Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:田中浩康 ( 66 ) タグの人気記事

田中浩康選手が戦力外とは…びっくりしました!

まさかという驚きのニュースが入ってきました。

東京ヤクルトスワローズ球団は、7日、田中浩康内野手に戦力外通告を行ったと発表しました。

サンスポ×スワローズ サンスポ×スワローズTwitter

スポニチ ヤクルト 田中浩に戦力外通告、現役続行を希望 12年ベストナイン

サンスポにも出ました。
サンスポ 田中浩康がヤクルト退団、現役続行希望しコーチ断る

小川SDは
「球団の希望としては、現役引退後はスワローズの指導者として協力して欲しい旨を
伝えてまいりましたが、本人の現役続行への強い希望があり、
残念ながらこのような結果となりました」とのことです。

まだ一報が出たばかりで、このニュースを受け取る側としては、心の準備が全くできていません。

前から当ブログをご覧いただいている方は、感じていたと思いますが、
一時期、セカンドのポジション争いで、
山田選手と浩康選手が、ちょっとばかり気まずい期間があったので、
山田くんファンの私は、浩康選手のことを決して良く思っていたわけではありません。すみません。

しかし、その後、二人の関係は良好となって、一安心しました。
浩康選手は、何に対しての発信かはわかりませんが
「受け入れる」との気持ちを明らかにしていました。

今シーズンは、序盤に主に代打で試合に出ていましたが、あまり結果が出ず、
その後は2軍降格となっていました。
下では、まずまずの結果を出しながらも上がってくることはありませんでした。

それで、いきなり戦力外の通告ですからね。
もうびっくりしました。

小川SDは、監督時代は浩康選手のことを非常に気にかけていた方なので、
今回の戦力外通告とは、すぐには結びつきませんでした。

サンスポによると、コーチ就任の打診を受けていましたが、現役続行を目指し、断ったとのこと。

浩康選手が、現役を続行したいという強い気持ちだというのもわかります。
まだ、老け込む年齢ではありませんし、十分やっていけます。

ただ、私は、いずれはヤクルトの指導者か、または球団に残るものとばかり思っていたので、
引退までヤクルトでプレーするものと考えていました。
昨年、FA宣言して残留したのも、その流れだと理解していました。
なもので、戦力外になるなんて、こんな予想外の展開には戸惑っています。

今後のことは、まだ何も決まったわけではありませんが、
実績のある選手なので、他球団からオファーは必ずあると思います。
頑張ってほしいですね!
静かに、今後の成り行きを見守りたいと思います。

【追記】横浜DeNAベイスターズに入団が決まりました。

6月19日神宮 田中浩康選手
e0222575_16352255.jpg


5月5日ハマスタ
e0222575_16361394.jpg


e0222575_16363412.jpg


by misty2011 | 2016-10-07 16:50 | 東京ヤクルトスワローズ

8/27神宮観戦、川端慎吾&田中浩康選手お立ち台フォト

今日は久しぶりに神宮に行ってきました。
昼間はちょっと蒸し暑かったですが、ナイターの神宮は涼しくて心地よかったです。

試合は両チーム0行進が続きましたが、8回にヤクルトが川端慎吾選手が2点タイムリーヒットを放ち
これが決勝点となりました。

ヒーローインタビューのお立ち台は、代打でヒットを打った田中浩康選手と
決勝の2点タイムリーヒットの川端慎吾選手

試合編は後回しにして、取り急ぎ、二人の笑顔のお立ち台の写真です。

e0222575_2381844.jpg


e0222575_2383096.jpg


e0222575_2383639.jpg


e0222575_2384525.jpg


e0222575_2385340.jpg


浩康選手がいい笑顔ですね。
e0222575_23908.jpg


e0222575_2391246.jpg


e0222575_2392250.jpg


e0222575_2393236.jpg


e0222575_2395450.jpg


つば九郎がちょっかいを出しています。
e0222575_2310826.jpg



e0222575_23104112.jpg


取材カメラのストロボが焚かれた瞬間をパチリ
二人とも満面の笑み 嬉しそうです。おめでとうございます!
e0222575_23105159.jpg


e0222575_23105970.jpg


ライトスタンドへ挨拶に出向きます。
e0222575_2311916.jpg


今日のスコア 巨人に3連勝!
e0222575_231122100.jpg


試合編フォトレポは こちら
by misty2011 | 2015-08-27 23:19 | 東京ヤクルトスワローズ

ヤクルト代打陣の層の薄さ

中日ドラゴンズに何とか3連敗は免れた東京ヤクルトスワローズ
3戦目は、先発の石山泰稚投手が4回で降板し、
ヤクルトは5回から、秋吉-オンドルセクーロマン-バーネット-松岡投手とつないで
リリーフ陣5投手が無失点リレーで延長戦を制しました。

両チームともエラーが出ましたが、勝敗を決めたのは、比屋根選手の打球を弾いた高橋聡文投手のエラーでした。
勝ち方としては、あまり褒められたものではありませんが、
ヤクルトの勝利への執念が上回っていたということでしょう。
転がせば何とかなるという典型的な敵失による決勝点でした。

この場面を見て思い出したのは、8月5日神宮での巨人戦
1点を追うヤクルトは9回2死1、3塁で、比屋根選手の打席で代打・田中浩康選手を送りますが
空振り三振に倒れゲームセットとなりました。

