Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:館山昌平 ( 82 ) タグの人気記事

3/23オープン戦vs楽天★3-8、荒木1号ソロ、館山2失点、原樹理&平井で6失点

東京ヤクルトスワローズは、今日は神宮でのオープン戦最後の試合、
東北楽天ゴールデンイーグルスとの一戦です。土日は札幌ドームに移動します。

先発は、ヤクルトが先発ローテ入りを目指す館山昌平投手、楽天は岸孝之投手
倉敷でのオープン戦では、ヤクルト打線は岸投手を打ちこみました。
スタメン2番センターには上田剛史選手が入り、坂口選手はレフトに回りました。

試合経過は ニッカンスコア

初回、館山投手は先頭の茂木選手に四球を与えます。
1死後、茂木選手の2盗を中村捕手が刺し、ぺゲーロ選手はファーストゴロで、3人で片付けます。
中村捕手、今年は打撃に加え、強肩も復活しましたね。素晴らしい2塁への送球でした。

その裏、2死後、坂口選手はセンター前ヒット。雄平選手もセンター前ヒットで1死1、3塁。
このあと、岸投手のワイルドピッチで、3塁から坂口選手がホームインしてヤクルトが1点先制!
畠山選手は見逃し三振で3アウト。

2回、館山投手はこの回も三者凡退に抑えます。
その裏1死後、大引選手がセンター前ヒット&2盗成功も、後続が倒れ得点ならず。

3回の表裏は両チーム三者凡退。
館山投手は今日も半袖姿で元気です。

4回1死後、館山投手は銀次選手にセンター前に初ヒットを許します。
2死後、ウィーラー選手にレフト前ヒットを打たれ2死1、3塁
島内選手の打席で、中村捕手のパスボールにより、3塁ランナーが生還して1-1の同点に。
両チームともバッテリーミスで失点しました。

島内選手は死球で2死1、2塁から、
今江選手にライト前タイムリーヒットを打たれ1-2と勝ち越されます。
なおも2死2、3塁のピンチでしたが、聖澤選手を空振り三振に仕留め3アウト。
館山投手はこの回、中村捕手の後逸から、急に制球が乱れバタバタしました。

その裏2死後、荒木選手がライトへのヒットで出ますが、大引選手が空振り三振で3アウト。

5回、館山投手は大引選手の横っ飛びファインプレーもあって、三者凡退に抑えます。

その裏、2死後、西浦選手がセカンド後方ライト前のラッキーなポテンヒットで出塁も、
上田選手は空振り三振で3アウト。

6回、館山投手は抜け球が増えてきました。
1死後、ペゲーロ選手に四球を与え、代走の田中和基選手が2盗成功して1死2塁。
ウィーラー選手は空振り三振で、
2死となったところで、サイド気味にフォームを変えた中澤雅人投手に交代。
後続をセカンドゴロに打ち取り3アウト。

その裏、楽天は左サイドスローのルーキー高梨雄平投手が登板。
あら、楽天にも雄平選手がいるんですね。
坂口選手三振後、雄平対決はヤクルト雄平選手がサードゴロに倒れます。
畠山選手は見逃し三振で3アウト。昨日はホームランを打ちましたが、まだまだですね。

7回、ヤクルトは原樹理投手-西田明央捕手にバッテリーごと交代。
原樹理投手は、先発ではなく中継ぎ要員のようですね。
いきなり先頭の今江選手にセンター前ヒットを打たれます。
聖澤選手にはショート内野安打を打たれ無死1、2塁。
嶋捕手には頭近くへ危ない1球があり、
そのあと、嶋捕手がバスターから、怒りのレフトへタイムリーヒットを放ち、1-3と2点差に。

無死1、3塁から藤田選手は打ち取りますが、茂木選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ、
1-4と3点差。
なおも1死1、2塁から、銀次選手はショートフライでようやく2アウト。
田中選手には四球を与え2死満塁。
代打・松井稼頭央選手はピッチャーゴロで3アウト。しかし、2点追加点を奪われました。

先発枠から外れ、中継ぎに回りましたが、これでは中継ぎも厳しいですね。
今年の原樹理投手は去年とは違う、やってくれるとは何だったのかと思うほど、
がっかりした投球内容でした。

その裏、楽天の小山雄輝投手から、荒木貴裕選手がレフトスタンドへ1号ソロホームランを放ち2-4
大引選手はセンター前ヒットで代走は比屋根選手。
つづく西田捕手は3塁線を破るヒットで無死1、3塁。
途中出場の飯原選手はサードゴロ併殺打も、3塁ランナーがホームインして3-4と1点差。

8回、ヤクルトは村中恭兵投手が登板
2死後、毎度の四球でランナーを出しますが、盗塁を1、2塁間で挟殺して3アウト。

その裏1死後、グリーン選手が濱矢投手からセンターへのヒット、代走は三輪ちゃん。
雄平選手は四球で1死1、2塁から、畠山選手はキャッチャーファールフライで2アウト。
荒木選手はセンターフライで得点ならず。

9回は、前日、左腕に打球を受けた平井諒投手が、無事だったようでマウンドに上がります。
先頭の嶋捕手がレフト前ヒット。送りバントで1死2塁。
つづく茂木栄五郎選手にレフトオーバーのタイムリー2塁打を打たれ3-5
平井投手、球速はそこそこ出ていますが、簡単に打たれますね。
銀次選手は四球で1死1、2塁。
田中和基選手には左中間へのタイムリー3塁打を打たれ3-7

ここで、ヤクルトは近藤一樹投手に交代。
松井稼頭央選手をセカンドゴロに打ち取りますが、
ホーム送球も、荒木選手のフィルダースチョイスで田中選手がセーフとなり3-8
島内選手には1、2塁間へのヒットを打たれ1死1、2塁。
このあと、後続を打ち取りようやく3アウト。この回4点を追加されました。

9回裏、菅原投手から1死後、西田捕手がレフト前ヒット
続く代打の榎本葵選手はレフト前ヒットで続き1死1、2塁。また打ちました。凄い!
1軍に上がってきた奥村展征選手はファーストゴロで2死2、3塁。
鵜久森選手は空振り三振でゲームセット。
ヤクルトは3-8で楽天に屈しました。

先発の館山昌平投手は、6回途中まで投げ、3安打5奪三振3四死球で2失点(自責は1)
3回までは良かったですが、4回にバッテリーミスから、不安定な投球となり失点しました。
ただ、捕逸がなければ抑えられたかもしれません。
球数は100球がメドでしょうね。

2番手で投げた原樹理投手が、中継ぎに回って今日はいいところなしの投球だったので、
館山投手のローテ入りは、ほぼ確定でしょうね。

平井投手も不調が続いていて、ブルペンに余裕がなくなりました。
開幕までに、役割分担を整備してほしいです。

打つ方では、荒木貴裕選手がオープン戦1号ホームランなどマルチヒットで1打点。
地味ながら、少しずつ地力をつけてきています。
沖縄浦添キャンプより、荒木貴裕選手
e0222575_14383379.jpg


あとは、大引選手が2安打、途中出場の西田捕手が2安打と打でアピールしました。
また、代打の榎本葵選手が今日もヒットを打って、打数は少ないながら、打率.625と好調です。
スタメンで使ってほしいですね。

