Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:西田明央 ( 27 ) タグの人気記事

3/25オープン戦vs日本ハム★4-6、ルーキ打たれ逆転負け!西田1号ソロHR

オープン戦は今日を入れて残り2試合。
東京ヤクルトスワローズは、今日と明日、札幌ドームで北海道日本ハムファイターズとの2連戦。

先発は日本ハムがメンドーサ投手、ヤクルトは小川泰弘投手
スタメン2番センターには、打率.625と好調の榎本葵選手が入りました。
今日はDH制をとり、6番にグリーン選手
中村悠平捕手は体調不良で、今日は西田明央捕手がスタメンマスク

試合経過は ニッカンスコア

初回、ヤクルトは三者凡退。内野ゴロ3つに倒れました。

その裏、小川投手は先頭の西川選手にライト前ヒットを打たれ、
1死1塁から大谷には四球を与え1死1、2塁。
初回からボール先攻で、相変わらずテンポが悪い小川投手。
レアード選手はキャッチャーゴロに打ち取り2死2、3塁。
田中賢介選手はファーストゴロで、無失点で切り抜けます。

ストレートは146、147キロとスピードガン表示は出てますが、
札幌ドームは、大谷投手用に、明らかにガンを盛っているような気がします??

2回、ヤクルトは雄平、畠山選手が連続三振、グリーン選手はショートゴロであっさり3アウト。

その裏、2死後、小川投手は市川友也捕手にセンターへのヒット、
中島選手には中島シフトをとりながらもレフト前ポテンヒットを打たれ2死1、2塁
西川選手はレフト前にタイムリーヒットで、1点先制されます。

なおも2死1、2塁のピンチで、近藤健介選手に四球を与え2死満塁。
ここで大谷選手とは…。満塁弾を浴びそうとヒヤヒヤしましたが、セカンドゴロで3アウト。
ほっ、大谷くんを打ちとりました!

3回2死後、ラストバッターの荒木選手がライト前にチーム初ヒットで出塁も後続が倒れます。
メンドーサ投手のツーシームを各打者が打ちあぐねています。

その裏、小川投手は8球で初めて三者凡退に抑えます。やれば出来るじゃないの。
びくびくしないでストライクを投げることです。

4回1死後、坂口選手が四球で出塁。
雄平選手も四球で、この後、2塁けん制悪送球で1死1、3塁
あら、この回、メンドーサ投手と小川投手が入れ替わりましたか。

畠山選手はレフトフェンス直撃のタイムリー2塁打で2-1と勝ち越すと、
続くグリーン選手もレフトフェンス直撃のタイムリーヒットで3-1
大引選手もセンター前ヒットで1死、1、3塁
しかし、西田、荒木選手が倒れます。

その裏、極端な左寄りの中島シフト成功で3アウトチェンジ。
外野はもっと前でも良さそうです。
パ・リーグは今日のヤクルトの守備体型が参考になるでしょうね。

5回、ヤクルトは先頭の西浦選手が四球で出塁
榎本選手は送りバントで1死2塁
坂口選手はライトへの鋭い打球でしたが、森山選手に好捕され2死2塁。
雄平選手はレフト前ヒットで2死1、3塁も、
畠山選手は見逃し三振で3アウトチェンジ。

その裏2死後、大谷選手にライト線への2塁打を打たれます。
大谷くん、痛めた足で全力疾走するわけにはいきませんが?、ゆっくり走っても悠々セーフ。
レアード選手にセンターへのタイムリーヒットを浴び3-2
球が高かったですね。
田中賢介選手は見逃し三振で3アウト。

6回から、日本ハムは石川直也投手が登板。私は知らないピッチャーです。
1死後、西田明央捕手が初球を捉え、レフトスタンドへオープン戦1号ソロ弾を放り込み4-2

写真は沖縄浦添キャンプより西田明央捕手
e0222575_1114873.jpg


その裏、ヤクルトはギルメット投手が登板
先頭の横尾選手にピッチャー強襲内野安打を打たれます。
右足首甲付近に当たっていました。
そのまま続投し、2死後、中島選手に粘られて四球を与え2死1、2塁
しかし、西川選手をセンターフライに打ち取り0点に抑えます。

ところで、今さらですが、中島選手も侍辞退しましたが、理由は何だったんでしょう?
大谷選手もですが、どうも日本ハムは、選手というより、球団ぐるみで侍には非協力的でしたね。

7回、先頭の榎本選手が石川直也投手からセンタ―前ヒットで出塁して2盗成功!
打って走って猛アピール!
坂口、雄平選手連続三振で2死2塁となり、畠山選手はショートゴロで追加点ならず。

その裏、ヤクルトは星知弥投手が登板
先頭の近藤選手を四球で出します。
札幌ドームのガンが甘いと上で書きましたが、星投手はスピードがイマイチという感じ・・・。
大谷選手はセカンドゴロ併殺打で2死ランナーなし。これは助かりました。
レアード選手の打席では151キロを出し、最後はショートフライに打ち取り3アウト。
ただ、登板のたびに四球を出すのが反省点と、左打者に対して投げにくそうです。

8回、日本ハムは武田久投手が登板。久しぶりに見るような気がします。
1死後、大引選手がライト前ポテンヒット。
西田捕手はライト前ヒットで1死1、3塁。うまく右に打ちました。
西田くん、中村捕手が欠場中に、打でいいアピールができています。
荒木選手はサードゴロで、3塁ランナーが三本間で挟殺され2死1、2塁
西浦選手はレフトフライで得点ならず、チャンスを潰しました。

その裏、ヤクルトはルーキ投手が登板
先頭の田中賢介選手に右中間への2塁打を打たれ、
1死後、ルーキーの森山選手にレフトへタイムリーヒットを浴び、4-3と1点差に。
1死1塁で、代打の矢野選手にもセンター前にはじき返され1死1、2塁。代走は清水選手
中島卓也選手には四球を与え1死満塁。
ここで、西川遥輝選手に、ライト線へ走者一掃のタイムリー3塁打を浴び、4-6と逆転されます。
2死後、大谷選手の代打・大累選手は空振り三振で、ようやく3アウト。

9回、ファイターズは鍵谷陽平投手が登板
2点を追いかけるヤクルトは、榎本選手からの攻撃も三者凡退でゲームセット。
ヤクルトは4-6で逆転負けを喫しました。

先発の小川投手は5回6安打2失点と数字上はまずまずも、初回、2回とボール先攻でテンポが悪く、
見ていてイラッとするピッチングでした。
3回裏はテンポよく8球で3アウトでしたが、5回は高めに球が浮いて1点失いました。
5回101球は、やはり球数が多すぎでしょう。
序盤から慎重になりすぎないで、もっとストライクゾーンで攻めてほしいです。

8回に逆転されたルーキ投手は、いい時と悪い時の差がはっきりしていて、今日は悪い日でした。
ビジター球場の方がよくない感じですね。
今日の結果だと、外国人投手枠の争いは、ギルメット投手>ルーキ投手という感じですね。
安定感に差があります。

