Out of focus ~Baseballフォトブログ~

タグ:黒田博樹 ( 4 ) タグの人気記事

日本シリーズ第3戦、大谷翔平選手が延長サヨナラ打~!日本ハム1勝

2016日本シリーズは、ここまで2戦終了し、2勝した広島カープの強さだけが目立っています。

今日から札幌ドームに舞台を移して、第3戦が行われました。
先発は、北海道日本ハムファイターズが有原航平投手
広島は日本シリーズを最後に引退する黒田博樹投手


試合経過は ニッカンスコア

先制したのは日本ハム
初回1死後、近藤選手がヒット、大谷選手がレフトへの2塁打で1死2、3塁から、
中田翔選手のショートゴロの間に1点先制!

直後の2回、1死後、鈴木誠也選手がレフト前ヒットで出ると、
エルドレッド選手がライトへ2ランホームランを放り込み1-2とあっさり逆転!
今日もまた、インサイドに1球も投げず、真ん中から外の球ばかりを投げ、餌食となりました。
全くバッテリーは何も学習してないことに、私はあきれました。

4回裏、大谷選手が黒田投手から今度は右中間へ2塁打を放ちますが、後続が倒れます。

6回裏、黒田投手は大谷選手をレフトフライに打ちとり2アウトとなったところで、
アクシデント発生で、一旦ベンチに下がり再び出てきますが、続投を断念して降板。
急きょ、ヘーゲンズ投手に交代して、中田選手を打ち取ります。

7回裏、広島は今村投手が登板し、ランナーを出しますが無失点。

8回、日本ハムはバッテリーごと交代で、宮西投手-市川捕手のバッテリー
こちらも無失点に抑えます。

その裏、広島はジャクソン投手が登板
先頭の中島選手が粘って四球で出ます。
西川選手の送りバントで1死2塁
近藤選手は倒れ、2死2塁で、大谷選手は敬遠され2死1、2塁となり、
中田翔選手との勝負となります。
ここで、中田選手が意地を見せ、レフトへタイムリー2塁打を放ち、2者生還して
日本ハムが3-2と逆転に成功!
3戦目で、ようやくタイムリーヒットで得点できました。

9回、1点リードでファイターズは谷元投手をマウンドに送ります。
いきなり、先頭の鈴木誠也選手に右中間へ3塁打を打たれ無死3塁のピンチ。
エルドレッド選手は三振、松山選手はショートフライに打ち取り2死までこぎつけますが、
安部友裕選手に、高めに甘く入った初球をライト前に運ばれ、土壇場で3-3の同点に追いつかれます。

その裏、大瀬良投手の前に三者凡退で、試合は延長戦に!

10回はマーティン投手が登板し、0点に抑えます。

その裏、ファイターズは1死後、西川選手が四球を選び、2死後、打席には大谷選手。
西川選手が2盗に成功して2死2塁。
大瀬良投手は大谷選手との勝負となり、カウント1-2から
大谷選手が、インコースの難しいストレートをライト前に運ぶタイムリーヒットを放ち、
日本ハムファイターズが4×-3でサヨナラ勝ちを決めました。

いやいや、ファイターズは劇的なサヨナラでしたね。
決めたのは千両役者・大谷翔平選手でした。見事というしかありません。
打者・大谷選手がファイターズにシリーズ初勝利をもたらしました。
おめでとうございます。

写真は昨年9月3日東京ドーム 大谷翔平選手と有原航平投手
e0222575_0364745.jpg



終盤、ようやく日本シリーズらしく試合が面白くなっていましたが、
最後はサヨナラヒットで、やっぱり大谷くんがすべてを持っていきました。

伏線としては、8回に大谷選手を敬遠し、広島バッテリーは中田翔選手と勝負しましたが、
そこで、4番の意地を見せた中田選手が2点タイムリーヒットを放ち、
3-2と逆転したことが大きかったですね。

延長10回は、今度は大谷選手との勝負となり、そこで大谷選手がサヨナラ打~!
今日は2塁打2本と、最後はサヨナラヒット。まさにスーパースターにふさわしい活躍でした。
あらためて、ファイターズは、二刀流・大谷翔平のチームなんですね。

