Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:藤田一也 ( 4 ) タグの人気記事

「すぽると!」侍ジャパン仁志コーチから山田くんへのアドバイス

昨夜放送されたフジテレビ「すぽると!」より、
侍ジャパン日本代表入りをした東京ヤクルトスワローズの山田哲人選手に関する部分をかいつまんで紹介します。

小久保裕紀監督率いる侍ジャパンとMLBオールスターチームとの日米野球開催を前に
「野手編」で、未来を担う二人の若き侍として、山田哲人選手と、柳田悠岐選手を取りあげていました。

小久保監督は、「今年の成績だけで(山田選手を)選んだ、見てみたいと」
山田くんは「(代表入りは)素直に嬉しい、実感がわいてきた」

今シーズンの大躍進について、山田選手は
「想像してなかった。内も外も自分の思うように打てた」と、話していました。

しかし、小久保監督からは世界と戦うために求められるのは高い守備力

山田選手の課題は守備
スローイングが安定しない。球際が弱いこと、ピボット(併殺プレー)もまだまだで、エラーが多いと自己分析

侍ジャパン仁志敏久内野守備走塁コーチとの対談で、仁志さんは山田くんのグラブを見ただけで、その弱点を見ぬきます。
グローブにはその選手の普段の送球の癖が現れる。
山田くんの場合は、守備の際の重心が高いことを指摘します。
山田くんも重心が高いと自覚していました。

仁志コーチは、 重心が高いと→大股になる→送球が不安定になると。
山田くんは、
「2ステップなら投げられるが、そのまま投げられない。下半身が先について上体があとからついてくる」と。

仁志さんも、ステップの幅と上体の動きが合っていない。大股のステップを直すことで重心が低くなると指摘。
意識の中であと3cmでも5cmでも重心を下げる意識を持つと良い。
重心が低くなれば送球も安定するとアドバイス。

さらに、仁志さんからもう一つグラブのアドバイス!
↓↓は山田哲人選手の使っているグラブ 写真は2014年10月27日秋季練習で撮ったものです。
シーズン中とはカラーが違っていて、おニューでしょうか?それとも練習用のグラブ?
番組中も、このグラブでした。
【追記】後日、侍ジャパンの試合を見た際には、次の写真キャメルブラウンのグラブでした。
やっぱり、こちらは練習用のグラブっぽいかな?
山田哲人選手のDonaiya(ドナイヤ)のグラブ (なお、オールスター2014ではアディダスのグラブ使用)
e0222575_11402384.jpg


追記
2016シーズン、山田哲人選手は、社員1人のメーカー「Donaiya(ドナイヤ)」(東大阪市)とアドバイザリー契約。
ドナイヤグラブの契約第1号選手となりました。 
当ブログの記事 山田哲人選手「ドナイヤ(Donaiya)」とアドバイザリー契約/これまでのグラブ変遷 をご覧ください。

山田哲人選手2016年のドナイヤグラブは こちらの画像



参考までに、2014シーズン中使っていたのは、↓↓こちらの色のDonaiya(ドナイヤ)のグローブ 写真1枚追加
メーカーがわからなくて、画像検索をしたら、
私の撮った写真がヤフーの知恵袋に載っていて、回答者の説明で知りました(笑)。
出来るだけロゴマークがわかる写真を選びました。
e0222575_15175286.jpg



仁志さんは
「グローブ内側の指を入れる箇所に、指を収める輪っかのようなリングを付けると良い。
そうすると送球が安定する」

ポジショニングの良さ、グラブさばきの巧みさで、守備の名人だった仁志敏久さんは
現役時代、薬指にリングをつけたグローブを使用したそうです。

また、2年連続ゴールデングラブ賞を受賞した守備の名手・楽天イーグスルの藤田一也選手
リングを付けたグラブを使用しています。

テレビの画像は使用できないので、Google画像検索でご確認ください。こちら

で、検索したたら、私が撮った写真も検索結果に載っていて(笑)、保存ディスクの中から引っ張り出してきました。

まだ移籍前の横浜DeNAベイスターズ時代のグラブの写真ですが。
グラブの部分をトリミング  2012年2月2日 横浜ベイスターズ宜野湾キャンプより
左は石川雄洋選手のグラブ 右が藤田一也選手のグラブ 違いが分かるように二人のグラブを載せます。
藤田選手は手袋をしたままですが、薬指がリングで固定されています。
楽天に移籍後も、同じ仕様のグラブです。
e0222575_1059674.jpg