打つ方は、4回、制球が乱れたメンドーサ投手からチャンスをもらい、
畠山、グリーン選手の連続適時打で一時は逆転。
8回の好機に得点できなかったのが痛かったですね。

西田捕手がソロ弾含むマルチヒットとアピール
開幕正捕手は中村悠平捕手で揺るぎないですが、打てばそれだけ出場チャンスは巡ってきます。
頑張ってほしいですね。

いよいよ明日でオープン戦も最後。
きっちり勝って開幕を迎えたいものです。
まだ、投手陣、野手陣とも開幕1軍メンバーは、残りの枠を巡って混とんとしていますね。
ボーダーライン上の選手は、必死に奪いとる姿勢を見せてほしいものです。

今日はこれから出かける用事があって、
試合が早く終わってほしいと思っていましたが、ギリギリセーフでした。

by misty2011 | 2017-03-25 17:40 | 東京ヤクルトスワローズ

2017西田明央捕手キャンプフォト(動画リンク4)

2017東京ヤクルトスワローズ春季沖縄浦添キャンプより、
今回は、西田明央(あきひさ)捕手のフォトです。

キャンプレポは、「ヤクルトスワローズ」のタグではなく、「浦添キャンプ」のタグとなります。

オープン戦が始まり、昨年、打撃不調で苦しんだ中村悠平捕手のバッティングが好調で、
ふたたび正捕手の座を確実にするため猛アピールしています。
西田捕手は、少なくとも打撃では負けていられませんね。
これからの実戦で結果を出してほしいと願います。

2月1日 キャンプ初日 キャッチボール
e0222575_10584171.jpg


初日 3か所ノックのうち内野ノック
ミスが出てやり直しをさせられました。
e0222575_10593010.jpg


e0222575_10593770.jpg


アチコチ走らされてボールを捕りに行きます。でも、いつも笑顔の西田くん
e0222575_10594451.jpg


初日 内野ノック2本 YouTube動画
 https://youtu.be/1zGCbkGNXi0
 https://youtu.be/OHySAfntYdQ


初日 ブルペン
初日から審判がついてストライク・ボールのジャッジをしていました。森審判
e0222575_11223.jpg


e0222575_1121815.jpg



2月2日 キャッチボール 少し痩せた?
e0222575_1125392.jpg


2日 内野ノック YouTube動画
 https://youtu.be/Y9gwlkRavtE


2日 3か所ノックのうち外野でノックを受けます。
頭上を越されたり
e0222575_1135816.jpg


前に突っ込んできて落としたりで、さんざん走らされていました。
e0222575_1143997.jpg


2日 外野ノック YouTube動画
 https://youtu.be/CpVH4en73jU


2月4日 走塁練習
e0222575_1165259.jpg


e0222575_117562.jpg


4日 キャッチボール
e0222575_1174673.jpg


e0222575_1175847.jpg


4日 リレー式のキャッチボールで盛り上がって笑顔がこぼれます。
e0222575_1181499.jpg


e0222575_1182642.jpg


4日 バント練習
e0222575_1192796.jpg



2月6日 ティーバッティング
e0222575_11102445.jpg


e0222575_11104966.jpg


e0222575_1110588.jpg


e0222575_1111737.jpg


e0222575_11111869.jpg


e0222575_11113626.jpg


2月7日 内野シートノック
e0222575_111223100.jpg


e0222575_1112388.jpg


e0222575_11125672.jpg


7日 守備練習前のキャッチボール 
このあと、捕球練習をしていました。写真はNGばかりでボツ
e0222575_11134111.jpg


e0222575_11135435.jpg


e0222575_1114873.jpg


e0222575_11142339.jpg


7日 ティーバッティング
e0222575_11154877.jpg


e0222575_1115598.jpg


e0222575_11161629.jpg


e0222575_11162784.jpg


e0222575_11165674.jpg


e0222575_1117958.jpg



2月8日 シートノック前のキャッチボール
e0222575_11175910.jpg


e0222575_11182244.jpg


8日 フリー打撃が終わった山田選手と言葉を交わして、これから打撃練習
e0222575_11185348.jpg


8日 ティーバッティング この日は、中村捕手と同時でした。
e0222575_1119365.jpg


e0222575_11191539.jpg


中村悠平捕手が西田くんのティーを後ろで見ています。
e0222575_11192374.jpg


e0222575_11193381.jpg


西田捕手は、長打力を秘めた打撃をさらに伸ばし、
打てるキャッチャー目指して、正捕手を手繰り寄せてほしいです。
キャッチングや送球はまだ課題が多いですが、練習あるのみ。
リードは中村悠平捕手とは対照的ですが、私はチームに傾向が違う捕手がいることは良いことだと思います。
西田捕手の大らかな明るいキャラと、攻めに持ち味があるリードは、私は好きですね。
これからも、中村捕手と刺激し合って成長してくれたらと思います。

by misty2011 | 2017-03-05 11:43 | 東京ヤクルトスワローズ

阪神に競り負けヤクルト5位転落

東京ヤクルトスワローズは、今日は甲子園球場で阪神タイガースとの最終戦

先発は阪神が青柳晃洋投手、ヤクルトは山中浩史投手
阪神のスタメンマスクは原口捕手じゃなく坂本捕手だったので、胸をなでおろしました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 2度の勝ち越しも…投手陣が粘れず3連敗

ヤクルトは初回、あっさり三者凡退
その裏、山中投手は先頭の板山選手にセンターオーバーの3塁打を浴び、
続く北條選手のレフトへのタイムリー2塁打で1点先制されます。

追うヤクルトは3回、西田捕手が四球、山中投手が送って、坂口選手のセカンドゴロで2死3塁。
ここで、川端選手がレフト線へのタイムリー2塁打を放ち1-1の同点に!
山田選手は四球を選び2死1、2塁から、バレンティン選手の打球はライト福留選手に好捕され3アウト。

山中投手は、初回こそあっさり先制されましたが、その後はランナーを出しながらも要所を締め
追加点を許しません。

ヤクルトは7回、先頭の西浦選手がヒットで出塁し、2盗に成功。
1死後、山中投手の送りバントを青柳投手が悪送球で1死1、3塁とチャンス拡大。
ここで、阪神は岩崎投手に交代
坂口選手は倒れ2死となりますが、川端選手のなんでもないサードゴロを鳥谷選手がトンネルするエラーで
ヤクルトが2-1と勝ち越します。
岩崎投手の暴投でランナーがそれぞれ進塁し2死2、3塁。
山田選手は四球を選び2死満塁となりますが、バレンティン選手は空振り三振に倒れ、追加点ならず。

その裏、山中投手は先頭の代打・荒木選手にヒットを打たれると、送りバントで1死2塁
板山選手は四球で1死1、2塁となったところで、平井諒投手に交代
2死後、髙山選手にセンターへタイムリーヒットを浴び2-2の同点に。

直後の8回、ヤクルトは先頭の雄平選手が山本投手からヒットで出塁。
サターホワイト投手に代わると、代打の荒木選手が送りバントを決め1死2塁
西浦選手は倒れますが、西田捕手が前進守備のセンターの頭上を越すタイムリーヒットを放ち
3-2と勝ち越します。ナイスバッティング、西田くん!