当日、比屋根選手はそこまでノーヒットでしたが、俊足なので転がせば何かが起きるかもしれないという
期待は持てました。
昨日のようにエラーを誘うかもしれないし、内野安打の可能性だってあります。
また、最近は打席でもよく粘っています。

その比屋根選手をわざわざ代えてまで、浩康選手を出す意味を私は感じられませんでした。
当日のブログでは、敗退行為とまでキツイ事を書きましたが、
今日の結果を見るにつけ、やはり、あの代打策はベンチの愚作だったと思いました。

昨夜はもつれた試合になったので、ヤクルトはそこまでに既に田中浩康、今浪選手を代打で使っていました。

結果は、代打の1番手・浩康選手は、5回ノーアウト1塁のチャンスにセカンドゴロ併殺打
併殺が多いバッターなので、私はこの場面は送りバントでいいと思いましたけどね。
他のケースでも、ベンチは代打の浩康選手に打つことを期待しているのか、バントをさせることはありません。
バントが得意な選手なのに、ピンチバンターで起用することもありません。これも一つの疑問です。

代打・今浪隆博選手は8回の先頭打者でレフトフライ

9回は、デ二ング選手の犠牲フライで4-4の同点になったあと、
2死1、2塁で代打・森岡良介選手はファーストゴロ

11回は川崎成晃選手が1死1、3塁の場面で代打で登場し、ライトファールフライで、
平田選手の肩もあって、タッチアップできませんでした。
その直後に、比屋根選手の敵失を誘う決勝打が生まれました。

昨日は、代打は4枚きりましたが、どれも成功はしませんでした。
まあ、代打がそんなに簡単に打てるものではないので仕方ありませんが、
出すからには、その選手の特徴を考えて、最悪のケースも想定して策を講じてほしいと私は思います。

それにしても、ヤクルトの代打陣の層の薄さを改めて感じますね。
森岡選手は、一時は代打で頑張っていた時もありましたが、最近はさっぱりで、打てる気配を感じません。
打率も2割を切りました。
左の代打なら、まだ今浪選手のほうが期待できそうですね。
代打陣の中では打率.286と、まずまずの成績です。

右の代打は、今のところ浩康選手が一番手ですが、長打があるわけでもなく、内野安打も期待できず、
打席では打ち気にはやって、あまり粘ることもしません。
タイムリーを打ったり、ホームランを打ったこともあるので、
ベンチはそちらのイメージを期待しているのかもしれませんね??

ただ、打率2割ちょっとの長打のない打者が、代打の切り札というのは、あまりに寂しい現実です。
相手投手に与えるプレッシャーは、それほどないでしょうね。
他にいないので、言っても仕方ないことですが。

これ以外に、代走や守備固めが主ですが、三輪正義選手も控えメンバーにいます。
武内晋一選手も、代打や1塁の守備固めで起用されています。

ここで、もう一つ私が疑問に思うことは、出番は少ないながら、一応、打率.2954と
結果を出していた西浦直亨選手を、なぜ下に落としたかということです。
長打率なんかも、他の代打陣より上ですからね。

ショートは大引選手が固定なので、出番がないにしても、右の代打候補の荒木選手が離脱した中、
西浦選手は代打としても残しておいてほしかったように思います。
次期ショート候補として、攻守とも育ってほしい選手なのに、ベンチにその気があまりないんですかね?
1軍で試合に出ないと、やはり選手は伸びないと思いますが。
冷遇されているようで、ちょっと可哀想になります。
別に私は西浦選手が贔屓というわけではありませんが、公平にみても疑問に感じます。

ようやく、2軍戦に荒木貴裕選手が出場し始めているので、そろそろ上に上がってくるかもしれません。
特に、右の代打が手薄なので、荒木選手の1軍復帰が待ち遠しいです。

これ以外に、ミレッジ選手は状態がよくわかりませんが、
外国人枠の関係で、デ二ング選手を落としてまで上げることはないと私は思います。
きまぐれバレンティン選手のシーズン中の復帰は、私はあてにしていません。
いてくれたら、そりゃ~頼もしいです。
優勝争いでもしていたら、帰って来てくれるかもしれませんね。
CSにでも間に合えばと思います。

他チームは、出てくると、イヤだなあ、怖いなあと言う代打陣がいますが、
ヤクルトの代打陣は、相手チームから見て、どう思われてるんでしょう?
長打がない小粒な打者ばかりで、その上揃って鈍足なので、あまり怖さは感じないでしょうね。
プレッシャーをかけられない代打陣って、どうしたものでしょう・・・・
代打登場で、たまにはワクワクさせてください。

e0222575_1413054.jpg

開幕当初、田中浩康選手は危機感を持って必死でプレーしていましたが、
最近は結果が出なくても1軍は安泰なのか、ベンチでは余裕すら感じます。
キツイようですが、今のバッティングでは、何がウリなのか私はわかりません。
代打で生き残るためには、さらなる打撃での向上心を望みます。

今浪隆博選手は、途中、ケガでの離脱が残念でした。ここから巻き返しですね。
e0222575_143237.jpg


バッティングが復調しないことには・・・森岡良介選手
e0222575_13552982.jpg

by misty2011 | 2015-08-10 15:18 | 東京ヤクルトスワローズ

菊池雄星のノーノー阻止からの反撃も届かず、石川6失点6敗目

西武ライオンズとの初戦は、山中浩史投手がサブマリン対決を制し、打線も爆発して
東京ヤクルトスワローズが快勝でした。

2戦目の先発は西武が菊池雄星投手、ヤクルトは石川雅規投手の今日は左腕対決
西武戦でのカツオくんといえば、打ちこまれるイメージしかありませんが、今日はどうでしょう?
前日に続き、打線の大量援護が欲しいですね。

