プレミア12 侍ジャパン3連勝!今日も中田様々、決勝打3打点、山田くん3度出塁3得点

昨夜は中田翔選手の大活躍で、サヨナラ勝ちをして2連勝の侍ジャパン。
勝ったものの、薄氷の勝利でヒヤヒヤもんでしたね。

台湾での第3戦はドミニカ共和国戦
日本代表の先発は、日本一ソフトバンクホークスの武田翔太投手
今日は2番サードで川端慎吾選手がスタメンに起用されました。
ドミニカ共和国の先発は見たことがあると思ったら、元中日のカブレラ投手でした。

試合経過は ニッカンスコア

日本は初回、2死から山田哲人選手が3塁線を破る2塁打で出塁!
つづく4番・中村おかわり君はセカンド後方のフライを打ち上げますが、
捕球に入った2塁手にライトの選手がぶつかり落球するタイムリーエラーで日本が1点先制!
これはラッキーでした。

その裏、立ち上がりの武田投手は1死後、3連打され満塁のピンチを招きますが、
最後はサードゴロ併殺打に打ちとり0点で切り抜けます。
今日スタメンサードに入った川端選手がちょっと危なっかしい守りでしたが、何とか併殺がとれました。

日本は4回にも先頭の山田くんが四球を選んで出塁。
1死後、筒香選手も四球を選び1死1、2塁で、
中田翔選手が低めの球を上手くすくってセンター前にぽとりと落とすタイムリーヒットで
2塁から山田くんが生還して2-0

武田投手はランナーを出しながらも4回まで無失点に抑えます。
4回終了時に足にアクシデント発生で(つったようで?訂正→右足首負傷)、この回までで降板となります。

日本は5回から小川泰弘投手が登板。
5回、6回は三者凡退にきっちり抑えます。
しかし、3イニング目の7回、先頭打者の打球がレフト筒香選手の目測ミスで2塁打となりランナーを出します。
1死後、ロドリゲス選手にレフトスタンドに2ランホームランを運ばれ2-2の同点に。
高めのつり球要求が中途半端な高さに入った失投でした。勿体ないですね。
シーズン中も、こういうケースがありました。

しかし直後の8回表、日本は1死後、山田くんが四球を選んで出塁。
おかわり君はいい当たりのレフトフライに倒れますが、筒香選手が四球をけ選び1死1、2塁となり
筒香選手の代走は松田選手。
ここで相手投手がボークをやらかしランナーが2、3塁へ進みます。
そして打席には、侍で最も頼れる中田翔選手!
その期待どおり、三塁線を破るタイムリー2塁打を放ち、ランナーが二者生還して4-2と勝ち越します。
いやいや、連夜の殊勲打には頭が下がりますね。

日本は8回は山﨑康晃投手が三者凡退に抑えます。

9回は松井裕樹投手が先頭打者を出しますが、
続くバッターの三遊間の打球を松田選手がダイビングキャッチして2塁へ送球してフォースアウト。
これが慎吾くんなら、飛び込む前にレフトへ抜けていたでしょうね。
代走から守備固めで松田選手に交代していてホントによかったです。
最後は2ランを打ったロドリゲス選手をショートゴロ併殺打に仕留めゲームセット!

侍ジャパンが今日も接戦の末、4-2でドミニカを下し、これで3連勝となりました。

今日もまたまた中田翔選手が決めてくれました。
連夜の決勝打、恐れ入ります。神様仏様、そして翔さまですね。
昨日は3安打で5打点、今日は2安打で3打点。どちらも決勝打は中田翔選手でした。

今日、日本が得点したのは1回、4回、そして8回。
その3度のすべては、山田くんが出塁(2塁打、四球、四球)してチャンスメイク。
四球で出た際には、今日は盗塁はしませんでしたが、1塁上で相手バッテリーに足を随分警戒させていました。
それが筒香選手への2四球を誘い、中田翔選手のタイムリーにつながりました。

山田くんが塁に出てチャンスメイク、中田翔選手がタイムリーヒットでかえす。
これが昨夜のサヨナラ勝ちから続いていますね。
3番-6番のいいコンビが出来上がっています。
間のおかわり君にヒットが出ると、もっと得点できるでしょうね。

今日はドミニカの8安打に対し、日本はわずか5安打で4得点をあげて勝ちました。

ドミニカはやはり身体能力が高い選手が多くて、まず肩が強い、そして1塁への走塁を見ても
非常に足が速いですね。
ショートが坂本選手だからアウトに取れたプレーも何度かありました。

特に2ランを放ったロドリゲス選手はいいですね。こういうショートがヤクルトにも欲しいです。
あと、2番手で投げたパヤンプス投手も粗削りながら球が速くて魅力的な投手でした。

侍ジャパンは、初戦こそ圧勝でしたが、この2戦は接戦を中田翔選手の活躍で何とかモノにして勝ちました。

打線は、もうちょっと打ってくれないとキツイ試合ばかりになりますね。
1番、4番の西武勢、頑張ってほしいです。
ここが打ちだすと、もっとラクな展開に持ち込めると思います。
ヤクルト勢も、さらに奮起してほしいと願っています。

あとは、とにかくケガをしないように!
山田くんがけん制で帰塁のたびにドキッとすることがありましたから。


連夜の決勝打!侍ジャパンは今のところ中田翔選手のチームになっていますね。
これからもチームを勝利に導く一打を期待しています。
写真は、神宮交流戦より この時は金髪でした。一見チャラいですが、侍での活躍は見事です。
e0222575_992447.jpg

by misty2011 | 2015-11-12 23:21 | WBC・侍ジャパン

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31