延長11回満塁から暴投でロッテがサヨナラ~!ついに首位

千葉ロッテマリーンズは、西野投手の好投で昨日はロッテが勝ち、首位西武ライオンズに0.5ゲーム差と迫ってきました。
QVCマリンフィールド2戦目の先発は、藤岡貴裕投手と、西武は野上亮麿投手で、午後6時15分試合開始。

初回、藤岡投手は1死後、ヒットと四球でランナーを出し、ヘルマン選手にタイムリーヒットを打たれ、
あっさり先制を許します。

ロッテは3回、先発マスクの江村捕手がセンター前ヒット、犠打で2塁へ進むと、根元選手のファーストゴロを
オーティズ選手が弾くエラーを犯し、2塁ランナーがホームに生還して1-1の同点に。
昨日も西武のエラーから得点、今日もタイムリーエラーとはラッキーでした。

しかし5回、藤岡投手は1死後、四球、ヒットでランナーを出し、1死1、3塁から
オーティズ選手にタイムリーヒットを浴び1-2と勝ち越されます。

藤岡投手はこの回まで。
5回までに5安打され、四球4個ですが、これ以外にも、たびたびフルカウントになってテンポが悪いこと。
よくこれで2失点で済んだという感じでした。
やはり制球難はちょっとやそっとじゃ改善されませんね・・・。
西武打線が少し下降気味だったのが助かりました。

追加点がとれないロッテは8回裏、井口選手が4号ソロホームランを放ち、ついに同点に。
それまで何度もチャンスはありましたが、今日は4番の福浦選手がブレーキとなり、得点できませんでした。
井口選手の同点ホームランは、その意味でも価値がありました。
まだ春は続いています。

ロッテは6回からロサ-服部-上野投手とつなぎ、無失点に抑えます。
この投手リレーで無失点というのが、何気に大きかったでしょうね。
同点となったからには9回には松永投手を投入、10回は益田投手が登板して、それぞれ得点を許しません。

11回は伊藤投手がピシャリと3人で片付けます。復活を思わせるような好投でした。

するとその裏、ロッテは大石投手を攻め、四死球などで満塁とすると、
昨日1軍復帰したばかりの荻野貴司選手の打席で、大石投手がワイルドピッチを犯し、
3塁ランナーがホームインしてロッテが3×―2でサヨナラ勝ちを収めました。

長い試合で、投手継投がどうなるのかと案じましたが、6回以降、出てくる投手がすべて無失点リレーとは素晴らしい!
松永、益田投手はホントはお休みしてもらいたかったですが、試合展開がこうなれば、登板も仕方なかったでしょうね。
ブルペン投手陣の好投、それがサヨナラにつながりました。

11回の荻野貴司選手の打席で暴投サヨナラ勝ち 1軍復帰とともに何か持ってきたのかもしれません?
昨日は復帰即2安打と活躍。今日はノーヒットでしたが、最後に大きな仕事をしました!?
e0222575_23132156.jpg

写真は私が撮った唯一の荻野選手 これは3年前の2010年、デビューした年の3月16日のオープン戦の荻野選手です。

この日は広島カープとのオープン戦で、荻野選手は3安打猛打賞と活躍。
ロッテはいいルーキーが入って来たなあというのが私の当時の感想でした。
その後は、ロッテの試合をほとんど見ることがなかったので、大きなケガをしたのは知っていましたが、
それ以降のことは私はほとんど知りませんでした。
1軍復帰、本当に良かったですね。サヨナラ勝利、おめでとうございます。

8連勝で、ついに首位とは恐れ入りました。
ちょっと前まで、あんなに西武とは差があって、力の差も感じていたのに、追い抜くなんてすごすぎます。
ロッテの勢いは本物!?
まだまだ山あり谷ありのペナントレースになると思いますが、
行けるところまでチームワークで乗り切ってほしいと思います。

今日は先発が5回で降板しましたが、後ろへの負担を減らす意味でも、もっと先発が長い回を投げてほしいと思います。

勝ちづつけるのは嬉しい反面、勝利の方程式の松永、益田投手の疲労が心配な今日この頃です。


川本良平捕手は今日も出番なし。
若い江村捕手が、ホントに頑張っています。今日は一人で11回までマスクを被り、打っては2安打(うち2塁打1本)で、
最初の1点目のホームは江村捕手がヒットで出て、相手エラーで生還しました。

伊東監督も、生え抜きの若い捕手の急成長に目を細めていることでしょうね。楽しみです。
by misty2011 | 2013-05-09 23:15 | パ・リーグ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011