その裏、ヤクルトはルーキ投手が登板も、
1死後、鳥谷選手にセンター前ヒット、代打・原口選手にライト前ヒットを打たれると、
荒木選手にライトへのタイムリー2塁打を浴び3-3の同点に追いつかれます。
つづく途中出場の梅野捕手にセンターへタイムリーヒットを打たれ3-4と勝ち越しを許します。
ルーキ投手は4連打され2失点と大誤算。

9回、ヤクルトはマテオ投手の前に1番からの好打順も三者凡退でゲームセット
4位争いの競った試合となりましたが、ヤクルトが3-4で競り負け、5位に転落しました。

山中投手は7回途中までなげ、9安打、特に長打を5本も打たれましたが、
何とか2失点にまとめました。

しかし、ルーキ投手が8回、4連打され3-4と逆転され、
9回、ヤクルト打線に反撃の力はありませんでした。

打線は6安打で3得点。(訂正)
川端選手のタイムリー2塁打と、あとは7回に相手エラーでもらった1点。
その7回は、同点後、2死満塁の好機にバレンティン選手が空振り三振に倒れるなど、
毎度のあと1本が出ませんでした。
そして、西田捕手の一時は勝ち越しとなるタイムリーヒット(追加)


雄平選手がマルチヒットでした。
山田哲人選手は3打数ノーヒット(うち2三振)2四球でした。
今日もヒットなしで、打席では、どの球ならバットに当たるの、どの球なら打てるの?って状態で、
全くヒットが出そうにありませんでした。
正直、こんな状態で試合に出すのも、さらに3番で使うのも、
かえってチームに迷惑をかけるだけのように思いますが、それでも真中監督は動かさないんでしょうね?
今日は2つの四球を選んで出塁したのがやっとでした。
前にランナーがいたので盗塁もできませんでした。

また、前の試合で3割を切った坂口選手は、今日も1四球あったものの4打数ノーヒットで、
打率は .296 まで下がりました。3割がますます厳しくなりそうです・・・。

全体的に打線が低調。
その上、山田くんが全く打てない状態、バレンティン選手はチャンスで凡退。
これでは勝てません。

山中投手は、打たれながらも踏ん張っていましたが、リリーフ陣が打たれ、
今日も勝ち星から見放されました。
山中投手が投げる日は、今日に限らず、とにかく援護が少なくて気の毒です。

写真は9月4日神宮 山中浩史投手
e0222575_22282214.jpg


いよいよ明日は神宮での最終戦。
引退する森岡選手の出番はあるでしょうか?
引退セレモニーはやるんでしょうか?
ホーム最後の試合くらい、すっきり勝ってほしいですね。
山田くんにも、はやく1本ヒットが出ることを祈ります。

by misty2011 | 2016-09-27 22:29 | 東京ヤクルトスワローズ

エース山中7回1失点☆2-1、西田先制ソロ!ヤクルト4連勝

主力選手はいなくても、若手選手の活躍で3連勝と勢いが出てきた東京ヤクルトスワローズ

読売ジャイアンツとの2戦目の先発は、ヤクルトが山中浩史投手、巨人は大竹寛投手

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 先発・山中投手が7回1失点の好投で今季5勝目!4連勝で4カード連続勝ち越し決定!!

今日も我らがヤクルトのエース・山中様が素晴らしいピッチングをしてくれました。

初回、ヤクルトは坂口、比屋根選手がヒット、バレンティン選手は四球で1死満塁も
今浪、谷内選手が倒れ、先制の好機を潰します。

しかし2回、西田明央捕手がレフトスタンドへ7号ソロホームランを叩き込み、ヤクルトが1点先制!
昨夜は西浦選手、今日は西田捕手と、若き主砲に価値ある一発が出ました。

4回には、先頭の今浪選手がレフトへの2塁打、
谷内選手がライト前ポテンヒットでチャンスメイクすると、
鵜久森選手のショートゴロの間に今浪選手がホームインして2-0

5回裏には、先頭の山中投手がヒットで出塁。
打つ方も手抜きナシで一生懸命な姿には頭が下がります。
坂口選手がヒットで続き、比屋根選手は四球で無死満塁の大チャンスも、
3、4、5番が倒れ1点も奪えません。

こういう拙攻のあとは、塁に出ていた山中投手が心配でした。
直後の6回、山中投手は、脇谷、橋本選手にヒットを打たれ1死1、2塁のピンチを招きますが、
怖い坂本、阿部選手を打ち取り、無失点で切り抜けます。

しかし7回、ギャレット選手にフルカウントから左中間スタンドにソロホームランを運ばれ2-1

8回から継投に入り、ルーキ投手が登板
1死後、長野選手にライト線への長打を打たれ、比屋根選手が打球処理にもたつき3塁打となります。
今日もまた守備でやらかしました。とても「守備の人」とは思えません。

1死3塁の大ピンチとなりますが、橋本、坂本選手を打ちとり0点で切り抜けます。
よくしのぎました。
ルーキ投手、このところ安定して頼りになります。

1点リードで9回は秋吉亮投手が登板
先頭の阿部選手は、セカンド谷内選手の好守でまず1アウト
村田選手に四球を与え、代走の鈴木選手に2盗を許します。
このあと、ギャレット選手を見逃し三振に斬って取ると、クルーズ選手は敬遠して2死1、2塁
続く小林誠司捕手をサードライナーに仕留めゲームセット。
2-1で逃げ切りました。
一瞬、打球が抜けたかと思いましたが、サード正面で助かりました。

山中浩史投手は7回を投げ、4安打1四球1奪三振で、
失点はギャレット選手に一発を浴びた1失点のみ。
今日もテンポよく打ちとり、また自らはヒットも打って大活躍!
これぞエースのピッチング!5勝目、おめでとうございます。

わずか1点リードを、ルーキ、秋吉投手がよく守り切りました。
山中投手に勝ちがついて、とにかくよかったです。

打線は、9安打で2得点。
西田捕手の先制ソロ弾と、4回には内野ゴロの間にあげた1点。
2度の満塁のチャンスに1点も取れず、ここで得点できていれば、もっとラクな展開になったでしょう。
坂口選手が3安打猛打賞も、後ろの打者がホームにかえすことができませんでした。

お立ち台は山中投手-西田捕手のバッテリーでした。
ロースコアのしびれる展開の末、勝ち切った達成感で、二人とも嬉しそうな笑顔でした。

いま現在のヤクルトのエースは、間違いなく山中投手でしょ!
球は遅くても、安定感抜群で、自滅することがないだけに、安心して見ていられます。

そして、先発マスクを被って以降、テンポいい強気のリードで投手陣を鼓舞し、
また、一発のある打てる捕手として、チームを勝利に導く西田くん。
明るいキャラが、扇の要として頼もしく感じます。
好守ともに活躍で、中村悠平捕手の出番が、すっかりなくなりましたね。

中村捕手は、これに腐ることなく、二人で切磋琢磨して、
さらにレベルの高い正捕手争いをしてもらえればと願います。

e0222575_141899.jpg



ヤクルトは巨人に連勝して4連勝!これで早くも4カード連続の勝ち越しとなりました。
明日の館山投手も、この上昇気流に乗って、連勝をさらに伸ばしてほしいですね。

by misty2011 | 2016-08-13 22:09 | 東京ヤクルトスワローズ

西浦直亨選手、値千金の決勝4号ソロで巨人に先勝♪

広島、阪神、中日と3カード勝ち越した東京ヤクルトスワローズは、
今日から神宮で読売ジャイアンツとの3連戦

先発はヤクルトがデイビーズ投手、巨人は江柄子裕樹投手
選手公示では、山崎晃大朗選手が下がり、鵜久森淳志選手が上がってきました。
早速、鵜久森選手は7番ファーストでスタメン出場

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 一時逆転許すも、終盤に再逆転し3連勝!!!