昨日ホームランを打った畠山選手は、今日は4タコ2三振と精彩がありませんでした。

明日は試合がなくて、この後、土日は札幌ドームに移動してオープン戦は終了となります。
最後はいい形で勝って開幕を迎えてほしいです。

by misty2011 | 2017-03-23 16:59 | 東京ヤクルトスワローズ

3/12オープン戦、館山5回無失点、5投手リレーで広島を4-0完封

昨日のオープン戦は、福山で広島東洋カープに2-1と競り勝った東京ヤクルトスワローズ
今日は敵地本拠地マツダスタジアムでの一戦です。

先発は広島カープがジョンソン投手、ヤクルトは館山昌平投手と西田明央捕手のバッテリー

試合経過は ニッカンスコア

初回、大引選手がショートフライで1死後、坂口選手がレフトへの2塁打で出塁。
3番の鵜久森選手がセカンドフライに倒れ、雄平選手は見逃し三振で3アウト。

その裏、館山昌平は2死後、丸選手のピッチャーゴロを1塁へ悪送球し、このあと2盗され2死2塁。
つづく松山選手をファーストゴロに打ちとり無失点で切り抜けます。

2回、ヤクルトはあっさり三者凡退。
その裏、館山投手は3人で片付けます。

3回、ヤクルトは先頭の西田明央捕手があわやホームランかというレフトフェンス直撃の2塁打で出塁。
廣岡選手はサードゴロも、メヒア選手の1塁悪送球で、2塁から西田捕手が生還して1点先制!
なおも無死2塁で、大引選手のセカンドゴロ進塁打で1死3塁。
つづく坂口選手のサードゴロで、3塁ランナーが生還して2-0、2死ランナーなし。
鵜久森選手はショートフライで3アウト。
ヤクルトは、タイムリーヒットなしで2点奪いました。

その裏、館山投手は先頭の下水流選手にヒットを打たれますが、
會澤捕手をセカンドゴロ併殺打に仕留め、安部選手をサードゴロに打ち取り3アウト。
廣岡選手、強肩ですね。1塁へ矢のような送球でした。

4回、ヤクルトは雄平、畠山選手が連続三振。グリーン選手はセカンドゴロで3アウト。
雄平選手は2打席連続見逃し三振で、打率が急降下しています。

その裏、館山投手はペーニャ選手にセンターへヒットを打たれ、
1死後、松山選手にライト線への2塁打を浴び、1死2、3塁のピンチ。
しかし、エルドレッド選手はサードファールフライ、新井選手は見逃し三振に斬ってとり、
得点を許しません。

5回からカープは薮田和樹投手が登板
西浦、西田、廣岡選手が三者連続三振に倒れます。

その裏、館山投手はメヒア選手にレフト前ヒットを打たれますが、
下水流選手をファーストゴロ併殺打に仕留めるなど三者凡退に抑えます。

館山投手は5回を投げ、4安打無四球無失点と好投。
心配されたコントロールが今日はまずまずで、何より四球なしが良かったですね。

6回、カープは飯田哲矢投手が登板。
広島は、メヒア、ぺーニャといい他球団の選手と同じ名前が多くて紛らわしい。
大引、坂口選手が倒れ2死後、鵜久森選手がレフト前ヒットも、雄平選手はショートファールフライ。

その裏、ヤクルトはギルメット投手が登板
2奪三振など、簡単に3人で片付けます。なかなかいいですね~♪

7回、広島はブレイシア投手
先頭の畠山選手が三遊間へのヒットで出て、代走は比屋根選手。
ここで、グリーン選手がセンターバックスクリーン右に1号2ランホームランを放り込み4-0
みどりちゃんに待望の一発が出ました。
相手投手が単調なピッチングなので、何とも言えませんが、ようやく大きいのが出たのは明るい材料。

西浦選手もレフトへの2塁打で出塁し、西田捕手のファーストゴロで1死3塁も、
廣岡、荒木選手は連続空振り三振で追加点ならず。
勝ってはいるのものの、今日は三振が多いですね。

7回裏、ヤクルトはルーキ投手が登板で、きっちり3人で退けます。

8回、広島はジャクソン投手。
ヤクルトは2死後、雄平選手がヒットで出て、代走の山崎選手が2盗成功。
比屋根選手はセンターフライで3アウトチェンジ。

その裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板
危なげなく三者凡退に抑えます。

9回、広島は今村猛投手が登板
ヤクルトは3人で終了。

その裏、4点リードでヤクルトは平井諒投手が登板
三者凡退締めでゲームセット
ヤクルトが4-0で広島を完封して、このカード2連勝!

館山→ギルメット→ルーキ→石山→平井投手の5投手で、無四球完封リレーで広島を下しました。
2番手以降の投手は、カープ打線をノーヒットパーフェクトに抑える好投でした。

先発で好投した館山昌平投手が、オープン戦初勝利、おめでとうございます。
写真は沖縄キャンプ2月6日 午後自主練習の館山昌平投手
e0222575_1145347.jpg



相手エラーから2点先制し、グリーン選手の2ランで4-0と突き放し、
投げては無四球完封リレーと、ヤクルト的にはいい形での勝利でした。
ただ、打線はカープ5投手の前に12三振するなど、反省点も多い試合でした。

試合を見ての感想は、
昨年、カープはタナキクマルの大活躍で優勝しましたが、
WBC出場で、そのうるさい田中、菊池選手が抜けただけで、2試合とも、こんなにもつながらなく、
いやらしさがなくなる打線かと思いました。
タナキク不在で、私のイライラメータは全く針が動かず穏やかなものでした。
二人が揃った公式戦だと、こうは行かないんでしょうね・・・。

ヤクルト打線は、それほど当たっているとは思えず、先制点につながった西田捕手の2塁打、
西浦選手の2塁打、そしてグリーン選手の2ランの長打が効果的でした。

正捕手争いでは、中村捕手が一歩も二歩もリードしていますが、西田捕手も打撃では頑張っています。
西浦選手は、このまま行けば、開幕ショートが大引選手がガチなら、サードでスタメンでしょうか?
廣岡選手が、この2試合ノーヒットと元気がないので、ここからどう巻き返すかにかかっています。

捕手、内野陣はいい競争ができていますが、外野は昨年通りの布陣になりそうですね。
上田選手あたりにもう少し頑張ってほしいと期待しています。

by misty2011 | 2017-03-12 16:25 | 東京ヤクルトスワローズ

館山昌平投手2017キャンプフォト(動画リンク1)

2017東京ヤクルトスワローズ春季沖縄浦添キャンプより、今回は館山昌平投手です。

キャンプレポは、「ヤクルトスワローズ」のタグではなく、「浦添キャンプ」のタグとなります。

キャンプ初日 ブルペン
館山、石川投手両雄が並んでブルペン入り
e0222575_1133294.jpg


e0222575_11255426.jpg



2月2日 陸上トラック芝生でキャッチボール
e0222575_1134368.jpg



2月3日 ブルペン
e0222575_11351794.jpg


e0222575_11354482.jpg


e0222575_11362762.jpg


一連の投球動作がブレブレになりましたが、迫力があるので載せておきます。
e0222575_11364132.jpg


e0222575_11365371.jpg


e0222575_11371570.jpg


e0222575_1137268.jpg


e0222575_11374012.jpg



2月6日 走塁練習 西浦、比屋根選手との珍しい組み合わせで走ります。
e0222575_11393247.jpg


e0222575_11394943.jpg


6日 ブルペン
e0222575_11403339.jpg


e0222575_1141931.jpg


e0222575_11411968.jpg


e0222575_11413076.jpg



6日 午後、メイン球場のライト側外野でキャッチボール
鍛えられた筋肉!
e0222575_13274368.jpg


e0222575_13281147.jpg


e0222575_13283391.jpg


e0222575_13284846.jpg


e0222575_1329116.jpg



6日 全体練習後、再びブルペンでピッチング練習
この日は、おそらく投手陣の中で、館山投手が一番多く投げたでしょうね。
e0222575_11432829.jpg


右ひじの手術痕が見えました。
e0222575_11434376.jpg


ふくらはぎの筋肉がスゴイ
e0222575_11435868.jpg


e0222575_11441686.jpg


e0222575_11442853.jpg


e0222575_11443827.jpg


e0222575_11445246.jpg


リラックスして投げていたので、笑顔が多く見られました。
e0222575_1145347.jpg


2月8日 内野総合守備練習に参加 YouTube動画
毎度ながら動きにカメラがついていけず、何を撮っているかよくわかりませんが。
 https://youtu.be/CP-8x-0B0FA



