Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:阪神タイガース ( 33 ) タグの人気記事

猛虎打線の餌食に!4回一挙9失点★0-9 能見に完封負け

甲子園での阪神との初戦は、初回に山田選手の3ランで先制したものの、同点に追いつかれ、
8回にはゴメス選手に2ランホームランを浴び逆転負けしました。

さらに、試合中、雄平選手が左わき腹の張りを訴え負傷交代。病院へ直行しました。
その雄平選手は本日付で抹消され、代わって比屋根選手が上がってきました。
また、スタメンを外れ、途中代打で出場した坂口選手も、右ひじの状態がよくないそうです。


2戦目の先発は、阪神タイガースが能見篤史投手、ヤクルトスワローズは杉浦稔大投手
スタメンは、ガラッと変更されました。
1番に比屋根選手、2番は荒木選手で3番が山田選手、バレンティン選手が4番に入り、
大引選手が5番、以下、西浦、ジェフン、中村選手と続きます。
う~~~ん、3、4番を入れ替えるのはわかりますが、1-2-3番の並びには目まいがしそう!?
どういう結果が待っているでしょう。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 完封負けを喫し2連敗…

初回、ヤクルトはあっさり三者凡退
その裏、杉浦投手は、先頭の髙山選手にヒット、江越選手に四球を与えますが、
怖い福留、原口選手を三振に仕留め無失点で切り抜けます。
しかし、初回から球数を要しました。

2回、ヤクルトはバレンティン選手が四球、大引選手、西浦選手が連続ヒットで無死満塁のチャンス!
ジェフン選手が三振後、中村悠平捕手がファーストゴロ3-2-3の併殺打で一瞬にして3アウト。
絶好の先制のチャンスを潰します。
相変わらず、こういうところで1点も入りません・・・。

3回2死後、荒木瀬手がレフト前ヒットで出塁も、山田選手がキャッチャーフライで3アウト。
今日は能見投手に合っていないようです。
というか、昨日の初回のホームラン以降、タイミングがズレている感じ。

杉浦投手は、2、3回とも三者凡退に抑えます。

4回裏、杉浦投手は先頭の江越選手にライトへヒットを打たれると、
福留選手にもレフト前ヒットを打たれ、無死1、2塁のピンチを招きます。
つづく原口捕手に、レフトスタンドへ9号3ランホームランを運ばれ0-3

このあと、ゴメス、新井選手にも連打され無死1、3塁から、
荒木郁也選手にライト前タイムリーヒットを浴び0-4。荒木選手はプロ初打点

能見投手は送りバントで1死2、3塁から、髙山選手にライトへ2点タイムリーヒットを浴び0-6
貧打のはずのトラ打線に打たれ放題。
ここでようやく杉浦投手は降板となります。

杉浦投手は、4回に7安打浴び一挙6失点。
球威のなさに加え、4回には早くもスタミナ切れ!?
ベンチは試合をあきらめたのか、これだけ連打されても途中で代えませんでした。

2番手で中島彰吾投手が登板
北條選手に四球を与え、江越選手にはライト前ヒットで1死満塁から、
福留選手には押し出しの四球を献上して0-7
原口捕手はレフトへの2点タイムリーヒットで0-9
阪神の勢いが、もうどうにも止まりません。

ゴメス選手もヒットで、なおも1死満塁から、
新井選手はショートゴロ併殺打で、ようやく3アウト。
はぁ~長い攻撃でした。
この回だけで打者14人に10安打浴び9失点。
バッティングピッチャーでも、これだけ打たれるのは難しいでしょうにね・・・。
もうタオル投入で終わりにしてほしいくらい。

5回表、ヤクルトはあっさり三者凡退

5回裏からは岩橋慶侍投手が登板 キャッチャーは西田明央捕手に交代。
荒木選手の内野安打と北條選手のヒットでランナーを出しますが、0点に抑えます。

6回は1番からの攻撃も、比屋根、荒木、山田選手が7球で3アウト
大量失点に、打者が戦意喪失気味か!?
しかし、山田くん、あと1打席、1日1安打は打っておかないと。
筒香選手が今日は29号など3安打猛打賞で、依然好調。ホームラン、打率がヤバい・・・

8回、ヤクルトは1死後、代打の飯原選手がヒット、西田捕手もヒットで1死1、2塁のチャンス。
比屋根選手は三振、ワイルドピッチでランナーがそれぞれ進塁して2死2、3塁。
しかし、荒木選手が空振り三振3アウト。

8回裏は、久々に松岡投手が登板。投げないので心配していましたが無事でほっとしました。
きっちり3人で片付けます。

9回は山田くんから。
初球を打ち上げ、1塁手が捕れずエラーで出塁。
バレンティン選手はライトフライ、代打の井野捕手はショートゴロ併殺打でゲームセット。

大量リードに守られた能見投手にスイスイ投げられ、5安打8奪三振、
0-9の大敗で完封負けを喫しました。
これで対阪神戦は4連敗となりました。

今日は、攻撃では2回無死満塁から1点も取れなかったこと。
守っては4回に杉浦-中島投手で一挙9失点。
打者のやる気もなくなり惨敗でした。

山田くんは4打数ノーヒットで、打率がじわりじわり下がってきました。
明日は、気持ちを切りかえて集中して打席に立ってほしいと思います。
守備では、最後まで緩むことなくナイスプレーを見せました。

大敗なので、今日の打順がどうのこうのとは言えませんが、
やっぱりセンスを感じないオーダーでした。
まあ、しばらく試行錯誤でいろいろ試すんでしょうね!?