点の取り合いで、シーソーゲームとなりましたが、決めたのは西浦選手の値千金の一発!
ヤクルトが5-4で巨人に先勝しました。

先制したのはヤクルト
2回、先頭のバレンティン選手が内野安打、今浪選手は四球で、1死1、2塁から、
鵜久森選手がスタメン起用に応えて、レフトへタイムリーヒットを放ち1点先制!
さらに、西田捕手もタイムリーヒットで2-0

直後の3回、巨人は長野、坂本選手のヒットで1死1、3塁から、阿部選手が犠牲フライを運び2-1
村田選手のタイムリー2塁打で2-2の同点に追いつかれます。

デイビーズ投手は5回には、坂本勇人選手に18号ソロホームランを浴び2-3と勝ち越されます。

追うヤクルトはその裏、比屋根選手がヒットで出て2盗後、
バレンティン選手がセンターへタイムリーヒットを放ち3-3の同点に追いつきます。

しかし、直後の6回、デイビーズ投手は、クルーズ選手に一発を浴び3-4と再びリードを許します。

その裏、2番手の田原誠次投手から、西田、坂口選手のヒットと、西浦選手が四球を選び2死満塁も、
バレンティン選手が初球を打ち上げ、内野フライで3アウト。

7回から継投に入り、岩橋慶侍投手が、橋本、坂本、阿部選手を三者凡退に抑えます。
多少、荒れ気味でしたが、腕を振って強気にガンガン攻めました。ナイスピッチング!

7回裏、巨人は高木勇人投手が登板
1死後、谷内選手がヒット、鵜久森選手は四球を選び1死1、2塁から
西田捕手がレフト線へのタイムリー2塁打を放ち4-4の同点に。
1塁から鵜久森選手もホームを狙いますが、タッチアウトで同点どまり。
鵜久森選手の足が遅すぎました。

8回も高木投手は続投
2死後、カウント1-2から、西浦選手がレフトスタンドへ4号ソロホームランを放り込み
ヤクルトが5-4と勝ち越します!
西浦選手の長打力は、どうやら本物のようですね。
点が欲しいところで、値千金のホームラン。これが決勝点となりました。

9回は秋吉投手がランナーを出しますが0点に抑え、ヤクルトが5-4で巨人を下し、
初戦をとりました。

勝ち投手は、8回に投げたルーキ投手で6勝目。
今日もナイスリリーフ、おめでとうございます。

今日はお互い先発投手がピリッとせず、
点をとってはとられ、どちらに転ぶかわからない試合でした。

ヤクルトはリリーフ陣が無失点に抑えましたが、
西浦選手が巨人3番手の高木勇人投手からソロホームランを放ち、これが決勝点となりました。

それにしても、西浦選手の試合を決める一発は凄いですね。
今日は、そこまでの打席は3打数ノーヒットと1四球でしたが、
最後に、いちばんおいしいところを持っていきました。

e0222575_151070.jpg


今日は、大引選手がベンチで、西浦選手はショートに入りました。
サードは十分合格点ですが、ショートはちょっと不安でミスしないかと心配しましたが、
無難に守っていました。
そして素晴らしい決勝弾!
謎の長打力は、ホントに魅力があります。確実に何か掴みかけていますね。
さらに伸ばしてほしいです!

主力選手がごそっと抜けた後、今日のヒーロー西浦選手をはじめ、
今日3安打猛打賞2打点と、スタメンマスクが続いていいる「打てるキャッチャー」西田明央捕手、
また、谷内亮太選手は今日はチャンスには打てませんでしたが、
四球とヒットで2度出塁して、4点目のホームを踏みました。

これまで控えだった若手選手が、それぞれスタメン出場の機会を得て、
結果を出してアピールする姿は、本当に頼もしいですね。
チャンスを必死につかもうとしています。
特に内野陣は、主力の穴を感じさせないほどの活躍で、わくわくさせてくれます。
あとは、外野陣の控えクラスが、負けじと結果を出してほしいですね。

これでヤクルトは中日戦から3連勝。
じわじわ、上とのゲーム差を縮めています。
打撃好調の巨人に打ち勝ったのは大きな自信です。
この勢いがどうか明日も、明後日も続きますように。

by misty2011 | 2016-08-12 22:31 | 東京ヤクルトスワローズ

あっぱれ♪山中浩史投手、投打に活躍!1失点完投で4勝目☆6-1

昨夜はわずか2安打で完封負けを喫した東京ヤクルトスワローズ
これで対阪神戦は6連敗となりました。

選手公示では、成瀬善久投手が抹消され、中澤雅人投手が上がってきました。

神宮での阪神戦2戦目の先発は、ヤクルトが山中浩史投手、阪神はメッセンジャー投手

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 山中投手が6安打1失点、無四球完投で今季4勝目!

初回、ヤクルトは満塁のチャンスを潰し、
2回も先頭の西浦選手が2塁打で出塁も、送りバント失敗などで得点できません。

3回、先頭の坂口選手がフェンス直撃の2塁打、今浪選手もヒットで続くと、
山田選手は四球を選び無死満塁から、バレンティン選手が押し出しの四球で1点先制!
つつく西田捕手が初球をレフト前に運び、レフト髙山選手のエラーもあって2者生還して3-0

1死後、山崎選手がレフト前ヒットで1死満塁から、
山中投手がライトへ抜けるタイムリーヒットを放ち4-0。自ら打って自援護しました。
さらに、大引選手の犠牲フライで5-0
この回、一挙5得点のビッグイニングでメッセンジャー投手を攻略しました。
昨夜とはうって変わり、打線が面白いようにつながりました。
なおもチャンスで、阪神は島本投手に交代し、坂口選手が倒れ、ようやく3アウト。

直後の4回、山中投手は福留選手にソロホームランを浴び5-1

ヤクルトは、このあと島本-サターホワイトー高橋ー安藤投手の継投の前に、
ランナーは出ますが、追加点ならず。

8回、阪神は松田投手が登板
先頭の山崎晃大朗選手が、今日2安打目となるレフトへのヒットで出塁。
山中投手が、初球で送りバントを決め、この後2死2塁から、坂口選手は四球で歩き2死1、2塁。

松田投手の暴投で2死2、3塁から、今浪選手が鳥谷選手のグラブを弾くタイムリーヒットを放ち、
ようやく追加点を奪い6-1
なおもチャンスに、まだノーヒットだった山田くんに、
何でもいいからヒットを打ってほしいと祈りましたが、空振り三振に倒れます。