日本ハムは、今日とにかく勝ってよかったです。負ければあとがなくなりますからね。
ようやく1勝で、まだ広島が優位ですが、今日のサヨナラで少しは流れが変わるかもしれません。
ようやく日本シリーズらしい試合になって、明日からが楽しみになりました。


あと、これは部外者の余計なお世話かもしれませんが、
ファイターズの大野捕手のリードは、特にエルドレッド選手に対し何も学習できてなくて疑問です。
まだ、市川捕手の方がいいような気がしました。

by misty2011 | 2016-10-25 23:33 | パ・リーグ

黒田の勝ちを消せるチャンスはあった…なんで1点差で山本哲、何故セーフティスクイズ

東京ヤクルトスワローズは、前日はジョンソン投手の前にわずか1安打。
あわや完全試合をやられるかと思うほど完璧に抑え込まれました。

第3戦目の広島カープの先発は黒田博樹投手。
オープン戦では5回途中まで、こちらもパーフェクトに抑えられました。
今日は少しは対策をしてきたでしょうか!?

ヤクルトの先発は杉浦稔大投手。
真っ赤なスタンドで完全にアウェー状態ですが、落ち着いて本来の制球の良さを発揮してほしいと思います。
スタメンには1戦目と同じく6番ライトで松元ユウイチ選手が入りました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 終盤に反撃も1点及ばず惜敗、杉浦投手は6回1失点

黒田投手はオープン戦よりははるかに今日のほうがよくありませんでした。
さすがに緊張していたようです。
初回にミレッジ選手がセンター前にヒットを打って、早くもノーノーを阻止!いいぞ~!
2回には先頭の畠山選手がセンターオーバーの2塁打で出ますが、それぞれ後続が倒れます。

杉浦投手は立ち上がり、ルーキーの野間選手にいきなり2塁打を浴びますが、無失点で切り抜けます。
3回もその野間選手にヒットを打たれますが、初回と同じく菊池涼介選手が送りバントで、
ランナーは進みましたが、この回も無失点に抑えます。

カープで最も当たっていてイヤな菊池選手が、送りバントでアウトになってくれたのは、
ヤクルト的には助かりました。
緒方監督はバントが好きなの!?

杉浦投手は、この後も毎回ランナーを背負い、綱渡りのハラハラしたピッチング。
4回には安全パイのはずの黒田投手に2塁打を浴びましたが、何とか4回まで無失点に抑えます。

しかし5回、2死から2四球を与えピンチを招くと、
梵選手にライト線に落ちるタイムリー2塁打を浴び1点失います。

開幕初戦でも、秋吉投手が2死から2四球を出し、そのあと適時打を打たれて同点に追いつかれましたが(訂正)、
全く同じパターンの失点でした。


ヤクルト打線は、オープン戦ほどはよくない黒田投手からヒットは打ちますが、あとが続きません。
3回には何かアクシデントがあったようで、マウンドにコーチが向かいましたが、黒田投手は続投。

5回には、1死後、中村捕手がヒットで出塁しますが、
杉浦投手の送りバントが黒田投手の好守備もあってダブルプレーとなりチャンスを潰します。

1点差のまま7回からヤクルトは2番手で山本哲哉投手が登板。
早速、菊池選手にヒットを打たれ、1死後、グスマン選手にレフトへのタイムリー2塁打を浴び0-2
これは痛すぎる2点目でした。
この後、自らのエラーもあってピンチを広げると、中澤投手に継投して、後続を抑えました。

広島カープは8回から2番手で一岡竜司投手が投版。
先頭の代打の森岡選手がレフトへの2塁打で出塁すると、山田選手のレフトフライでタッチアップして3塁へ!
森岡選手の好走塁でしたが、山田くん、甘い高めのストレートでしたが、とらえきれませんでした。
昨年ならホームランにできたでしょうね・・・。う・・・ん・・・。