昨夜、頭部死球を受け心配された山田選手はスタメン出場
今日は畠山選手が4番に入り、雄平選手はようやく4番を外れと言っても5番ですが、打順を下げました。
荒木選手がレフトに入り、デ二ング選手がDH。ショートは西浦選手です。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 終盤に猛追するも序盤の失点響き連勝ならず

石川投手は初回、先頭の秋山翔吾選手、2番栗山選手に連打され、1死1、3塁から
中村剛也選手にレフトへタイムリー2塁打を打たれ1点先制されます。
つづくメヒア選手にレフトスタンドへ3ランホームランを運ばれ0-4
早くも勝負ありの立ち上がりとなりました。

石川投手は、この後4回までは追加点を与えませんでしたが、5回、栗山、浅村選手の連打で1死1、3塁となったところで
2番手の石山泰稚投手に交代。
しかし、メヒア選手に2点タイムリーヒットを打たれ0-6。
菊池投手の出来からすると、絶望的な点差となったかと思いました。

ヤクルト打線は、菊池投手に全く手も足も出ず、たまに四球でランナーが出るのみ。
150キロ前後のストレートは威力抜群で、今日は敵ながらほれぼれするようなピッチングでした。
ノーノー目前となった8回表、代打・田中浩康選手がセンター前ヒットを放ち、ノーノーを阻止!
よく打ちました。

球数が増えていた菊池投手はここで交代となり、2番手でバスケス投手が登板。
代打・ユウイチ選手の打席でワイルドピッチで浩康選手は2塁へ進みます。
ユウイチ選手はライトフェンス直撃の2塁打で1死2、3塁。
あの当たりで、浩康選手、ホームに戻って来れませんかね??3塁ストップとなりました。

つづく山田選手がサード内野安打でようやく1点入ります。
山田くん、俊足を飛ばし、1塁は間一髪セーフとなりました。

上田選手は倒れ、川端選手はピッチャーゴロかと思いきや、
センターへ抜ける2点タイムリーヒットを放ち3-6と3点差。
こちらも2塁から山田くんが好走塁を見せました。
畠山選手はセンター前のポテンヒットで2死1、3塁。
ここで、3番手の武隈投手から雄平選手がセンターへタイムリーヒットを放ち4-6と2点差に!

菊池投手が降板すると、一気に流れがヤクルトに来ました。
なおもチャンスでしたが、荒木選手が倒れ、反撃もここまで。

9回は、高橋朋己投手の前に三者凡退に倒れゲームセット。
完敗ムードが一転、8回は2点差まで追い上げましたが、届きませんでした。

今日は、菊池雄星投手が良すぎたので、ノーノーを阻止できただけでも良かったですが、
もうちょっとで追いつきそうだっだだけに残念です。

石川投手は、相変わらず西武打線は苦手のようで、今年も初回にいきなり4失点。
これで、菊池投手は随分らくに投げることができました。
ナイスピッチングの上にプレッシャーもなく、燕打線は余計に打てませんでした。

しかし、投手が代わったら途端に打ちだすあたり、やはり打線は相手投手次第ですね。

それから、初回にヒットを打ち、早くも100安打到達した秋山翔吾選手は、
今日2安打して101安打となりました。
これは史上3位のペースとなる63試合での100安打達成です。
どのくらい記録を伸ばすか楽しみです。
どうせなら、イチロー選手を抜いてほしいですね。
私は、基本的には内野安打で打率やヒットを稼ぐ打者は、記録としては凄くても好みではないので、
きっちりしたヒットを打つ秋山選手には記録更新をしてほしいと期待しています。


これで西武とは1勝1敗となり、明日のライアン小川投手に勝ち越しを託します。
このところ、打たれているので心配ですが、先制点を先にやらないよう踏ん張ってほしいです。


最近は、代打でも全く結果を出してなかった田中浩康選手が、今日はノーノー阻止の大きな仕事をしました。
写真は5月28日神宮
e0222575_1755840.jpg

代打としては長打がないので物足りなく、守備固めでの起用もなく、
私は1軍にいる意味をあまり感じませんでしたが、今日のヒットは、久しぶりの存在感を示しましたね。
これからも渋い働きをお願いしたいと思います。

5番に下がった雄平選手も、何とかタイムリーヒットが打ててよかったです。
低めだったのが幸いしましたね。
まだまだ本調子にはほど多く、修正点ばかりですが、少しずつでも結果を出してくれたらと思います。
by misty2011 | 2015-06-13 19:04 | 東京ヤクルトスワローズ

風張8球で危険球退場も古野好投☆7-3 下位打線つながり浩康逆転打、荒木3ラン

神宮での広島カープとの3連戦は1勝1敗となり、
迎えた3戦目、東京ヤクルトスワローズはドラ2ルーキーの風張蓮投手(東農大北海道オホーツク)が
プロ初先発となりました。
2軍でもさほど好成績ではなく、なぜ風張投手なの?と疑問に思いますが、とにかく思い切って投げてほしいですね。
広島カープは福井優也投手の先発。
ヤクルト日替わりレフトは、今日は武内晋一選手

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 代打・田中浩選手の逆転打で神宮3連戦に勝ち越し!荒木選手に第1号!!