山中投手はスイスイ投げ、9回も続投
先頭の鳥谷選手をヒットで出しますが、後続を打ちとりゲームセット!
6-1で阪神を下し、阪神戦の連敗を6で止めました。

山中浩史投手は9回104球、6安打無四球1失点で、完投で4勝目をあげました。
おめでとうございます。

好投しても援護に恵まれず、勝ち星から遠ざかっていましたが、今日は打線の援護、
自らもタイムリーヒットや送りバントを決めるなど、投打で活躍して、嬉しい4勝目をゲット。
好投がやっと報われましたね。ホントによかったです。

山中投手は先発ローテの中では、唯一防御率が3点台と、安定したピッチングを続けています。
今日もテンポいいピッチングで、球数少な目、蒸し暑い中、一人で最後まで投げぬき、
リリーフ陣もお休みできました。
まさに、ヤクルトのエースと言っても過言ではない投球は見事です。

e0222575_22184286.jpg




打線は、11安打で6得点と、今日はよくつながりました。
大引選手が2安打と犠牲フライの1打点
坂口選手は2塁打と四球
西田捕手は、押し出しで先制した後、初球を打ってタイムリーヒット。
今日も打てる捕手を大いにアピール!
山中投手とのバッテリーでも、テンポよく打ちとるナイスリードでした。

西浦選手は2塁打を含むマルチヒット
山崎選手もマルチヒットと、バットがよく振れてきました。
そして、山中投手がタイムリーヒットと送りバントを決め、打つ方でも活躍!

先発全員安打と行きたかったですが、バレンティン選手と山田くんがノーヒットに終わりました。

山田選手は、これで2試合ノーヒットで打点もなし。
今日は2四球で出塁は2度しましたが、
打率はどんどん下がっていて、まさか3割を割ることはないと思っていても、
このまま下がり続けると、チト心配になってきました。

巨人戦での背中へのデッドボールの影響があるようで、
いい時なら、スイングと同時に体がくるっと回るんですが、痛いんでしょうね、そのキレがありません。

打席では、何を待っているのか、何を打ちたいのか、迷っている感じがしました。
カープ戦でホームランを打った時のように、初球から、思いっきり振ればいいのにと思うんですが、
甘い球でも見送っています。
まだまだ不振から抜け出せませんね・・・。杉村コーチ、何とかしてくださ~~い!

快勝の試合でしたが、山田選手が打たなかったので、私としては、素直に大喜びできませんでした。
明日こそ打ってほしいですね、もうお祈りするしかありません。

by misty2011 | 2016-08-06 22:19 | 東京ヤクルトスワローズ

お待たせ~♪山田哲人31号決勝2ランで連敗ストップ!西田好リード&6号ソロ

神宮で広島東洋カープとの初戦に大敗し、今季ワーストの7連敗で、借金16となった東京ヤクルトスワローズ。
真中監督は
「いつも応援してくれているスタンドのファンの皆さんに申し訳ない」と初めて謝罪しました。

私なんぞは、連日の大量失点、無気力な試合展開、大不振の山田くん等々、
目の前でこんな惨状を見ると、寝込んでしまいそうで、神宮に足が向きませんが、
いつもスタンドで声をからして応援しているヤクルトファンの皆さまには頭が下がります。

2戦目の先発は、ヤクルトが小川泰弘投手、広島は九里亜蓮投手
ファースト3番には今浪選手が入り、スタメンマスクは西田明央捕手
内野の布陣は、今のところこれがベストかもしれません。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 山田選手が値千金の勝ち越し31号2ラン!緊迫したシーソーゲームを制し連敗ストップ!!

初回、小川投手は三者凡退に抑え上々の立ち上がり。

しかし2回、先頭の新井選手にヒットを打たれると、
2死2塁から安部選手にセンターオーバーのタイムリー3塁打を浴び1点先制されます。

その裏、西田明央捕手が6号ソロホームランを放ち、たちまち同点に!ナイスホームラン!

3回には、先頭の小川投手が2塁打を放つと、大引、山田選手が四球で2死満塁となり、
バレンティン選手がライトへコンパクトにタイムリーヒットを放ち3-1と勝ち越します。

小川投手は3、4回とテンポいいピッチングで三者凡退に抑えます。
今日はいつもよりストレートがいい所に決まり、その分、変化球も効いていました。

しかし5回、併殺後に会澤捕手に一発を浴び3-2

6回には、ヒットの菊池選手をおいて、丸選手に2ランホームランを打たれ3-4と逆転されます。
球数が100球に近づくにつれ、逆球が増え、打たれました。
スタミナが切れた感じでしたね・・・。

このあと、ランナーを出し平井諒投手に交代し、後続を抑えます。

その裏、バレンティン選手が2塁打で出塁し、西田捕手のサードゴロ悪送球で無死1、3塁のチャンス。
バレンティン選手が3塁へ好走塁を見せました。
つづく西浦選手のセカンドゴロの間に、バレンティン選手がホームインして4-4の同点に。
なおもチャンスに、山崎、代打の上田選手が今村投手の前に三振に倒れ追加点ならず。

7回は松岡投手が登板し、三者凡退にきっちり抑え流れを作ります。

その裏、広島はヘーゲンズ投手が登板
大引選手がヒットで出塁すると、けん制悪送球で2塁へ進み、坂口選手の送りバントで1死3塁。
今浪選手は三振に倒れ、2死3塁で山田くん。
ここまで、チャンスに捕邪飛、四球、三振とヒットがなかった山田くんでしたが、
初球を迷いなく振りぬくと、打球はレフトスタンドぎりぎり飛び込む31号2ランホームラン!!
打撃どん底だった山田くんの1発で、ヤクルトが6-4と勝ち越します♪
苦しんだ4番が、復調のノロシとなるホームランを打ちました。
涙が出るほど嬉しいホームランでした。ありがとう、よかったね~山田くん!

8回は、ルーキ投手が2番から4番を三者連続三振に仕留めるナイスピッチング!
9回は秋吉投手が2三振を奪うなど三者凡退でゲームセット。
ゲームセットの瞬間の西田捕手の嬉しそうなガッツポーズが印象的でした。

ヤクルトは山田くんの決勝2ランで、ようやく連敗を7で止めました。
山田選手が打てば勝つ!やっぱりヤクルトは山田選手のチームなんでしょうね。
とにかく最高の形の嬉しい勝利でした。

お立ち台は山田くんと、好リリーフで2勝目をゲットした松岡健一投手でした。
出来れば、山田くんと同期の西田選手も呼んでほしかったです。

先発の小川投手は、今季初めて西田捕手とバッテリーを組み、
最近の中では、テンポよく攻めの投球ができていました。
中盤に2発浴び、スタミナ面での課題が残りましたが、次につながる投球はできたように思います。
先発マスクの西田捕手は、他の投手に対してもそうですが、
1球受けるごとに、うんうんというようなあいづちを打って、気持ちよく投げさせていました。

体型もそうですが、大らかな構えと、逃げないリードがよかったと私は思いました。
これからも、どんどんスタメンマスクで使うべきでしょうね。
中村捕手へのいい刺激ともなります。
また、西田くんは長打力があって、打てるキャッチャーは頼もしいです。

近い将来、クリーナップを打つことになりそう!?同期の山田哲人選手と西田明央選手
e0222575_13295656.jpg



昨日まで山田くんの不振で鬱になりかけていた私は、今日のホームランですっかりご機嫌になりました。
山田くん、ホントにありがとう。今日はぐっすり眠れそう♪
昨日は、もう休ませてと書きましたが、休まず試合に出てよかったです。
これで、吹っ切れて明日からはガンガン打てるといいですね。
打席で迷いがなくなれば、もうしめたもんです。

今日の最高の勝ち方で、明日も連勝といきたいですね。由規投手の好投を祈ります。
カープに何としても勝ち越したいです!

