Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:石川雅規 ( 138 ) タグの人気記事

石川6回無失点好投も、得点は犠飛の1点のみ!8回追いつかれ延長サヨナラ負け1-2×

交流戦の初戦に大敗した東京ヤクルトスワローズは、借金が8と膨らみました。
5月はチーム状態が落ちていたオリックス・バファローズ相手に、これほど大差で負けるとは想定外で、
それだけパ・リーグは下位チームでも強いなあと感じます。

2戦目の先発は、オリックスが今季初登板の東明大貴投手、ヤクルトは石川雅規投手
スタメンは雄平選手が4番DHとなり、上田選手が7番ライト、9番サードに藤井選手が入りました。
雄平選手は、やはり膝の状態がよくないんでしょうね。くれぐれも無理しないようお願いします。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・石川投手が6回無失点の好投も、救援陣がリード守れず…打線もわずか1得点で逆転負け

初回、ヤクルトは三者凡退
その裏、石川投手は内野安打でランナーを出しますが、後続を抑えます。

2回、先頭のバレンティン選手がショート内野安打で出塁も、後続が倒れます。
その裏、石川投手は3人で片付けます。なかなか良さそう。

3回、先頭の中村捕手がセンター前ヒット
1死後、大引選手がサード強襲ヒットを放ち1死2、3塁とチャンスを広げます。
つづく坂口選手はファーストゴロで、3塁ランナーが三本間で挟殺され2死1、3塁
ここで山田選手はライトフライを打ち上げ好機を潰します。
それほど速くも厳しくもないストレートに差し込まれています。
だから3番から外してって言ってるのに!
真中さん、いつまで辛抱しても良くなる気配はありませんよ。
解説の小早川さんにも「今の球を捉えられないのはかなりショック」と言われる始末。 おっしゃる通り

簡単な話、大引-坂口ー雄平選手とくっつけるだけでも、今よりはつながると思います。

その裏、石川投手は三者凡退に抑えます。

4回、先頭の雄平選手はライトへの強烈なライナーも捕られ、後続も倒れ三者凡退。

その裏、石川投手はこの回も三者凡退に抑えます。

5回、先頭の上田選手がセンターオーバーの3塁打で出塁。いいね~
ここで、中村悠平捕手がライトへ犠牲フライを運び、ヤクルトが1点先制!
今季チーム5本目の犠牲フライです。ナイス、ムーチョ!

その裏、石川投手は先頭の中島選手にライト前ヒットを打たれます。
つづくT-岡田選手にライト前ヒットを打たれ無死1、2塁のピンチ
安達選手の打席で、中村捕手が2塁中島選手をけん制タッチアウトとし、
後続二者を打ち取り無失点で切り抜けます。

6回、1死後、山田選手はキャッチャーフライ。甘い球をミスショットばかり。光が見えません。
普通の選手なら、とっくにスタメンから外れて戸田送りでしょうけど・・・。
雄平選手は四球で歩き、バレンティン選手は、小野塚アナの絶叫も普通のレフトフライで3アウト。

その裏1死後、石川投手は宮崎選手に内野安打を打たれ、送りバントで2死2塁
つづく小谷野選手はセンターフライに打ち取り3アウト。

7回、オリックスは近藤大亮投手が登板
先頭の大松選手がセンター前ヒット、代走は荒木選手
上田選手は送りバントを決め1死2塁
中村捕手はピッチャーゴロで1死3塁
代打・鵜久森選手はセカンドフライに倒れ追加点ならず。

7回裏、ヤクルトは継投に入り、2番手でルーキ投手が登板
サードは谷内選手、1塁に荒木選手
ルーキ投手は3人できっちり片付けます。

8回、オリックスはルーキーの黒木投手が登板
先頭の大引選手がライト前ヒット、坂口選手が送って1死2塁
このチャンスに問題の山田くん。ストレートの四球で歩き1死1、2塁
打てないので、四球はありがたいですね。今できる最高の仕事です。
しかし、雄平選手はレフトフライ、バレンティン選手はファーストフライで3アウト。

その裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
先頭の西野選手がレフトへの2塁打、高田選手はセカンドゴロで1死3塁となり。
代打モレル選手に前進守備の1-2塁間を抜けるタイムリーヒットを打たれ、1-1の同点に
このあと、石山投手のワイルドピッチで1死2塁となりますが、後続を打ち取ります。

9回、オリックスは平野投手が登板
先頭の荒木選手がレフト前ヒットで出ます。
上田選手は送りバントを決め1死2塁
このあと、ワイルドピッチで1死3塁となりますが、中村捕手はショートフライで2死となり、
谷内選手はセンターフライで得点ならず。

その裏、ヤクルトはギルメット投手が登板
2死後、中島選手にセンター前ヒットを打たれますが、T-岡田選手をセンターフライに打ち取り3アウト

延長10回、オリックスはルーキーの小林慶祐投手が登板
先頭の大引選手が四球で歩きます。坂口選手は送りバントで1死2塁
山田選手はライトフライで、大引選手がタッチアップして2死3塁
スイングが弱いので頭の上を越せません。
雄平選手は敬遠で2死1、3塁から、
途中出場の比屋根選手に託しますが、空振り三振で得点ならず。

その裏、ギルメット投手が続投
先頭の西野選手にセンター前ヒット、送りバントで1死2塁
つづく途中出場の伊藤光捕手は三振で2死となりますが、
途中出場の駿太選手にライトへサヨナラタイムリー2塁打を浴び、
1-2×でヤクルトはサヨナラ負けを喫しました。

敬遠で次の大城選手と勝負という策もありましたが、駿太選手との勝負が裏目に出ました。

ヤクルトは交流戦1カード目で連敗して、早くもこのカード負け越しとなりました。

まあ、ヤクルトは何度もチャンスをモノにできず、
延長になれば、サヨナラ負けは覚悟していましたが、その通りとなりました。

ヤクルトは、結局、5回の上田選手3塁打ー中村捕手が犠牲フライの1得点のみ。

石川投手は6回を投げ79球4安打無失点と好投しましたが、
8回に同点に追いつかれたため5勝目は消えました。
もう1回くらい投げても良かったように思いますが、どうだったでしょう?

5勝目がスルリ 石川雅規投手 次回はもっと援護をお願いします。
e0222575_21525343.jpg


リリーフの石山投手が、このところ打たれていますね。
ギルメット投手は、抑えてほしかったですが、回またぎなので何とも言えません。

やっぱり1点しかとれない打線が問題です。
大引選手が出て、坂口選手が送りバントをしても、3番の山田選手が打てないのでは、
何のための送りバントなのかと思います。
これなら、いっそのこと、坂口選手に打たせた方がよかったかもしれません。
いい加減、山田選手を3番から外してください。
交流戦2試合で、8打数ノーヒット、今日は1四球で一度出塁したのみ。

まあ、他の選手もチャンスで打てないのは同じですが、一応3番ですからね。

真中監督は、山田くんを一体どうするつもりなんでしょう?
凡打でも惜しい打球すら皆無で、再び打率2割を切りそうな勢いです。
それでも、このまま3番で使うつもりでしょうか?

今の山田くんでは、心中する価値がありません。
最近、打席では打つ前から腰が引けているようにさえ見えます。
私は、こんなにも打てない惨めな山田くんを、テレビで晒すのはもう耐えられそうにありません。

ベンチに下げられないのなら、まずは山田選手の打順を下げることからやって下さい!
今の山田くんは、打ち損じばかりで、ファンでも期待できませんから。
打席で迷いがあるのか、バットが出てこないし、振ってもスイングスピードがメッチャ遅くなっています。

真中監督が、3番山田選手固定だと、勝てる試合も勝てないように思います。
チームのためにも、不調で苦しんでいる山田選手のためにも、決断をお願いします!

by misty2011 | 2017-05-31 21:57 | 東京ヤクルトスワローズ

ヤクルト、巨人に2試合連続完封勝ち☆1-0 石川粘投4勝目、継投も決まり完封リレー

東京ドームでの読売ジャイアンツとの2戦目は、
由規投手の好投と打線の奮起で、投打がかみ合い快勝でした。

1勝1敗で迎えた3戦目、先発は巨人が宮國椋丞投手、ヤクルトは石川雅規投手
選手公示では、由規投手が下がり、今浪隆博選手が上がってきました。
今浪選手、体調は大丈夫でしょうか。
心配な一方、待ちに待った1軍復帰で、とても嬉しく思います。

スタメンは、その今浪選手が6番ファースト、8番ショートに大引選手
巨人のスタメンからは阿部選手と小林捕手が外れました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 5投手の完封リレーで2試合連続零封勝利!先発・石川投手は今季4勝目

ヤクルトは初回は三者凡退
2回は、先頭の雄平選手がレフト前ヒットも、
バレンティン選手がセカンドゴロ併殺打でチャンスを潰します。

一方、石川投手は初回2死後、坂本選手を四球で出しますが、今日4番の村田選手を打ち取ります。
2回は先頭のマギー選手にヒットを打たれますが、
後続を併殺打に仕留めるなど、得点を許しません。

3回、ヤクルトは先頭の中村捕手がレフトへの2塁打で出ると、
大引選手のライトファールフライでタッチアップして3塁へ進み1死3塁
つづく石川投手のサードゴロで、3塁から中村捕手がホームインして1点先制!

