ライアン小川、先発イケる!5回無失点 対オリックスOP戦

京セラドーム大阪でのオリックス・バファローズとの2戦目
東京ヤクルトスワローズの先発は、期待の星ルーキーの小川泰弘投手。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式 オリックス・バファローズ1-4東京ヤクルト(オープン戦)

画像はキャンプ初日のブルペン フォームも独特ですが、迫力ある面構えです。
e0222575_12465164.jpg

小川泰弘投手は、期待に違わぬピッチングを披露。5回を投げ2安打5奪三振1四球無失点と好投。
前回は中継ぎで投げ2回無失点だったので、これでオープン戦7回無失点ピッチングが続いています。

唯一のピンチは、3回2死後、四球とヒット、またふたつの盗塁を許しランナーを2、3塁へ進めます。
ライアン小川投手は独特のフォームなので、ランナーを背負っての牽制・クイックがどうなのかなあ?と気がかりでしたが、
けっこう素早いモーションで、それ程問題ないように私は思いました。
投げた球がワンバウンドだったので、この盗塁は仕方ないとしておきましょう。

このピンチにも動じることなく、T-岡田選手を最後ストレートで押し込み、
三塁ファールフライに仕留めた場面は見ごたえがありました。

小川泰弘投手は、コントロールがよく四球で自滅するタイプではないので、安心して見ていられます。
高めのストレートで空振りが撮れるのも頼もしい!
私は球種はよくわかりませんが、多彩な、どの変化球でもストライクが取れるのも強みです。

まだ、結論は早いですが、今日の先発テストで小川投手がローテ入りを猛アピールし、
ヤクルト先発ローテの候補に躍り出たんじゃないでしょうか!?
もちろん、中継ぎでもメンタルが強そうなので、力を発揮できるタイプの投手だと思います。

正直、私は浦添キャンプ初日のブルペンを見た時から、ドラ1の石山泰稚投手より、
ドラ2のライアン小川泰弘投手のほうに魅力を感じました。ワクワク感がちがうんですよね。
どちらのルーキーも、先発ローテの枠に入ってくる存在になってくれたら、こんな嬉しいことはありません。
当落線上の先発投手陣はうかうかできませんね。

この後、6回からもルーキーの投手リレーとなり、大場達也投手が1回を三者凡退。
江村将也投手もランナーは出しましたが、無失点に抑え、新人がお互いイイ刺激をし合って頑張っています。


打つほうは、ミレッジ選手が会心のオープン戦第2号ホームランをレフトスタンドに放り込み1点先制!

あとは、地味ながら好調キープの選手会長の武内晋一選手がライト線へのタイムリー2塁打を放ち2-0。
岩村明憲選手も2塁打とレフトへ流してのヒットで2安打。
全盛期を彷彿させるようなバッティングで、これはマジ大きな戦力になってくれそうです。

岩村選手は1塁手としてもテストしてオプションが可能となり、
畠山選手の打撃次第では、ハタケは4番どころかファーストの定位置も安泰とは言えませんね。

8回には満塁で、比屋根渉選手がしぶとくセンター前に2点タイムリーヒットを放ち4点目。今日2安打
雄平選手も今日2安打で、外野争いはますますし烈になってきました。
上田剛史選手に元気がないのが心配です。

このあと8回は藤田太陽投手が無失点。
9回は山本哲哉投手が振り逃げ三振、四球からワイルドピッチで1点失いますが、アウトすべてを三振にとり
4-1でオリックスに連勝しました。

今日はライアン小川投手の好投を見る事が出来て満足です。次回の先発?登板でも好投を期待しています。
e0222575_14502644.jpg

↑↑こちらは7日のブルペン 一部、先にアップしましたが、後日残りの小川投手の写真をアップします。

既出ですが2月3日小川泰弘投手ブルペンの長めの動画を貼っておきます。
キャッチャーへのサインで球種が多いのがわかります。3日目で既にいろいろ投げているようでした。
  
by misty2011 | 2013-03-06 17:38 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011