続く川端選手のショートゴロの間に森岡選手が生還して1-2と1点差。

8回裏はオンドルセク投手が登板。
四球でランナーは出しましたが、無失点に抑えます。
ここで、オンドルセク投手を出すなら、なぜ7回に出さなかったのかと疑問でした。

1点を追いかけるヤクルトは9回、ヒース投手から先頭の雄平選手がショート内野安打で出塁。
この後、ヒース投手の1塁けん制悪送球で2塁へ進みます。
ここで代打の田中浩康選手がセカンド内野安打で、必死のヘッドスライディングで1塁はセーフ。
アウトにも見えましたが、今日は球審が散々男気ゾーン炸裂で黒田投手寄りのジャッジがあったので、
この際、お相子ってことにしておきましょう。
1死1、3塁と同点に追いつくチャンスに、大引選手が打席に立ちます。
私はここまで全く打ててないので、代打を出すものと思っていましたが、そのまま打席に入ります。

大引選手は初球セーフティースクイズをファールで失敗。
そして2球目も同じセーフティースクイズのサインだったようで、投手前にころがしましたが、
ヒース投手が捕球して素早くホームに投げ、雄平選手はタッチアウト。同点に追いつけませんでした。

しかし、2度同じことをやるかな?セーフティースクイズは一発で決めなきゃダメでしょ。
スクイズをやるなら、素直に普通のスクイズでよかったのにと思います。
それか、大引選手が打てそうもないので、代打を送ってほしかったですね。
ベンチの策が裏目に出たように思います。
このあと、中村悠平捕手がライトフライに倒れゲームセット。
せっかくの同点に追いつけるチャンスに、ベンチが弱気で勿体ない攻撃でした。

勝ち負けは別としても、男気フィーバーで盛り上がる敵地で、
黒田投手のカープ復帰初勝利を消せば、少しは流れがこちらに来るチャンスだったですけどね・・・。

前日はジョンソン投手にお手あげで完敗だったのですっきりしましたが、
今日はもやもや感が残る負けでした。

この3連戦、先発投手はほんとによく投げたと思います。
小川投手は7回無失点、石川投手は7回1失点、杉浦投手は6回1失点でしたからね・・・。

昨日のジョンソン投手は、まあ、あれは打てなくて仕方ないですが、
今日はやり方次第では、2点目は防げたかもしれませんし、少なくとも9回は同点までは追いつけたように思います。
黒田投手降板後にチャンスが来ることは予想できました。
かえすがえすも、今日は7回の山本哲哉投手の投入と、9回の大引啓次選手の打席でしょうね。

開幕初戦では苦しみながらも延長で勝っておいて、ほんとによかったです。
あれがなきゃ、3連敗でしたからね。

今日は1点差で負けましたが、途中出場の控え組が頑張りました。
森岡選手は2塁打と好走塁。一人で1点もぎ取りました。
浩康選手も微妙ながら、ヘッドスライディングの執念を見せセーフとなりました。

大引選手が、以後もあまり打てないようであれば、森岡選手のスタメン起用があってもいいかもしれません。
まあ、守備は安心できませんが、今の大引選手の打撃では、下位打線がつながりませんからね。

あと、やっぱり山田くんは心配ですね。
レフトフライを打ったシーンですが、昨年ならホームランに仕留めていたでしょう。
それなら、あそこで同点でしたからね・・・。
そのくらい、いまの状態はよくありません。

前にも右打ちへの取り組みの記事で書きましたが、キャンプで右方向への意識で打撃練習したことで、
せっかくの山田くんの長所が削がれ、その右方向へも強い打球は飛んでいません。
スイングスピードが落ち、ミートポイント遅れ気味でバラバラ。
引っ張りも流し打ちも中途半端、どっちつかずのバッティングは、見ていてファンとしては哀しくなります。

私は、山田くんがキャンプでやってきたことを決して否定はしていません。
進化の過程で、いつかはそれが自分のものになると思いますから。
しかし、今はそれ以前の問題のように感じます。
もう一度、気持ちを真っ白にして、無心でバットを振ることから初めてもらいたいくらいです。
杉村コーチ、何とかなりませんかね?ホントにお願いしますよ。
それとも、どこか痛めているってことはないですよね!?