その裏2死後、石川投手は立岡選手にセンター前ヒットを打たれますが、
坂本選手をショートフライに打ち取ります。

4回、ヤクルトは三者凡退
山田選手はここまで2打席凡退。サードゴロと外の球に空振り三振。
昨日は2安打も、今日はここまでさっぱり。
ちょっといいかと思っても、とにかく続きません。この繰り返し。
2割5分が遠い選手に、解説でトリプルスリーの話をするのは、もうやめて!
今年は見ての通りで、それどころじゃないんですから。

その裏1死後、石川投手はマギー選手にセンター前ヒットを打たれ、
2死後、長野選手に左中間への2塁打を打たれ2死2、3塁のピンチを招きます。
實松捕手は敬遠で、2死満塁で宮國投手と勝負となり、セカンドゴロに打ち取り、無失点に抑えます。

5回、先頭のバレンティン選手は四球で歩きます。
今浪選手はサードゴロで2塁フォースアウトとなり、1死1塁。
中村捕手はショートゴロ併殺打で3アウト。

その裏1死後、石川投手は立岡選手をショートへの内野安打で出します。
坂本選手はサードゴロで2死2塁
村田選手は空振り三振に仕留め、この回も無失点で切り抜けます。

6回、ヤクルトは2死後、坂口選手がセンター前ヒットも、藤井選手はファーストゴロで3アウト。

その裏、石川投手は、先頭のマギー選手に3安打目となる三遊間へのヒットを打たれます。
中井選手は送りバントで1死2塁
つづく長野選手のところで、、石川投手から近藤一樹投手に継投。

近藤投手は長野選手を空振り三振に仕留め2死2塁。
實松捕手も空振り三振で3アウトチェンジ。ナイスリリーフ!

7回、先頭の山田選手はショートゴロも、1塁村田選手の落球エラーで無死1塁
雄平選手は初球を打ってファーストゴロ併殺打で2死ランナーなし。
これでヤクルトは既に3併殺。
出来れば、山田くんを走らせてから打ってほしかったですね。
1点が重い試合なのに、選手に丸投げで無策すぎます。
バレンティン選手は四球も、今浪選手はファーストゴロで3アウト。

その裏、ヤクルトはルーキ投手。1塁には武内選手
2死後、立岡選手にライト前ヒットを打たれます。
坂本選手は空振り三振で3アウト。今季はヤクルト戦には優しい坂本くん?

8回、巨人はマシソン投手
1死後、大引選手が四球で歩きます。
武内選手はレフト前ヒットで1死1、2塁とチャンスが広がります。
坂口選手はライトフライで2死となり、ここで代打・大松選手を送ります。
大松選手は粘って四球を選び2死満塁。
うわ~、続いて山田くん、こういう緊迫した満塁の場面では打てそうもないのに・・・。
どうか打って~と手を合わせて祈りましたが。

結果は初球を打ち上げセンターフライ。
四球後の初球を打つのはいいとしても、狙って打ってストレートに力負け。
今日は4タコ、また打率が下がります。もう見てられん。
そのうちそのうちと言いながら、もう5月も半ばを過ぎました。いつまで待てばいいのやら・・・。
あってほしくないですが、今シーズンは、最後までそのうちで終わりそうな気配さえ・・・

本人も、どうすれば復調できるか、まだ手探り状態なんでしょうね。苦しいと思います。
今のところ、ネガティブな私のはるか上を行く山田くんの不振に、もう私は心身ともボロボロです。

その裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
1死後、マギー選手が4安打目となるヒットで出ます。代走は重信選手
その重信選手の2盗を中村捕手が刺して2死ランナーなし。これは大きい!
中井選手はライトフライで3アウト。やれやれ、よくしのぎました。

9回、巨人はカミネロ投手
先頭の雄平選手はライトフライ。バレンティン選手はセンターフライ。
代打の上田選手は三振であっさり三者凡退。

その裏、わずか1点リードで秋吉投手。怖いですね・・・。
センターは上田選手でレフトは坂口選手
先頭の亀井選手はショートゴロ
代打の橋本選手はレフトフライ
2死となり、代打の阿部慎之助選手を迎えます。
初球をセンターフライに打ち取りゲームセット。

ヤクルトが1-0で、2試合連続完封で巨人を下し、このカードの勝ち越しを決めました。

いやいや、重苦しい試合でしたね。
石川-近藤ールーキー石山ー秋吉の5投手で1-0完封のしびれる試合でした。
わずか1点でよく逃げ切れたと思います。

石川投手は6回途中まで投げ、7安打も無失点に抑え、4勝目を挙げました。おめでとうございます。
6回途中の近藤投手への継投がズバリ決まり、あとは必勝リレーで1点を守り切りました。

写真はキャンプ投内連係より 石川雅規投手と近藤一樹投手
ピンチで颯爽と登場し、きっちり抑える近藤投手の存在感がますます大きくなりました。
e0222575_1052564.jpg


得点は3回に、1死3塁から石川投手のサードゴロで挙げた1点のみ。
中村悠平捕手の2塁打が効きました。
ヤクルトは、自由に打たせると併殺が多いので、2塁打をどう得点に結びつけるかが大事です。
ヒットは巨人が9安打に対し、ヤクルトはわずか4安打で勝ちました。
宮國投手は、内外に投げ分け、丁寧に低めによくコントロールできていましたが、
それにしても、もう少し打ってほしかったですね。

最少スコアの勝利ですが、投手戦というよりは、どちらかというと貧打戦という感じで、
巨人の拙攻に助けられました。
巨人打線は、阿部選手がベンチで、村田選手が4番に入り、坂本選手がノーヒットでは、
迫力不足の感は否めませんでした。
巨人もこれでは優勝争いは苦しいでしょうね。

東京ドームで2試合連続完封勝利とは、ヤクルトとしては予想以上の結果に終わりました。
昨日の由規選手の好投が、いい流れで今日につながりましたね。よかったです。

それにしても山田くん・・・
明日からの阪神戦では、また岩貞、藤浪投手と当たりますが、
これ以上調子を落とさないことを願うだけです。しかし、気が重いですね・・・。

by misty2011 | 2017-05-18 21:45 | 東京ヤクルトスワローズ

石川3被弾7失点★1-7、初回満塁の好機を逸し、藤浪の抜け球を怖がり攻略できず

昨日の神宮での阪神との2戦目は、両チームにミス続出して締まらない試合となりました。

1勝1敗で迎えた3戦目
東京ヤクルトスワロ―ズの先発は、中5日で石川雅規投手、阪神タイガースは藤浪晋太郎投手
いろいろな意味で、最も当たりたくない投手です。
勝敗以前に、誰もぶつけられないことを祈っていました。
敵のファンにそう思わせるって、異常なことだと思います。

スタメンは6番ファーストに武内晋一選手が入りました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 雄平選手が4安打と奮闘も打線繋がらず…中盤の失点響き2連敗


立ち上がり、石川投手は先頭の中谷選手にセンター前ヒットを打たれ、
上本選手のショートゴロでランナーが入れ替わり、糸井選手は右中間への大飛球。
続く福留選手にセンター前ヒットを打たれ、2死1、3塁のピンチを招きますが、
原口選手をレフトフライに打ち取り、何とか無失点で切り抜けます。

その裏、藤浪投手は、立ち上がりから球が抜けていて、右打者は危なそう・・・。
坂口選手はファーストゴロ、大引選手はサードゴロ。
山田選手は四球で歩いて2死1塁。山田くん、今日はやや打席の後ろに立っています。
このあと、久しぶりに2盗を決め2死2塁。なんだ、山田くん走れるんじゃないの!?
なら、もっと走って下さい。

バレンティン選手は、今日はフェイスガード付きのヘルメット着用。
そのバレンティン選手も四球で2死1.2塁。
雄平選手はファーストゴロで1塁へ滑り込みセーフとなり2死満塁。

ここで、武内選手は初球高めのボール球を打ち上げ、センターフライとなり先制ならず。
制球難の藤浪投手なので、初球を打ち上げたのは勿体ないですね・・・。
あとで、あの初回に…なんてことにならないといいのですが、なりそうな気がします。

2回2死後、梅野捕手がセンター前ヒット
このあと、藤浪投手のサードへの強い打球を、谷内選手がダイビングキャッチして2塁フォースアウト!
ナイスプレーが出ました。難しい打球の方が上手い谷内選手。

その裏、ヤクルトは三者凡退。

3回、先頭の中谷選手がライトフェンス直撃の2塁打で出塁。
今日はフライの打球が多いカツオくん、ちょっと心配です。
上本選手のファーストゴロで1死3塁となり、糸井選手は打ちとりますが、
福留選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ1点先制されます。

その裏、1番からの攻撃も三者凡退。
右打者は抜け球警戒でビビりまくり・・・。ま、ぶつけられるよりはマシと思っておきます。

4回2死後、石川投手は梅野隆太郎捕手に今季1号ソロホームランを浴び0-2

その裏1死後、雄平選手がレフト前ヒットで出塁。
武内選手はフルカウントから空振りで、走った雄平選手が2塁タッチアウトの三振ゲッツー。
ランエンドヒットのこういう失敗を何度見たことか!
いい加減、××の一つ覚えみたいな作戦はやめてください。
これって、三木ヘッドが出しているんですかね?
見逃せば四球をもらえて、1死1、2塁だったというのに。

5回、石川投手は中谷将大選手にレフトスタンドへ2号ソロホームランを運ばれ0-3
1死後、糸井選手にセンター前ヒット、つづく福留選手に2ランホームランを浴び0-5
いやはや、これで決まりでしょう。

2死後、北條選手にもセンター前ヒット、鳥谷選手にはライトへのヒットを打たれ2死1、3塁
梅野捕手にライト前にタイムリーヒットを打たれ0-6
藤浪投手にもセンター前にタイムリーヒットを打たれ0-7
打たれ出したら止まりません。ひどい事になってきました。

ここで、ようやく石川投手降板で、2番手でギルメット投手が登板
ファーストには大松選手が入りました。
ギルメット投手は中谷選手を打ちとり、ようやく3アウトチェンジ。

その裏、先頭の中村捕手は四球で出塁。
谷内選手には抜け球の危ない球が続き、連続四球で無死1、2塁
この点差でこのピッチングになるのは、正真正銘のノーコン!