先発の杉浦投手は、今日も期待外れのピッチング。
前回7月19日は3回5失点、今日は4回途中まで投げ7失点。
試合を作るどころか壊しました。先発ローテで起用するにはもう限界でしょうね。
毎回、同じような投球で、よくなる気配が見えません。

3番手で投げた岩橋慶侍投手は、試合が決まったあととは言え、3回2安打無失点と好投しました。
いつも上がってきてはすぐ下に落とされますが、
この投手こそ、もっと気長に使ってみてはどうかと私は思います。

写真はキャンプブルペンより岩橋慶侍投手
e0222575_123524.jpg


今日は、ポジれる要素がほとんどなく、試合が早く終わったことだけがよかったことでした。

by misty2011 | 2016-07-27 21:41 | 東京ヤクルトスワローズ

CSファーストステージ、セ・パとも1勝1敗で第3戦へ

昨日から始まったクライマックスシリーズファーストステージは、
第2戦目が、今日はセ・パともデーゲームで行われました。

セ・リーグは読売ジャイアンツが先勝しましたが、
2戦目は阪神タイガース初回に菅野投手からゴメス選手が2ラン、
マートン選手がソロホームランを放ち3点先制!
リードを守ったまま4-2で巨人を下しました。

試合経過は ニッカンスコア

先発は読売ジャイアンツがが菅野智之投手、阪神はメッセンジャー投手

巨人はエース菅野智之投手で一気にファイナル進出を決めたかったと思いますが、
26歳バースデー登板の菅野投手の調子が良くなかったですね。

初回に先頭の鳥谷選手を四球で出すと、1死2塁からゴメス選手に2ランホームランを打たれ2点先制され、
つづくマートン選手にも一発を浴び、初回に3失点。

阪神は、ゴメス&マートン選手の二者連続アベック弾が飛び出しました。
写真は10月2日神宮
e0222575_19355766.jpg


e0222575_2085594.jpg



その裏、巨人は立岡選手が3塁打を放ち、片岡選手のサードゴロでホームインして3-1

阪神は4回、江越、藤井選手が連打でチャンスメイクすると、メッセンジャー投手の送りバントを
菅野投手が3塁へ悪送球する間に、ランナーが生還して4-1

巨人は7回裏、代打のアンダーソン選手がメッセンジャー投手からソロホームランを放ち4-2

2点を追う9回裏、巨人は代打・高橋由伸選手が福原投手から2塁打を放ちますが(代走・橋本選手)、
2死後、長野選手のセンターへ抜けるかと思った打球にセカンド大和選手が飛びつき、
すぐに起き上がって1塁へ送球して間一髪アウト。
大和選手の超ファインプレーで4-2でゲームセット!

外野を守っても内野を守っても一級品の守備 
守備の名手と呼ばれる選手は数多くいますが、本物の名手は大和選手でしょ!
e0222575_20303177.jpg


阪神が巨人を下し1勝1敗となり、ファイナル選出の決着は第3戦に持ち込されました。

ゴメス、マートン選手に一発が出た阪神。
巨人は菅野投手の不調と、自らのバント失敗や3塁悪送球のエラーが痛かったですね。

最後は、「守備の人」大和選手が、9回裏からセカンドの守備固めに入り、
菊池選手も顔負けの美技でゲームセット!
今日はこの守備がPlay of the dayで決まりでしょ!

昨年の日本シリーズでも、センターで超ファインプレーを連発していた大和選手が、
今日はセカンドでもビッグプレーでチームを救いました。
抜けていればどうなったかわからなかったかもしれません。

一方、パ・リーグは昨夜はロッテが先勝し、今日はチェン投手とメンドーサ投手の先発。

試合経過は ニッカンスコア


ロッテが初回、福浦選手のタイムリーで1点先制しますが、
日本ハムファイターズは5回、中島卓也選手のライト前タイムリーヒットで1-1の同点に。

6回は谷元投手から、福浦、今江選手の連打、さらに四球で1死満塁から、
中村選手のサードゴロの間にロッテが1点奪い1-2

逃げ切りをはかったロッテでしたが8回、大谷智久投手が四球、内野安打後、エラーが絡んで1死1、3塁から、
レアード選手にセンターオーバーのタイムリー2塁打を浴び2-2の同点に。
さらに、代打・矢野選手の2点タイムリーヒットで、ファイターズが4-2と勝ち越します。

そのまま、日本ハムファイターズが4-2で2戦目をとりました。
こちらも1勝1敗のタイとなり、明日の3戦目にファイナル進出が決まることになりました。

セパ同時に試合が始まったので、今日はチャンネルを切り替えながら両方を見ていました。
昨日の感じではどちらもストレート勝ちで今日決まるかと思いましたが、そう簡単には勝たせてくれませんね。


ヤクルトは待ち受ける立場なので、どちらが勝ってもいいですが、
ただ、勢いをつけてファイナルに出てくるのはちょっと嫌ですね。
もつれた試合になって、両チームの投手陣が消耗してくれたら助かります。

今日はフェニックスリーグの試合で、バレンティン選手に一発が出て3安打猛打賞だったとか。
ココちゃんに当たりが出てきたことは朗報ですね。
さらに調子を上げてファイナルでの活躍を見たいものです。
by misty2011 | 2015-10-11 19:59 | セ・リーグ

CSファーストステージ開幕、巨人がサヨナラ押し出しで先勝

今日からセ・パともクライマックスファーストステージが始まりました。
セ・リーグはデーゲームで読売ジャイアンツと阪神タイガースの初戦が東京ドームで行われました。
2-2の同点から延長10回、代打・高橋由伸選手が押し出しの四球をもぎ取り巨人がサヨナラ勝ちして先勝。
ファイナル進出に王手をかけました。

先発は読売ジャイアンツがマイコラス投手、阪神は藤浪晋太郎投手

試合経過は ニッカンスコア

先制したのは巨人。
5回裏、先頭の井端選手がヒットで出塁、送りバントで2塁へ進むと、
何とマイコラス投手が、藤浪投手からセンターへタイムリー2塁打を放ち、巨人が1点先制!

