Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:藤浪晋太郎 ( 4 ) タグの人気記事

侍ジャパンvsカブス練習試合 ★4-6で敗戦、菊池先制弾も藤浪4回4四球3失点

2017第4回WBC大会で、準決勝進出を決めた侍ジャパン。
今日はアリゾナでシカゴ・カブスとの練習試合を行いました。

先発はカブスがJ・ラッキー投手、日本は藤浪晋太郎投手
スタメンは1番、2番が田中、菊池選手の広島コンビ
筒香選手はDHで、中田選手がスタメン復帰、鈴木選手が6番ライト、8番にレフト平田選手が入り、
スタメンマスクは大野捕手

せっかく早起きしたのに、山田選手がスタメンじゃなくて、がっくり。
また寝ようかと思いました。


試合経過は ニッカンスコア

先攻の日本は、2番の菊池涼介選手が、レフトスタンドへソロホームランを放り込み1点先制!
初球から迷いなく振りぬきました。さすが、フリースインガー、見事な一発でした。
2死後、筒香選手はセンター前ヒットも、中田選手はショートゴロで3アウト。

その裏、藤浪選手はカブス・川崎宗則選手にセカンド内野安打を打たれ、2盗されます。
2番打者のファーストゴロで1死3塁から、ヘイワード選手のファーストゴロの間に、
3塁から川崎選手がホームインして1-1
この後、藤浪投手は四球でランナーを出しますが、後続を抑えます。

2回、日本は先頭の鈴木誠也選手がサードのグラブを弾き飛ばす強襲ヒット
しかし、松田選手がショートゴロ併殺打で2死走者なし。
平田選手は三振で3アウト。

その裏、藤浪投手は1死後、四球でランナーを出し、続くサードゴロで2塁フォースアウトで2死1塁。
そのあと、ラッキー投手(カブスはDHとらず)を空振り三振に仕留め3アウト。

3回2死後、菊池選手が四球で出塁。
青木選手はセカンドゴロで3アウト。青木選手、セカンドゴロが多いですね・・・。

その裏、藤浪投手は先頭の川崎選手に四球を与えます。
藤浪投手はボール先行で、毎回四球を与え、球数がかさみます。
川崎選手が2盗を決め、2番ゾブリスト選手にセンターオーバーのタイムリー3塁打を浴び1-2
センター青木選手の打球の追い方も、アレでしたが・・・。
つづくヘイワード選手にライト前タイムリーヒットを打たれ1-3

このあと二者連続三振を奪いますが、ハップ選手にピッチャーへの内野安打を打たれ2死1、2塁。
続く打者にも四球を与え2死満塁。これで4個目のフォアボール。相変わらずのノーコンっぷり。
これでは、球数制限のある先発では使えないし、中継ぎでも死四球があるので使いづらいでしょうね。
つづくドミンゲス選手は空振り三振で無失点で切り抜けます。

4回、日本は三者凡退。

その裏、センターは秋山翔吾選手に交代。中田選手に代わってファーストに山田哲人選手。
山田くん、練習試合でさえ、セカンドはやらせてもらえません。
小久保監督のぞんざいな扱いに耐えるしかありませんね。
藤浪投手は、初めて三者凡退に抑えます。

写真は宮崎強化合宿より藤浪晋太郎投手
e0222575_810782.jpg


5回、日本は三者凡退。
その裏、日本は増井浩俊投手に交代。
先頭ヘイワード選手にヒット、1死後、モンテロ選手にレフトへ2塁打を打たれ1死2、3塁
つづくハップ選手にレフトへ犠牲フライを運ばれ1-4となり、2死3塁。
カンデラリオ選手にはライトへタイムリーヒットを打たれ1-5。
この回2点追加されました。

6回、カブスはデービス投手に交代
日本は、田中、菊池、秋山選手が三者凡退で3アウト。

その裏、日本は松井裕樹投手が登板
いきなり先頭のデービス選手にライトスタンドへホームランを打たれ1-6
無名の選手で名前がわからなかったのか、1球速報がしばらく止まったままでした。
後続は抑え3アウト。

7回、カブスはストロップ投手
先頭の筒香選手はセンター前ヒット
暴投で2塁へ進塁しますが、守備から途中出場の山田選手は、チェンジアップに空振り三振で1死2塁。
鈴木選手はショートフライ、松田選手はセカンドゴロで3アウト。