仁志さんは、リングを付けることで捕球時に重要な働きをする薬指を固定できると話していました。

仁志コーチからの、これはナイスアドバイスですね。早速、山田くんも特注してみてはどうでしょう?
今までも、宮本選手や城石コーチ他から、守備に関してはいろいろアドバイスをしてもらったと思いますが、
グラブに関する助言は初めてではないでしょうか!?
結果はどうあれ、いちど試してみるといいですね。

セカンドの守備では、菊池涼介選手がびっくりするような好守備を魅せますが、あれはマネしてもできるものではありません。
お手本にするなら、私は藤田一也選手だと思いますね。
ポジショニングも、捕ってからの素早いスローイングも抜群です。山田くんも是非、見習ってほしいと思います。


これ以外にも代表チームでは、同じセカンドの名手・仁志コーチから、いろいろな技術的なアドバイスがもらえると
大変ありがたいですね。

指導者と選手って、やっぱり合う合わないってあるので、(いい例が杉村打撃コーチと山田くん)
仁志さんの指導が山田くんに合っているといいですね。
二人の対談を見ていて、何だか期待が持てそうと思いました。
これで、もし山田君の守備力が上がれば万々歳です。
仁志さん、どうかご指導のほどよろしくお願い致します。

山田くんは、入団会見でも「日の丸を背負える有名な選手になりたい」と語っていますが、夢が現実のものとなりつつある今、
「走攻守すべての面で活躍できるところを見せたい。自分はまだあまり知られてないので
テレビの中継などで、もっと有名になり知名度を上げたい。みんなに覚えてもらえるようなプレーを見せたい」と熱く語っていました。

以上、簡単ですが、走り書きのメモを参考に、山田選手出演部分の紹介をしました。
by misty2011 | 2014-11-09 12:25 | 東京ヤクルトスワローズ

2013年ベストナイン ヤクルトからはバレンティン選手が2年連続受賞

本日、2013年度ベストナイン 受賞選手が発表され、東京ヤクルトスワローズからは、
ウラディミール・バレンティン選手がただ一人選ばれました。
2年連続2度目のベストナインおめでとうございます。

シーズン本塁打プロ野球記録の55本を49年ぶりに塗り替え、
大台の60号ホームランまで新記録を伸ばしたバレンティン選手の受賞は当然ですね。
3冠こそなりませんでしたが、打率も打点も堂々の2位。最高のシーズンとなりました。

e0222575_94567.jpg

写真は9月15日神宮 本塁打新記録樹立の56号、57号ホームランを打ったバレンティン選手

11月26日のプロ野球コンベンションには、ココ様、再来日して出席するようですが、
この席で発表されるセ・リーグMVPも是非ゲットしてほしいと願っています。
優勝した巨人には、特にこれといった該当選手がいないので、
バレンティン選手が選ばれる可能性は十分あるように思います。


ベストナインの記者投票の結果は NPB公式サイト 2013年度 表彰選手 投票結果(ベストナイン)

最多勝と最高勝率の2冠を獲得した小川泰弘投手は、前田健太投手につぐ2位の得票数で
惜しくもベストナインには選ばれませんでした。
まあ、前田健太投手とは今までの実績が違いますから仕方ありません。
来シーズンからは、是非ベストナインに選ばれるよう目標にして、今季以上の活躍を期待しています。


一方、パ・リーグでは開幕24連勝の東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大投手が満票で
投手部門ベストナインに2年ぶり2度目の受賞となりました。こちらも当然ですね。おめでとうございます。