6回には長野選手がヒットで出塁し、藤浪投手の1塁けん制が悪送球となり、3塁まで進みます。
続く亀井選手がピッチャー強襲のタイムリー内野安打を放ち、巨人が2-0とします。

阪神は7回、ようやく反撃。
福留、マートン選手の連打で無死1、2塁とチャンスを作り、送りバントでそれぞれ進塁。
ここで、今日スタメンマスクの梅野捕手がセンターへタイムリーヒットを放ち2-1
さらに、代打・西岡選手がセンターへ犠牲フライを運び2-2の同点に。

このあと、阪神は岩崎投手が7、8回2イニングを無失点に抑えます。

巨人も8回から継投に入り、山口投手が8回はピンチを招きながら無失点に抑えます。

9回は澤村投手が0点に抑えると、その裏、阪神は安藤投手が0点に抑え、試合は延長戦に突入。

澤村投手が10回も続投し無失点。

その裏、巨人は先頭の坂本選手が四球を選び出塁。
阪神は安藤投手から高宮投手に交代し、阿部選手は打ちとりますが、
長野選手には敬遠気味の四球を与え1死1、2塁。
さらに、亀井選手も四球を与え1死満塁となると、代打・高橋由伸選手に対しても、フルカウントから
押し出しの四球を献上して、巨人が3×-2でサヨナラ勝ちを収めました。

どちらにとっても負けられない初戦は、延長の末、押し出しのフォアボールで決着しました。

ファイナルで待ち受ける立場のヤクルトファンなので、高見の見物となりましたが、
投手戦というより貧打線の様相で、両チーム相変わらず打てないわね・・・と思いながら見ていました。

マイコラス投手も藤浪投手も、それほど良くなく、もう少し動きがあるかと思いましたが、
先制点は、何とマイコラス投手が自らたたき出しました。
藤浪投手は、6回はけん制悪送球からの失点が痛すぎましたね。

延長に入って、ピンチで高宮投手には少し荷が重すぎたように感じます。
こわごわ投げて勝負できませんでしたからね。
結局3連続四球で最後はサヨナラ押し出し。

巨人が先勝したので、これはもう断然優位に立ちましたね。
勢いからすると、明日で決まりそうに思います。

去就問題もあって、原辰徳監督も落ち着かないでしょうね・・・。
e0222575_19363975.jpg


ヤクルト的には、どちらかというと阪神がファイナルに上がってきた方が戦いやすいようにも思えますが、
まあ、どちらが上がってきても、+1勝と神宮で試合をやれるアドバンテージが大きいと思います。


パ・リーグはナイターでCSファーストステージ第1戦がは決まりましたが、
これを書いている4回途中で、5-2でロッテがリードしています。
大谷翔平投手が打たれましたね。

私としては、応援していた西武が落ちたので、どこが勝ち上がってきても同じで、
下剋上でロッテがファイナルに進出すると面白いなあなんて思っています。
日本シリーズが福岡や札幌であった場合、遠征が大変なので、
近場のロッテなら、出かけることができて都合がいいという単純な理由です。

まだ試合は決まっていませんが、日本ハムは大谷くんで今日負けると、このままストレート負けしそうですね。
by misty2011 | 2015-10-10 19:48 | セ・リーグ

藤浪投手に3安打完封負け★0-9、守備の差も感じた試合

読売ジャイアンツに3連勝した東京ヤクルトスワローズは、今日から甲子園に移動して
首位・阪神タイガースとの3連戦。
最低でも勝ち越したいですが、相手先発投手がいいだけに厳しい戦いが予想されました。

先発は阪神が藤浪晋太郎投手、ヤクルトはオーランド・ロマン投手
スタメンには三輪ちゃんが1番センター、今浪選手が6番ショートに入り、ミレッジ選手は7番に下がりました。

それから、ヤクルトは昨夜プロ初登板した寺田投手が抹消となり、古野正人投手が上がってきました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 今浪選手がマルチ安打と奮闘も、首位攻防戦の初戦飾れず…

ヤクルト打線は、藤浪投手の快投の前に、わずか3安打。
チャンスらしいチャンスもなく、藤浪投手に完封負けを喫しました。
ほとんど書くことがありません。

先発のロマン投手は2回、先頭のゴメス選手のサードゴロを川端選手が弾くエラーから
マートン、今成選手に連打され、無死満塁から伊藤隼太選手にライトへ犠牲フライを運ばれ1点先制されます。

昨夜のヒーロー慎吾くんが守備で足を引っ張りました。
また、犠牲フライの場面では、雄平選手が捕球してサードに送球もセーフとなりましたが、
3塁走者がゴメス選手を考えたら、サードに投げるくらいならバックホームしてほしかったですね。

ヤクルトは4回1死後、川端選手がチーム初ヒットで出塁も、山田くんのサード線への強い打球を
今成亮太選手に好捕され、5-4-3のダブルプレーで一瞬にして3アウトチェンジ。

今成選手は、昨シーズン捕手からサードに転向したばかりですが、動きが機敏です。
何より、打球を怖がりません。他のサードゴロの処理でも足が前に出て捕っています。
サードが慎吾くんなら、ほぼ間違いなく打球が3塁線を抜けて1死2、3塁になったでしょうね。
大きな違いです。守備の差を感じたシーンでした。
山田くん、ツキにも見放されました。

ロマン投手は5回、2四球からピンチを招き、鳥谷、ゴメス選手にタイムリーヒットを浴び0-4
藤浪投手の出来からすると、絶望的な点差となりました。

7回には今日上がってきた古野投手が1点失い0-5

さらに、8回には松岡投手が上本、俊介、坂選手にタイムリーヒットを打たれ0-9と一方的な展開に。

ヤクルトは今日スタメンの今浪選手が、5回は内野安打、8回はレフト前ヒットで2安打と
気を吐きましたが、あとがさっぱり続きませんでした。

藤浪投手が余裕しゃくしゃくのピッチングで9回まで投げ抜き、
最後は山田くんがショートゴロに倒れゲームセット。

藤浪投手は最後まで球速が落ちず、今日はコントロールもよかったので、ヤクルト打線は付け入る隙がありませんでした。
手も足も出ず完敗で、とても首位攻防戦とは思えないほどあっさり負けました。