大松選手はセカンドゴロで1死2、3塁
坂口選手はショートゴロで、その間に3塁から中村捕手がホームインして1-7
前の試合から、タイムリーなしの得点が続いています。
大引選手はライトフライで3アウト。

6回、続投のギルメット投手は、先頭の上本選手にセンター前ヒットを打たれ、
糸井選手は四球で無死1、2塁
福留選手は空振り三振で1死となり、原口選手をサードゴロ併殺打に仕留め、無失点で切り抜けます。

その裏、先頭の山田選手はセンターフライ。打球が伸びません。
リプレイを見ると、軸足が踏ん張れていませんでした。
バレンティン選手は空振り三振
2死後、雄平選手はセンター前ヒットで3安打猛打賞!
代打・藤井亮太選手はセカンドゴロで3アウト。

7回、ヤクルトは近藤一樹投手が登板
1死後、鳥谷選手にレフトへヒットを打たれますが、後続を打ち取ります。

その裏、先頭の中村捕手が四球で出塁
つづく谷内選手はレフト前ヒットで無死1、2塁。右打者ではチーム初ヒット!
大松選手は初球を打ってファーストゴロ併殺打で2死3塁
坂口選手はピッチャーゴロで3アウト。

8回、続投の近藤投手は三者凡退に抑えます。

その裏、先頭の大引選手が四球で出ます。
山田選手も連続四球で無死1、2塁。これで藤浪投手は7四球目
バレンティン選手はファーストファールフライで1アウト。
前回乱闘のバレンティン選手が、いちばん腰を引いているって何なんだ~!

阪神はここで、岩崎投手に交代。
雄平選手はファーストゴロで、俊足を生かして1塁セーフの内野安打。なんと今日4安打!
1死満塁で、代打・鵜久森選手は見逃し三振で2死となり、
中村捕手はショートゴロで3アウト。

9回、ヤクルトは山本哲哉投手が登板
先頭・福留選手のファーストへの強い打球を大松選手が弾き出塁を許します。
1死後、北條選手には四球を与えますが、後続を抑え3アウト。

その裏、阪神は藤川球児投手が登板
先頭の谷内選手が四球で出ます。
このあと、大松選手は捕邪飛、坂口選手は空振り三振、大引選手はサードゴロでゲームセット。

ヤクルトは1-7で阪神に敗れ、このカードは負け越しとなりました。

先発の石川投手は、5回途中で13安打3被弾で7失点と大乱調。
前回も4回7失点と早々とノックアウトされ、得意の神宮で2試合連続の黒星となりました。
打線は冷えたまま、恐れていた先発が崩れてきましたね・・・。どうするんでしょう?

打線は藤浪投手の抜け球にビビッて、右打者は腰が引けて打てる気がしませんでした。
雄平選手(訂正)が4安打と一人気を吐き、右では谷内選手が1安打の計5安打。
e0222575_21234530.jpg


制球難の藤浪投手から7四球もらいながらも、得点は結局、内野ゴロの間にとった1点のみ。
ヤクルトは2試合連続タイムリーなしとなりました。

藤浪投手に対し、昨年の谷内選手の骨折、今シーズンは畠山選手への危険球などで、
特に右バッターが、ぶつけられるのが怖くて腰を引き、踏み込めないのは、まあ理解できます。
今日は左打者への足元へもぶつけそうな球がありました。

ヤクルト戦に限って、藤浪投手は危ない球、抜け球が多いような気もしますが、
他球団の右打者は、これほどまでにはビビッていません。
この差は何なんでしょう!?メンタルの問題??

ぬけ球が武器となる藤浪投手に対し、何らかの対策を立てないと、
今後も同じようにやられる可能性が大ですね。
せめて左バッターの川端、今浪選手がいれば、少しは違ってくるように思いますが、
今は左は坂口、雄平選手だけで、武内選手は早くも冷えてきました。

これ以外にも、代打陣の大松、鵜久森選手も一時の勢いがありません。
彼らに頼ること自体が情けないことですが、他に頼れるバッターもいませんから。

ここまで打撃不振に陥ったベンチの責任は大きいですね。
しかも、全く機能しない3・4番を固定のままでは、点が取れる気がしません。

昨年も、3割バッターの坂口、川端選手を機能しないまま、ずっとこだわって並べました。
今シーズンは3、4番に同じことが言えるでしょう。しかも二人とも不調で長打も出ません。
山田選手の復調が待たれますが、
山田選手が打たないから、勝てないのは仕方ないでは話になりません。
そこを何とかするのが首脳陣の仕事です。

先発投手陣に陰りが見えてきて、打線がこのままでは、上位浮上のメはありません。
打てないのなら、せめて、少しはつながるような打順にしてほしいものです。
ゴールデンウィークの満員の観客の前で、こんな情けない試合ばかり見せては失礼ってもんです。

私は、山田くんが不調なのもあって、既に2回分チケットを無駄にしましたが、
行かなくて正解だったと思っています。

by misty2011 | 2017-05-04 17:13 | 東京ヤクルトスワローズ

石川4回7失点★0-7、打線は9安打12残塁で完封負け。山田幻3ランは惜しくもファールに!

東京ヤクルトスワロ―ズは中日に負け越して、再び最下位に転落しました。
今日から神宮にもどって、読売ジャイアンツとの3連戦

先発はヤクルトが石川雅規投手、巨人はマイコラス投手
スタメンは8番サードに西浦選手が入りました。
昨夜の謎バントの荒木選手は、もしかして懲罰ベンチ!??
あれは結局なんだったんでしょう??
山田選手は今日も3番。打てないんだから、いい加減もうやめて下さい!

選手公示では、三輪ちゃんが上がり、星野捕手が下がりました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 継投陣が好投も、あと1本が出ず零封負け

初回、石川投手は、四球、ヒットで無死1.2塁から、
坂本選手にセンター前にタイムリーヒットを打たれ1点先制されます。
普通はホームに還って来られない打球でしたが、ちょっとしたスキをつかれました。
村田選手は三振に打ち取りますが、マギー選手に3ランホームランを浴び0-4
ポールを巻いたかどうか微妙で、ビデオ判定に持ち込まれますが、判定通り3ラン
いきなり初回に4失点と厳しい展開となりました。

その裏、ヤクルトは坂口選手がセンター前ヒット
大引選手のサードゴロでランナーが入れ替わり、山田選手は空振り三振で2死1塁。
バレンティン選手はセンター前ヒットも、雄平選手がレフトフライで3アウト。

2回、石川投手は3人で片付けます。

その裏、先頭の武内選手がヒット、1死後、西浦選手もヒットでつなぎますが、
石川投手が送りバント失敗。
坂口選手は内野安打で2死満塁も、大引選手はファーストゴロで得点ならず。
この回、3本ヒットを打っても得点なしのヤクルト残塁野球

3回、石川投手は1死後、長野選手を四球で出すと、石川慎吾選手に2ランホームランを打たれ0-6
もうこれで決まりでしょ。

その裏、山田選手はサードゴロ。
ゴロアウトと三振ばかり・・・。それも1塁へ全力疾走していません。
この間から気になっています。
太ももを気にしているようなので、脚でも痛めているのでは?との未確認情報もありますが・・・。

打球が上がらないうちは、山田くんの上がり目はありません。
得意だったインコースに腰が引け、アウトコースは泳がされて空振りか、ひかっけて内野ゴロ量産。
淡々とアウトをつづけます。
それでもまだ3番に置くとしたら、これはもう罰ゲームです。

バレンティン選手はピッチャーゴロで2死後、雄平選手がレフトへのヒットで出ますが、
武内選手はセカンドゴロで3アウト。

4回2死後、石川投手は坂本選手にレフト線へ2塁打、村田選手にはショート内野安打を打たれます。
この後、マギー選手のセンターフライを坂口選手が捕れず、タイムリー2塁打となり0-7
バレンティン選手とお見合い?のような感じになりました。
エラーはつきませんが、今日も守備にミスが出ました。

その裏、先頭の中村捕手が死球で出塁も、西浦、代打・上田、坂口選手が倒れ3アウト。

5回からヤクルトはギルメット投手が登板
三者凡退に抑えます。

その裏、ヤクルトは先頭の大引選手がサード内野安打で出塁
山田選手はセカンドゴロ2塁フォースアウトで1死1塁。山田くん、せめて走ってよ~
バレンティン選手はセンターフライ
結局、山田選手は走らず、雄平選手はセンターフライで3アウト。

山田くん、打てないのはわかるとしても、もう盗塁もあきらめたってこと!?
点差はあっても、やはり少しは見せ場を作ってほしいものです。
それとも足をホントに痛めているの??