受賞の中で個人的に一番嬉しかったことは、ゴールデングラブ賞に続いて、
セカンドで東北楽天の藤田一也選手がべストナインに初選出されたことです。

パ・リーグのMVPは田中マー君で決まりだと思いますが、陰のMVPは藤田一也選手でしょうね。
そのくらい今シーズンの活躍は光りました。
打撃もそうですが、特に守備で何度もチームのピンチを防ぎました。

不遇の横浜時代には、私は使ってもらえない藤田選手が不憫でならなかったんですが、
昨年途中、楽天に交換トレードされて、やっとその実力が発揮され評価されるに至りました。
本当に藤田選手にとっては最高の1年となりましたね。心よりおめでとうございます。
e0222575_18481999.jpg

今季の写真がなくてようやく見つけた1枚 (3月21日東京ドームオープン戦より 左は西田哲朗選手)

千葉ロッテマリーズからは、鈴木大地選手がショートで松井稼頭央選手を僅差で破り 初受賞しました。
シーズン早々のショートへのコンバートが見事に成功しましたね。おめでとうございます。

最下位に沈んだヤクルトスワローズはバレンティン選手一人と寂しい結果でしたが、
来シーズンはひとりでも多くの選手がベストナインに選ばれるよう頑張ってほしいと思います。

【追記】
バレンティン選手がCMに起用されました。
キリンビールの「澄みきり」  動画は キリンビールの こちら
by misty2011 | 2013-11-21 19:29 | 東京ヤクルトスワローズ

2013年三井ゴールデングラブ賞、マー君・マエケンら受賞

本日、2013年の三井ゴールデン・グラブ賞の受賞選手が発表されました。

詳細は 第42回三井ゴールデン・グラブ賞

投票結果は NPB公式サイト 2013年度 三井ゴールデン・グラブ賞 投票結果

サンスポ 2013年ゴールデングラブ賞

受賞された選手の皆さん、おめでとうございます。
残念ながら、ヤクルトスワローズからは選出されませんでした。
昨年は、宮本、畠山、田中浩康選手が受賞しましたが、今シーズンは内外野とも失策が多く、
選ばれなかったのは当然の結果でしょうね。
来季は、ゴールデングラブ賞を目指して頑張ってほしいと思います。


では、自前の今シーズンの写真がある各受賞者を並べておきます。

まずセ・リーグ
投手部門は広島東洋カープの前田健太投手 2年連続3度目
もうゴールデン・グラブ賞は常連となりました。
e0222575_15302691.jpg

捕手は、読売ジャイアンツの阿部慎之助捕手 5年ぶり3度目の受賞
e0222575_1539910.jpg

1塁は同じく巨人からロペス選手が初受賞
e0222575_15514924.jpg

2塁手は広島カープの菊池涼介選手 初受賞 
開幕当初はエラーが多かったですが、後半は安定した守備で、
特に身体能力を生かしたびっくりするようなファインプレーに唸りました。
今後、しばらくセカンドのG・Gは、菊池選手の独壇場になりそうですね。
e0222575_15304074.jpg
 

3塁は巨人の村田修一 初受賞なんですね。それに驚きました。もう何回か受賞していると思っていましたから。
日本シリーズでも非常に守備がよかったですね。
e0222575_15401388.jpg

ショートは阪神タイガースの鳥谷敬選手 2年ぶり2度目の受賞 
e0222575_17393620.jpg


外野手 巨人の長野久義選手は3年連続3回目の受賞
う~ん、私はかつて新庄剛志選手の守備のファンだったので、ちょっと物足りないですけどね・・・。
ライトゴロで1塁を刺したのはさすがと思いましたが。
e0222575_15521618.jpg

広島カープの丸佳浩選手 初受賞おめでとうございます。
e0222575_15312045.jpg

横浜DeNAベイスターズからは荒波翔選手が2年連続2度目の受賞  
e0222575_14101370.jpg



ここからはパ・リーグ
投手は東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大投手が3年連続3度目の受賞 
ピッチングもフィールディングも最高のシーズンでした。
e0222575_15533643.jpg


2塁手で初受賞 藤田一也選手 
今シーズンの写真は撮っていませんが、どうしても載せたかったので昨年の横浜DeNA宜野湾キャンプより

当時もブログで書いたんですが、以前から藤田選手推しの私からすると、
どうして横浜DeNAベイスターズは、これだけ守備のいい藤田選手を干していたのか今でも理解できません。
横浜時代の打撃もそれほど悪いとは思えませんでしたけどね。ヤクルト戦ではよく打っていました。
横高閥とか、いろいろ大人の事情があったんでしょうか?