山田選手はこれで3試合ノーヒット。
25日の最終打席から13打席、四球もなく13打数連続ノーヒットとなり、
いくら相手投手が良かったとしても、これはちょっと冷え過ぎです。

今日も、狙っている藤浪投手のストレートに振り遅れが目立ってファールにするのが精いっぱい。
ファールで追い込まれると、外のボール気味のスライダーやカットボールで空振り三振が2個。
9回は遊ばれた感じで、全球150キロ超のストレート攻めをされ、ぼてぼてのショートゴロでした。
粘ることもできないので、相手にとっては簡単に打ちとることができました。

打撃が影響してか?守備でもアウトに取りましたが、ボロボロやっていました。

いやいや、これは心配通り越して、私は不安になってきましたよ。
塁に出なければ盗塁だってできません。あと4個から、全く増えていませんからね。
打率も、今日1安打して.338の川端選手とは大きく離され.327まで急降下。
出塁率トップも筒香選手に抜かれました。

この状態で、あまり多くは望みませんが、やっぱりここまで来たらトリプルスリーだけは
是非達成してほしいと願います。
明日もノーヒットだと、まじでヤバいですね。打率の心配までしなきゃいけません。

山田くんが打てばチームに勢いがつくのに、その山田くんが不調では、やっぱり苦しいですね。
とにかく早めにヒットが1本出ることを祈ります。

今日負けたロマン投手は、中継ぎで酷使後のチーム事情による先発転向で、
それも手術明け、投手陣最高齢では責められません。
文句も言わず、リリーフ、先発とご苦労様です。

中継ぎでは、2番手の中澤投手が2安打されましたが、何とか0点に抑えました。
しかし、上がってきた古野投手は、制球、ボールの力とも下がる前と同じで、
今日は敗戦処理もままならない状態でした。
松岡投手が打たれたのも誤算ですね。

とにかく先発に頑張ってもらうしかありません。
明日の石山投手の好投を期待したいです。
打線は慎吾くん以外、当たっていませんからね。
今浪選手もまずまず。明日は大引選手とどちらがスタメンでしょう?

9回3安打完封で11勝目をあげた藤浪晋太郎投手 写真はオールスター1戦目より
e0222575_1123066.jpg

by misty2011 | 2015-08-28 22:09 | 東京ヤクルトスワローズ

福留に3ラン被弾など4打点献上!阪神に負け越しゲーム差3.5に

首位・阪神タイガースと神宮での3連戦で、1勝1敗となった東京ヤクルトスワローズ
3戦目は勝ち越しをかけて石山泰稚投手が先発します。阪神は岩崎優投手

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 一時同点に追いつくも、中盤以降突き放されカード勝ち越しならず

今日は出かけていて前半部分は電車の中でスマホで見ました。便利になったものです。

石山投手は立ちあがり、いきなり鳥谷敬選手に先頭打者ホームランを浴び1点先制されます。
そういえば、山田くんが3番になってから、先頭打者アーチが見られなくなりましたね。

ヤクルトは初回は三者凡退で、2回2死後、大引選手が2塁打で出塁も得点ならず。

3回、先頭の中村捕手が四球で出ると、石山投手は送りバント失敗、
比屋根選手はサードファールフライに倒れ2死2塁
つづく川端選手のショートゴロを鳥谷選手が弾いて後ろに逸らす間に、
2塁から中村捕手が生還して1-1の同点に。相手エラーで同点に追いつきました。

4回、ヤクルトは先頭の畠山選手が2塁打、大引選手が死球も後続が倒れます。

6回、石山投手は1死後、鳥谷選手に四球を与え、大和選手のバントヒット&山田くんの捕球ミスのエラーで
1死1、3塁
ここで、福留選手に右中間スタンドに3ランホームランを放り込まれ1-4と勝ち越されます。
四球→エラー→被弾の最悪の失点となりました。

その裏、失策の山田くんがレフトへの2塁打で出塁も、後続が倒れ進塁すらできず3アウトチェンジ。

7回も続投の石山投手は、先頭の今成選手にヒットを打たれ、藤井捕手が送りバントを決め2死2塁
続く代打の狩野選手にセンターオーバーのタイムリーヒットを打たれ1-5
ここで久古投手に継投し、3アウトとなります。

その裏、2番手の安藤投手からデ二ング選手がヒットで出塁し、
2死後、比屋根選手のヒットで1、2塁のチャンスに
川端選手の痛烈な打球はサード今成選手の好捕に阻まれ得点ならず。
あれ、サードが慎吾くんならほぼ間違いなく抜けていたでしょうね。
捕手からコンバートされて2年目の今成選手ですが、守備範囲が広く、反応がいいこと!
守備の差を感じます。

8回はロマン投手が登板も、大和選手に今日3安打目のヒットを許すと、
福留選手にレフトへタイムリー2塁打を打たれ1-6と差が広がります。
ロマン投手が打たれ出しましたね。

追うヤクルトはその裏、先頭の山田くんが福原投手からセンターオーバーの2塁打で出塁も、
畠山選手のセカンドゴロで3塁へ進んだだけで、後続が倒れ得点できません。

9回は徳山投手が登板し、先頭の俊介選手をセンターへの2塁打で出します。
比屋根選手が後ろに逸らしますが、記録は2塁打
このあと、ヒットと四球で満塁のピンチを招きますが、後続を打ち取り無失点で切り抜けます。

ヤクルト最後の攻撃は、二者連続四球でチャンスをもらいましたが、
最後は代打の荒木選手がセカンドゴロ併殺打でゲームセット。

3戦目は1-6で敗れ、阪神とのゲーム差は3.5に広がりました。
首位攻防戦は阪神に勝ち越すことが最低限の目標でしたが、1勝2敗と痛い負け越しとなりました。

今日は、四球後エラーでピンチとなったところで、福留孝介選手に痛い3ランを浴び、
さらにトドメの6点目のタイムリーも浴び4打点を献上。
前日までは、そう当たっていませんでしたが、勝負どころでは、敵ながらさすがですね。

