Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:雄平 ( 104 ) タグの人気記事

点の取り合い、大引3ランで追いつき、延長11回決めたのは雄平☆8-7 

東京ヤクルトスワローズは、中日との3連戦で豊橋で初戦を落とし、
今日からナゴヤドームで2戦戦います。

先発は中日が吉見一起投手、ヤクルトはブキャナン投手
スタメンはファースト6番に鵜久森選手が入り、西田選手はベンチスタート

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 大引選手が同点の1号3ラン!雄平選手の決勝打で延長戦制す!


初回、ヤクルトは坂口選手がピッチャーへの内野安打で出ると、
荒木選手は送って1死2塁。
しかし、山田選手はショートゴロ、バレンティン選手は空振り三振で3アウト

その裏、ブキャナン投手は三者凡退に抑えます。

2回、ヤクルトも三者凡退

その裏、ブキャナン投手は先頭の平田選手を四球で出すと、
1死後、堂上選手にレフトフェンス直撃の2塁打を打たれ1死2、3塁
つづくゲレーロ選手に、前進守備のショート横を抜けるレフトへタイムリーヒットを打たれ、
二者生還して0-2と先制されます。


3回、ヤクルトは三者凡退

その裏、ブキャナン投手は亀澤選手にセカンド内野安打を打たれます。
山田選手が追いつきますが、ボールが手につきません。昨日から守備に精彩がありませんね。
しかし、亀澤選手の2盗を差し、後続も抑え3アウト。やれやれ。

4回、先頭の荒木選手がレフトへの2塁打で出塁
山田選手は、また引っかけてサードゴロで1死3塁。
ここで、バレンティン選手がレフトへタイムリーヒットを放ち1-2
雄平選手もセンターへのヒットで1死1、2塁
2死後、中村悠平捕手がレフト前にタイムリーヒットを放ち、2-2の同点に!
ナイスバッティング、ムーチョ!
今日は早めに追いつきました。

しかし、その裏1死後、ブキャナン投手はビシエド選手にレフトスタンドへ特大ホームランを浴び、
2-3と勝ち越しを許します。


5回、先頭のブキャナン投手はレフトへホームラン性の大ファール後、
左中間への大飛球を放ち、アウトになりましたが、野手並みのバッティング。
トップに戻り、坂口選手はセンター前ヒットも、荒木選手はセカンドゴロ併殺打で3アウト。

その裏、ブキャナン投手は、先頭の松井捕手にショート内野安打で出塁を許します。
吉見投手は送りバント失敗で1死後、亀澤選手にレフト線へ2塁打を打たれ1死2、3塁
荒木選手には四球を与え1死満塁
ここで、大島選手にライトへタイムリーヒットを打たれ二者生還して2-5と3点差に。

これはキツイですね・・・。

6回、先頭の山田選手は見逃し三振。今日はゾーン不安定な山路球審なので、セルフジャッジはダメ。
ボールくさくてもバットを出さないと。カット技術がないのが、何とも・・・。
バレンティン選手は初球をセンター前ヒット。
雄平選手もライトへのヒットで1死1、3塁

ここで、中日は吉見投手から佐藤優投手に交代
鵜久森選手は四球を選び1死満塁
中村捕手はライト前タイムリーヒットを放ち3-5と2点差。
2打席連続タイムリー、ナイスムーチョ!
大引選手は浅いライトファールフライでタッチアップできず2死満塁
ここで、ブキャナン投手に代わり代打上田剛史選手を送りますが、センターフライで3アウト。
正直、ブキャナン投手のほうが打ちそうな雰囲気はありましたね・・・。

6回裏、ヤクルトはギルメット(訂正)投手が登板
1死後、堂上選手が振り逃げで出塁も、後続を打ち取ります。

7回、中日は三ツ間投手が登板
ヤクルトは1番からの打順も三者凡退。
山田選手は、またまたボテボテのサードゴロ。バットをこねて、スイングが波打っています。
悪くても、こんなこねくり回すことはなかったんですけどね。見たくない姿です。
そういえば、キャンプのフリー打撃の時も、こういうバッティングをよく見ました。

その裏、ギルメット投手は途中出場の工藤選手にセンターへ2塁打を打たれ、
送りバント、四球で1死1、3塁
大島選手はサードフライで2死1、3塁となったところで杉浦投手に交代

杉浦投手は平田選手にレフトフェンス直撃のタイムリー2塁打を浴び3-6と3点差に。
ストレートを狙い打たれました。

8回、中日は祖父江投手が登板
バレンティン選手はサード前の当たり損ねで激走して内野安打、今日3安打猛打賞!
山田くんが打つと打たなくて、山田くんが打たないと打つって、なんなのこの3、4番のチグハグさは!
ただ、バレンティン選手のほうが、まだやる気は感じます。

雄平選手はストレートの四球で無死1、2塁
鵜久森選手はショートゴロで1死2、3塁となり、
中村悠平捕手は見逃し三振で2死となりますが、
大引選手が、ライトスタンドポール際へ今季1号3ランホームランを放り込み6-6の同点に!
これにはビックリ!!
そういえば、大引選手は右への謎パンチ力があるんですよね。しかもナゴヤトームは得意です!!

その裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
サードに谷内選手、荒木選手がファーストに回りました。
石山投手はきっちり3人で片付けます。

9回、中日は田島投手が登板 ヤクルトは1番からも三者凡退
山田選手はフルカウントから明らかなボール球を振って空振り三振。今日5タコ
四球も選べなくなるとマジでヤバい・・・。空振りのスイングもひどすぎて見ていられません。

その裏、ヤクルトはルーキ投手が登板
2死から、荒木選手がショート内野安打で出塁。1塁はアウトでしょうけどね・・・。
荒木選手は2盗を決めます。
大島選手には四球を与え2死1、2塁
ここで、平田選手を迎えますが、空振り三振に斬ってとりサヨナラは免れます。

延長10回、中日は田島投手が続投
先頭のバレンティン選手はライト前のヒットで出塁。ノリノリ4安打目で代走は比屋根選手
雄平選手はサードゴロで2塁フォースアウトで1死1塁。
途中出場の西田選手は空振り三振、中村捕手は四球で歩き2死1、2塁
ここで、前の打席3ランの大引選手。
大引選手はショート内野安打も、なぜか雄平選手が三本間に挟まれタッチアウトで3アウト。
ボーンヘッドが出ました。

その裏、ヤクルトは秋吉投手が登板
守備変更で、センターは比屋根、レフトに坂口選手、ショートは西浦選手、こわい布陣です。
三者凡退に抑えます。

11回、中日は岩瀬投手が登板
先頭の谷内選手はストレートの四球で出ます。
坂口選手は送りバントファール後、打って出てショートゴロで2塁フォースアウト。
谷内くん、足が遅すぎ。
つづく西浦選手はレフトへのヒットを放ち1死1、3塁

さあ、ここで問題の山田くん。今度こそ打てるか!?
西浦選手が2盗して1死2、3塁。山田選手はフルカウントから四球を選び1死満塁。
打てそうもないので、出来るつなぎはこれしかありません。
比屋根選手は初球サードライナーで2死となります。当たりは良かったものの正面でした。
ここで、期待の雄平選手が初球をレフト前に抜けるタイムリーヒットを運び、二者生還して8-6

2点リードで、11回裏、秋吉投手が続投
1死後、工藤選手にライト前ポテンヒットを打たれ、
2死2塁から代打・藤井選手にレフト前にタイムリーヒットを打たれ8-7と1点差。
つづく大島選手はセンターフライでゲームセット。やれやれ、逃げ切りました。