その裏、日本は宮西尚生投手-小林誠司捕手のバッテリー
1死後、デイビス選手にレフト前ヒットを打たれますが、後続を抑えます。

8回、カブスは無名のビーラ―投手
平田選手はライト前ヒットで出塁
小林捕手もセンター前ヒットで続き無死1、2塁。打撃好調です。
田中選手もセンター前ヒットで3連打で無死満塁。
菊池選手のセカンドゴロで3塁ランナーが生還して2-6
1死2、3塁から、秋山選手のファーストゴロで3-6
2死3塁で、筒香選手に代わり坂本勇人選手が渋くライトへタイムリーヒットを放ち4-6
坂本選手は、こういうバッティングができるようになったので、安定した打率を残せます。
山田選手はピッチャーゴロで3アウト。坂本選手の域には及ばず、今日は2打数ノーヒット。

その裏、日本は則本昴大投手が登板。三者連続三振に斬ってとります。ナイスピッチング!

9回、カブスはフローロ投手
2点を追う日本は、先頭の鈴木誠也選手がサードの好守に阻まれ1アウト
松田選手は空振り三振、平田選手はファーストゴロでゲームセット。

侍ジャパンは、昨年のワールドチャンピオンのカブスに4-6で敗れました。

練習試合なので勝敗は関係ないものの、日本としては収穫があまりなかったですね。
見どころは、初回の菊池選手のホームランくらいでしょうか。
8回、二線級の投手からはヒットが打てました。
途中出場の小林捕手が、今日もヒット。最後までラッキーボーイでいてください。
マルチの筒香選手はさすが!坂本選手のタイムリーヒットもよかったです。

ピッチャーは、最後に投げた則本投手が三者連続三振と圧巻のピッチング。
先発の藤浪投手は、あの自滅型の制球では、国際試合では怖くて使えません。
権藤コーチから干されるのもわかります。
その前に、代表に選ぶのが間違いでしょ。
増井投手も簡単に打たれました。松井選手も一発を浴びました。
あちらの選手は低めの球に強いので、なかなか日本のようには行きません。

明日は、ドジャースとの練習試合。
出来れば勝って、気持ちよく準決勝戦に向かってほしいです。

by misty2011 | 2017-03-19 08:16 | WBC・侍ジャパン

ノーコン速球派はこれだから怖い!谷内くん死球で左尺骨骨折★4-8

3連勝の東京ヤクルトスワローズは、今日から甲子園・倉敷で阪神タイガースとの3連戦。

阪神の先発は藤浪晋太郎投手、ヤクルトは成瀬善久投手
若松さんによると、難敵・藤浪投手に対しては、左バッターが攻略のポイントだそうです。
スタメンは7番ショートは好調の谷内選手で、6番ファーストに今浪選手が入りました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 終盤に手痛い4失点…シーソーゲーム落とし連勝ならず

今日は両チーム序盤から点の取り合いとなりました。
先制したのは阪神
1回裏、成瀬投手はヒットと四球で満塁から、西岡選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ
2点先制を許します。
大和選手の選手のヒットは山田くんが捕れず、ゴメス選手のヒットはレフト前のポテンヒットで
アンラッキーな面もありました。

直後の2回、ヤクルトはバレンティン、雄平選手連打後、今浪選手のタイムリーヒットで1-2
坂口選手は満塁から押し出しの四球をもらい2-2の同点に!
藤浪投手、いつも以上にコントロールがバラバラ。

ヤクルトは3回、先頭の山田くんが四球を選び、2盗塁に成功!
藤浪投手のワイルドピッチで3塁へ進むと、雄平選手の内野安打で3-2と勝ち越します。

しかし、この後、とんでもないアクシデントが。
打撃好調の谷内亮太選手が藤浪投手から左手首付近にデッドボールを受けます。
鈍い音がして、かなり痛がっていましたが、治療後、出てきてプレー続行。
しかし、この後、4回裏の守備から西浦選手に交代しました。
その後の情報がまだありませんが、どうか軽症であってほしいです。


