Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:竹下真吾 ( 3 ) タグの人気記事

抑える球がない小川投手、制球難が改善されない竹下投手★3-12の大敗!

ソフトバンクとの3戦目は、雨が降るのはわかっていながら、神宮は試合が強行されました。
ハマスタは早いうちに中止が決まっていましたよね。

先発は東京ヤクルトスワローズが小川泰弘投手、ソフトバンクホークスは東浜巨投手
今日は7番ファーストに今浪選手がスタメンで起用されました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 投手陣が試合作れず…竹下投手はプロ初登板

小川投手は初回から3失点。
1死後、城所、柳田選手に連打され、柳田選手2盗で1死2、3塁から
内川選手が犠牲フライを運び1点先制されます。
さらに、松田宣浩選手に2ランホームランを浴び、今日もまた初回から3失点。

2回には、2死3塁から今宮選手にタイムリーヒットを打たれ0-4

4回には、2死2、3塁から、今宮選手に2点タイムリー2塁打を打たれ0-6
もう一方的な展開に。

相変わらず球が高く、ストレート、変化球ともキレがなく、
鷹打線にとって打ちごろのボールばかり。
四球がなかったのはよかったですが、抑えられる球がありませんでした。

ヤクルトは4回裏、1死後、バレンティン選手が右中間への2塁打を放ち、
雄平選手のライト線へのタイムリーヒットで1点かえして1-6

小川投手は5回まで投げ、9安打1三振で6失点と散々な出来でした。
前回のロッテ戦では、少し復調の気配が感じられましたが、今日はまた悪い状態に逆戻り。
相手がソフトバンクホークス打線というのもあり打たれましたが、
開幕以来、ずっと球が高いのが修正できないままです。

キャンプで取り組んできたフォーム改造は失敗だったでしょうね。
下で調整できない先発事情なので仕方ありませんが、
ルーキーイヤーのようなダイナミックな躍動感あるフォームに戻してほしいですね。
イニングを稼ぐためとかで脱力したフォームも、
やっぱりラクして投げては、生きた球は行かないし、いい結果も出ないでしょう。

写真はキャンプ初日、雨のブルペン 小川泰弘投手
e0222575_10553880.jpg



雨あしが強まる中、6回からは竹下真吾投手がついにプロ初登板。
しかし、予想通りのノーコンでストライクが入りません。
2四球で1死2、3塁の東浜投手の打席で、雨がさらに強まり一時中断。
もう、途中コールドでいいと思いましたが、24分中断後、試合再開。

竹下投手は東浜投手にもフォアボールを与え1死満塁となりますが、
今宮、城所選手を抑え、奇跡的に0点に抑えます。

6回裏、ヤクルトはクリーンナップがあっさり三者凡退。
中断しても、東浜投手は何もなかったようにきっちり投げました。

7回も竹下投手は続投でしたが、再び雨が強まり2度目の中断。
もうさっさと終わってほしいと思いました。

しかし、26分中断後、また試合が再開されます。
先頭の柳田選手にフルカウントから四球を与えますが、内川選手をショートゴロ併殺打、
松田選手もショートゴロで3アウト。
中断後のこの回の方が、変化球を交え少しよくなりました。
まあ、相手打線も点差、2度の中断で、集中力はなさそうでしたが。

8回も続投の竹下投手は、四球後、鶴岡捕手に今季1号2ランホームランを浴び1-8
今宮選手にも四球を与え、城所選手に2ランを浴び1-10
ここで、ようやく降板して中澤投手に交代。
柳田選手を打ち取りようやく3アウト。

しかし、竹下投手は、これは1軍で使えるレベルではありません。
2回2/3を投げ、6四球2被弾で4失点
敗戦処理でも、四球と被弾の最悪コンポで失点がさらに増えるだけ。
投げさせていたら、試合が終わりませんからね。

これが大社の即戦力ドラ1で獲得した投手とは、寂しい限りです。
もう2年目ですが、制球がよくなれば、大化けできるんでしょうか??
何を見て、ドラ1で獲ったんでしょう?
竹下投手に限ったことではありませんが、これでスカウト陣は何も責任を問われないんですかね?
積もり積もったドラフトの失敗って大きいですよね。
戸田では、上に上げたいような若手の投手も野手も育っていません。
2~3年後、さらに深刻な状態になりそうで心配です。

9回、中澤投手はヒット、死球、拓也選手に初ヒット初タイムリー2塁打を打たれ1-11
このあと1点追加され1-12

9回最後は山田くんからの攻撃。ソフトバンクは岡本投手
なんとか1本ヒットを打ってほしいと思ったら四球で歩きます。今日は3打数ノーヒット。
バレンティン選手はセンター前ヒットでつなぐと、
1死後、今浪選手がタイムリー2塁打を放ち2-12
飯原選手のサードゴロの間にランナーが生還して3-12も反撃もここまで。
3-12の大敗でソフトバンクに屈しました。

悪コンディションの中でも、集中力を切らさず、
きっちり8回まで投げた東浜投手は敵ながら立派でした。
ルーキーイヤーで投げていた頃よりスピードが出ていて、
低めに丁寧に投げる制球もよかったですね。
小川投手は年々スピードが落ち、球は高いまま修正されません。

あまりに対照的な先発投手の出来でした。
今日の東浜投手に対し、初回に小川投手が3失点すれば、勝ち目はありませんでした。
もう一方的な展開で、
雨でずぶ濡れになりながらスタンドで応援しているファンがかわいそうでした。
お疲れさまでした。風邪などひかないよう気をつけて下さい。

明日からは交流戦最後のカード、西武ライオンズ戦。
初戦は岸孝之投手ですが、打てるでしょうか?

