オールスター中間発表 雑感

昨日、2011年マツダオールスターゲームファン投票の中間発表がありました。

詳細は マツダオールスターゲーム2011 中間発表

パ・リーグは先発投手部門でダルビッシュ有投手が圧倒的な得票数を集めてトップですが、それ以外のポジションでは福岡ソフトバンクホークスの選手が大部分を占め、現在の強さがそのまま投票数に出た感じです。恐れ入りました。
ちなみに、両リーグあわせての得票数1位は、現首位打者のソフトバンク・内川聖一外野手でした。

一方、セ・リーグは、先発投手部門でヤクルトスワローズの由規投手が1位、畠山和洋選手が1塁手で1位、外野手では青木選手が1位、バレンティン選手が2位と大躍進!

両リーグの首位チームが、やはりファン投票でも上位を占めています。

特にこの中でも、畠山選手の1位が私はいちばん嬉しいですね。首位ヤクルトの何といっても野手一番の牽引者ですからね。
去年までだと考えられないような快挙です!?最後まで1位をキープして、堂々とファン投票で選ばれてほしいです。

由規投手は、今は左脇腹の筋膜炎で抹消されていますが、幸い軽症ということで、既にキャッチボールを開始、球宴には間に合うようです。
無理はしないで、あくまでペナント最優先で調整をお願いしますが、ファン投票で選ばれたら本人にとっては最高に嬉しいでしょうね。

球宴第3戦はKスタ宮城の開催なので、仙台出身の由規投手がおそらく先発することになるんでしょう。東日本大震災の復興へ向けて希望の光となってほしいです。

ちなみに、私はそれほど熱心に投票はしていないんですが、先発投手では由規くんと館山昌平投手を交互に、1塁はもちろん畠山選手、3塁で宮本選手、そして外野で、バレンティン選手、青木選手に投票しています。
川端選手が復帰していればもちろん投票するんですが、球宴に間に合うのかどうかわからないので、今のところ投票は控えています。

パ・リーグの選手は一度だけダルビッシュ投手に投票しましたが、あとはめんどくさくて投票していません。

ファン投票の中間発表を見ていて、野次馬根性的に興味深かったのは、大人気の斎藤佑樹投手が意外や!?9位だったことです。
既にルーキーで2勝していますが、投球内容、また現在2軍で調整中ということを考えれば当然なんですが、思ったほど票が伸びていないのは私は予想外でした。
春先には1位で選ばれるんじゃないかと懸念したくらいの騒がれ方でしたから。

ハンカチおばさん人気にかげりが!?それともメディアが勝手に盛り上げていただけ?
票が少ないので、これから巻き返しがあるかもしれませんね。
逆にもしこのまま選ばれないとすれば、野球ファンの良識が保たれるということだと私は思います。

今回、ヤクルトからファン投票で4人選出されることになれば、1978年(鈴木康二朗、ヒルトン、角富士夫、若松勉)、1993年(古田敦也、ハウエル、池山隆寛、飯田哲也)以来、球団史上最多タイだそうです。しかも過去、いずれも日本一に輝いているということで、サンスポの見出し通り「日本一へ吉兆!」と明るい希望となります。

さらに、館山投手は監督推薦で確実に選出されると思います。イム投手、石川投手は微妙ですね・・・。

しかし、仙台で開催するのはいいことですが、電力不足の今年、オールスターを3試合もしなくてもいいのにと思います。出る選手にとっては光栄なことですが、実際は疲労が抜けなくて、コンディション的には大変なことでしょうね。この期間、休みたいと思っている選手も中にはいるのかも!?
by misty2011 | 2011-06-14 10:27 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011