ヤクルトは延長の末、8-7で中日を下しました。

先発のブキャナン投手は、初めてのナゴヤドームの高いマウンドが合わなかったのかもしれませんね。
全体的に球が高くなっていました。次回は、修正できると思いたいです。

打のヒーローは勝ち越し2点タイムリーヒットを打った雄平選手
e0222575_21102098.jpg


今日は3安打猛打賞で、今週2度目の猛打賞で打率は3割に乗ってきました。
今日は走塁ミスがありましたが、それを十分カバーする活躍でした。

劣勢からの大引啓次選手の同点3ランも大きかったですね。

打線は15安打8得点とよく打ちました。
バレンティン選手が4安打、雄平選手が3安打
坂口、中村、大引選手がマルチヒット。なかでも中村悠平捕手は2適時打で2打点と勝負強さを発揮。
しかし、ひとり蚊帳の外だったのは山田選手。5打数ノーヒット。内野ゴロ3つと2三振
内容が悪すぎました。

中継の合間に、真中監督は「山田選手は状態があがってきているが、バレンティン選手は深刻」
との昨日のコメントがありましたが、
真中さんよ、バレンティン選手より山田くんの方が状態が悪いじゃないですか!?
ストレートには振り遅れ、変化球には崩されっぱなし。スイングになっていません。
昨年の終盤の悪い状態のまま、何も立ち直ってないように感じます。
あの状態をまた今シーズンも見るのは、私は耐えられそうにありません。

前日の右へのタイムリー2塁打も、本人は引っ張ったつもりが、振り遅れだったそうで、
結果オーライも、意図したバッティングは出来ていなかったということですからね。
この感じだと、多少、調子が上がっても、
トリプルスリーどころか、最難関の打率は2割8分も、いや2割5分も心配するレベルです。
暖かくなったら調子が上がるなんてのんきなことを言わないで、何とかしてくださいよ杉村コーチ!
このままで終わるような選手にしては絶対になりません。

by misty2011 | 2017-04-26 22:43

勝ち継投の杉浦&石山打たれ星くんの初勝利消える★4-7、雄平今季1号ソロ3安打猛打賞

東京ヤクルトスワローズは、昨夜は雨の中、小川泰弘投手がカープ打線を力でねじ伏せ、
7回降雨コールド1-0で完封勝利を挙げました。

広島カープに3連勝となるでしょうか!?
今日の先発は、ヤクルトがオーレンドルフ投手、広島は九里亜蓮投手
スタメンオーダーは、中村捕手が6番に上がり、西田選手が7番に。
やっとそうしましたが、動くのが遅いんだわ。

選手公示では、村中投手と山崎選手が下がり、近藤投手と山本哲哉投手が昇格しました。
村中投手はなぜ??もしかして先発調整?


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 雄平選手の1号ソロで一時勝ち越しも、逆転許し3連勝ならず…

初回、立ちあがりが課題のオーレンドルフ投手は、田中広輔選手に粘られセンター前ヒットを打たれます。
菊池選手はセカンドフライ、丸選手は四球で1死1、2塁
新井選手は空振り三振、鈴木選手はレフトフライに打ち取り無失点で切り抜けます。

その裏、ヤクルトは2死後、山田選手がライト前ヒット出塁。
本来のバッティングではないですが、第1打席でヒットが出ると、ほっとします。
山田くん、走って~の思いは届かず、バレンティン選手はサードゴロで3アウト。

2回2死後、オーレンドルフ投手は會澤捕手を四球で出します。
九里投手には、とんでもないボール球が続き、連続四球で2死1、2塁
何をやってんだか・・・。ノーコン過ぎて
トップに戻り、田中広輔選手に左中間へのタイムリー2塁打を浴び、二者生還して0-2となる間に、
田中選手は3塁へ進みます。
菊池選手はサード前のセーフティスバントを決め0-3
このあと、菊池選手に2盗を許し2死2塁。
カープは各選手が常に次の塁を狙っています。こういうところはホントに抜け目ないですね。
丸ちゃんは抑え3アウト。しかし3点先制され、苦しい展開となりました。

その裏、雄平選手がサード前の内野安打で出ます。
中村悠平捕手は、ライトへのヒットで無死1、3塁
つづく西田選手が初球を捉え、3塁線を破るタイムリー2塁打で1点かえして1-3
なおも1死2、3塁で、大引選手はショートゴロで、3塁から中村捕手が生還して2-3

1死3塁で、ヤクルトは早くもオーレンドルフ投手を引っ込め代打・大松選手
しかし、ピッチャーフライに倒れ2死3塁
坂口選手はレフト前タイムリーヒットで、あっという間に3-3の同点に!ナイスバッティング♪
荒木選手は空振り三振で3アウト。

ヤクルトは3回から星知弥投手が登板
あら、こういう展開で投げさすとは、知りませんでした。
新井、鈴木選手は打ち取り2死後、松山選手にセンター前ヒットを打たれますが、
安部選手をセカンドフライに打ち取り3アウト。

その裏、先頭の山田選手はレフトフライ。
本調子ならスタンドインになる当たりも、体が前に突っ込むのが早くて打球が伸びません。
まだまだです。
バレンティン選手三振後、雄平選手が今季1号ホームランをライトスタンドに放り込み、
4-3と勝ち越します。
やった~~雄平選手に待望の一発が!

e0222575_21123898.jpg



1点リードの4回、星投手は先頭の會澤捕手にセンター前ヒットを打たれますが、
九里投手の送りバントを素早いフィールディングで2塁フォースアウトで1死1塁。
しかし、田中選手にもセンターへヒットを打たれ、九里投手の激走で1死1、3塁。
菊池選手はいい当たりもセカンドライナーで、
山田選手が3塁へ送球して飛び出した九里投手がアウトとなり、ダブルプレーで3アウト!
星投手、このピンチを無失点で切り抜けます。
山田くん、落ち着いたナイスプレーでした。今日も「守備の人」でチームを救います。

その裏、ヤクルトは2死後、星投手がセンター前にプロ初ヒット!
打つ方もイケるじゃないですか!?
しかし、坂口選手がサードゴロで3アウト。

5回、星投手はカープのクリーンナップを三者凡退に抑えます。

e0222575_21161165.jpg


その裏、先頭の荒木選手がセンター前ヒット
山田選手はサードゴロで2塁フォースアウトとなり1死1塁。ダブルプレーにならなくてほっ…
しかし、1塁への走塁は山田くんにしては遅いですね。最後は流した感じで間一髪のセーフでした。
足でも痛めてる??今度こそ走れ~!!と思ったら、バレンティン選手は四球で1死1、2塁

ここで、広島は飯田哲矢投手に交代
雄平選手はショートゴロも、バレンティン選手の好走塁で2塁セーフ!内野安打となり1死満塁
雄平選手3安打猛打賞でにこにこ。
広島は中田廉投手に交代し、1死満塁から中村悠平捕手はキャッチャーファールフライで2死満塁。
西田選手は見逃し三振で、追加点ならず。
ヤクルトにとって、満塁のチャンスはピンチになるのがデフォなんですかね・・・。

6回も星投手は続投
1死後、安部選手にヒットを打たれ、中村捕手のパスボールで1死2塁のピンチ。
會澤捕手はセカンドゴロで2死3塁。
ここで、カープは代打・エルドレッド選手
センターへの大飛球も、坂口選手がフェンス前で捕って3アウトチェンジ。危なかったですね…。

その裏、広島は一岡投手が登板
先頭の大引選手がライト前ヒット
代打の西浦選手は送りバント失敗で1死1塁
坂口選手は捕邪飛で2死となり、荒木選手はレフトフライで3アウト。

1点リードの7回、ヤクルトは杉浦稔大投手が登板
サードに西浦選手が入ります。
まずは、ここまで3安打の田中選手を空振り三振に仕留めます。
菊池選手も空振り三振。
ほれぼれするストレート、伸びが凄い!
と思った直後ガ――ン、丸ちゃんにフルカウントからレフトスタンドへソロ弾を運ばれ4-4の同点に。
星投手の初勝利が消えました。あちゃ・・・

このあと、新井選手を空振り三振に仕留めで3アウト。なんとも勿体ない被弾でしたね。

その裏、広島は一岡投手が続投
先頭の山田選手は四球で歩きます。打てないので、これしかありません。
四球前の1球はストライクくさかったので、儲けもん!
バレンティン選手はセカンドゴロ併殺打、雄平選手はファーストゴロであっさり3アウト。
普通に走れる状態なら、やっぱり山田くんが走らなきゃ。
今日は走る素振りを見せなかったのが、ちょっと気になります。