その裏、成瀬投手は大和選手に2塁打を打たれ、
江越選手のセンターフライで3塁へタッチアップして進まれます。
このあと、ゴメス選手の犠牲フライで3-3の同点に。

4回、ヤクルトは先頭の成瀬投手が四球で出塁し、2死後、山田選手がセンター前ヒット。
バレンティン選手のライトへのタイムリーヒットで4-3と勝ち越します。
しかし、ヤクルトの得点はここまででした。

その裏、成瀬投手はヒット、暴投、内野安打で無死満塁のピンチを招き、
梅野捕手の併殺打の間に1点失い4-4の同点に。
どちらも締まらず、点の取り合いとなりました。

阪神は6回から継投に入り、榎田、安藤、高橋投手の前に0点に抑えられます。

一方、ヤクルトは村中恭兵投手が5回から2イニング、ルーキ投手が7回を無失点に抑えます。

しかし8回、4番手のペレス投手が誤算で、ヒット、四球、暴投などでピンチを招くと、
鳥谷選手にタイムリーヒットを浴び4-5と勝ち越しを許します。
さらに満塁から代打の狩野選手、福留選手にタイムリーヒットを打たれ4-7
暴投後、髙山選手の内野安でで4-8と一挙4失点。
ここで、風張蓮投手に交代し、後続を抑えます。

9回、ヤクルトはドリス投手の前に、3番からの攻撃も、あっさり三者凡退でゲームセット。

途中まではシーソーゲームでしたが、8回で勝負あり。

せっかく藤浪投手から4点奪いましたが、今日のヤクルトは、成瀬投手がぴっりっとせず、
また、2回に1塁の今浪選手に失策がつきましたが、
それ以外に内外野のエラーのつかないミスが続出しました。
さらに、ワイルドピッチ4個。中村捕手が簡単に後ろに逸らしました。
もう少し体で止めてほしかったですね。

とにかく守りのミスが目立った試合で、一方、藤浪投手は今日はけが人を出すほどの制球難。
どっちもどっちのグダグダの後味の悪い試合となりました。

負けたことよりも、とにかく谷内くんが心配で、大事に至ってないことを祈るだけです。

私はセでは、DeNAの山口投手と阪神の藤浪投手と対戦するのが、いちばんイヤですね。
打てないのもありますが、ストレートが高めに抜けることが多いので、死球が怖すぎます。
もちろん故意ではありませんが、プロならやっぱりぶつけてほしくないです。
それがあるので、特に右バッターは外の球に踏み込みにくくなりますからね。

今日、よかったことを無理やり探すとしたら、風張投手が148キロを出し、
相変わらずコントロールは悪いながらも、ストレートには光るものがありました。
村中投手も2イニング無失点に抑えました。

また、LINE流出事件で、へこんでないかと心配だった山田くんは、1安打と久しぶりの1盗塁で、
3回に、一時は勝ち越しとなる3点目のホームを踏みました。
ただ、守備では相変わらず後方へのフライが捕れず、
初回も打球は速かったものの、正面だったので捕ってほしかったですね。

バレンティン、雄平選手はさすが勝負強いところを見せました。


ここで、山田くんを少し擁護したいと思います。
あのLINE発言で怒っているヤクルトファンもいますが、
私はあの「そのがっつき具合に嫌気が差してくるんや」発言は、
山田くんの正直な気持ちだろうなあって思います。
「応援してくれるのは嬉しい」ともきちんとフォローしています。
そう目くじら立てることでもないでしょ。

若い山田くんと女友達とのごく普通のやり取りだったと、ばあさんは受け取りました。
むしろ、この程度のやり取りで、よかったとホッとしています。
まあ、脇が甘いと言われればそれまでですが、まさか流出するとは思ってなかったでしょうね。
人気稼業で、こういうのが流出するのが一番怖いですね。
誰がやったんでしょう。ソイツが悪い、大喝!です。

今年のキャンプ前日の浦添交流会でも、サインを求める大勢のファンが山田くんを取り囲んで、
凄いことになっていました。途中で、山田くん会場から抜け出しましたからね。
その人だかりを見て、私はサインをもらうことはハナからあきらめましたが。
あの、ファンサービスのいい慎吾くんまで、途中で退席したくらいですからね。

今年は参加人数がメチャクチャ増えて、そうなることは予想できたので、
広報がもっとしっかり並ばせるなり、規制するなどしてほしかったなあと、その時は思いました。

クラブハウスの前とか、移動中とかも、そんな感じでファンが群がっているんでしょう。
私は一切、その場所にはいかないので、状況はわかりませんが。
ファンあってのプロ野球選手だと言いますが、ファンなら選手の身になってあげることも大切です。

