山田哲人&菊池涼介選手守備練習フォト@東京ドーム日米野球第4戦

11月16日東京ドーム日米野球大4戦の試合編フォトレポ(こちら)に続き、
今回はセカンドの守備練習をする広島カープの菊池涼介選手と、東京ヤクルトスワローズの山田哲人選手です。

二人の2ショットを撮るのは、私は2014マツダオールスター以来です。
その時も、一緒にセカンドで守備練習をしていました。

第3戦までは守備重視の小久保監督の方針で、セカンドは菊池選手がスタメン出場していましたが、
第4戦では山田選手をセカンドでスタメンで起用しました。
既に3連勝してMLBに勝ち越していたので、3年後を見据えて、セカンド山田選手を試してみたかったんでしょうね。
ヤクルトでは正二塁手です。

多くの野球ファンには、山田くんは守備が下手というイメージが刷り込まれているようで、残念に思います。
もちろん、野生児・菊池選手のような破天荒な守備はできませんが、今シーズンは目に見えて上達しています。
送球にやや不安な部分はありますが、身体能力は高く、守備範囲も広いので、
もう“下手”という部類からは抜け出したと思います。

大きな声では言えませんが、ヤクルトチーム内には、もっとレベルの低い拙守の内外野手がいっぱいいます。
昨年までならいざ知らず、今季もそれらの選手と十把ひとからげで山田くんを扱うのは、私は不当評価だと思います。
現に、日米野球でぶっつけ本番状態でファーストをやっていますが、広い守備範囲や抜群の反射神経を見せ、
とても初めて守ったとは思えませんでした。
苦手と言われた守備の面で、新境地を開く一歩になるかもしれません。


では11月16日、日米野球第4戦、試合前の守備練習より
菊池選手と一緒にセカンドの守備にやってきました。ノッカーは奈良原コーチでした。
私は開門から30分遅れで入場したので、ネット際は何重にも人だかりができて前が見えません。
仕方なく上の方から撮っています。
e0222575_13311881.jpg

仁志敏久コーチに指摘されたこともあって、山田くんは重心を下げようとする意識は感じました。
e0222575_13504697.jpg

でも、まだ高いかな?
e0222575_1350569.jpg
e0222575_135168.jpg
e0222575_13511347.jpg

各ゾーンがフェンスで仕切られた中での練習です。
フリーバッティング中で、手前ではバント練習をやっていました。
e0222575_13512435.jpg
e0222575_13513667.jpg

二人ともシーズン中とは色の違うグラブを使用 
山田選手は練習用のグラブのようで、試合中はキャメル色のグラブでした。
菊池選手は日米野球の試合中も、映像で見ると練習中と同じもののようです。  
菊池涼介選手のグローブのメーカーはSSK 山田哲人選手はDonaiya製のグローブ 
e0222575_13514364.jpg


これはかなり低く構えて捕球しています。
e0222575_135153100.jpg

e0222575_1463472.jpg

山田くんのグラブトス
e0222575_1464497.jpg
e0222575_1465238.jpg
e0222575_147257.jpg

軽やかで華麗なステップ、菊池選手
e0222575_1473430.jpg

e0222575_14211281.jpg

菊池選手が話かけています。守備の天才から何かアドバイスをもらえたでしょうか?
菊池選手は終始リラックスしていましたが、山田くんはやや緊張気味
e0222575_149235.jpg
e0222575_1491357.jpg
e0222575_1493393.jpg


菊池選手の試合中の写真
7回、ヒットのランナー二人を置いて、菊池涼介選手が代打で登場 大きな当たりのセンターフライでした。
e0222575_14134367.jpg
e0222575_14135240.jpg
e0222575_14135819.jpg


山田選手は、守備では異次元レベルの菊池選手に敵いませんが、
打撃では今シーズン同様、来季もよきライバルとなるでしょうね。
いい競争をして、お互いを高めてほしいと思います。


この後も日米野球観戦のフォトの更新を続けます。
by misty2011 | 2014-11-17 19:49 | WBC・侍ジャパン

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30