8回、ヤクルトは石山泰稚投手
先頭の鈴木選手はサードゴロを一瞬弾き、1塁送球はアウトのタイミングも、
ファースト西田選手がこぼしす捕球ミスで無死1塁。
荒木選手を引っ込めず1塁に回しておけばと…
松山選手はセンターへのヒットで無死1、2塁。これはマズい。
つづく安部選手の送りバントを、石山投手がサードへ送球も、
セーフとなるフィルダースチョイスで無死満塁の大ピンチ。

會澤捕手は空振り三振も、代打の西川選手に右中間へのタイムリー2塁打を浴び4-6
田中選手にはライトへタイムリーヒットを打たれ4-7
カープは相手エラーからの満塁から一気に畳みかけて来ますね・・・。
1死1、3塁となり、田中選手が2盗して1死2、3塁。菊池選手は1塁邪飛で2死となり、
丸選手は空振り三振で、ようやく3アウト。しかし、石山投手が打たれました。

8回裏、広島のジャクソン投手の前に、ヤクルトは三者凡退

9回、ヤクルトはルーキ投手
新井選手からの打順を3人で片付けます。

3点を追うヤクルト9回裏、広島は今村猛投手が登板
先頭の西浦選手は空振り三振後、
坂口選手は振り逃げで出塁
代打・鵜久森選手は3球三振
坂口選手が2盗後、山田選手は四球を選び1死1、2塁。よく選びました。
打てないながら、いいつなぎをしました。
しかし、バレンティン選手はセカンドゴロでゲームセット。

ヤクルトはカープ3タテならず、4-7で敗れました。

先発のオーレンドルフ投手が、とにかく先発としては全く責任が果たせませんでした。
制球が悪く四球が多すぎます。
こんな試合ばかりが続くので、もう見切ってもいいでしょうね。

星投手は、ピンチがありながらもよく抑えました。
初ヒットも打って、勝っていればプロ初勝利で万々歳でしたが、そう上手く事が運びませんでした。

誤算は、勝ちパターンの杉浦、石山投手が打たれて負けたことですね。
これは痛いすぎます。
杉浦投手は、球が走っていただけに、フルカウントから首を振ってストレートを投げましたが、
丸ちゃんに読まれていたんでしょう。
石山投手は、先頭をエラーで出し、自らのフィルダースチョイスも合って、そのあと打たれました。
特に、伏兵の西川選手に打たれたのが悔やまれます。

今シーズンは打てない以上に、ミスが多くて、ことごとく失点につながっています。
こういう野球をやっていたら、なかなか浮上できないでしょうね。
一体、キャンプで何をやっていたのと聞かれたら、
練習はやっていますが、選手個々のレベルアップのための肝心の練習をやってないので、
特に何も…としかキャンプを見てきた私は答えられません。

打線は、雄平選手が3安打猛打賞、今季1号ホームランを打ってノリノリでした。
その他の選手は1日1善で計10安打
タイムリーを打ったかと思うと、その後は、あっけなく凡打や三振などで続きません。
山田選手は初回にヒットを打っただけで、3打数1安打2四球で3回出塁も盗塁はなし。
打率が低いので、これでも1日1安打すると打率が上がるのが、何とも・・・。
バッティングの状態は一向に上がってきません。
その分、守備で貢献しています。
「守備の人」もいいですが、早く「打の人」になってほしいです!

それから、3、4番の今の並びはどうなんでしょう?
私は昨年から、大いに反対していて、今季もそうです。
今は、特に山田選手が不調なので、つながりませんが、
この3、4番は、あうんの呼吸ってもんがありません。
もういっそのこと、雄平選手を4番にしてほしいくらい。
また、現状の山田選手なら、下位か1番くらいしかなさそうですね。
ランナーがいて山田くんに回ってきても、ファンの私から見ても打てそうな雰囲気が全くしません。

杉村コーチは暖かくなれば調子が上がると、えらく楽観的なのが、私はどうも信じがたいですが。
ホントにこのままで調子が上がるんでしょうか???

明日は試合がないので、つかの間の安息日です。

by misty2011 | 2017-04-23 22:30 | 東京ヤクルトスワローズ

初登板ルーキー加藤拓也投手にノーヒットノーラン&完封を辛くも免れる★1-4

東京ヤクルトスワローズは、開幕カードの横浜DeNAに勝ち越し、
2カード目の阪神戦は負け越して、3勝3敗となりました。
今日から敵地・マツダスタジアムで広島東洋カープとの3連戦

先発は広島カープがドラ1ルーキーの加藤拓也投手、ヤクルトは開幕勝利を挙げた石川雅規投手
ヤクルトは打順をいじってくるかと思いましたが、同じままでした。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 雄平選手が一矢報いるタイムリーを放つも反撃及ばず3連敗

初回、ヤクルトは加藤投手の前にあっさり三者凡退
山田選手はど真ん中のフォークを空振り三振。う~~ん、あれを空振りするかぁ・・・。

その裏2死後、石川投手は丸ちゃんにライトへ2塁打を打たれ、
新井貴浩選手にレフトへタイムリー2塁打を浴び、1点先制されます。

2回、ヤクルトは2死後、畠山、中村選手が連続四球で出ますが、谷内選手が空振り三振で3アウト。

その裏、石川投手は2死後、加藤投手に四球、田中広輔選手は死球でピンチを招きますが、
菊池選手を空振り三振に仕留めます。

3回2死後、坂口選手がストレートの四球、山田選手も四球で2死1、2塁
しかし、バレンティン選手はセカンドゴロで3アウト。今日も相変わらずの残塁祭り?

その裏1死後、石川投手は新井、鈴木選手に連打され1死1、2塁のピンチ
エルドレッド選手はショートゴロで2死2、3塁
続く小窪選手にレフトへ2点タイムリーヒットを打たれ0-3
カツオくんの球自体はそれほど悪くないし、コースも低めなんですけどね。
簡単に捉えらえています。
敵ながら、カープはチャンスをきっちりモノにして得点しますね。

4回、ヤクルトは1死後、畠山選手が四球で歩きますが、中村捕手がセカンドゴロ併殺打。
まだノーヒットです。

その裏、石川投手は初めて三者凡退に抑えます。

5回、ヤクルトは三者凡退

その裏、石川投手は先頭の丸選手にセンター前ヒット、新井選手はサードゴロで1死2塁
鈴木選手はサードゴロで2死2塁となり、このあと暴投で2死3塁。
つづくエルドレッド選手をファーストファールフライに打ち取り、無失点で切り抜けます。
毎回、ヒヤヒヤします。

6回、先頭の坂口選手が四球で出ます。
山田選手はフォークを空振り三振、走った坂口選手は2塁アウトで三振ゲッツー!

山田くんの空振りのスイングが全くもってヘン。
いくらタイミングが合わないからって、これはないわ。
山田くんはエンドランやラン&ヒットのサインで、当てることすらできないことが多すぎます。
ほとんどが空振り三振かポップフライ。
打てないのならカットくらい出来ないと!
この辺に、ものすごくバッティング技術の未熟さを私は感じるんですよ。

まだ調子が上がっていないのはわかった上でも、
キツイようですが、調子がいいとか悪いの問題ではありません。
ファンでもこれは山田くんをかばえません。

バレンティン選手はサードが弾いて初ヒットかと思いきや、田中選手の好カバーで1塁アウト。

その裏、石川投手は3人で片付けます。
石川投手は、6回を投げ6安打で3失点。
苦手のビジター、カープ打線相手としては、これでよく収まりました。

7回、ヤクルトはカープの好守もあって三者凡退。

その裏、ヤクルトは村中恭兵投手が登板
1死後、菊池選手を四球で出しますが、丸ちゃんをセカンドゴロ併殺打に仕留め3アウト。

8回、ヤクルトは大松、鵜久森選手の代打攻勢をかけますが不発に終わり、
以前ノーノーが続いています。

その裏、ヤクルトは1軍に昇格した土肥寛昌投手が登板。サードは西浦選手
1死後、鈴木選手がショート後方へのヒットで出塁。
エルドレッド選手は四球で1死1、2塁
小窪選手はセンター前ヒットで無死満塁
石原捕手はライトへ犠牲フライを運び0-4

ノーノ―のまま9回を迎えます。
加藤投手は東京六大学野球で東大からノーヒットノーランを達成しています。

先頭の坂口選手はショートゴロで1死
山田選手は四球で歩きます。(山田くんは開幕以来の連続ヒットは6試合でストップ)
続くバレンティン選手が、初球をレフト前ヒットで、1死1、3塁
やった~ココちゃん、ノーノー阻止ありがとうございます!
e0222575_11334142.jpg


続く雄平選手もライト前タイムリーヒットでヤクルトが1点かえして1-4。完封も阻止!

