03-09 09:47 | 東京ヤクルトスワローズ