今日はあんまり嬉しすぎて下書きを途中で消してしまうドジをやらかしました。
興奮がまだ冷めやらずです。

by misty2011 | 2016-08-03 22:33 | 東京ヤクルトスワローズ

神宮の石川投手でも連敗止まらず16失点大敗!チームも山田くんも壊れていく…

6連敗で借金15となった東京ヤクルトスワローズは、今日から神宮で首位・広島カープとの3連戦。
まったく勝てる気がしないので、この3連戦は雨で流れてほしいと思うほど。
しかし、今シーズンの神宮は、幸か不幸か雨で中止が一度もありません・・・。

先発はヤクルトが石川雅規投手、広島はジョンソン投手
神宮では強いカツオくんですが、カープ打線を抑えることができるのでしょうか?
その前に、打線が死んでいますからね、どうせ点が取れないわ・・・。
始まる前からネガりまくっていました。

スタメンは、1番比屋根、2番荒木、3番大引選手で、以下全員右バッターを並べました。
前回も左投手の時に、ずらっと右打者を揃えましたが、効果があったとは思えませんでした。
もう、いい加減に左右病はやめてほしいです。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 西田選手の5号3ランで一時1点差に迫るも、カープ打線の勢い止められず7連敗…

立ちあがり、石川投手は三者凡退に抑えます。

その裏、ヤクルトは1死後、2番の荒木選手がヒット、山田選手がショートへの内野安打で出塁。
バレンティン選手の打席でファールを打ってスイングしたフォロースルーが石原捕手の頭を直撃し、
石原捕手は担架で運ばれ負傷退場。

バレンティン選手、またやらかしました。ホントに危険極まりないです。
ルール上は問題がないにしても、こうたびたびキャッチャーを破壊してはダメでしょ!
石原捕手、どうか大事に至っていませんように。お詫びします。
投手に危険球退場があるように、
こういう場合も、バッターに何らかの制裁があってもいいかもしれません。
繰り返されますからね。バレンティン選手も改善する気がなさそうですし。

広島は會澤捕手に交代し、山田選手が2盗に成功!これで26個目、あと4つ。
2死2、3塁となりますが、バレンティン選手は空振り三振で先制の好機を潰します。

直後の2回、石川選手は先頭のルナ選手に四球を与えると、
新井貴浩選手の通算300号メモリアルとなる2ランホームランをバックスクリーンに放り込まれ、
2点先制されます。

このあと、1死1塁で、會澤捕手のショートゴロで併殺と思いきや、
山田くんがアウトカウントを間違えセカンドアウトだけで、1塁送球を怠ります。
この結果、ジョンソン投手まで打席が回りました。
懲罰交代もんのミスですね。集中していません。これはいくら何でも擁護できません。

石川投手は3回、1番から3番まで連打され、満塁でルナ選手にライトへタイムリーヒットを打たれ0-3
新井選手に犠牲フライを打たれ0-4

4回裏、ヤクルトはバレンティン、西浦選手の連打後、
西田選手が左中間スタンドへ3ランホームランを運び3-4と1点差!
ナイスバッティング西田くん!
先日の巨人戦では、スタメンを言われていたのに、
遅刻するという失態で途中出場しましたが、2安打と奮起。そして今日は5号3ランと汚名返上の一発。
遅刻はもちろんイケませんが、それにもめげず打つあたりは、図太さを感じますね。頼もしい!

つづく中村捕手がヒット、荒木選手は2塁打で2死2、3塁の追加点のチャンスも、
大引選手が空振り三振に倒れます。

1点差に追い上げた5回表、石川投手は丸選手に2塁打、新井選手に四球で2死1、3塁から
鈴木誠也選手にライトへタイムリー3塁打を浴び3-6
ライトの荒木選手が突っ込んできますが捕れず、後逸しました。
このあと、下水流選手に2ランホームランを浴び3-8
決定的な点差となりました。

5回裏、バレンティン選手が20号ソロホームランを放ち4-8

6回は平井諒投手が登板し、0点に抑えます。

6回裏、2死後、雨が強く降りだし一時中断。
再開後、比屋根選手が三振に倒れます。

7回は岩橋投手が登板も、ヒット、四球で2死1、2塁から
會澤捕手にライトへタイムリー2塁打を打たれ4-10

その裏、広島はヘーゲンズ投手が登板
1死後、大引選手が四球で歩きますが、山田選手は3打席連続の三振に倒れます。
厳しいインコース攻めと、最後はお決まりのアウトコースに全くバッティングを崩されていて、
立ち直る気配が見えません。

守備でも怠慢なミスをやらかしたし、
打つ方も、コースヒットのショート内野安打は出ましたが、悪くなる一方。
もうマジで、ベンチに下がっていいでしょう。体以上に、もうメンタルもボロボロです。
これを乗り越えてこそと言う人がいるかもしれませんが、もう限界でしょ!

解説の達川さんには、確かに正論なんですが、山田くんがぼろくそに言われ、
何もそこまで言わなくてもと、気が滅入りました。

8回も続投の岩橋投手は、代打の小窪選手に3塁打を打たれると、
田中広輔選手に2ランホームランを浴び4-12
私の希望の岩橋投手も打たれました。

さらに、1死満塁のピンチを招き、土肥投手に交代も、鈴木誠也選手にタイムリー2塁打を浴び4-14
代打の岩本選手にもタイムリーヒットを打たれ4-16
試合が終わりませんよ・・・。
どのチームもヤクルト投手陣と対戦すると、打者は成績爆上げです。

その後も、ヤクルトは反撃できずゲームセット。
4-16の大敗で敗れ、これで7連敗、借金は16となりました。目をそむけたくなるような惨状です。
投手も、打者も、守りも、ベンチも、チームの崩壊が止まりません。

この際、もう明日は、山田くんはお休み。
こんな状態でフルイニング出場することが、いかに意味がないことかわかってほしいです。
バレンティン選手はバット振り回しでけが人を出したので、せめて1試合くらいは謹慎
スタメンマスクは西田捕手、これで行ってください。
クリーンナップは、西浦、西田、坂口、大引選手あたりで何とかやりくり。

5号3ランを放ち、一時は1点差まで追い上げた西田明央選手 やはり長打力は魅力です。
e0222575_13282927.jpg


連敗はいつ止まるでしょう。
特にカープとは、罰ゲームみたいで、やりたくないですね。
神宮が真っ赤に染まって、悔しいですが、どちらが本拠地のチームかわからないほど。
さっさとこの3連戦が終わってくれないかな・・・。

by misty2011 | 2016-08-02 22:36 | 東京ヤクルトスワローズ

延長戦の末、阪神に連敗、ヤクルト前半戦最下位に転落!

