Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:高橋周平 ( 4 ) タグの人気記事

ついに5年目で覚醒か、高橋周平選手フォト@神宮4/3

最初に、エキサイトブログ不具合のお詫び
昨日4月6日(水)20:48~ 本日4月7日(木)10:30の時間帯に、
一部のエキサイトブログにアクセスできない不具合が発生していて、
当ブログも断続的に閲覧不可の状態になっていました。

エキサイトブログからのお知らせでは、現在は復旧しているとのことですが、
障害の原因は調査中です。
再度、不具合が生じる可能性もあり、ご迷惑おかけするかもしれませんことお詫びします。


今日は試合がないので、写真の更新です。
4月3日、神宮対中日戦に出かけた際に撮った中日ドラゴンズの高橋周平選手です。
今シーズンは開幕から好調で、4月6日時点で、打率.366 2本塁打(うち1本は満塁弾) 8打点
と好成績をマークしています。
開幕4カード目のDeNA戦からは、股関節痛の平田選手の離脱もあって3番に入っています。

ヤクルトは2011年のドラフトで1位指名しましたが、抽選ではずれました。
今でも私は残念に思っています。
高校時代の評価は、山田哲人選手以上の逸材で、スケールの大きな選手として期待されていました。

中日入団後は、伸び悩んでいましたが、プロ5年目の今季、ようやく覚醒しそうな勢いです。
このまま順調に好調をキープしてほしいですね。
ヤクルト戦で打たれては困りますが、次代を担う選手として、
ふたつ上の筒香選手、ひとつ上の山田くんとともに、
セを代表するスター選手に育ってほしいと私は願っています。
周平くんは、ルックスもいいですからね。
小粒な選手が多い中、プロ野球を盛り上げるためにも、ロマンある選手の存在は貴重です。

4月3日 高橋周平選手バッティング練習より
e0222575_11462289.jpg


e0222575_11463162.jpg


e0222575_11463932.jpg


e0222575_11465269.jpg


e0222575_1147585.jpg


e0222575_11471292.jpg


e0222575_11504257.jpg


e0222575_11505179.jpg


e0222575_11505990.jpg


e0222575_11511215.jpg


e0222575_11512881.jpg


e0222575_11513691.jpg


e0222575_11515677.jpg


e0222575_1152464.jpg


e0222575_11521285.jpg


e0222575_11522562.jpg


e0222575_11523330.jpg


シートノック前のキャッチボール
e0222575_11543152.jpg


e0222575_11544098.jpg


e0222575_11545169.jpg


e0222575_1155892.jpg


e0222575_11553534.jpg


試合前の素振り 右肩には中日ドラゴンズ80周年の記念ワッペン
e0222575_11564674.jpg


e0222575_11565680.jpg


4月3日試合中より
e0222575_11573830.jpg


e0222575_11574560.jpg


7回、ヒットで出た周平くんは、桂捕手の2ランでホームイン
e0222575_2042943.jpg


e0222575_11575728.jpg


当日は、三振、ショートゴロ併殺打、ライトへのヒット×2で4打数2安打
e0222575_1158641.jpg


他球団ながら、これからの活躍に注目しています。


by misty2011 | 2016-04-07 16:36 | セ・リーグ

復調気配見えず小川投手4回途中4失点、若松投手打てず周平くん躍動

東京ヤクルトスワローズは今日からナゴヤドームで中日ドラゴンズとの2連戦。
オールスター前の最後の試合となりました。

先発は中日が若松駿太投手、ヤクルトは小川泰弘投手
なかなか勝てない小川投手ですが、地元で何としても白星をゲットして
前半戦をいい形で締めくくりたいですね。

スタメンは、1番大引選手、2番センターで三輪選手、また退場処分を受けた武内選手が
私の感覚からすると、まさかの今日も1塁スタメンでした。


試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 西浦選手の2点タイムリーなどで追い上げるも、反撃及ばず2連敗