試合開始間もなくでした。1死後、風張投手が菊池涼介選手の頭部にぶつけ、その場に菊池選手は倒れ
担架で運ばれました。
風張投手は危険球退場となります。
しかし、心配された菊池選手は元気に1塁へ走りプレー続行

2番手で急きょ徳山武陽選手が登板も、大引選手の1塁への悪送球などありますが、無失点で切り抜けます。

その裏、2死1、2塁で雄平選手が左のすねにデッドボールを受けます。
一旦ベンチに下がりますが、元気に戻ってきました。しかし、得点ならず。
何だか荒れた試合になってきました。

2回、徳山投手はロサリオ選手にセンターオーバーの2塁打を打たれます。
雄平選手が打球に飛びつきますがキャッチできませんでした。
このあと、送りバントを徳山投手が3塁へ悪送球して広島に1点先制されます。
さらに、石原捕手のタイムリーで0-2となります。
悪い流れとなりました。

3回から雄平選手はベンチに下がり上田選手がセンター、ライトに荒木選手が入ります。
続投の徳山投手はその3回、ロサリオ選手にタイムリー2塁打を浴び0-3

しかし、その裏、ヤクルトが反撃!
上田選手が四球で出塁し、内野ゴロ2本の間に3塁へ進みます。
ここで、雄平選手に代わって途中出場の荒木貴裕選手がセンターにタイムリーヒットを放ち1-3
さらに、盗塁を決めます。
武内選手は四球を選ぶと、中村悠平選手がレフトへタイムリーヒットを放ち2-3
つづく大引選手もレフトへヒットを放ち2死満塁
ここで、代打・田中浩康選手が2番手の九里投手から右中間へタイムリー2塁打を放ち4-3と逆転に成功!
ナイスバッティング、浩康選手♪ 簡単な球ではありませんでしたが、見事な右打ちでした。
e0222575_1534356.jpg



4回からは古野正人投手が登板
ロングリリーフで7回まで無失点に抑える好投。

ヤクルトは4回裏には、荒木貴裕選手が今季1号3ランホームランをレフトスタンドに放り込み
7-3と突き放します。
雄平選手交代の代役が勝利を決める大きな仕事をやってくれました。

8回はオンドルセク投手、9回はバーネット投手が0点に抑え、ヤクルトが7-3でカープを下しました。

緊急登板の徳山投手が、今季初勝利、打たれましたが、白星ゲットよかったですね。
ホントはロングリリーフで好投した古野投手に勝ち星をあげたいくらいですが、また次の機会ってことで。
古野投手はホールドがつきました。ご苦労様でした。

初回の危険球退場の時には、うわぁぁぁ~と思い、雄平選手への死球で、不穏なムードになりかけましたが、
流れを変えたのが途中出場組と下位打線。
3回裏の打線のつながりは見事でした。
荒木ー武内(四球)中村ー大引ー浩康選手の連打で一気に逆転!

さらに、4回には荒木選手のとどめの3ラン!ナイスバッティング、おめでとうございます♪

また、上田選手が2個の四球を選んで出塁し、いい働きでした。
慎吾くんは相変わらず天才的なバッティングで2安打

しかーし、山田選手が5打数ノーヒット2三振と、一人蚊帳の外。
全く復調の気配が見えず、一時的に底は脱したかと思いましたが、また逆戻り。重症ですね。
打席でも打てないオーラだけが漂っていました。
打てないにしても、1打席を全く粗末にするようなバッティング。
こんな姿は見たくありませんでした。

以前にも一度書きましたが、この際、スタメンはく奪でもいいんじゃないでしょうか?
守備では頑張っていますが、打席の内容が悪すぎます。
甘い球を見逃して難しい球を打ち上げるか三振
悪いなら悪いなりに、何とかしようと必死さが見えればまだしも
打てないからって、落ち込むだけの姿は、ファンから見ても擁護できません。
苦しんでいるときこそファンは応援したいですが、ちょっとひどすぎますからね・・・。
泣きだしそうな顔に見えましたが、泣きたいのはこちらも同じです。

いっそのこと、戸田寮へ強制送還、スタメンはく奪で立ち直らせる荒療法をしてほしいくらいです。
今のままで、スタメン、特に1番で使ってもチームのためにはならないでしょうね。
とにかく、復調の兆しが2試合でさえ続きませんから。

今年はホントに試練の年となりました。今までが順調すぎたのかもしれません。
この苦しみから、自分の力で這い上がることが、さらなる成長につながると信じています。
落ち込んでばかりはいられません。前を向くしかないでしょ!


1番はスタメン起用に必死に応えている上田選手のほうがいいでしょうね。
今日も山田くんで途切れて、上田選手から始まった攻撃で得点できましたからね。

打線が切れるもう一人の元凶は雄平選手ってこともありますね。
今日は、代役の荒木選手が打つ方で5番に入って、タイムリーと3ランで4打点ですからね。
必死にアピールできました。
これができるだけ長く続くよう頑張ってほしいです。
e0222575_10505663.jpg



荒れた試合が、こんな素晴らしい逆転劇で勝てるとは予想できませんでしたが、
とにかく広島に勝ち越せてよかったです。
今日落とすと、そのままズルズルいく可能性がありましたからね。

あと、頭部死球の菊池選手には申し訳ないことをしました。
さすがに、途中交代しましたが、大丈夫でしょうか?
頭だったので、たとえ大丈夫そうでも、普通はそのまま交代すべきだと思いますけどね。
念のため、病院で検査してほしいですね。どうかお大事に!

