CSファーストステージ開幕、巨人がサヨナラ押し出しで先勝

今日からセ・パともクライマックスファーストステージが始まりました。
セ・リーグはデーゲームで読売ジャイアンツと阪神タイガースの初戦が東京ドームで行われました。
2-2の同点から延長10回、代打・高橋由伸選手が押し出しの四球をもぎ取り巨人がサヨナラ勝ちして先勝。
ファイナル進出に王手をかけました。

先発は読売ジャイアンツがマイコラス投手、阪神は藤浪晋太郎投手

試合経過は ニッカンスコア

先制したのは巨人。
5回裏、先頭の井端選手がヒットで出塁、送りバントで2塁へ進むと、
何とマイコラス投手が、藤浪投手からセンターへタイムリー2塁打を放ち、巨人が1点先制!

6回には長野選手がヒットで出塁し、藤浪投手の1塁けん制が悪送球となり、3塁まで進みます。
続く亀井選手がピッチャー強襲のタイムリー内野安打を放ち、巨人が2-0とします。

阪神は7回、ようやく反撃。
福留、マートン選手の連打で無死1、2塁とチャンスを作り、送りバントでそれぞれ進塁。
ここで、今日スタメンマスクの梅野捕手がセンターへタイムリーヒットを放ち2-1
さらに、代打・西岡選手がセンターへ犠牲フライを運び2-2の同点に。

このあと、阪神は岩崎投手が7、8回2イニングを無失点に抑えます。

巨人も8回から継投に入り、山口投手が8回はピンチを招きながら無失点に抑えます。

9回は澤村投手が0点に抑えると、その裏、阪神は安藤投手が0点に抑え、試合は延長戦に突入。

澤村投手が10回も続投し無失点。

その裏、巨人は先頭の坂本選手が四球を選び出塁。
阪神は安藤投手から高宮投手に交代し、阿部選手は打ちとりますが、
長野選手には敬遠気味の四球を与え1死1、2塁。
さらに、亀井選手も四球を与え1死満塁となると、代打・高橋由伸選手に対しても、フルカウントから
押し出しの四球を献上して、巨人が3×-2でサヨナラ勝ちを収めました。

どちらにとっても負けられない初戦は、延長の末、押し出しのフォアボールで決着しました。

ファイナルで待ち受ける立場のヤクルトファンなので、高見の見物となりましたが、
投手戦というより貧打線の様相で、両チーム相変わらず打てないわね・・・と思いながら見ていました。

マイコラス投手も藤浪投手も、それほど良くなく、もう少し動きがあるかと思いましたが、
先制点は、何とマイコラス投手が自らたたき出しました。
藤浪投手は、6回はけん制悪送球からの失点が痛すぎましたね。

延長に入って、ピンチで高宮投手には少し荷が重すぎたように感じます。
こわごわ投げて勝負できませんでしたからね。
結局3連続四球で最後はサヨナラ押し出し。

巨人が先勝したので、これはもう断然優位に立ちましたね。
勢いからすると、明日で決まりそうに思います。

去就問題もあって、原辰徳監督も落ち着かないでしょうね・・・。
e0222575_19363975.jpg


ヤクルト的には、どちらかというと阪神がファイナルに上がってきた方が戦いやすいようにも思えますが、
まあ、どちらが上がってきても、+1勝と神宮で試合をやれるアドバンテージが大きいと思います。


パ・リーグはナイターでCSファーストステージ第1戦がは決まりましたが、
これを書いている4回途中で、5-2でロッテがリードしています。
大谷翔平投手が打たれましたね。

私としては、応援していた西武が落ちたので、どこが勝ち上がってきても同じで、
下剋上でロッテがファイナルに進出すると面白いなあなんて思っています。
日本シリーズが福岡や札幌であった場合、遠征が大変なので、
近場のロッテなら、出かけることができて都合がいいという単純な理由です。

まだ試合は決まっていませんが、日本ハムは大谷くんで今日負けると、このままストレート負けしそうですね。
by misty2011 | 2015-10-10 19:48 | セ・リーグ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31