唐川好投も疑問が残る継投、延長サヨナラ負け

3連勝とチーム状態がすこしずつ上がってきた千葉ロッテマリーンズ。
今日は先発を後ろにずらされた唐川侑己くんの先発です。意地を見せるでしょうか!?
北海道日本ハムファイターズは武田勝投手の先発で、午後3時試合開始

と、その前に、昨日好投して9勝目を挙げた西野勇士投手が、今日登録抹消されました。
何でも、今朝起きた時に、右肩に今まで感じたことのない痛みがあったとして、登録を抹消されました。
肩ですからね・・・、心配です。どうか軽症であってほしいです。
先発の柱ですからね、ローテをまた組み直さなきゃいけないでしょうね。

では、試合です。
立ち上がり、唐川投手は球が高く、大引選手にヒットと盗塁で2塁へ進まれますが、3、4番を打ち取り無失点。

2回にロッテは1死満塁のチャンスを作りますが、青松選手がサードゴロ併殺打で得点できません。

試合経過は ニッカンスコア

4回、ロッテは、井口、今江、角中選手のヒットで、再び1死満塁のチャンスを作ります。
ここでまたも青松選手が打席に入り、あわやグランドスラムかという大ファールを打ったあと、
サードゴロを今度は小谷野選手がセカンド悪送球してランナーが二人生還してロッテが2点先制!
ラッキーでした。
しかし、鈴木大地選手のスクイズ失敗で追加点が奪えません。ここは決めてほしかった。

唐川投手は、立ち上がりは不安でしたが、2回もピンチを切り抜けると、日ハム打線の拙攻にも助けられ
6回まで無失点と好投。
3球三振のスカッとするような投球が随所に見られ、相手打線に考える隙を与えません。

いつもなら中盤あたりで連打され崩れますが、今日はそれもありませんでした。

7回に入り、先頭の大野捕手にヒットを打たれ犠打で2塁へ送られると、ここで内竜也投手に交代。

内投手は、陽岱鋼選手には2塁ベース直撃のヒットを打たれ1死1、3塁のピンチを招くと、
大引選手にレフトへのタイムリー2塁打を浴び2-1と1点差に。
その後の、3、4番は打ち取ります。

交代のタイミングですが、私はここで代えるかな?まだ続投でいいのにと思いましたが、
いつもこういう場面で唐川くんが打たれるので、ベンチからの信頼がなかったんでしょうね・・・。

8回はロサ投手が登板し、いきなり先頭の小谷野選手に2塁打を浴び、1死後、松永投手に交代して
代打二岡選手をセンターライナーに打ち取ります。
ここでも、ロサ投手の続投でいいかと思いましたけどね。
しかし、大野捕手を敬遠気味で歩かせ、代打・鶴岡慎也捕手にレフト前ヒットを打たれ2死満塁。
大野捕手を歩かせた時点でイヤな予感がしました。

つづく陽選手に押し出しのフォアボールを与え、ついに2-2の同点に。
この時点で、好投した唐川くんの勝ち星がなくなりました。
何回目でしょう?リリーフに勝ちを消されたのは・・・。
このへんも唐川くんが今季勝ちきれないひとつの要因かもしれません。

9回は益田投手が先頭を四球で出しますが、後続を断ち無失点に抑えます。

2-2のまま延長に入った10回、マウンドには藤岡投手が。
正直、この時点である程度サヨナラは覚悟していましたが、その通りになるとは・・・。
先頭の今浪選手に2塁打、犠打で3塁へ進まれると、鶴岡慎也選手にレフト前にサヨナラヒットを打たれジ・エンド。
前進守備をとっていませんでした。

ロッテは2-3×でサヨナラ負けを喫し、連勝は3で止まりました。
またも唐川投手先発の試合で連勝がストップするとは、唐川くんが好投しただけに皮肉なものです。

継投が早め早めになったため、結局10回は藤岡投手しか選択がなかったんでしょうか!?
今の藤岡投手は、接戦で抑えられる投手ではありません。
サヨナラ負けの結果はある意味当然だったかもしれません。

それにしても、毎回書いていますが、結局は打てない打線です。
今日も4回こそ3安打集中して2点取りましたが、得点はこの回のみ。それも相手エラーからもらった得点。
4回以外はわずか2安打で計5安打。
やはり、夏場に打線がこれだけ湿ると、勝ちゲームを作るのはしんどいです。
私はブラゼル選手はスタメン起用してほしいですね。

明日は、今日の負けを引きずらないよう、しっかりしたゲーム運びをお願いします。
by misty2011 | 2013-08-10 22:05 | パ・リーグ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011