幾度もの手術を乗り越えた館山投手ですが、ここ1~2年は制球に苦しみました。
球威は戻ってきていますが、今シーズンは課題のコントロールがどう修正できているでしょう。
それによって、先発ローテに生き残れるかどうかが決まるように思います。


by misty2011 | 2017-02-18 12:07 | 東京ヤクルトスワローズ

途中までは接戦も、終わってみれば大敗★2-9 ヤクルト4連勝で止まる

8月に入って4カード勝ち越し、4連勝と勢いに乗る東京ヤクルトスワローズ

読売ジャイアンツとの3戦目の先発は、ヤクルトが館山昌平投手、巨人はマイコラス投手
今日は大引選手がショートスタメンに入りました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 バレンティン選手がスタンド最上段への特大アーチも…投手陣が踏ん張れず連勝ストップ


先発の館山投手は3回までパーフェクトピッチング
心配されたコントロールも今日はまずまず。
自身、相性の悪い巨人相手でも期待できるピッチングでしたが・・・。

4回、館山投手は2死後、坂本選手に四球を与え2盗を許します。
つづく阿部慎之助選手にセンターへタイムリーヒットを打たれ1点先制されます。

その裏、バレンティン選手が、インコースへののけぞる危ないボール球のあと、
レフトスタンド場外へ、特大の21号ソロホームランを放ち1-1の同点に!

直後の5回、館山投手はギャレット選手に一発を浴び1-2と勝ち越されます。

6回には、長野、坂本選手のヒットなどで1死1、3塁から、
再び阿部選手にセンターへタイムリーヒットを浴び1-3
村田選手に四球を与え、2死1、3塁となったところで、岩橋投手に交代。
ギャレット選手に投じた初球が暴投となって1-4となります。

その裏、ヤクルトは、坂口選手が内野安打、比屋根選手はヒットも、
西浦、バレンティン選手が倒れ、今浪選手は死球で2死満塁。
谷内選手のサードゴロを、村田選手がファンブルするエラーで1点かえして2-4

7回は平井諒投手が0点に抑えます。

8回は松岡投手が登板も、橋本、坂本選手に連続四球、阿部選手は内野安打で無死満塁。
村田選手は空振り三振に仕留め1死満塁となりますが、
ギャレット選手に、前進守備のセカンドの頭を越えるタイムリーヒットを打たれ2-6

う~ん、この場面で前進守備を敷いていたのは疑問でした。
定位置であれば、セカンドゴロ併殺打がとれたかもしれません。
また、不可解な守備シフトで、やらなくてもいい失点をしましたか・・・。

今シーズンは、何故そんな守備位置なのというケースが多いですね。
しかも裏目に出ること目立ちます。誰が指示を出してるの!?

9回は近藤一樹投手が登板し、脇谷選手に2塁打、
長野選手はライトへの飛球を途中出場の上田選手が捕球できずヒットとなります。
長野久義選手は、これでプロ通算1000安打となりました。

このあと、橋本到選手にタイムリーヒットを打たれ2-7
坂本選手にもタイムリーヒットを浴び2-8
村田選手にもタイムリー2塁打を浴びて2-9と一方的な展開に。

追いかけるヤクルトは、9回、高木勇人投手の前に三者凡退でゲームセット。

巨人に連勝してこのカードの勝ち越しは昨夜決めましたが、3戦目は大敗に終わり、
ヤクルトの連勝は4で止まりました。

先発の館山投手は3回までは、今季いちばんの好投でしたが、
4回は四球後に阿部選手にあっさりタイムリーを打たれ先制されると、
同点に追いついた直後に、ギャレット選手に一発を浴び、
さらに6回には、またも阿部選手にタイムリーを打たれ、
代わった岩橋投手が、痛恨のワイルドピッチで4点目を献上。
流れがどんどん悪くなりました。

さらに、終盤、松岡、近藤投手が打たれ、2-9と点差が広がりました。
こうなると、ヤクルトには挽回する力はありませんでした。

せっかく若手選手の躍動で4連勝しましたが、今日の試合は、また後戻り。
弱い時のヤクルトそのものでした。

館山投手も、8回に打たれた松岡投手も、四球からの失点で、
ヤクルトが負けるときの悪いパターンでしたね。

館山投手は、3回までがよかっただけに、期待しましたが、やはりこれが限界なんでしょうか?
勿体ないのと同時に寂しさを感じました。

e0222575_2251996.jpg


負けるべくして負けたので、それほどダメージは残りませんが、連勝が止まり
せっかくの上昇ムードが続かなかったのが残念です。

また、仕切り直しですが、来週は、横浜DeNA、広島カープと、上位クラスとの戦いとなるので、
ちょっと厳しいかもしれませんね。

by misty2011 | 2016-08-14 22:27 | 東京ヤクルトスワローズ

燕6連敗!打たれ続ける館山投手、打てそうもない山田選手、見るのが辛くなっただけの試合

東京ヤクルトスワローズは、昨日も大敗してこれで5連敗。
東京ドームでは、今季8戦全敗となりました。

3戦目の先発は、読売ジャイアンツがマイコラス投手、ヤクルトは館山昌平投手
日替わりスタメンは、1番に大引選手が戻り、2番は今日1軍昇格の山崎晃大朗選手
3番坂口、4番山田選手と続きます。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 バレンティン選手の19号ソロも、序盤の失点響き6連敗

どんなに打順をいじっても、結果は同じでした。

先発の館山投手は初回こそ、ランナーを出しながらも0点に抑えますが、2回につかまります。
先頭の村田選手から3連打浴び1点失うと、小林誠司捕手にも打たれ満塁となり、
1死後、長野選手にタイムリー、2死後、坂本選手にタイムリー、
阿部慎之助選手にタイムリー2塁打を浴び、この回、7安打浴び一挙6失点。
2回で試合が決まりました。