石山投手は、決め球がなく、粘られて四球を与えたり、甘い球を投げ痛打されたりで、
今日は、ここぞでピリッとしませんでした。
また、送りバントを失敗して、自らを援護できませんでしたね。

e0222575_21592773.jpg



打線は、昨日の9得点の一部でも回してほしかったような拙攻で、結局は相手エラーの間の1点のみ。
4回、6回、8回は先頭が2塁打で出塁も、後ろがただ打つだけの無策で得点できず、
7回も2安打放ちながら、最後は相手の好捕に阻まれました。

この3連戦、打つ方は安全パイと思われた守備の人・大和選手に計7安打2四球を献上。
また、今成選手は攻守に活躍でしたね。
主軸以外の脇役に打たれ過ぎました。

ヤクルト的には、今日はあまりポジれる要素がありません。
山田哲人選手が2塁打を2本打ちましたが、絶好調時であればスタンドに放り込んでいたでしょうね。
まあ、でもいい当たりが出たので、次のカードでは勝負所で打ってほしいです。
守備はしっかりお願いします。

このカード、終わってみれば負け越しで、ゲーム差は広がる厳しい結果となりました。

まあ、大事な初戦に藤浪投手相手に古野投手を立てたところから、
そもそも勝ち越せる要素は少なかったでしょうね。
投手継投や、代打の出し方にしても、戦力がないといえばそれまでですが、
首位攻防戦に「勝つ気あるんか?」と思うような、シラケたベンチの采配でした。

このままズルズルいかないよう、次のDeNA戦、中日戦にはきっちり勝ち越してほしいです。
by misty2011 | 2015-08-16 22:00 | 東京ヤクルトスワローズ

新垣投手の代え時が遅れたベンチ、満塁のピンチまで引っ張って★2-4

4連敗で再び最下位に転落した東京ヤクルトスワローズ
甲子園2戦目は藤浪晋太郎投手と新垣渚投手の先発。
両投手とも高校時代は甲子園のヒーローで、藤浪投手は優勝投手ですね。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 一時逆転も6回に3失点…再逆転許し5連敗

先制したのは阪神
2回、新垣投手は先頭のゴメス選手を四球で出しますが、マートン選手を併殺打に仕留めます。
しかし、ランナーなしから上本選手にヒットを打たれると、1塁けん制悪送球でランナーは2塁へ。
つづく今成選手にライトへタイムリーヒットを浴び1点失います。
悪送球からの失点は勿体ないですね。

直後の3回、先頭の中村捕手が死球で出るも、新垣投手の送りバントが併殺となります。
このあと、山田選手がレフトへヒットを放ち、上田選手は四球で歩きチャンスメイクしますが、
川端選手がフルカウントから空振り三振に倒れ得点ならず。
慎吾くん、打率はいいんですけどね・・・こういう時こそ打ってほしいです。

ヤクルトは4回反撃
先頭の畠山選手が2塁打で出塁。
雄平選手が三遊間を抜けるヒットでつなぎ、デ二ング選手は粘って四球を選び無死満塁のチャンス!
前日は得点できませんでしたが、今日はどうでしょう?

続く森岡選手(スタメンは今浪選手も、腰痛・ぎっくり腰で1回の守備から森岡選手が出場)のファーストゴロで
畠山選手がホームインして1-1の同点に。
ゴメス選手が1塁ベースを踏んで森岡選手だけアウト、デ二ング選手は1塁に残り1死1、3塁。
珍しいシーンで、普通ならホームゲッツーになってもおかしくない打球でしたが、助かりました。

この後、中村悠平選手のセカンドゴロで、3塁から雄平選手が生還して1-2と逆転!
今日は、無死満塁からノーヒットで2点もぎ取りました。

新垣投手は、5回は四球とワイルドピッチなどでピンチでしたが、無失点に抑えます。

問題の6回、新垣投手は続投しますが、先頭の福留選手に一発を浴び2-2の同点に。
つづくゴメス選手はライト前のポテンヒット。山田くんが追いかけますが、捕球できませんでした。
マートン選手は打ち取りますが、上本、今成選手に連打され1死満塁のピンチ。
ここで、ようやく2番手の秋吉亮投手に交代。

毎度の、交代の遅れが今日も出ました。
新垣投手の場合は、それまで好投していても、6回、100球前後には必ずと言っていいほどつかまるので、
6回頭からの交代、福留選手に一発を浴びた時点、ゴメス選手にアンラッキーヒットを打たれた時、
マートン選手の打席、上本選手の打席、交代するタイミングはいくらでもあったと思います。

それが、引っ張って引っ張って、今成選手にヒットを打たれ満塁になるまで代えませんでした。
満塁で交代しても、出てきた次のピッチャーが抑えられるイメージが浮かびません。

で、代打の狩野恵輔選手にライトの頭を越されるタイムリー2塁打を浴び2-4と勝ち越されます。
やっぱりというように失点して、今日はそれが決勝点となりました。
ベンチは、何度、同じ失敗を繰り返したら学習できるんでしょう?

2死後、久古投手に交代し、鳥谷選手に死球で満塁のピンチを招きましたが、後続は抑えました。

また、1死満塁で外野は前進守備をとっていましたが、その必要があったのかどうか?
だいだい、ヤクルトの外野陣は雄平選手に限らず、後ろへの打球の追い方が下手なのに、
前進守備だと、頭を越されるリスクのほうが高くなって、今日も結果としては長打となり、
やらなくていい点まで与えてしまっています。
終盤やサヨナラの場面での前進守備は理解できますが、やたら前進守備を敷くことに関しては、
私は疑問です。

ヤクルトは2点ビハインドとなってから、オンドルセク、ロマン投手と勝ちパターンの継投。
やってることがチグハグです。

阪神は7回から継投に入り、安藤、福原投手の前にヤクルトは得点できません。
2点ビハインドになってから、畠山選手は2塁打を打ちましたが、
あとは試合をあきらめたような淡白な攻撃でした。