最後に山田くん、このところはホームラン以外にヒットなし。
この3連戦はソロ弾の1安打のみ。
打率はじりじり下がって3割1分台に落ちました。ちと心配・・・。
これ以上、調子を落とさないよう、交流戦最後の西武戦で、何とかヒットを打ってほしいです。

by misty2011 | 2016-06-16 22:34 | 東京ヤクルトスワローズ

竹下真吾投手2016キャンプフォト+動画3本

東京ヤクルトスワローズ2016春季沖縄浦添キャンプより、今回は竹下真吾投手です。

ヤクルト沖縄キャンプレポは「ヤクルトスワローズ」のダグではなく「浦添キャンプ」のタグとなります。

キャンプ初日 雨が強くなる中でのブルペン
カメラはタオルを巻いていましたが、それでもびしょ濡れになって、何枚か交換しながら撮影しました。
しかし、そろそろカメラがヤバくなってきたと気が気じゃなかったです。
雨粒で画像不鮮明はご容赦ください。
e0222575_10485829.jpg


e0222575_10491054.jpg


e0222575_10492530.jpg


e0222575_10494296.jpg


e0222575_10495019.jpg




2月2日 ブルペン 
この日、雨は午前中に一旦やみましたが、昼頃からまた断続的に小雨模様。
ブルペン見学は、初日は傘がじゃま、2日目は人が多くて、ゆっくり見学できませんでした。
写真はなくて動画のみ

      


2月2日 陸上トラックでランニング
e0222575_1151262.jpg



2月3日 投内連係その1 YouTube動画

      

3日 投内連係その2 YouTube動画

      


2月4日 陸上トラック芝生内でボールトレーニング
e0222575_1174472.jpg


岩橋投手のビデオ収録を見ています。このあと、竹下投手の番だったかもしれません。
e0222575_118513.jpg


2月6日 2枚追加 打撃投手として登板
e0222575_163077.jpg


e0222575_16302467.jpg


以上、少ないですが竹下投手でした。
先日のSKワイバーンズとの練習試合で、竹下投手は140キロ台半ばのストレートを投げるなど、
9回1イニングを2奪三振と好投。
今年は期待してもいいのかなあと思わせてくれました。

2014年ヤクルト暗黒ドラフトとも揶揄される象徴的な存在であるドラ1の竹下投手。
昨年は故障もあって、一度も上で投げることはありませんでした。
大学社会人出身の即戦力として獲得したからには、今年はドラ1の片りんを見せてほしいと願います。
思うような結果が出なければ、これはもう、本人というよりスカウトの責任でしょう。
by misty2011 | 2016-02-20 11:26 | 東京ヤクルトスワローズ

OP戦 小川投手、序盤に3失点、打線はミレ弾1点のみ

東京ヤクルトスワローズは、今日から静岡草薙球場で東北楽天ゴールデンイーグルスとのオープン戦2連戦。
私は2011年に巨人との公式3連戦で一度だけ草薙遠征をしたことがあります。
当時はまだ改修工事中でしたが、今は綺麗にリニューアルされました。

ヤクルトの先発は開幕投手の小川泰弘投手、東北楽天は則本昴大投手のがちエース対決!

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 【オープン戦】ミレッジ選手がオープン戦3号!小川投手は5回3失点


初回、ヤクルトはあっさり三者凡退。
その裏、小川投手が早くもつかまります。
1、2番に連打され、銀次選手の打席でランナーがそれぞれ走り、
中村捕手の3塁へ送球も大きくそれて無死2、3塁のピンチを招きます。
このあと、銀次選手がライトへ犠牲フライを運び楽天に1点先制されます。

続いて楽天に移籍したペーニャ選手がレフトへタイムリーを放ち0-2
ライアン小川くん、全体的に球か高くて、キレもないんでしょうね、簡単にはじき返されました。

写真はキャンプ6日ブルペン
e0222575_11184281.jpg


2回、ヤクルトは先頭の雄平選手が四球で歩きますが、後続が倒れます。

その裏、小川投手は藤田選手にヒットを打たれますが、この回は無失点。しかし、よくありません。

ヤクルトは3回2死後、山田哲人選手が則本選手から左中間への2塁打で出塁。
しかし、川端選手がショートゴロに倒れこの回も得点なし。

山田くんは第1打席も早いカウントから打っていきましたが、
この打席も初球空振りのあと、2球目の変化球を捉えました。
侍ジャパンの強化試合で、欧州選抜チームに刺激されたようで、積極打法が見られます。
昨年の後半から、ちょっと球を見過ぎていた感があったので、いいことだと思います。

