今日から後半戦が始まりました。

東京ヤクルトスワロ―ズの後半戦最初のカードは、ハマスタでの横浜DeNAとの3連戦
先発はDeNAがバリオス投手、ヤクルトは小川泰弘投手

スタメンは、1番に坂口選手が入り、西浦選手は6番に下がりました。

試合経過は ニッカンスコア

初回2死後、今日26歳バースデーの山田哲人選手がショート内野安打で出ますが、
走らず、バレンティン選手は空振り三振

1回裏、小川投手は先頭の桑原選手にライト前ヒットを打たれますが、
2盗を中村捕手が刺します。
このあと、ソト選手にレフトへ2塁打を打たれますが、
筒香選手をセカンドゴロに打ち取り3アウト
DeNAのチグハグ攻撃に助けられました。

2回、先頭の雄平選手がピッチャー強襲ヒット
バリオス投手の左ふくらはぎを直撃して、負傷交代となり、
急きょ、武藤祐太投手がマウンドに
雄平選手は盗塁も、交換トレードでDeNAに移籍した伊藤光捕手に刺されます。
西浦、川端選手が倒れ3アウト

2回裏2死後、小川投手は伊藤捕手にヒットを打たれますが、後続を打ち取ります。

3回2死後、坂口選手がライト前ヒットで出ます。
青木選手はライトフライで3アウト

3回裏、小川投手は柴田選手に粘られるも、三者凡退に打ち取ります。

4回、先頭の山田選手が四球で歩きます。今度こそ走れ~!
バレンティン選手の打席で、空振りしたあとバットが伊藤捕手に背中に当たります。
伊藤捕手は一旦ベンチに下がりプレー続行
バレンティン選手は、山田くんが、いいスタートを切った時に限ってファールで、
この後、サードゴロ併殺打に倒れ2死ランナーなし
二人の呼吸が合いませんね。
以前から書いていますが、私は、山田→バレ、この並びはいいとは思えません。
バレンティン選手が後ろだと、やっぱり走りにくそう!?

雄平選手はファーストゴロで3アウト
緊急登板の投手って、打てないことが多いですが、今日の武藤投手も打てませんでした。

4回裏、小川投手はクリーンナップを三者凡退に打ち取ります。

5回、DeNAは3番手で須田投手が登板
ヤクルトはあっさり三者凡退

5回裏、DeNAも三者凡退

6回、DeNAは加賀投手が登板
先頭の小川投手がレフト前ヒットで出ます。
坂口選手もレフト前ヒットで続き無死1、2塁
青木選手はセカンドゴロで1死2、3塁
山田選手はサードゴロで、飛び出した小川投手がタッチアウト、
1塁転送もアウトのダブルプレーとなり3アウト。
あ・・・ぁ、チャンスにこれでは。がっくりです。
山田選手、今季初の併殺打が最悪の形で出ましたね。
【追記】記録はサードゴロと小川投手の走塁死で併殺打ではないようです。
追い込まれて、最後は外スラを引っかけました。
それこそ、右に打てば最低限は出来そうなものなのに。
まあ、初球の甘い球を見逃したのがすべてでしょう。
盗塁にしてもそうですが、チャンスに消極的過ぎるように思います。

6回裏、小川投手は先頭の倉本選手に今季初アーチを打たれ
先制を許します。0-1

チャンスを逃すと、こういう悪い流れになりますね。

7回、加賀投手が続投
ヤクルトは三者凡退に終わります。

7回裏、小川投手は先頭の筒香選手に四球を与えます。
宮崎選手はセカンドゴロ併殺打で2死ランナーなし。
梶谷選手はレフトフライで3アウト

8回、DeNAはパットン投手が登板
先頭の川端選手が四球で歩き、代走は三輪ちゃん
中村捕手は送りバントを決め1死2塁
ここで、小川投手の代打で畠山選手を送りますが、四球で歩き1死1、2塁
代走は藤井選手
しかし、今日2安打の坂口選手はショートゴロ併殺打で3アウト。
グッチ、お前もかと言いたくなるほど、今日はチャンスに併殺打ばかりです。

8回裏、ヤクルトは中尾輝投手が登板
三人できっちり片付けます。

9回、DeNAは山崎康晃投手が登板
先頭の青木選手がキャッチャーゴロ内野安打で出塁
続く山田選手はセカンドベースに当たるラッキーなタイムリー2塁打となり、
1塁から青木選手が一気にホームインして1-1の同点に追いつきます!