長野で、ちょっとした守備のほころびからが逆転され、
極めつけは走塁ミスで勝機を逃し、阪神タイガースに敗れた東京ヤクルトスワローズ

試合後、真中監督は坂口選手を名指しで批判していますが、
発端は、坂口選手の判断ミスだとしても、止めた福地コーチのミスも大きく、
坂口選手一人の責任ではないことは明らかです。
ああいうコメントを見ると、ベンチは何も責任を感じないのかと腹立たしく思いました。
(少なくとも福地コーチは感じていると思いたいですが)

監督就任以来、選手の自主性を掲げる真中ヤクルトですが、
オンドルセク投手がぶちキレた守備シフトの件を含め、
ベンチは最善を尽くしているので、それがどうであれ、結果は知らんでは、
選手はたまったもんじゃありません。

選手の自主性を重んじるのなら、その結果に対しては、オレが責任をとるというのが、
上に立つものの度量ではないかと思うんですが・・・。
そうでなければ、単なる責任放棄でしょう。
今年に入って、真中監督は、事あるごとに求心力を失っているのではないかと憂慮しています。



神宮に戻って阪神との2戦目
先発はヤクルトが館山昌平投手、阪神は岩崎優投手
オールスター前の最後の一戦は勝って気持ちよく終わりたいものです。

長い試合になったので、最初の方がどんな試合だったか忘れてしまいそう・・・。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 終盤追いつき延長戦に突入も…前半戦最終戦を白星で飾れず2連敗

立ち上がりから館山投手はランナーを背負いピンチでしたが、初回は何とか0点に抑えます。

しかし2回、館山投手は先頭の髙山選手に四球を与え、
北條選手に左中間へタイムリー2塁打を浴び1点奪われます。

5回には福留選手に一発を浴び0-2

館山投手は5回を投げ10安打され2失点。
よく2点で済んだというピッチングでした。
前回はコントロールが良かったですが、今日は甘く入った球が多くて10安打も打たれました。
ただ、要所を締め2点でしのいだのはさすがというか、阪神打線もたいがいでした。

ヤクルト打線は4回まで岩崎投手の前に、川端選手の2安打のみ。打てません。
反撃したいヤクルトは、5回裏、今日ファーストスタメンの西田明央選手が
レフトスタンドへ4号ソロホームランを放り込み1-2とします。

6回には、川端選手が四球、山田選手はヒットでチャンスメイクすると、
阪神はマテオ投手に交代。
バレンティン選手は右中間への大飛球でしたが、これを江越選手に好捕され1死1、3塁。
この後、雄平選手がセカンドフライ、
2死後、山田選手が2盗を決めますが、西田選手がファーストゴロに倒れ得点ならず。

6回、7回は連投の村中投手が無失点に抑えます。

7回裏、1死後、代打の今浪選手がレフトへのヒットで出塁し、西浦選手の送りバントで2死2塁。
ここで、坂口選手が高橋投手からレフトへタイムリーヒットを放ち2-2の同点に!
やったねグッチ!
守備でも超ファインプレーが飛び出し、打っては同点となるタイムリーヒット!
昨夜の汚名返上に燃えました。

8回はルーキ投手が0点に抑えます。

阪神は8回、9回、藤川投手賀2イニング投げ、ヤクルト打線は0点に封じられます。

9回は秋吉投手が投げ、無失点に抑え、2-2の同点で延長に入り、10回も続投で0点に抑えます。

10回裏、阪神はドリス投手が登板
先頭の坂口選手が、1塁へ気迫のヘッドスライディングを見せ内野安打で出塁!
川端選手のセカンドゴロでランナーが入れ替わります。
ここで、期待の山田くんでしたが、三振に倒れ、川端選手は2盗して2死2塁。
続いて、代打の田中浩康選手が四球を選び2死1、2塁も、雄平選手がショートゴロで3アウト。

11回はペレス投手が登板
1死後、西岡選手に四球を与え、2死後2盗されます。
江越選手にヒットを打たれ、ここでも2盗され2死2、3塁のピンチを招きます。

続く最も怖い福留選手との勝負となり、センターオーバーのタイムリー2塁打を浴び、
ランナーが二者生還して2-4となります。

その裏、ドリス投手から先頭の西田選手がヒットも、中村捕手が併殺打。
最後は上田選手がセカンドゴロでゲームセット。

延長11回4時間16分、総力戦の末、2-4で阪神に敗れ、
ヤクルトはこのカード2戦2連敗で再び最下位に沈みました。

最下位争いの阪神との2連戦で、ホームで連敗。最悪の形で前半戦を終了しました。
今日勝って、昨夜のイヤな流れを断ちたかったですが、それも叶わず痛い連敗となりました。
坂口選手は昨日のミスを取り返そうと攻守に必死のプレーでしたが、チームは敗れました。

写真は6月19日神宮 坂口智隆選手
e0222575_044328.jpg



延長に入り、連投となる平井投手が出せず、結局ペレス投手で負けるべくして負けました。
私は福留選手は歩かせるかと思いましたが、勝負した結果、2点タイムリー2塁打を浴びました。
この勝負はどうだったのかとも思いますが、結果論なので何とも言えません。

ヤクルトは再三チャンスがありながらも、毎度のあと1本が出ませんでした。
今日はチャンスに雄平選手に回ることが多く、5タコとブレーキでした。
また、8回、10回には、30号を期待した山田くんでしたが三振に倒れました。

何とももどかしい連敗となりましたね・・・。

阪神の方が走塁を含め積極的に動いてきました。
ヤクルトは選手任せで、ただ打つのを待つだけ。この差でしょうね。
あとは、やはり福留選手の勝負強さにやられたという試合でした。
今日はソロホームランと決勝適時2塁打など3安打猛打賞で3打点とやられました。

後半戦、最下位からの巻き返しはなるでしょうか?
ベンチの方針が、打順を含め今のままだと、かなり苦しいのではないかと私は感じますが、
どうでしょう。
打線は、山田くん頼りだけではやはり厳しいですね。
前後を打つ選手はもっと頑張ってほしいと思います。

投手陣は、先発も後ろも苦しいままでしょうね。
小川投手や石川投手の復帰に期待したいです。


オールスター休みの間、選手はゆっくり疲れを取って後半戦に備えてください。
オールスターに出場する選手は、休む暇がありませんが、
球宴では無理はしないで、適度に楽しんでくれたらと思います。
山田くんはお休みさせてあげたいですが、そうもいかないので、
これ以上疲れが溜まらないことを祈ります。

by misty2011 | 2016-07-13 23:20 | 東京ヤクルトスワローズ

館山好投も白星消える、8回山田エラー&四球からルーキが逆転満塁被弾

横浜DeNAベイスターズとの初戦は、
山口俊投手の今季いちばんとも思える好投の前に、完封負けを喫した東京ヤクルトスワローズ

2戦目の先発は、DeNAが砂田毅樹投手、ヤクルトは今日1軍復帰となった館山昌平投手
館山投手は、4月20日群馬県内の病院にて、右肘関節遊離体摘出とクリーニングの手術を受け、
リハビリ、2軍での実戦登板を経て今日1軍昇格となりました。