初回は三者凡退で上々の立ち上がりだった小川投手でしたが、2回2死から平田選手にヒット、
つづく高橋周平選手に4号2ランホームランを浴び、2点先制を許します。

4回にはルナ、ナニータ選手に連打されると、平田選手は四球で無死満塁から、
高橋周平選手に押し出しのフォアボールを与え3点目。

2死後、中澤投手に早くも交代しますが、大島洋平選手にタイムリーヒットを打たれ0-4

5回には中澤投手が無死1、3塁のピンチを招き、山本哲哉投手に継投も
ルナ、ナニータ、高橋、桂選手にタイムリーヒットを浴び、この回4失点で0-8と一方的な展開に。

ヤクルト打線は若松投手のチェンジアップとストレートのコンビネーションに翻弄され
4回までノーヒット。

5回に、武内選手がセカンド内野安打でチーム初ヒット。

7回に、川端選手がセカンド内野安打で出塁し、2死後、デ二ング選手のヒットで1、3塁。
武内選手が四球を選んで満塁から、中村悠平捕手が押し出しの四球を選び、ようやく1点かえします。

その裏、徳山投手が平田選手に2塁打、高橋選手にヒットを打たれ、森野選手の犠牲フライで1-9

ヤクルトは9回、野村投手を攻め満塁のチャンスで森岡選手と、代打・西浦選手のタイムリーで3点奪いますが
反撃もここまで。4-9で中日に大敗しました。

先発の小川投手がまたも背信のピッチングでした。
高橋周平選手に浴びた2ランで止めておけばまだ何とかなったかもしれませんが、
4回に、ヒット、ヒット、四球、押し出しの四球と、
簡単に打たれるわ、コントロールは乱れるで、散々んな投球でした。

前回の登板も6回5失点と、もはやエースとは呼べないピッチングでしたが、
今日は4回を投げきれず降板となりました。
エースどころかローテーション投手としての役目も果たせませんでした。
ベンチも4回途中でもう見切ってしまったようで交代させましたね。

今シーズンは、とにかく球が高くてコントロールが甘すぎます。
打たれるべくして打たれていて、復調を首を長くして待っていましたが、調子が上向く気配がありません。
それどころか、投げるたびに悪くなっています。

オールスター休みもあるので、一度、下で調整した方がいいかもしれませんね。
このまま先発を続けても、いい結果が出そうもありませんから。
後半戦を戦い抜くためにも、小川投手に立ち直ってもらわなければなりません。

ただでさえ先発が短い回しか投げられず、勝ちを計算できるローテ投手がいません。
復帰した館山投手や石川投手のベテラン頼みが続くようではペナントは戦えませんからね・・・。
先発さえきっちり投げることができれば、後ろはROBが控えているんですが、
その先発がそこへつなぐまで持ちませんからね。

打線は、さほど速くもないストレートとチェンジアップを駆使する若松投手にお手あげ状態。
どちらかに球種を絞って狙えばよさそうなものですが、そう簡単にはいかないんでしょうね。
今日。若松投手から打ったヒットも3安打のうち内野安打が2本ですからね。
これからも、相当苦戦しそうな投手です。
次回に当たるまでに対策を練ってほしいです。

終盤には毎度の届かない程度の反撃を見せましたが、やはり先発を攻略しないと勝てません。

山田くんは、4打数ノーヒット、見逃し三振が2個と精彩がありませんでした。
若松投手は、まあ仕方ないとしても、祖父江投手のど真ん中のスライダーを見逃し三振したのは
いけませんね。
ストレートはそうは投げてこないので、スライダーをああも簡単に見逃しては、
これからもまたスライダー攻めをされそうです。
打てなくてもカットするなり、手を出すなり何とか工夫してほしいです。

慎吾くんは相変わらず得意の内野安打で2安打と打率を稼いでいて、さすがというのか何といっていいのか。

9回に雄平選手に引っ張ったいい当たりの2塁打が出たこと、
代打の西浦選手が2点タイムリーヒットを打ったことはよかったです。
こういう試合なんだから、途中からショートの守備につかせてもよさそうに思いましたが、
今日は代打だけでした。もうちょっと出番が欲しいですね。

明日は、相手エースの大野投手が立ちはだかりますが、何とか打ってください。
今日打てなかった山田くんに期待したいですね。


2ランを含む3安打猛打賞1四球で4打点と活躍した高橋周平選手 明日はお手柔らかに!
写真は4月9日神宮 高橋周平選手
e0222575_21284975.jpg


今日は西武ライオンズが延長でおかわり君のサヨナラ3ランで勝ちましたが、
秋山翔吾選手の連続試合安打が31試合で止まりました。
残念ですね。ここまで来たら記録を塗り替えてほしかったですが。また明日から仕切り直しですね。
by misty2011 | 2015-07-14 22:34 | 東京ヤクルトスワローズ