しかしヤクルトは、ここまで7安打放ちながら無得点って、どれだけ下手な野球をやっているの。

6回、ギルメット投手は1番からの打順を三者凡退に抑えます。なかなかいいですね。

その裏、ヤクルトは三者凡退

7回、ヤクルトは近藤一樹投手が登板 
躍動感溢れるピッチングで三者凡退に抑えます。

その裏、巨人は篠原投手に交代
先頭の代打・荒木選手が振り逃げで出塁
坂口選手は空振り三振後、大引選手はライト前ヒットで1死1、2塁
さて、悩める山田選手。その山田くん、ライトポール際への3ランホームラン!!!
やった~!!!2塁から3塁へ向かう際には、坂本選手と言葉を交わしてホームイン。

しかし、ビデオ判定に持ちこまれファールとなり、打ち直しも四球を選んで1死満塁。
つづくバレンティン選手はショートゴロ併殺打で得点ならず。あ・・・ぁ

WBCから、今年の山田くは幻のホームランに泣かされますね。
確かにライトポールの外でしたが、あれが3ランになっていれば・・・、
立ち直るきっかけになったかもと思うと残念です。
ツキにも見放されましたが、四球を選んだけでも、私はヨシと慰めました。

8回、近藤投手は1死後、石川、重信選手に連打されますが、後続を抑えます。

その裏、巨人は左の池田投手が登板
1死後、武内選手が今日2安打目となるレフトへのヒットで出塁
中村捕手は四球で1死1、2塁
ここで、代打・鵜久森選手を送りますが、見逃し三振で2アウト
このあと暴投があり2死2、3塁も、荒木選手はセカンドゴロで、この回も得点ならず。
ヤクルトは、ここまで9安打12残塁。

9回、ヤクルトは山本哲哉投手が登板
2死後、マギー選手にセンターへのヒットを打たれますが、後続を抑えます。

その裏、巨人はカミネロ投手が登板
坂口選手はショートゴロ。大引選手は見逃し三振。
そして、山田選手は初球を打ってサードゴロでゲームセット。

ヤクルトは0-7で2試合連続完封負け。
巨人戦には3試合連続完封負けを喫しました。

今日は先発の石川投手が初回に4失点、その後4回までに9安打2発浴び7失点と乱調でした。
こうなると、今のヤクルト打線は追いつく力はありません。
e0222575_11013.jpg



打線は9安打放ちながら12残塁で無得点。
野球が下手すぎ、どれだけ点が欲しくないのかとあきれます。
しかし、これだけ序盤で試合が決まると、大敗してもあまり悔しさも湧いてきませんね・・・。

山田くんの打球が入っていればと、それだけが残念です。
あれもおそらく引っ張りきれなくて振り遅れてライトポール際に行ったと思うんですが、
それでもスタンドインしていたら、随分気持ちがラクになったでしょうね。
野球の神様は、山田くんにまだまだ試練を与え続けるようです。負けるな哲人!

今日で15打席ノーヒットで。打率は.202まで下がり、明日にも1割台になるかもしれません。
もうここまで来ると気にしてもしょうがありません。
フォームもタイミングも、まだおかしなままなので、すぐにどうこうなりそうにありませんが、
とにかくバットを思い切り振って下さい。そうしないと何も始まりません。

打順はやはり3番から下げてほしいですけどね。真中監督に言っても無駄なんでしょうね。
中日3連戦後、真中監督は山田選手について、取材記者に「大丈夫でしょう」と話したとか。
何がどう大丈夫なんですか??教えてくださいよ!
ヤクルトファン、いや他球団ファンからも、山田くんは心配されているのに、
監督さんのあまりのお気楽さに言葉がありません。

山田くんのことに限らず、総じて、よく言えば前向きですが、あの楽観的な思考はどこから来るんでしょう。
私のような基本ネガティブな人間にはついていけません。
何の効果もない自主性もそうですよね。
自主性野球って、もしかして、無為無策の自分の采配をカモフラージュするためなのかと思うほどです。
弱いチームが、デ―ンと構えた横綱相撲をとっても勝ち目はないでしょうに・・・。


by misty2011 | 2017-04-28 21:57 | 東京ヤクルトスワローズ

石川7回1失点の力投で2勝目☆3-1、西田&大引適時打、荒木1号ソロ

最下位に転落した東京ヤクルトスワローズは、今日から神宮で首位・広島東洋カープとの3連戦

先発はヤクルトが石川雅規投手、広島は加藤拓也投手
前回、ルーキーの加藤投手に9回1死までノーノーをされ、全く打てなかったので、
2度続けてやられる訳には行きません。

スタメンはまたまた入れ替えてきました。
インフルエンザから復帰した坂口選手が1番、2番はサード荒木選手で、8番ショートに大引選手
西浦、谷内選手は外されました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・石川投手が7回1失点の好投で今季2勝目!荒木選手は起用に応える1号ソロ!

初回、石川投手は先頭の田中広輔選手にショート内野安打を打たれます。
今日はショート大引選手ですが、
ヤクルトの場合、相手が三遊間へ転がせば、ほとんど内野安打になりますね・・・。
一緒や、誰が守っても。
しかし、中村捕手が2盗を刺し、このあと後続を打ち取り3アウト。

その裏1死後、荒木選手は四球で歩き、山田選手は見逃し三振も、荒木選手が2盗成功。
しかし、バレンティン選手がサードゴロで3アウト。
バレンティン選手、今日はフェースガード付きのヘルメットを被っていました。

2回、先頭の鈴木誠也選手にショート後方へのポテンヒットを打たれます。
こういう打球も捕れなくて、ことごとくヒットになります。球際に弱すぎ。
しかし、後続を抑え3アウト。

その裏、先頭の雄平選手がレフトへの2塁打で出塁。今日は早めにノーノー阻止しました。
つづく西田選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち、ヤクルトが1点先制!
ナイスバッティング!懐かしい感触、3試合ぶりに得点できました。
つづく中村捕手の打席で、加藤投手がワイルドピッチをやらかし無死2塁。
中村捕手は三振に倒れ、大引選手はライト線への大飛球でしたが、鈴木選手に好捕されます。
石川投手はピッチャーゴロで1点どまり。

3回、石川投手は3人で片付けます。

その裏、先頭の坂口選手が1塁内野安打で出塁。
荒木選手は送りバントも、1-6-3のダブルプレーで2死ランナーなし。最悪の結果となりました。
山田選手は空振り三振。
前回の初対戦もタイミングが合いませんでしたが、
2度目の対戦の今日も、全くタイミングが合わず対応できません。
2打席連続三振に、またかという感じ。
もう悲しいとか辛いとか思うことなく、今日もダメかとあきらめの境地。
山田くんの打席では、打てないのが普通と思うよう努めて、私は鈍感にならざるをえません。
そうでなきゃ、やってられません!!

4回、石川投手は丸選手を四球で出しますが、新井選手をショートゴロ併殺打に仕留め3アウト。

その裏2死後、西田、中村選手が連続四球で2死1、2塁。
大引選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち、西田選手がホームインして2-0となります。
すご~い、今日はここぞでタイムリーヒットが出ますね。
珍しいものを見るような驚きです。

5回、石川投手は先頭の鈴木誠也選手にレフトフェンスギリギリに飛び込む2号ソロホームランを打たれ、
2-1と1点差に。まあ、ソロならいいとしないと・・・。
同じWBC戦士の明暗を見せつけられるのは辛いです。

1死後、小窪選手にショート横を抜けるヒットを打たれますが、
石原捕手をセカンドゴロ併殺打に仕留め3アウト。

5回1死後、荒木貴裕選手がセンターへ今季1号ソロホームランを放り込み3-1となります。
フォークを上手く打ちましたね、ナイスバッティング!!
真中監督の先発起用に見事に応えました。
送りバント失敗を取り返す一発となり、よかったです。
つづく山田選手はバットに当たりましたがセカンドゴロ。
バレンティン選手は、当たりは強かったもののセカンドゴロで3アウト。

6回1死後、石川投手は田中選手にライト前にヒット、菊池選手は空振り三振後、田中選手が2盗。
2死2塁となりますが、丸ちゃんを空振り三振に斬ってとり、カツオくんにガッツポーズが出ました。

その裏2死後、中村捕手、大引選手が連続四球で2死1、2塁
石川投手がそのまま打席に立ちますが、ショートゴロで3アウト。

7回、続投の石川投手は先頭の新井選手を空振り三振
つづく鈴木選手にはホームラン性の大ファールを打たれた後、
最後は入ったかと思ったレフトへの大飛球をフェンス前でバレンティン選手が捕って2アウト。
ヒヤッとしました。
エルドレッド選手にはレフト前ヒットを打たれ、なおも続投で、
小窪選手をピッチャーゴロに仕留め3アウト。
最も怖い打順をよく抑えました。

7回裏、広島は一岡投手が登板
先頭の坂口選手がレフト前ヒット、荒木選手は送って1死2塁。
ここで問題の山田選手は、またも空振り三振。外のストレートにバットがかすりもせず。
バレンティン選手は敬遠され、雄平選手はレフトフライで追加点ならず。

8回、ヤクルトは石山泰稚投手
サードは西浦選手、坂口選手がレフトでセンターは上田選手に交代
石山投手は三者連続空振り三振に斬って取る圧巻のピッチング!