雄平選手の足も心配ですね・・・。
【追記】死球を受けた雄平選手は、左ふくらはぎの打撲。
真中監督は「腫れもあるので、2、3日は厳しいかもしれない」
アイシングで治療し、今後の出場は様子を見て決めるとのこと
by misty2011 | 2015-05-03 22:21 | 東京ヤクルトスワローズ

57年組3選手 畠山・飯原・田中浩康選手フォト@神宮

東京ヤクルトスワローズは、今日からゴールデンウィーク9連戦が始まります。
初っ端は甲子園での阪神タイガース戦で、このあと横浜DeNA、広島カープと連戦が続きます。
どのカードもきっちり勝ち越して首位をキープしたいですね。

タイトルで57のあと「年」の字が脱字していたので訂正しました。

今回は、畠山和洋、飯原誉士選手、田中浩康選手の同級生トリオのフォトです。
3選手とも昭和57年生まれ
飯原選手は今年3月に、また畠山選手は4月に国内FA権を取得しました。
浩康選手は、昨年、海外FA権を行使せず残留して現在に至っています。

2011年のヤクルトファン感謝デーに初めて出かけた私は、昭和57年生まれの4選手
田中浩康選手、松岡健一投手、畠山和洋選手、押本健彦投手によるトークショーを見て、
同い年だというのを知りました。

押本選手は既に引退して、現在はファイターズの打撃投手をしています。
松岡投手は、現在2軍です。
中継ぎ投手として、使いつぶされた感のあるオッシーは早すぎる引退。
松岡投手も長年の疲労蓄積があるんでしょうね。
その点、野手のほうは、まだまだ元気で1軍で活躍しています。

その中でも、目下、ホームラン6本でリーグトップに並んでいる畠山和洋選手は、
打率は低いものの、試合を決める一発やタイムリーが多く、頼もしい存在となっています。
また、内野陣の守備の中でも、畠山選手のファーストの守備は軽快で、現在無失策
今シーズンは2度目のゴールデングラブ賞が確実だと思われます。
オフの動向が気になりますが、畠山選手は残ってくれるものと信じています。

畠山和洋選手 3月22日オープン戦
e0222575_23375911.jpg


e0222575_9413658.jpg


4月9日中日戦 投打のヒーロー新垣投手と畠山選手のお立ち台
e0222575_23392875.jpg


4月26日巨人戦 
球場入り つば九郎にちょっかいを出しています。
e0222575_23411923.jpg


e0222575_2341287.jpg


ヤクルト唯一の得点は畠山選手の6号ソロ 通算100号本塁打でした。
e0222575_23432384.jpg


e0222575_23433416.jpg


畠山選手の100号メモリアル本塁打と、当日32歳の誕生日だった飯原選手を祝福するボード
e0222575_10282098.jpg



同じく国内FA権を取得した飯原誉士選手
3月22日オープン戦 
日本ハムファイターズの栗山英樹監督と談笑しながら球場入りする飯原誉士選手
e0222575_21354091.jpg


e0222575_21354732.jpg


4月9日神宮 中日戦
e0222575_9404294.jpg



田中浩康選手 3月22日オープン戦
e0222575_9431746.jpg


4月19日横浜DeNA戦 試合直前の素振り
e0222575_9434624.jpg


e0222575_9435566.jpg


浩康選手は、打率が少し落ちてきて、スタメン出場が減ってきましたが、チャンスは大いにあると思います。
飯原選手とともに、いい競争をしてほしいですね。
by misty2011 | 2015-04-28 10:30 | 東京ヤクルトスワローズ

明暗分かれた外野争い、田中浩康選手と荒木選手

気温3度の極寒の神宮で、東京ヤクルトスワローズは田中浩康選手の魂の一振りで、
今季初のサヨナラ勝利を収め、連敗を2で止めました。

頭部デッドボールを受けたてまだ間もないので、サヨナラが決まった瞬間は、
恒例の水をかけたり頭を叩くなど手洗い祝福は一切なしの心和む歓喜のシーンとなりました。
田中浩康選手、本当によかったですね。おめでとうございます。

浩康選手が外野に挑戦するのを知った時には、私は正直えぇ~!?と思いました。
キャンプの練習を見た限りでは、初めてとは思えないほど普通に外野の守備をこなしていて、
決して上手いとは言えませんが、問題なく守っていました。
さらに、実戦に入ってから、浩康選手の外野の守備に対する首脳陣からの評価はうなぎ上りでした。

バレンティン選手の復帰が遅れ、また、ミレッジ選手の離脱で外野の一角ライトのポジションをつかみかけている浩康選手

昨夜はヒーローインタビューで、「みんながつないでくれたチャンスだったので、
何とかバットに当てて、前に飛ばしたいという気持ちだけでした」と熱く語り
また、真中監督が使ってくれていることに感謝する謙虚な気持ちがにじみ出ていました。

一昨年から途中から定位置セカンドを山田選手に奪われ、
今シーズンはなりふり構わずいろいろなポジションに挑戦して、必死で練習してきた結果が実を結びました。

4月2日神宮では、阪神・梅野選手の右中間を抜けようかという当たりをダイビングキャッチして
フジONEプロ野球ニュースのPLAY OF THE DAYにも選ばれました。

過去には2塁手としてベストナイン2回、ゴールデングラブも受賞した実績ある選手が、
プライドを捨て、新たなポジションで新境地を拓きつつあります。
今シーズンは、何より表情が明るいですね。