吉見投手を打てず★1-3、畠山選手が9回に意地の一発

ナゴヤドームの首位攻防戦は1勝1敗のタイで3戦目を迎えます。
中日ドラゴンズの先発は吉見一起投手、
ヤクルトスワローズは、今季2年ぶりの白星を中日戦で挙げた新垣渚投手

今日はショートスタメンに森岡選手、レフトに田中浩康選手で、ライトは上田剛史選手
先発マスクは前回バッテリーを組んだ西田明央捕手

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 畠山選手が一矢報いる4号ソロ!新垣投手は6回2失点

初回、先頭の山田哲人選手が吉見投手からレフト線への2塁打で出塁。
シュートをきっちり前でとらえて綺麗に引っ張った2塁打でした。

上田選手が送って3塁へ進みますが、川端選手が三振、雄平選手はセンターフライで先制なりません。

4回、先頭の川端選手がライト前ヒットで出塁。
雄平選手は空振り三振も、吉見投手の暴投で川端選手は2塁へ
ここで、畠山選手がライトへヒットを放ち、2塁から川端選手がホームを狙いますが、
松井捕手のブロックに阻まれタッチアウト。先制点が奪えません。


新垣投手は3回まで無失点に抑えますが、4回裏、つかまります。
先頭のナニータ選手にヒットを打たれると、1死後、暴投で2塁へ進まれます。
エルナンデス選手にライト前にヒットを打たれ1死1、3塁
つづく高橋周平選手に、右中間真っ二つのタイムリー3塁打を浴び2点先制されます。
この回、打たれたヒットはすべて打ちごろのストレートでした。
スライダーをもう少し有効に使えばよかったでしょうね。

先制のタイムリー3塁打2打点の高橋周平選手 写真は4月9日神宮 この時は4三振に抑えていましたが・・・
中日は、周平君や福田選手、亀澤選手など若手が出てきて打線が若返ってきましたね。
e0222575_2213049.jpg


新垣投手は6回を投げ8安打2失点。先発として試合は作りました。

7回は徳山武陽投手が登板も、1死後、亀澤選手にファーストゴロ内野安打で出塁されます。
徳ちゃんのベースカバーがちょっと遅れましたね。
ナニータ選手のセカンドゴロで2死2塁から、福田永将選手に前進守備のセンターへタイムリー3塁打を浴び0-3
フォークが落ちずに真ん中に入りました。

ヤクルト打線は吉見投手を攻略できず、7回まで0点に抑えられます。
8回は、岡田投手に前に三者連続三振。

9回2死後、福谷投手から畠山和洋選手が、ライトスタンドポール際へ4号ソロホームランを運びますが、
そのままゲームセット。
1-3で中日に敗れました。

しかし、ナゴヤドームの試合は点が入らなくて、つまらないですね。途中で居眠りしそうでした。

肘の故障から復活した吉見投手は、全盛期ほどの球威はありませんが、コントロールの良さはさすがでした。
初回のチャンスに1点でも入っていれば、少しは苦しめる展開になったかもしれません。
また4回、藤井選手のライトからのバックホームと捕手のブロックに阻まれて得点できなかったことも
吉見投手を助けることになりましたね。

山田選手は今日は吉見投手から2塁打とライト前ヒットと2打席連続ヒットを打ちましたが、
そのあとは見逃し三振が2個。
いい感じになってきたと思いましたが、まだ思いっきりの良さが中途半端。

吉見投手からの見逃し三振は、外のゾーンが広かったので仕方ないですが、
岡田投手の最後のストライクは、見逃すような球ではなかったのでバットを出してほしかったですね。
それでも引っ張ったヒットや、おっつけての右打ちのヒットが出てきたので、
最悪の状態からは少し抜け出してきつつあるようです。

また、不調だった畠山選手が今日はホームランを含む2安打。
引っ張り気味で調子をとしていましたが、得意の右打ちが出てきたので、こちらも上向きそうです。
慎吾君も久しぶりにマルチヒットでした。

いよいよ、明日からはバレンティン選手が1軍に復帰するとのことで、
貧打の打線にパワーを注入してほしいですね。
バッティングの状態はまだまだのようですが、バレンティン選手がいるといないでは、相手にとって威圧感が違います。
楽しみですね。
by misty2011 | 2015-04-23 22:04 | 東京ヤクルトスワローズ