昨年途中での交換トレードは、本人にとっても東北楽天にとっても本当にいい移籍となりました。
藤田選手は、幾度となく好守備でマー君の開幕24連勝を守備で支えた一面がありました。
ポジショニングの良さ、一歩目のスタートがいいこと、捕ってからの送球が素早いこと、
現時点では12球団一のセカンドでしょうね。
初受賞おめでとうございます。今回の受賞者の中では、私は一番嬉しかったことです。
e0222575_15542361.jpg


嶋捕手、1塁の浅村選手、遊撃手の今宮選手は今シーズンの写真がないので省略

3塁手はソフトバンクホークスの松田宣浩選手が2年ぶり2度目の受賞 
e0222575_1685198.jpg

外野手は、北海道日本ハムファイターズの陽岱鋼選手が2年連続2度目
e0222575_1850404.jpg

オリックス・バファローズの糸井嘉男選手が5年連続5度目の受賞 どのくらい受賞回数を伸ばすでしょう?
e0222575_169255.jpg

西武ライオンズの秋山翔吾選手も今季の自前の写真がないので省略

ゴールデングラブ賞に選ばれた選手を毎年見ていると、
本当の意味での守備の名手が少なくなってきたなあと残念に思います。

投票する記者さんたちが、何となくイメージや名前で選んでいるケースも少なくないでしょうね?
プロ野球界全体でも守備のレベルが下がってきたように私は感じます。
もう少し、守備で魅せる選手が出てきてもらいたいなあと私は願っています。
by misty2011 | 2013-11-07 17:22 | パ・リーグ

横浜DeNA 石川・藤田・渡辺・梶谷選手@宜野湾キャンプ

今回は横浜DeNAベイスターズの内野手4人の守備練習の様子です。

2月2日 ショートではなくセカンドで守備練習をしていた石川雄洋選手 
e0222575_1034284.jpg

同じくセカンドで守備練習をしていた渡辺直人選手
e0222575_957680.jpg

e0222575_10394217.jpg

e0222575_9581615.jpg

風雨とも次第に収まってきましたが、まだ冷たい雨が降っている中での練習でした。
e0222575_9584156.jpg

e0222575_1003833.jpg

e0222575_10423281.jpg


ショートは藤田一也選手 
写真は撮ってないんですが、たぶん梶谷選手もショートの守備についていたと思われます?
e0222575_957278.jpg

藤田選手の守備は堅実で安定感があると私は思いますが、今までは何故か冷遇されていたように感じます。
今年はもっと出番が増えるといいですね。
e0222575_9585639.jpg

e0222575_10524059.jpg

ファースト、セカンド、ショート、サードとポジション争いが熾烈になりそうです。
e0222575_9594521.jpg

渡辺直人選手はいったいどこを守るんでしょう?
e0222575_1001676.jpg

練習の途中で白井一幸コーチから細かい指示がでていました。
今年ブレイクしそうな梶谷隆幸選手(私はこの時点では全く知らない選手だったので1枚しか撮っていませんでした。)
e0222575_10431657.jpg

e0222575_10433447.jpg
e0222575_10441254.jpg
e0222575_10442451.jpg
e0222575_10443658.jpg
e0222575_10444614.jpg

内野陣の守備が今までより安定すれば、無駄な失点が防げると思います。
今シーズンは締まった試合が多く見られそうです。
by misty2011 | 2012-03-28 11:25 | プロ野球キャンプ(ヤクルト以外)