昨年は、小川監督の必要以上の気づかいで、1塁など与えられたポジションで
無理やりとも思える出場機会を得ていました。
このことで、私をはじめファンから不当な反感を買うことにもなりました。
今季は自分の力で結果を出して出場のチャンスをモノにしています。
これが本来の姿だと思います。
浩康選手のことを思っての小川さんの配慮だったでしょうけど、結局は浩康選手にとってはマイナスでした。
今季の活躍で、私は浩康選手を見る目がいい方に変わりました。

バレンティン選手が復帰すれば、外野のポジションは難しいかもしれませんが、
ミレッジ選手とは、状況次第ではいい競争になる可能性はあるでしょうね。
頑張ってほしいと思います。

写真は3月22日神宮 田中浩康選手
e0222575_9565352.jpg


e0222575_10334758.jpg



一方、打率急降下で昨夜は1番スタメンから外れ、途中代打で出場した荒木貴裕選手は、
レフトフライに倒れました。
昨夜の浩康選手の活躍で一層厳しい立場に追い込まれました。
外野の守備はそう上手いとは思えませんが、最近は好守備もあって上達はしてきたと思います。

ただ、荒木選手の場合は、若手とはもう言えず、内外野とも守備での伸びしろはそれほど期待できません。
打撃で結果を出してアピールするしかないと思います。
とにかく好調の期間が短いのが残念ですね。
メンタル面をもっと強くして、チーム内競争の中で死に物狂いで生き残りをかけてほしいと願っています。
まだまだチャンスはあると思います。
ベテランの飯原誉士選手とともに、出た試合で打つこと、それに尽きると思います。

写真は3月22日神宮 荒木貴裕選手
e0222575_9531086.jpg

by misty2011 | 2015-04-09 11:00 | 東京ヤクルトスワローズ

延長10回、決めたのは田中浩康選手、サヨナラ打~

神宮は雨は上がりましたが、こんな凍てつくような寒さの中、試合をやるかな?
まあ、気温が低くて試合が中止になることはないんでしょうけど、
観客や選手のことを考えたら今日は中止にしてもよかったのにと試合前には思っていました。
しかし、やってよかったです♪

とにかく選手はケガをしないように、神宮に出かけた皆さんは風邪をひかないよう願っていました。

先発はヤクルトが石山泰稚投手、中日ドラゴンズはバルデス投手

ヤクルトはスタメンオーダーをいじってきました。
1番に川端選手が入り、2番は大引選手、7番にレフト飯原選手が入りました。
荒木選手が当たってないので、まあ外されるのは仕方ないでしょうね。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 田中浩選手がサヨナラ打!オンドルセク投手は来日初勝利

試合は今日も両先発の好投で両チーム得点できません。
厳寒の神宮がより寒く凍りつくようでした。

石山投手は4回まで一人のランナーも出さずパーフェクト。
一方、バルデス投手もコントロールよく、ヤクルト打線はヒットが続きません。

先制したのは中日
7回、石山投手は先頭の大島選手にレフト前ヒットを打たれ、犠打で2塁へ進まれると
ルナ選手にライト前にタイムリーヒットを浴び1点先制されます。
後ろの高橋周平選手勝負でもよかったかと思いましたが、ベンチからの指示は出ず、
ルナ選手勝負で打たれました。

追うヤクルトは8回裏、川端選手がライトへ2塁打後、2番手又吉投手から大引選手の代打の森岡良介選手が
センターへタイムリーヒットを放ち1-1の同点に!
やったね~モリスケ!ショートの控えに回っていますが。意地を見せて大きな仕事をやってくれました。
なおも勝ち越しのチャンスに山田選手は力ないセンターフライに倒れ同点どまり。

9回はバーネット投手が2四球でランナーを出しますが無失点に抑えます。

その裏、ヤクルトは雄平、畠山選手の連打後、浩康選手が送りバントを決め、代打ユウイチ選手は敬遠で1死満塁
ここで、中村悠平捕手が打席に立ちますが、ボール球に手を出し、追い込まれて見逃し三振に倒れます。
代打の今浪選手もセンターフライに倒れ、サヨナラの好機を潰しました。

10回はオンドルセク投手がきっちり三者凡退に抑え流れを作ります。

その裏、先頭の川端慎吾選手が高橋投手から今日3安打目となるヒットで出塁。
森岡選手が送ってサヨナラのおぜん立て。
ここで、中日は浅尾投手に交代し、山田選手は中途半端なバッティングでセカンドゴロに倒れます。
ここで打たなきゃ~!
山田くん、打席では弱気な表情で、打てそうな雰囲気がありませんでした。川端選手は3塁へ。

続く雄平、畠山選手は四球で歩き2死満塁となると、
田中浩康選手が浅尾投手から三遊間を抜けるレフト前タイムリーヒットを放ち、
ヤクルトが2×-1でサヨナラ勝ちを飾りました。

それにしても、浩康選手が最高の仕事をしてくれました。サヨナラヒット、おめでとうございます。

今年の浩康選手は、ほんとにキャンプから何か違いますね。
今までのプライドを捨て、外野にも挑戦して、ひたむきにがむしゃらに頑張っている姿勢は本当に頭が下がります。
今日のヒーローにつながりましたね。心配された頭部デッドボールからの復帰も早く、大きな仕事をやってくれました。
ヤクルトは今季初のサヨナラ勝ちです!本当によかったです。

また、10回に投げたオンドルセク投手が来日初勝利をあげました。おめでとうございます。
開幕から徐々に調子を上げてきて、安定感は抜群ですね。
制球がいいので崩れる心配がないのが心強いです。