4回にも、2死1、2塁から村田選手にタイムリー2塁打を浴び0-8

相変わらず制球がばらつき、真ん中付近に入った甘いストライクを打たれ続けました。
何を投げても打たれる館山投手を見るのは忍びなかったです。

打線はマイコラス投手の前に、3回までパーフェクトに抑えられます。
4回、先頭の大引選手がチーム初ヒットで出塁も、後続が倒れます。

5回、先頭のバレンティン選手(誤変換訂正)が
右中間スタンドへ19号ソロホームランを放り込み1点かえして1-8

写真は4月10日ハマスタ バレンティン選手
e0222575_19372255.jpg


5回からヤクルトはバッテリーごと交代で平井諒投手、西田明央捕手のバッテリー
6回まで2イニングを三者凡退にきっちり抑えます。

7回は土肥投手が登板し、2死1、2塁から小林誠司捕手にタイムリー2塁打を浴び1-10

8回は秋吉投手が登板し、坂本選手に2塁打を打たれますが、0点に抑えます。

9回、巨人は戸根投手が登板
2番からの打順も三者凡退、最後は山田選手が力ないセンターフライに倒れゲームセット。

ヤクルトは阪神戦から6連敗、東京ドームでは今季9連敗、昨季からだと10連敗となりました。

打線はマイコラス投手から散発5安打、バレンティン選手の一発の1得点のみでした。
途中出場の西田選手が2塁打を含む2安打と奮起しました。

ルーキーの山崎晃大朗選手が昇格即2番ライトスタメン出場も、
先発がマイコラス投手というもあって、初ヒットは出ませんでした。

山田選手は今日は4打数ノーヒット。
東京ドーム3連戦は、死四球で出塁しただけで、ついにノーヒットに終わりました。
打率はミルミル下がり.335まで落ちました。

この後、ナイターで試合があるDeNAの筒香選手に抜かれるのは時間の問題でしょうね。
本塁打数は既に抜かれ、打点もおそらく抜かれるでしょう。
安打数も倉本選手が今日ヒットを打ったのでトップの座から落ちました。
かろうじて盗塁だけ1位をキープしています。
現在、出塁率も1位ですが、これも筒香選手次第では抜かれる可能性があります。

この際、タイトルは置いといて、2年連続のトリプルスリーだけは、確実なものにしてほしいです。
打率は下がりだすと、あっという間なので、ちょっと心配ですが、3割は大丈夫と思いたいです。
盗塁もあと5個なので、イケるでしょう。

2年連続トリプルスリー達成なら史上初の快挙です。
タイトル獲得以上に、はるかに難関の偉業となります。
この際、もうそれだけで十分でしょう。
チームの勝利を常に目指してプレーしている山田くんにとって、今季のチーム状態では、
自分のモチベ―ションを保つことは、どれほど難しいことかと察せられます。

これ以上、心身とも疲弊させないでほしいと願います。
まだ、この先、長い野球人生なので、先を見据えて身体を大事にいたわってほしいです。
そちらの方が、はるかに大切です。

今日の打席では見るからに覇気がなく、守りについた時も、目がうつろでした。
昨日、背中にデッドボールがモロ当たって、その痛みがまだあったのかもしれませんが、
とにかく身体から生気が失われている感じ。
こうなることはわかっていたので、昨日のブログで、私はお休みさせてほしいと書きました。
今日のような山田くんを見るのは、ホントに辛かったです・・・。

巨人の阿部選手は当然としても、今日の坂本選手や、ここまでの筒香選手なんかも、
試合が決まったあとは、ベンチに下がることが多く見られます。
そうやりながら、コンディションを維持しています。

フルイニングなんて、意味のないことへのこだわりは捨てましょう。
確かに出つづけることは大変なことですが、
鳥谷選手を見ても、途切れてみて、あれは何だったのと、かえってさっぱりした感じです。
早めにラクになりましょうよ。

今シーズン、山田選手は、ずっと足腰状態が悪いままフルイニング出場しています。
しかも昨年からフルイニングを続けている山田くんに関しては、
身体がつらそうな時は、休ませるべきだと思います。
ホントは心身とも、こんな疲労困憊になる前に、早めに休ませるなどベンチは配慮して欲しかったです。
もう今さら遅いんですけどね。

昨年の三冠トリオの畠山、川端選手が離脱し、雄平選手まで抜けた今、
チームの顔である山田くんは、どんなに疲れていても不調でも、
自ら休むなんてことは言わないんでしょう。
だからこそ、ベンチが配慮してほしいのです。

今日のような山田くんなら、試合に出ていても、ファンとしては、見るのがつらくなるだけでした。

心身ともコンディションさえよくなれば、山田くんの調子は戻ってくると信じています。
今がどん底なら、これからは上がってくるのを待つだけです。

8月は、屋内の試合はナゴヤドームの3試合のみ。
あとは屋外の連戦が続きます。消耗度はハンパありません。
これ以上、疲れが溜まって負担にならないようしてほしいものです。

今日で7月が終わり、月が変わることで、ヤクルトも何か流れが変わってくれることを祈るしかありません。
ひとつ、大事なことを書き忘れていました。
山田くんの母校、履正社高校が大阪代表で夏の甲子園出場を決めました。
6年ぶり3度目の出場です。おめでとうございます。
山田くんも、後輩たちの活躍に喜んでいることでしょう。
これで、山田くんが少しでも元気になるといいですね。

by misty2011 | 2016-07-31 19:43 | 東京ヤクルトスワローズ

館山今季初勝利☆6-3、バレ18号ソロ&西浦3号満塁弾

梅雨空のつづく東京を離れ、今日から東京ヤクルトスワローズは、
ナゴヤドームで中日ドラゴンズとの3連戦

先発は中日がバルデス投手、ヤクルトは館山昌平投手
スタメンファーストはジェフン選手、サードは西浦直亨選手

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 先発・館山投手が5回2失点で今季初勝利!西浦選手は自身初の満塁打!!

初回、大引選手がヒット、坂口選手は四球で出塁。
バレンティン選手は三振に倒れますが、山田選手は脚に死球を受け1死満塁となります。
ここで、雄平選手がレフトへ犠牲フライを運び、ヤクルトが1点先制!

3回には先頭のバレンティン選手が18号ソロホームランを放ち2-0
山田くんは、レフトフェンス直撃の、あとちょっとでホームランの惜しい当たりの3塁打で出塁。
しかし、後続が3人が凡退して追加点ならず。
今年のヤクルトは、こういうケースでベンチは無策、打者も工夫なく凡退することが目立ちます。

館山投手は3回まで中日を0点に抑えます。
4回、先頭の平田選手に四球を与え、ビシエド選手は三振に仕留めますが、
ナニータ選手の1塁ゴロをジェフン選手が弾いて1塁のみアウト。
2死2塁から、福田選手に1塁横を抜けるライトへのタイムリーヒットを打たれ2-1

追加点が欲しいヤクルトは5回、坂口選手がヒット、1死後、山田選手は四球を選び
2死後、ジェフン選手も四球で歩き2死満塁のチャンス。
ここで、西浦選手がレフトスタンドへ3号満塁ホームランを放り込み6-2と突き放します。
謎の長打力を最高の形で発揮しました。ナイスホームラン!!
館山投手にとって大きな援護となりました。

その裏、館山投手は、エルナンデス選手に2塁打を打たれると、
平田、ビシエド選手に連続四球で1死満塁のピンチ。
つづくナニータ選手に犠牲フライを運ばれ6-2となります。

6回からは継投に入り、村中投手が無失点に抑えます。

7回は平井諒投手が登板し、平田選手に2塁打を打たれ、
2死3塁からナニータ選手にレフトへタイムリーヒットを浴び6-3
平井投手は、復帰直後ほど腕が振れなくなってきているのが気がかりです。

