2016川端慎吾選手キャンプフォトその1+動画3本

2016年東京ヤクルトスワローズ沖縄浦添キャンプの写真の更新を続けます。

今回は新選手会長に就任した川端慎吾選手です。
私が沖縄滞在した6日までのうち3日までの写真その1です。
既出のものもありますが、こちらでまとめて再掲載しておきます。

ヤクルト沖縄キャンプレポは「ヤクルトスワローズ」のダグではなく「浦添キャンプ」のタグとなります。

まずは、キャンプイン前夜の浦添協力会主催の優勝祝賀会&交流会より
サイン入りバットプレゼントの抽選会にステージに登場
e0222575_11292871.jpg


当日は過去一番多いファンが集まりました。
選手の宿舎でもある会場のホテル日航那覇グランドキャッスル普天の間はファンでごった返していました。
最初に、浦添市長や真中監督、衣笠球団社長他の挨拶が終わると、選手との交流会が始まりました。
一番人気は山田くんで大勢のファンが取り囲んでいました。
川端慎吾選手も多くのファンが集まって、自身は食べる暇なくサインをしたり写真撮影に応じていました。
しかし、途中で山田くんは大混乱に会場から姿を消し、
川端選手も一時、別室に避難したようで姿が見えなくなりました。
上の抽選会の際に、二人は遅れてステージにやってきました。 
e0222575_11293833.jpg


2月1日キャンプイン 浦添市役所で歓迎セレモニーが行われました。
私はタクシーで行ったんですが、雨で道路が大渋滞、ギリギリ何とか間に合いましたが、
こちらも大勢のファンで前がほとんどふさがれて見えませんでした。
何とか撮れた1枚。てだこレディーより真中監督と川端選手会長に花束が贈呈されました。
e0222575_11294535.jpg


2月1日キャンプ初日 一日中雨。。。。。
野手陣は室内練習場で練習するので、その出入りの時しか選手の姿は見られませんでした。
e0222575_11433551.jpg


室内は何重ものネットが張られていて、入り口のガラス戸は開けられていましたが、
中の様子はほとんど見ることができませんでした。

2日目は、午前中に雨は一旦やみましたが、昼頃からまた断続的に小雨模様。
グラウンドはシートが外されましたが、グランウンド状態が不良ということで、
結局、2日目も野手は一日中、室内での練習となりました。

室内での守備練習 川端、山田、畠山選手の三冠トリオのです。YouTube動画
ゴロ捕球の基本練習 途中から逆シングルの捕球もやっています。

      


ということで、2日間ほとんど写真は撮っていませんというか、撮れませんでした。


3日目、ようやく晴れました。
まずは、室内でストレッチなど準備運動するため選手が入っていきます。
e0222575_1145312.jpg


外でアップするため着替えにロッカールームに移動
e0222575_1205978.jpg


アップ中の川端選手 山田くんメインで見ていたので1枚しか撮っていませんでした。
e0222575_1211032.jpg


続いて、外でキャッチボールをするのかと思いきや、室内に再び入って、コンディショニング
ダッシュや5段跳び、小さいカップを置いての左右に走るトレーニングなど、随分時間をかけてやっていました。
こちらは最後のシャトルラン 何度も往復していました。

空いているガラス戸の隙間からネット越しに動画を撮りました。YouTube動画
川端選手は左端のほうなので、ネットフェンスに遮られて、あまり写っていませんが。

      

シャトルランの休憩中
初日、2日目は室内の小さな窓は閉じられていましたが、3日目はその小窓が開いていました。
その狭い隙間からパチリ
山田くんは、初日に右足の張りがあって、この日も瞬発系の一部メニューは回避していました。
e0222575_1152743.jpg


e0222575_11521526.jpg


この後、もう正午を回っていましたが、3日目にして初めて屋外でキャッチボール
e0222575_11522646.jpg


e0222575_11523532.jpg


続いて、ベースランニング YouTube動画

      