気にしいの山田くんですが、あまり気にしないで元気にプレーしてほしいと願っています。
今は調子があまりよくないので、なおさら選手を追いつめるようなことはしないでほしいです。

原樹理投手の試合中のTwitterは、球団から注意があってしかるべきでしょうね。


谷内くんのその後の情報が入りました。
スポニチ ヤクルト・谷内 死球で左尺骨骨折「仕方ない」5割打者が無念離脱

谷内亮太選手は、死球で左尺骨骨折だそうです。
大ショックですね・・・。一日も早い回復をお祈りします!
しかし、5割も打ってる絶好調の谷内くんに罪なことをしてくれましたよ。
ブレイク寸前だったというのに、ホントに可哀想・・・。

e0222575_1183343.jpg


by misty2011 | 2016-04-19 22:57 | 東京ヤクルトスワローズ

藤浪投手に3安打完封負け★0-9、守備の差も感じた試合

読売ジャイアンツに3連勝した東京ヤクルトスワローズは、今日から甲子園に移動して
首位・阪神タイガースとの3連戦。
最低でも勝ち越したいですが、相手先発投手がいいだけに厳しい戦いが予想されました。

先発は阪神が藤浪晋太郎投手、ヤクルトはオーランド・ロマン投手
スタメンには三輪ちゃんが1番センター、今浪選手が6番ショートに入り、ミレッジ選手は7番に下がりました。

それから、ヤクルトは昨夜プロ初登板した寺田投手が抹消となり、古野正人投手が上がってきました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 今浪選手がマルチ安打と奮闘も、首位攻防戦の初戦飾れず…

ヤクルト打線は、藤浪投手の快投の前に、わずか3安打。
チャンスらしいチャンスもなく、藤浪投手に完封負けを喫しました。
ほとんど書くことがありません。

先発のロマン投手は2回、先頭のゴメス選手のサードゴロを川端選手が弾くエラーから
マートン、今成選手に連打され、無死満塁から伊藤隼太選手にライトへ犠牲フライを運ばれ1点先制されます。

昨夜のヒーロー慎吾くんが守備で足を引っ張りました。
また、犠牲フライの場面では、雄平選手が捕球してサードに送球もセーフとなりましたが、
3塁走者がゴメス選手を考えたら、サードに投げるくらいならバックホームしてほしかったですね。

ヤクルトは4回1死後、川端選手がチーム初ヒットで出塁も、山田くんのサード線への強い打球を
今成亮太選手に好捕され、5-4-3のダブルプレーで一瞬にして3アウトチェンジ。

今成選手は、昨シーズン捕手からサードに転向したばかりですが、動きが機敏です。
何より、打球を怖がりません。他のサードゴロの処理でも足が前に出て捕っています。
サードが慎吾くんなら、ほぼ間違いなく打球が3塁線を抜けて1死2、3塁になったでしょうね。
大きな違いです。守備の差を感じたシーンでした。
山田くん、ツキにも見放されました。

ロマン投手は5回、2四球からピンチを招き、鳥谷、ゴメス選手にタイムリーヒットを浴び0-4
藤浪投手の出来からすると、絶望的な点差となりました。

7回には今日上がってきた古野投手が1点失い0-5

さらに、8回には松岡投手が上本、俊介、坂選手にタイムリーヒットを打たれ0-9と一方的な展開に。

ヤクルトは今日スタメンの今浪選手が、5回は内野安打、8回はレフト前ヒットで2安打と
気を吐きましたが、あとがさっぱり続きませんでした。

藤浪投手が余裕しゃくしゃくのピッチングで9回まで投げ抜き、
最後は山田くんがショートゴロに倒れゲームセット。

藤浪投手は最後まで球速が落ちず、今日はコントロールもよかったので、ヤクルト打線は付け入る隙がありませんでした。
手も足も出ず完敗で、とても首位攻防戦とは思えないほどあっさり負けました。

山田選手はこれで3試合ノーヒット。
25日の最終打席から13打席、四球もなく13打数連続ノーヒットとなり、
いくら相手投手が良かったとしても、これはちょっと冷え過ぎです。