8回はルーキ投手が無失点に抑えます。

この間、ヤクルトは中日のリリーフ陣、山井-福谷-伊藤準規投手の前に得点できません。

3点リードで9回裏は秋吉投手が登板
1番からの打順を三者凡退に抑えゲームセット
ヤクルトが6-3で中日を下しました。

館山投手は5回2失点で今季初勝利、おめでとうございます。
4、5回には2四球ずつ与えるなど、まだ制球が安定しませんが、
何とか踏ん張って2失点に抑えました。

今日は何と言っても、勝利を決定づけた西浦選手のグランドスラムが効きましたね。
バッティングに粗さはありますが、この長打力は魅力のひとつです。
サードの守備は今日は無難にこなしました。

3号グランドスラムは今季チーム初の満塁弾! 写真はキャンプより 西浦直亨選手
e0222575_23325465.jpg



試合には勝ちましたが、一つ不満があるとすれば、ジェフン選手のファーストスタメン起用ですね。
やっつけで1塁を守りましたが、エラーこそないものの、併殺がとれる場面でとれず、
2塁にランナーを残し、そのあとタイムリーを打たれました。
連係プレーもハラハラしました。
本職は外野なので、1塁で使うのは勘弁してほしいですね。
打撃の方も、どのボールも同じように振り回すだけのように見えました。
ファーストスタメンで使うほどのレベルではないように思います。

しかも今日は、5番以下が、雄平、ジェフン選手と並べる打順は、全くセンスを感じませんでした。
誰がこのオーダーを組んだんでしょう!?

1塁は西田選手を捕手として使わないのであれば、西田選手か今浪選手の併用でいいと思いますけどね。
サードは、西浦選手が今日は結果をだしたので、今浪選手との併用になるでしょうね。

また、ベンチに信頼がないようですが、
たまには西田捕手をスタメンマスクで起用してもいいんじゃないでしょうか?
中村捕手の打撃が一向に上がりませんからね。

今日の山田くんは、2打数1安打2死四球でした。
フェンス直撃の打球は、神宮ならという当たりで惜しかったですね・・・。
今日、また筒香選手が菅野選手からホームランを打ったので、これで2本差となりました。
【追記】その後、延長でサヨナラホームランを放ち1本差・・・。
これで3試合連続マルチホームランとな!!ちょっと凄すぎ!
あちらは止まりませんね・・・。ま、そのうち落ちてくるとは思います。

最近は、山田くんは危ない死球がまた増えてきてドキッとします。
とにかく、ぶつけられてケガだけはしないよう願っています。

守備は、今日は随所に好プレーがあって軽快でした。
3塁打の時の走塁を見ると、やはり足はまだ万全の状態からはほど遠いようですね。
それでも、懸命に走って3塁まで行ったのに、後続3人が何もできず、走り損になりました。
こういうところで、何としても1点を取る野球をしてほしいものです、真中監督!

明日は山中投手の先発なので、連勝を期待しましょう。

by misty2011 | 2016-07-22 22:24 | 東京ヤクルトスワローズ

館山好投も白星消える、8回山田エラー&四球からルーキが逆転満塁被弾

横浜DeNAベイスターズとの初戦は、
山口俊投手の今季いちばんとも思える好投の前に、完封負けを喫した東京ヤクルトスワローズ

2戦目の先発は、DeNAが砂田毅樹投手、ヤクルトは今日1軍復帰となった館山昌平投手
館山投手は、4月20日群馬県内の病院にて、右肘関節遊離体摘出とクリーニングの手術を受け、
リハビリ、2軍での実戦登板を経て今日1軍昇格となりました。

選手公示では、館山投手とともに西浦直亨選手が昇格して、即1番ショートスタメンで出場!
大引選手の腰の状態は、ぎっくり腰に近いそうで、
西浦選手はショート、サード、そしてセカンドのバックアップとして、
大いにアピールしてもらいたいです。
ファーストは今日も西田明央選手がスタメンです。

なお、比屋根渉選手と土肥寛昌投手が抹消されました。

それから、原樹理投手の続報です。
6月29日に右肩の違和感で3回途中降板となり登録抹消されていましたが、
7月6日、横浜市内の病院で右肩の検査を受けた結果、右肩甲下筋の肉離れと診断されました。
全治は未定で、3~4週間はノースロー調整となる見込みだそうです。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 約3ヵ月ぶり先発の館山投手が6回途中2失点の粘投も、逆転許し2連敗…

今日の逆転負けの試合は、今季ワーストゲームのひとつでしょうね・・・。

初回、坂口選手がヒット、山田選手もヒットで続き、6月14日以来となる2盗に成功!
足の状態を心配していましたが、今日は相手バッテリーが無警戒で、初球から走りました。
ただ、2塁ベース上でもストレッチをするなど、やはり足は気にしている様子でした。
2死2、3塁となり、バレンティン選手は四球で2死満塁も、雄平選手が倒れます。

その裏、立ち上がりの館山投手は、内野安打、暴投、四球でピンチを招きますが、
ロペス選手を空振り三振に仕留め無失点で切り抜けます。

ヤクルトは2回、西田選手がサードエラー、中村捕手がヒットでつなぎ、
館山投手が送りバントを決め1死2、3塁。
西浦選手は倒れますが、坂口選手が先制のタイムリーヒット、
川端選手もレフトへの2点タイムリーヒットで、この回3点奪います。

その裏、館山投手は梶谷選手にヒットを打たれ2盗を許すと、
戸柱捕手にレフトへのタイムリー2塁打を浴び3-1

ヤクルトは4回、西浦選手がヒット、坂口、山田選手が四球で歩き1死満塁から
バレンティン選手がライトフェンス直撃のタイムリー2塁打を放ち5-1
ホームを狙った山田選手はアウトとなります。
福地コーチが手を回したようですが、いつものスピードでは走れなかったんでしょうね。

横浜は5回から継投に入り、久保裕→小杉→須田→田中投手の継投の前に、
ヤクルトは8回まで追加点ならず。

一方、好投の館山投手は、6回1死後、ロペス選手にソロホームランを浴び5-2
ここで、左打者が続くので久古投手に継投。
これが、結果的には誤算でした。
倉本選手に2塁打を打たれ、梶谷選手にレフトへタイムリーヒットを浴び5-3
さらに、戸柱捕手にもヒットを打たれたところで、平井諒投手に交代。
久古投手は、左バッターを抑えるために出てきて左に3安打され、仕事ができませんでした。

平井投手は、1死1、3塁で、代打の下園選手に犠牲フライを運ばれ5-4と1点差。
このあと、後続を抑え、回マタギで7回も投げ無失点に抑えます。
今日も惚れ惚れするようなストレートを投げていました。

1点リードの8回、ヤクルトはルーキ投手が登板。
先頭の倉本選手をセカンドゴロに打ち取りますが、山田くんがこれを1塁へ悪送球。
何でもないゴロでしたが、捕球でもたつき、慌てて1塁へ投げ悪送球となり、
ランナーが2塁へ進みます。昨夜に続き、今日も守備で大きなミスが出ました。
やはり足の影響はあるでしょうね。動きがバタバタしていました。

これに気落ちしたのか、ルーキ投手は、このあと梶谷選手に四球を与え無死1、2塁。
戸柱捕手の送りバントは、1塁の西田選手が突っ込んで来て3塁で刺す好守備を見せます。
しかし、関根選手にも四球を与え1死満塁のピンチ。
梶谷選手はサードゴロでホームでアウトにして、なおも2死満塁。

ここで、エリアン選手にフルカウントから右中間スタンドに逆転満塁打を浴び5-8となります。
先に1-2と追い込んでいながら、高めのつり球で誘うも振ってくれず、カウントを悪くしました。
全球ストレートで、最後は真ん中に入ったところをスタンドに持って行かれました。
ちょっと信じられないような配球でしたね・・・。

