今江の満塁弾が空砲に、ロッテ逆転負けで3位転落

昨日は大事な一戦で、唐川投手が大量失点の背信ピッチングで試合を落とした千葉ロッテマリーンズ。
今日は久しぶりに先発となった藤岡貴裕投手が、どんな投球をしてくれるか期待と不安を抱きながら試合が始まりました。
オリックスバファローズの先発は前田祐ニ投手で、ロッテ苦手の左腕です。

藤岡投手は初回、糸井選手を四球で出しますが、イ・デホ選手を3球三振に仕留め、上々の立ち上がり。

その裏、ロッテは前田投手を攻めます。
先頭・荻野貴選手が四球で出ると、根元選手はヒットでつなぎ、井口選手も四球で無死満塁の大チャンス!
ここで、昨日復帰したばかりの今江選手がなんとなんと、8号満塁ホームランをレフトスタンドに放り込み
ロッテが4点先制!

いやいや、これまでなかなか攻略出来なかった前田投手からいきなりグランドスラムで4点先制ですからね。
今江選手は久しぶりの一発が満塁弾とは恐れ入りました。

試合経過は ニッカンスコア

4点援護をもらって、藤岡投手は2回も0点に抑えますが、3回、平野選手のフェンス直撃の2塁打を打たれると
2死後、糸井選手にレフト前にタイムリーヒットを運ばれ4-1

5回には安達選手にソロホームランを浴び4-2となります。
そのあとも、2四球でピンチでしたが、後続を抑えます。

今日はストレートのキレがやや戻ったようにも見えましたが、安達選手にはそのストレートを狙い打ちされました。
藤岡投手は5回まで投げ112球4安打7三振4四球で2失点と、先発として、一応試合を作りました。

ロッテは6回から継投に入りますが、これが大誤算。
2番手で中郷投手が登板も、先頭から連打されと四球で1死満塁のピンチを招いて、3番手服部投手に交代。
しかし、平野選手にタイムリーヒットを打たれ4-3となると、押し出しの四球で4-4の同点に追いつかれます。

糸井選手はピッチャーゴロに打ちとり、ここで上野投手に継投。
しかし、李大浩(イデホ)選手に押し出しのフォアボールを献上して4-5とついに逆転されます。
さらに竹原選手の2点タイムリーヒットを打たれ4-7とリードを広げられます。

四球からの失点。リードしていても気持ちに余裕がないのか、どの投手も逃げていましたね。

その裏、角中選手がマエストリ投手からソロホームランを放ち5-7

2点ビハインドのまま9回裏、先頭の代打・ブラゼル選手が右中間への2塁打で出塁。代走は伊志嶺選手。
GG佐藤選手のセカンドゴロでランナーは3塁へ。
つづく鈴木大地選手のセンター前ポテンヒットで6-7と1点差。

しかし、代打・福浦選手は空振り三振。荻野貴選手も倒れゲームセット。
初回の満塁弾も虚しく、中継ぎ投手陣が踏ん張れず逆転され、最後は1点差まで追い上げますが届きませんでした。

ソフトバンクが今日は楽天に大逆転勝利を収め、ロッテはついに3位に転落しました。

今日のように初回に4番が満塁弾を放って優位に進めた試合を落とすようでは、チームの勢いは削がれるばかり。

打撃陣は初回に4点取って安心したわけではないでしょけど、追加点がとれないうちに逆転され、
結局1点届かず。

投手陣はリードしていてもビクビクした投球で、四球が絡んでの失点は気持ちが逃げていたんでしょうね。
次々にピンチを招いての継投は悪循環となりました。


わずかの期間でロッテは大失速。ここからどれだけ持ち直せるか、チームとしての力が問われます。
先発が苦しい上に、ブルペン陣も今日のような状態では厳しいと言わざるをえませんね。

今まで無理して戦ってきたツケがここへきて出ているのかもしれません。
しかし、今が踏ん張りどころ。ここであきらめては、今までの戦いが無になります。
まずは連敗を止めるべく、目の前の一戦を全力で戦ってほしいと思います。

伊東監督は「ひと言で言えば選手の経験不足。しびれるような試合をしていないから」と断言しました。
これを乗り越えてこそ、チームの力がつきます。
本当に正念場ですね。
by misty2011 | 2013-09-19 00:20 | パ・リーグ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011