ヤクルトは今日も先発が好投するも点が入らなくてイヤな流れでしたが、サヨナラ勝ちで連敗をストップ。

好投した石山泰稚投手に勝ちがつかなかったのが残念ですが、
次回は今日の好投に報いるためにも、早めに援護をして勝ち星をプレゼントしてほしいです。


しかし、ヤクルト投手陣はわずか1年でこんなにチーム防御率がよくなるなんて思ってもみませんでした。
素晴らしいことですね。

あとは打線がもっと活発になることです。打てないと、見ている方もストレスがたまりますからね。
早く投打がかみ合った試合を見たいと思います。
慎吾君が好調だけに、山田くんが復調してくれたら、もっと得点できるでしょう。
今日も2度の好機に打てませんでした。明日は気合を入れて打席に立ってほしいです。


サヨナラヒットの田中浩康選手 写真は浦添キャンプより
e0222575_1541829.jpg


今日のサヨナラ打で、ミレ&バレ選手が戻ってくるまで、外野の一角は浩康選手が一歩抜け出しましたね。
これからもしぶといバッティングをお願いします。
by misty2011 | 2015-04-08 22:23 | 東京ヤクルトスワローズ

田中浩康選手頭部死球、代わった上田選手が決勝打~!ヤクルト3連勝

昨夜は天敵の久保康友投手を打ち崩して横浜DeNA戦に先勝した東京ヤクルトスワローズ
今日の先発はヤクルトが石川雅規投手DeNAは山口俊投手

スタメンオーダーは昨日と同じ。しばらくこれで行きそうですね。
と思ったら、4回、田中浩康選手が山口俊投手から頭部死球を受け負傷交代。
タクシーで病院に向かったそうですが、どうか大事に至ってないことを祈ります。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 八回に上田選手が決勝のタイムリー三塁打!チームは3連勝!!!

石川投手は立ち上がり、2死から梶谷選手に2塁打を打たれ、4番・筒香嘉智選手に3号2ランホームランを浴び
2点先制されます。

追いかけるヤクルトは4回、山田選手が四球で出ると2盗に成功。
このあと畠山選手がセンターへタイムリーヒットを放ち1-2と1点差。

この直後でした。田中浩康選手が山口俊投手から頭部死球を受け倒れ込みました。
山口投手はもちろん危険球退場となります。
浩康選手、起き上がって1塁へ行こうとしましたが、足取りがふらふらしていて、
そのまま支えられながらベンチに下がり、このあとタクシーで病院に向かったとのこと。
心配ですね・・・。どうか無事であってほしいです。

それにしても、頭に直撃したのに、たとえ本人が気丈に起き上がっても、歩かせるのは絶対ダメでしょう。
そのまま動かさずに担架で運ぶのが普通だと思いますけどね。
このへんにもヤクルトの危機管理の甘さを感じました。

浩康選手、せっかく打撃好調で新境地ライトのポジションをつかみかけているのに、
あまりに非情なデッドボールとなりました。
どすこい山口投手、どうしてくれんのよぉ~!

こうなったからには、浩康選手のためにも絶対に負けてはなりません!

その裏から上田剛史選手がライトの守備につきました。
石川投手は2死2塁のピンチで、桑原選手にライトへヒットを打たれますが、代わったばかりの上田選手が
好返球のバックホームでランナーを刺し得点を許しませんでした。

ヤクルトは5回、2死1、3塁のチャンスに山田選手が空振り三振に倒れます。
この打席はボールを見過ぎて、最後は外のストレートに慌ててバットを出しましたが空振りでした。
スイングスピードはこのとことろ速くなってきましたが、タイミングが合ってなくて構えが遅れ気味。
最後は変化球狙いのようでしたが、その前のストレートをもっと積極的に打ってほしかったですね。

石川投手は初回の2失点だけで、その後は立ち直って6回まで投げ追加点を許しません。

7回2死後、代打の森岡良介選手が2塁打で出塁。
ここで、昨日からヒットが出てない荒木貴裕選手がライトへタイムリーヒットを放ち2-2の同点に!
1塁で控えめにガッツポーズ。こういうところも荒木選手らしいかな?
いいところでヒットが出てよかったです。

その裏、秋吉投手が三者凡退に抑えます。

8回、ヤクルトは先頭の山田選手がエレラ投手からセンター前ヒットで出塁。
雄平、畠山選手の内野ゴロで2死3塁となります。
ここで打席には途中からライトの守備に入った上田剛史選手
フォークを上手くすくうとライトへのタイムリー3塁打となりヤクルトが3-2と勝ち越します。
さらに中村悠平選手もライト前タイムリーヒットで4-2
2点差にしたのは大きいですね。

その裏、ヤクルトは中澤投手が登板し、2死後、筒香選手にヒットを打たれたところでバーネット投手を投入。
ロペス選手を打ち取ります。

ヤクルトは9回にも、満塁から雄平選手の2点タイムリーヒットで6-2と突き放します。

バーネット投手は9回も続投して無失点に抑えゲームセット。
ヤクルトが浩康選手負傷退場の中、負けられない試合で、きっちり逆転勝ちしました。

浩康選手に代わって途中出場した上田選手がとにかくよく打ちました。
しかもライトが打球処理にもたつく間に一気に3塁へ。
そこから、中村選手のタイムリーでもう1点追加したのは大きかったですね。

