巨人雑感と坂本勇人選手フォト

2014年レギュラーシーズンは読売ジャイアンツが優勝しましたが、
クライマックス・ファイナルでは阪神タイガースに4連敗という屈辱的な敗戦で、日本シリーズ進出が断たれました。

冷静に考えてみると、巨人は今年のチーム状態で、よくペナントを制したと言ったほうがいいかもしれません。
MVPに誰を選んでいいのかわからないほど、際立って活躍した選手は見当たりません。
内海投手は不調、菅野投手は防御率のタイトルは獲りましたが、途中で離脱があって、CSには出られませんでした。
リリーフ陣も打ち込まれることが多く、特に山口投手は登板過多の勤続疲労の影響があったでしょうね。

打つほうは、自慢の強力打線がさっぱり。3割バッターがひとりもいません。
特に阿部慎之助選手の衰えが目立ち、坂本選手もパッとせず、
長野選手は、後半は怪我を抱えながらの出場で力を出せませんでした。
若手の選手も思ったほど伸びていませんね。

しかし、ここぞという試合にはきっちり勝って、しぶとさを見せた巨人が優勝しました。
なりふり構わない原監督の執念の采配が実ったとも言えます。
それほど強さを感じさせないまま、終わってみたら、やっぱり巨人が強かったのかな?という印象です。

一方、阪神タイガースは、首位打者のマートン選手、打点王のゴメス選手の活躍。
また、最多勝や最多奪三振の2冠となったメッセンジャー投手がいて、
最優秀中継ぎ、最多セーブの福原、オー・スンファン投手を擁するる阪神タイガースの方が、
むしろ今季は戦力的には上だったかもしれません。

前半は勢いがあった広島カープは、終盤の勝負どころの試合をことごとく落とし失速しました。
勢いだけではなく、投打がかみ合ってチームの力が確実についてきたと強さを感じましたが、
最終的にはチームは3位、カープからは記録によるタイトルホルダーが0に終わりました。
ま、これは山田選手が最多安打で、バレンティン選手が出塁率で、菊池、丸選手をそれぞれ上回ったからですが。

我ヤクルトにしても、タイトル獲得者が2選手、規定打席に達した3割バッターが5人もいて、
ぶっちぎりの最下位ですからね。
ワースト4.623のチーム防御率やダントツの717失点、また12球団でも最低レベルの守備では、
いくら点をとってもそれ以上に点を取られました。

振り返ってみると、各チームいろいろ不思議なシーズンだったような気がします。

前置きが長くなりました。
シーズンもですが、クライマックスファイナルでも、いいところなしで終わった坂本勇人選手。
CSファイナルでは、バッティングの形を崩していて、素人が見ても打てそうな雰囲気がありませんでした。
最終打席でホームランを打ちましたが、それまでに好機でどれだけブレーキになったか、
本人にとっては悔しいシーズンの終わり方だったでしょうね。


今シーズンは巨人戦の観戦が少なくて、神宮10月1日の坂本勇人選手の写真です。
シートノック前のキャッチボール
e0222575_10282844.jpg

e0222575_1028538.jpg
e0222575_1029211.jpg
e0222575_10291357.jpg
e0222575_10292292.jpg
e0222575_10293367.jpg


坂本選手は山田選手の憧れの選手でもあるので、来シーズンの巻き返しを期待したいと思います。
by misty2011 | 2014-10-23 11:18 | セ・リーグ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30