【中日】高橋周平&平田良介選手フォト

明日はいよいよドラフト会議ですね。
私はドラフトに関しては、全く知識も情報もないので、決まってから何か感想を書くかもしれませんが、
今のところ興味はありません。

誰が上位指名で入ってきても、プロは入団してからの結果が全てですからね。
入ってくる前にあれこれ素人が知ったかぶりで言っても、あまり意味がないように私は思っています。
だって、プロのスカウトが見て決めても、期待外れの選手は多いですからね。
やっぱり入って来てからどれだけ伸びるか、実力をつけるかが勝負でしょう!
ヤクルトのように、いい素材の選手を獲得しても、壊してしまうことが多くては、何をかいいわんやです。

ヤクルトスワローズに関して書き記すような情報が見当たらないので、
ここからは、レギュラーシーズンの他球団の選手のフォトを、数回に分けてアップしていきます。

まずは中日ドラゴンズ編です。
谷繁元信選手兼任監督となった1年目の今シーズンは、勝率0.479と5割を切って、4位と低迷しました。
中日が2年連続でBクラスって、最近ではあまり記憶がありませんね・・・。

今シーズンは吉見投手の離脱があって、先発投手陣が手薄になりましたが、
そんな中、ベテランの山井大介投手が13勝5敗でメッセンジャー投手と並ぶ最多勝、
また勝率1位の2冠のタイトルを初めて獲得しました。おめでとうございます。

浅尾投手も不調で抹消されましたが、又吉、福谷投手のルキーが頑張ってブルペンを支えました。
しかし、相変わらずの打線は得点不足、特に2000本安打目前の和田一浩選手の離脱が痛すぎましたね。

いつまでもベテランに頼ってもいられません。
若い力でこれからは打線を引っ張って行かないと、チームはますます低迷しそうです。

今回は、これからの竜打線の牽引者と期待されている平田良介選手と高橋周平選手のフォトです。

神宮球場8月3日 
高橋周平選手 バッティング練習が終わった時かな?汗びっしょりです。
e0222575_14333217.jpg

平田良介選手 外野の守備練習から引きあげて来ました。
e0222575_14334158.jpg

シートノックを終えた平田選手
e0222575_14345266.jpg


試合前、ベンチ前で円陣を組みます。
e0222575_1435476.jpg
e0222575_14351559.jpg
e0222575_14353168.jpg


試合前の素振り 平田良介選手
e0222575_14375132.jpg

今シーズンは開幕からしばらく4番を務めましたが、打撃不振で打順が下がりました。
また、途中、捻挫で離脱したのが残念でしたね。
打撃は、イマイチ伸び悩んでいますが、本来ならこの選手が4番を打つしかないと思います。
もう少し勝負強さが欲しいですね。昨年までの方が、打席で怖さを感じました。
外野の守備は、肩が強く、打球判断もいいし、足も速くて、私はいい守備をしていると思います。
e0222575_1438297.jpg
e0222575_14381168.jpg


同じく、試合直前、素振りをする高橋周平選手
e0222575_14383167.jpg
e0222575_1438432.jpg

近くで初めて見ましたが、まあ可愛らしくて凛々しい顔立ちだこと♪
2011年、ヤクルトはドラ1で指名して外れたんですよね・・・。
クジが当たっていれば、今頃、山田くんと若い二人が2遊間を組んでいたかも?なんて妄想します。
前年はハズレ1位で山田くんが獲れて良かったですが、
翌年は、是非高橋周平くんを引き当ててほしかったと、今更ながら残念に思います。
e0222575_14385045.jpg

天性の長打力が魅力で、この選手には夢が持てますよね。
打者の育成はイマイチの感がある中日ですが、順調に育ってほしいと願います。
他球団ながら、試合でもっと使ってほしいですけどね・・・。
山田哲人選手が4年目で大プレイクしたように、来年は高橋周平選手がそうなるかもしれません!?
e0222575_143915.jpg
e0222575_1439954.jpg


この2選手が伸びてくると、中日打線も相当手強くなりそうですね。
私にとっては楽しみですが、そうなればヤクルトにとっては脅威でもあります。
by misty2011 | 2014-10-22 16:01 | セ・リーグ