祝♪秋山翔吾選手216安打プロ野球シーズン最多安打新記録!

今日は残念ながら神宮での試合が中止となり、東京ヤクルトスワローズはまたも優勝がお預けとなりました。

中止発表時点では、まあ、試合をやるのは無理と思いましたが、その後、雨、風とも思ったほどではなく、
私の自宅近辺では雨は上がりました。
こんなことなら、決行してもよかったかもと思わなくもないですが・・・。

明日のチケット争奪戦が凄いことになりそうで・・・。
ただ、阪神ファンには当初の10月1日分ほどは売れないような気がします。
この際、3塁側までヤクルトファンで埋まるといいですね。

セ・リーグ3試合がすべて中止なので、パ・リーグの注目といえば、昨夜、5安打固め打ちをして
マートン選手に並ぶシーズン214安打で最多安打タイ記録を達成した西武ライオンズの秋山翔吾選手の打席!

テレビで見ていましたが、オリックスのバリントン投手が調子が良くて、1打席目はショートゴロ、
2打席目は空振り三振に倒れました。

しかし、6回第3打席でサード内野安打を放ち215安打!ついに最多安打記録を更新しました。
おめでとうございます♪
昨夜はタイ記録でも花束が用意されていませんでしたが、今日は花束と記録更新のボードが掲げられました。

さらに、9回は佐藤達也投手から左中間を破る3塁打を放ち、今日はマルチヒットで216安打。
今度は素晴らしい長打が出ました。
この後、渡辺選手のタイムリー2塁打で、西武はようやく1点かえしましたが、
1-4でオリックスに敗れ、最終戦を勝利で飾れませんでした。

千葉ロッテマリーンズと熾烈なCS争いをしている西武にとって、
ロッテと順位が入れ替わる痛い敗戦となりました。
ロッテは残り試合がまだあるので、西武は厳しい状況になったと言わざるをえません。
せっかくの記録更新でしたが、試合後に秋山選手には笑顔はなく、険しい表情でした。

秋山選手は、9月に入って打撃の調子を落とし、私は心配していましたが、最後の2試合で一気に新記録を樹立!
昨年、ヤクルトの山田哲人選手が最終戦のひとつ前の試合で4安打固め打ちをして、
日本人右打者最多安打は、逆転満塁弾というド派手なパフォーマンスで記録を塗り替えましたが、
それとちょっと被って感慨深いものがありました。

もちろん、秋山選手のシーズンヒット数はプロ野球新記録で、山田くんは右とか日本人とか但し書きがつくので、
比べては失礼かもしれませんが、最後の最後での集中力は同じように素晴らしいものがありますね。

マートン選手の持つ最多安打記録を塗り替えて、本当によかったです。おめでとございます。

新記録は、秋山選手にしては珍しく内野安打でしたが、216安打目は左中間への素晴らしい3塁打。

私は左打者で足もあるので、秋山選手はもっと内野安打でヒットを稼いでいるのかと思っていましたが、
意外と少なくて今日で18本目だとか。全安打に占める内野安打の割合は200安打達成者の中では
マートン選手以下で最も少ないそうです。
山田くんも俊足なのに、内野安打が少ないですね・・・。打率が稼げません。
逆にフルスイングがウリの柳田悠岐選手は、長打も多いですがゴロも多くて思いのほか内野安打が多いですね。
セ・リーグ最多安打と首位打者がほぼ確定の川端慎吾選手も内野安打が多いヒットメーカーです。

内野安打も長打もヒットはヒットで、どちらがいいとか優劣はないのかもしれませんが、
私は以前からここでも書いているように、内野安打でヒットを稼ぐ打者は私の好みではありません。
内野安打を打つにも技術が必要だとはわかっていますが、ボテボテや当たり損ないがヒットになるので、
どうしても、せこいって感じがして。もちろん足が速いというのもありますが。

イチロー選手も青木宣親選手も、記録や成績としては文句のつけようがないほど素晴らしくて敬服していますが、
残念ながら私の好きなタイプの打者ではありません。
好みの問題なので、こればっかりはどうしようもないです。

先日、惜しまれながらも引退した中日の和田一浩選手のような、左右どちらにも鋭い打球が打てる
打者が好きですね。
ベンちゃんは長打もあって、敵にすると打席でとても怖い打者でした。
まだやれるのに、勿体ないですね・・・。

今日の西武ライオンズは、秋山選手の最多安打新記録が樹立された試合でも、痛い負けとなって、
ベンチはお通夜状態でした。
最終戦で負けて、ライオンズは69勝69敗の勝率5割
ロッテは今日勝って69勝68敗で、3、4位が入れ替わりました。
残りまだ5試合あります。

私はCSには西武が是非上がってきてほしいと応援していたので、非常に残念です。
まだ、わかりませんが、ロッテの負けをこれから願うしかなくなりました・・・。

しかし、216安打打って、打率.3588でも首位打者になれないなんて、パ・リーグはレベルが高すぎ!
慎吾くんはセ・リーグでよかったですね。パじゃ太刀打ちできなかったでしょうね。


ソフトバンクが、優勝を決めてから、また柳田選手が死球で欠場しているのも影響して、
このところ負けが込んできました。
圧倒的に強いソフトバンクも、CSファイナルステージでは苦戦するかもしれません。
再び下剋上があるかもしれませんね。面白くなってきました。

ヤクルトは、M1のまま、29日は負けて今日は中止で足踏み状態。
明日はきっちり決めてください。
毎日、緊張が続いて身が持ちません。

では、シーズン最多安打新記録を樹立した秋山翔吾選手の写真です。
東京ドームオールスター第1戦より

e0222575_21352832.jpg


e0222575_21354067.jpg


e0222575_2135497.jpg


e0222575_21355837.jpg


この時は、柳田選手と並んでバッティング練習をしていました。
トリプルスリーで何かと山田くんは柳田選手と比較されますが、秋山選手も比較されて、
何だか二人とも劣っているような事を言われますが、それは失礼ってもんでしょう。
確かに、柳田選手は化け物クラスかもしれませんが、
それぞれの選手の良さをもっと評価してあげるべきだと私は思います。
今シーズンだけじゃなく、これからが勝負です。よきライバルとしてお互いが成長してほしいですね。
e0222575_2136654.jpg


e0222575_21361889.jpg


e0222575_21363073.jpg


秋山選手のバッティングを見ていると、引っ張っても流しても自由自在にヒットが打てる技術は素晴らしいですね。
山田くんは、まだまだだと痛感します。タイミング次第や感覚的なもので打っていますからね。

山田くんの最大の武器は、これだけ結果を出してもまだ未熟で、年齢も若いってこと。
これからさらに進化していくこと間違いないでしょう。
by misty2011 | 2015-10-01 22:33 | パ・リーグ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31