なおも1死1、2塁となり、広島は中崎投手に交代。
畠山選手はライトフライで2死となり、中村捕手はライト前ヒットで2死満塁。
ヤクルトはここで、代打・荒木貴裕選手を送りますが、センターフライに倒れゲームセット。

ヤクルトが辛くもノーノー、完封負けは阻止しましたが、1-4で敗れました。

ヤクルト打線、そして無策のベンチに目を覚ましてもらうためには、
いっそのことノーノーを喰らった方がよかったかもと思うくらい不甲斐ない試合でした。

初登板のドラ1ルーキーの加藤投手は、7四球と球が荒れていましたが、要所ではきっちり投げていました。
ストレートは速いですが、そうびっくりするようなものではなく、伸びもそれほど感じませんでした。
球種が多いわけでもありません。
しかし、強い気持ちで攻めていましたね。ヤクルト打線はその向かってくる気迫に押されたように思います。
プロの洗礼を浴びせるどころか、
物おじしないルーキーに、9回1死までノーヒットに抑えられました。
ノーノーをよく阻止できたものだと思います。
そういえば、マエケンの時も藤本選手が阻止したんですよね。

しかし、選手任せの自主性野球も、これでいいかげんやり方を考え直してほしいですね。
今日の試合が、監督や選手にとって、そのきっかけになることを願います。
考えて打席に入っているのは畠山選手くらい。
打線が線として全く機能していません。

明日は、小川投手なのである程度失点は覚悟です。
打線は、今日打てなかった分も打ってほしいと思います。
打順はまだいじらないんですかね??

by misty2011 | 2017-04-07 22:20 | 東京ヤクルトスワローズ

2017ヤクルト雄平選手キャンプフォト(動画リンク5)

2017東京ヤクルトスワローズ春季沖縄浦添キャンプより、今回は雄平選手のフォトです。

今日は、乳がん手術後5年経過の精密検査のため病院に出かけていて、
あれこれ検査しまくりで疲れて、更新が遅れました。
ステージ3bとしては、ここまで非常にラクな闘病生活で、健常者と変わりなく毎日を過ごしています。
5年経過の検査結果が良好であれば、投薬治療も不要になるかもしれません。

では、キャンプフォトの更新です。

キャンプレポは、「ヤクルトスワローズ」のタグではなく、「浦添キャンプ」のタグとなります。

雄平選手は、下半身の張りで13、14日の練習は一部別メニューでしたが、
15日は休日を返上して軽めの調整をし、第4クール初日となる16日は全体練習に参加しました。

2月1日キャンプ初日 キャッチボール
e0222575_2142587.jpg


e0222575_2143141.jpg


e0222575_214366.jpg


内野3か所でノック そのうちセカンドでノックを受けたときです。
e0222575_215368.jpg


内野ノック YouTube動画 既出の動画なので、リンク先を貼っておきます。
 https://youtu.be/cUOmC0Ym8zc

初日 バント練習
e0222575_217589.jpg


初日 走塁練習
e0222575_21882.jpg


e0222575_2181623.jpg



2月2日 キャッチボール
e0222575_2192343.jpg




2日 ティーバッティング
e0222575_2194836.jpg


上の前歯が白く綺麗になっていました。セラミックの差し歯でしょうか???
e0222575_21102098.jpg


e0222575_21103066.jpg


2日 バント練習
e0222575_21105597.jpg



2月3日 キャッチボール 画像差し替え
e0222575_10592896.jpg


3日 ティーバッティング
e0222575_21114179.jpg


e0222575_21115128.jpg



2月4日 ティーバッティング
e0222575_21123898.jpg


e0222575_21124923.jpg


e0222575_2113540.jpg


フリー打撃後、宮出隆自コーチのアドバイスを聞いていました。
e0222575_21131343.jpg



2月6日 スタートを切るの練習
e0222575_21143937.jpg


6日 キャッチボール
e0222575_21154584.jpg


e0222575_21155417.jpg


6日 外野ノック
e0222575_21162188.jpg


守備は安心して見ていられます。うまくなったものですね。
e0222575_21163354.jpg


e0222575_10142478.jpg


外野ノックの様子 YouTube動画
 https://youtu.be/sdIiOXyzmag



6日 走塁練習 三木ヘッドコーチの動きを見てスタートを切ります。
e0222575_21173517.jpg


e0222575_21174825.jpg


e0222575_21175969.jpg


スライディングの練習 みんなぶ厚いスライディングパンツを着用していました。
e0222575_21181069.jpg


6日 陸上トラックでトレーニング ダッシュの繰り返し
e0222575_21225790.jpg


上がタンクトップで両肩が出ているので、筋肉もりもり具合がよくわかります。
それにしても凄い筋肉ですね・・・。
e0222575_21234530.jpg


e0222575_21235749.jpg


e0222575_21315843.jpg


しかし、野球にこの筋肉がどう役に立っているんでしょう!?
筋肉つけ過ぎもどうかと思いますけどね。
e0222575_2124863.jpg


2月7日 外野シートノック YouTube動画
 https://youtu.be/ut0UR1ZCuXw


2月7日 ティーバッティング
e0222575_21281085.jpg


全体練習後、特打 向こう側は大引啓次選手 二人で特打
e0222575_2128597.jpg


若松勉臨時コーチと宮出コーチが後ろで見ていました。
e0222575_2129766.jpg


雄平選手の特打 YouTube動画
 https://youtu.be/_J5Rs6f0Khc


2月8日 キャッチボール
e0222575_21341286.jpg


e0222575_213421100.jpg


8日 外野シートノック YouTube動画 
この日、雄平選手はレフトの守備に入りました。
 https://youtu.be/3SbxWL1_DxE

8日 ティーバッティング
e0222575_2134306.jpg


雨が途中で強く降りました。元の画像では、ヘルメットに雨粒がついていました。
e0222575_21343980.jpg


毎年、フォームを試行錯誤しているようですが、あれこれ考え過ぎない方がいいかもしれません。
早く自分に合った打撃フォームを見つけてほしいです。
今年も、雄平選手には勝負強いバッティングを期待したいです。

by misty2011 | 2017-02-16 22:06 | 東京ヤクルトスワローズ

11/2ヤクルト戸田秋季練習、午後の部フォトその3(山田・雄平他打撃練習&動画)