ルーキ投手は不安定で出たとこ勝負。勝ちパターンで使うには怖すぎます。
でも他に誰って言われてもいなくて・・・。
平井投手しかいませんね。でも、久古投手のあとは平井投手だからこそ抑えられたわけだし。
後ろが不安定では、昨年のような勝ちパターンが出来上がりませんね。

元はといえば、山田くんのエラーから。
2試合連続の痛いミスからの失点ですからね。
本来ならここで懲罰交代があっても仕方なかったくらいです。

3点を追う9回、ヤクルトは守護神の山崎投手を攻め、
代打の今浪選手が四球で出ると、西田選手が今日3本目の2塁打で続きます。
中村捕手のサードゴロをエリアン選手が後逸するエラーで6-8
途中出場の上田選手の犠牲フライで7-8となりますが、
最後は代打の田中浩康選手が三振に倒れゲームセット。

途中までは完全に勝ちゲームで進み、復帰した館山投手の今季初勝利かと喜んでいましたが、
とんでもない結果となりました。
エラーした山田くんに代わってお詫びします。
って私が謝っても、負けてしまった事実は変わりませんが。
本人は相当落ち込んでいるでしょうね。
昨日のミスは勝敗には関係なかったですが、今日はエラーからの大逆転負けですからね・・・。

やはり、一度お休みすることが必要なのではないかと思います。
今まで山田くんで勝った試合は数多いですが、
守備で連日足を引っ張ては、中心選手として示しがつきません。

また、足をかばう気持ちが働くのか、動きが悪く集中力に欠けています。
やはり、足腰の状態を良くする方が先決でしょうね。
こんなにミスが続くのは、やはりそこに原因があるように感じます。
ただでさえ難しかったですが、この2試合で、念願の今年のゴールデングラブ賞はなくなったでしょう。

打つ方は最初の打席でヒットを打って盗塁も決めましたが、
併殺打もあり、4打数1安打1四球で打点ナシ。
横浜戦はどうもよくありません。

まあ、そういっても真中監督が山田くんを外すとは思えませけどね・・・。
でも、これが続くようであれば、やはり強制的にでも休ませる決断をしてほしいです。


館山投手は、手術前より明らかにコントロールがよくなっていました。
球速も145キロ以上がポンポン出て、こちらが心配するほど腕がよく振れていました。
ナイスピッチングだっただけに、勝たせてあげたかったですね。残念です。
次回は、今日のようなピッチングをすれば、必ず勝てると思います。

試合は最悪の形で負けましたが、館山投手の好投で、先発がまた1枚加わりました。
また、西田選手が2塁打3本とナイスバッティングでスタメンを大きくアピール!
守備もナイスプレーがありました。
今日は投打でこれが明るい材料となりました。

明日は必ず勝ちましょう!
山田くんは、試合に出るからには、今日の汚名返上をしてほしいですね。

写真はキャンプブルペンより館山昌平投手
e0222575_14161389.jpg




by misty2011 | 2016-07-06 23:23 | 東京ヤクルトスワローズ

館山を先発させたのがすべて★0-8 菅野に完封負け

昨夜は、成瀬投手の好投と、1番比屋根選手の起用が当たり、
読売ジャイアンツに今季初勝利した東京ヤクルトスワローズ

神宮2戦目の先発は、ヤクルトが館山昌平投手、巨人は菅野智之投手
今日は甲子園とマツダスタジアムの試合が中止となり、セ・リーグの試合は神宮だけとなりました。
スタメン1番は坂口選手、1塁は森岡選手が入りました。

選手公示で、館山投手が1軍登録され、杉浦投手が抹消されました。
2軍での調整登板では、4回4安打4四死球5失点と、上げるような投球内容ではありませんが、
ベンチは今日の先発を館山投手に託しました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 菅野投手に完封許し連勝ならず

館山投手は初回こそ0点に抑えましたが、2回に早くもつかまります。
1死後、亀井選手に2塁打、村田選手はライトへの2塁打(雄平選手が照明が目に入ったのか捕球できず)で、
1死2、3塁から、館山投手の暴投で1点先制されます。
さらに、小林誠司捕手にレフトへポテンヒットを打たれ0-2

4回には村田選手に2塁打、送りバントで3塁へ進まれると、
菅野投手にタイムリーヒットを打たれ0-3

5回も続投の館山投手は、クルーズ選手に3号ソロホームランを浴び0-4
この後、ヒット、振り逃げでピンチを招くと、
またも小林誠司捕手にタイムリー2塁打を打たれ0-6と一方的な展開に。

6回からは村中恭兵投手が投げ、長野選手に2塁打、クルーズ選手のタイムリーヒットで0-7

ヤクルトは6回まで、菅野投手の前にエラーで出た川端選手と雄平選手の1安打の2回のみ。
全く歯が立たず、チャンスさえありません。

7回1死後、山田選手がレフト前ヒット、バレンティン選手がライトへのヒットで1死1、2塁も
後続が倒れます。

8回からは松岡健一投手が投げ、
2イニング目の9回に代打に坂本選手にタイムリーヒットを打たれ0-8
球威がなく、甘い打ちごろの球が多かったです。
かつてのセットアッパーも、使いつぶされて、悲哀を感じます。

9回裏、ヤクルトは先頭の坂口選手が四球で歩きますが、川端、山田選手が倒れ、
バレンティン選手は四球、雄平選手は1塁内野安打で2死満塁も、
代打の上田選手が空振り三振に倒れゲームセット。

0-8で大敗し、神宮で未勝利だった菅野投手の前に、4安打完封負けを喫しました。
9回は2四球をもぎ取ったのがやっとでした。

それにしてもひどい試合でした。
ヤクルトは借金を抱えている身でありながら、捨て試合をやる余裕などないはずですが、
寺田投手先発といい、今日の館山投手の先発といい、完全に捨て試合になりました。

菅野投手が好投していて、点が取れそうもなかったのはありますが、
立ち直る気配がない館山投手を続投させました。
相変わらずコントロールが定まらず、キャッチャーの構えた所に球が行きません。
そうかと思えば、甘い球が真ん中に入って痛打されます。
今日の菅野投手相手では、誰が投げても勝ち目はありませんでしたが、
点差が開くばかりで、一層、菅野投手をらくに投げさせました。

何度もの手術を乗り越え、満身創痍の身体でチームのために投げる功労者の館山投手であっても、
前回、そして今日のようなピッチングは、正直見たくありませんでしたね・・・。
本人もどうすることもできないんでしょうね。悲しくなりました。

下で投げた際にも、いい結果は出ていなくて、
それなのに今日先発させる意味を私は感じませんでした。
2軍でのローテの関係で、山中投手や新垣投手が使えなかったのかもしれませんが、
今の館山投手の状態では、厳しいものがあります。
試合を作れないどころか、四球、暴投、ヒットのコンボで序盤から試合が壊れてしまいますからね。
野手陣の士気にもかかわってきます。

【追記】試合後、真中監督は真中監督は「少し考え直さないといけないところにきている。
感覚が戻るまでは2軍で調整してもらう」とコメント。


ちょっと前の記事でも書きましたが、これなら2番手で投げた村中投手が先発した方が
まだ、何とかなりそうです。
あくまでも村中投手はビハインド要員なんですかね?
先発調整させてほしいですけどね。