9回は、呉昇桓(オ スンファン)投手の前に三者凡退に終わりゲームセット。
ヤクルトは2-4で敗れ、交流戦から5連敗。
今日はカープが試合がなかったので、ついに単独最下位となりました。

今日のヤクルトは、苦手としている満塁の好機にノーヒットで2得点できたまでは良かったですが、
その後の投手交代が後手後手に回り、負けるべくして負けました。

火曜日からは敵地で中日ドラゴンズとの3連戦。
ここで何とか連敗を止めたいですね。このままずるずる行ってはなりません。

5回まで1失点で好投も6回につかまり5敗目を喫した新垣渚投手 写真は4月9日神宮
e0222575_17343692.jpg

by misty2011 | 2015-06-21 19:17 | 東京ヤクルトスワローズ

ヤクルトクリニックで躍動・藤浪投手に完投負け、畠山9号ソロのみ

6連敗中の東京ヤクルトスワローズ
今日は一昨日の中止で先発がずれた成瀬善久投手が先発、阪神タイガースは藤浪晋太郎投手
どちらもまだ今季1勝しか挙げていません。
昨夜はホームでのマートン選手の体当たりがあって、あわや乱闘寸前までいきましたが、
今日はどんな試合になるでしょう?

ヤクルトのスタメンは、藤浪投手ということで、ショートは森岡選手、レフトに松井淳選手が入りました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 畠山選手、連夜の9号アーチも実らず…

始まりはお約束のような飛翔・成瀬投手でした。
西岡選手に先頭打者ホームランを浴び1点先制されます。

その裏、ヤクルトは1死後、上田選手が内野安打で出塁も、川端選手が初球を打ってショートゴロ併殺打。
盗塁を仕掛けるとか、エンドランをやるとかしないうちに打ってしまいました。

2回、ヤクルトは畠山選手が9号ソロホームランをバックスクリーンに放り込み1-1の同点に!

ヤクルトは4回2死後、雄平選手の内野安打、森岡選手のライト前ヒットで1、3塁
松井淳選手は死球で満塁のチャンスも、中村悠平捕手がセンターフライに倒れ得点できません。

直後の5回、成瀬投手は鶴岡捕手に今季初ホームランをバックスクリーン右に運ばれ1-2
相変わらず今日も伏兵に一発を浴びました。
もう誰に打たれても驚くことはありません。

成瀬投手は6回、ゴメス、マートン、福留選手に連打され無死満塁のピンチを招くと
ヤクルトは秋吉亮投手に交代
しかし、大和選手にライト前にタイムリーヒットを打たれランナーが二者生還して1-4
阪神のここでの追加点が、このあと藤浪投手を随分ラクにさせました。

3点リードをもらった藤浪投手は、このあとスイスイ投げ、制球の乱れもなく無四球(死球は1)
球数113球で最後まで一人で投げ完投で2勝目をあげました。

ヤクルト打線は8安打しましたが、特に後半になるにつれ、藤浪投手のストレートの球速が上がり
点が取れそうな気配がありませんでした。

結局、畠山選手の一発のみで淡々と試合が進み、1-4で敗れました。ヤクルトはこれで7連敗
今日は広島カープが巨人に勝ったため、ヤクルトは最下位に沈みました。

首位だった4月からあっという間に昨年と同じ定位置ですからね・・・。
4月はヤクルトが春の珍事だったのかもしれません!?

打線は相変わらず淡白で、制球に難がある藤浪投手なので、もっとじっくり攻めてもと思いましたが
早いカウントから打って出ました。
3点差になってからは、藤浪投手に余裕のピッチングをされました。

これからの見どころは、ホームランダービートップを走る畠山選手の本塁打王への期待くらいになりそうで、
何とも困ったものですね。
e0222575_2375456.jpg



ヤクルトは満塁で得点できず、相手は満塁できっちり追加点。
この差はいかんともしがたいですね。
満塁で成瀬投手から秋吉投手に継投したときには、打たれるだろうって思いました。
そのくらい、秋吉投手の信頼度は落ちています。

途中で暇そうなバーネット投手が映りましたが、このところ負けてばかりなので、
調整登板で投げた以外、出番がありませんからね。

どうやったら勝てるんでしょう!?
ベンチもわからないくらいなので、素人がわかるはずはありません。

真中監督は、指揮官として自分の思うようにやりたかったんでしょうね!?
参謀として、年下の何の実績もない三木コーチを作戦コーチとして置いていますが、
役割が何なのかさっぱりわかりません。
ベンチではストップウォッチでタイムを計っているくらいしか仕事をしていませんからね。
あとは、主に真中監督のお話し相手。
作戦を立てたり、戦術を練っている風には見えないし、現役時代の実績からはその力はないでしょう。
ベンチからのサインも、真中監督自身が出していますからね。

去年は、真中打撃コーチが相手の投球を分析したり、狙い球を絞ったりして打者にアドバイスを送っていましたが、
今シーズンはその役割を誰がやっているかも不明です。
杉村コーチは、練習での指導は優れていても、戦術面ではそう働いてはなさそうですからね。
宮出コーチは攻撃中は1塁コーチに立っています。

首脳陣が若いだけに、ほんとは経験豊富な重鎮をヘッドコーチとして配置してほしかったですが、
これも真中監督が自分がやりやすいようにしたかったので、置かなかったんでしょね??
ここまでを見ていると、真中監督はいろんなことが空回りしているようで残念です。
表情が、日々暗くなっていますね・・・。


山田選手は、今日は2打席目に3塁線を破る2塁打を打ち4打数1安打
やっぱり引っ張った打球は痛烈でいいですね。
これから調子をどんどん上げてほしいと思います。
そのくらいしか私の楽しみはありませんから。
by misty2011 | 2015-05-14 21:55 | 東京ヤクルトスワローズ

阪神・巨人連合チーム追い上げも1点届かずMLBに惜敗

8年ぶりの日米野球を前に、昨夜は新生・小久保ジャパンの壮行試合が行われ、
侍ジャパンはソフトバンクとファイターズの連合軍に0-1で完封負けをし、初陣を飾れませんでした。
今日は、阪神と巨人連合が、一足お先に甲子園でMLBと対戦しました。