青木、山田選手ともラッキーヒットが続きました。

バレンティン選手もライト前ヒットで続き無死1、3塁。代走は田代選手
田代選手が2盗を決め無死2、3塁
雄平選手は敬遠で無死満塁となり、
西浦選手はサードゴロで、1死満塁
この打球も危うく併殺打になるところでしたが、
相手のミス?で、2塁走者の田代選手のみがアウトとなりました。
ここで、今日再昇格の代打・谷内亮太選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち
二者生還して3-1と勝ち越します。
ナイスバッティング!
さらに1死1、2塁で、中村捕手が左中間へのタイムリー2塁打を放ち、
二者生還して5-1と突き放します。


DeNAはたまらず三上投手に交代
藤井選手は四球で歩き、1死1、2塁から坂口選手はショートゴロ、
青木選手はセカンドゴロで3アウト

ヤクルトは、どうしても取れなかった1点が、9回には打者一巡で5点奪い逆転しました。

9回裏、ヤクルトは石山泰稚投手が登板 センターに上田選手、レフトは田代選手
先頭の桑原選手がセンターへの2塁打
柴田選手はファーストゴロも坂口選手のエラーで、2塁から桑原選手が生還して5-2
ソト選手はセンターフライ、筒香選手はセカンドフライで2死となり、
最後は宮崎選手をセカンドゴロに打ち取りゲームセット

ヤクルトが5-2で横浜DeNAに逆転勝ちして、連敗を8で止めました。
勝ち投手は8回に投げた中尾輝投手でチームトップの7勝目をゲットしました。
勝ち運が凄いですね。おめでとうございます。

先発の小川泰弘投手は、勝ち星こそつきませんでしたが、
7回を投げ、4安打ソロ弾1失点と好投しました。
出来れば、小川投手が投げている間に得点してほしかったです。

打つ方は、8回まではチャンスを併殺打でことごとく潰す拙攻が続きました。
相手先発が負傷交代となり、緊急登板の横浜投手陣を打てませんでした。
しかし、9回、守護神の山崎康晃投手を打ち崩し、一挙5得点
鮮やかな逆転勝利でした。

上でも書きましたが、9回、先頭の青木選手のラッキーな内野安打
そして、26歳バースデーの山田哲人選手もセカンドキャンパスに当たる2塁打で同点に。
このラッキーな同点打は、きっと野球の神様からの誕生日プレゼントだったんでしょう。
勝つときは、こういうツキもありますね。

もし、1点のままで負けていれば、山田くんは戦犯として叩かれていたでしょうね。
最悪の誕生日が一転して、笑顔で終われたのは何よりよかったです。

そして、今日再昇格の谷内亮太選手が、レフトへの2点タイムリーヒットで勝ち越します。
今季、初打点となる決勝打でした。おめでとうございます!
中村捕手の2点タイムリー2塁打のダメ押しもよかったです。

9回に出た仲良しやちやまだの同点打と勝ち越し打
勝ち越し打のヒーロー谷内選手、誕生日の山田くん、おめでとうございます。
写真は2017年5月11日神宮 谷内亮太選手と山田哲人選手
e0222575_16514076.jpg


DeNAのクローザーをKOしたのは、明日からの試合にも大きいですね。
明日は、このところ調子が落ち気味のブキャナン投手の先発
出来れば、援護は早めにお願いしたいですね。併殺打は厳禁で!

# by misty2011 | 2018-07-16 21:58 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011