それにしても、ヤクルト投手陣は巨人の同じ選手、小林誠司捕手、クルーズ選手、長野選手らに
打たれ過ぎですね。
小林捕手やクルーズ選手はヤクルト戦だけでしか打ってないイメージですが・・・。
配球でも読まれているんでしょうか??何か対策をお願いします。


しかし、まだ開幕したばっかりだというのに、早くも先発陣が足りませんね。
誰か救世主は現れないものでしょうか?
昨年は序盤の一時期は古野投手がいました。そして山中投手が6連勝でチームを救いました。
今シーズンもそういうことがないと、あまりに先発事情が厳しすぎます。
何とか手をうってほしです。

写真はキャンプ2月3日ブルペンで投げる館山昌平投手
e0222575_14164094.jpg



by misty2011 | 2016-04-13 22:13 | 東京ヤクルトスワローズ

神宮開幕も館山四球からの被弾など5回5四球5失点、攻撃は13残塁★2-6、ヤクルト4連敗

2016年開幕戦では3連敗と最悪のスタートになった東京ヤクルトスワローズ
今日から本拠地・神宮球場に戻って阪神タイガースとの3連戦を戦います。

その初戦、ヤクルトは館山昌平投手、阪神は藤浪晋太郎投手の先発
今日はスタメン1番にようやく坂口選手を持ってきました。
6番ショートは今浪選手で、上田選手は7番センター

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 畠山選手が意地のタイムリーも、本拠地開幕戦を飾れず

初回、館山投手は三者凡退の上々の立ち上がり
その裏、ヤクルトは先頭の坂口選手がヒット、暴投で2塁へ進み、山田くんは四球で1死1、2塁も
畠山選手がショートゴロ併殺打で先制の好機を潰します。

直後の2回、館山投手は2四球とヒットで1死満塁から梅野捕手にライトへタイムリーヒットを浴び、
雄平選手が3塁送球の間に、2塁ランナーも生還を許し2点先制されます。

ヤクルトは4回、先頭の畠山選手はサード落球エラー、雄平選手はヒットで出塁し
1死1、3塁から上田剛史選手のショートゴロの間に畠山選手がホームインして1点かえします。
つづく中村捕手が今シーズン初ヒットで2死1、2塁も、
館山投手がそのまま打席に入り空振り三振。
私は代打を送るかな?と思いましたが動かず。

直後の5回、館山投手はヘイグ選手にヒット、福留選手に四球後、
ゴメス選手に投じた初球をレフトスタンドへ3ランホームランを放り込まれ1-5

あまり調子が良さそうには見えなかった藤浪投手ですが、4点ビハインドは大きすぎました。

6回は村中恭兵投手が登板
三者凡退にきっちり抑えます。制球よく、Max149のストレートがキレていました。

しかし、続投の7回にはヘイグ選手に四球後、福留選手にヒットを打たれ、
ゴメス選手の犠牲フライで1-6
鳥谷選手の四球を与えたところで秋吉亮投手に継投。

秋吉投手は西岡選手にデッドボールをぶつけ2死満塁となりますが、梅野捕手を打ちとり3アウト。
調整登板だったと思いますが、秋吉投手、球のキレがなかったですね。
本調子には戻るには時間がかかるかもしれません。

その裏、ヤクルトは1死後、坂口、川端選手が連打で1死1、2塁も山田くんはセンターフライ
畠山選手はショートライナーで得点ならず。

8回は、首の張りが心配されていたオンドルセク投手が登板
髙山選手を内野安打で出しますが無失点に抑えます。
そう心配なさそうなピッチングでホッとしました。

9回は久古投手が登板し、福留選手にヒットを打たれ2死となったところで
古野投手に交代し、大和選手を打ち取り3アウトチェンジ。

5点追いかけるヤクルトは9回、坂口選手が四球後2盗、山田選手も四球で2死1、2塁から、
畠山選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち2-6
ここでようやく藤浪投手を引きずり降ろし、マテオ投手に交代すると、
雄平選手も四球で2死満塁となりますが、今浪選手がショートゴロでゲームセット。

ヤクルトは神宮開幕戦でも勝てず、これで開幕から4連敗となりました。

先発の館山投手は、オープン戦最後の登板はまずまずでしたが、
今日は、昨年復帰以来、不安だったコントロールが悪く、意図したところに投げることができませんでした。
5回、ヒット、四球後の初球が甘かったですね。ゴメス選手の3ランで、試合が決まりました。

写真は2月沖縄キャンプブルペンより
e0222575_141632.jpg



打つ方は、藤浪投手に対して三者凡退は1回だけ、
ヒットや四球で毎回のようにランナーを出しますが、あと1本が出ません。
阪神の7安打を上回る8安打、藤浪投手から5四死球もらいながら、13残塁と残塁祭り。
9回最後に来て、畠山選手のタイムリーで2点目をあげましたが、遅すぎましたね。
藤浪投手は149球と球数が増え、完投を阻止するのがやっとでした。

明るい材料としては、坂口選手がトップバッターになって、
今日は2安打2死四球で4回出塁して活躍。やはり1番は坂口選手が適任でしょうね。

ヤクルトは塁を賑わすだけで、タイムリーが出ませんが、
何とか打線がいい巡りになることを期待するしかありません。
ヒットは出ているわけですからね。

館山投手は、やはり度重なる手術の影響があるんでしょうね。
まだナイターは寒いというのもあります。
とにかくコントロールが悪いので、見ていて非常に不安なピッチングでした。

リリーフ陣は、秋吉投手がやっぱりよくないですね。
村中投手は久しぶりに投げるのを見て、嬉しかったです。
1イニング目はよかったですが、2イニング目にランナーを出すと、また悪い面が出ました。
ただ、久しぶりの1軍登板なので、しばらく投げてみて判断しないと何とも言えません。
球自体は、まずまずだったように私は見えました。

左のペレス投手がインフルエンザで登録抹消となり、しばらく投げられず、
久古投手も調子が上がらない中、
村中投手が少しでもいい働きをしてくれたらと願います。

明日は岩田投手ですが、オープン戦では打てませんでした。
是非、明日は攻略してほしいですね。連敗をとにかく止めましょう!

by misty2011 | 2016-03-29 22:28 | 東京ヤクルトスワローズ

オープン戦最終戦は快勝!館山5回無失点、坂口4割超・雄平2号3ラン・山田3安打

今日はオープン戦最終戦となりました。
東京ヤクルトスワローズは、ここまで5勝12敗1分けで順位は11位
特に直近の7試合は、引き分けを挟んで6連敗となっています。
下位球団の今日の試合結果いかんでは、オープン戦最下位の可能性すらあります。
最後は是非勝って、いい形で開幕を迎えてほしいものです。

先発は開幕ローテが決まっている館山昌平投手
北海道日本ハムファイターズは高梨裕捻投手、って誰?私は知らないピッチャーです。
最終戦のスタメンにはファーストに荒木選手、サードに西浦選手で、ショートは大引選手
川端選手はDHに入りました。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 館山投手が5回無失点、投打が噛み合い連敗ストップ!開幕へ向けて弾み

初回、先頭の上田剛史選手がセンター前ヒットも、川端選手は珍しくカット失敗で空振り三振。
上田選手が2盗して、山田くんは、ど真ん中のストレートを打つもセンターフライで2死2塁。
雄平選手は四球で歩き、坂口選手は初球を捉え、右中間への2点タイムリー3塁打で2点先制!
見事なバッティングでした!
荒木選手はセンターフライで2点どまり。