それにしても浩康選手の状態が心配ですね。後頭部ですからね。
その後の情報が入りました。

サンスポ×スワローズ @sanspo_swallows によると
田中浩康選手は、病院で診察を受け脳に異常はありませんでした
ただ、デッドボールを受けた場所が場所だけに、歩くとふらつくこともあり、24時間の経過観察が必要との診断。

どうか安静にして、一日も早く回復するよう願っています。
しかし、頭部死球は怖いですね。大事には至ってないようでよかったです。

ミレッジ選手の肩のケガにより、田中浩康選手がライトを守って攻守に存在感をアピールしていた矢先の死球
その浩康選手に代わって出た上田選手が今日の決勝打とは、あれほど外野の層が薄いと思っていましたが、
代役がこれだけきっちり結果を出すのは、やはりチームとしては力がついてきたってことでしょうね。

チーム内競争の相乗効果がプラスに出ているようですね。控え組の必死さが伝わってきます。

また、昨年の投手防御率からは信じられないほどヤクルト投手陣が頑張っています。
チーム防御率1点台とは素晴らしいですね。
投打がかみ合ったヤクルトは、今シーズンはもしかしてマジで強いかも!?
そんな希望が見える今日の試合でした。

写真はキャンプ2月3日 上田剛史選手
e0222575_9371517.jpg


明日も勝って気持ちよく中日戦を迎えたいですね。
by misty2011 | 2015-04-04 19:52 | 東京ヤクルトスワローズ

外野に挑戦、田中浩康選手フォト@2015ヤクルトキャンプ

今回は、東京ヤクルトスワローズ春季沖縄キャンプより、田中浩康選手の写真です。

昨オフはFA権を行使せずヤクルトに残留しました。
このキャンプでは、出場機会を求めて複数ポジションに挑戦!
1塁など内野以外にも外野の守備練習もやっています。
練習試合やオープン戦ではレフトで出場することが増えました。

黙々と練習していて、今季にかける強い意志を感じました。

外野手として、私がキャンプで見た感想としては、可もなく不可もなく無難にこなしていました。
今のところミスはなく、ファインプレーもあって、首脳陣の評価を得ているようです。

キャンプ初日 ティーバッティング
最初に片手の左で打ってから
e0222575_15274560.jpg


e0222575_15275578.jpg


次に右で打ちます。
e0222575_15281799.jpg


e0222575_15282791.jpg




2月3日 シートノック前の説明を聞いています。
e0222575_15304069.jpg


浩康選手はまずは外野レフトでシートノック
終わるとすぐに1塁に移動してファーストで内野シートノックを受けました。
それぞれ下に動画のリンクを貼っています。
e0222575_1530548.jpg


キャッチボール
e0222575_15331217.jpg


3日 ティーバッティング
e0222575_1534356.jpg


e0222575_15341444.jpg


e0222575_15343984.jpg


3日 バント練習
e0222575_15362935.jpg


e0222575_15363959.jpg


e0222575_15365049.jpg


3日 フリーバッティングが終了後、再びティーバッティング練習
e0222575_15374255.jpg


浩康選手のフリーバッティングを3回くらい見ましたが、鋭い打球が多く、キャンプ序盤から調子は良さそうでした。
e0222575_15375313.jpg


e0222575_1538884.jpg


e0222575_15382241.jpg


e0222575_15383481.jpg


e0222575_1541829.jpg


松井優典編成部長が、浩康選手の打撃練習を見守っていました。
e0222575_15412198.jpg


同日 ベースを置いての守備練習 畠山、谷内選手と一緒
e0222575_15422394.jpg


e0222575_15425825.jpg


6日 キャッチ-ボール
e0222575_15471366.jpg

シートノックでは外野(レフト)と内野ファーストの守備につきました。
e0222575_15472190.jpg


6日 走塁練習 フリー打撃の打球に合わせて走塁練習 1塁から2塁へ走っています。
e0222575_16594548.jpg


走塁練習の待機中、山田くんと言葉を交わす浩康選手
e0222575_170762.jpg


6日 特守(サブグランド)既出の こちら の記事でご覧ください。
その中から1枚
e0222575_17325227.jpg



田中浩康選手が登場するMY動画は
 2月1日守備練習 内野ノック
  http://youtu.be/uViOMCqNFS8

 2月2日守備練習 内野ノック
  http://youtu.be/rlIgVfwOAH0

 2月3日外野シートノック
  http://youtu.be/y50AyXtENfQ

 2月3日内野シートノック
  http://youtu.be/AUJgkIpIFfk
  http://youtu.be/Ov5xQP1dDIE
  http://youtu.be/e_mJJOCcPX4

 同日 守備練習
  http://youtu.be/EgQsTfmF7xQ

 2月6日 外野シートノック
  http://youtu.be/dw0wIYih1lM
 同日 内野シートノック
  http://youtu.be/6WVj0xF1FZ0

 同日 特守(浩康・山田・西浦選手) サブグランド
  http://youtu.be/_OXLPTKuf6c 
  http://youtu.be/H3oEJUVEGvU
  http://youtu.be/7LnjDeK9NX0




ヤクルトスワローズ沖縄キャンプ見学レポの記事は、「浦添キャンプ」のタグでご覧ください。
試合関連は 「ヤクルトスワローズ」のタグです。


私が撮ったヤクルトキャンプ動画51本の一覧は、YouTube My動画ページ tokyoysmistyで、ご覧いただけます。
by misty2011 | 2015-02-23 19:14 | 東京ヤクルトスワローズ