選手公示では、館山投手とともに西浦直亨選手が昇格して、即1番ショートスタメンで出場!
大引選手の腰の状態は、ぎっくり腰に近いそうで、
西浦選手はショート、サード、そしてセカンドのバックアップとして、
大いにアピールしてもらいたいです。
ファーストは今日も西田明央選手がスタメンです。

なお、比屋根渉選手と土肥寛昌投手が抹消されました。

それから、原樹理投手の続報です。
6月29日に右肩の違和感で3回途中降板となり登録抹消されていましたが、
7月6日、横浜市内の病院で右肩の検査を受けた結果、右肩甲下筋の肉離れと診断されました。
全治は未定で、3~4週間はノースロー調整となる見込みだそうです。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 約3ヵ月ぶり先発の館山投手が6回途中2失点の粘投も、逆転許し2連敗…

今日の逆転負けの試合は、今季ワーストゲームのひとつでしょうね・・・。

初回、坂口選手がヒット、山田選手もヒットで続き、6月14日以来となる2盗に成功!
足の状態を心配していましたが、今日は相手バッテリーが無警戒で、初球から走りました。
ただ、2塁ベース上でもストレッチをするなど、やはり足は気にしている様子でした。
2死2、3塁となり、バレンティン選手は四球で2死満塁も、雄平選手が倒れます。

その裏、立ち上がりの館山投手は、内野安打、暴投、四球でピンチを招きますが、
ロペス選手を空振り三振に仕留め無失点で切り抜けます。

ヤクルトは2回、西田選手がサードエラー、中村捕手がヒットでつなぎ、
館山投手が送りバントを決め1死2、3塁。
西浦選手は倒れますが、坂口選手が先制のタイムリーヒット、
川端選手もレフトへの2点タイムリーヒットで、この回3点奪います。

その裏、館山投手は梶谷選手にヒットを打たれ2盗を許すと、
戸柱捕手にレフトへのタイムリー2塁打を浴び3-1

ヤクルトは4回、西浦選手がヒット、坂口、山田選手が四球で歩き1死満塁から
バレンティン選手がライトフェンス直撃のタイムリー2塁打を放ち5-1
ホームを狙った山田選手はアウトとなります。
福地コーチが手を回したようですが、いつものスピードでは走れなかったんでしょうね。

横浜は5回から継投に入り、久保裕→小杉→須田→田中投手の継投の前に、
ヤクルトは8回まで追加点ならず。

一方、好投の館山投手は、6回1死後、ロペス選手にソロホームランを浴び5-2
ここで、左打者が続くので久古投手に継投。
これが、結果的には誤算でした。
倉本選手に2塁打を打たれ、梶谷選手にレフトへタイムリーヒットを浴び5-3
さらに、戸柱捕手にもヒットを打たれたところで、平井諒投手に交代。
久古投手は、左バッターを抑えるために出てきて左に3安打され、仕事ができませんでした。

平井投手は、1死1、3塁で、代打の下園選手に犠牲フライを運ばれ5-4と1点差。
このあと、後続を抑え、回マタギで7回も投げ無失点に抑えます。
今日も惚れ惚れするようなストレートを投げていました。

1点リードの8回、ヤクルトはルーキ投手が登板。
先頭の倉本選手をセカンドゴロに打ち取りますが、山田くんがこれを1塁へ悪送球。
何でもないゴロでしたが、捕球でもたつき、慌てて1塁へ投げ悪送球となり、
ランナーが2塁へ進みます。昨夜に続き、今日も守備で大きなミスが出ました。
やはり足の影響はあるでしょうね。動きがバタバタしていました。

これに気落ちしたのか、ルーキ投手は、このあと梶谷選手に四球を与え無死1、2塁。
戸柱捕手の送りバントは、1塁の西田選手が突っ込んで来て3塁で刺す好守備を見せます。
しかし、関根選手にも四球を与え1死満塁のピンチ。
梶谷選手はサードゴロでホームでアウトにして、なおも2死満塁。

ここで、エリアン選手にフルカウントから右中間スタンドに逆転満塁打を浴び5-8となります。
先に1-2と追い込んでいながら、高めのつり球で誘うも振ってくれず、カウントを悪くしました。
全球ストレートで、最後は真ん中に入ったところをスタンドに持って行かれました。
ちょっと信じられないような配球でしたね・・・。

ルーキ投手は不安定で出たとこ勝負。勝ちパターンで使うには怖すぎます。
でも他に誰って言われてもいなくて・・・。
平井投手しかいませんね。でも、久古投手のあとは平井投手だからこそ抑えられたわけだし。
後ろが不安定では、昨年のような勝ちパターンが出来上がりませんね。

元はといえば、山田くんのエラーから。
2試合連続の痛いミスからの失点ですからね。
本来ならここで懲罰交代があっても仕方なかったくらいです。

3点を追う9回、ヤクルトは守護神の山崎投手を攻め、
代打の今浪選手が四球で出ると、西田選手が今日3本目の2塁打で続きます。
中村捕手のサードゴロをエリアン選手が後逸するエラーで6-8
途中出場の上田選手の犠牲フライで7-8となりますが、
最後は代打の田中浩康選手が三振に倒れゲームセット。

途中までは完全に勝ちゲームで進み、復帰した館山投手の今季初勝利かと喜んでいましたが、
とんでもない結果となりました。
エラーした山田くんに代わってお詫びします。
って私が謝っても、負けてしまった事実は変わりませんが。
本人は相当落ち込んでいるでしょうね。
昨日のミスは勝敗には関係なかったですが、今日はエラーからの大逆転負けですからね・・・。

やはり、一度お休みすることが必要なのではないかと思います。
今まで山田くんで勝った試合は数多いですが、
守備で連日足を引っ張ては、中心選手として示しがつきません。

また、足をかばう気持ちが働くのか、動きが悪く集中力に欠けています。
やはり、足腰の状態を良くする方が先決でしょうね。
こんなにミスが続くのは、やはりそこに原因があるように感じます。
ただでさえ難しかったですが、この2試合で、念願の今年のゴールデングラブ賞はなくなったでしょう。

打つ方は最初の打席でヒットを打って盗塁も決めましたが、
併殺打もあり、4打数1安打1四球で打点ナシ。
横浜戦はどうもよくありません。

まあ、そういっても真中監督が山田くんを外すとは思えませけどね・・・。
でも、これが続くようであれば、やはり強制的にでも休ませる決断をしてほしいです。


館山投手は、手術前より明らかにコントロールがよくなっていました。
球速も145キロ以上がポンポン出て、こちらが心配するほど腕がよく振れていました。
ナイスピッチングだっただけに、勝たせてあげたかったですね。残念です。
次回は、今日のようなピッチングをすれば、必ず勝てると思います。

試合は最悪の形で負けましたが、館山投手の好投で、先発がまた1枚加わりました。
また、西田選手が2塁打3本とナイスバッティングでスタメンを大きくアピール!
守備もナイスプレーがありました。
今日は投打でこれが明るい材料となりました。

明日は必ず勝ちましょう!
山田くんは、試合に出るからには、今日の汚名返上をしてほしいですね。

写真はキャンプブルペンより館山昌平投手
e0222575_14161389.jpg




by misty2011 | 2016-07-06 23:23 | 東京ヤクルトスワローズ