その裏、広島は薮田投手
ヤクルトは三者凡退に終わります。

さあ~9回、ヤクルトは2点リードで秋吉亮投手が登板
先頭の菊池選手を空振り三振に仕留め、丸ちゃんはショートフライ、
新井選手はレフトへのヒットで出ますが、
最後は怖い鈴木誠也選手に粘られながらもピッチャーゴロに仕留めゲームセット。

ヤクルトが3-1で首位カープを下し、連敗を3で止めました。

7回6安打8奪三振1失点と好投した石川雅規投手が2勝目を挙げました。
おめでとうございます。
8回からは、石山ー秋吉投手が2点リードを守って逃げ切りゲームセット。

打つ方は、2回に西田明央選手が待望の先制タイムリーヒットを放ちます。

e0222575_1110588.jpg


4回にはスタメン復帰の大引選手がタイムリーヒットで2点目。
1点奪われた直後の5回裏、スタメン起用に応えた荒木貴裕選手が、
貴重な1号ソロホームランを放ち3-1

とにかく連敗ストップ、そして首位カープをわずか1点に抑えて勝ったのは価値があります。
久しぶりにスタンドでは得点の傘が振れましたね。よかったです。
明日も勝って勢いをつけたいですね。小川投手の好投を期待しましょう!



勝ったものの、山田選手の状態が悪すぎて心配です。
今日は3三振など4打数ノーヒット。フォークもストレートも打てず。

山田選手のことを、先週のはじめ、底を脱したと書きましたが、またまたどん底に落ちましたね。
タイミングが合わないとしても、あまりに打撃がもろ過ぎて見ていられません。
カット出来ないのでファールで粘ることもできず、空振りか、バットに当たれば前に飛んでアウト。
もう2割を切るのは時間の問題。マジ重症です。

これだと打順は3番なんてとんでもない、下位か、せいぜい1番、もうスタメンから外してもいいくらい。
杉村コーチは、この状態をどう見て、どうアドバイスしているんでしょう?
真中監督はバレンティン選手に直々にアドバイスしたようですが、
今度は山田選手にもお願いします。すがりたいような気持ちです。

まだまだ長引きそうですね。不振脱出の兆しが見えません。
このまま続くとは思いたくないですが、あまりに不調の時期が長いですからね。

これが昨年からの死球後遺症なのか、長期の大スランプなのかどちらなんでしょう?
昨年は、正確に言うと、オールスター前から不調モードに陥っていました。
それからだと、もう10ヶ月近く経ちます。
7月30日、背中への死球で骨挫傷となり、復帰後、阪神戦で3発打って復調なったかと思った翌日、
またも脇腹への故意死球で、それ以後はずっとこんな感じが続いていますからね・・・。
そりゃたまには打ちますが、2試合さえ続きません。
WBCは山田選手の状態としたら、よく頑張った方でしょうね。

しかし、開幕後は、2カード目の阪神戦から下降線に入り、今に至りました。
死球後遺症で、イップス気味になっているのなら、メンタルケアが必要ですし、
そうでなければ、生きた球をとにかく振ってタイミングを取り戻すことでしょうね。
ティーでは、すっとした綺麗な立ち姿で、本来のいいフォームでバットが振れても、
いざ打席に入ると、背中がやや曲がっている感じで、
フォームがいまだに固まってなくてバラバラ、タイミングが取れません。
インコースの球には、やや腰が引けて(引けてない時もありますが)、
外の球はには踏み込めなくて手打ち状態。当てることさえ難しくなってきています。

もはや、そのうち打ちだすなんてのんきなことは言えない状態となりました。
杉村コーチでダメなら、真中監督、何とかしてください。お願いします!
このまま放っておいても手遅れになりそうで怖いです。

必ず立ち直ってくれることを心から祈っています。
ファンは無力ですが、それしかできませんから・・・。

by misty2011 | 2017-04-21 21:24 | 東京ヤクルトスワローズ

ヤクルト追いつくだけで勝ち越せず、最後は延長サヨナラ負け

東京ヤクルトスワローズは、昨夜は代打・鵜久森淳志選手の劇的サヨナラヒットで連敗を6で止めました。
鵜久森選手は、今月に入り、4月2日には代打サヨナラ満塁弾、そして13日にはサヨナラヒットで、
既に2度のサヨナラ打!
ヤクルトはここまで4勝していますが、そのうち2勝は代打・鵜久森選手のバットで挙げました。
素晴らしい活躍ですね。レギュラー陣も負けずに打ってほしいものです。

今日からヤクルトはハマスタで横浜DeNAベイスターズとの3連戦。
開幕初戦のDeNA戦では勝ち越しましたが、2度目の対戦はどういう結果となるでしょう?
主砲の筒香選手を目覚めさせないよう、投手陣が抑えれば、勝機はあると思います。

先発はDeNAがウィーランド投手、ヤクルトは石川雅規投手
スタメンは、またまたいじってきました。
1番山田、2番はセンター雄平、5番にライト鵜久森、7番ショート西浦、8番サード谷内選手
昨夜は1、2番コンビで得点したので、2番は山崎選手のままかと思いましたが・・・。
一方、DeNAは梶谷選手がスタメンから外れています。ハムストリングを痛めたそうです。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 3度追いつく粘りを見せるも…延長10回に痛恨のサヨナラ負け

初回、先頭の山田選手が左手小指付近にデッドボールを受け出塁。
2盗は試みず、雄平選手のショートゴロで2塁フォースアウトとなり、
バレンティン選手はセカンドゴロ併殺打で3アウト。

初っ端から山田くんがぶつけられ心配ですね。
そのまま1塁へ出ましたが、何ともなければいいのですが。
あとから実は・・・何てことにはなりませんように。
出来れば、山田くんには走ってほしかったですね。最近は、盗塁に対しても積極性がありません。

その裏、石川投手は、先頭の桑原将志選手に先頭打者ホームランを浴び、1点先制を許します。
2死後、筒香選手に右中間へ2塁打を打たれますが、後続を抑え1点どまり。

2回表裏は、両チームとも三者凡退。

3回もヤクルトは三者凡退。
その裏、石川投手は倉本選手にセンターへヒットを打たれ、桑原選手はサードゴロで1死2塁。
つづく佐野選手はセカンドゴロで2死3塁となり、ロペス選手も抑え得点を許しません。
しかし、フルカウントが続きく苦しいピッチング。

4回、先頭の山田選手が四球で出ます。今度こそ走れ~!
雄平選手はライトフライ、バレンティン選手はレフト前ヒットで1死1、2塁
どちらも、山田選手が走るまで待つ配慮は全くナシ。
畠山選手は四球を選び2死満塁
ここで鵜久森選手。代打ウグのバッティングを期待も、空振り三振で2死満塁。
中村捕手はレフト前にタイムリーヒットを放ち1-1の同点に!
さすがムーチョ!よく打ちました。
なおも2死満塁で、西浦選手はレフトフライで1点どまり。

その裏、石川投手は先頭の筒香選手を見逃し三振、宮崎選手には四球を与え1死1塁。
浩康選手は空振り三振で2死後、戸柱捕手にライトフェンス直撃のタイムリー2塁打を浴び1-2

5回、ヤクルトは三者凡退。山田選手は気のない空振り三振。
いや~、体の開きが早いし、バットにボールが当たらないし、一向に調子が上がりません。

その裏、石川投手は三者凡退に抑えます。

6回1死後、バレンティン選手が内野安打で出塁。全力疾走しました。
畠山選手は見逃し三振で2死となり、鵜久森選手はライトフライで3アウト。

その裏1死後、筒香選手にセンター前ヒットを打たれます。筒香シフトの間を抜けて行きました。
宮崎選手はレフトフライ、浩康選手は空振り三振で3アウト。

7回、先頭の中村捕手が四球で歩きます。
西浦選手は送りバントで1死2塁
谷内選手はショートゴロで2死3塁
代打の大松選手に期待も、横浜DeNAは砂田投手に交代し、空振り三振に倒れ3アウト。