11月2日、東京ヤクルトスワローズ2016年戸田秋季練習の午後の部の写真の更新を続けます。
今回は、主に打撃練習編です。

奥村展征選手 プロ3年目21歳
e0222575_1581970.jpg


e0222575_1583510.jpg


打撃指導する宮出隆自コーチ
e0222575_1585799.jpg


渡邊大樹選手 1年目19歳
e0222575_1573852.jpg


e0222575_1575674.jpg


雄平選手 残留してくれてありがとうございます。 
e0222575_15102027.jpg


髪に白いものちらほら
e0222575_1510309.jpg


武内晋一選手
e0222575_15331874.jpg


西浦直亨選手 真面目にヘルメットを被っていたので、顔がほとんど見えませんでした。
e0222575_15104570.jpg


大引啓次選手
e0222575_15122834.jpg


山田哲人選手 残りの分は後日まとめてアップします。
e0222575_1602021.jpg


髪が随分のびていました。
e0222575_1604279.jpg


鵜久森淳志選手
e0222575_1651318.jpg



3塁側ファールゾーンでは、中村悠平、西田明央捕手がノックを受けていました。
e0222575_15302791.jpg


e0222575_15305264.jpg


内野陣の守備練習
e0222575_15312964.jpg


e0222575_15315999.jpg


e0222575_15321720.jpg




川端慎吾選手 この時、山田選手がフリーバッティング中でした。
e0222575_15165798.jpg


山田哲人選手のフリーバッティングYouTube動画
      

右側のケージのフリー打撃の動画も撮りましたが、ミスショットが多かったのでボツとしました。
2日は、あまり調子は良さそうには見えませんでした。
5日の東京六大学選抜との奉納試合は、大学生相手に打てるでしょうか?かなり心配・・・。



荒木貴裕選手 こちらも真面目にヘルメットを被って練習
e0222575_15343879.jpg


e0222575_10142164.jpg


比屋根渉選手
e0222575_15345269.jpg


谷内亮太選手
e0222575_15354532.jpg


e0222575_15355915.jpg


中村悠平捕手がマシーン相手にバント練習
e0222575_15364323.jpg


そのあとティーバッティング
e0222575_15402292.jpg


西田明央捕手
e0222575_15522924.jpg


e0222575_16152869.jpg


山田選手と雄平選手がグラウンドから出て行ったので、私も移動
e0222575_15374459.jpg


今回はここまで
次回は、陸上トラックでのトレーニングほかの写真です。
5日は「明治神宮外苑創建90年記念奉納試合」観戦予定なので、
秋季練習の写真の続きは、明後日以降の更新になると思います。

by misty2011 | 2016-11-04 20:23 | 東京ヤクルトスワローズ

2016最終戦、小川踏ん張れず逆転負けで5位に!山田哲人2年連続トリプルスリー&盗塁王!

東京ヤクルトスワローズは、本日、マツダスタジアムで2016シーズン最終戦を迎えました。
既にセ・リーグ優勝を決めている広島カープも同じく最終戦となります。

今日はデーゲームで阪神タイガースが勝ったため、ヤクルトは負ければ5位となります。

先発は、広島が10勝目をかけて黒田博樹投手、ヤクルトは小川泰弘投手
スタメンは川端選手が3割キープのためお休みで、2番は上田選手
バレンティン選手が左手首を痛め欠場で、雄平選手が4番に入りました。
スタメンマスクは中村悠平捕手。田中広輔選手の盗塁を絶対に阻止して下さい。

一方、カープは打率で坂本選手を追いかける鈴木誠也選手が1番に入りました。
今日5打数5安打すれば坂本選手を抜いて首位打者となります。
小川投手、これまで鈴木選手に打たれていますが、最後くらいはきっちり抑えてほしいです。

と、ここまで試合前に書きました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 雄平選手のタイムリーで幸先よく先制も、最終戦を勝利で飾れず…

先制したのはヤクルト
初回1死後、上田選手が脚に死球をぶつけらられ出塁。
山田選手はセンターフライに倒れますが、上田選手が2盗に成功!
ここで、打撃好調の雄平選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち、ヤクルトが1点先制!

ヤクルトは3回、上田選手が内野安打で出塁。
山田選手は空振り三振後、雄平選手がライト前ヒットでチャンスを広げますが、
鵜久森選手が倒れ、追加点ならず。

小川投手は4回までカープ打線をノーヒットに抑えます。
注目の鈴木誠也選手を抑え、田中広輔選手も打ちとるなどナイスピッチング。

5回2死後、菊池選手にサード内野安打を浴び、これが許した初ヒット。
このあと、後続を抑え無失点ピッチングが続きます。

しか~し、6回裏、先頭の黒田投手にヒットを打たれると、
鈴木選手は三振に仕留めますが、田中選手に四球を与え1死1、2塁
2死後、エルドレッド選手にレフトへタイムリーヒットを打たれ1-1の同点となります。
さらに、松山選手にセンターへタイムリー2塁打を浴び1-3と勝ち越されます。
ルナ選手にもライト前ヒットを打たれますが、雄平選手の好返球でホームタッチアウトで3アウト!
この場面、コリジョンのビデオ判定に持ち込まれ、判定通りでアウトとなりますが、
中村捕手は警告となりました。
最後まで、なんだかすっきりしないコリジョンルールですね・・・。
審判も、もっときちんと説明してほしいです。

小川投手は、初回から飛ばしたせいか、急に球威もキレもこの回は落ちました。
田中選手への四球が悔やまれますね・・・。

ヤクルト打線は初回こそ1点奪いましたが、
その後は、黒田投手に抑えられ追加点が奪えません。6安打しましたが1点のみでした。

7回は松岡投手が登板し、引退する廣瀬純選手と対戦し、いい当たりのレフトフライでした。
廣瀬選手は、そのあとはライトの守備にもつきました。
全盛期のライトの守備は素晴らしかったですね。
早すぎる引退ですが、いままでお疲れさまでした。

8回、広島はジャクソン投手が登板し、代打で川端選手が打席に立ち、レフト前ヒットで出塁。
1死後、上田選手もレフト前ヒットでつなぎますが、山田選手は空振り三振、
期待の雄平選手も倒れ、この回も得点できません。

8回裏は久古投手が登板し、田中、丸選手を抑え、
2死後、秋吉投手に交代して、エルドレッド選手を打ち取ります。

2点を追いかけるヤクルトは9回、今村投手の前に三者凡退でゲームセット。
1-3で広島カープに逆転負けを喫し、最終順位は、阪神が4位でヤクルトが5位となりました。

山田選手は、今日は4打数ノーヒット2三振でしたが、
最終打率は.304で、辛くも3割はキープ。
今日も出塁なしで盗塁はできず30盗塁のまま、本塁打は38本でシーズンを終えました。
これにより、山田哲人選手は、史上初の2年連続トリプルスリーの偉業を達成しました!
おめでとうございます。

さらに、田中広輔選手が今日盗塁なしで、30盗塁の山田選手が、2年連続の盗塁王に輝きました。
こちらも、おめでとうございます。
30盗塁してから全く走れませんでしたが、2個差のまま逃げ切れてホッとしました。
数字的には物足りませんが、とにかくタイトルを獲得できて何よりです。

打撃部門のタイトルは、死球以後の成績が急降下で、打率、打点、本塁打とも逃しただけに、
せめて盗塁王だけでもタイトルを死守できてよかったです。

山田選手の今シーズンの成績は、明日にでもまとめて記事を書くつもりです。
その際に、またいろいろ感想など書きたいと思います。

真中監督は、順位が決まるまで、メンバーや打順はそのままで行くとして戦ってきましたが、
阪神が7連勝の快進撃で、ヤクルトは最終戦で負けたため、
5位に転落してシーズンを終えました。

今日は、小川投手が序盤は好投でしたが、結局スタミナ切れでつかまって逆転負け。
打線はランナーを出しながらも、追加点がとれないままでした。

死球禍で、身体もメンタルもボロボロの山田くんを、最後まで使うにしても、
あれだけバッティングを崩していて、ヒットが期待できない山田選手を
ずっと3番から動かさないままでは、勝ち目はなかったでしょうね。

今日でも、インコースどころか、外のスライダーにさえ腰が引けていました。
あれでは打てるわけがありません。
もう、ずっとこんな状態なのに、3番で使い続ける意味があったでしょうか?
大いに疑問です。

出続けて、打率ほか、今まで積み重ねきた打撃成績が急降下していくのを見るのは辛すぎました。
球団としては、山田くんの年俸が爆上げにならなくて助かったかもしれませんね。
それが狙いだったのかと勘繰りたくなりましたよ。いえ冗談ですけど。