試合はMLBの3発のホームラン攻勢などで途中まで1-8とリードされましたが、
7回裏に一気に5点を挽回し、8回にも1点追加して7-8と追い上げます。
9回裏は1死満塁で一打サヨナラの場面でしたが、得点ならず、惜しくも1点差で阪神・巨人連合チームが敗れました。

試合経過は ニッカンスコア

7点リードされた段階では、やっぱり力の差を感じて、このまま終わるのかと思いましたが、
そこからの反撃は見事でした。
試合としては、前日の壮行試合の貧打戦よりは面白かったですね。

私はあまりメジャー中継を見ないので、来日しているMLBの選手の名前も顔もほとんど知りませんが、
今日で少しは覚えました。
2安打したカノ選手や、今日は2三振で失策もあって精彩がありませんでしたが、小柄なアルテューベ選手は
しっかり覚えました。

日本の投手では、能見投手や小山投手など、フォークを武器にするピッチャーが、
やはりメジャーリーガー相手にも十分通用しました。ナイスピッチングでしたね!

このあと、ちょっと力が落ちる投手陣だと、簡単に打たれました。
やはり力の差を感じます。

しかし、7回からの反撃は素晴らしかったですね。
阪神勢では、上本選手が2安打2打点、途中出場の狩野選手もタイムリーヒット。
また、ゴールデングラブ初受賞の守備の人・大和選手が3安打猛打賞1四球と全打席出塁。
巨人では大田選手がタイムリー3塁打で2打点と活躍しました。

MLBは、楽勝ムードが一転、追い上げられて、細かい継投でなんとか逃げ切りました。

いよいよ明日からは侍ジャパンとの対戦が始まります。
侍ジャパンが今日くらい打ってくれると面白いですが、そういうわけにはいかないんでしょうね?

明日の先発はメジャー移籍を視野に入れている前田健太投手。
どんなピッチングをするか注目したいと思います。
明日は大谷翔平投手も1イニング投げるそうなので、こちらも楽しみですね。
果たして、山田哲人選手の出番はあるでしょうか?
メジャーの投手相手にどんなバッティングをするのか見たいので、是非使ってほしいです!


静岡草薙球場にベーブルースの銅像と相対して置かれている伝説の大投手 沢村栄治投手の銅像
2011年に草薙に初遠征した時の写真です。
e0222575_042356.jpg

80年前、草薙球場の日米野球で、でメジャーリーグ選抜チームを1失点9奪三振と抑えた沢村栄治投手。
試合はゲーリッグ選手の一発が決勝打となり0対1で惜敗しましたが、
沢村投手の好投は今でも語り草となっています。
今日の阪神・巨人のユニフォームはその時のものだそうです。

当時は、日本は16試合全敗だったそうで、この年の日米野球をきっかけとして、
12月に日本初の職業野球チームである「大日本東京野球倶楽部(後の読売ジャイアンツ)」が結成されました。
それから日本プロ野球は、ここまでよく力をつけてきたものだと思います。

今回の日米野球は5試合戦いますが、競った試合を期待したいと思います。
by misty2011 | 2014-11-11 22:40 | セ・リーグ

なんと言う幕切れ!?ソフトバンクが日本一、大和選手の守備に感動!

日本シリーズは3勝1敗で、3年ぶりにソフトバンクホークスが日本一に王手をかけました。

今日第5戦で本拠地で日本一が決まるか、阪神タイガースが意地を見せるか、大事な一戦となりました。
ソフトバンクの先発は攝津正投手、阪神はメッセンジャー投手

阪神打線は今日も打てません。
虎の看板が泣いています。ダメ虎、弱虫ネコちゃんになりました。

攝津投手を打てず、6回まで散発4安打7三振で得点できません。
2戦目の武田翔太投手のカーブに翻弄されて以来、阪神打線はすっかり調子が狂ってきました。
今日も攝津投手が多投するカーブに幻惑され、凡打の山。

一方、中4日のメッセンジャー投手は孤軍奮闘。
初回、先頭の柳田選手に10球粘られますが、11球目を見逃し三振に斬ってとります。
決して初戦ほどの出来ではありませんでしたが、負けられない一戦で力の限りを尽くしました。

試合経過は ニッカンスコア

メッセンジャー投手は幾度かピンチはありましたが、センター大和選手の2度の超ファインプレーにも助けられ
得点を許しません。
3回には、2死2、3塁で明石選手のセンターへの低いライナー性の打球を
大和選手が突っ込んできて、地面すれすれでスーパーダイビングキャッチで3アウトチェンジ!
打った瞬間、私は完全にタイムリーヒットだと思いました。鳥肌もんのスーパーキャッチでした。
普通はあそこまで果敢に突っ込んで来れないし、もし捕れなくて後逸すれば2者生還したかもしれませんからね。
ヤクルトでは考えられないような超美技でしたね。

6回にも2死2、3塁のピンチで、中村晃選手の抜けようかという右中間への打球に追いついてスーパーキャッチ。
ここでも相手の得点を阻みました。
こんなセンターがヤクルトにも欲しい!


