CSファイナル第2戦、小川8回無失点☆4-0、バレンティン3安打2打点、山田マルチ・好走塁

クライマックスシリーズ、ファイナルステージの初戦を石川投手で落とし、1勝1敗となった東京ヤクルトスワローズ

2戦目の先発はヤクルトが小川泰弘投手、読売ジャイアンツはマイコラス投手
今日こそ勝って巨人の勢いを止めなければなりません。

スタメンではバレンティン選手が6番に下がり、雄平選手が5番
ショートは今浪選手が入りました。

試合経過は ニッカンスコア
スワローズ公式サイト 小川投手が8回無失点の好投で雪辱!バレンティン選手は2点タイムリー含む3安打猛打賞!

初回、小川投手はいきなり立岡選手に初球をレフト前に運ばれますが、
絶妙のけん制でタッチアウトにとり、三者凡退で切り抜けます。

その裏、ヤクルト打線はマイコラス投手の前に、1番から3番があっさり三者凡退。
山田くんは空振り三振に倒れます。

2回、小川投手は先頭の阿部選手にレフト前ヒットを打たれ、亀井選手は送りバント、
長野、井端選手は四球で1死満塁のピンチ。
つづく小林捕手のピッチャーゴロを、小川投手が好フィールディングでホームに投げ2アウト、
マイコラス投手は空振り三振に仕留め、この回も0点に抑えます。

その裏1死後、雄平選手がチーム初ヒットで出塁も、バレンティン、今浪選手が倒れます。

小川投手は3回は三人で片付け、すこし落ち着いてきました。
その裏、ヤクルト打線はこの回もあっさり三者凡退。

4回、巨人は阿部選手がまたまたヒットで出塁。これで昨夜から6安打。
長打を捨て?右へ左へヒットメーカー慎ちゃんが止まりません。
しかし、長野選手をショートゴロ併殺打に仕留め2死となり、亀井選手は空振り三振に斬って取ります。

その裏、先頭の川端選手がライト前ヒットで出塁!
さあ~、問題の山田くん。
そろそろ打ってくれ~の願いが通じたのか、3塁線を破る痛烈な2塁打で、無死2、3塁!
やった~!!
つづく畠山選手はライトへきっちり犠牲フライを運び、ヤクルトが1点先制!
この間に山田くんは3塁へ。この辺は抜かりありません。

続く雄平選手のファーストゴロで、スタートを切った山田選手を見て、
阿部選手が3塁へ送球するフィルダースチョイス。
慎ちゃんのボーンヘッドの間に、山田くんが好走塁でホームインして2-0

つづく問題児2番手のバレンティン選手はレフト前ヒットを放ちますが、
雄平選手が2塁オーバーランでタッチアウト。レフト前のヒットで3塁は無理でしょ。
山田くんと雄平選手の走塁に対する意識の差が出ましたね。
このあと、今浪選手はサードゴロで2点止まり。

しかし、冷えてた山田くんとバレンティン選手にヒットが出たのは何よりです。

2点の援護をもらった小川投手は、5回、6回と巨人打線を三者凡退に抑えます。
投球フォームに力感が出てきて、ストレートも威力が増してきました。

6回裏、先頭の川端選手が再びライト前ヒットで出塁。
つづく山田選手は二遊間を抜けるヒットで無死1、2塁。
当たりは弱かったですが飛んだコースがラッキーでした。

畠山選手はサードファールフライに倒れますが、雄平選手がセンター前ポテンヒットで1死満塁のチャンス。
つづくバレンティン選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち、
川端選手に続き、2塁から山田くんも俊足を飛ばして生還し4-0!
ナイスタイムリー、バレンティン選手!ナイスラン山田くん!
バレンティン選手は、散々やられていた外のカーブを上手く拾ってタイムリーヒットにしました。
ここでマイコラス投手は降板となります。

なおも1死1、2塁で、2番手の戸根投手に対し、代打・大引選手、中村捕手が倒れます。
しかし、昨日ブレーキだった山田くんとバレンティン選手に当たりが出てきたのは嬉しいですね。

7回、小川投手は1安打されますが0点に抑えます。

その裏、2死後、川端選手が右ひざ裏に死球を当てられ出塁。
巨人は田原投手に交代し、山田選手はサードゴロに倒れ3アウト。

8回も続投の小川投手は、2死後、立岡選手の打球をバレンティン選手が見失い3塁を狙いますが、
上田選手の好返球でサードタッチアウト。

その裏、巨人は高木勇人投手が登板
先頭の畠山選手は死球で、珍しく畠山選手が怒りをあらわにします。
雄平選手は三振後、バレンティン選手がレフト線への2塁打で1死2、3塁。ココちゃん3安打猛打賞!
バレンティン選手の代走は比屋根選手。

大引選手は敬遠気味の四球で1死満塁となりますが、中村悠平捕手はサードゴロ併殺打に倒れ追加点ならず。

9回はバーネット投手が登板し、四球とヒットでランナーを出しますが、0点に抑えゲームセット。
ヤクルトが小川ーバーネット(訂正)投手の完封リレーで4-0で巨人を下しました。

これで対戦成績はヤクルトの2勝1敗と1勝リードしました。

打線は9安打で4得点
川端選手は相変わらずよく打ってマルチヒット
山田哲人選手も2塁打など2安打と好走塁&好守備
雄平選手はマルチ
畠山選手は先制の先制の犠牲フライ
バレンティン選手が2点タイムリーヒットを含む3安打猛打賞!
打つべき主軸がよく打ちました。
何より、シーズン中は打てなかったマイコラス投手をKOしての勝利は価値がありますね。

投げては小川泰弘投手は、立ち上がりはやや不安でしたが、援護点をもらってからは安定した力強いピッチング。
8回5安打無失点と好投し、最後はバーネット投手が締め、4-0で巨人を完封しました。

初戦を落とした時には、どうなることかと思いましたが、今日の快勝でヤクルトが再び勢いが出てきました。
特に、初戦にブレーキだった二人、山田選手とバレンティン選手がそれぞれいいところで打ったのが
デカいですね。
明日からが楽しみになりました。
今日の勢いがそのまま明日も続きますように!残り試合、一気に連勝して決めてください。

パ・リーグはソフトバンクが連勝して3勝目、早くも王手をかけました。強いですね。


眠れるバレンティン選手は3安打猛打賞2打点と復調 頼もしいココちゃんが戻ってきました。
明日からも期待してします。一発も見たいですね。写真は10月2日神宮
e0222575_20493582.jpg

by misty2011 | 2015-10-15 21:19 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31