そんな中でも、川端選手はさすがの帳尻力を見せ、きっちり3割に乗せてシーズンを終えました。
もうチョイ早く復調してくれていたらと思いました。

同じ3割を目指した坂口智隆選手は、今日はノーヒットで3割には届きませんでした。残念です。
川端選手の3割に配慮するのなら、
チームの功労者の坂口選手が3割になった時にも、そうしてほしかったと思いました。
順位が確定してなかったというのがあったにしても・・・。

ルーキーの廣岡くんは、今日は黒田投手から右への1安打。
来季がますます楽しみです!
雄平選手は、フルスイングから巧打者へ変身しつつありますね。
バッティングが上手くなりました。自由自在にヒットが打てます。
来季へつながる終盤の素晴らしい活躍でした。

そして、エースと言われた小川泰弘投手に、最終戦では意地をみせてほしかったですが、
結局、よかったのは8月だけでしたね。
いろいろ原因はあると思いますが、オフから来季のキャンプでしっかり修正して、
もう一度、エースにふさわしいピッチングを取り戻してほしいと願います。
小川投手に限らず、投手陣の整備が急務でしょうね。
そうでなければ、来季への展望が見えてきません。

2016年は、私にとっては、山田くんの死球禍があり、終盤、打撃が大失速となり、
つらくて苦しいことの方が多かったシーズンでした。
山田選手は、イップスかと思うくらい最後は不振に苦しみ、私は来季への不安が残りました。
このオフは、心身ともケアして、また元気を取り戻してくれるよう祈っています。
とりあえず、一度病院に行って、ケガしたところの再検査や(岩貞投手の死球では病院に行っていません)
さらには、メンタルクリニックをしてほしいくらいです。

写真は9月28日神宮 山田哲人選手
e0222575_22181850.jpg



選手の皆さん、1年間お疲れさまでした。
しばらくは、ゆっくり疲れを取って身体を癒して下さい。

by misty2011 | 2016-10-01 22:22

【9/28試合編フォト】神宮最終戦は逆転勝利!雄平同点打・西浦勝ち越し2ラン!

9月28日、神宮最終戦より、森岡良介選手の最終打席・胴上げに続き試合編のフォトレポです。
森岡選手編フォトは こちら

満員の神宮球場最終戦は、途中、小雨が降りましたが、ヤクルトファンの熱気にあふれ、
見事、逆転で横浜DeNAベイスターズを下し、森岡選手の引退に花を添えました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 シーソーゲームを制し逆転勝利!2016シーズン本拠地最終戦を白星で飾る!

写真を順に並べます。主に得点シーンです。

東京ヤクルトスワローズの先発は石川雅規投手
e0222575_1184640.jpg


初回、先頭の桑原選手にセンターへ2塁打を浴びます。
2死後、筒香嘉智選手に右中間スタンドに44号2ランホームランを放り込まれ2点先制されます。
e0222575_11113754.jpg


e0222575_11115575.jpg


続く宮崎敏郎選手にも一発を浴び、初回に早くも3失点
e0222575_11121226.jpg


サードの守備につく宮崎選手 パワーがあります。
e0222575_11122676.jpg


横浜DeNAベイスターズの先発はルーキーの今永昇太投手
e0222575_11162513.jpg


1回裏、ヤクルトは坂口選手がヒットで出塁
e0222575_11282118.jpg


川端選手は四球で歩き無死1、2塁も、山田、バレンティン選手が連続三振
鵜久森選手はショートゴロで得点なりません。

3回裏、先頭の雄平選手がヒットで出ます。
e0222575_11211518.jpg


西浦選手は四球で、この後、石川投手の送りバント、坂口選手は四球で2死満塁
ここで、川端慎吾選手がレフトへタイムリーヒットを放ち2-3
e0222575_11193120.jpg


e0222575_11194936.jpg


山田選手は四球で2死満塁も、バレンティン選手は空振り三振3アウト


4回裏、スタメンマスクの中村悠平捕手が、ライトスタンドへ3号ソロホームランを放ち3-3の同点
e0222575_11232641.jpg


ムーチョの意外な一発に宮出コーチが嬉しそう♪
e0222575_11235058.jpg


石川投手は、2回から4回までは横浜打線を0点に抑えます。
e0222575_1512171.jpg


しかし、5回、ヒットの桑原選手を2塁に置いて、ロペス選手にタイムリーヒットを打たれ3-4
e0222575_11383084.jpg


5回裏、ヤクルトは2死後、鵜久森選手がレフト線への2塁打で出塁
e0222575_11291896.jpg


つづく雄平選手がレフトへタイムリー2塁打を放ち、4-4の同点に!
e0222575_11293218.jpg


ナイスバッティング雄平選手!打撃好調です。
e0222575_11294353.jpg


DeNAの投手交代の間、福地コーチと笑顔で話す雄平選手
e0222575_112954100.jpg


ここで、横浜は今永投手から小林寛投手に交代
e0222575_1144531.jpg


西浦直亨選手がレフトスタンドへ6号2ランを放り込み6-4と勝ち越します!
e0222575_11442375.jpg


パンチ力がある西浦選手、久しぶりの一発がいいところで出ました。
e0222575_11444258.jpg


e0222575_11483989.jpg


e0222575_1145745.jpg


6回裏、代打で森岡選手が最終打席に立ち、セカンドゴロに倒れます。
森岡選手の写真は前の記事でご覧ください。1枚だけここに載せます。
横浜DeNAはサガスキー投手
e0222575_1231978.jpg


e0222575_11512234.jpg


7回からは平井諒投手が登板 1死後、石川選手を四球で出します。
e0222575_1152272.jpg


1死後、桑原選手に今日3安打目となるヒットを打たれ1死1、3塁
e0222575_11521671.jpg


梶谷選手は三振で、桑原選手が2盗すると、中村捕手が2塁へ悪送球して
その間に3塁ランの生還を許し6-5
今季、中村捕手は2塁への送球が不安定。来季への修正点ですね。
e0222575_11523877.jpg


その裏、ヤクルトはサガスキー投手から四球、内野安打、四球で2死満塁のチャンスを作りますが、
横浜は砂田投手に継投となり、代打・飯原選手がサードゴロで3アウト
e0222575_11581173.jpg


8回表、久古投手が登板し、筒香選手を見事空振り三振に仕留めます。
e0222575_127720.jpg


久古投手はワンポイントでルーキ投手に継投
e0222575_1285388.jpg


ヒットと四球でランナーを出し、代打・下園選手にところで、秋吉投手に交代
ショートフライに打ち取り0点で切り抜けます。
e0222575_12103289.jpg


その裏、1死後、川端選手がレフト前ヒットで出塁
e0222575_1211418.jpg


まだノーヒットの山田選手は、ストライクにも手が出ません。
このあと、空振り三振に倒れます。
e0222575_1212090.jpg


その間に、スタートを切っていた川端選手は2盗 
e0222575_12121825.jpg


つづく上田選手は四球を選びますが、荒木選手がサードライナーで3アウト
白崎選手に好捕されました。

9回も秋吉亮投手が続投で、最後は川端選手のファインプレーでゲームセット!
神宮最終戦で、ヤクルトが意地を見せ、6-5で逆転勝利を飾りました。
ゲームセットのハイタッチ
e0222575_1218209.jpg


ベンチ前でハイタッチ 山田くんと森岡選手がハイタッチ
e0222575_12183621.jpg


e0222575_12185079.jpg


このあと、最終戦のセレモニーが行われました。次回にアップします。

初回はどうなることかと思いましたが、ヤクルトが神宮最終戦をいい形で逆転勝利で飾りました。
石川雅規投手は6回を投げ4失点で8勝目。おめでとうございます。

打線は雄平選手があたっていますね。2安打1打点
川端選手もタイムリーなどマルチヒットで2打点と活躍。
スタメンマスクの中村悠平捕手も一時は同点となる3号ソロ
そして、西浦直亨選手が殊勲の勝ち越し2ランホームラン!
今シーズン、最も可能性を感じた西浦選手が、神宮最終戦で、一発の力を見せました。