その裏、館山投手は先頭の陽岱鋼選手を空振り三振に仕留めます。
陽選手の打席では、ファールが中村捕手に当たり痛そうでしたがプレー続行。
中村くんが離脱したら大変なことになりますからね。大丈夫そうでほっとしました。

西川遥輝選手はセンター前ヒット。
田中賢介選手の打席で、館山選手のワイルドピッチをやらかし、1塁ランナーが2盗後3塁へ。
賢介選手は空振り三振で2死3塁。
中田翔選手は1塁ファールフライに打ち取り無失点で切り抜けます。
ストレートが走っているようです。

2回、ヤクルトは西浦選手三振後、大引選手がセンター前ヒット。
これで、やっぱり開幕ショートは大引選手になりそうかな?
大引選手2盗失敗後、中村捕手はショートゴロで3アウト

その裏、館山投手は先頭の近藤健介選手に右中間への2塁打を打たれ、
レアード選手はサードゴロ、谷口選手はレフトライナーで2死2塁
大野捕手はサード内野安打で2死1、3塁で、大野捕手が盗塁して2死2、3塁
しかし、中島卓也選手を空振り三振に仕留め3アウト
館山投手は、抜け球、引っかかる球もありますが、
これまでのオープン戦よりは制球はまとまっていて、球に力もあります。

3回1死後、川端選手がライト前ヒットで出塁。今年は引っ張った痛烈な打球が多いですね。
つづく山田くんはレフトフェンス直撃の2塁打を放ち1死2、3塁
神宮なら入ってたぁ~!惜しい。

ここで、ファイターズは左の加藤投手に交代
雄平選手がレフトスタンドへOP戦2号となる3ランホームランを放りこみ5-0。今日は勝てそう。
坂口選手もヒットで、代走の比屋根選手が2盗、荒木、西浦選手は四球で1死満塁
大引選手はレフトへ犠牲フライを運び6-0。ヒットでなくても、いい点のとり方です。

6点援護をもらった館山投手は、その裏、7球で三者凡退に抑えます。
西浦、大引選手が軽快な守備を見せました。

4回、日本ハムは鍵谷投手が登板
2死後、山田くん、今度はライトフェンス直撃の2塁打を放ちます。右へもよく伸びました。
神宮なら今日は2本目のホームランだぁ~!!
しかし、雄平選手が倒れ追加点ならず。

その裏、館山投手は、4番からの相手主軸をきっちり3人で片付けます。

5回、ヤクルトも井口投手の前にあっさり三者凡退。

その裏、館山投手は1死後、今日初めての四球でランナーを出しますが、
ファールで粘る中島選手をショートゴロ併殺打に打ちとり3アウト。大引選手が嬉しそう。

6回、日本ハムは藤岡投手
大引選手が四球で歩き、中村捕手が三振後、上田選手はファーストゴロ併殺打で3アウト

その裏、ヤクルトはペレス投手が登板で、井野捕手がマスクを被りバッテリーごと交代
3つの内野ゴロで、きっちり3人を打ちとります。

7回、日本ハムは白村投手
先頭の代打・森岡選手はセカンドゴロ、山田くんはセンター前ヒットで今日3安打猛打賞。
続く雄平選手は三遊間へのへんてこなヒットで続きます。
比屋根選手のサードゴロで2死1、2塁となり、代打・浩康選手は死球で2死満塁。
ここで、最後のアピールなるか西浦選手。しかしライトフライに倒れます。

その裏、ヤクルトは秋吉亮投手が登板
1死後、近藤選手にレフトフェンス直撃の2塁打を浴びます。
近ちゃん、打ちますね。今年は首位打者を狙え~!
このあと、秋吉投手は二者連続三振で3アウト。

8回、日本ハムは谷元投手
1死後、井野捕手がライト前ヒットも、鵜久森選手がサードゴロ併殺打。

その裏、ヤクルトはルーキ投手が登板
1死後、中島選手に四球を与えますが、後続を抑えます。

9回、ファイターズは増井俊浩投手が登板し、ヤクルトは三者凡退。

その裏、ヤクルトはオンドルセク投手が登板
先頭の杉谷拳士選手にライト前ヒットを打たれ、
1死後、近藤選手にセンター前ヒットを打たれ1死1、3塁のピンチ
飯山選手のセカンドゴロ併殺崩れの間に1点失い6-1
最後は谷口選手をセカンドゴロに打ち取りゲームセット

ヤクルトが6-1で日本ハムを下し、オープン戦最終戦でようやく連敗を止めました。
完封目前で、最後に1点取られましたが、いい形で締めくくれて何よりでした。
また、オープン戦の順位も最下位は免れました。

先発した館山投手は、さすがベテランの調整力で、最終登板できっちり仕上げてきました。
これなら、開幕ローテは安心して任せられます。
ただ心配なのは、神宮開幕戦はナイターで気温が低いことが予想されます。
そうなった場合、どうかということでしょうね。

写真はキャンプ2月6日浦添キャンプブルペン
e0222575_9571479.jpg


打つ方は、雄平選手が豪快に2号3ランを広い札幌ドームに叩き込みました。
今年は期待感でいっぱいです。やってくれるでしょう!

山田くんは、やっとエンジンがかかったところで3日間試合がないのが勿体ない・・・。
同じドームでも、開幕カードの東京ドームは全然狭いので、
今日の感触を忘れないよう打ってほしいと思います。

坂口智隆選手は今日も2安打で、打率.415でオープン戦を終えました。
公式戦では何番を打つかわかりませんが、どの打順に入っても、いい仕事をしてくれそう。
頼もしい限りです。

川端選手は、不調ナシの安定したバッティングはさすがです。

投打がかみ合ったナイスゲームでしたね!

オープン戦の結果を踏まえ、これから首脳陣は開幕メンバーを決める作業に入ると思います。
リリーフ陣に関しては、クローザーが日替わりになるとの記事が出ていたこともありますが、
どうなるでしょう?
安定感からいけば、オンドルセク投手がちょっと打たれていますが、昨年の実績があるので
あまり問題ないでしょう。
秋吉投手はもちろん大丈夫で、ペレス投手が投げるたびに安定感を増し、ルーキ投手もいいですね。
問題は、デイビーズ投手が先発の時に、外国人投手の誰を落とすか悩ましいでしょうね。

ショートはおそらく守備重視で大引選手が一番手になりそうですね。
ただ、今浪選手も西浦選手も大いにチャンスはあるので、フェアないい競争をしてほしいです。

1番センターが、最も難航しそうですが、おそらく上田選手でしょうね。
出塁率をもっと上げて、リードオフマンとしての働きをしてほしいと願います。
私は、山田くんが不調のままなら、1番山田くんでもいいかと思っていました。

その山田くんが、最終戦で3安打猛打賞で締めくくってくれたのが、私にとっては一番嬉しいことでした。
おまけに、神宮なら右に左に2打席連続ホームランって感じでしたからね。
ようやくストレートにも振り遅れないでしっかり対応できるようになってきました。
本人も少し自信が戻ってきたのではないでしょうか?
スロースターターであっても、やっぱり中軸を打つからには、開幕からある程度の結果は残してほしいですからね。
もし、畠山選手が開幕に間に合わなければ、余計に山田くんの打撃は重要となります。
前後がよく打っているので、山田くんもその波に乗ってほしいと期待しています。

終わりよければすべてよしで、いよいよ4日後は開幕です!
by misty2011 | 2016-03-21 17:13 | 東京ヤクルトスワローズ