初回の満塁弾が空砲に ロッテ首位攻防戦に連敗

首位攻防戦の初戦は、田中将大投手を崩せず、結局完封負けを喫した千葉ロッテマリーンズ
今日こそ負けられない一戦となりました。
先発は、東北楽天ゴールデンイーグルスが辛島航投手、ロッテは古谷拓哉投手で、午後6時試合開始

辛島投手と言っても、私はほとんど知らないピッチャーで、どんな投球をするのか今日初めて見ました。

初回、ロッテは2死後、ヒットと四球で満塁となり、GG佐藤選手が、日本復帰後初ホームランとなる
1号満塁ホームランを放ち4点先制!
いやいや、まさかと言ったら失礼ですが、もうびっくりでした。やっぱりパワーは健在でしたね。
これで乗っていかないわけがありません!?


試合経過は ニッカンスコア

初回に4点の援護をもらった古谷投手でしたが、その裏、1死後、岩崎選手にヒットを打たれ
2死後、ジョーンズ選手にライト線へ2塁打を運ばれ、
1塁から岩崎選手が好走塁で一気にホームインして4-1となります。

古谷投手は、3回には島内、岡島選手に連打され、銀次選手のライト前タイムリーヒットで4-2
ジョーンズ選手は四球で満塁となり、マギー選手の打席でワイルドピッチで4-3と1点差となります。
古谷投手にしては珍しく、ホームベースかなり前に叩きつけるようなボールで、里崎捕手も捕れませんでした。

4点リードが、あっという間に1点差まで追い上げられ、これはまずいことになりました。

ロッテは4回から早くも継投に入ります。これは意外?でした。
2番手服部投手が登板も、先頭に四球を与え、島内選手のヒットで1死1、3塁から、岡島選手のセカンドゴロで
3塁ランナーが生還して、ついに4-4の同点に。もうこうなると流れは楽天に。

ロッテは辛島投手から2回以降も毎回ヒットでランナーを出しますが、得点できません。

5回も続投の服部投手は、先頭の銀次選手にレフト前ヒットを打たれ、ここでようやく3番手上野投手に交代。
1死後、マギー選手にヒットを打たれると、舛田選手に左中間への2点タイムリー2塁打を浴び4-6と
逆転されます。

6回には上野投手が嶋、島内選手に連打され、犠打で2、3塁へ進まれると、
レデズマ投手に継投も、代打・藤田選手のセカンドゴロで1点追加され4-7

楽天は6回から金刀、青山投手とつなぎ、
4番手で、今日はお母様の告別式で哀しみを胸に登板した長谷部投手に無失点に抑えられます。

4-7で9回はラズナー投手が登板も、アクシデントで降板となり、急きょ斎藤隆投手が登板し、
今江選手のタイムリーヒットで1点かえしますが反撃もここまで。
5-7で楽天に逆転負けを喫し、首位攻防戦は昨日に続き連敗となりました。

あわよくば3連勝、最低でも勝ち越したかった楽天との3連戦で、早くもこのカードは負け越しが決まり、
ゲーム差も4.5に広がりました。

先発した古谷投手は、いつものような安定感がありませんでしたね。
プレッシャーもあったんでしょう。制球も球のキレもイマイチでした。

3回で古谷投手を降ろして、伊東監督は早めの継投に打って出ましたが、これが裏目に出ましたね。
2番手の服部投手が先頭を歩かせたところから、結局失点し、その後も継投が、なんだかチグハグ。
6回は頭から上野投手でもよかったのでは?
8回には、藤岡投手をまた投げさせたのにはあきれました。マジで潰すつもり!?

まあ、どちらにしても初回のグランドスラム以降、チャンスはありながらも
9回まで追加点が取れなかったのでどうしようもありませんでした。

初戦は、スタメンや代打で采配にイマイチ挑戦者としての勢いが感じられませんでしたが、
今日は、古谷投手が打たれたのは仕方ないとしても、そのあとの投手継投に悔いが残るように私は思いました。

昨日は相手がマー君なので、ある意味あきらめがつきますが、
今日は初回の満塁弾で勢いがついたまま、勝たなくてはいけない試合を落としたように思います。

e0222575_0343744.jpg

    2011年交流戦で遠征した際のKスタ宮城


明日は3連敗だけは絶対しないよう、全力でぶつかってほしいと思います。
by misty2011 | 2013-08-25 00:27 | パ・リーグ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011