その裏、ヤクルトは杉浦投手が登板
糸をひくような伸びるストレートで三者凡退に抑えます。

8回、DeNAは三上投手が登板
先頭の山田選手はセンターへのヒットで出塁。とりあえず1本ヒットが出ました。ほっ…
雄平選手は初球を打ち上げライトフライで1死1塁。走るのをちょっと待てよ~!
この後、バレンティン選手の打席で山田選手が2盗成功!いいぞ~!
バレンティン選手はライトフェンス直撃へのタイムリーヒットを放ち2-2の同点に!
畠山選手は空振り三振で2死となり、鵜久森選手はショートゴロで勝ち越しならず。

その裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
2死後、ロペス選手に3塁強襲してレフトへ抜ける2塁打を打たれます。
筒香選手は敬遠して1死1、2塁。ロペス選手の代走は山下選手
宮崎選手は四球で2死満塁
つづく代打の乙坂選手に、カウント3-1からレフト前にタイムリーヒットを打たれ、
2-3と勝ち越されます。
戸柱捕手はファーストゴロで3アウト。

9回、DeNAは山崎康晃投手。パットン投手よりは打てそう!?
ここで、横浜は筒香選手に代わりレフトに山下選手が入ります。サードは白崎選手
足を引きずっていたので、何かアクシデントがあったようです。
先頭の中村捕手は四球で出塁。代走は比屋根選手
西浦選手は送りバントで1死2塁
谷内選手はライト前ヒットで1死1、3塁
途中出場の上田選手はセンターへ犠牲フライを運び3-3の同点に。
2死1塁となり、山田選手はセンターフライで同点どまり。当てただけで伸びませんでした。

9回裏はルーキ投手が登板。髭を短く切っていました。
三者凡退に抑え延長戦に突入

10回、横浜はパットン投手
先頭の雄平選手がピッチャーのグラブを弾く内野安打で出塁
バレンティン選手は空振り三振
畠山選手はセカンドゴロ併殺打で3アウト。

その裏、ヤクルトはルーキ投手が続投。これ大丈夫!?
先頭の関根選手がセーフティバント。ルーキ投手がボールをこぼしが内野安打となり無死1塁
山下選手は空振り三振で1死1塁
白崎選手の打席でワイルドピッチがあり1死2塁
このあと、ルーキ投がボークをやらかし1死3塁のピンチ
白崎選手はサードゴロで、谷内選手がバックホームも、
3塁から関根選手がホームインして判定はセーフ。
DeNAのサヨナラ勝ちとなりました。

今日はスタメンから梶谷選手が外れ、途中からは筒香選手も交代しましたが、
同点までが精いっぱいで、チャンスはありましたが勝ち越しできませんでした。

先発の石川投手は、先頭打者に被弾しましたが、6回2失点と粘りました。
ただ、4回に中村捕手のタイムリーヒットで1-1の同点に追いついたその裏、
戸柱捕手に打たれ勝ち越しを許します。初球でしたが、ちょっと不用意だったかもしれません。

このあと、8回にバレンティン選手のタイムリーで同点に追いつきますが、
その裏、石山投手が打たれ再び勝ち越されます。
9回に上田選手が犠牲フライを運び、3-3の同点に追いつきますが勝ち越せず。

そして延長10回、2イニング目のルーキ投手が、暴投、ボークなどミスが重なり、
最後はサードへのタイムリー内野安打となり、サヨナラ負けを喫しました。

髭を短く剃ってすっきりしましたが、ピッチングはグダグダになったルーキ投手
写真はキャンプ時のルーキ投手
e0222575_1045788.jpg



競った試合でしたが、常に追いかける展開で、結局、追いつくだけで、一度も勝ち越せませんでした。

今日の問題点を考えてみると
真中監督は、今日もスタメンオーダーをいじってきましたが、
1、2番は昨日の、山田-山崎選手のままで良かったように思います。
2番の雄平選手の意味がよくわかりませんでした。

それから、鵜久森選手は、やはり代打での一振りの方が相手にとっては怖さがあるでしょうね。

石山投手は、今日はストレートにいつものキレがなく、四球を出すなど弱気な感じで、
結局勝ち越し打を打たれました。

そして、ルーキ投手の続投が裏目に出ました。
10回は、秋吉投手投入かと思いましたが、
ルーキ投手が2イニング目にミスが重なりサヨナラ負け。
ボークの判定に、ルーキ投手がいら立っていましたが、真中監督は抗議せず、
サヨナラ負けしてから文句を言っても遅すぎました。

最後は、谷内選手のサードからの送球が右にそれたぶん、西田捕手のタッチが遅れました。

まあ、勝ち越し出来ないまま、負けるべくして負けましたね。
ルーキ投手はリリーフ失敗が目立つので、配置転換があるかもしれませんね。
好投が続いていた石山投手が打たれたのは、ちとショックです。

明日は、梶谷、筒香選手の出場がなさそうなので、勝たないといけません。
小川投手の好投を期待しています。
打線は、もうちょっと何とかしないと。
各自、工夫も粘りもなく、ただバットを振ってるだけに見えます。
結局、相手は誰が投げても打てません。奮起をお願いします。

バレンティン選手は、いい当たりが少し戻ってきました。
山田選手は、まだ当分時間がかかりそうなのが辛いです・・・。

by misty2011 | 2017-04-14 22:14 | 東京ヤクルトスワローズ

2017プロ野球開幕、ヤクルト先発全員安打15安打9得点!石川開幕勝利、中村悠平3打点猛打賞

2017年日本プロ野球が開幕しました。

東京ヤクルトスワローズは、本拠地・神宮球場に横浜DeNAベイスターズを迎えての開幕3連戦。

東京ヤクルトスワローズ2017開幕戦のスターティングオーダーを
毎年、恒例となった選手の写真付きで並べました。
画像は、すべて2017ヤクルト春季沖縄浦添キャンプで私が撮ったものです。
今では当たり前のように大勢が平気でやっていて、誰も注意しませんが、
他人の撮った写真を盗用したり、球団やスポーツ紙などの写真を無断でコピペするのは、
著作権違反です。

e0222575_21441621.jpg


(敬称略)
1番ショート 大引啓次    2番センター 坂口智隆   3番セカンド 山田哲人
4番レフト バレンティン   5番ライト 雄平      6番ファースト 畠山和洋
7番キャッチャー 中村悠平  8番サード 西浦直亨    9番ピッチャー 石川雅規


栄えある開幕投手は、5年ぶり8度目の開幕投手となった石川雅規投手
横浜DeNAは石田健大投手

打順に関しては、真中満監督が「1番・山田哲人」構想をぶちあげたこともありましたが、
結局のところ、山田哲人選手は3番に落ち着きました。
WBCでは「1番DH」での出場が多かった山田選手ですが、真中監督は
「クリーンアップにかえす能力があれば、足もあるし機能する。現状は山田がかえし役の方がいい」と説明しました。
今のところ、もし山田選手が1番に入れば、主軸で頼れるのがバレンティン選手のみとなるので、
それなら、やはりチャンスメイクよりはポイントゲッターとして3番におく方がいいとの判断でしょう。

降りしきる雨の中、小池百合子東京都知事の始球式のあと、試合開始

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 先発・石川投手が6回2失点の好投!中村選手は3安打3打点!投打が噛み合い開幕戦を制す!!


初回、石川投手は梶谷選手にヒットを打たれますが、ロペス選手をサードゴロ併殺打の仕留めます。

その裏、1死後、坂口選手が四球で歩くと、3番・山田選手はライトへの大きな飛球でしたが、
梶谷選手に捕られ、スタートを切っていた坂口選手が1塁へ戻れずダブルプレーで3アウト。
山田くん、右への惜しい打球でした。逆風でしたね。

2回、石川投手は先頭の筒香選手に四球を与え、シリアコ選手は空振り三振。
1死後、田中浩康選手にレフトフェンス直撃のヒットを浴び1死1、3塁のピンチ。
浩康選手、もうちょっとでスタンドインでした。入るかとヒヤヒヤしました。ホッ…。
石川投手は、この後、倉本選手を注文通りのショートゴロ併殺打に仕留め無失点で切り抜けます。

その裏、先頭のバレンティン選手がサードにシリアコ選手のトンネルエラーで出塁。
1死後、畠山選手は四球で歩き1死1、2塁となり、中村悠平捕手はセカンドゴロで2死1、3塁。
西浦選手は四球で歩き、2死満塁となりますが、石川投手が粘りながらも空振り三振で3アウト。

3回、石川投手は三者凡退に抑えます。

その裏、ヤクルトは1番からの攻撃も三者凡退。山田くんは空振り三振

4回、石川投手は1死後、ロペス選手にヒットを打たれますが、筒香選手はライトライナー、
シリアコ選手をサードゴロに打ち取り3アウト。

その裏、先頭のバレンティン選手がライトフェンス直撃のチーム初ヒットで出塁。
雄平選手はレフト前ヒットで無死1、2塁のチャンス!
畠山選手はサードファールフライに倒れますが、
中村悠平捕手がショート後方へのタイムリーヒットを放ち、
バレンティン選手が2塁から激走してホームイン!ヤクルトが1点先制。
西浦選手も、中村捕手と同じようなセンター前にタイムリーヒットを放ち2-0
下位打線で2点奪いました。
1死1、2塁でから石川投手は送りバント成功で2死2、3塁
しかし、大引選手はサードゴロで3アウト。

