日本シリーズ第7戦、ソフトバンクホークスが日本一ダ!

3勝3敗で迎えた日本シリーズ第7戦、勝った方が日本一です。

先発は福岡ソフトバンクホークスが杉内俊哉投手、中日ドラゴンズは山井大介投手でした。

試合経過は ニッカンスコア

このシリーズは、ロースコアの試合展開となり、先制することが即日本一につながります。

立ち上がり、杉内投手は硬い表情で、緊張感がテレビの画面からも伝わってきました。

ソフトバンクは初回、本多選手がヒットで出ますが2盗失敗で先制のチャンスを潰します。

杉内投手は徐々にエンジンがかかり、3回まで中日打線をノーヒットに抑え得点を許しません。

3回裏、ソフトバンクは先頭の多村選手が内野安打で出塁。
続く長谷川選手は送りバントではなくヒッティング。これが見事に当たりました。
昨夜のバント失敗の汚名を返上する素晴しい右中間を破る2塁打で、無死2、3塁とチャンスを広げるます。
スタメンマスクの山崎捕手は四球を選び、ノーアウト満塁。

ここで中日は早くも山井投手から小林投手に交代。
1番に戻って、川崎宗則選手が押し出しのフォアボールで、ソフトバンクが1点先制!
なおもチャンスでしたが、3番手ネルソン投手に交代し、この回は1点どまり。
もう一押しが出来ませんでした。

ソフトバンクは4回にもネルソン投手を攻め、2死1、2塁から山崎捕手がライト前にタイムリーヒットを放ち、
2塁から松中選手が激走して2-0とします。
長谷川選手が敬遠されたあとだっただけに、山崎選手、よくぞ打ちました。

杉内投手は援護をもらって、さらに飛ばしていきます。7回まで投げ3安打8奪三振で
竜打線を0点に抑えるナイスピッチング!

7回裏、中日3番手の浅尾拓也投手から、内川聖一選手が四球ででた川崎選手を2塁に置いて、
センター前ヒットを放ち、さらに1点追加して3-0と突き放します。
中日にとって、今シリーズは2点以上取れてないだけに、大きなダメージとなりました。

こうなると、ソフトバンクは8回はファルケンボーグ投手が登場で、三者三振の圧巻のピッチング。
9回も続投しますが、井端選手の打球を右腕に当て負傷交代。

森福投手が森野、ブランコ選手を打ち取ると、
最後は攝津正投手が和田一浩選手を空振り三振に斬ってとり3-0でゲームセット。

この瞬間、福岡ソフトバンクホークスは悲願の8年ぶり5回目の日本一が決まりました。
秋山幸二監督にとっては初の日本一。選手とひとりひとり抱き合う秋山監督は感極まっていました。

MVPには、4番としてチームを牽引した小久保裕紀選手が選ばれました。おめでとうございます。

ここまで6戦連続でビジターチームが勝つという不思議な日本シリーズでしたが、
満員のヤフードーム7戦目にして、初めてホームチームが勝ち、嬉しい日本一を決めました。
ホークスファンの皆さん、おめでとうございます。

下馬評では、圧倒的に優位だったソフトバンクでしたが、思わぬロースコアの試合が続く苦しい展開だったと思います。
しかし、最後に勝ったのは、やはり総合力・実力で上回るソフトバンクでした。
日本一は順当な結果だったと思います。

苦しんだ分、秋山監督の安堵と歓びもひとしおだったと思います。本当によかったです。
これで、交流戦、リーグ戦、クライマックス、そして最後に日本一と完全制覇!
本当に力のある強いチームでした。

退任する落合博満監督は最後の采配となりましたが、善戦及ばず日本一はなりませんでした。
これだけ打てない中、守り勝つ野球を貫き、7戦まで持ち込んだのは、ある意味大したものだと思います。

投手陣は、得点がもらえない中、吉見投手を筆頭に奮闘したと思います。
しかし、監督8年間の集大成の結果、打撃陣がこれほど打てないチームになったのは、残念だったと思います。

部外者が見ていて、やはり点が入らない野球なので、正直面白くありませんでした。
野球通からすると、玄人受けするのかもしれませんが、
ミーハーの素人のばあさんには、落合竜の野球はあまり魅力を感じませんでした。

来年以降、高木監督の下、ドラゴンズがどういうチームになっていくのか、ちょっと興味があります。
やはり同じようなチームになるとは思いますが、もう少し素人が見ても楽しめる野球を魅せてほしいと思います。

ヤクルトは来年こそ、今年の雪辱をと願っています。
戦力の補強があまり期待できそうもありませんが、そこは、チームの団結力でカバーしてほしいと思います。
まずは、怪我人を出さない強い体つくりと、メンタルも含め、1年間戦うスタミナを鍛えることでしょうね。
もう来シーズンは始まっています。
by misty2011 | 2011-11-20 23:25 | パ・リーグ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011