これだけメッセンジャー投手が力投し、ファインプレーがでれば、打線は乗って行かなきゃいけないのに、
全く点が取れる気配がありませんでした。

0-0で迎えた8回裏、続投のメッセンジャー投手は柳田、内川選手にヒットを打たれ2死1、3塁となります。
ここで、松田宣浩選手にセンター前にタイムリーヒット打たれ、ついに均衡が破れます。
つづく中村晃選手の打席で、オー・スンファン投手に交代して、セカンドフライに打ち取り1点どまり。

追いかける阪神は9回、抑えのサファテ投手の乱調で3四球をもらい1死満塁となりますが、
西岡選手が3ボール1ストライクから打って出てファーストゴロ。
これが3-2-3のダブルプレーとなり一瞬にしてゲームセット。あっけない幕切れとなりました。

ファーストゴロでまず本塁憤死、細川捕手が1塁へ送球も、明石選手が捕れず同点になったと思いましたが、
西岡選手が1塁へ走る際に、ラインの内側を走ったために守備妨害となりました。
日本一が決まったソフトバンクナインがグランドに駆けだして集まっている中、
和田監督の抗議が続きましたが、判定は覆らず試合終了。

後味の悪い幕切れとなり、日本一が決まるにしては、なんだかやりきれない思いが残りました。
守備妨害なので仕方ないにしても、あれだけコントロールに苦しんでいるサファテ投手に対して
押し出しで同点のチャンスが十分ありながら、ボールカウント3-1から待てのサインは出せなかったものでしょうか?
その前にカウント2-0からファールした球もボール気味でしたからね。
確かにバッティングカウントでしたが、同じ打つにしても、もう1球待てなかったものかと私は残念に思いました。
2球続けてストライクが入るとは思えない状況でしたからね・・・。

終わったことなので仕方ありません。
初戦に勝ったものの、2戦目以降、阪神打線が打てなさ過ぎました。
それもこれも、すべては2戦目の武田翔太投手のカーブで翻弄された後遺症があったからでしょうね。
とにかくセ・リーグの代表としてパの覇者ソフトバンクに完敗でした。

シリーズ通して、阪神はメッセンジャー投手の孤軍奮闘と、大和選手の守備が特に印象に残ったシリーズでした。
ヤクルト打線ならもう少し打てたのにねぇと思わなくもなかったです。
でもそのぶん守れないので失点してたか!?

初戦のヒーローのゴメス選手は2戦以降さっぱりで、いわゆる逆シリーズ男になってしまいましたね。
これも残念な事でした。選手の皆さん、お疲れさまでした。

日本一になって、有終の美で秋山監督を胴上げできたソフトバンクの皆さん、おめでとうございました。
日本シリーズの最高殊勲選手(MVP)にはソフトバンクの内川聖一選手が選ばれました。おめでとうございます。
その他、優秀選手にはソフトバンクの柳田悠岐選手、サファテ投手、武田翔太投手
敢闘選手にメッセンジャー投手(阪神)が選ばれました。それぞれおめでとうございます。


スワローズは、いつになれば胴上げが見られることやら・・・・・・・
by misty2011 | 2014-10-30 23:00 | セ・リーグ

日本シリーズ第4戦、中村サヨナラ3ランでソフトバンクが王手!

ソフトバンクホークスが2勝1敗で迎えた日本シリーズ第4戦
先発はソフトバンクが中田賢一投手、阪神タイガースは岩田稔投手

試合は2-2で両者譲らず延長にもつれ込み、10回裏、伏兵の中村晃選手が、
オー・スンファン投手から3ランホームランをライトスタンドへ放り込み、ソフトバンクが歓喜のサヨナラ勝ちとなりました。
ソフトバンクは3勝1敗で、3年ぶりの日本一に王手をかけました。

しかし最後は劇的でした。
こう言っては何ですが、まさかの中村選手のホームランとは、いやいや、びっくりしました。

試合経過は ニッカンスコア

試合は初回、中田投手が制球に苦しみ2死満塁となりますが、福留選手が空振り三振に倒れ得点ならず。

その裏、今日もまた先頭の柳田選手がレフトへの2塁打で出塁。
明石選手の送りバントを岩田投手が3塁へ送球もフィルダースチョイスとなり無死1、3塁とピンチが広がります。
内川選手は四球で無死満塁で、イ・デホ選手は三振に倒れますが、
松田宣浩選手がレフトへタイムリー2塁打を放ち、ランナーが二者生還してソフトバンクが2点先制!

追いかける阪神は3回、1死後、3連続四球で満塁となると、マートン選手が犠牲フライで1点、
さらに福留選手のタイムリーヒットで2-2の同点に追いつきます。

このあと、ソフトバンクは東浜-森-五十嵐投手とつなぎ阪神を無失点に抑えます。
一方、岩田投手も7回まで投げ、初回の2失点のみに抑えます。
8回からは福原-安藤投手とつなぎます。

惜しかったのは10回表、阪神はサファテ投手から西岡、鳥谷選手のヒットで1死1、3塁となりますが
ゴメス選手がサードゴロ併殺打に倒れ、一気にチャンスを潰しました。

その裏、2イニング目の安藤投手が先頭の明石選手を四球で出すと、
1死後、本多選手の送りバントを藤井捕手が2塁へ送球もセーフとなります。

ここで阪神は守護神オー・スンファン投手に交代し、松田選手をセカンドフライに打ち取り2アウト。
しかし、つづく中村晃選手に、インコースのストレートを、まさかのライトスタンドへ3ランホームランを放り込まれ
ソフトバンクが5×-2でサヨナラ勝ちを収め、日本一に王手をかけました。

中村晃選手はパ・リーグの最多安打のタイトルを獲得しましたが、シリーズでは目立った活躍がなく不調でした。
今日は最初の打席でヒットを打ちましたが、まさかオー・スンファン投手からサヨナラ弾を打つとは想定外でした。
地味な選手が、最後にド派手な仕事をやってのけましたね。

阪神は、打線が振るわず今日もわずか4安打。特に10回の攻撃が悔やまれます。
あそこでゴメス選手が打っていれば・・・、犠牲フライでもよかったんですが、最悪のゲッツーでしたからね。
打点王のゴメス選手がブレーキでは勝ち目がありませんでした。
そして最後は、守護神がサヨナラ被弾とは・・・。

阪神はこれであとがなくなりました。
明日はこのまま勢いに押されることなく、意地を見せてほしいと思います。
頼れるメッセンジャー投手に勝利を託します!
攝津投手なので、必ず打てると思います。打線の奮起をお願いしたいですね。

4戦目ともなると、どちらのチームのファンでもないので、
日本シリーズの試合を見るのは、正直もう飽きてきましたが、
やっぱり、阪神にはこのままで終わってほしくはありません。
by misty2011 | 2014-10-29 23:14 | パ・リーグ