今日も、狙っている藤浪投手のストレートに振り遅れが目立ってファールにするのが精いっぱい。
ファールで追い込まれると、外のボール気味のスライダーやカットボールで空振り三振が2個。
9回は遊ばれた感じで、全球150キロ超のストレート攻めをされ、ぼてぼてのショートゴロでした。
粘ることもできないので、相手にとっては簡単に打ちとることができました。

打撃が影響してか?守備でもアウトに取りましたが、ボロボロやっていました。

いやいや、これは心配通り越して、私は不安になってきましたよ。
塁に出なければ盗塁だってできません。あと4個から、全く増えていませんからね。
打率も、今日1安打して.338の川端選手とは大きく離され.327まで急降下。
出塁率トップも筒香選手に抜かれました。

この状態で、あまり多くは望みませんが、やっぱりここまで来たらトリプルスリーだけは
是非達成してほしいと願います。
明日もノーヒットだと、まじでヤバいですね。打率の心配までしなきゃいけません。

山田くんが打てばチームに勢いがつくのに、その山田くんが不調では、やっぱり苦しいですね。
とにかく早めにヒットが1本出ることを祈ります。

今日負けたロマン投手は、中継ぎで酷使後のチーム事情による先発転向で、
それも手術明け、投手陣最高齢では責められません。
文句も言わず、リリーフ、先発とご苦労様です。

中継ぎでは、2番手の中澤投手が2安打されましたが、何とか0点に抑えました。
しかし、上がってきた古野投手は、制球、ボールの力とも下がる前と同じで、
今日は敗戦処理もままならない状態でした。
松岡投手が打たれたのも誤算ですね。

とにかく先発に頑張ってもらうしかありません。
明日の石山投手の好投を期待したいです。
打線は慎吾くん以外、当たっていませんからね。
今浪選手もまずまず。明日は大引選手とどちらがスタメンでしょう?

9回3安打完封で11勝目をあげた藤浪晋太郎投手 写真はオールスター1戦目より
e0222575_1123066.jpg

by misty2011 | 2015-08-28 22:09 | 東京ヤクルトスワローズ

オールスター2015第1戦MVPほか表彰式・選手集合写真

7月17日東京ドームで行われたマツダオールスターゲーム2015の第1戦、
MVPの表彰式や選手集合写真などの写真です。

第1戦のホームランダービー、試合編などは「オールスター」のタグでご覧ください。

第1戦は8-6で全セが勝ちました。
試合後の勝利監督インタビュー 原辰徳監督
e0222575_2021321.jpg


MVPに選ばれた藤浪晋太郎投手 3イニングを投げパーフェクトピッチング
e0222575_20223410.jpg


e0222575_20224456.jpg


第1戦MVPの表彰 
藤浪晋太郎投手に熊崎コミッショナーからトロフィーと賞金300万円の目録ボードが贈呈されました。
e0222575_2023474.jpg


e0222575_20231373.jpg


敢闘選手賞の阿部慎之助選手、ロペス選手、清田育宏投手の表彰
e0222575_20232376.jpg


e0222575_20233827.jpg


e0222575_20235026.jpg


e0222575_20235879.jpg


e0222575_20241756.jpg


選手が集合記念写真の撮影のため集まってきました。
e0222575_20243018.jpg


広角レンズを持って来てなかったので、全体が入りきれませんでした。
クリックで拡大します。
e0222575_20245218.jpg


右側のセ・リーグの選手たち
クリックで拡大します。
e0222575_202507.jpg


左側のパ・リーグの選手たち
クリックで拡大します。
e0222575_20251766.jpg


解散 雄平選手が中日の平田、大野選手とドアラを撮ってあげています。
e0222575_20252447.jpg


引きあげてくる山田選手
e0222575_2025349.jpg


川端選手と雄平選手
e0222575_20254373.jpg



12球団のマスコット集合記念写真 下の段がカメラマンで遮られて見えませんでした。
ヤクルト出場選手はあまり目立ちませんでしたが、
つば九郎は、マスコットの中でも人気者で目立っていました。
e0222575_2025506.jpg


来シーズンはヤクルトスワローズの選手の中からMVPや敢闘賞など選ばれるといいですね。
選手の皆さん、マスコットの皆さん、お疲れ様でした。
by misty2011 | 2015-07-19 21:24 | 東京ヤクルトスワローズ