ただ、山田哲人選手は今日もノーヒット
4タコ3三振1四球と、もう不調を通り越して、心身ともボロボロ状態で心配だけがつのりました。
深刻な状態ですね・・・。
2~3試合前あたりから、打席では少し後ろに下がって立っているように感じます。
やはり、あの死球のトラウマがあるんでしょうね・・・。
お休みさせてほしいですが、真中監督は使い続けて復調を待つようですね。

とにかく、山田くんの打席を見るのが辛すぎます。
追い込まれると、もう三振だろうって思い、その通りになりますからね・・・。
バットが振れなくて、どんどん悪くなってきているような・・・。立ち直る気配がありません。
使い続けることがいいのか悪いのか、私にはわかりません。
おそらく、あとすべてノーヒットでもギリギリ3割はキープできそうですが、
あまりにぎりぎりだとカッコ悪すぎます。
あと2試合ですが、最後は悔いのないバッティングをしてほしいです。
野球の神様、あと1安打、あと1盗塁、何とかしてください。お願いします。

by misty2011 | 2016-09-29 12:50 | 東京ヤクルトスワローズ

【9/14神宮】試合編フォト/ 石川力投、雄平粘り勝ち2点適時打

9月14日神宮球場観戦より、前の記事のお立ち台に続き、横浜DeNAベイスターズとの試合編フォトです。

うっかりミスで、記事の最初の部分が抜けていたので、再送信しました。

東京ヤクルトスワローズは、CS進出を目指し、3位横浜DeNA戦は、この試合を入れて残り4試合。
前日は完敗で4.5ゲーム差に広がり、もう一つも負けられません。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 石川投手が8回途中無失点で7勝目!バレンティン選手は30号到達の先制ソロ!

ヤクルトスワローズ先発は石川雅規投手
e0222575_9405059.jpg


横浜DeNAベイスターズは井納翔一投手
e0222575_9412957.jpg


2回、バレンティン選手が30号ソロホームランを放ち1点先制!
打った瞬間は撮り逃しました。1塁から2塁へ向かうバレンティン選手
e0222575_9421819.jpg


e0222575_9422528.jpg




e0222575_9424544.jpg


このあと、雄平選手がセンターへのヒット
e0222575_9484045.jpg


鵜久森選手もレフト前ヒットで続き無死1、2塁も西浦選手がショートゴロ併殺打など、追加点ならず。
e0222575_9484920.jpg


3回裏、先頭の坂口選手がヒットで出塁も、後続が倒れます。
e0222575_952522.jpg


力投する石川投手
e0222575_9533623.jpg


スタメンマスクは中村悠平捕手
e0222575_9541782.jpg


4回1死後、筒香選手にセンターへの2塁打を打たれます。
ホームランでなくてよかったとホッとしました。
つづく宮崎選手のライトフライで2死3塁から、
エリアン選手のライトへの打球を雄平選手がナイスキャッチして3アウト!
e0222575_9553984.jpg


4回裏2死後、西浦選手がレフトへの2塁打で出塁も、追加点ならず。
e0222575_9591327.jpg


5回裏、坂口選手が今日2本目のヒットで出塁 戸柱捕手のパスボールで2塁へ進みます。
e0222575_1005243.jpg


川端選手は四球を選び無死1、2塁のチャンスに、
山田選手の一打を手を合わせて祈りましたが、ファーストフライに倒れます。
バレンティン選手のファーストゴロで2死2、3塁。
e0222575_101482.jpg


ここで、雄平選手が執念を見せ、ファールで粘りまくります。
1球ごとに見ごたえがありました。
e0222575_1011747.jpg


そして井納投手が投じた11球目をレフトへ運び、ランナーが二者生還して3-0
e0222575_101041.jpg


2塁上で嬉しそうな雄平選手 大きな追加点となりました。
e0222575_1013253.jpg


6回裏、先頭の西浦選手がレフト前ヒットで出塁
e0222575_1075528.jpg


2死2塁となったところで、横浜DeNAはサガスキー投手に交代 坂口選手が倒れ得点ならず。
e0222575_10122762.jpg


7回裏、1死後、横浜DeNAは加賀投手に交代
e0222575_10125722.jpg


山田選手は大きなセンターフライに倒れます。
この打席が、まだ一番よかったくらいですが、今日も4打数ノーヒット
打率は、ついに.318まで落ちました。
e0222575_1013728.jpg


8回、石川投手は先頭の倉本選手にヒットを打たれ、2死2塁となったところで、
ルーキ投手に交代。桑原選手を三振に仕留め3アウト
e0222575_10164468.jpg


その裏、横浜DeNAは田中健二朗が登板 三者凡退に抑えられます。
e0222575_10185277.jpg


3点リードで9回は秋吉亮投手
e0222575_1019639.jpg


1死後、ロペス選手は疑惑のデッドボールで出塁
筒香選手はフェンス直撃の2塁打で1死、2、3塁のピンチ
e0222575_1021540.jpg


e0222575_10212222.jpg


代打の下園選手は初球を打ち上げキャッチャーファールフライで2アウト
これは助かりました。

しかし、エリアン選手にセンターへタイムリーヒットを浴び3-2と1点差
ヤクルト戦だけよく打つエリアン選手。次回も要注意です!
e0222575_10213423.jpg


最後は、倉本選手を空振り三振に斬ってとりゲームセット
小躍りしてマウンドに向かう中村悠平捕手 ナイスリードでした。
e0222575_1030841.jpg


3-2で逃げ切り勝利のハイタッチ 
ヒットがなかった山田くんの表情がちょっと切ない・・・。
e0222575_10312839.jpg


9時前に終わるスピーディーなナイスゲームでした。
e0222575_10313780.jpg


絶対に負けられない試合で、石川投手がベテランの意地を見せてくれました。
8回途中まで3安打無失点のナイスピッチング!
細心の注意を払いながらも、逃げることなく攻めました。
中村捕手との息も合っていましたね。
これで中村捕手も、前回の途中交代の屈辱が取り払われたことでしょう。よかったです。

打線は、バレンティン選手の30号先制ソロに始まり、
5回2死から、雄平選手が粘りまくって11球目をレフトへ2点タイムリーヒット!
あの殊勲打がなければ、試合はどっちに転んだかわかりません。
守備でもファインプレーで石川投手を守り立てました。
雄平選手の復帰は、本当に大きいと思います。

これからは一戦必勝の戦いが続きます。
最後まであきらめない強い気持ちで戦ってほしいです。


試合には勝ったものの、やはり山田くんの状態が心配です。
やっぱり阪神戦でのデッドボールの影響があるでしょうね。
阪神戦の初戦で3発打って、次の試合でぶつけられ、それ以降10打数ノーヒット。
マジで阪神バッテリーを恨みたくもなります。

あれだけもろにぶつけられて、それでも休まず試合に出ているのは頭が下がります。
私の本音としては、もうお休みさせてほしいですけどね・・・。
CSにまだ一縷の望みがあるので、休ませるわけにはいかないんでしょうね?

打率は.318まで落ち、出塁率もまだトップですが、僅差に迫られてきました。
山田くんの場合、パワーがあるわけではなく、身体全体をフルに使って球を飛ばします。
満身創痍の身体では、やりたくてもそれができないんでしょう。
痛みだって、まだ相当あると思います。
見ていて可哀想で、つらくなります。

このまま打率が下がり続けて、3割キープがギリギリになったら、どうするんでしょう?
トリプルスリーだけは絶対に確保してほしいので、そのへんは真中監督、わかっているでしょうね?
そこまで心配しなきゃいけなくなってきました。

幸い、今日はおやすみなので、心身とも疲れを癒して、明日からの巨人戦に向かってほしいです。
コンディションさえ上がれば、山田くんはまた打ちだすと祈るしかありません。
泣いても笑ってもあと8試合。悔いのない戦いをしてほしいです。

試合編以外のフォトは、このあと随時更新予定です。

by misty2011 | 2016-09-15 11:24 | 東京ヤクルトスワローズ

【9/14神宮観戦】石川投手7勝目&雄平選手2点適時打!お立ち台フォト

今日は神宮に行ってきました。
横浜DeNAベイスターズとの2連戦の初戦に敗れ、CSへ向け、今日は絶対に負けられない試合!