5回、2点援護をもらった石川投手は、浩康選手からの打順を3つの内野ゴロに打ち取ります。

その裏、先頭の坂口選手がライトフェンス直撃の2塁打で出塁。入ったと思いましたけどね。惜しい。
山田選手はサードゴロでランナー進めず、1死2塁。う~ん
バレンティン選手はライトへのタイムリー2塁打で3-0。引っ張り流す痛烈な打球でした。
ココちゃん、WBCからの好調をキープしています。
このあと、雄平選手は空振り三振で2死2塁。
畠山選手はライトフライで1点どまり。

6回2死後、梶谷選手がショート内野安打で出塁。大引選手の送球を畠山選手が捕れませんでした。
この後、石川投手はロペス選手にレフトスタンドに1号2ランホームランを運ばれ3-2と1点差に。
筒香選手は見逃し三振で3アウト。
試合がわからなくなってきました。

その裏、2死後、石川投手がセンター前ヒット
大引選手はレフトへの2塁打で2死2、3塁。
しかし、坂口選手はレフトフライで追加点ならず。

7回、石川投手は一旦マウンドに上がりますが、
前の回にランナーで3塁まで進んだ際に、左ふくらはぎを気にしていて、ここでルーキ投手に継投。
きっちり三者凡退に抑えます。

その裏、DeNAは須田幸太投手に交代
先頭の山田選手はレフト線への2塁打で出塁。泳ぎながらもレフトへうまく運びました。
会心の当たりではないものの、とりあえず1本ヒットが出てよかった~!
無死2塁で、バレンティン選手は四球を選んで2死1、2塁。代走は上田選手
雄平選手はライト前ヒットで無死満塁。
ここで、まだスタメンで唯一ヒットがない畠山選手は1塁ファールフライに倒れ1死満塁。

DeNAはピンチの場面でルーキーの進藤拓也投手に交代。
ここで、中村悠平捕手が初球を狙い打ち、センターオーバーの2点タイムリー2塁打を放ち
5-2とリードを広げます。
ナイスバッティング、ムーチョ!今年は打てるキャッチャーが期待できそう。

西浦選手はライトファールフライで、3塁から雄平選手がタッチアップしてホームに還り6-2
2死3塁で、つづく新加入の代打・大松尚逸選手はセンターフライで3アウト。
しかし、大きな3点の追加点が入りました。

8回は石山泰稚投手が登板
2者三振など3人でぴしゃりと抑えます。

その裏、DeNAは高崎健太郎投手が登板
先頭の大引選手がセンター前ヒット
坂口選手は四球で無死1、2塁
山田選手はレフトへタイムリー2塁打を放ち7-2。マルチ2塁打、今季初打点の山田くん!

上田選手はショートゴロ(倉本選手の好守)で、3塁から坂口選手がホームインして8-2
続いて、まだヒットがない畠山選手がセンター前タイムリーヒットを放ち9-2
これで先発全員安打となりました。畠山選手、よかった打てて。代走は荒木選手
この後、中村悠平捕手がライト線への2塁打を放ちます。開幕戦で3安打猛打賞!
2死2、3塁で、西浦選手は1塁ファールフライで3アウト。

7点リードで、9回は守護神の秋吉亮投手が登板
梶谷選手を空振り三振、ロペス選手はセカンドフライ、
最後は筒香選手を大きなセンターフライに打ち取りゲームセット

ヤクルトが9-2で横浜DeNAに快勝しました。
開幕投手の石川投手が今季初勝利を飾りました。おめでとうございます。

石川投手が6回を投げ5安打2失点。ロペス選手に浴びた2ランの2失点のみでした。
このあと、ルーキー、石山、秋吉投手と無失点リレー

打つ方は先発全員安打の15安打9得点
中村悠平捕手が3安打猛打賞(うち2塁打2本)、先制のタイムリーなど2適時打で3打点と大活躍!
大引、山田、バレンティン、雄平選手がマルチヒット

お立ち台は、石川雅規投手と中村悠平捕手のバッテリーでした。
ナイスピッチング、ナイスバッティング、そしてナイスリード、
怖い筒香選手をノーヒットに抑えたのもよかったですね。
寒い雨の中、開幕勝利おめでとうございます。

ヤクルトはいいスタートとなりましたね。明日の小川投手も続け~!

by misty2011 | 2017-03-31 21:47 | 東京ヤクルトスワローズ

3/17オープン戦vsオリックス☆3-0、石川7回無失点、西浦先頭打者弾!雄平猛打賞

東京ヤクルトスワローズは、今日は神宮でオリックス・バファローズとのオープン戦

ヤクルトの先発は、5年ぶりに開幕投手に決まった石川雅規投手
オリックスはコーク投手
スタメンは1番が西浦選手、2番はセカンド荒木選手で、坂口、大引選手は6番、7番の下位に回りました。


試合経過は ニッカンスコア

立ち上がり、石川投手は危なげなく三者凡退に抑えます。

その裏、西浦選手が初球をライトスタンドに放り込む先頭打者ホームランで1点先制!
風にも乗りましたが、西浦選手の謎長打力2号ソロ弾がいきなり飛び出しました。
開幕に川端選手が間に合うかどうか微妙ですが、無理するくらいなら、
もうサード西浦選手は決まりでいいでしょう。

2回1死後、石川投手は中島宏之選手に初ヒットを許しますが、後続を二者連続三振に仕留め3アウト。

その裏、1死後、坂口選手がレフトへの2塁打で出塁も、後続倒れ得点ならず。

3回、石川投手はセカンド荒木選手の好守もあって三人で片付けます。

その裏、今日はDHはとらず、先頭の石川投手がセカンド内野安打で出塁。
西浦選手がサードゴロ併殺打で2死となり、荒木選手はライトフライで3アウト。

4回1死後、石川投手は安達選手にセンターへヒットを打たれますが、
吉田、中島選手を二者連続三振に斬ってとり3アウト。
今日のカツオくんはやけに奪三振が多いですね。
文句なしの好投ですが、打たせてとるゴロピッチャーなので、これがいいのか悪いのか!?
調子が良すぎて怖いくらい。

その裏1死後、雄平選手はライトフェンス直撃のヒットを打ちますが、2塁へ走りタッチアウト。
ホームランだと思ったのか、走りだすのが遅かったです。
畠山選手は見逃し三振3アウト。

5回1死後、石川投手は、下位打線に死球、ヒットで1死1、2塁のピンチを招きますが、
後続を打ち取り得点を許しません。

その裏、ヤクルトは1死後、大引選手が振り逃げで出塁も後続倒れ得点ならず。
オリックス新加入のコーク投手、なかなかいいですね。

6回、石川投手はきっちり三人で片付けます。
その裏、ヤクルトも三者凡退。

石川投手は7回も続投。
1死後、T-岡田選手にライトへヒットを打たれますが、後続を抑え得点を与えません。

その裏、好投のコーク投手から先頭の雄平選手が3塁ベース直撃の2塁打で出塁。
畠山選手はライトフライ、坂口選手はレフトフライ2アウト。
この後、大引選手のショートゴロ悪送球エラーで、その間に雄平選手がホームインして2-0。
コーク投手がタイムリーエラーに怒っていました。大引選手の代走は比屋根選手。

つづく中村悠平捕手がセンターへヒットを放ち2死1、3塁。
代打のグリーン選手がレフト前タイムリーヒットを放ち3-0
コーク投手はここで交代となり、2番手でヘルメン投手が登板。
西浦選手はサードゴロで3アウトも、この回2点を追加しました。

8回、ヤクルトはドラ2ルーキー星知弥投手が登板
先頭の駿太選手にライトへ2塁打を打たれ、1死後、四球を与え1死1、2塁のピンチを招きます。
安達選手はライトフライで、タッチアップした2塁走者を、雄平選手がレーザービームで3塁で刺し、
ダブルプレーで3アウトチェンジ!これは助かりました。

その裏、オリックスは佐藤達也投手が登板
2死後、雄平選手が3安打猛打賞となるライトへのヒットで出塁。
つづく途中出場の谷内選手は空振り三振3アウト。
谷内選手、打てませんね。厳しくなりました。

9回はギルメット投手が登板
危なげなく、最後は二者連続三振締めでゲームセット!
ヤクルトが3投手の完封リレーで3-0でオリックスを下しました。

先発の石川雅規投手は、7回を投げ、4安打7奪三振無失点と今日も好投。
これで、オープン戦14イニング無失点と好調をキープ。今すぐにでも開幕したですね。

写真はキャンプ2月7日 自主練習 ブルペンで投げる石川雅規投手
e0222575_1103965.jpg



2番手、今日の星投手はスピードが出ず、コントロールも高めに抜けたり逆球が多く、
0点に抑え結果オーライながら、よくなかったですね。ちょっと心配な内容。

最後に投げたギルメット投手は、凄味はなくとも安定したピッチングできっちり3人締め。
外国人枠がますます悩ましいですね。
ルーキ投手より、ギルメット投手のほうが、見ていて安心感はあります。

打つ方は、西浦直亨選手が2号先頭打者ホームランで先制!
そういえば3月11日のオープン戦でも、石川投手先発で、
西浦選手の1号2ランが決勝点となっているんですよね。

相手のコーク投手も安定したナイスピッチングで追加点が奪えませんでしたが、
オリックスのエラーから2点を追加しました。

雄平選手が3安打猛打賞で、守備でも強肩を見せました。
畠山選手の調子がなかなか上がらないのが気がかりです。

by misty2011 | 2017-03-17 15:49 | 東京ヤクルトスワローズ

3/11オープン戦vs広島☆2-1、石川5回無失点、西浦1号2ラン決勝弾!