小川投手は3回、ペーニャ選手に一発を浴び3点目を失います。
さらに、四球、ヒットでピンチを招きますが、後続を抑えます。
しかし、3回で7安打も打たれていますからね。まだ立ち直る気配がありません。

4回、小川投手はようやく三者凡退に抑えました。

5回、ヤクルトは2番手の濱矢投手から先頭のユウイチ選手がサード内野安打で出塁
1死後、中村捕手が四球で歩き、藤井選手の投手ゴロで2死2、3塁。
つづく山田選手に期待がかかりますが、フルカウントから空振り三振に倒れ得点ならず。
あらら・・・、このチャンスに今日もまた三振とは。今季はマジで三振が多すぎます。
こういうところで打ってほしいですけどね。

続投の小川投手は5回、楽天中軸を三者凡退に抑えます。やっと修正できてきたようです。

6回、ヤクルトは1死後、ミレッジ四球、雄平選手ヒットで1死1、2塁のチャンス
ここで、畠山選手はいい当たりながらセンター正面のフライ。
続く代打・田中浩康選手の打席でパスボールがありランナーが2、3塁へ。
しかし、浩康選手は力ないライトフライに倒れ、この回も得点ならず。

6回裏は注目のドラ1ルーキー竹下真吾投手が1軍戦初登板。
先頭をいきなり四球で出し、送りバントの処理に慌てて1塁へ悪送球でオールセーフ
無死1、2塁のピンチを招きます。
緊張しているのか地に足がついていませんでした。

しかし、後続を、まずはショートゴロで大引選手がバックホームアウト、
続いてレフトフライ、ライトフライに打ち取り無失点で切り抜けました。
どうなることかと思いましたが、1死後は少し落ちついたようです。
左打者にはいい球を投げていました。スピードはまだこれからでしょうね?

しかし、ヤマハ出身の投手って、石山投手といいフィールディングはあまり鍛えられていないようですね。

7回、福山投手から先頭の大引選手がライト前ヒットで出塁も、中村捕手がセカンドゴロ、
藤井選手はショートゴロ併殺打で3アウトチェンジ。

7回裏はオンドルセク投手が登板し、銀次選手にヒットを打たれますが無失点。
落差の大きいカーブがよかったです。しかし三振はあまり取れませんね。

8回、先頭の山田哲人選手が金刃投手から三遊間を抜けるヒットで出ますが、
川端選手がショートゴロ併殺打。
このあと、ミレッジ選手に3号ソロホームランが飛び出し、ようやく1点かえして1-3
ゲッツーがなければね・・・勿体ない攻撃でした。

8回裏は秋吉亮投手が登板
四球と2盗でピンチを招きますが、嶋、藤田選手を連続三振に斬って取り無失点。

楽天は9回、今季は抑えを任された松井祐樹投手が登板。
畠山、浩康選手が二者連続三振、大引選手はフルカウントから四球を選んで出塁。
ファールでよく粘りました。
これが浩康にほしいですね。せっかくチャンスはもらっているんだから。

続く中村悠平捕手がセンター前ヒットでつなぎます。
ここで代打・飯原選手登場でしたが三振に倒れゲームセット。
1-3で東北楽天に敗れました。

それにしても点がとれませんね。
チャンスはあったんですが、打線がつながらず、結局ミレッジ選手のソロホームランの1点のみでした。

侍ジャパンの期間は、山田&雄平選手の飛車角落ちで、さもありなんってところもありましたが、
二人がそろっても得点できませんでした。
山田くんは2塁打含むマルチヒットですが、好機には空振り三振、
雄平選手は1安打1四球でそれぞれ出塁はしたんですけどね。

慎吾君、畠山選手、藤井選手あたりがつないでいれば、もうちょっとどうにかなったかもしれません。

大引選手は依然好調をキープで今日も1安打。
守備だけじゃなく打撃でも安定して結果を出しています。

打撃不振だった中村悠平捕手に、最後の打席でヒットが出たのは良かったですね。

先発した小川泰弘投手は、今日は序盤はどうにも不調でなかなか修正できませんでしたが、
4、5回は立ち直りを見せました。
地方球場だったので、マウンドが合わなかったのかもしれません?
それほど心配はしていませんが、常にボールが高めに行くのは開幕までに修正してほしいですね。

ルーキーの竹下真吾投手は、まだ1イニングなので何とも。
次回はもう少し落ち着いて投げてくれることでしょう。

秋吉投手が一番安定はしているんですが、抑えはやはりオンドルセク投手なんですかね?

ミレッジ選手は打撃が急降下していましたが、今日は一発がでました。
肩は期待できませんが、やはり一発があるのでオーダーからは外せないでしょうね。

浩康、飯原選手はいいところなしで、打てなくてももっと粘るとか、なにかアピールするものがほしいです。

明日は打って勝ちたいですね!
by misty2011 | 2015-03-14 17:11 | 東京ヤクルトスワローズ