ランチ後、節分の豆まきに登場した川端慎吾選手
e0222575_13202046.jpg


午後、打撃練習 
ほぼ同時に山田くんもティーバッティングをしているので、慎吾くんは少な目です。
e0222575_13221517.jpg


e0222575_13222666.jpg


e0222575_1322383.jpg


e0222575_1322477.jpg


守備練習前のキャッチボール 谷内亮太選手を相手に投げます。
e0222575_1323403.jpg


e0222575_13235163.jpg


e0222575_1324320.jpg


グラウンドでは、同時にフリーバッティングが行われています。
サードの守備につく川端、山田選手 谷内選手はショート
e0222575_13241758.jpg


e0222575_13242940.jpg


私が見学中は、川端&山田選手はよく一緒に練習していました。仲がよさそうです。
e0222575_13243932.jpg


e0222575_13245181.jpg


3選手の中では、谷内選手が最も捕球の際の重心が低くて、基本に忠実なように感じます。
川端選手は、だいたいが腰高
e0222575_13251192.jpg


e0222575_13254711.jpg


e0222575_1326456.jpg


川端慎吾、山田哲人、谷内亮太選手の守備練習 YouTube動画

      

川端選手と山田くんは、第2クール最終日の9日、全体練習終了後、
サブグラウンドで真中監督自らがノッカーとなり特守を行いました。
真中監督の愛のムチ!?は、1時間200球もの厳しいノック。
途中から左右に大きく振られ、慎吾くんも山田くんも泥んこでへとへとになっていました。

川端選手は「キャンプをやった感じ、こういうノックは遊撃手だったころから8年ぶりくらい」と
話したそうです。

いかに、今まで手ぬるいノックしかやって来なかったかということでしょうね。

私は今回が9回目の沖縄キャンプ見学で、そのうちヤクルトは8回目ですが、
そういえば、今までこんなノックは見たことがありません。
ヤクルトキャンプは2006年からの見学で、由規投手入団後は投手メインで見ていたので、
野手はあまり見ていなかったというのもありますが。

これまでも、さんざんヤクルトのノックはお嬢さんノックで、
あまりのゆるさに、これがプロの練習なの??と、正直あきれていました。

私は、「特守」といえば、9日に真中監督がやったようなイメージを持っていましたからね。
それが、ヤクルトは基本練習ばかりで、左右に振ることもあまりなく、届く範囲にしかノックをしないので、
拍子抜けの連続でした。

昨年、三木コーチが、連日つきっきりで山田くんの特守をしていましたが、
基本練習の繰り返しばかりで、確かに基本は大事ですが、見ていて退屈で、
プロなんだから、たまにはもう少し難易度の高い練習をやってよと、期待外れにがっかりしたものです。

9日に特守を見学できたファンは、非常にレアなものを見られてうらやましい限りですね。
私はこういうノックを見たかったわけですよ・・・。
来年も、早めにお願いします!

今年は第1クールは雨ばかりで、サブグラウンドでの特守は、私が見た限り内野陣はやっていなかったと思います。

9日のノックはスポーツニュースでチラッと見ただけですが、
川端選手は大きく振られると、やはり届きかねていましたね。
一歩目のスタートが遅くて、足が運べないので結局倒れ込むしかないんですが、
打球と同時にスタートが切れるよう、俊敏性を培って、反応を早くすることが大事だろうって思います。

あと、慎吾くんの場合、強くて速い打球に腰が引けることがあるので、
私が以前、カープのキャンプで見たような、捕手の防具をつけさせて至近距離からノックをする練習を
やらせたらどうかと素人ながら思います。
まあ、燕のプリンスにそういうことはできないんでしょうね。

基本練習では、川端選手はまずミスをすることはありません。
そういう練習はもういいので、弱点を克服する守備練習に時間をかけた方がいいように思います。

今年は、誰からも納得できるようなゴールデングラブ賞にふさわしい守備をみせてほしいと願います。
山田くんに対しても、希望する練習はありますが、それは山田くんの記事の際に書くことにします。

選手会長になって、チームの中心選手としてさらに自覚と責任感が増し、頼もしくなった川端選手。
今年も大いに期待しています。

以上、川端慎吾選手キャンプ3日目までのフォトと動画でした。
by misty2011 | 2016-02-11 14:57 | 東京ヤクルトスワローズ

プロ野球フォトブログ/東京ヤクルトスワローズ・山田哲人選手を応援しています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31