先発はヤクルトが石川雅規投手、横浜DeNAは井納翔一投手

ヤクルトは2回、バレンティン選手の30号ソロで先制すすると、
5回には雄平選手がレフトへ2点タイムリーヒットを放ち3-0とします。
投げては、石川投手が8回途中まで投げ、わずか3安打無失点の好投!
9回に秋吉投手が2点失いますが、3-2でヤクルトが逃げ切り、
DeNAとのゲーム差を再び3.5に戻しました。

今日負けるとCS進出は絶望でしたが、ヤクルトが意地を見せ勝利!
CSへ向け、何とか首の皮一枚つながりました。

試合編フォトは後回しにして、先に、今日の投打のヒーロー、石川雅規投手と雄平選手の
お立ち台の写真をアップします。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 石川投手が8回途中無失点で7勝目!バレンティン選手は30号到達の先制ソロ!

e0222575_2258692.jpg


今日は何と言っても石川投手の好投が光りました。
8回途中まで投げ無失点の力投!素晴らしかったですね。7勝目おめでとうございます。
絶対負けられない試合で、エースが踏ん張りました。
e0222575_22581417.jpg


e0222575_22582891.jpg


「ファンのみなさんと一緒に、なんとかCSにいけるように頑張りたいと思います。ご声援お願いします」
e0222575_22583936.jpg


e0222575_22584824.jpg


雄平選手は2安打2打点。7回、ヒットの坂口選手、四球の川端選手を置いて、
2死2、3塁のチャンスに、11球粘って、井納投手からレフトへの2点タイムリーヒット
3-0とリードを広げる殊勲の一打を打ちました。
e0222575_2259017.jpg


「(DeNAとの差が)なかなか縮まらないけど、根気強く一戦必勝で、
なんとか残り全部勝つ気持ちで、一生懸命頑張りたいと思います」
e0222575_22591347.jpg


e0222575_22593460.jpg


e0222575_22594980.jpg


e0222575_230082.jpg


e0222575_230957.jpg


今日の1勝が、CSにつながることを期待したいと思います。
とにかく勝ってよかったです♪

試合編フォトは、このあと準備出来次第アップします。

by misty2011 | 2016-09-14 23:18 | 東京ヤクルトスワローズ

7回集中打で4得点☆5-3で逆転!復帰の代打雄平が決勝打、坂口3安打1打点

東京ヤクルトスワローズは、CS争いをする横浜DeNAベイスターズに、直接対決で連敗を喫し、
ゲーム差が4.0に広がりました。
3つ負けるわけにはいきません。

本日の選手公示では、雄平選手が上がってきて、谷内選手が抹消されました。

3戦目の先発は、横浜DeNAが石田健大投手、ヤクルトは石川雅規投手
今日は1番西浦、2番比屋根選手で、スタメンマスクは中村悠平捕手

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 復帰の雄平選手が勝ち越しタイムリー!終盤に打線がつながり逆転勝利!

先制したのはDeNA
2回、石川投手は先頭の筒香選手にヒット、このあと四球、ヒットで1死満塁から、
戸柱捕手にセンター前タイムリーヒットを打たれ2点先制を許します。
2死後、桑原選手にもヒットを打たれ2死満塁から、白崎選手に押し出しの死球を献上して0-3

石川投手は5回、2死1、2塁とピンチを招き、宮崎選手の打席で交代となり、
2番手の松岡投手がサードゴロに打ち取り0点に抑えます。

6回、ヤクルトは代打の坂口選手がヒット、比屋根選手もヒットで1死1、3塁のチャンスに、
山田選手はサードゴロ併殺打に倒れ得点できません。

6回裏は村中投手が登板し、ランナーを出しますが0点に抑えます。

横浜は7回から継投に入り、2番手で加賀投手が登板し、1死後、鵜久森選手がヒットで出ると、
田中投手に交代。
ここから、ヤクルト打線が反撃開始!
復帰後、まだヒットがなかった川端選手がセンターへ抜けるヒットで1死1、3塁
荒木選手がライトへのタイムリー2塁打で1-3
西田捕手もライトへの2点タイムリー2塁打で、ついに3-3の同点に追いつきます。

つづく坂口選手もライトへのヒットで1死1、3塁となり、西浦選手は倒れますが、
代打で登場の今日復帰した雄平選手が、
センター前に落ちるタイムリーヒットを放ち4-3と勝ち越します!
やったね~雄平選手♪
なおもチャンスに山田くんはショートゴロで3アウト。

その裏、ヤクルトはルーキ投手が三者凡退に抑えます。

8回、横浜は山崎康晃投手が登板し、先頭のバレンティン選手が2塁打(代走は上田選手)
三輪ちゃんが送りバント決め、川端、荒木選手は四球で1死満塁。
西田選手は三振に倒れますが、
坂口選手が、途中出場で3安打目となるセンターへタイムリーヒットを放ち5-3
足が明らかに悪そうですが、勝負強い素晴らしいバッティング!

その裏、ルーキ投手が続投も、四球とヒットでピンチを招くと、久古投手に交代。
倉本選手はいい当たりのセカンドライナーで、飛び出した2塁ランナーの宮崎選手もアウトとなる
ダブルプレーに仕留め2アウト。
つづく戸柱捕手も打ちとり、この回を0点に抑えます。
ツキもありました。ナイスリリーフ久古投手!

9回、横浜はザガースキー投手が登板
1死後、まだヒットがなかった山田選手がセンター前ヒットで出塁。やれやれ1本出てよかったです。
上田選手のセカンドゴロでランナーが入れ替わり、2盗と戸柱捕手の悪送球で3塁へ進みますが、
三輪ちゃんが倒れ、追加点ならず。

2点リードで9回裏は秋吉投手が登板
上田選手の好守備もあって、三者凡退に抑えゲームセット。
ヤクルトが、5-3で横浜DeNAに逆転勝ちを収め、ゲーム差は3.0に戻しました。

7回の集中打がとにかく見事でした。
鵜久森選手から川端-荒木-西田ー坂口選手と5連打で同点とすると、
復帰初戦に代打で登場した雄平選手が、勝ち越しとなるセンター前タイムリーヒット!
当たりは決して良くありませんでしたが、気持ちで運んだ決勝打でした。
おめでとうございます。

写真はキャンプより 雄平選手
e0222575_129206.jpg


雄平選手のフルスイングを久しぶりに見て、何だかホッとしました。
お帰りなさい雄平くん!戻ってきて、早速決勝打とは、持っていますね~!

今日は途中出場の坂口選手が3安打猛打賞で1打点と、
いぶし銀のバッティングでチームを勝利に導いてくれました。
ホントに頼りになります。

川端選手にも復帰後初ヒットが出て、嬉しそうでしたね。

鵜久森選手がマルチ、荒木選手もマルチヒットで1打点と下位打線が奮起しました。

途中、中村捕手の代打で出てきた西田捕手も同点となる2点タイムリー2塁打と放ちました。
あの5回、中村捕手への代打はびっくりしました。
さすがに、中村捕手がちょっとかわいそうでしたね・・・。
まあ、しかし、そのあとマスクを被った西田捕手が、追加点を阻み、同点打を打ったのは立派でした。

山田選手は4打席までノーヒット、チャンスに2打席とも凡退でした。
今日は、当たりのそのものは悪くなかったですが、正面への打球ばかり。
最後にようやく1本ヒットがでて、ほっとしました。
明日につながるといいですね。

3点ビハインドになった時は、負けを覚悟しましたが、
よくぞそこから跳ね返しましたね。
今日はヤクルト打線に、負けられないという意地を感じた試合でした。

これでCSへの希望がつながりました。
明日からの連勝に期待したいと思います。
今日は、広島が勝ちましたが、巨人も坂本くんの逆転ホームランで勝ち、
胴上げは明日以降に持ち越しとなりました。

by misty2011 | 2016-09-08 22:46 | 東京ヤクルトスワローズ