写真は3月22日神宮 杉浦稔大(としひろ)投手
e0222575_10191864.jpg


今日は6回1失点と、よくないながら粘りました。
しかし、失点が四球からだったのが悔やまれますね・・・。
次回は、もっと強気で攻めのピッチングをしてほしいです。
このへんは、大いに黒田投手を見習ってほしいと思います。

しかし、カープファンにとっては、黒田投手の凱旋初勝利は本当に嬉しかったでしょうね。
敵ながらおめでとうございます。

次回は、燕打線が黒田投手をもう少し打てるようになってくれると思います!?
by misty2011 | 2015-03-29 19:19 | 東京ヤクルトスワローズ

黒田投手にお手あげ4回1/3でわずか39球パーフェクト 燕1安打★0-1

昨日は開幕カードの広島東洋カープに圧勝した東京ヤクルトスワローズ
オープン戦対広島2戦目には、“男気フィーバー”で大盛り上がりの黒田博樹投手が先発しました。

ヤクルトの先発は杉浦稔大投手
スタメンは、侍ジャパンのため山田くんと雄平選手が抜け、飛車角落ちで黒田投手に挑むことに。
カープのほうは、菊丸コンビ、会澤捕手とも試合に出ていました。
侍ジャパンの集合日は8日今日のなんですが、なんで?余裕ですかね!?

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト オープン戦】杉浦投手が5回無失点の好投も、得点奪えず惜敗


試合は、黒田投手本人はまだこれからと言うものの、完全に黒田ペースでサクサク試合が進みます。
あまりの球数の少なさに、予定の回を超えて5回途中まで投げました。
4回1死まで13人に投げ、わずか39球、ノーヒット3三振と完璧に封じられました。
黒田投手にセットポジションの練習もさせないありさまでした。

コントロールはいいし、メジャー仕込みの打者の手元で動くとかいうボールに、燕打線は手も足も出ず。
お手あげです、参りました。
これ、本番でどうするの?打てる気がしませんよ・・・。

2番手の九里投手も全く打てず、7回にようやくセカンドエラーで出塁して、
辛くも完全試合は免れました。
同じ回、畠山選手のセカンド内野安打でノーノーも阻止。攻撃で今日よかった点はこれだけでした。

一方、黒田投手で影が薄くなった感がありますが、杉浦投手も好投しました。
5回を投げ、3安打で無失点。今日も安定のピッチングでした。
敵地マツダスタジアムで、黒田投手で大盛り上がりの完全アウェー状態でも淡々と投げました。

写真はキャンプ2月6日
e0222575_9473632.jpg



5回終了で、試合時間はわずか1時間10分。はやっ!

開幕カードの3戦目でこの両投手が投げ合うのは、ヤクルト的にはちょっと勿体ないい気がしないでもないです。

黒田投手を打てそうもないので、杉浦投手は0点に抑えない限り勝ち目がないような気がします。
でも、それができるのはヤクルトでは杉浦投手だけかもしれませんが、
ミスミス黒田投手にぶつけるのもね・・・と思います。
まあ何事もやってみないとわかりません。
もし、黒田投手に投げ勝ちでもすれば、杉浦投手にとっては大きな自信、
カープにとっては大きなダメージになるでしょう。そうなりますように!

とにかく援護がなければどんなに好投しても勝てません。何とかして1点でもとりたいですね。
開幕までに黒田対策を講じてほしいと願います。

2番手のロマン投手は、3回を投げ3安打、菊池涼介選手の犠牲フライによる1失点でした。
カープの得点はこの1点のみ。

前日とは打って変わって、燕最強打線は今日は音なし。
黒田投手以降の投手にも抑えられ、わずか1安打では勝てません。

最後に投げた一岡竜司投手もよかったですね。
本人談ではマウンドが合わなかったそうですが、いいストレートを投げていました。
あれでそうなんですか?
ちょっと勘弁してよね~って感じです。

結局、試合は2時間25分で、あっさり終わりました。

まだ、昨日投げたマエケンが、燕打線的には一番打ちやすいような気さえしました。
若いですが、ピークはもう過ぎた感じですね。
マエケン-ライアンの開幕戦は何が何でも取りたいです。