東京ヤクルトスワローズは、今日は福山市民球場で広島東洋カープとのオープン戦。
3月11日ということで、試合前には黙とうが捧げられました。

東日本大震災からもう6年も経つんですね。
当日、私はハマスタでオープン戦を生観戦中、7回表、地震に見舞われました。
Y字型の照明塔がガタガタ音を立て揺れ出し、倒れかかってきそうで凄く怖かったです。
電車がすべて止まり、帰宅困難者になりかかりましたが、ハマスタから新横浜駅まで歩き、
深夜に動き出した地下鉄とバスを乗りつぎ、午前2時半頃、無事帰宅できました。
当日の様子は、こちらのブログ

今日はテレビ中継がありました。
晴天ながら、風が右から左へホーム方向に強く吹いていました。

先発は、広島が岡田明丈投手、ヤクルトは石川雅規投手ー中村悠平捕手のバッテリー

ヤクルトは1番に大引選手が戻り、比屋根選手が2番センター
3番・坂口選手、4番は雄平選手 8番セカンドは西浦選手で、9番サードに廣岡選手

試合経過は ニッカンスコア

初回、ヤクルトはあっさり三者凡退
その裏、石川投手は先頭の安部選手にセンター前ヒットを打たれますが、
2番の堂林選手は空振り三振、丸選手はショートゴロで2死2塁。
4番・新井貴浩選手もショートゴロで無失点の抑えます。

2回、ヤクルトはこの回もあっさり三者凡退。
その裏、石川投手も、広島新外国人のペーニャ選手を空振り三振に仕留めるなど三者凡退に抑えます。

3回、先頭の中村悠平捕手がチーム初ヒットとなるセンター前ヒットで出ると、
西浦直亨選手がレフトスタンド上段へ1号2ランホームランを放り込み、ヤクルトが2点先制!
ついに出ました~西浦選手の謎パンチ力!
好調キープの中村捕手、調子が上がってきた西浦選手、下位打線が頼もしい!

写真は2月7日 ティーバッティング 西浦直亨選手
e0222575_12275496.jpg


3回裏、ヤクルトは守備交代で、セカンドに荒木選手が入り、西浦選手がショートに回りました。
褒めた途端にショート西浦選手がエラーでランナーを出し、このあと2死2塁となりますが、
石川投手のけん制で2塁ランナータッチアウト、事なきを得ます。

4回、ヤクルトは三者凡退。
その裏、2死後、石川投手は新井選手にヒットを打たれますが、
松山選手をセンターフライに打ち取ります。

5回、先頭のグリーン選手がライト前ヒット。岡田投手の暴徒で2塁へ進みます。
中村捕手のセンター前ヒットで無死1、3塁。みどりちゃんの足が遅すぎ~。
しかし、ムーチョが恐ろしいほど打ちまくりますね。
山田くん「打率なんぼっスか?」って言い返されそう。

ここで前の打席にホームランを打った西浦選手。
岡田投手の暴投で中村捕手が2塁に進み、西浦選手は四球で無死満塁。
つづく廣岡選手は、ストレートを見逃し三振で1死満塁。
トップに戻り、荒木選手は粘りますが、フルカウントから空振り三振に倒れ2死満塁。
比屋根選手も三振で、ノーアアウト満塁から1点も取れず。
ヤクルトにあっては、無死満塁で無得点は見慣れた光景ですが、それにしても無抵抗すぎました。

その裏、石川投手は1死後、スイッチバッターのペーニャ選手にレフト前ヒットを打たれますが、
中村捕手が盗塁を刺して2死ランナーなし。
船越捕手はサードゴロで3アウト。

石川投手は5回を投げ、3安打無四球無失点とナイスピッチング!

6回、広島カープはバッテリーごと交代で、ヘーゲンズ投手-會澤翼捕手のバッテリー
3番からの攻撃も3人であっさり終了。

その裏、ヤクルトは2番手で、もう一人の開幕投手候補の小川泰弘投手が登板
カツオくん好投のあとだけに負けられません。
先頭の西川選手が自打球が膝に当たり、担架で運び出されるアクシデントがありました。
大事に至らなけらばいいのですが。
負傷退場で代打の小窪選手が打席に入り試合再開。小川投手はテンポよく三者凡退に抑えます。

7回、ヤクルトは三者凡退。
その裏、小川投手は先頭の丸選手にライトフェンス直撃の2塁打を浴びます。
2死後、下水流選手に三遊間を破るタイムリーヒットを打たれ2-1
ストレートが甘く入りました。

8回もヘーゲンズ投手の前に三者凡退
その裏、小川投手も三者凡退の抑えます。

9回も続投のヘーゲンズ投手に、ヤクルトはまたも三者凡退で、4回パーフェクトピッチング。
今年もヘーゲンス投手に手こずりそうですね。押尾コーチ、対策をお願いします。

その裏、2死後、小川投手はセカンドの谷内選手のエラーでランナーを出しますが、
後続を打ち取りゲームセット。
2-1の接戦でヤクルトがカープを下しました。

今日は何と言っても先発した石川雅規投手がよかったですね。5回3安打無失点と好投。
6回から投げた小川投手も、4回2安打1失点とまずまずでしたが、
今日のところはカツオくんに軍配が上がります。
石川投手は、これで2試合無失点で、安定しています。
小川投手は3試合登板して、そのうち1試合は打たれたので、現在防御率は6.75と悪いままです。

真中監督は、開幕投手をまだ決めかねているようですが、今日の結果だと石川投手でしょうね。
どちらに決まっても、開幕戦は勝っていいスタートを切りたいものです。

打つ方は、西浦直亨選手の2ランホームランが効果的でした。
結局、3回のこの2点だけです。
5回は2安打と四球で無死満塁も1点も取れず、毎度の拙攻でした。

ヤクルト4安打、広島5安打。ロースコアの投手戦を制した試合でした。
ただ、カープはWBCで、田中、菊池、鈴木選手が抜けているので、あまり参考にならないかもしれません。
こちらも、山田、川端、バレンティン選手が抜けていますが。

明日も広島に勝って、今シーズンは苦手意識を払しょくしてもらいたいです。
今日は侍ジャパンの試合がないので、私は心穏やかに過ごせます。

by misty2011 | 2017-03-11 16:02 | 東京ヤクルトスワローズ

2017石川雅規投手キャンプフォト(動画リンク2)

2017東京ヤクルトスワローズ春季沖縄浦添キャンプより、
今回は、石川雅規投手のフォトです。

キャンプレポは、「ヤクルトスワローズ」のタグではなく、「浦添キャンプ」のタグとなります。

今日4日、鹿児島でソフトバンクとのオープン戦が、この後行われますが、
小川泰弘投手の出来いかんによっては、石川投手が開幕投手になる可能性が出てきました。
前回、小川投手が打たれたので、真中監督は、まだ迷っているようですね。
どちらが開幕投手になっても、勝って弾みをつけてもらいたいです。

ではキャンプフォトです。

2月1日 キャンプ初日 ブルペン
e0222575_10433967.jpg


e0222575_10435188.jpg


見ている場所からは、こんな感じで白いポールに遮られるので、写真はほとんど撮れませんでした。
e0222575_10435859.jpg



2月2日 陸上トラック キャッチボール 
キャッチボールの相手は成瀬投手でした。 
e0222575_10442670.jpg


左腕の岩橋慶侍投手と、投球動作がほぼシンクロしました。
e0222575_10443550.jpg



2月3日 全体練習後、ブルペンで居残りピッチング Tシャツ短パン姿
毎年、石川投手は、午後もこうやってよく投げています。
e0222575_10484031.jpg


e0222575_10485333.jpg



2月4日 投内連係のため3塁側に集合してノックを受けます。
e0222575_1050535.jpg


4日 投内連係より2枚
e0222575_1052564.jpg


e0222575_10521488.jpg


投内連係 YouTube動画
 https://youtu.be/wjmh58d4wAA


4日 ブルペン
e0222575_10561178.jpg


e0222575_10564429.jpg


e0222575_11121753.jpg



2月7日 ウォームアップ
e0222575_11271096.jpg


7日 午後のブルペン 自主投球練習
この時は、村中恭兵投手と一緒でした。
e0222575_11013.jpg


e0222575_1101126.jpg


e0222575_1102543.jpg


ふくらはぎの筋肉が凄いですね。
e0222575_1103965.jpg



2月8日 内野守備総合練習 YouTube動画
 https://youtu.be/CP-8x-0B0FA

以上です。
200勝目指して、これかもコツコツ勝ち星を積み重ねてほしいですね。
無事これ名馬、カツオくんなら達成できそうな気がします。

by misty2011 | 2017-03-04 11:17 | 東京ヤクルトスワローズ