2013年私の生観戦成績は9勝11敗 ワースト試合多し…

11月23日の東京ヤクルトスワローズ2013年ファン感謝DAYでは、
毎年行われている「あなたが選ぶ神宮球場ベストゲーム」の投票結果が発表されます。

既に投票は締め切られていて、うっかり私は投票するのを忘れていました。

今シーズンはベストゲームというのが、ほとんど印象になくて、私の場合はワーストの方が記憶に残るシーズンでした。

ベストゲームとして一つ挙げるとすれば、生観戦した9月15日、バレンティン選手が56号、57号2発を打って、
ホームランの日本記録を更新した試合ですね。
記録更新がいつなるかわからないので、9月12日から4戦連続神宮に通い、
生で歴史的瞬間を見られて、本当に感動しました。

ということで、今日は今シーズンの私の生観戦した勝敗結果を改めて調べてみました。

2013年の神宮初観戦は開幕2試合目の3月30日阪神タイガース戦でした。
開幕投手こそ、館山昌平投手に譲りましたが、石川雅規投手が9回途中まで無失点と好投し、
バーネット投手が締め、スミ1を守り抜き、1-0で勝ってヤクルトスワローズが今季初勝利した試合です。

初っ端の観戦で勝利して、幸先いいスタートとなったと思いきや、その後、とんでもないシーズンになりました。

今シーズン、私が東京ヤクルトスワローズの試合を生観戦したのは20試合。
東京ドームで日本ハムファイターズのオープン戦と公式戦を2試合観戦しましたが、それはカウントしていません。

内訳は、神宮が17試合、交流戦のQVCマリンが2試合、ハマスタが1試合です。
結果は9勝11敗で、実際のヤクルトの勝率.407より若干いい成績でした。

しかし、勝った試合よりも今季の中でもワーストの試合になるであろう試合を数多く見たので、
そちらの試合の記憶の方が鮮明に残っています。

まずは、怪我人を出した試合があったことです。
4月5日神宮での横浜DeNA戦では、館山昌平投手が、肘を痛めて負傷交代。
直後に、右肘内側側副靭帯再建術を受け、全治1年で今季はこの試合が最後となりました。
既に9月にはキャッチボールを開始し、現在、復帰に向けリハビリ中です。

それから悪夢の4月17日神宮中日ドラゴンズ戦。
この試合は、センターを守っていた雄平選手が打球を追ってフェンス際でジャンプして着地した際に
膝を痛めました。
そのあと、センターの守備についたので、大丈夫かと思っていましたが、
診断の結果は右膝前十字靱帯断裂で、こちらも手術を受け全治1年の大怪我でした。
雄平選手も現在、元気にリハビリ中です。

館山投手と雄平選手の場合は、選手生命にもかかわるほどの大怪我で、
その2試合とも生観戦していた私はホントに気が滅入りました。

また4月17日は、バーネット選手が今シーズン最初と言っていいでしょうね、内野陣のミスにキレて?、
試合を壊した試合で、当人も右内腹斜筋の肉離れで、抹消されました。
e0222575_16475070.jpg

4月17日対中日ドラゴンズ戦 延長11回5時間3分 6-10の敗戦 今季私のワースト試合
試合が終わったのは午後11時過ぎ。当然ながら帰宅は午前様でした。

これ以降、今年のバーネット投手はキレることが多くて、守護神から外されるきっかけともなった試合です。


もう一つワースト候補に挙げられるのが、6月9日神宮での日本ファイターズとの交流戦。
内野陣が6失策(山田3、荒木3失策)、先発のラルー投手もこれにはキレてボロボロとなった試合です。
e0222575_22144291.jpg


不振から2軍落ちして、10日で1軍復帰した田中浩康選手がセカンドスタメンに入ったことから、歯車が狂い、
山田哲人選手がショートで2個、セカンドに移っても1個エラーをやらかしパニックになっていました。
今季、これ以降、山田くんは一度もショートを守ることはありませんでした。

サードで3失策した荒木選手は、その後ファーストを守る機会がありましたが、
打撃が奮わず、すぐ下に落とされました。
イースタンでは首位打者となりましたが、この後は1軍に上がってくることはありませんでした。

山田くん推しの私でしたが、さすがにエラー連発には、いたたまれなくなって、
どうか山田くんへ打球が行きませんようにと祈りながら試合を見た覚えがあります。
メンタル面で大丈夫かな?と心配しましたが、とり越し苦労に終わってホッとしています。
現在も、ショートとセカンドの2ポジションの練習をしているようですが、その成果が来季は発揮できますように!

あと、交流戦5月17日ロッテ戦での9回裏、畠山和洋選手の逆転サヨナラ満塁ホームランも印象に残っていますが、
この試合は劇的サヨナラにもかかわらず、私にとっては非常に複雑な思いでした。
ロッテのキャッチャーは、交換トレードでロッテに移籍した川本良平捕手でしたからね・・・。
歓喜に沸く1塁側スタンドを見ながら、私は心の底からは喜べなくて、「ハタケよ、他の試合で打てよ!」
なんてことを思っていました。すみません。

サヨナラ負けもありました。5月1日のハマスタでは延長10回、金城選手にサヨナラホームランを打たれました。

これ以外にも、負けた試合では2ケタ失点が5試合もあって、いくらリードしてもひっくり返される展開に
がっくりして帰宅したことが数多くありました。
こんな試合を見たくて来ているんじゃない、もう出かけたくないわと何度も思ったほどです。

ちなみに、スワローズブログを始めた2011年からの私の観戦成績は
2011年 23勝14敗1分け (この年はオープン戦やCS戦の勝敗も含めています)
2012年 4勝10敗 (昨年は癌手術後と、あと某ブロガーより神宮で脅迫されていたので試合観戦が激減しました)
2013年 9勝11敗

前のサイトでは年間40~50試合くらい観戦していたので、それと比べると、ホントに生観戦が減りました。
還暦過ぎると、やはり体力的に連日はきついですからね。

来年はもっと減るかもしれませんが、脅迫にもめげず体力が続く限り出かけたいとは思っています。
スワローズブロガーさんは、出かけられる環境にあっても、意外と生観戦は少ないように思います。
テレビ情報やネット情報だけの評論家が多いのはチト残念に思います。
まあ、そういう私も自宅で寝転んでテレビ観戦する方が、ラクでいいんですが。
by misty2011 | 2013-11-13 17:23 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。


by misty2011