今日は山田哲人選手が侍ジャパン用にファーストミットを用意した記事が載っていました。
サンスポ 侍ジャパンでもお任せ!燕・山田、“日の丸仕様”新装備を用意

1塁で試合に出してくれるんでしょうか?小久保監督。
ケガさえしなければ、もうどうでもいいです。
侍の期間は、三木コーチから解放されるので、気分転換になればいいなあと思います。
この際、守備のことは、日本代表コーチの仁志さんにアドバイスしてもらった方がいいんじゃないですかね?
私はそう思います。
by misty2011 | 2015-03-08 15:40 | 東京ヤクルトスワローズ

黒田博樹投手が広島カープ復帰、ヤクルトは守護神候補アンドルセク(オンドルセク)投手獲得(動画追加)

東京ヤクルトスワローズは、メジャーのレッズからフリーエージェントとなっていたローガン・アンドルセク投手(29)を
獲得することになりました。(後日、名前表記が オンドルセクの登録名に変更されています)
2010年から5年連続で40試合に登板した中継ぎ右腕で、2メートル3cmの長身からMAX155キロのストレート、
また、フォークとカーブを投げるそうで、ヤクルトでは新守護神候補として期待されています。

サンスポ 燕がまた補強敢行!2メートル3の守護神候補・アンドルセク獲得

過去には、高身長のブロス投手がヤクルトで活躍したこともあって、その再来となれば嬉しいですね。

【追加】2014年MLB登板 ローガン・オンドルセク(Logan Ondrusek)投手の動画







レッズ傘下3A時代はバレンティン選手と同僚だったそうで、アンドルセク投手にとっては心強いでしょう。
バレ様も再びチームメイトとなることを楽しみにしていると思います。

ヤクルトはミコライオ投手の獲得に失敗し、抑えをどうするかが不安視されていましたが、
これで一応のメドがつきました。
先日、保留中だったカーペンター投手は自由契約となりましたが、
裏ではこの新外国人投手の獲得に動いていたというわけですね。

今オフのヤクルトの補強は例年になく積極的で、ちょっと戸惑っています。
成瀬投手、大引選手が二人とも金銭補償となって、かなりの出費となりますが、金庫の方は大丈夫でしょうか!?



それから他球団ですが、広島東洋カープに黒田博樹投手が復帰することが決まりました。
これはセ・リーグの他球団にとっては脅威(誤変換訂正)ですね。

日刊スポーツ 黒田8年ぶり広島復帰 7年前の約束守る
毎日新聞 <黒田>広島への感謝貫く 球団側、背番号15空けたままに

写真は2006年2月沖縄キャンプ ブルペンより黒田博樹投手
e0222575_9422910.jpg


e0222575_981871.jpg

こちらは2009年7月7日 ドジャース時代の黒田博樹投手 メッツ本拠地シティ・フィールドのベンチにて
ニューヨーク遠征の際に撮った写真です。この翌日先発しましたが、その試合は私はあいにく見ていません。
e0222575_984560.jpg


黒田投手は2008年にドジャースに移籍。2012年からはニュヨーク・ヤンキースで活躍しました。

2007年11月のメジャー移籍会見で「また日本に戻ってプレーすることがあるならば、このチーム(広島)しかない」と
男の約束をした通り、来季は8年ぶりにカープ復帰となりました。

ホントか単なる噂かはわかりませんが、一部では、黒田投手は前・野村謙二郎監督や、
引退した前田智徳選手との折り合いが微妙とかあったので、それらがクリアされた今、
カープ復帰のグッドタイミングになったのではないかと・・・全く確信はないですが、何となくそう思います。
(非カープファンながら、引退した高橋建投手の応援サイトを4年間やっていて仕入れた情報です)

前田健太投手も来季はカープでプレーすることが決まりましたが、その上、黒田投手が復帰となれば、
ますますカープの投手陣は盤石となりますね。
打線も若手が伸びてきて好調ですし、Aクラス以上、今年果たせなかった優勝も見えてくるかもしれません。

いやいや、いくらヤクルトが補強をしたとは言え、元々、カープには相性が悪いので、これは手強すぎます。
来季こそ、広島には勝ち越してほしいと思っているんですが、どうなりますか?
by misty2011 | 2014-12-27 10:50 | 東京ヤクルトスワローズ